« June 2021 | Main

July 12, 2021

コウモリは私たちに何を伝えることができますか?免疫系、ホルメシス(低レベルストレス)およびミトコンドリアより

SARS-CoV-2 and mitochondrial health: implications of lifestyle and ageing
https://immunityageing.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12979-020-00204-x

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とミトコンドリアの健康:ライフスタイルと老化の影響

The immune system, hormesis and mitochondria

免疫系、ホルメシス(低レベルストレス)およびミトコンドリア

What can bats tell us?

コウモリは私たちに何を伝えることができますか?

The concept of hormesis suggests that it is important to constantly stimulate the renewal and maintenance of a large population of healthy mitochondria. It may therefore be possible to learn something from one of the natural hosts of SARS-CoV-2, bats [112]. Bats are the only true flying mammal and are exceptionally long-lived for their size.This could be because the evolution of flight has required a whole host of adaptations, including maintaining a large pool of mitochondria that produce very little ROS while maintaining a high ATP output. This appears to have gone hand-in-hand with changes in the immune system to prevent excessive inflammatory activation by stressed mitochondria, for instance, by dampening NLRP3 Inflammasome activity. The net result is that many bats can tolerate high levels of viruses, like the Coronaviridae family [113,114,115,116] and do show a reduced antibody and inflammatory response, hinting they are using another part of their immune system to control the virus [117].

ホルミシスの概念は、健康なミトコンドリアの大規模な個体群の更新および維持を絶えず刺激することが重要であることを示唆しています。したがって、SARS-CoV-2の自然宿主の1つであるコウモリから何かを学ぶことができるかもしれません[112]。コウモリは唯一真に空飛ぶ哺乳類であり、そのサイズの割には非常に長寿命です。これは、飛行の進化が、高アデノシン三リン酸(ATP)出力を維持しながら、活性酸素種ROS)をほとんど生成しないミトコンドリアの大きなプールを維持することを含む、多くの適応を必要としたためである可能性があります。これは、免疫系の変化と密接に関連しており、たとえばNLRP3インフラマソーム活性を弱めることにより、ストレスを受けたミトコンドリアによる過度の炎症活性化を防ぎます。最終的な結果として、多くのコウモリはコロナウイルス科[113,114,115,116]のように高レベルのウイルスに耐えることができ、抗体と炎症反応の低下を示し、免疫系の別の部分を使用してウイルスを制御していることを示唆しています[117]。

The inflammasome may thus be important, as its activation can lead to pyroptosis, an inflammatory form of apoptosis, and can be triggered by excessive mitochondrial stress [118]. It may well be an essential component in “inflammaging” [42]. There is some evidence that at least in some species of bat, mitochondrial health, despite bursts of oxidative stress, is maintained by stringent mitochondrial quality control mechanisms, like mitophagy [119]. Mitophagy is in fact a negative regulator of NLRP3 inflammasome activity, so although mitochondrial damage can activate the inflammasome, it can also activate counter-balancing mitophagy to prevent excessive inflammation [120]. In short, it seems that powered flight has required the co-evolution of both mitochondria that tightly control ROS, and a co-adapted immune system.

したがって、インフラマソーム(炎症誘導)は、その活性化が炎症性形態のアポトーシス(細胞の死)であるパイロトーシスを引き起こし、過剰なミトコンドリアストレスによって引き起こされる可能性があるので重要であるかもしれない。コウモリの少なくともいくつかの種では、酸化ストレスの爆発的発生にもかかわらず、ミトコンドリアの健康がマイトファジー(不良ミトコンドリア分解)のような厳格なミトコンドリアの品質管理メカニズムによって維持されているといういくつかの証拠があります[119]。実際には、マイトファジーとってNLRP3インフラマソーム活性は負の調節因子であるため、ミトコンドリア損傷はインフラマソームを活性化できるが、過剰な炎症を防ぐために平衡型マイトファジーを活性化することもできます[120]。要するに、動力飛行には、ROSを厳密に制御するミトコンドリアと共適応免疫システムの両方の共進化が必要だったようです。

Inflammaging:インフラメージング(加齢に伴う炎症)

Critically, there is evidence that SARS-CoV-2 inhibits autophagy [121], suggesting it might also inhibit mitophagy. If this virus does indeed induce mitochondrial fusion, as SARS-CoV-1 may do [62], then this would fit, as mitochondrial fusion can inhibit mitophagy, and can inhibit cell death and ensure energy production, although prolonged fusion can also initiate cell death in some circumstances [122]. This latter point suggests another innate anti-viral mechanism. Overall, modulation of the inflammasome could be one element in how the virus could result in
an “inflammaging”phenotype.

