« d−リモネンまたはその代謝産物のペリリルアルコールの抗ストレス作用 | Main | うつ病と腸内イースト(酵母菌)との関連(1・2))のブログ紹介 »

April 10, 2019

感情状態、自律神経系および唾液バイオマーカーに対する吸入された香附子および蘇葉精油の効果

Effects of Inhaled the Cyperi rhizoma and Perillae herba Essential Oil on Emotional States, Autonomic Nervous System and Salivary Biomarker

https://www.scirp.org/journal/PaperInformation.aspx?PaperID=56265

感情状態、自律神経系および唾液バイオマーカーに対する吸入された香附子および蘇葉精油の効果

cyperi rhizoma :香附子
PERILLAE HERBA ソヨウ(蘇葉)

Author(s)
Tomoko Yoshizawa1, Yuko Tani2, Takuji Yamaguchi3, Masaki Sawa1

Affiliation(s)
提携

1Department of Hospital Administration, Juntendo University Graduate School of Medicine, Tokyo, Japan.
病院管理学部、順天堂大学大学院,

2Hiroo Prime Dermatology, Tokyo, Japan.
広尾プライム皮膚科

3Center for Advanced Kampo Medicine and Clinical Research, Juntendo Graduate School of Medicine, Tokyo, Japan.
順天堂大学漢方医学先端臨床センター、順天堂大学大学院,

ABSTRACT

要旨

It is well-known that odor has a good influence on a human mind and body. In this study, we investigated the effect of the essential oil inhalation of Cyperi rhizoma and Perillae herba which were main aromatic herbs ingredient of the Kososan, to psychological condition, autonomic nerve activity and salivary biomarker.

匂いが人間の心身に良い影響を与えることはよく知られています。本研究では、私たちは、香蘇散(コウソサン)の主要な芳香性薬草成分である香附子およびソヨウ(蘇葉)の精油吸入が心理状態、自律神経活動および唾液バイオマーカーに及ぼす効果を調べた。

香蘇散. Japanese Name, コウソサン
autonomic nerve activity 自律神経活動
salivary biomarker 唾液バイオマーカー

In addition, we examined influence by the favorite difference in odor. 25 healthy female volunteers (control group: 5 people; Cyperi rhizoma group: 10 people; Perillae herba group: 10 people) were examined.

加えて、私たちは匂いの好みの違いによる影響を調べました。25人の健康な女性ボランティア(対照群:5人;香附子群:10人; ソヨウ(蘇葉)群:10人)を調べた。

POMS was examined at PRE and POST the experiment. Pulse analyser was examined and saliva samples were collected before the inhalation, just after the inhalation, 10 minutes and 20 minutes later, respectively. Saliva samples analyzed for levels of α-amylase and cortisol.

実験の前および後に感情プロフィール検査(POMS)が調査された。パルスアナライザー(自律神経バランス分析)が調べられて、吸入の直前、吸入の直後、10分後および20分後にそれぞれ唾液試料を採取した。唾液サンプルは、α-アミラーゼおよびコルチゾールのレベルについて分析された。

POMS (Profile of Mood States).:感情プロフィール検査
Pulse analyser:パルスアナライザー(自律神経バランス分析器)

At the examination for POMS after the experiment, the preference for the odor was confirmed. About both Cyperi rhizoma and Perillae herba, by the essential oil inhalation, mental stability and relaxation effect were provided in psychological and psysiological evaluation.

実験後に感情プロフィール検査(POMS)の検査では匂いの好みが確認された。香附子およびソヨウ(蘇葉)の両方について、精油吸入により、精神安定とリラックス効果は心理的および精神生理学的評価で提供された。

mental stability 精神安定

In the “like” group, relaxation was greater than “unlike” group. However, about Cyperi rhizoma, the stress was relaxed regardless of the favorite difference in odor, and a physical relaxation effect was shown. In addition, about the autonomic nerve activity, the parasympathetic nerve was not activated, and it was suggested that it was made and stabilized the balance of the autonomic nerve.

「好み」グループでは、「不快」グループよりもリラックスが大きかった。しかし、香附子については、匂いの好みの違いに関係なくストレスが緩和され、身体的リラックス効果が示されました。加えて、自律神経活動については、副交感神経が活性化されず、自律神経のバランスを整え安定させることが示唆されました。


KEYWORDS キーワード

Cyperi rhizoma:香附子:, Perillae herba:ソヨウ(蘇葉), Essential Oil:精油 Autonomic Nerve Activities:自律神経活動、,

Saliva:唾液、POMS:感情プロフィール検査(POMS )

用語

香蘇散とは
https://www.toyamamegumi.co.jp/special/kazen-ace/about/

香蘇散は、中国の宋時代に編さんされた医学書「和剤局方」(1107年)に初出されている薬方です。構成生薬は、香附子、蘇葉、陳皮、生姜、甘草となっており、香附子と蘇葉が主薬であることから香蘇散と名付けられました。


漢方医学であるKososanの抗うつ効果の基礎となる可能性のある機構は、ストレス誘導性うつ病様モデルマウスの視床下部オレキシン系を介して
https://bibgraph.hpcr.jp/abst/pubmed/19801833

漢方薬であるコソサン(Kososan)は、うつ病の行動動物モデルにおいて抗うつ効果があり、うつ病の改善のために臨床的に使用されている。

精油のお知らせ

香附子(こうぶし)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/275

紫蘇葉(アカシソ)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/393

|

« d−リモネンまたはその代謝産物のペリリルアルコールの抗ストレス作用 | Main | うつ病と腸内イースト(酵母菌)との関連(1・2))のブログ紹介 »