« インフルエンザ拡散を防ぐための精油-ティスランド・インスティテュートブログより | Main | 意義ある情動への匂いの影響 »

February 08, 2019

病気はどのように発症するかの理解(1)

UNDERSTANDING HOW DISEASE MANIFESTS

HTTPS://WORLDOFSUGARART.COM/HOW-DISEASE-MANIFESTS/

病気はどのように発症するかの理解

There is a fundamental truth in respect to the health of a human being, that all physical illness stems from the mind previously choosing fear. Some of these fears are ancient, a soul trait, and are therefore held within the Emotional Body of an individual’s soul. That can be one reason why the medical fraternity has difficulty understanding the mental causes for most physical illnesses. The cause of a disease can be literally from mind’s choices made during other lifetimes, with the soul now working through a specific fear in the current incarnation. Therefore, the original cause of why a person is experiencing a physical illness, can be quite elusive. But rest assured that consciousness and the reflective mirror that the physical body provides, is powerfully affected by negative thoughts created on the Mental Plane, where any idea or belief is possible, especially those that are illusory in nature and fear-based.

人間の健康に関してはすべての身体的病気は前世に恐れを選んでいた心から生じているという基本的な真実があります。これらの恐れの幾つかは古代にある魂の特性であって、それゆえ、個人の魂の情動体に保持されています。それは、医師会が何故身体的疾患に対しての精神的原因を理解するのが難しい理由の1つです。病気の原因は文字通り過去性の間になされた心の選択からであって、魂が現在の転生ので、特定の恐れ通して働きます。したがって、何故人が身体的病気を経験する根本の原因はまったくとらえどころのないものです。しかし、身体が提供する意識や反射鏡は、どんな考えや信念は特に本質的に幻想的で恐れに基づくものは可能になるメンタルプレーン上に作られたネガティブな思考よって強力に影響を受けます。

a soul trait 魂の特性
Emotional Body 情動体
medical fraternity 医師会
reflective mirror 反射鏡

As has been stated many times, doctors tend to ”doctor up” a person’s malady, rather than heal the original mental cause. That is because the effort to control the mind choosing fear is much more involved than just putting a cast on a broken leg, bandaging up a wound, or prescribing a drug like insulin. To really heal the situation, the patient and medical practitioner, need to address the emotional cause stemming from fearful thoughts created on the Mental Plane.

何度も述べたように、医師は元々の心の原因を癒すのではなく、人の病気を“手抜きする” 傾向があります。それは、恐れを選択する心を制御する努力は、単に骨折した足にギプスをすること、創傷の包帯またはインスリンのような薬を処方するよりもっとよりはるかに複雑になるからです。状況を本当に癒すために、患者と開業医はメンタルプレーン上に作られた恐れの思考から生じる情動的原因に取り組む必要があります。

doctor up ;不正をする
cast ギプス

One may say, “My disease is genetic, and therefore, it is out of my control.” This, in a way, is “victim mentality”.For any problematic genetic issue is there as a soul lesson to work through in the physical plane, and not just there as an accidental occurrence, or, “a mistake of nature”. The Universe is not so careless. The One Mind is in charge of reality more than that. Man’s view from his ego’s prospective, often thinks limitedly though.For he often can not imagine a force which plans everything down to the genetic and molecular level throughout the Animal, Plant and Rock Kingdoms. That ultimate level of creative power is beyond his ken.

「私の病気は遺伝的なものなので、私の手の届かないところにあります」と言う人もいるかもしれません。ある意味、これは「被害者意識」です。どんな問題ある遺伝子的問題につぃては、偶発事件または“自然の間違い”としてだけでなくて、フィジカル・プレーンおいて取り組むべき魂のレッスンです。宇宙はそれほどいいかげんでないです。一つの心はそれ以上に現実に責任を負っています。人間の自我の予測からの人間の見解は限定的に考えることが多いです。彼にとっては、動物、植物および岩の王国の至るところで遺伝子および分子レベルまであらゆるものを計画しているフォースを想像できないのです。創造力の究極なレベルは彼の考えの範囲を超えています。

genetic issue 遺伝的な問題
accidental occurrence偶発事件

What humanity fails to understand yet is that the genetic matrix that is created for each person’s incarnation is a planned sequence of events as well as a blueprint for a unique physical form that the soul wishes to manifest on its earthly journey in order to provide the most challenge to its consciousness. The programmed helix can offer up physical abilities or even certain limitations to test the self. It is these planned life structures and guidelines which are there to take advantage of the incarnation in order to achieve the most growth on the soul level.

