« 人への満月の影響(1・2))のブログ紹介 | Main | 小麦やサトウキビ栽培で除草剤グリホサートは生育時と収穫前に2度散布され、グリホサート中毒かも? »

April 22, 2019

エドガー・ケイシー人類の起源について

現在、昨年の1月から月1回の古事記のこころ勉強会 in横浜で小野善一郎先生から古事記を学んでいます.

この記事を翻訳していて古事記の考え方と一致するところがあるのではないかと思いました。それは大宇宙が初めから存在していたと先生が良く言われます。ここではスピリットの海が存在していた。また、ダルマの民俗学によると宇宙の原初唯一絶対の存在を「混沌」としてとらえている。神などのあらゆるものが生まれる存在はあったことは共通しているではないかと思いました。

また、あらゆるものには波長と振動を有していることは人間にそれら波長と振動があれば共振することを意味しています。引き寄せの法則はこれに関係しているのかもしれない。
古事記の勉強会で人に山に神があると思う心がないと神がいるとは思えないと言われました。自分が見ると一体化することによって見えてくる。すなわち波長と振動があっていることです。自分が変わらないと見えてこないことを意味しているのかとおもいました。

Edgar Cayce on Human Origins
https://www.near-death.com/paranormal/edgar-cayce/human-origins.html

エドガー・ケイシーの人類の起源について


Human evolutionEdgar Cayce was a near-death experiencer who had more recorded out-of-body journeys than anyone ever recorded and revealed volumes of psychic material much of which was verified to be true to the amazement of doctors and scientists. Cayce discovered at a young age he could go into a self-induced trance and travel while out-of-body to afterlife realms to obtain information on virtually any subject. Cayce claimed anyone could do what he did with the proper training and attunement.

人類の進化、エドガー・ケイシーは誰もが記録したものより体外離脱の旅を多く記録した臨死体験であって, その多くのサイキック資料はその多くの医師や科学者の驚きに忠実である証明されていることを明らかにした。ケイシーは、幼い頃に、彼が自己誘導のトランスに入り、体外離脱して死後の世界を旅行することで、事実上あらゆる問題に関する情報を得ることを発見しました

Human Origins 人類の起源
Human evolution 人類の進化
near-death experiencer 臨死体験
out-of-body journeys 体外離脱の旅
a self-induced 自己誘導

During his out-of-body journeys, Cayce was able to tap into a virtually unlimited amount of information which he referred to as the "Universal Mind". He was able to reveal previously unknown information on a wide range of subjects such as astrology, the afterlife, religion, the future, consciousness, and human origins, just to name a few.

体外離脱の旅行中に、ケイシーは、「宇宙意識」と呼んだ事実上無限大の量の情報を活用することができた。彼は、ほんの数例を挙げると、占星術、来世、宗教、未来、意識、そして人間の起源など、幅広い問題に関するこれまで知られていない情報を明らかにした。

universal mind 宇宙意識

The following information on human origins was revealed to Cayce during his excursions while out of the body and as told in Thomas Sugrue's book, There is a River. Because of the archaic language used in Cayce's description, I have paraphrased it slightly, without losing any of original meaning, to make it easier to read. This may be the most important document concerning Edgar Cayce you will ever read because it answers the "what, where, how, when and why" of human origins.

人間の起源に関する以下の情報は体外離脱中の旅の中でケイシーに明らかにされて、Thomas Sugrueの本で言われるように、川があります。ケイシーの説明で使われている古風な言葉のせいで、私は読みやすくするために、本来の意味を何も失うことなく、少し言い換えました。それは、人間の起源の「何、どこに、どうやって、いつ、そしてなぜ」に答えるので、これは、あなたがこれまでに読もうとしているエドガー・ケイシーに関する最も重要な文書かもしれません。

Table of Contents

目次

1.In the beginning, God...

初めに、神は

2.The evolutionary plan for souls

  魂の進化の計画

3.The nature of the spirit, soul and ego

スピリット、魂およびエゴの本質

4.The divine nature of free will

自由意思の神性

5.The entanglement of souls with flesh

肉体と魂のもつれ

6.The invisible planetary afterlife dimensions within our solar system

太陽系内で見えない惑星の来世次元

7.God's three-dimensional school of hard knocks on the third planet from the sun

太陽から三番目の惑星(地球)への神の3次元の人生経験

8.The sons of God unite with the daughters of men

神の子は人の娘と一体になる。

9.The evolution of the soul through reincarnation

転生を通しての魂の進化

10.The evolution of the Christ soul from Adam to Jesus to Christhood

  アダムからイエスへ、救い主へのキリストの魂の進化

11.The law of karma as a lesson for soul evolution

魂の進化のための教訓としてのカルマの法則

12.The personality as a facet of the soul's individuality

魂の個性の一面としての性格

13.The soul's liberation from reincarnation through human-divine unity

人と神との一致による転生からの魂の解放

14. Quotes from Edgar Cayce about the cosmos and souls

  宇宙と魂についてのエドガー・ケイシーからの引用

reincarnation 転生
school of hard knocks:人生経験;社会経験;実務経験
Christhood キリスト(救い主)であること

1. In the beginning, God...
 初めに、神は

Big BangPeople usually demand a beginning, so in the beginning there was a sea of spirit and it filled all of space. The spirit was static, content, and aware of itself. It was a giant resting on the bosom of its thought and contemplating what it is.

通常、ビッグ・バン(宇宙創生)の人々は初めを求めます、それで、初めにスピリットの海があって、それは全ての空間を満たしていた。スピリットは静的で、満たされていて、そして自分自身目覚めていた。それはその思考の懐に休んでいる巨人であって、それが何であるかを熟考していた。

big bang ビッグバン(宇宙創成)

Then the spirit moved into action. It withdrew into itself until all of space was empty. In the center, the sparkling mind of the spirit shone. This was the beginning of the individuality of the spirit. This was what the spirit discovered itself to be when it awakened. This spirit was God.

次に、スピリットは行動をおこした。それは空間が空になるまでそれ自身の中に引きこみました。中心には、スピリットの輝く心が輝いていました。これはスピリトの個性の始まりであった。これはスピリットが目覚めたときに、スピリットが自分自身を見い出したあるべきものでした。このスピリットが神であった。

God desired self-expression and desired companionship; therefore, God projected the cosmos and souls. The cosmos was built with music, arithmetic, geometry, harmony, system, and balance. The building blocks were all of the same material - the life essence - God simply changed the wavelength and rate of vibration of these building blocks thereby creating the patterns for multitudes of life forms. This action resulted in the law of diversity which supplied endless patterns. God played on this law of diversity as a pianist plays on a piano - producing melodies and arranging them in a symphony.

神は自己表現と望ましい交わりを望んだ。それで神は宇宙と魂を投影した。宇宙は、音楽、算数、幾何学、調和、システム、およびバランスで造られました。基本的構成要素はすべて同じ材料・生命の源であった。神はこれらの基本的構成要素の波長と振動の速度を変えて、それによって多くの生命形態のパターンを創造した。この行動は結果的に無限のパターンを供給する多様性の法則をもたらした。ピアニストがピアノを演奏し、メロディーを生み出して、それらを交響曲にアレンジすることとして、神はこの多様性の法則を演奏した。

arithmetic, 算数、算術
geometry 幾何学
wavelength 波長
law of diversity 多様性の法則

|

« 人への満月の影響(1・2))のブログ紹介 | Main | 小麦やサトウキビ栽培で除草剤グリホサートは生育時と収穫前に2度散布され、グリホサート中毒かも? »