« カンナビノイド2型(CB2) 受容体活性化はパーキンソン病のロテノンモデルにおける酸化ストレスおよびドーパミン作動性神経変性に関連する神経炎症に対して保護する。 | Main | ザクロ種子油主要成分プニカ酸の抗糖尿病作用の作用機序 »

January 24, 2019

身体の匂い受容体は病気を嗅ぎ分けることができるだろう。Science dailyより 

Smell receptors in the body could help sniff out disease

https://www.sciencedaily.com/releases/2018/07/180712100214.htm

身体の匂い受容体は病気を嗅ぎ分けることができるだろう。

Olfactory cells found throughout the body may help or harm depending on location

身体のいたるところにみられる嗅覚細胞は部位によって助けになるか害を及ぼすことがあります。

A review of more than 200 studies reveals that olfactory receptors -- proteins that bind to odors that aid the sense of smell -- perform a wide range of mostly unknown functions outside the nose. The function of extra-nasal olfactory receptors has the potential to be used in the diagnosis and treatment of health conditions such as cancer. The article is published in the July issue of Physiological Reviews.

200以上の研究のレビューは、嗅覚を補助する匂いに結合するタンパク質―嗅覚受容体は、鼻の外で主に未知の機能を幅広く実行することを明らかにしています鼻以外の嗅覚受容体はがんなどの健康状態の診断および治療に使用される可能性がある。この記事は、Physiological Reviewsの7月号に掲載されています。

Olfactory, or smell, receptors were originally thought to be only in the sensory nerve cells (neurons) of nasal cavity tissues. However, more recent and extensive study suggests that the receptors "occur in nearly the entire human body, [and] they appear to be substantially more functionally important than previously suggested," researchers from Ruhr-University Bochum in Germany wrote.In addition to the receptors playing a major role in the sense of smell, "several essential physiological and pathophysiological processes have been described as targeted by human [olfactory receptors], including path finding, cell growth, [cell death], migration and secretion."

嗅覚、または匂い、受容体は鼻腔組織の感覚神経細胞(ニューロンにのみ)あると考えられていた。しかし、より最新の広範囲な研究は、受容体がほぼ人体の全てには存在して、そのことは以前に示唆されたよりも実質的により機能的に重要であるようだと示唆していることを、ドイツのルール大学ボーフムの研究者が書いた。嗅覚において重要な役割を果たす受容体に加えて、経絡探索、細胞増殖、[細胞死]、遊走および分泌を含む、いくつかの必須の生理学的および病態生理学的プロセスはヒト[嗅覚受容体]によって標的化されると記載されている。

sensory nerve cells感覚神経細胞
nasal cavity tissues 鼻腔組織
extensive study 広範囲な研究
path finding, 経絡探索
migration 遊走
secretion 分泌
pathophysiological 病態生理学的

The research team summarized the location and purpose of certain types of olfactory receptors, including those that may be beneficial to general health:

研究チームは、健康全般に有益である可能性があるものを含む、ある種の嗅覚受容体の位置と目的をまとめました。

Receptors present in heart muscle cells may be a metabolic regulator of heart function.

心筋細胞に存在する受容体は心臓機能の代謝調節器である可能性があります。

Receptors activated in the immune system have been seen to promote the death of certain types of leukemia cells.

免疫系で活性化する受容体はある種の白血病細胞死を促進することが見られた。

Smell receptors in the liver reduce the spread of liver cancer cells.

肝臓の嗅覚受容体は肝臓がん細胞の拡散を減少させます。

Receptors in the skin increase the regeneration of skin cells and help speed wound healing.

皮膚の受容体は皮膚細胞の再生を増加させ、創傷治癒を早めるのに役立ちます。

leukemia cells 白血病細胞

The review also reveals ways in which olfactory receptors may affect the development of disease, including:

また、レビューは嗅覚受容体が病気の発症に影響を与える可能性がある方法を明らかにしています。下記のものがあります。

Receptors concentrated in the prostate tissue, especially in men with prostate cancer, contribute to the reduction or progression of the disease.

特に前立腺がんの男性において、前立腺組織に集中している受容体は疾患の軽減または進行に寄与します。

Receptors in the colon may reduce the growth of colon cancer cells.

結腸の受容体は結腸がん細胞の増殖を軽減する可能性があります。

Receptors in the digestive tract may cause chronic diarrhea or constipation but may also contribute to better digestion.

prostate tissue 前立腺組織
colon 結腸

The existence of olfactory receptors outside the nose -- either positive or negative -- plays an important role in disease progression and physiological function but is not yet fully understood. Their role as a possible biomarker for disease requires more research, the authors said. Study "must be expanded to develop promising clinical strategies in the future," the researchers wrote.

鼻の外の嗅覚受容体の存在は、ポジティブまたはネガティブのどちらであれ、疾患進行および生理学的機能において重要な役割を果たすが、まだ完全には理解されていない。病気に対する可能性あるバイオマーカーとしてのそれらの役割は、さらなる研究が必要だと著者は述べた。研究は「将来有望な臨床戦略を開発するために拡大されなければならない」と研究者は書いた。

disease progression 疾患進行
physiological function 生理機能

|

« カンナビノイド2型(CB2) 受容体活性化はパーキンソン病のロテノンモデルにおける酸化ストレスおよびドーパミン作動性神経変性に関連する神経炎症に対して保護する。 | Main | ザクロ種子油主要成分プニカ酸の抗糖尿病作用の作用機序 »