人類がまだ理解していないことは、一人ひとりの転生のためにつくられる遺伝マトリックスが計画された一連の出来事であると同時に魂がその意識に対して最も挑戦を提供するために地上の旅に現れることを望むユニークな身体的形態のためのブループリントである。プログラムされた螺旋は身体能力または自己をテストするめにある種の限界さえも供えます。魂のレベルで最も成長を成し遂げるために転生を利用するためのプログラムされた人生構造およびガイドラインです。

Helix 螺旋

The DNA helix is akin to the programming technicians do now with “1’s” and “0’s” in the Computer Age.Biological mechanism, for instance, the human form, is programmed through the genetic matrix by those in the Higher Realms, which includes also input from the soul. The Spiritual Hierarchy has been programming biological entities for billions of years. They are quite adept at creating a multi-dimensional vehicle for the incarnating spirit.

DNA螺旋は、コンピューター時代の今日「1」と「0」を用いて行うプログラミング技術に似ています。生物学的メカニズム、例えば、人間の形態は、魂からの入力を含む、高次元領域の人々によって遺伝子マトリックスを通してプログラムされています。スピリチュアル・ハイアラーキーは何十億年もの間生命体をプログラムしてきました。それらは転生するスピリットために多次元の乗り物を作ることに非常に熟達しています。

Higher Realms 高次元領域
Spiritual Hierarchy スピリチュアル・ハイアラーキー
biological entities 生命体

A soul is an advanced consciousness that is ancient and wishes to work through certain mental and emotional issues during the human experience. That living unfoldment perfectly set for each person “seems unplanned, because it is all planned.” Within the planning there is of course a person’s free will which is always allowed in order to learn to make life-affirming choices within the prepared environment. And as well, the soul chooses what family or set of circumstances that it feels will challenge its most vulnerable areas in its consciousness.

魂は古代からある高度な意識であって、人間の経験の間に特定の精神的および情動的問題を通して働くことを望んでいます。それは全て計画されているために、生活展開が各人のために完全に設定されているそのことは計画されていないようである。計画の中には、用意された環境内で人生を肯定的に捉える選択を学ぶために常に許可されている人の自由意志がもちろんあります。そして同様に、魂は、自分の意識の最も脆弱な領域に挑戦するように感じられる家族または状況のセットを選択します。

life-affirming  人生を肯定している

Notice the six pointed star that the human being is standing upon. This ancient glyph, once called in history, the “Star of David”, symbolizes a proper flow of the communication pathways amongst the Mind, Heart and Body of the Higher and Lower Selves. This well-known glyph represents the soul and its physical manifestation, both working together in tandem represented by two triangles overlapping. This state of awareness that the symbol represents is a self-actualized human being.

人間が立っている六芒星に注目してください。かつて歴史の中で「ダビデの星」と呼ばれた古代のグリフは、高次元の自己および低次元の自己の心、ハートおよび体の間のコミュニケーション経路の適切な流れを象徴しています。この有名なグリフは魂とその体の顕現表していて、2つの三角形が重なっていることによって表される縦一列になって一緒に働きます。シンボルが表すというこの認識の状態は、自己実現型の人間です。

six pointed star 六芒星
Glyph:グリフ、絵文字
self-actualized 自己実現の

There is also one other truism about physicalization. No one is given a challenge that it cannot face and rise above. For it would be a waste of the soul’s time and energy, if any one life lesson was beyond the Lower Self’s grasp or level of achievement. So like any grade of school, a student is not given a task past its possible understanding.So is the way the loving Universe works, giving each and every conscious being what is its most perfect challenge in order to transcend the Self and the grip of fear.

また、身体的表現についてのもう一つの真実もあります。誰もそれに立ち向かうことおよび突破ができないという挑戦を与えられません。人生の教訓が低次元自己の支配または達成のレベルを超えるどちらかであったならば、それは魂の時間とエネルギーの浪費になります。どの小学校と同じように、生徒には可能な理解を超えた課題が与えられていません。愛する宇宙がするやり方の方法でもあり、それは一人ひとりの意識を、自己および恐れの支配を乗り越えるための最も完璧な課題であるということです。

physicalization 身体的表現
life lesson 人生の教訓
rise above. 〜を突破する

For it is not Heart or feelings which choose fear, the cause of all dis-ease. It is the mind and its mercurial thoughts which can imagine anything, often that which will not come to pass. When mind is in fear, it is immediately taking the consciousness out of what is called the “Eternal Now”. For thoughts of fear grow from often only an imagined future threat. Therefore, mind in fear takes itself out of the present moment and shifts to that which is not happening, a dream of the future that is negative or pessimistic.

