« ホップ化合物:抽出技術、化学成分分析、抗酸化、抗菌、および抗がん作用(要旨と精油成分) | Main | 閉経後女性における唾液オキシトシン濃度に及ぼすラベンダー・ネロリ・サンダルウッドなどの精油暴露の影響 »

May 03, 2021

ワクチン誘導による抗体は幾つかの新たなSARS-CoV-2変異株に対して効果が低い可能性があります。Science dailyより

Vaccine-induced antibodies may be less effective against several new SARS-CoV-2 variants https://www.sciencedaily.com/releases/2021/03/210312140013.htm

ワクチン誘導による抗体は幾つかの新たなSARS-CoV-2変異株に対して効果が低い可能性があります。

SARS-CoV-2, the virus that causes COVID-19, has mutated throughout the pandemic. New variants of the virus have arisen throughout the world, including variants that might possess increased ability to spread or evade the immune system。Such variants have been identified in California, Denmark, the U.K., South Africa and Brazil/Japan.Understanding how well the COVID-19 vaccines work against these variants is vital in the efforts to stop the global pandemic, and is the subject of new research from the Ragon Institute of MGH, MIT and Harvard and Massachusetts General Hospital.

COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2は、パンデミックの中で変異している。ウイルスの新変異株は、感染または免疫回避の能力増強を有する可能性のある変異株を含め、世界中で発生している。このような変異株は、カリフォルニア、デンマーク、英国、南アフリカ、ブラジル/日本で同定されています。COVID-19ワクチンがこれらの変異株に対してどれほどうまく機能するかを理解することは、世界的パンデミックを止めるための取り組みにおいて不可欠であり、ラゴン研究所(マサチューセッツ総合病院、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学と提携)の新しい研究の対象です。

mut ate 変異する
variants 変異株
Massachusetts General Hospital.  マサチューセッツ総合病院

In a study recently published in Cell, Ragon Core Member Alejandro Balazs, PhD, found that the neutralizing antibodies induced by the Pfizer and Moderna COVID-19 vaccines were significantly less effective against the variants first described in Brazil/Japan and South Africa. Balazs's team used their experience measuring HIV neutralizing antibodies to create similar assays for COVID-19, comparing how well the antibodies worked against the original strain versus the new variants.

雑誌細胞に掲載された最新研究で、 ラゴン研究所コアメンバーであるアレハンドロバラズ博士は、ファイザーとモデルナCOVID-19ワクチンによって誘導される中和抗体は、ブラジル/日本および南アフリカで最初に記載された変異株に対して有意に効果が低いことがわかりました。バラージュチームはHIV中和抗体を測定した経験を用いて、COVID-19の同様のアッセイを作成し、抗体が元の株と新しい変異株に対してどれだけうまく機能したかを比較しました。

neutralizing antibodies 中和抗体

"We were able to leverage the unique high-throughput capacity that was already in place and apply it to SARS-CoV-2," says Balazs, who is also an assistant professor of Medicine at Harvard Medical School and assistant investigator in the Department of Medicine at MGH. "When we tested these new strains against vaccine-induced neutralizing antibodies, we found that the three new strains first described in South Africa were 20-40 times more resistant to neutralization, and the two strains first described in Brazil and Japan were five to seven times more resistant, compared to the original SARS-CoV-2 virus."

「すでに導入されている独自の高処理能力を活用し、新型コロナウイルスSARS-CoV-2に適用することができました」と、ハーバード大学医学部準教授であり、MGHの医学部の助手研究者でもあるバラースは述べています。「ワクチンによる中和抗体に対してこれらの新変異株を検査したところ、南アフリカで最初に記載された3つの新変異株は中和抗体に対して耐性が20~40倍高く、ブラジルと日本で最初に記載された2つの新変異株は、元の新型コロナウイルスSARS-CoV-2と比較して5~7倍の耐性を持つことがわかりました 。

throughput capacity 処理能力

Neutralizing antibodies, explains Balazs, work by binding tightly to the virus and blocking it from entering cells, thus preventing infection. Like a key in a lock, this binding only happens when the antibody's shape and the virus's shape are perfectly matched to each other. If the shape of the virus changes where the antibody attaches to it -- in this case, in SARS-CoV-2's spike protein -- then the antibody may no longer be able to recognize and neutralize the virus as well. The virus would then be described as resistant to neutralization.

