« ベルガモット、ユーカリグロブルス、ゼラニウム、シナモンおよびレモングラス精油の気相による抗インフルエンザウイルス作用 | Main | 今年の干支・庚子(かのえ・ね)の紹介 »

December 26, 2019

迷走神経は腸脳軸に沿ってセロトニンを運ぶことができる Psychology todayより

The Vagus Nerve May Carry Serotonin Along the Gut-Brain Axis

 迷走神経は腸脳軸に沿ってセロトニンを運ぶことができる

https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-athletes-way/201910/the-vagus-nerve-may-carry-serotonin-along-the-gut-brain-axis

vagus nerve 迷走神経

gut brain axis 腸脳軸

SSRIs may activate vagus nerve dependent gut-to-brain serotonin signaling.

 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIs)は迷走神経依存性の腸から脳へのセロトニン伝達を活性化することができる。

 Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, SSRI: 選択的セロトニン再取り込み阻害薬

 When Prozac was introduced in 1987, it made a big splash as the first selective serotonin reuptake inhibitor (SSRI) antidepressant for the treatment of major depressive disorder.

 1987年にプロザック(抗うつ薬)が導入されたとき、大うつ病性障害治療のための最初の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)抗うつ薬として大きな注目を集めました。

 prozac プロザック(抗うつ薬)

major depressive disorder 大うつ病性障害

Prozac and Sarafem are brand names for a drug called "fluoxetine," which was first discovered by Eli Lilly in 1972. Since the patent for this drug expired in 2001, fluoxetine is available as a generic FDA-approved prescription for depression, obsessive-compulsive disorder, panic attacks, and some eating disorders.

プロザックとサラフェムは、「フルオキセチン」と呼ばれる薬のブランド名です。これは、1972年にエリリリーによって初めて発見されました。この薬の特許は2001年に失効したため、フルオキセチンは、うつ病、強迫性障害、パニック発作、および幾つかの摂食障害ためのジェネリックの食品医薬品局承認処方薬として入手できます

用語

フルオキセチン (: Fluoxetine) は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類される抗うつ薬の1つである。商品名プロザック (Prozac) としてアメリカ合衆国のイーライリリー・アンド・カンパニー社から発売され、また後発医薬品も存在する。

generic ジェネリック

obsessive-compulsive disorder 強迫性障害

panic attacks パニック発作

Historically, most experts and consumers thought fluoxetine worked by inhibiting the reuptake of serotonin in the brain, and that the antidepressant effects of this drug occurred solely from the "neck up." However, there is still a surprising amount of uncertainty about how SSRIs actually work.

歴史的に、ほとんどの専門家と消費者は、フルオキセチンが脳内のセロトニンの再摂取を阻害することで機能し、この薬の抗うつ作用は「首の上」からのみ発生すると考えていました。ただし、SSRIが実際にどのように機能するかについては、依然として驚くほどの不確実性があります。

reuptake 再取り込み

Because 90 percent of the human body's serotonin is produced in the gut, one current theory is that fluoxetine might boost the amount of serotonin produced "below the neck."

人体のセロトニンの90パーセントが腸で産生されるため、現在の理論の1つは、フルオキセチンが「首の下」で産生されるセロトニンの量を増やす可能性があるというものです。

While the 21st-century debate about SSRIs rages on, a drug-free alternative for treatment-resistant depression called "vagus nerve stimulation (VNS)" was approved by the FDA in 2005 for severe unipolar and bipolar depression. VNS typically involves a small, silver-dollar sized device that is surgically implanted below the skin near the collar bone and works like a pacemaker to stimulate the vagus nerve.