重要なことに、SARS-CoV-2がオートファジー(自食作用)を阻害するという証拠があり[121]、マイトファジーも阻害する可能性があることを示唆しています。SARS-CoV-1が行うようにこのウイルスが実際にミトコンドリア融合を誘発する場合[62]、次に、また、長期的な融合はいくつかの状況で細胞死を開始することができるけれども、ミトコンドリア融合はマイトファジーを阻害し、細胞死を阻害し、エネルギー産生を確保することができるため、これは適合します。この後者の点は、別の生来の抗ウイルスメカニズムを示唆しています。 全体として、インフラマソームの調節は、ウイルスが「炎症」表現型をもたらす可能性のある要素の1つである可能性があります。

用語
生命力の源はどこから来るか?
https://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g001076


エネルギー源はアデノシン三リン酸(ATP)
人間は食事をしてエネルギーを摂取しています。では、エネルギーはどうやって体を動かしているでしょう? まず体を動かすには、筋肉を動かさなければならず、筋肉を動かすには筋肉を収縮させなければなりません。筋肉の収縮に使用されるエネルギーはATPの分解により得られます。どんな場合にも、筋肉が直接使用し得るエネルギー源はATPです。ATPは、アデノシンという物質に3つのリン酸基が結合しています。エネルギーが必要になったときは、ATP分解酵素の働きによって、ATPからリン酸基がはずされて分解されていきます。リン酸基がはずれるたびに筋肉を収縮させるのです。ATPからひとつのリン酸基がはずれるとADPという物質になります。すべてのATPがADPに分解されてしまうと、もう運動を続けることはできなくなるので、ATPは常に合成され続けています。

アポトーシス
https://answers.ten-navi.com/dictionary/cat04/1915/

アポトーシスとは、あらかじめ予定されている細胞の死。細胞が構成している組織をより良い状態に保つため、細胞自体に組み込まれたプログラムである。
細胞外から与えられた何かしらの障害(血行不良、外傷など)が原因で死ぬ「ネクローシス」の対義語として用いられる。

細胞とは、細胞核と、その核を覆う細胞膜構造によって構成されており、アポトーシスは以下のように進行していく。

(1) 細胞膜の構造が変化し、表面の微絨毛(びじゅうもう)などが消滅する
(2) 核の凝縮化が起こり、細胞が壊れやすくなる
(3) 細胞のDNAが細かく切断される(DNA断片化と呼ばれる)
(4) 細胞全体が、さらに小型の「アポトーシス小胞」という構造に分解される
(5) 最終的にはマクロファージ(白血球の一種である食細胞)によって処理される
アポトーシスは、生物の形成過程(身体の形成や、おたまじゃくしからカエルへの形態変化など)で起こる。また、ウイルスに感染した細胞の処理や、がん化した細胞を排除するためにも起こる。
アポトーシスによって、ほとんどの腫瘍の成長は未然に防がれているが、まれにアポトーシスの仕組みが壊れた細胞が存在する。その場合、細胞は無限に分裂増殖し、がん細胞へと変化する。

パイロトーシス - 炎症性の制御された細胞死

http://pdbu-support.bio-rad.co.jp/techbrief/bulletins201908.html

パイロトーシス(Pyroptosis)は、1992年にZychlinskyらによってアポトーシスとして最初に記載された「制御された細胞死(Regulated Cell Death : RCD)」の一種であり、炎症誘導性の細胞死であることから、2001年にCooksonとBrennanによってパイロトーシスと命名されました。
パイロトーシスは、自然免疫系における細胞外および細胞内恒常性の乱れによって引き起こされると言われています。

ミトコンドリアのダイナミクス、マイトファジー、オートファジー

https://www.abcam.co.jp/neuroscience/mitochondrial-dynamics-mitophagy-and-autophagy-1

マイトファジー
ミトコンドリアは生命活動のためのエネルギーを供給しますが、その過程で損傷を受けると、活性酸素種やチトクロム C を産生・放出し、アポトーシスを誘導し、細胞にとって危険な存在になり得ます。そのため細胞には、損傷を受けたミトコンドリアを選択的に除去する、マイトファジーという機構が存在します。
マイトファジーは、ミトコンドリアが損傷を受けたときに起こる膜電位の脱分極などをシグナルとしてスタートすることが知られています。脱分極が起こると、細胞質内の PINK1(PTEN induced putative kinase 1)がミトコンドリア外膜に集積します。

