« “低周波電磁場の生体影響”太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)より | Main | 新型コロナウイルス感染症-19と5Gを含む無線通信からの 無線周波放射暴露との関連証拠PUBMEDより »

January 26, 2022

結論(天空の出来事:太陽黒点極小期)と(地上の出来事:新型コロナウイルス感染症)は相互に関連 新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?より

What sunspots are whispering about covid-19?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8016555/

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

Concluding remark

結論

Scientific progress has greatly expanded the ability of humankind to cause large-scale changes in the environment. Unfortunately, we do not always understand the subtle feedback loops that operate in the biosphere to predict all consequences of such changes. An amusing example of the unexpected outcome of a large-scale human intervention in nature is provided in [36].

科学的進歩は、人類の能力を大幅に拡大させて、環境に大きな変化を起こした。残念ながら、このような変化のすべての結果を予測するために生物圏で機能する微妙なフィードバックループを常に理解しているわけではありません。人間が自然界に大規模な介入を行った結果、予期せぬ事態が発生したという面白い例があります[36]。

For unknown reasons, fish in the Gulf of Mexico position themselves over buried oil pipelines off the shore of Texas, orienting themselves directly above the buried pipeline at a height of 1?3 m above the seabed and perpendicular to the axis of the pipeline. Presumably they are responding to some electromagnetic stimuli, such as remnant magnetism in pipeline sections, voltage gradient induced by corrosion protection devices, or transient signals induced into the pipeline by remote lightnings or solar wind induced magnetic storms [36].

理由は不明ですが、メキシコ湾の魚はテキサス沖の埋設石油パイプラインの上に位置し、海底から1〜3mの高さでパイプラインの軸に垂直に真上に方向を向いている。おそらく、パイプラインの残留磁気、腐食防止装置による電圧勾配、遠隔地の雷や太陽風による磁気嵐によってパイプラインに誘導される過渡信号など、何らかの電磁的刺激に反応しているのだろう [36]。

perpendicular 垂直
electromagnetic stimuli 磁気刺激
remnant magnetism 残留磁気
voltage gradient 電圧勾配
corrosion protection 腐食防止
transient signals 過渡信号
solar wind:太陽風
太陽風(たいようふう、英: solar wind)は、太陽から吹き出す極めて高温で電離した粒子(プラズマ)のことである。
magnetic storms 磁気嵐

The research of biological effects was intensified at about 1967 as part of an evaluation of the environmental impact of a proposed ELF military antenna (Project Sanguine) [37]. Unfortunately, the presence of military and commercial components in this research makes it politically very sensitive [27]. Nonetheless, in light of the results so far available, it would be too irresponsible to dismiss such effects as being implausible [32].

生物学的影響の研究は、1967年頃に提案されたち超低周波ELF軍事アンテナ(プロジェクトサングイン)の環境影響の評価の一部として強化された[37]。残念ながら、この研究には軍用と商業用の部品が含まれているため、政治的に非常に敏感なものとなっている[27]。それにもかかわらず、これまでに得られている結果に照らして、そのような効果があり得ないとして却下するのは、あまりにも無責任であろう[32]。

Project Sanguineプロジェクトサングイン
Project Sanguineは、1968年に極低周波(ELF)電波を使用して潜水艦と通信するために提案された米国海軍のプロジェクトでした。

On the practical side, if ELF fields cause biological effects, whatever the unknown mechanism of this interaction, we can try to use these effects in our fight against SARS-CoV-2 and similar infections. It is known that bioelectric signals generated by the metabolic activity of cells are in an ELF range, therefore by interfering with these signals by external low intensity ELF electromagnetic fields we can suppress microbial or bacterial activities [38], [39], [40].

実用面では、もし超低周波ELF磁場が生物学的影響を引き起こすなら、この相互作用の未知のメカニズムが何であれ、我々は新型コロナウイルスSARS-CoV-2と同様の感染症に対する戦いでこの効果を利用しようとすることができる。細胞の代謝活動によって生成される生体電気信号は超低周波ELF帯にあることが知られており、したがって、外部からの低強度のELF電磁場によってこれらの信号を妨害することによって、微生物や細菌の活動を抑制することができる[38], [39], [40]。

We believe that under the burden of the Covid-19 pandemic, research in this direction should be intensified. Studies of the antimicrobial effects of ELF electromagnetic fields are not expected to be too expensive. If successful, it promises a non-invasive, inexpensive, safe and fast technique to fight infections [39], [40].

新型コロナウイルス感染症Covid-19の負担の下、この方向での研究を強化すべきと考える。ELF電磁場の抗菌作用の研究は、それほど高価なものではないと思われます。成功すれば、非侵襲的で安価、安全かつ迅速な感染症対策の技術になることが期待される[39], [40].

Is Covid-19 pandemic related to the deepest sunspot minimum for a century we are experiencing now? During sunspot minimum solar magnetic field gets weaker and, as a result, galactic cosmic rays flux entering the earth increases. There are some indications that an increase in the flux of cosmic rays can lead to an increase in lightning activity on earth [41], [42] and thus change the natural ELF electromagnetic background. As noted in [27], changing the electromagnetic background poses a twofold challenge to us: weakening the immune system due to constant stress and more severe illnesses, since electromagnetic fields can stimulate bacterial growth and increase their resistance to antibiotics.

