« 感情状態、自律神経系および唾液バイオマーカーに対する吸入された香附子および蘇葉精油の効果 | Main | 人への満月の影響(1・2))のブログ紹介 »

April 18, 2019

うつ病と腸内イースト(酵母菌)との関連(1・2))のブログ紹介

うつ病関連の過去のブログ記事を紹介します。

うつ病と腸内イースト(酵母菌)との関連(1・2))のブログ紹介
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/09/post-67ca.html
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/09/post-8246.html

DEPRESSION: IS YEAST A MISSING LINK?

うつ病:イースト(酵母菌)との関連を見逃してはいませんか?

Depression casts a shadow over the lives of 19 million Americans, two-thirds of them women. The precise cause, in many cases, remains a mystery. Genetics, brain chemistry gone bonkers, even environmental depredation have all been mentioned, and documented, as causes of depression.

うつ病は1900万人のアメリカ人生活に影を落としていて、その2/3は女性です。多くの場合、正確な原因ははっきりしていなです。うつ病の原因として、遺伝子、脳内化学物質の狂い、環境の略奪さえも全て言及されて、記録されました。

We suggest that systemic yeast overgrowth is another often-overlooked cause of depression.

全身性酵母菌増殖が見過ごされていることが他のうつ病の原因であることが多いことを示唆する。

systemic yeast overgrowth:全身性酵母菌増殖

In his latest book, The Yeast Connection and Women’s Health, Dr. William Crook says he and his colleagues found a very strong link between Candida albicans yeast overgrowth and depression in patients who had a history of any of the following:

Dr. William Crookの最新の本、イーストコネクションと女性の健康で、彼および同僚は酵母菌カンジダ・アルビカンスと下記のどれかの既往歴を有するうつ病患者との極めて強力な関連がることを発見したと述べています。

•Use of antibiotics, especially long courses of antibiotics
 
•抗生物質使用、特に抗生物質の長期クール使用

•Use of birth control pills

•経口避妊薬の使用

•Persistent digestive distress

•継続的な消化不良

•Recurring vaginal yeast infections

•再発するカンジダ膣炎

vaginal yeast infections カンジダ膣炎

Dr. Crook made the fascinating discovery that 85 percent of women suffering from depression who had even one of the above elements in their history found relief from depression and a host of other symptoms by following his Anti-Candida Treatment Plan. Why? Let’s look at the cycle of yeast overgrowth in the body and how it affects various body systems, including brain chemistry.

クルック博士は、既往歴で上記の要素の一つでもあるうつ病患者女性の85%が彼の抗カンジダ治療計画に加わることによってうつ病及び多くの他の症状からの緩和を確認したことの素晴らしい発見をした。何故でしょうか? 体内のイースト(酵母菌)増殖のサイクル及び脳化学を含む様々な生体構造へのどのような影響するかを考察しよう。

It starts simply enough--you get sick and you take antibiotics or cortisone-containing drugs to feel better. You get sick again and take medications to treat your symptoms. This happens many times over a period of years. You may also be taking birth control pills. Over time, the natural, healthy balance of yeast and microorganisms in your intestinal tract alters its balance in response to the medications.

まったく簡単にはじまる。病気になって良くなるために抗生物質またはコルチゾン含有薬剤を服用する。再び病気になって症状治療のために薬剤を服用する。このことは何年間に渡って多くの回数おこる。また、経口避妊薬を服用するかもしれない。時間とともに、あなたの腸管のイースト(酵母菌)と微生物の自然で健康なバランスが薬物反応でそのバランスを変化させる。

cortisone:コルチゾン

Antibiotics (literally meaning anti-life) indiscriminately kill bacteria throughout your system. This is good if you have bacterial pneumonia or an infected wound, because the "bad" bacteria could eventually threaten your life. However, the antibiotics also kill the "good" bacteria, especially those that live in your digestive tract and help digest your food. This upsets the natural balance of bacteria and yeast that usually live in harmony in your digestive tract, since yeast is not affected by antibiotics.

抗生物質(文字通り抗生命を意味する)は、あなたの身体を通じて無差別にバクテリアを殺す。あなたが細菌性肺炎及び感染性創である場合にはこれは良いことである。何故ならば、“悪い”バクテリアは究極的にあなたの生命を脅かすかもしれないからである。しかし、また、抗生物質は特に腸管に住んでいて食べ物の消化を助けるこれらの“良い”バクテリアを殺す。 イースト(酵母菌)は抗生物質の影響を受けないので、通常腸管で調和を保って生きているバクテリアとイースト(酵母菌)の自然なバランスを崩す。

bacterial pneumonia:細菌性肺炎
infected wound 感染創

The more often you take antibiotics or cortisone-containing drugs, the more disturbed your natural balance of intestinal flora. The medical term for this is dysbiosis.