健康なミトコンドリアにおいて PINK1 は、ミトコンドリア内膜に輸送された後、内膜に局在する Rhomboid 様タンパク質 PARL によって 52 kDa のフォームに断片化され、この断片はプロテアソーム依存性のパスウェイで迅速に分解されます。

一方脱分極が起きたミトコンドリアでは、PINK1 のミトコンドリア内膜への輸送および PARL による分解が阻害され、断片化されなかった全長 PINK1 がミトコンドリア外膜のサイトゾル面に集積します。さらにそこに集積したタンパク質 Parkin によって、マイトファジーが引き起こされます。

|

July 05, 2021

免疫系、ホルメシス(低レベルストレス)およびミトコンドリア

免疫系、ホルメシス(低レベルストレス)およびミトコンドリア

SARS-CoV-2 and mitochondrial health: implications of lifestyle and ageing
https://immunityageing.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12979-020-00204-x

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とミトコンドリアの健康:ライフスタイルと老化の影響

The immune system, hormesis and mitochondria
免疫系、ホルメシス(低レベルストレス)およびミトコンドリア

As indicated, if the virus is modulating mitochondrial function in a variety of cell types, either directly, or indirectly, then the more robust the mitochondrial system, the greater the chance of the system being able to resist the virus. In general, hormetic factors, such as exercise, seem to be necessary to maintain mitochondrial health throughout the body; this phenotype is associated with a more balanced immune response and minimisation of “inflammaging. In this section we review why this is, and look at why one of the natural hosts of the virus, the bat, may be able to resist.

示されているように、ウイルスがさまざまな細胞型でミトコンドリア機能を直接的または間接的に調節している場合、ミトコンドリアシステムが堅牢であるほど、システムがウイルスに抵抗できる可能性が高くなります。 一般に、運動などのホルミシス因子は、体全体のミトコンドリアの健康を維持するために必要であるように思われます。 この表現型は、よりバランスの取れた免疫応答と「炎症」の最小化に関連しています。 このセクションでは、これがなぜで存在するのかを確認し、ウイルスの自然の宿主の1つであるコウモリが抵抗できる理由を見ていきます。

Phenotype:表現型

A robust mitochondrial system and effective immune system may rely on hormesis

強力なミトコンドリアシステムと効果的な免疫システムはホルミシスに依存している可能性があります

A key component of effective immunity is now thought to be a healthy mitochondrial system [107], while an underlying unifying element to both the ageing process and conditions associated with a poor lifestyle is a degradation in overall mitochondrial function/reserve and a rise in oxidative stress and inflammation [4, 5].

効果的免疫の重要な要素は健康的なミトコンドリアシステムでると考えられていますが、
老化プロセスおよび貧弱なライフスタイルに関係する状態の両方の根底にある統一要素は全体的ミトコンドリア機能/予備能力の退化および酸化ストレスおよび炎症の上昇である。

An important factor in the maintenance of mitochondrial function is hormesis where low levels of stress induce an over-compensatory response that induces positive adaptations, enabling an organism to better tolerate the stressor next time they encounter it.

ミトコンドリア機能の維持における重要な因子はホルミシスであり、低レベルのストレスが過剰な代償反応を誘発し、それが正の適応を誘発し、生物が次にストレッサーに遭遇したときにストレッサーをよりよく許容できるようにします。

For example, an effective hormetic response can be induced by sub-lethal doses of physical activity, calorie restriction and many plant polyphenols [12], with mitochondrial stress being a key trigger [108]. This results in an enhanced respiratory reserve and anti-oxidant capacity, and a greater ability to manage the ATP/ROS ratio when placed under stress [109]. Certainly, small, long-lived species like bats and sparrows, when compared to comparatively much shorter lived species like mice, do demonstrate lower levels of mitochondrial hydrogen peroxide release [110].Given that mitochondrial dysfunction is strongly correlated to immune dysfunction and chronic inflammation [111], then inflammation resolution is probably going to be best achieved by ensuring healthy mitochondrial function as it ensures that ROS release does not get out of control.

