« うつ病と腸内イースト(酵母菌)との関連(1・2))のブログ紹介 | Main | エドガー・ケイシー人類の起源について »

April 19, 2019

人への満月の影響(1・2))のブログ紹介

人への満月の影響(1・2))のブログ紹介
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/08/1-89f7.html
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/08/post-a8e2.html

満月になると体内の酵母菌、虫、寄生虫、ウイルスおよび細菌の活動が活性化して身体に悪影響を与えることを“満月に増える酵母菌カンジダ・アルビカンス”でブログに書きました。また、満月の時には事故、暴力、頭痛、うつ病悪化などいろんなことがおきると言われています。


月からの光、引力などのエネルギーを身体が受容してそれを各器官に送り込んで変化を起こさせるのかと考えました。


そこで、積読していたハロルド・サクストン・バー著 ライフ・フィールド 生命場の科学のことを思い出して拾い読みしました


「全ての生物がその輪郭に沿って成長する不可視の電気力場、ライフ・フィールド。菌類、植物、動物を問わず、生命を持つものみな、この永遠の青写真の設計のもとに生まれ、形づくられていく。そして常に、宇宙のかなたから発信されるさまざまなメッセージを受信し、その影響の波動はたちまちのうちに全地球をおおう。」

宇宙のかなたからくるメッセージを人間は生命場があることによって受け取ることができるのです。受け取る人間の状態よって受け取るメッセージが違って気分が悪くなったりするのかと思いました。

本に生命場は月や太陽の黒点などの宇宙の力に影響を受けると書いてありました。これで満月の時には少なからず人間の生命場に影響して体調・行動の変化を引き起こすのかと思いました。


宇宙からのエネルギーと人間の関係は興味があります。シャーマンの人は宇宙からのメッセージを受信して人々に伝えていたのかと思いました。人は修行などをすることによって宇宙からのメッセージを受信できるのかと考えました。


人への満月の影響

The Unexplained World

説明できない世界

Lunacy, says it all. We all know that the time of the full moon feels strange. Legend has it that the full moon brings out the worst in people: more violence, suicides, accidents, and aggression. The influence of the moon and behavior has been called "The Lunar Effect" or "The Transylvania Effect." The belief that the full moon causes mental disorders and strange behavior was widespread throughout Europe in the middle ages.

間欠性精神病は全てを語っている。満月の時は変な感じがすることをみな知っている。伝説によれば、満月は人々に最悪のことをもたらす。:多くの暴力、自殺、事故、および攻撃である。月の影響と行動は"月効果" または "The Transylvania Effect."と呼ばれてきた。満月が精神障害および奇妙な行動を引き起こすという確信は中世にヨーロッパ中で広まった。

Studies show that more assaults occur around the full moon. More crimes, self and unintentional poisonings and animal bites occur during the full moon cycle as well. There are many problems encountered when trying to study the lunar effect. For example, some studies include "full moon" behaviors that occur a few days before and after the full moon, while other studies include only those behaviors on a single day.

研究によると満月の頃に多くの暴行が起こる。より多くの犯罪、自己と故意でない毒殺および動物咬創が同様に満月サイクルの間に起こる。月の影響を研究しようと努めると多くの問題に遭遇する。例えば、ある研究は満月の前後の2〜3日起こる「満月」の行動を含み、一方、他の研究は満月の日だけのこれらの行動を含む。

The full moon appears once every 29.53 days. Sometimes there are two full moons in one month. It is possible to have a month without a full moon, but this is rare and can only occur in February. You have to wait until February 2066 for the next month without a full moon. (I guess we are all going to miss that one!)

満月は29.53日間に一度現れる。時々、1ヵ月に2度の満月がある。満月のない月があることは可能であるがこれは珍しくて2月だけに起こることがありうる。満月のない次の月のために2066年2月まで待たなければならい。(我々全員がそれを逃すだろうと思う!)

