« 魅力の香り:生殖ホルモンのレベルは女性の体臭の個人差を説明するPUBMEDより | Main | BCGワクチンの複数回接種により1型糖尿病患者をCOVID-19から予防することを研究で判明Science dailyより »

August 19, 2022

友達の香り:体臭の類似性が社会的絆に貢献する可能性Science dailyより

人は体臭が似ている人と友好関係を結ぶ傾向がある。

Scent of a friend: Similarities in body odor may contribute to social bonding

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/06/220627125010.htm#:~:text=Summary%3A,an%20electronic%20nose%2C%20or%20eNose.

友達の香り 体臭の類似性が社会的絆に貢献する可能性

An electronic nose relying on body odor chemistry may predict whether we are likely to 'click' with a stranger

体臭の化学反応に基づく電子鼻が、見知らぬ人と「意気投合するか」どうかを予測するかもしれない

click with:意気投合する、

Date: June 27, 2022

Source: 情報源

Weizmann Institute of Science ワイツマン科学研究所、イスラエル

Summary:

概要

Researchers have found that people may have a tendency to form friendships with individuals who have a similar body odor. The researchers were even able to predict the quality of social interactions between complete strangers by first 'smelling' them with a device known as an electronic nose, or eNose. These findings suggest that the sense of smell may play a larger role in human social interactions than previously thought.

研究者らは、人は体臭が似ている人と友好関係を結ぶ傾向がある可能性があることを発見した。研究者らは、電子鼻と呼ばれる装置で最初に相手の匂いを嗅ぐことで、全く知らない人同士の社会的交流の質を予測することもできた。これらの結果は、嗅覚が人間の社会的相互作用において、これまで考えられていたよりも大きな役割を果たす可能性を示唆しています。

FULL STORY

全文

Weizmann Institute of Science researchers have found that people may have a tendency to form friendships with individuals who have a similar body odor. The researchers were even able to predict the quality of social interactions between complete strangers by first "smelling" them with a device known as an electronic nose, or eNose. These findings, published today in Science Advances, suggest that the sense of smell may play a larger role in human social interactions than previously thought.

ワイツマン科学研究所の研究者らは、人は体臭が似ている人と友好関係を結ぶ傾向がある可能性があることを発見した。研究者らは、電子鼻(eNose)と呼ばれる装置で最初に相手の匂いを嗅ぐことで、全く知らない人同士の社会的交流(相互作用)の質を予測することもできました。Science Advances誌に本日掲載されたこの研究結果は、嗅覚が人間の社会的交流において、これまで考えられていたよりも大きな役割を担っている可能性を示唆しています。

social interactions 社会的交流[相互作用]
Science Advances誌は米国科学振興協会(AAAS)発行

Anyone who has ever walked a dog knows that their canine can usually tell from a distance whether an approaching dog is friend or foe. When in doubt, upon encountering one another, the two dogs might carefully and explicitly sniff each other before deciding whether to plunge into a play session or an all-out war. This dominant role played by the sense of smell in social interactions has been extensively documented in all terrestrial mammals except humans. Is this because humans don't use their noses in social settings the way all other terrestrial mammals do? Or is this behavior covert, rather than overt, in humans?

犬の散歩をしたことがある人なら誰でも知っているように、犬は近づいてくる犬が敵か味方か、遠くからでもわかるものだ。そのため、2頭の犬は、互いに相手の匂いを嗅ぎ合ってから、遊びを始めるか、それとも争いに突入するかを決める。このように嗅覚が社会的相互作用において支配的な役割を果たすことは、人間を除くすべての陸生哺乳類で広く記録されている。これは、ヒトが他のすべての陸生哺乳類と同じように社会的環境で鼻を使わないからなのだろうか?それとも、ヒトの場合、この行動は表立ったものではなく、むしろ隠れたものなのだろうか?

terrestrial mammals  陸生哺乳類
social settings 社会的環境

Graduate student Inbal Ravreby, in Prof. Noam Sobel's laboratory in Weizmann's Brain Sciences Department, hypothesized that the latter is the case. She relied on two previous observations. First, several lines of evidence suggest that humans are constantly, although mostly subconsciously, sniffing themselves. Second, humans often subconsciously sniff other people. In addition, it's known that people tend to become friends with others who are similar to themselves in appearance, background, values and even in measures such as brain activity. Ravreby hypothesized that when subconsciously sniffing themselves and others, people may be making subliminal comparisons, and that they may then gravitate toward those whose smell is similar to their own.