新型コロナウイルス感染症Covid-19のパンデミックは、私たちが今経験している100年来の最も計り知れない太陽黒点極小期 と関係があるのでしょうか? 太陽黒点極小期には太陽磁場が弱くなり、その結果、地球に侵入する銀河宇宙線流束が増加する。宇宙線流束の増加は、地球上の雷活動の増加 [41], [42]につながり、自然のELF電磁波背景を変化させるという指摘がある。「27]で述べたように,電磁波の背景を変えることは,私たちに2つの課題を突きつける。すなわち,電磁波は細菌の増殖を刺激し,抗生物質に対する耐性を高めることになるので,絶え間ないストレスによる免疫システムの弱体化と病気の重篤化である。

sunspot minimum 太陽黒点極小期
galactic cosmic rays 銀河宇宙線
flux流束〔エネルギーや粒子などの流れの大きさの〕

Increased cosmic rays can lead also to appearance of novel virion strains due to induced mutation and genetic recombination events [9], [54], especially if viruses spread even beyond the tropopause (new bacteria have been found in the stratosphere and even on the exterior of the International Space Station, orbiting at a altitude of 400 km) [54].

また、宇宙線の増加は、誘発突然変異および遺伝子組み換え事象による新たなビリオン株の出現にもつながり、特に、特にウイルスが対流圏界面をも超えて拡散する場合(成層圏や高度400kmを周回する国際宇宙ステーションの外壁でも新しい細菌が発見されている)[54]。

Virion ビリオン
ビリオン (ヴィリオン、英: virion) は、細胞外におけるウイルス (virus)の状態であり、完全な粒子構造を持ち、感染性を有するウイルス粒子のことをいう。
induced mutation:誘発突然変異(放射線照射や変異原物質を投与をすることで生じる突然変異。)
genetic recombination events 遺伝子組み換え事象
tropopause 対流圏界面
stratosphere 成層圏

Interestingly, the idea that the flux of galactic cosmic rays can affect the ELF electromagnetic background can be tested using the Forbush effect [43]. During solar flares, the flux of galactic cosmic rays decreases rapidly (over a day or less) due to modification of the near-Earth interplanetary magnetic field. This so-called Forbush decrease is transient and is followed by a gradual recovery over several days [44], [45], [46].

興味深いことに、銀河宇宙線の流束が超低周波ELF電磁背景に影響を与える可能性があるという考えは、フォーブッシュ効果[43]を使用してテストすることができます。太陽フレア発生中、地球近傍の惑星間磁場の変化により、銀河宇宙線流束は急速に(1日以下)減少する。このいわゆるフォーブッシュ減少は一過性であり、数日間にわたって緩やかな回復が続く[44]、[45]、[46]。

Forbush decreaseフォーブッシュ減少
Forbush decrease》地球に降り注ぐ宇宙線の強度が太陽活動による磁気嵐が発生したときに減少すること。フレアで放出された荷電粒子が宇宙線を遮るためと考えられている。コトバより
near-earth 地球近傍
interplanetary magnetic field. 惑星間磁場

Based on the measurements in the Kola peninsula, it was demonstrated that in all ten events of significant Forbush-decreases, the intensity of the ELF-atmospherics decreased (down to their complete disappearance) [43]. It was hypothesized that this phenomenon is caused by a decrease in the intensity of discharges of a special type (sprites and jets) as a result of a decrease in atmospheric ionization at altitudes of 10?30 km during the Forbush decrease in the flux of galactic cosmic rays [43].

ロシアのコラ半島での測定に基づき、フォーブッシュ減少が顕著だった10事象すべてにおいて、超低周波ELF大気圏の強度が減少した(完全に消滅するまで)ことが実証された[43]。
この現象は、銀河宇宙線流速がフォーブッシュ減少した際に、高度10-30kmの大気電離が減少した結果、特殊なタイプの放電(スプライトとジェット)の強度が減少したことに起因すると仮定された[43]。

Kola peninsulaコラ半島、ロシア
atmospheric ionization 大気イオン化

超高層雷放電(ちょうこうそうかみなりほうでん)(スプライトとも言う)は、高度20?100kmの成層圏・中間圏・下部熱圏(下部電離層)にかけて起こる、放電による発光現象である。ウィキペディア

2種類の「超高層雷放電」を同時に撮影…ハワイのジェミニ天文台
https://www.businessinsider.jp/post-230339

雷雨のとき、空に赤や青の稲妻が見えることがある。
レッドスプライト、ブルージェットと呼ばれるこれらの発光現象「超高層雷放電」は、写真に捉えるのが非常に難しい。

Cosmic ray forcing of the climate acts simultaneously and with the same sign throughout the entire globe and operates on all time scales from days to hundreds of millions of years [47]. For this reason, even a relatively small forcing can lead to a large climatic response over time [47]. To unravel the anthropogenic contribution to the current climate change and assess its danger, which is now the subject of much public concern and controversy, we need to understand physical mechanisms underlying the influence of solar and cosmic ray variability on climate and their impact on the biosphere.

