« 精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売(2月1日・金〜2月14日・木) | Main | 病気はどのように発症するかの理解(1) »

February 03, 2019

インフルエンザ拡散を防ぐための精油-ティスランド・インスティテュートブログより

Essential oils to prevent the spread of flu - Tisserand Institute

インフルエンザ拡散を防ぐための精油 ティスランド・インスティテュートブログより

https://tisserandinstitute.org/essential-oils-flu/

下記の記事は上記のTisserand Instituteのブログ記事の一部の項目を訳したものです。

Aromatic treatments suggested for home users

ホームユーザーにおすすめのアロマトリートメント

Influenza particles can spread by airborne droplets, close contact with an infected person, and contact with objects contaminated with the virus (Tesini 2018). Influenza particles can remain viable on objects for up to 48 hours (CDC), so effective sterilization of objects is an important step in preventing the spread of influenza. Current CDC guidelines suggest disinfecting objects with chlorine, hydrogen peroxide, soap, and alcohols (CDC). Ethanol is effective against most clinically relevant viruses, including influenza (Kampf 2017). Hydrogen peroxide has been shown to be effective against influenza and norovirus, when used on solid surfaces (Goyal et al. 2014). However, the efficacy of using these substances on porous surfaces is unclear. The development of chemicals that would be universal surface disinfectants is key to killing viruses in all settings. The use of essential oils to kill bacteria is established (Nazzaro et al 2013, Vasconcelos et al 2018), and evidence for their use to kill viruses is mounting. There is evidence that diffusion of essential oils is effective in eliminating airborne bacteria and viruses, but the safety of this practice must be explored.

インフルエンザ粒子は空中を浮遊する飛沫、感染者との密接な接触、ウイルスに汚染された対象物に接触によってより伝播することになります(Tesini 2018).。インフルエンザ粒子は、最大48時間(米国疾病予防センターCDC)対象物上で生存し続けることができるので、対象物の効果的な殺菌はインフルエンザの拡大を防ぐための重要なステップです。現在のCDCガイドラインは塩素、過酸化水素、石鹸、アルコール(CDC)で対象物を消毒することを提案しています。エタノールはインフルエンザを含む最も臨床的に関連するウイルスに対して有効です(Kampf 2017)。過酸化水素は固体表面上で使用された場合、インフルエンザおよびノロウイルスに対して有効であることが示されています(Goyal et al。2014)。しかしながら、多孔質面上にこれらの多孔質表面上にこれらの物質を使用することの有効性は不明である。普遍的な表面消毒剤になるだろう化学物質開発はあらゆる状況でウイルスを殺すための鍵です。細菌を殺すための精油使用は確立されていて(Nazzaroら2013、Vasconcelosら2018)、そしてウィルスを殺すための精油使用の証拠が増えている。精油の拡散が空中浮遊細菌やウイルスを除去するのに効果的であるという証拠があります、しかしこの実践の安全性は探求しなければならない。

influenza particle インフルエンザ粒子
airborne droplet 空中を浮遊する飛沫
viable 生きていける
CDC「Centers for Disease Control and Prevention」米国疾病予防管理センター
chlorine 塩素
hydrogen peroxide 過酸化水素
porous surface:多孔質面; 多孔面
surface disinfectants 表面消毒剤
airborne bacteria  空中浮遊細菌

Based on the in vitro study, nebulizing blue mallee (Eucalyptus polybractea) essential oil or tea tree (Melaleuca alternifolia) essential oils for 15 seconds is a fast and effective method to eliminate airborne influenza droplets within 15 minutes (Usachev et al 2013).These essential oils are considered safe for use with most people, and do not contain chemical constituents that are membrane irritants.However, most home users own diffusers with moderate output, rather than a commercial nebulizer. This may limit implementation of this method of killing airborne influenza. To increase efficacy, users could use a consumer nebulizer in a confined space, such as a closed bedroom. Following each treatment, the room should be aired out by opening a window to allow residual essential oils to leave, and to get fresh air into the room.

試験管内での研究に基づいて、15秒間ユーカリ・ブルーマリー(Eucalyptus polybractea)またはティートリー(Melaleuca alternifolia)精油を噴霧することは、15分以内に空中を浮遊するインフルエンザの飛沫を除去するための迅速かつ効果的な方法です(Usachev et al 2013)。これらの精油は多くの人々にとって安全に使用できると考えられていて、粘膜刺激がある化学成分は含まれていないです。しかし、ほとんどのホームユーザーは、市販のネブライザーよりむしろ中程度出力のディフューザーを所有しています。これは空中を浮遊するインフルエンザを殺すこの方法実施を制限するかもしれない。有効性を高めるために、使用者は閉め切った寝室のような狭い空間で消費者用ネブライザーを使用することができる。それぞれのトリートメント後に、窓を開けて外気を取り入れて、残留精油が外に出ていくようにして、部屋に新鮮な空気を取り入れるべきである。