ワイツマン大学脳科学科のノーム・ソベル教授の研究室に所属する大学院生インバル・ラブレビーは、後者であるという仮説を立てた。彼女は、これまでの2つの観察結果に基づきました。第一に、人間は常に、そのほとんどが無意識のうちに、自分の匂いを嗅いでいることを示唆するいくつかの証拠がある。第二に、人間はしばしば無意識のうちに他の人の匂いを嗅いでいる。さらに、人は自分と外見、経歴、価値観、さらには脳活動などの尺度が似ている人と友達になる傾向があることが知られている。ラヴレビーは、人は無意識のうちに自分や他人の匂いを嗅いでいるとき、サブリミナルな比較をしているのではないか、そして、自分の匂いと似ている人に引き寄せられるのではないか、という仮説を立てました。

subliminal サブリミナル

To test her hypothesis, Ravreby recruited pairs of click friends: same-sex nonromantic friends whose friendships had originally formed very rapidly.She hypothesized that because such friendships emerge prior to an in-depth acquaintance, they may be particularly influenced by physiological traits such as body odor. She then collected body odor samples from these click friends and conducted two sets of experiments to compare the samples with those collected from random pairs of individuals. In one set of experiments, she performed the comparison using the eNose, which assessed the chemical signatures of the odors. In the other, she asked volunteers to smell the two groups of body odor samples in order to assess similarities measured by human perception. In both types of experiments, click friends were found to smell significantly more like each other than did the individuals in the random pairs.

彼女の仮説を検証するために 、ラヴレビーは意気投合の友人のペアを募集しました:もとも急速に友人関係が形成された同性の非恋愛的な友人。彼女は、このような友人関係は、深く知り合う前に形成されるため、体臭などの生理的特徴に特に影響されるのではないかという仮説を立てた。そして、これらの意気投合友人から体臭サンプルを採取し、無作為のペアから採取したサンプルと比較する実験を2セット行った。一つの実験では、匂いの化学的な特徴を評価する電子鼻を使って比較を行いました。もう1つは、ボランティアに2つの体臭サンプルの匂いを嗅いでもらい、人間の知覚による類似性を評価するものです。どちらの実験でも、意気投合の友人は、無作為に選んだペアに含まれる個人よりも、有意に似た匂いがすることがわかった。

Next, Ravreby wanted to rule out the possibility that body odor similarity was a consequence of click friendships, rather than a contributing cause. For example, what if the friends had a similar smell because they ate the same types of food or shared other life experiences that influence body odor? To address this issue, Ravreby performed an additional set of experiments, in which she used an eNose to "smell" a number of volunteers who were complete strangers to one another, and then asked them to engage in nonverbal social interactions in pairs. After each such structured interaction, the participants rated the other individual in terms of how much they liked that person and how likely they were to become friends.

次に、ラヴレビーは体臭が似ているのは、意気投合の友人が原因ではなく、結果的にそうなっている可能性を排除しようと考えた。例えば、同じ種類の食べ物を食べたり、体臭に影響を与えるような人生経験を共有したりしたために、体臭が似てしまったとしたらどうだろうか?この問題を解決するために、ラヴレビー、電子鼻を使って、全く知らない複数のボランティアに「匂い」を嗅がせ、その後、2人組で非言語的な社会的交流を行うように依頼する実験を行った。このような構造化された相互作用の後に参加者は相手のことを「どの程度好きか」「どの程度友達になれる可能性があるか」という観点から評価しました。

Subsequent analysis revealed that the individuals who had more positive interactions indeed smelled more like each other, as determined by the eNose. In fact, when Ravreby and statistician Dr. Kobi Snitz entered the data into a computational model, they were able to predict with 71 percent accuracy which two individuals would have a positive social interaction, based on eNose data alone. In other words, body odor appears to contain information that can predict the quality of social interactions between strangers.