気候の宇宙線放射強制力は、地球全体で同時に同じ符号で作用し、数日から数億年までのあらゆる時間スケールで作用する[47]。このため、比較的小さな強制力であっても、時間とともに大きな気候反応を引き起こす可能性がある[47]。現在の気候変動に対する人類の起源と進化の研究に関する寄与を解明し、現在多くの人々の関心と論争の的となっているその危険性を評価するためには、太陽と宇宙線の変動が気候に及ぼす影響と生物圏に及ぼす影響の基礎となる物理的メカニズムを理解することが必要である。

anthropogenic 人類の起源と進化の研究の、または、人類の起源と進化の研究に関する
biosphere. 生物圏

It has recently been shown that bats, like many other animals with highly developed magnetosensory skills, use magnetic field for orientation and can sense even very weak magnetic fields [48], [49], [50]. Perhaps, this magnetoreception is influenced by ELF electromagnetic background [51], [52]. Another source of possible influence is the change in cloudiness due to the increased flux of galactic cosmic rays, as bats have been shown to calibrate their magnetic compasses with sunset cues [53].

最近、高度に発達した磁気感覚能力有する他の多くの動物と同様に、コウモリも方向感覚に磁場を利用し、非常に弱い磁場でも感知できることが明らかになった[48], [49], [50].おそらく、この磁気知覚はELF電磁波背景に影響されている[51], [52]。また,コウモリが日没を手がかりに磁気コンパスを調整することが示されているように,銀河宇宙線流速の増加による曇りの変化も影響源として考えられる [53].

Magnetosensory 磁気感覚

銀河宇宙線がもたらす雲の日傘効果 神戸大学が気候への影響を示す証拠を発見
地球環境地球温暖化神戸大学より

宇宙から飛来する高エネルギー粒子、銀河宇宙線には、雲の生成を誘起して雲量を増加させる効果がある(スベンスマルク効果)。

So, one can imagine the following scenario1. Changes in the ELF electromagnetic background, caused by the increased flux of cosmic rays due to unusually deep sunspot minimum, can cause abnormal movements of the population of bats and affect the time of their arrival and departure. Delayed arrival or departure and longer travel times can increase the population of bats in some areas, thereby increasing competition for limited food supplies, and can also increase the likelihood of interspecies transmission of the virus. Besides, increased level of irradiation increases genetic recombination rates, as was demonstrated in laboratories during the 1950s and 1960s [6]. Finally, under the influence of these circumstances, the new coronavirus successfully recombined and caused the Covid-19 pandemic.

そこで、次のようなシナリオが想像される1 。異常に深い太陽黒点極小期による宇宙線流束の増加によって引き起こされた超低周波ELF電磁波背景の変化は、コウモリ個体数の
異常な動きを引き起こし、その到着と出発の時刻に影響を与える可能性があります。到着や出発が遅れたり、移動時間が長くなると、地域によってはコウモリの個体数が増え、それによって限られた食料をめぐる競争が激化し、ウイルスの種間感染の可能性も高くなる可能性があります。その上、1950年代から1960年代にかけて研究所で実証されたように、照射レベルの増加は遺伝子組換え率を増加させる[6]。最終的に、これらの状況の影響下で、新しいコロナウイルスはうまく組み替えられ、Covid-19のパンデミックを引き起こしたのである

interspecies transmission 種間感染

We end this article with a funny observation from [54]. The Italian word influencia means influence, meaning the influence of the stars in the case of influenza illness. This etiology reflects the belief of our ancestors that events in the sky and events on Earth are interconnected. It may well be that they were right.

最後に、[54]の面白い考察を紹介します。イタリア語のinfluenciaは影響という意味で、インフルエンザの病気の場合、星の影響を意味する。この病因は、天空の出来事と地上の出来事は相互に関連しているという、我々の祖先の信念を反映している。彼らが正しかったということなのだろう。

用語

太陽黒点について調べたときに見つけた。
尚、2019年12月の極小値も前回を下回り、三鷹での観測では黒点相対数が過去最低と出ていました。

太陽でプラズマ爆発現象

国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

https://solarwww.mtk.nao.ac.jp/jp/solarobs.html

太陽活動第24周期は、2008年12月から2019年12月までの11年間継続し、継続期間は平均的な長さでした。一方で活動度は低調で、三鷹での1929年以降の観測では黒点相対数の極大が最も小さく、世界中の観測を集計したSILSOの記録でも108年ぶりに低い極大となった周期でした。 太陽活動第24周期は、2008年12月から2019年12月までの11年間継続し、継続期間は平均的な長さでした。一方で活動度は低調で、三鷹での1929年以降の観測では黒点相対数の極大が最も小さく、世界中の観測を集計したSILSOの記録でも108年ぶりに低い極大となった周期でした。2019年12月の極小値も前回を下回り、三鷹での観測では黒点相対数が過去最低となっています。

|

« “低周波電磁場の生体影響”太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)より | Main | 新型コロナウイルス感染症-19と5Gを含む無線通信からの 無線周波放射暴露との関連証拠PUBMEDより »