« ザクロ種子油主要成分プニカ酸の抗糖尿病作用の作用機序 | Main | 精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売(2月1日・金〜2月14日・木) »

January 30, 2019

気温が上がるにつれて、花の香りは少なくなります。Science dailyより

As temperatures rise, flowers emit less scent

https://www.sciencedaily.com/releases/2016/06/160606082121.htm

気温が上がるにつれて、花の香りは少なくなります。

The diverse and delicious fragrances of flowers brighten our days and inspire poetry. The more practical reason that flowers produce scent is to attract pollinating insects to the flowers' reproductive organs, thereby ensuring the continued existence of plant species. To do this, flowers assemble a mixture of dozens, and sometimes hundreds, of volatile substances from several biochemical groups.

花の多様で美味しそうな香りは私たちの時代を明るくし、詩情を鼓舞します。花は香りを生成するより実用的理由は花粉媒介昆虫を花の生殖官に引き寄せることで、それによって植物種の存続を確実にすることです。これを行うために、花はいくつかの生化学的グループからの揮発性物質の数十や時には数百の混合物を集めます。

pollinating insects 花粉媒介昆虫
reproductive organs生殖官
continued existence 存続
volatile substances 揮発性物質
biochemical 生化学的な

Scientists have known for some time that increasing temperatures associated with global climate change have a negative effect on plant growth. Expanding on this research, a Hebrew University of Jerusalem PhD student has shown that increases in ambient temperature also lead to a decrease in the production of floral scents.

科学者は、地球規模の気候変動に関係する気温の上昇が植物の成長に悪影響を及ぼすことをしばらく前から知っていました。この研究を拡張して、ヘブライ大学エルサレム博士課程の学生は、周囲温度の上昇も花の香りの減少をもたらすことを示した。

global climate change 地球規模の気候変動
ambient temperature 周囲温度

"Increases in temperature associated with the changing global climate are interfering with plant-pollinator mutualism, an interaction facilitated mainly by floral color and scent," Alon Can'ani explained in his research.

地球規模の気候変動に関係する気温の上昇は、花の色および香りによって主に促進されている相互作用、植物・花粉媒介者の共生に干渉をしていると、Alon Can'aniは彼の研究で説明した。

pollinator 花粉媒介者
mutualism 共生

At the Hebrew University's Robert H. Smith Faculty of Agriculture, Food and Environment, Can'ani studies control mechanisms that allow plants to regulate their production of smell, is researching strategies to overcome the decrease in production of beneficial volatile substances, a process that requires a huge energy investment from plants.

ブライ大学のロバート・H・スミス農環境食物環境学部では、植物が香りの生成を調節すること可能にする制御メカニズムを研究して、植物から莫大なエネルギー投資を必要とするプロセス、有益な揮発性物質産生の減少を克服するための戦略を研究しています。

During his work in the laboratory of Prof. Alexander Vainstein, in the Robert H. Smith Institute of Plant Sciences and Genetics in the Faculty of Agriculture, Can'ani discovered that Petunia plants grown at elevated temperature conditions are significantly defected in production and emission of scent compounds.

農業学部Robert H. Smith植物遺伝学研究所のAlexander Vainstein教授の研究室での研究中に、Can'aniは高温条件で栽培されたペチュニア植物は香りの化合物の生成および放出に大いに欠陥があることを発見した。

petunia ペチュニア

"In my study, I show that increasing ambient temperature leads to a decrease in phenylpropanoid-based floral scent production in two Petunia×hybrida varieties, P720 and Blue Spark, acclimated at 22/16 or 28/22 °C (day/night)," Can'ani said.

「私の研究では、周囲温度が上昇すると、22/16または28/22℃(昼夜)で順応している2種類のペチュニア×交配種、P720およびBlue Sparkでフェニルプロパノイドベースの花の香りの生成が減少することを示していますと」Can'aniは述べた。、

phenylpropanoid フェニルプロパノイド
hybrid varieties 交配種

This was linked to arrested expression and activity of proteins that facilitate biosynthesis of the compounds.Can'ani was awarded the Smith Vision Prize for his body of research, which included projects aimed at finding novel strategies that plants use in order to regulate, or fine-tune, the process of scent emission.