より多くの抗生物質またはコーチゾン含有薬を服用すると、より多く腸内細菌叢の自然なバランスを妨げる。これに対する医学用語は腸内菌共生バランス失調である。

dysbiosis 腸内菌共生バランス失調

As the flora in your intestine becomes increasingly out of balance, two things happen: the lining of your intestines weakens and you develop a craving for sugars and carbohydrates to try to feed the unnaturally large amount of yeast in your intestine.

あなたの腸内細菌叢が益々バランスを崩すにつれて、2つのことが起きる。腸の内壁が弱体して、腸内の不自然に多いイースト(酵母菌)を育てようとしてあなたは糖及び炭水化物を渇望することになる。

The more sugar and carbs you eat, the more the yeast grows out of balance and the larger your appetite becomes for even more sugars and carbs. In response, the lining of your intestine weakens due to the unnatural balance of microorganisms and the increasingly weakened immune system.

より多くの糖及び炭水化物を摂取すると、より多くイースト(酵母菌)が増殖してバランスを崩して、食欲がさらに多くの糖及び炭水化物を求めることが増大する。応えて、あなたの腸の内壁は、微生物の不自然なバランスのために弱体化してますます免疫系を弱めた。

Toxins and food allergens normally cannot penetrate your intestinal lining. However, under yeast overload conditions yeast change from a budding form to a mycelia form that penetrates the intestinal lining allowing toxins and food allergens to leak into the bloodstream. The more they enter the bloodstream, the weaker your immune system becomes and the more "sick all over" you feel. See Dr. Crook's book, The Yeast Connection and Women’s Health for more detailed descriptions of this cycle known as "leaky gut syndrome" and its effect on chronic health conditions.

毒素及び食物アレルゲンは通常腸の内壁を透過することができない。しかし、イースト(酵母菌)過剰下では、イースト(酵母菌)が出芽形成から菌糸形に変化して腸の内壁に透過して毒素及び食物アレルゲンを血流に漏入を許すことになる。それらが血流にさらに多く流入すると、さらに免疫系が弱まって、“身体全体の病気”をよりあなたは感じる。“腸管壁浸漏症候群”として知られてこのサイクル及び慢性疾患へのその作用の詳細な説明についてはクルック博士の本“イーストコネクション及び女性の健康”を見なさい。

budding form 出芽形成
mycelia form:菌糸形
Leaky Gut Syndrome:腸管壁浸漏症候群.
chronic health conditions 慢性疾患

Candida toxins, basically products of their metabolism or toxins released when they die, number in the dozens. In fact, by 1977, 79 different toxins had been identified. Two in particular, are alcohol and acetaldehyde. In some cases of severe intestinal Candida, people have measurable levels of alcohol and acetaldehyde in their blood. And they feel intoxicated just as if they were drinking alcohol. We know about acetaldehyde because it is the major breakdown product of alcohol that is responsible for hangover symptoms.

カンジダの毒素、基本的にそれらの代謝産物または数十の数の死んだときに放出された毒素。実際に、1977年までに79の異なる毒素が特定された。特に、2つはアルコールとアセトアルデヒドである。重症な腸カンジダ症の場合には、ヒトの血中におけるアルコール及びアセトアルデヒドの濃度は測定できる濃度である。そして、ちょうどあたかも彼らがアルコールを飲んでいるかのように酔うと感じる。二日酔い症状の原因となるアルコールの主要な分解産物であるためにアセトアルデヒドについて知っている。

When acetaldehyde reacts with the neurotransmitter, dopamine, it can cause mental and emotional disturbances such as anxiety, depression, poor concentration, and feeling spaced-out. If you look up the toxicology of acetaldehyde you find that it adversely affects many tissues and organs in the body.

アセトアルデヒドが神経伝達物質(ドーパミン)と反応すると、不安、うつ病、集中力不足、およびぼんやりした感覚などの精神的および感情的障害を生じることがありえる。アセトアルデヒドの毒物学を調べならば、それが体の多くの組織及び器官に悪影響を与えることを発見する。

Is it any surprise, then, that depression and fatigue are two of the most common complaints of people suffering from dysbiosis? Is it any wonder that yeast overgrowth plays a role in the symptoms of such a wide variety of chronic health conditions? See www.yeastconnection.com for more information about overcoming these conditions and finding relief and health.

うつ病及び疲労は腸内菌共生バランス失調に悩む患者の最も一般的な2つの疾患であるとは何か驚きでありますか?イースト(酵母菌)過剰増殖がそのような様々な慢性疾患症状で役割を果たしていることは何か不思議ですかこれらの症状克服および緩和と健康の解決ついての詳しい情報は下記にて

www.yeastconnection.com


精油のお知らせ

フランキンセンス(オマーン)・3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/379

ネロリOG1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/315

野生ラベンダー(標高1300m以上)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/403

イランイラン5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/429

 

|

« 感情状態、自律神経系および唾液バイオマーカーに対する吸入された香附子および蘇葉精油の効果 | Main | 人への満月の影響(1・2))のブログ紹介 »