たとえば、効果的ホルミシス反応は、致死量以下の身体活動、カロリー制限、および多くの植物ポリフェノール[12]によって誘発され、ミトコンドリアストレスが重要な引き金となります[108]。これにより、呼吸予備能と抗酸化能が向上し、ストレス下に置かれたときにアデノシン三リン酸(ATP / 活性酸素(ROS)比を管理する能力が向上します[109]。確かに、コウモリやスズメのような小さくて長命の種は、マウスのような比較的短命の種と比較した場合、ミトコンドリアの過酸化水素放出のレベルが低いことを示しています[110]。ミトコンドリア機能障害は免疫機能障害および慢性炎症と強く相関していることを考えると[111]活性酸素種ROS放出が制御不能にならないようにするため、健康なミトコンドリア機能を確保することによって炎症収束が最もよく達成されるでしょう。

over-compensatory response過剰な代償性反応
positive adaptations 陽性順応
sub-lethal 致死量以下下の
respiratory reserve 呼吸予備能
mitochondrial hydrogen peroxide release ミトコンドリア過酸化水素放出
anti-oxidant capacity 抗酸化能
inflammation resolution 炎症収束

用語
ホルミシス (hormesis)
https://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/aging/doc2/doc2-02-01.html

ホルミシス (hormesis) とは、高用(線)量では生体機能を抑制したり、有害作用を発揮したりするけれど低用(線)量ではむしろそれを刺激して活性を高めたり、防御的に働き、生体に有益な作用をもたらす現象のことをいいます。

βカロチンやリコペンなどのカロチノイドは緑黄野菜などに多く含まれている抗酸化物質として一般にも知られています。カロチノイドをヒト細胞の培養液に加えて抗酸化能を調べてみるとどのカロチノイドでも低濃度領域では確かに紫外線による脂質過酸化物の生成を抑える作用がありますが、ある濃度を超えると逆に酸化を促進し、用量反応曲線はJ字型となって、典型的なホルミシス様応答を示します(図35-1)。

表現型
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E5%9E%8B

表現型(ひょうげんがた、ひょうげんけい、英: phenotype。ギリシャ語のpheno=表示+type=型に由来)は、生物の複合的で観察可能な特徴や形質を表す遺伝学の用語である。この用語は、生物の形態学的または物理的な形態と構造、その発生過程、生化学的および生理学的性質、その行動、および行動の産物を網羅している。ただし、獲得形質は含まない。
生物の表現型は、生物の遺伝コードまたは遺伝子型の発現と、環境要因の影響という、2つの基本的な要因に起因している。両方の要因が相互作用して、表現型にさらに影響を与えることがある。

表現型を調べているときに見つけました。
細胞老化の多様性とそのメカニズムを提唱―代謝とエピゲノムによるバリエーションの形成―
https://www.amed.go.jp/news/seika/kenkyu/20201007-01.html

細胞老化の多様性とそのメカニズムを提唱―代謝とエピゲノムによるバリエーションの形成―

ポイント
•細胞老化※1は持続的な増殖停止の状態であり、炎症性タンパク質などを多量に合成・分泌するため、身体全体の個体老化※2の重要な要素である

•細胞老化には開始期(増殖停止)、早期(抗炎症)、完成期(炎症と代謝増加)、後期(炎症と代謝減少)の少なくとも4つの表現型バリエーション※3がある

•細胞内代謝※4とエピゲノム※5(遺伝子のONOFF制御)の変換が協調的に行われる「細胞老化のプログラム」によって、老化細胞のバリエーションが形成される

•細胞老化の表現型バリエーションという新しい観点から、老化過程のメカニズムの理解、加齢性疾患の制御・予防法の促進が期待される

 

翻訳していて思いついたことでいつもとおりまとまりがないです。

ホルメシスは低レベルの刺激は良い効果をもたらす。これは穏やかな皮膚へのタッチは心地よさをもたらす。強い刺激は不快をもたらす。ホメオパシーでは毒をエネルギーレベルまで希釈すると毒も医療的効果をもたらす。また、五感を刺激すると脳に心地良さをもたらす。精油の効果も濃度が濃いと副作用をもたらすことがあります。文献に容量依存と言う言葉が出ていきます。このことは容量を守らないと副作用をもたらします。

もって生まれた遺伝子も環境要因で変化することが表現型と言うそうです。中医学で先天の気は生まれたときの遺伝子とも考えられる。また、後天の気(水穀)で養生すなわち環境をどのように整えるかによります。このことは環境を変えることによって変化することができることを意味します。脳の可塑性(plasticity)という言葉があります。脳を構成する神経とそのネットワークは固定的ではなくて、その人の環境の変化に応じて変化する能力があります。