これは化合物の生合成を促進するタンパク質の発現および活性の停止に関連していた。Can'aniは、植物が香りの放出のプロセスを調整、または微調整するために新たな戦略を発見することを目的としたプロジェクトを含む、彼の研究機関に対するスミスビジョン賞を受賞しました。

biosynthesis 生合成

Can'ani also demonstrated an approach to bypass this adverse effect, by expressing the Arabidopsis thaliana PAP1 gene, which boosts the production of scent regardless of the ambient temperature. This research was published in Plant, Cell & Environment.

また、Can'aniは、周囲温度にかかわらず香りの生成を拡大するシロイヌナズナPAP1遺伝子発現によってこの有害作用を回避するためのアプローチを示しました。この研究は植物、細胞&環境に掲載されました。

Arabidopsis thaliana シロイヌナズナ

Can'ani also characterized the first gene (called PH4) that functions as a direct regulator of scent emission. When he manipulated the expression of this gene to a halt, Petunia flowers ceased to emit scent, but continued to produce it. Interestingly, this gene apparently serves as a switch between two crucial floral traits -- color and scent. This research was published in New Phytologist.

また、Can'aniは香り放出を直接に調整するもとして機能する最初の遺伝子(PH4と呼ばれる)も特徴付けました。彼がこの遺伝子発現の停止を操作したときに、ペチュニアの花は香りの放出を停止したが、産生し続けた。興味深いことに、この遺伝子は明らかに2つの重要な花の形質―色と香りの間のスイッチとして機能します。この研究は新植物学者に掲載されました。

floral traits 花の形質
Phytologist:植物学者

Currently, Can'ani is investigating a process called glycosylation, in which flowers conjugate a sugar molecule onto the scent compounds, thus rendering the scent non-volatile.

現在、Can'aniはグリコシル化と呼ばれるプロセスを調査しています。このプロセスでは、花が香りの化合物に糖分子を結合させ、香りを不揮発性にします。

glycosylation グリコシル化

用語

シロイヌナズナのPAP1遺伝子を過剰発現に関する論文発表
http://www.ibrc.or.jp/in-the-news/outputs/20141002

フラボノイドの転写制御因子として有名なシロイヌナズナのPAP1遺伝子を過剰発現させたタバコでは農業害虫であるハスモンヨトウへの食害抵抗性が付与されていることがわかりました。PAP1過剰発現植物は、色、香り、酸化や乾燥ストレス抵抗性などを示すことが報告されていますが、今回、耐虫性にも関与するという基礎的知見が得られたことで、植物の害虫防御機構の解明にもつながる成果です。

グリコシル化
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%AB%E5%8C%96

グリコシル化 (Glycosylation)は、タンパク質もしくは脂質へ糖類が付加する反応である。糖鎖付加(とうさふか)とも言う

グリコシル化と花の香りについて調べたときに見つけた記事

ユリの香りの抑制法
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/naro-se/news-no-18.pdf

花の香りは,香りの素となる物質からいくつもの段階を経て作られています。それらの段階の一つ一つには酵素が関わっています。その酵素の働きを抑える薬剤を花に与えると,香り成分が生成されないので,花の香りを抑えることができます。花の香り成分は主に,生成経路の異なる芳香族化合物,テルペノイドなどに分けられます。それら経路のいくつかの段階については,酵素の働きを阻害する薬剤が分かっています。その中から,芳香族化合物の生成を抑えるフェニルアラニンアンモニアリアーゼ阻害剤の効果を検討したところ,テルペノイドの生成も抑えることが明らかになりました。ユリの香り成分の大部分は,芳香族化合物とテルペノイドで構成されていますので,この薬剤の水溶液(香り抑制剤)で処理することにより香り成分量を全体的に抑えることができます。

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« ザクロ種子油主要成分プニカ酸の抗糖尿病作用の作用機序 | Main | 精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売(2月1日・金〜2月14日・木) »