« 植物生物音響学(植物が発する音波と一致する周波数の音波にのみ反応) | Main

April 20, 2022

体内の嗅覚受容体は病気を嗅ぎ分けるのに役立つかもしれない。Science dailyより

Smell receptors in the body could help sniff out disease

https://www.sciencedaily.com/releases/2018/07/180712100214.htm

体内の嗅覚受容体は病気を嗅ぎ分けるのに役立つかもしれない

Olfactory cells found throughout the body may help or harm depending on location

体全体にある嗅覚細胞は、場所によって役に立ったり害を及ぼしたりすることがある

Full Story

A review of more than 200 studies reveals that olfactory receptors -- proteins that bind to odors that aid the sense of smell -- perform a wide range of mostly unknown functions outside the nose. The function of extra-nasal olfactory receptors has the potential to be used in the diagnosis and treatment of health conditions such as cancer. The article is published in the July issue of Physiological Reviews.

200以上の研究のレビューでは、嗅覚受容体(嗅覚を助ける匂いに結合するタンパク質)が鼻の外でほとんど未知の幅広い機能を実行することが明らかになりました。鼻腔外の嗅覚受容体の機能は、がんなどの健康状態の診断および治療に使用される可能性がある。この記事は、生理学的レビューの7月号に掲載されています。

Olfactory, or smell, receptors were originally thought to be only in the sensory nerve cells (neurons) of nasal cavity tissues. However, more recent and extensive study suggests that the receptors "occur in nearly the entire human body, [and] they appear to be substantially more functionally important than previously suggested," researchers from Ruhr-University Bochum in Germany wrote. In addition to the receptors playing a major role in the sense of smell, "several essential physiological and pathophysiological processes have been described as targeted by human [olfactory receptors], including path finding, cell growth, [cell death], migration and secretion."

嗅覚、または匂い、受容体はもともと鼻腔組織の感覚神経細胞(ニューロン)にのみ存在すると考えられていました。しかし、より最近の広範な研究は、受容体が「人体のほぼ全域で発生し、以前に示唆されていたよりも機能的にかなり重要であるように見える」ことを示唆していると、ドイツのルール大学ボーフムの研究者は書いている。嗅覚において主要な役割を果たす受容体に加えて、「経路探索、細胞増殖、[細胞死]、[遊走および分泌]を含む、いくつかの重要な生理学的および病態生理学的プロセスがヒト[嗅覚受容体]によって標的とされていると記載されている。

The research team summarized the location and purpose of certain types of olfactory receptors, including those that may be beneficial to general health:

研究チームは 総合的な健康状態に有益と思われるものを含む、ある種の嗅覚受容体の位置と目的についてまとめています。

*Receptors present in heart muscle cells may be a metabolic regulator of heart function.

心筋細胞にある受容体は、心臓機能の代謝調節因子である可能性があります

metabolic regulator 代謝因子

*Receptors activated in the immune system have been seen to promote the death of certain types of leukemia cells.

*免疫系で活性化された受容体は、特定タイプの白血病細胞の細胞死を促進することが分かっている。

*Smell receptors in the liver reduce the spread of liver cancer cells.

肝臓にある嗅覚受容体は、肝臓がん細胞の転移を抑制します。

*Receptors in the skin increase the regeneration of skin cells and help speed wound healing.

*皮膚にある受容体は、皮膚細胞の再生を促進し、創傷治癒を早めます。

The review also reveals ways in which olfactory receptors may affect the development of disease, including:

このレビューでは、嗅覚受容体が病気の発生に影響を与える可能性がある方法も明らかにしています。

*Receptors concentrated in the prostate tissue, especially in men with prostate cancer, contribute to the reduction or progression of the disease.

*前立腺組織に集中する受容体は、特に前立腺癌の男性において、疾患の軽減または進行に寄与する。

*Receptors in the colon may reduce the growth of colon cancer cells.

*大腸にある受容体は、大腸がん細胞の増殖を抑える可能性がある。

*Receptors in the digestive tract may cause chronic diarrhea or constipation but may

消化管にある受容体は、慢性的な下痢や便秘を引き起こす可能性があるが、消化の改善に寄与する可能性もある。

The existence of olfactory receptors outside the nose -- either positive or negative -- plays an important role in disease progression and physiological function but is not yet fully understood. Their role as a possible biomarker for disease requires more research, the authors said. Study "must be expanded to develop promising clinical strategies in the future," the researchers wrote.

鼻以外に存在する嗅覚受容体は、(ポジティブまたはネガティブ)の存在は、疾患の進行や生理機能に重要な役割を果たすが、まだ十分に理解されていない。疾患のバイオマーカーとしての役割は、さらなる研究が必要であると著者らは述べている。研究者らは、「将来、有望な臨床戦略を開発するために、研究を拡大する必要がある」と書いている。

考えたこと

嗅覚受容体は、(ポジティブまたはネガティブ)の存在のことを読んで、Medicine Hands Massage Therapy for People with Cancerに出てくるがん遺伝子のことを思い出し紹介します。
がん遺伝子にもポジティブまたはネガティブがあります。

尚、本にはマッサージによってがんは転移しないと記載されています。

*Proto-oncogene がん原遺伝子

Proto-oncogene、which control growth and tissue repair. The defective version of these genes are known as oncogenes. Their expression results in excessive cell proliferationMutation within control genes also cause failure of cell’s regulatory system that induce apoptosis (programed cell death) when cell senses it cannot repair damage to its own DNA

がん原遺伝子、増殖と組織修復を制御します。これらの遺伝子の欠陥バージョンは、がん遺伝子として知られている。それらの発現は過剰な細胞増殖をもたらす。また、また、制御遺伝子に変異があると、細胞が自身のDNAの損傷を修復できないと判断したときに、アポトーシス(プログラムされた細胞死)を誘導する制御システムに障害が発生します。

oncogene がん遺伝子

*Tumor suppress genes がん抑制遺伝子

Tumor suppress genes normally regulate cell growth in an measured fashion; they stifle tumor growth acting a braking system that halts inappropriate growth. When they are inactivated by mutation, uncontrolled cell cell proliferation is allowed to go unchecked.

がん抑制遺伝子は、通常、細胞増殖を慎重な方法で制御しています。腫瘍抑制遺伝子は、腫瘍の増殖を抑制し、不適切な増殖を停止させるブレーキシステムとして機能します。突然変異によって不活性化されると、無秩序な細胞増殖が許容されるようになる。

|

« 植物生物音響学(植物が発する音波と一致する周波数の音波にのみ反応) | Main