« 揮発性テルペンー植物間コミュニケーションのメディエーター | Main | “低周波電磁場の生体影響”太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)より »

January 07, 2022

太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)

What sunspots are whispering about covid-19?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8016555/

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

Abstract

要旨

Several studies point to the antimicrobial effects of ELF electromagnetic fields. Such fields have accompanied life from the very beginning, and it is possible that they played a significant role in its emergence and evolution. However, the literature on the biological effects of ELF electromagnetic fields is controversial, and we still lack an understanding of the complex mechanisms that make such effects, observed in many experiments, possible. The Covid-19 pandemic has shown how fragile we are in the face of powerful processes operating in the biosphere. We believe that understanding the role of ELF electromagnetic fields in regulating the biosphere is important in our fight against Covid-19, and research in this direction should be intensified.

いくつかの研究は超低周波(ELF)電磁場の抗菌効果を指摘している。このような電磁場は最初から生命に伴っていて、その出現と進化に重要な役割を果たした可能性がある。しかし、ELF電磁場の生物学的効果に関する文献には賛否両論があり、多くの実験で観察されるこのような効果を可能にしている複雑なメカニズムについては、まだ理解が不足しているのが現状です。新型コロナウイルス感染症(COVID 19)のパンデミックは、生物圏で働く強力なプロセスの前では、人間がいかにもろい存在であるかを示している。生物圏の調節におけるELF電磁場の役割を理解することは、新型コロナウイルス感染症との闘いにおいて重要であり、この方向での研究を強化すべきであると考えている。

ELF(extremely low frequency, 3Hz–300Hz):超低周波ELF
Electromagnetic Field, EMF:電磁場EMF
antimicrobial effects 抗菌作用

biosphere 生物圏
生物圏(せいぶつけん、英: biosphere)とは、生物が存在する領域のことで、一般的には、生物が存在するその領域全体および含まれる構成要素(生物・非生物)の相互作用の総体を指す。より狭義の意味に用いて、その空間に含まれる生物(生物相・生物量・生物群集)のみを指すこともある。ウィキペディアより

Keywords: Covid-19 pandemic, Biological effects of ELF electromagnetic fields, Schumann resonances

キーワード
新型コロナウイルス感染症(COVID 19)のパンデミック、ELF電磁場の抗菌効果、シューマン共振

Introduction

序論

The covid-2019 pandemic is an extraordinary event in the history of our civilization. Billions of people have never been restricted in their homes before.

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)のパンデミックは、私たちの文明の歴史の中で異常な出来事です。何十億人もの人々が以前自宅に制限されたことがありません。

Self-isolation is conducive to esoteric reflection, and we begun to ruminate about Gaia.

自己隔離は深遠な内省を助長し、私たちはガイア(地球全体)について考え始めた。

Esoteric 深遠な、秘儀の
Reflection 内省
Gaia ガイア(地球全体)

Life on earth, once arisen, never completely disappeared, although it survived at least five major extinctions. Isn’t that a small (or big) miracle?

地球上の生命は、一度発生すると完全に消滅することはなかったが、少なくとも5回の大絶滅を乗り越えてきた。それは小さな(あるいは大きな)奇跡ではないだろうか。

Gaia hypothesis suggests that Nature’s mercy is neither an accident nor a benevolent deity’s work, but instead is the inevitable result of interactions between organisms and their environment [1]. In poetic terms, the Earth with its ecosystem is a gigantic organism that harmonizes itself with the help of many invisible feedbacks.

ガイア仮説は、自然がなすがままは偶然でも慈悲深い神の仕業でもなく、生物とその環境の相互作用の必然的な結果であるとするものである[1]。詩的な表現をすれば、生態系を持つ地球は、目に見えない多くのフィードバックの助けを借りて調和している巨大な生命体である。

Gaia hypothesis ガイア仮説
ガイア理論またはガイア仮説とは、生物は地球と相互に関係し合い、自身の生存に適した環境を維持するための自己制御システムを作り上げているとする仮説。また、そのシステムをある種の「巨大な生命体」と見なす仮説である。 ウィキペディアより

Nature’s mercy 自然がなすがまま
Deity(多神教)の神
deity’s work, 神の仕事

organism 生命体
有機体、生命体:動物、植物、細菌、原生生物など、(小)器官が集まって生命を維持している生物。

ecosystem生態系;

Unfortunately, human activity causes environmental degradation, which in its destructive effect on the ecosystem rapidly approaches the level of the asteroid impact that end the dinosaur era.

残念ながら、人間活動は環境悪化を引き起こし、生態系への破壊的な影響は恐竜時代を終わらせた小惑星衝突のレベルに急速に近づきます。

asteroid impact 小惑星衝突

We better stop the destabilization of Gaia, because otherwise either we succeed in this reckless enterprise and destroy the ecosystem and our own existence, or Gaia recognizes our malicious character and invisible feedbacks eliminate us, as a destabilizing element. However, in order to harmonize with Gaia, we must improve our understanding of these invisible feedbacks.

私たちはガイアの不安定化を食い止めなければならない。なぜなら、私たちがこの無謀な事業に成功し、生態系と私たち自身の存在を破壊するか、あるいはガイアが私たちの悪意ある性格を認識し、見えないフィードバックが不安定化要因として、私たちを排除するかのどちらかだからである。しかし、ガイアと調和するためには、この目に見えないフィードバックに対する理解を深めなければならない。

Solar activity and pandemics

太陽活動とパンデミック

At first glance (and at the second too) there can be no connection between pandemics and solar activity. However, this is exactly what Alexander Chizhevsky discovered [2] many years ago.