SSRIについての21世紀の議論が激化する中、2005年にFDA(食品医薬品局)により、重度の単極および双極うつ病に対して、「迷走神経刺激(VNS)」と呼ばれる治療抵抗性うつ病の薬物なし代替が承認されました。 VNSは通常、鎖骨近くの皮膚の下に外科的に埋め込まれ、迷走神経を刺激するペースメーカーのような働きをする、銀色の小さなサイズのデバイスを含みます。

unipolar and bipolar depression 単極および双極うつ病

a drug-free alternative 薬物を使用しない代替

treatment-resistant depression 治療抵抗性うつ病

vagus nerve stimulation (VNS) 迷走神経刺激療法

collar bone 鎖骨

In recent years, researchers at McMaster University's Brain-Body Institute (Canada) have been investigating a possible link between SSRI antidepressant medications, serotonin levels in the gut, and the role that vagus nerve stimulation might play in boosting gut-to-brain transport of serotonin, which appears to rely on the vagus nerve.

近年マックマスター大学、のBrain-Body Institute(カナダ)の研究者は、SSRI抗うつ薬、腸内のセロトニンレベルと迷走神経刺激が迷走神経に依存しているようなセルトニンの脳への輸送を促進する際に果たす可能性のある役割との相関関係を調査しています。

Notably, after a vagotomy?which surgically cuts off gut-to-brain communication via the vagus nerve?SSRIs lose their ability to relieve depression-like symptoms in mice.

特に、迷走神経を介した腸と脳のコミュニケーションを外科的に遮断する迷走神経切除後、SSRIはマウスにおけるうつ病様症状を緩和する能力を失います。

vagotomy 迷走神経切断術

As part of the bidirectional gut-brain axis, afferent vagal nerves send signals from the bottom-up. There is reason to believe that these vagus nerve pathways might serve as a type of "serotonin superhighway" between the gut and the brain.

 双方向的腸脳軸の一部として、求心性迷走神経は下から上への信号を送ります。これらの迷走神経経路は腸と脳との間の「セロトニン超高速道路」の一種として機能すると考えられる理由があります。

bidirectional双方向的

afferent vagal nerve 求心性迷走神経

A few days ago, the team at McMaster University?who've been conducting research in mice about how SSRIs and the vagus nerve might work in tandem?published a study, "Oral Selective Serotonin Reuptake Inhibitors Activate Vagus Nerve Dependent Gut-Brain Signalling," in the journal Scientific Reports. The title of this paper sums up the main takeaway of this research: SSRIs may activate the vagus nerve in a way that facilitates gut-brain serotonin signaling.

 

数日前、SSRIと迷走神経がどのように連携するかについてマウスで研究を行ってきた、マックマスター大学のチームは、he journal Scientific Reportsに「経口セロトニン再取り込み阻害薬が迷走神経依存性腸脳シグナル伝達を活性化する」研究を発表しました。

この論文のタイトルは、この研究の主な要点を要約しています。SSRIは、腸脳セロトニンシグナル伝達を促進する方法で迷走神経を活性化することが出きる。

用語

脳と腸は密に関連…「脳腸軸」の研究結果と健康との関連性

https://www.esquire.com/jp/menshealth/wellness/a26614989/probiotics-benefits-gut-mental-health-brain/

 「脳腸軸」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「脳腸軸」とは(脳と腸は自律神経系や液性因子(ホルモンやサイトカインなど)を介して密に関連していることが分かっています。この双方向的な関連を「脳腸軸(brain-gut axis)」または「脳腸相関(brain-gut interaction)」と呼ぶということ…。今回は、そんな「脳腸軸」についてわかっていること、わかっていないことをご紹介します。

 お知らせ

フランキンセンス、ミルラおよびパロサントのカンラン科精油は光のエネルギーを凝縮した太陽の缶詰です。カンラン科精油であなたの心に愛の光を灯してみませんか。

 精油のお求めはフィトアロマ研究所

http://phytoaroma.ocnk.net/

 

|

« ベルガモット、ユーカリグロブルス、ゼラニウム、シナモンおよびレモングラス精油の気相による抗インフルエンザウイルス作用 | Main | 今年の干支・庚子(かのえ・ね)の紹介 »