« 無症候性症例対重度COVID-19患者で発見された異なる免疫応答Science dailyより | Main | 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は好気性解糖を増強して複製を促進する可能性がある2-1 »

May 28, 2021

β-カリオフィレンへの嗅覚暴露は女性の唾液中テストステロンのレベルを増加させます

Olfactory Exposure to β-Caryophyllene Increases Testosterone Levels in Women's Saliva


β-カリオフィレンへの嗅覚暴露は女性の唾液中テストステロンのレベルを増加させます


PUBMEDより

Wataru Tarumi 1 , Kazuyuki Shinohara 2

Affiliations

所属

1 Division of Neurobiology and Behavior Department of Translational Medical Sciences Course of Medical and Dental Sciences Nagasaki University, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki, Japan.

•長崎大学大学院医歯薬学総合研究科、神経機能学分野、先進予防医学

Abstract

要旨

Introduction: From previous studies, we hypothesized that olfactory exposure to β-caryophyllene stimulates women's libido. However, Japan's sex culture is so closed that it is difficult to test this possibility without accumulating scientific evidence.

Therefore, it is necessary to measure the concentration of sex-related hormones in saliva, an experimental technique that is relatively easy to obtain research permission, and to obtain a scientific basis to convince ethics committee reviewers.

序論:先行研究から、私たちは、β-カリオフィレンへの嗅覚暴露は、女性の性欲を刺激します。しかし、日本の性文化は非常に閉鎖的であり、科学的証拠を蓄積することなく、この可能性を検査することは困難です。したがって、唾液中の性関連ホルモンの濃度を測定し、研究許可を得ることが比較的容易である実験技術であり、倫理委員会の審査官を説得するための科学的根拠を得る必要がある。

Aim: The aim of this study is to investigate whether β-caryophyllene increases salivary testosterone concentrations associated with libido and vaginal sensation during intercourse in women.

目的:この研究の目的は、β-カリオフィレンが女性の性交中における性欲と膣感覚に関連する唾液テストステロン濃度を増加させるかどうかを調査することです.

vaginal sensation 膣感覚

Methods: 19 women in the follicular phase of the menstrual cycle participated in the study. The subjects then sat in front of the odor exposure device we had created. Each subject was exposed to dipropylene glycol for 20 minutes, followed by 3% β-caryophyllene for 20 minutes. Saliva was collected 4 times: before and after control exposure, and before and after β-caryophyllene exposure.

方法: 月経周期の卵胞期の19人の女性が研究に参加した。被験者はその後、私たちが作成した香り暴露装置の前に座っていました。各被験者を20分間ジプロピレングリコールに曝し、続いて20分間3%βカリョフィレンを暴露した。唾液を4回回収した:対照暴露の前後、及びβ−カリョフィレン曝露前後。

follicular phase  卵胞期
menstrual cycle 月経周期
dipropylene glycol ジプロピレングリコール

Main outcome measure: Salivary testosterone and estrogen concentrations were measured with a competition ELISA.

主な結果測定: 唾液テストステロンとエストロゲン濃度は、酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)で測定されました.

ELISA:Enzyme Linked Immunosolvent Assay:酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)

Results: β-caryophyllene significantly increased the salivary concentration of testosterone (control vs β-caryophyllene; 0.97 ± 0.05 vs 1.13 ± 0.03, P = .00, 95% confidence interval of control: 0.84-1.09, 95% confidence interval of β-caryophyllene: 1.04-1.20) but not estrogen (control vs β-caryophyllene; 1.05 ± 0.03 vs 1.07 ± 0.04, P = .69, 95% confidence interval of control: 0.96-1.12, 95% confidence interval of β-caryophyllene: 0.98-1.15).

結果:β-カリオフィレンは有意にテストロンの唾液濃度を増加させた。(対照対vs β-カリオフィレン; 0.97 ± 0.05 vs 1.13 ± 0.03, P = .00, 95%対照の信頼区間: 0.84-1.09, 95%β-カリオフィレンの信頼区間: 1.04-1.20)、しかしエストロゲンは増加させなかった。(対照vs β-カリオフィレン; 1.05 ± 0.03 vs 1.07 ± 0.04, P = .69, 95% 対照の信頼区間: 0.96-1.12, 95% β-カリオフィレンの信頼区間: 0.98-1.15).

Strengths & limitations: The personal preferences of the subjects and the order of exposure may have affected the results.

強みと限界: 被験者の個人的な好みと暴露の順序は結果に影響を与えた可能性があります。


Conclusion: β-caryophyllene may be a remedy with fewer side effects for women with decreased libido. We believe that β-caryophyllene may be a remedy for women with decreased libido. However, this hypothesis must be tested by further clinical studies.

結論: β-カリオフィレンは、性欲減退の女性のための副作用の少ない治療法である可能性があります。β-カリオフィレンは性欲減退女性の治療法である可能性があると私たちは信じています。ただし、この仮説は、さらなる臨床研究によって検査する必要があります。

libido:性欲

Keywords: Aphrodisiac; Pheromone; Sexuality; Testosterone; Ylang-ylang; β-caryophyllene.

キーワード: 媚薬、フェロモン、セクシャリティー、イランイラン、β -カリオフィレン

用語
性欲も相性もホルモン次第。知っておきたい、テストステロンのこと
https://tarzanweb.jp/post-208227

性欲は何が司るのか?

男性らしさを作るのは男性ホルモン、女性らしさを作るのは女性ホルモン。ならば、性欲も各々のホルモンが司るのでは? と思ったらさにあらず。実は男女の性欲はともにテストステロンという男性ホルモンが司る。
男性の場合、テストステロンは主に精巣から分泌されて性欲の元になるが、女性も副腎や卵巣から微量ながらテストステロンを分泌している。

女性は排卵日直前にテストステロンの分泌量が増えて性欲が増すのが一般的。妊娠の確率が高まるタイミングで性欲が同調するのは生物学的に見ても合理的なシステムだが、興味深いのが閉経とともに女性ホルモンのエストロゲン値が下がるのに、テストステロン値はほぼ変わらない点。

|

« 無症候性症例対重度COVID-19患者で発見された異なる免疫応答Science dailyより | Main | 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は好気性解糖を増強して複製を促進する可能性がある2-1 »