抗体が付着するウイルスの形状が変化すると、バラースの説明によると、中和抗体はウイルスにしっかりと結合し、細胞に侵入するのを遮断することによって働き、したがって感染を防ぐ。ロックの鍵のように、この結合は抗体の形状とウイルスの形状が完全に互いに一致している場合にのみ起こります。抗体が付着するウイルスの形状が変化すると、この場合、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質では、抗体がウイルスを認識して中和できなくなる可能性があります。その後、ウイルスは中和に対する耐性と説明されます 。

"In particular," says Wilfredo Garcia-Beltran, MD, PhD, a resident physician in the Department of Pathology at MGH and first author of the study, "we found that mutations in a specific part of the spike protein called the receptor binding domain were more likely to help the virus resist the neutralizing antibodies." The three South African variants, which were the most resistant, all shared three mutations in the receptor binding domain. This may contribute to their high resistance to neutralizing antibodies.

「特に」、マサチューセッツ総合病院(MGH)の病理学科の常駐医師で、研究の筆頭著者であるウィルフレド・ガルシア・ベルトラン博士は、「受容体結合ドメインと呼ばれるスパイクタンパク質の特定部位の変異は、ウイルスが中和抗体に抵抗するのに役立つ可能性が高いことがわかりました」と述べています。最も耐性があった3つの南アフリカの変異株は、すべて受容体結合ドメインの3つの変異を共有した。これは、中和抗体に対する高い耐性に寄与する可能性がある。

receptor binding domain :受容体結合ドメイン

Currently, all approved COVID-19 vaccines work by teaching the body to produce an immune response, including antibodies, against the SARS-CoV-2 spike protein. While the ability of these variants to resist neutralizing antibodies is concerning, it doesn't mean the vaccines won't be effective.

現在、 承認されたすべてのCOVID-19ワクチンは、SARS-CoV-2スパイクタンパク質に対する抗体を含む免疫応答を産生するように身体に教えることによって作用します。これらの変異株が中和抗体に抵抗する能力は懸念されるけれど、、ワクチンが効果がないという意味ではない。

"The body has other methods of immune protection besides antibodies," says Balazs. "Our findings don't necessarily mean that vaccines won't prevent COVID, only that the antibody portion of the immune response may have trouble recognizing some of these new variants."

「体には抗体以外に免疫による防御の方法があります」とバラースは述べています。「我々の知見は、ワクチンがCOVIDを予防しないことを必ずしも意味するわけでありませんが、免疫応答の抗体部分がこれらの新しい変異株の一部を認識するのに問題がある可能性があるだけです」。

Like all viruses, SARS-CoV-2 is expected to continue to mutate as it spreads. Understanding which mutations are most likely to allow the virus to evade vaccine-derived immunity can help researchers develop next-generation vaccines that can provide protection against new variants. It can also help researchers develop more effective preventative methods, such as broadly protective vaccines that work against a wide variety of variants, regardless of which mutations develop.

すべてのウイルスと同様に、SARS-CoV-2は拡散するにつれて変異し続けると予想されます。ウイルスがワクチン由来の免疫を回避する可能性が最も高い変異株を理解することは、研究者が新しい変異株に対する防御を提供できる次世代ワクチンを開発するのに役立ちます。また、どの変異株が発生しても、多種多様な変異株に対して効果がある幅広い防御ワクチンなど、より効果的な予防方法を開発するのにも役立ちます。 

用語

中和抗体
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%92%8C%E6%8A%97%E4%BD%93

中和抗体(ちゅうわこうたい、英: neutralizing antibody, NAb)は、病原体や感染性粒子が細胞に対して及ぼす生物学的な影響を中和して、細胞を防御する抗体である。中和によって病原体や感染性粒子は感染性や病原性を失う[3]。中和抗体は、ウイルス、細胞内細菌、微生物毒素(英語版)に対する適応免疫系(英語版)の体液性応答の一部である。中和抗体は、感染性粒子の表面構造(抗原)に特異的に結合することで、宿主細胞が感染して破壊する可能性のある相互作用を防ぐ。中和抗体による免疫は、感染が起こる前に免疫系が感染粒子を排除するため、殺菌免疫(英: sterilizing immunity)としても知られている[4]。

 

 

 

 

|

« ホップ化合物:抽出技術、化学成分分析、抗酸化、抗菌、および抗がん作用(要旨と精油成分) | Main | 閉経後女性における唾液オキシトシン濃度に及ぼすラベンダー・ネロリ・サンダルウッドなどの精油暴露の影響 »