People remain convinced that the moon must do something. After all, the earth's surface is 80 percent water; the human body is 80 percent water, so a human tidal effect makes sense. Tidal variation in most coastal areas seldom exceeds ten feet. In smaller bodies of water, such as lakes and probably the human body, tides are negligible. Another point is that the tides don't occur just once or twice a month; they occur once or twice a day. What happens at full and new moon is that the earth, moon, and sun are lined up, resulting in higher tides than usual

人々は月が必ず何かをすると確信している。結局、地球表面の80%は水である;人体の80%は水で、ヒトへの潮の干満影響は意味をなしている。大部分の沿岸地域における潮の干満変化は10フィートを以上にならない。湖および多分人体などの小さな身体の水で、潮の干満はごくわずかである。他の点は満月および新月に起こることは、地球、月、および太陽が一列に並んだ結果通常より大きな潮の干満になるとである。

A new idea arrives in this theorizing from the discovery that positive and negative ions in the atmosphere have an effect on behavior (negative ions usually favourable, positive the opposite). Positive ions are more abundant when the moon is full. However, the effect is slight compared to major sources of positive ions like air conditioning and air pollution.

新概念は大気のプラスおよびマイナスイオンは行動(通常マイナスイオンは良く、プラスは反対)に影響を与える発見によるこの理論化に到達する。プラスイオンは満月の時に最も多くなる。しかし、影響はエアコンおよび大気汚染のような主要プラスイオン源とほとんど比較されていない。

The full moon affects many people worldwide causing emotional instability and insecurity. Since the gravitational force of the moon is strong enough to cause the tides, therefore it is possibly changing the gravitational effect on our glands and organs which can affect our moods.

満月は情緒不安定および不安を引き起こして世界中の多くの人々に影響を与える。月の引力は潮の干満を引き起こすほど強いので、それゆえ、ムードに影響を与えることができる腺および器官への重力影響を変化させることが可能である。

Other effects include the different wavelengths of light coming from the moon, and the full moon's affect on our inner pathogens. The light from the moon is of a different combination of wavelengths and strength of light than what the sun gives us.It is known that different colors of light cause different emotional reactions.

他の影響は月光の様々な波長が含まれていて、満月は体内の病原体に影響を与える。月光は太陽が我々に与える光より光の波長および光度の様々な組み合わせである。光の様々な色が異なった感情反応を引き起こすことは知られている。

It could be that the moon's silvery colour is at least partially responsible for some people's reactions. Also, we have inner pathogens including yeast, worms, parasites, virus, and bacteria. Perhaps the day to night gravitational change causes a change in the activity of these pathogens, maybe increasing their activity which in turn increases their drain on our nutrients and increases the number of byproducts they excrete into our bloodstream.

月のシルバーカラーは一部の人々の反応に少なくとも部分的原因になっている。また、私たちは、酵母菌、虫、寄生虫、ウイルスおよび細菌を含む体内病原体を有している。多分、昼と夜の重力変化はこれらの病原体活動に変化を引き起こして、多分、活動を増大させて、順に、栄養物に排泄を増大させて血流に排出される副産物の数を増大させる。

Why the full moon affects some people more than others is another question. It may be because some people have borderline glandular functions or some have more pathogens. The most likely pathogen that contributes to the full moon effect is yeast. Too much yeast causes a reaction in people by causing them to feel 'stressed out' because of the loss of normal digestion and increased level of toxicity in the blood.

満月が他の人より一部の人に多く影響する理由は他の問題である。一部の人はぎりぎりの腺機能またはある人は多くの病原体を有しているためかもしれない。満月の影響の原因となっているらしい病原体は酵母菌である。過剰な酵母菌は通常な消化欠如および血液中の毒素濃度増加のために「ストレスアウト」感覚を引き起こすことによって人々に反応を引き起こします。

精油のお知らせ

ピンクロータスAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/159

ホワイトロータスAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/188

ブルーロータスAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/187

|

« うつ病と腸内イースト(酵母菌)との関連(1・2))のブログ紹介 | Main | エドガー・ケイシー人類の起源について »