その後の分析で、より積極的な交流を行った個人は、電子鼻によって、よりお互いに似た匂いを発していることが明らかになりました。実際、ラヴレビーと統計学者のKobi Snitz博士が計算モデルにデータを入力したところ、電子鼻のデータだけで、どの2人が積極的に交流するか71%の精度で予測することができました。つまり、体臭には、見知らぬ人同士の社会的交流の質を予測する情報が含まれているようなのです。

nonverbal 非言語的

"These results imply that, as the saying goes, there is chemistry in social chemistry," Ravreby concludes. Sobel offers words of caution: "This is not to say that we act like goats or shrews -- humans likely rely on other, far more dominant cues in their social decision-making. Nevertheless, our study's results do suggest that our nose plays a bigger role than previously thought in our choice of friends."

「これらの結果は、諺にもあるように、社会的化学反応には化学反応があることを示唆しています」とラヴレビーは結論付けている。ソーベルは注意を促している。「人間は、社会的な意思決定において、他のはるかに優位な手がかりに依存している可能性が高いのです。とはいえ、我々の研究結果は、我々の鼻が、我々が友人を選ぶ際に、これまで考えられていたよりも大きな役割を果たしていることを示唆しています"。

用語

2021-11-09
【類似性の法則】自分と似ている人を好きになる心理を解説
https://kruchoro.com/similarity

類似性とは?

類似性(Similarity)とは、二人の見た目や経歴、能力や性格などの特性が似ている度合いのことを指します。

この類似性が高いほど仲良くなりやすい心理が存在します。これは類似性の法則と言われます。心理学用語の中でも有名な言葉なので、知っている人も多いでしょう。

この類似性の法則は、見知らぬ人同士が仲良くなるために役立つほか、特に長期的な人間関係を築いていくうえで大事だとされています。

ワイツマン科学研究所
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

ワイツマン科学研究所(ヘブライ語: ???? ????? ?????, 英語: Weizmann Institute of Science)は、イスラエルのレホヴォトにある研究および高等教育機関。自然科学系の大学院のみである点が他の一般の大学とは異なる(大学院大学)。ヴァイツマン科学研究所とも。世界的にも有名な総合研究センターであり、約2,500名の科学者、博士号取得後のフェロー、大学院生、スタッフが働いている[1]。

社会的相互作用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C%E7%94%A8

社会的相互作用(しゃかいてきそうごさよう)または社会的インタラクション(英: Social interaction)、対人的相互反応とは、個人(やグループ)間の動的に変化する一連の社会的行為であり、その個人は相互作用のパートナーの行為への反応として自らの行為を変化させる。すなわち社会的相互作用とは、人々が状況に意味を持たせ、他者が意味しているものを解釈し、それに応じて反応する事象である。

サブリミナルの文字を見て以前読んだ下記の本を思い出しました。紹介します。

サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ (中公新書)内容(「BOOK」データベースより)

人は自分で考えているほど、自分の心の動きをわかっていない。人はしばしば自覚がないままに意志決定をし、自分のとった行動の本当の理由には気づかないでいるのだ。人間科学の研究が進むにつれ、「認知過程の潜在性・自働性」というドグマはますます明確になり、人間の意志決定の自由と責任に関する社会の約束ごとさえくつがえしかねない。潜在的精神を探求する認知・行動・神経科学の進展からうかびあがった新しい人間観とは。

|

« 魅力の香り:生殖ホルモンのレベルは女性の体臭の個人差を説明するPUBMEDより | Main | BCGワクチンの複数回接種により1型糖尿病患者をCOVID-19から予防することを研究で判明Science dailyより »