Nebulizer:ネブライザー; 噴霧器
membrane irritants :粘膜刺激

Passive diffusion of bergamot (Citrus bergamia) or blue gum (Eucalyptus globulus) essential oils for 10 minutes, or cinnamon (Cinnamomum zeylanicum) essential oil for 30 minutes, was enough to reduce influenza activity in cell culture. Blend #2, a commercial germ blend containing cinnamon bark, clove bud (Syzygium aromaticum), sweet orange (Citrus sinensis), blue gum, and rosemary (Rosmarinus officinalis) oils, effectively reduced influenza activity at multiple time points in cell culture (Table 5) (Wu et al 2010).This adds support for the practice of diffusing germ blends to sanitize rooms. Clove bud and cinnamon leaf oils are high in eugenol, which also showed extensive anti-influenza activity in mid-late stages of the influenza life cycle. Because cinnamon bark oil contains trans-cinnamaldehyde, an irritant and sensitizer, it is advisable not to use it in diffuser blends for an extended time period. However, diffusing for 30 minutes in an empty room, followed by airing out the room would be a reasonable practice.For the home user, an inhaler containing anti-influenza essential oils would be another option. Inhalers are great for on-the-go use, and eliminate the need to consider other people’s health conditions.
10分間ベルガモット(Citrus bergamia)

またはユーカリ・グロブルス(Eucalyptus globulus)精油または30分間シナモン(Cinnamomum zeylanicum)精油の受動拡散は細胞培養においてインフルエンザの活性を減少させるに十分であった。ブレンド#2、シナモンバーク、クローブ(Syzygium aromaticum),スイートオレンジ(Citrus sinensis), ユーカリ・グロブルスおよびローズマリー(Rosmarinus officinalis)精油を含有している市販の細菌ブレンドは効果的に細胞培養で複数の時点でインフルエンザ活性を減少させた(Wu et al 2010)。これは部屋を消毒するために細菌ブレンドを拡散させる実践にたいしてサポートを付け加えます。クローブおよびシナモンリーフ精油はオイゲノールを多く含んでおり、それはインフルエンザのライフサイクルの中期後期段階でも広範囲な抗インフルエンザ作用を示した。シナモンバーク精油は、刺激物および感作物質であるtrans-シンナムアルデヒドを含有しているため、長期間ディフューザーブレンドにそれを使用しないことをお勧めします。しかし、空き部屋で30分間拡散し、続いて部屋の空気を外に出すことは妥当な方法です。ホームユーザーにとって、抗インフルエンザ精油を含有している吸入器は別の選択となるだろう。吸入器は、外出先での使用に最適で、他の人の健康状態を考慮する必要がなくなります。


trans-cinnamaldehyde :trans-シンナムアルデヒド
irritant 刺激物
sensitizer,;感作物質


上記記事の全項目をお知らせします。

Essential oils to prevent the spread of flu

インフルエンザ拡散を防ぐための精油

Influenza overview and history of pandemics

インフルエンザの概要とパンデミックの歴史

Antiviral drugs

抗ウイルス薬

The biology of influenza

インフルエンザの生物学

Figure 2. Influenza life cycle

図2.インフルエンザのライフサイクル

Figure 3. Autophagy

図3.オートファジー

Aromatic compounds with antiviral activity

抗ウイルス活性を有する芳香族化合物

Prevention of migration, and early stages of IAV life cycle in a host cell

宿主細胞における遊走の防止およびインフルエンザA 型ウイルスIAVライフサイクルの初期段階

Table 3: Essential oils and influenza viruses. For full table click on image.

表3:精油とインフルエンザウイルス テーブル全体を見るには画像をクリックしてください。

Middle stage of IAV life cycle in a host cell

宿主細胞におけるインフルエンザA 型ウイルスIAVライフサイクルの中期段階

Table 4: Essential oil constituents and influenza viruses. For full table click on image.

表4:精油成分とインフルエンザウイルス テーブル全体を見るには画像をクリックしてください。

Figure 4. Understanding influenza infection. CDC

図4.インフルエンザ感染を理解する米国疾病予防管理センター
CDC

Late stage of IAV life cycle in a host cell

宿主細胞におけるインフルエンザA 型ウイルスIAVライフサイクルの後期

Aromatic treatments suggested for home users

ホームユーザーにおすすめのアロマトリートメント

Conclusions

結論

お知らせ

精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売中2月14日(水)まで

http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« 精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売(2月1日・金〜2月14日・木) | Main | 病気はどのように発症するかの理解(1) »