巣ごもりの生活で動きが減っています。ミトコンドリアは細胞の中にたくさんあり、常に動いているそうです。動くことで他のものに刺激を与えているのだと思います。現状維持または変化するには自分に対して穏やかないろんな刺激を与えることが必要になってくるのかもしれません。

 

|

July 04, 2021

免疫系、ホルメシス(低レベルストレス)およびミトコンドリア

SARS-CoV-2 and mitochondrial health: implications of lifestyle and ageing
https://immunityageing.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12979-020-00204-x

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とミトコンドリアの健康:ライフスタイルと老化の影響

The immune system, hormesis and mitochondria

免疫系、ホルメシス(低レベルストレス)およびミトコンドリア

As indicated, if the virus is modulating mitochondrial function in a variety of cell types, either directly, or indirectly, then the more robust the mitochondrial system, the greater the chance of the system being able to resist the virus. In general, hormetic factors, such as exercise, seem to be necessary to maintain mitochondrial health throughout the body; this phenotype is associated with a more balanced immune response and minimisation of “inflammaging”. In this section we review why this is, and look at why one of the natural hosts of the virus, the bat, may be able to resist.

示されているように、ウイルスがさまざまな細胞型でミトコンドリア機能を直接的または間接的に調節している場合、ミトコンドリアシステムが堅牢であるほど、システムがウイルスに抵抗できる可能性が高くなります。 一般に、運動などのホルミシス因子は、体全体のミトコンドリアの健康を維持するために必要であるように思われます。 この表現型は、よりバランスの取れた免疫応答と「炎症」の最小化に関連しています。 このセクションでは、これがなぜで存在するのかを確認し、ウイルスの自然の宿主の1つであるコウモリが抵抗できる理由を見ていきます。

Phenotype:表現型

A robust mitochondrial system and effective immune system may rely on hormesis

強力なミトコンドリアシステムと効果的な免疫システムはホルミシスに依存している可能性があります

A key component of effective immunity is now thought to be a healthy mitochondrial system [107], while an underlying unifying element to both the ageing process and conditions associated with a poor lifestyle is a degradation in overall mitochondrial function/reserve and a rise in oxidative stress and inflammation [4, 5].

効果的免疫の重要な要素は健康的なミトコンドリアシステムでると考えられていますが、
老化プロセスおよび貧弱なライフスタイルに関係する状態の両方の根底にある統一要素は全体的ミトコンドリア機能/予備能力の退化および酸化ストレスおよび炎症の上昇である。

An important factor in the maintenance of mitochondrial function is hormesis where low levels of stress induce an over-compensatory response that induces positive adaptations, enabling an organism to better tolerate the stressor next time they encounter it.

ミトコンドリア機能の維持における重要な因子はホルミシスであり、低レベルのストレスが過剰な代償反応を誘発し、それが正の適応を誘発し、生物が次にストレッサーに遭遇したときにストレッサーをよりよく許容できるようにします。

For example, an effective hormetic response can be induced by sub-lethal doses of physical activity, calorie restriction and many plant polyphenols [12], with mitochondrial stress being a key trigger [108]. This results in an enhanced respiratory reserve and anti-oxidant capacity, and a greater ability to manage the ATP/ROS ratio when placed under stress [109]. Certainly, small, long-lived species like bats and sparrows, when compared to comparatively much shorter lived species like mice, do demonstrate lower levels of mitochondrial hydrogen peroxide release [110].Given that mitochondrial dysfunction is strongly correlated to immune dysfunction and chronic inflammation [111], then inflammation resolution is probably going to be best achieved by ensuring healthy mitochondrial function as it ensures that ROS release does not get out of control.

