« 閉経周辺期女性の唾液中エストロゲン濃度に及ぼす精油曝露の影響 | Main | β-カリオフィレンへの嗅覚暴露は女性の唾液中テストステロンのレベルを増加させます »

May 22, 2021

無症候性症例対重度COVID-19患者で発見された異なる免疫応答Science dailyより

Differing immune responses discovered in asymptomatic cases vs those with severe COVID-19
https://www.sciencedaily.com/releases/2021/04/210420121500.htm

無症候性症例対重度COVID-19患者で発見された異なる免疫応答

Source:
 情報源

Wellcome Trust Sanger Institute
:ウェルカムトラストサンガー研究所

Summary:
要約

Using data from the Human Cell Atlas, researchers have identified the differences in immune cells' response in those who had no symptoms compared to severe symptoms.

ヒト細胞地図(アトラス)計画のデータを用いて、研究者は、重篤な症状と比較して症状がなかった人の免疫細胞応答の違いを特定しました。

the Human Cell Atlas
:ヒト細胞地図(アトラス)計画

Full Story
全文

The largest study of its type in the UK has identified differences in the immune response to COVID-19, between people with no symptoms, compared to those suffering a more serious reaction to the virus.

英国でそのタイプでの大規模研究はウイルスに対するより重篤な反応に苦しんでいる人々
と比較して、症状のない人々の間でCOVID-19に対する免疫応答の違いを同定しました。

Researchers from the Wellcome Sanger Institute, Newcastle University, University College London, University of Cambridge, EMBL's European Bioinformatics Institute (EMBL-EBI) and their collaborators within the Human Cell Atlas initiative, found raised levels of specific immune cells in asymptomatic people.They also showed people with more serious symptoms had lost these protective cell types, but gained inflammatory cells. These differences in the immune response could help explain serious lung inflammation and blood clotting symptoms, and could be used to identify potential targets for developing therapies.

ウェルカムトラストサンガー研究所、ニューカッスル大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、ケンブリッジ大学、欧州分子生物学研究所(EMBL)の欧州バイオインフォマティクス研究所(EBI)からの研究者およびヒト細胞地図(アトラス)計画イニシアチブ内の共同研究者は無症候性の人々における特異的免疫細胞の上昇を解明した。また、かれらはより重症症状の患者はこれらの防御細胞型を失ったが、炎症細胞を獲得したことを示した。免疫応答のこれらの違いは、肺の重度な炎症および血液凝固症状を説明するのに役立ち、治療法を開発するための潜在的な標的を特定するために使用することができます。

European Molecular Biology Laboratory (EMBL)
欧州分子生物学研究所(EMBL
European Bioinformatics Institute (EBI)
:欧州バイオインフォマティクス研究所
specific immune cells
特異的免疫細胞
protective cell types
 防御細胞型
blood clotting
血液凝固

The research, published today (20th April 2021) in Nature Medicine, is one of the only studies to include people who were asymptomatic. This large-scale collaborative study is part of the Human Cell Atlas* initiative to map every cell type in the human body, to transform our understanding of health, infection and disease.

本日(2021420)に英国ネイチャー メディシンに発表されたこの研究は、無症候性の人々を含む唯一の研究の1つです。この大規模な共同研究は、健康、感染症、病気に関する理解を変更するために、人体のあらゆる細胞タイプをマッピングするヒト細胞地図(アトラス)計画イニシアチブの一部です。

Nature Medicine
:ネイチャー メディシンは、英国のNature Publishing Groupが発行している国際学術誌である。 医学に関する研究の成果を載せている。

So far, the COVID-19 global pandemic has caused millions of deaths and many more infections worldwide. Symptoms vary widely in severity and can range from a mild cough to severe respiratory distress, blood clots and organ failure. Several previous studies have highlighted a complex immune response in the blood, but until now the full coordinated immune response and how this differs between symptomatic and asymptotic patients had not been investigated in detail.

これまでのところ、COVID-19の世界的なパンデミックは、世界中で何百万人もの死者とより多くの感染症を引き起こしてきました。症状は重症度が大きく異なり、軽症の咳から重度の呼吸窮迫、血栓および臓器不全までさまざまである。いくつかの以前の研究は血液中の複合的免疫応答を強調していたが、今まで、症候性および無症候性の患者との間でどのように異なるかは詳細に調査されていなかった。

respiratory distress
呼吸窮迫

In a new study to understand how different immune cells responded to the infection, a large team of researchers came together to analyse blood from 130 people with COVID-19. These patients came from three different UK centres (Newcastle, Cambridge and London) and ranged from asymptomatic to critically severe.


異なる免疫細胞が感染にどのよう応答するかを理解するための新研究では、大規模な研究チームが一緒になってCOVID-19患者130人の血液を分析しました。これらの患者は、3つの異なる英国のセンター(ニューカッスル、ケンブリッジ、ロンドン)から来て、無症候性から重症に及んだ。

The team performed single-cell sequencing from ~800,000 individual immune cells, along with detailed analysis of cell surface proteins and antigen receptors found on immune cells in the blood. They revealed differences in multiple types of immune cells that are involved in the body's response to COVID-19.
 

チームは、血液中の免疫細胞にみられる細胞表面タンパク質および抗原受容体の詳細な分析とともに、約~800,000個の個々の免疫細胞からのシングルセル(単一細胞)解析を実行しました。彼らは、COVID-19.に対する生体反応に関与する複合型免疫細胞の違いを明らかにしました。

antigen receptors
 抗原受容体

In those with no symptoms, the team found increased levels of B cells that produce antibodies that are found in mucus passages, such as the nose. These antibodies may be one of our first line of defence in COVID-19. However, these protective B cells were missing in people with serious symptoms, indicating the importance of an effective antibody-associated immune response at the nose and other mucus passages.

症状のない人々では、研究者は鼻などの粘液通路に見られる抗体を産生するB細胞のレベルが増加していることが解明した。これらの抗体は、COVID-19における生体の第一防御ラインの1つである可能性があります。しかし、これらの防御B細胞は重篤な症状の患者には欠けていて、鼻および他の粘液通路で有効な抗体関連免疫応答の重要性を示していた。

antibodies
抗体

The team discovered that whereas patients with mild to moderate symptoms, had high levels of B cells and helper T-cells, which help fight infection, those with serious symptoms had lost many of these immune cells, suggesting that this part of the immune system had failed in people with severe disease.

軽症から中等症の患者では感染と戦うのに役立つ高レベルおよびT細胞を有していたのに対して、重篤な症状の患者はこれらの免疫細胞を多く失っていることを発見し、このことは免疫系のこの部分が重篤疾患の患者では機能不全であったことを示した。

In contrast, people with more serious symptoms leading to hospitalisation had an uncontrolled increase in monocytes and killer T-cells, high levels of which can lead to lung inflammation. Those with severe disease also had raised levels of platelet-producing cells, which help blood to clot.
 

対照的に、入院につながるより重篤な症状の患者は、単球とキラー細胞の制御不能な増加を示し、それらのレベルが高いと肺の炎症を引き起こす可能性があります。また、重篤疾患の患者は血液凝固を促進させる血小板産生細胞レベルを上昇させた。

|

« 閉経周辺期女性の唾液中エストロゲン濃度に及ぼす精油曝露の影響 | Main | β-カリオフィレンへの嗅覚暴露は女性の唾液中テストステロンのレベルを増加させます »