« June 2020 | Main | August 2020 »

July 31, 2020

ジンジャーCO2有機5ml・精油(バイオレットボトル充填)新発売

ジンジャーCO2有機5ml・精油(バイオレットボトル充填)

学名:Zingiber officinale

Zingiber :サンスクリット語のsrigavera(角形の)に由来する語。根茎の形による。
officinale:薬効のある

英名:Ginger 和名:ショウガ(生姜)

科名:ショウガ科 ショウガ属 原産国:インドネシア

抽出部位:根茎 抽出方法:二酸化炭素抽出(CO2)  抽出国:ドイツ

植物の特徴
多年草。香辛料として世界的に知られている。起源は古く、インド原産としてるが、野生種は発見されていない。世界有用植物事典より

主要成分(取引先の分析表より)

セキステルペン炭化水素
α-ジンギベレンエ(19.90%)、β-セキスフェランドレン(13.10%)、β-ビザボレン(7.60%)、α-クルクメン(17.80%)、
α-ファルネッセン(5.00%)、

モノテルペン炭化水素
カンフェン(7.20%)、α-ピネン(1.80%)、リモネン (1.20%)、β-ミルセン(0.97%)
β-フェランドレン(0.96%)、

酸化物
1,8-シネオール (2.90%)

アルデヒド
ゲラニアール(3.70%)、ネラール(2.30%)

モノテルペンアルコール 
ゲラニオール (0.86%)、リナロール(0.65%)、シトロネロール(0.16%)、

セキステルペンアルコール
ジンゲロール(1.10%)、ショウガオール(0.47%)

作用
抗菌、抗炎症、抗アレルギー、消化促進、健胃、精力増強,駆風、鎮痛、抗カタル、去痰、肝機能改善、解毒、保温

適用
吐き気、乗り物酔い、筋肉痛、筋痙攣、関節炎、アレルギー予防、冷え性、

相性のよいオイル
イランイラン、オレンジ、グレープフルーツ、サンダルウッド、ジャスミン、ゼラニウム、ネロリ、プチグレイン、フランキンセンス、
ベルガモット、マジョラム、マンダリン、ラベンダー、レモン、ローズマリー

その他
ジンジャー精油には本質的に温め、活力を与え、閉塞を溶く作用があります。ジンジャー精油には、脾・心・肺・腎の陽気を活性化し、
補う働きがあります。

性質:熱・燥   五行:水(そして熱)  惑星:火星

星座:牡牛座、蠍座
チャクラ:ベース(第一)、セイクラル(第二)太陽神経叢(第三)

関連ブログ
Aromatherapy: New Tool for Fighting Post-Surgery Nausea & Vomiting
アロマセラピー(ジンジャー):手術後の吐き気および嘔吐予防の新ツール
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2006/07/post_ea41.html

精油のお求めは下記にて
ジンジャーCO2有機2ml・精油(バイオレットボトル充填)

https://phytoaroma.ocnk.net/product/571

お知らせ

自然療法の国際総合学院 IMSI主催で、「医療現場で行うクリニカルアロマセラピー 〜認知症、がん、緩和ケアの現場で行われる最前線のFusion AromaCare™〜」のオンライン講座(2020年10月31日(土)〜2020年11月2日(月)10:00〜17:00)が開催されます。

講師:マデレイン・ケルホフ Madeline Kerkhofはオランダ人の看護師です。マデレイン・ケルホフさんにお会いしたのは2015年6月にフランスグラースで開催されたアロマセラピーコンベンションでリアノン先生から紹介されました。その時に、マデレイン・ケルホフ著のComplementary Nursing in End of Life Care in Palliative Care Aromacare Massage Aquacare Relaxation Handbook for Nurse and Health Care Profeesionalsの本を購入しました。彼女は医療現場で精油とCO₂エクストラクトを科学的データに基づいて積極的に実践で使用しています。彼女は世界各地で講演されています。

詳しいことは下記にて

自然療法の国際総合学院 IMSI
https://www.imsi.co.jp/course/aroma/clinical_aroma.html

|

July 29, 2020

チェストツリー(ヴァイテックス)5ml・精油発売中

ホルモンバランス調整(女性のプロゲステロンとエストロゲン産生のバランス調整)

チェストツリー(ヴァイテックス)5ml・精油

学名:Vitex agnus-castus

和名:セイヨウニンジンボク

科名:クマツズラ科、 ハマゴウ(ビテックス)属

栽培方法:野生 原産国:トルコ 

抽出部位:葉 抽出方法:水蒸気蒸留

禁忌:妊娠中、授乳中不可

支配星:月 星座:蟹座

チャクラ:セイクラル(第2)、サードアイ(第6

植物の特徴
落葉の低木。高さ13m。南ヨーロッパ原産で、全体に香気がり、薬用に利用される。

主要成分(取引先の成分分析表より)
1,8
シネオール(19.22%)、α-ピネン(16.09%)、サビネン(13.66%)、β-ファルネッセン(10.22%)、β-カリオフィレン(9.29%)、ビシクロゲルマクレン(5.27%)

リモネン(4.03%)、α-酢酸テルピニル(4.03%)、スパツレノール(3.16%)、δ-カジネン(2.42%)、ミルセン(2.12%)、テルピネン4-ol(1.55%)

アロマデンドレン(1,53%)、パラシメン(1.44%)、β-ピネン(1,38%)、α-グルジュネン(1.17%)、フェンキルアルコール(1.00%)

カリオフィレンオキサイド(0.78%)、レドール(0.62%)

作用
去痰、駆風、解熱、抗菌、抗真菌、子宮強壮、鎮痛、鎮静、通経、発汗、利尿、男性の性欲抑制、ホルモンバランス調整、

適用
頭痛、発熱、炎症、浮腫、消化不良、鼓腸、PMS、更年期障害、月経不順、不妊症(受精能力増強)、乳房痛

相性の良い精油
アンジェリカ、カモミール、サイプレス、ジュニパーベリー、スペアミント、ゼラニウム、ネロリ、
パルマローザ、フェンネル、プチグレイン、ベルガモット、

マートル、マンダリン、ミルラ、ラベンダー、レモン、ローズマリー

その他の記事
チェストツリーは脳下垂体に直接作用して、プロゲステロン(黄体ホルモン)値の正常化に役立ちます。活性成分と呼ばれる作用の正確な機序は特定されていないです。更年期のアンバランスについての現在の主流な考え方は、Dr.John Lee博士の業績を反映している。彼は、エストロゲンの欠如が更年期の苦痛の裏にある原因でないことを提唱した。むしろ、それはエストロゲン(卵胞ホルモンの優位性とプロゲストロン(黄体ホルモン)の不均衡であるかもしれない。チェストツリーの有効性は、この方針の考え方をさらに支持する。チェストツリーは経口避妊薬の効果を減少させて、不妊治療で有意な効果を示した。

ブログ紹介
チェストツリー精油および更年期ホルモンバランス:セルフケア調査
Vitexa Vitexagnus-castus essential oil and menopausal balance: a self-care
survey.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2010/02/post-02f3.html

精油のお求めはこちらにて
チェストツリー(ヴァイテックス)5ml・精油(バイオレットボトル充填)
https://phytoaroma.ocnk.net/product/251

 

 

 

|

« June 2020 | Main | August 2020 »