たとえば、効果的ホルミシス反応は、致死量以下の身体活動、カロリー制限、および多くの植物ポリフェノール[12]によって誘発され、ミトコンドリアストレスが重要な引き金となります[108]。これにより、呼吸予備能と抗酸化能が向上し、ストレス下に置かれたときにアデノシン三リン酸(ATP) / 活性酸素(ROS)比を管理する能力が向上します[109]。確かに、コウモリやスズメのような小さくて長命の種は、マウスのような比較的短命の種と比較した場合、ミトコンドリアの過酸化水素放出のレベルが低いことを示しています[110]。ミトコンドリア機能障害は免疫機能障害および慢性炎症と強く相関していることを考えると[111]活性酸素種ROS放出が制御不能にならないようにするため、健康なミトコンドリア機能を確保することによって炎症収束が最もよく達成されるでしょう。

over-compensatory response過剰な代償性反応
positive adaptations 陽性順応
sub-lethal 致死量以下下の
respiratory reserve 呼吸予備能
mitochondrial hydrogen peroxide release ミトコンドリア過酸化水素放出
anti-oxidant capacity 抗酸化能
inflammation resolution 炎症収束

用語
ホルミシス (hormesis)
https://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/aging/doc2/doc2-02-01.html

ホルミシス (hormesis) とは、高用(線)量では生体機能を抑制したり、有害作用を発揮したりするけれど低用(線)量ではむしろそれを刺激して活性を高めたり、防御的に働き、生体に有益な作用をもたらす現象のことをいいます。

βカロチンやリコペンなどのカロチノイドは緑黄野菜などに多く含まれている抗酸化物質として一般にも知られています。カロチノイドをヒト細胞の培養液に加えて抗酸化能を調べてみるとどのカロチノイドでも低濃度領域では確かに紫外線による脂質過酸化物の生成を抑える作用がありますが、ある濃度を超えると逆に酸化を促進し、用量反応曲線はJ字型となって、典型的なホルミシス様応答を示します(図35-1)。

表現型
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E5%9E%8B

表現型(ひょうげんがた、ひょうげんけい、英: phenotype。ギリシャ語のpheno=表示+type=型に由来)は、生物の複合的で観察可能な特徴や形質を表す遺伝学の用語である。この用語は、生物の形態学的または物理的な形態と構造、その発生過程、生化学的および生理学的性質、その行動、および行動の産物を網羅している。ただし、獲得形質は含まない。
生物の表現型は、生物の遺伝コードまたは遺伝子型の発現と、環境要因の影響という、2つの基本的な要因に起因している。両方の要因が相互作用して、表現型にさらに影響を与えることがある。

表現型を調べているときに見つけました。
細胞老化の多様性とそのメカニズムを提唱―代謝とエピゲノムによるバリエーションの形成―
https://www.amed.go.jp/news/seika/kenkyu/20201007-01.html

細胞老化の多様性とそのメカニズムを提唱―代謝とエピゲノムによるバリエーションの形成―

ポイント
•細胞老化※1は持続的な増殖停止の状態であり、炎症性タンパク質などを多量に合成・分泌するため、身体全体の個体老化※2の重要な要素である

•細胞老化には開始期(増殖停止)、早期(抗炎症)、完成期(炎症と代謝増加)、後期(炎症と代謝減少)の少なくとも4つの表現型バリエーション※3がある

•細胞内代謝※4とエピゲノム※5(遺伝子のON/OFF制御)の変換が協調的に行われる「細胞老化のプログラム」によって、老化細胞のバリエーションが形成される

•細胞老化の表現型バリエーションという新しい観点から、老化過程のメカニズムの理解、加齢性疾患の制御・予防法の促進が期待される

翻訳していて思いついたことでいつもとおりまとまりがないです。


ホルメシスは低レベルの刺激は良い効果をもたらす。これは穏やかな皮膚へのタッチは心地よさをもたらす。強い刺激は不快をもたらす。ホメオパシーでは毒をエネルギーレベルまで希釈すると毒も医療的効果をもたらす。また、五感を刺激すると脳に心地良さをもたらす。精油の効果も濃度が濃いと副作用をもたらすことがあります。文献に容量依存と言う言葉が出ていきます。このことは容量を守らないと副作用をもたらします。

もって生まれた遺伝子も環境要因で変化することが表現型と言うそうです。中医学で先天の気は生まれたときの遺伝子とも考えられる。また、後天の気(水穀)で養生すなわち環境をどのように整えるかによります。このことは環境を変えることによって変化することができることを意味します。脳の可塑性(plasticity)という言葉があります。脳を構成する神経とそのネットワークは固定的ではなくて、その人の環境の変化に応じて変化する能力があります。

巣ごもりの生活で動きが減っています。ミトコンドリアは細胞の中にたくさんあり、常に動いているそうです。動くことで他のものに刺激を与えているのだと思います。現状維持または変化するには自分に対して穏やかないろんな刺激を与えることが必要になってくるのかもしれません。

 

|

« June 2021 | Main