パンデミックと太陽活動には、一見すると(そして二度目も)何の関係もないように見える。しかし、これはまさに何年も前にアレキサンダー・チゼフスキーが発見したことである[2]。

solar activity. 太陽活動
Alexander Chizhevskyアレクサンドル・チジェフスキー
「地球上のあらゆる生物の発達は太陽宇宙因子の直接的影響下に進んだものであり、人類もその例外ではない」 - アレクサンドル・チジェフスキー ( 1897 - 1964年)

Independently, Hope-Simpson observed the same correlation between influenza pandemics and sunspot maximums [3]. Hoyle and Wickramasinghe confirmed these findings [4] indicating that the two phenomena have kept in step over some 17 solar cycles.

また、ホープ・シンプソンもインフルエンザの流行と太陽黒点極大期に同じ相関を観測している[3]。ホイルとウィクラマシンゲはこの発見を確認し[4]、この2つの現象は17回ほどの太陽周期の間に歩調を合わせてきたことを示した。

Interestingly, the previous two Corona virus epidemics, the severe acute respiratory syndrome SARS-CoV and the Middle-East respiratory syndrome MERS-CoV both occurred at double peaks in the sunspot cycle [5].

興味深いことに、過去2回のコロナウイルスによる流行、重症急性呼吸器症候群SARS-CoVと中東呼吸器症候群MERS-CoVは、共に太陽黒点周期の二重ピークで発生している[5]。

double peaks 二重ピーク
sunspot cycle太陽黒点周期

A more general result states that most pandemics in the past occurred near the sunspot extrema (maxima or minima) [6], [7]. In a sense, the present covid-19 pandemic was predicted based on this idea [8], [9].

より一般的な結果として,過去のパンデミックの多くは,太陽黒点の極大値(最大値または最小値)付近で発生している[6], [7].いわば、今回の新型コロナウイルス感染症covid-19のパンデミックは、この考えに基づいて予測されたものである[8], [9]。

Of course, such an outlandish idea should be taken with a grain of salt, and not everybody believes in it [10]. However, we think this strange idea cannot be dismissed easily. The correlation in the data is so obvious that different people have noticed it. We already mentioned Chizhevsky and Hope-Simpson. It seems that the first person who linked the sunspot cycle to the malaria epidemics, as early as in 1881, was C. Meldrum [11]. In 1936, Gill noted that the association of malaria epidemics with the epochs of maximum and minimum of sunspots is extremely close [11].

もちろん、このような突飛な考えは疑ってかかるべきで、誰もがそれを信じるわけではないです。[10]。しかし、私たちは、この突飛な考えを簡単に片づけることはできないと思う。データ上の相関は非常に明白であり、様々な人々がそれに気づいている。我々はすでにチジェフスキーとホープ・シンプソンについて言及した。1881年という早い時期に、太陽黒点周期とマラリアの流行を結びつけた最初の人は、C. メルドラムだったようだ[11]。1936年にはギルが、マラリアの流行と黒点の最大・最小のエポックとの関連性が極めて高いことを指摘している[11]。

Solar activity can affect biological organisms in various ways. Of particular interest is the influence mediated by geomagnetic and extra-low frequency (ELF) electromagnetic fields [12], [13].

太陽活動は生物に様々な影響を与える。特に興味深いのは、地磁気や超低周波(ELF)電磁場を介した影響である [12], [13]。

Geomagnetic  地磁気
extra-low-frequency  超低周波
geomagnetic 地磁気の.

The Schumann resonance with base frequency of about 8 Hz is a global electromagnetic resonance excited by natural lightning activity within the Earth-ionosphere waveguide [14]. Life evolved on Earth under the constant presence of Schumann resonances, and thus, we cannot exclude that ELF electromagnetic fields played a role in biological evolution.

基本周波数が約8Hzのシューマン共振は、VLF帯大地-電離圏導波管伝搬内の自然現象の雷活動によって励起される地球規模の電磁共振である[14]。生物はシューマン共振が常に存在する地球上で進化してきたため、超低周波ELF電磁場が生物進化に一役買った可能性は否定できない。

Schumann resonance シューマン共振
earth-ionosphere waveguide VLF帯大地-電離圏導波管伝搬
lightning activity 雷活動

Human activity has become a source of widespread electromagnetic pollution, which raises concerns about the possible dangerous health effects [15]. Although studies on the possible biological effects of ELF and other artificial electromagnetic fields remain largely controversial, there is a growing evidence that ELF fields cause numerous types of changes in cells [16], [17], [18].

人間の活動は広範な電磁波汚染の原因となっており、危険な健康影響の可能性が懸念されている[15]。超低周波ELFやその他の人工的電磁場の可能な生物学的効果に関する研究は、依然として大きな議論を呼んでいるが、超低周波ELF場が細胞に多くの種類の変化を引き起こすという証拠が増えている[16], [17], [18].

electromagnetic pollution  電磁気的汚染

|

« 揮発性テルペンー植物間コミュニケーションのメディエーター | Main | “低周波電磁場の生体影響”太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)より »