それは、全ての不快の原因である恐れを選択するハートまたは感情ではありません。それは起こることがないことが多い何かを想像することができる心および気まぐれ思考であります。心が恐れているとき、それはすぐに「永遠の今」と呼ばれることから意識を取り除いています。想像上の未来の脅威から生まれることが多いからです。したがって、恐れの心それ自身は現時点から抜け出して、起こっていないことにシフトしていて、それは、否定的または悲観的である未来の夢です。
Eternal Now 永遠の今

Meditative practices are meant to quiet that part of the mind which was created from thoughts of fear, eons ago on the soul level, the Human Ego. Ego judges things as good or bad, always weighing their value.Furthermore, this mentally separated self, is either choosing to fearfully repress the feminine aspect of feelings, thinking they are shameful, telling each person’s inner Eve to swallow rage, the symbolic red apple.Or, ego controls emotions which will only store a past negative experience, not allowing it to resolve, or free itself from the Emotional Body. Thus, those held emotions are not of the present, locking the consciousness into a state of denial.

瞑想の実践は、大昔に魂のレベル、人間のエゴについての恐れの思考から生まれた心のその部分を静めることを意味します。自我は物事を常に良いか悪いかを判断し、それらの価値を常にはかりにかけます。さらに、この精神的に分離された自己は、恥ずかしいことであると思いながら、感情の女性的側面を恐れて抑圧を選択するか、それぞれ人の内なるイブに怒りの象徴的赤いリンゴを飲み込むように伝えるか、あるは、自我が過去のネガティブな経験を保存するだけで、それを解決すること、または感情体からそれ自身を解放すること許さないことで、情動をコントロールします。したがって、これらの保存された情動は現在のものでなくて、意識を否定の意識を否定の状態に固定します。

eons ago 大昔

Fear of the past or future is time consciousness. Time does not exist. It is simply an illusion of the Mind locked in denial from the past, or imagining either positive or negative reality in the future. The past no longer exists and the future is in a continual flux of change depending upon the free will choices of all Spirits at any one moment. The only thing that really exists is the present moment, not those time period illusions created from the Mental Plane.

過去や未来の恐れは時間意識です。時間は存在していないです。それは単に過去からの否定に閉じ込められた、あるいは未来における肯定的または否定的な現実を想像するという心の幻想です。過去はもはや存在していなくて、未来はどの時点においても全てのスピリットの自由意思選択に応じて絶えず変化の流れの中にあります。本当に存在している唯一のものは現在の瞬間であり、メンタルプレーンから作られたそれらの時間幻想ではありません。

六芒星
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E8%8A%92%E6%98%9F

六芒星(ろくぼうせい、りくぼうせい)とは、星型多角形の一種で、六本の線分が交差する図形である。六角形の各辺を延長することでできる。六角星、六線星、星型六角形、ヘキサグラム (hexagram) ともいう。また、六芒星中にある六角形を抜いた形を六光星と呼ぶ[要出典]。

ユダヤ教がなにか教義の上からこの図形を神聖なものとして見ているというような事実はないが、17世紀以降、伝統的にユダヤ人を表わす記号として定着している。このため、ユダヤ人の国であるイスラエルの国旗にはダビデの星と呼ばれる青色の六芒星が描かれている。
日本でも、同様の「籠目」という文様がある。竹編みの籠の編み目を図案化したもので、魔除けとしてこの図形を用いることがあった。現在でも使用されている例として、伊勢神宮周辺にある石灯籠に籠目が刻まれている。家紋としては籠目紋といい、「籠目」、「丸に籠目」などが使用されている。江戸時代には、小宮氏、曲淵氏などが用いた。

お知らせ

精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売中2月14日(水)まで
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

« インフルエンザ拡散を防ぐための精油-ティスランド・インスティテュートブログより | Main | 意義ある情動への匂いの影響 »