« まとめ:精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子より | Main | 精油と植物油による簡単な使用で女性の膣の健康を回復する »

September 14, 2022

満月にカンジダ菌が増えるのは私たちが宇宙とつながっているからかも

先日、中秋の満月を見て満月とカンジダ菌のことを思い出したので過去のブログ内容を紹介します。

菌類、植物、動物を問わず、生命を持つものみなものは生命場で宇宙からのメッセージを受信している。このことを書いているハロルド・サクストン・バー著 ライフ・フィールド 生命場の科学で本の英名はThe Fields of Life: Our Links with the Universe 生命場:私たちは宇宙とつながっている。宇宙の太陽や月の変化をヒトの健康に関して興味を持っています。太陽の黒点減少により宇宙線が増えてコロナウイルスに突然変異が起きて広がったと以前ブログで紹介しました。

August 16, 2009
人への満月の影響(1)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/08/1-89f7.html

The Unexplained World

説明できない世界

間欠性精神病は全てを語っている。満月の時は変な感じがすることをみな知っている。伝説によれば、満月は人々に最悪のことをもたらす。:多くの暴力、自殺、事故、および攻撃である。月の影響と行動は"月効果" または "The Transylvania Effect."と呼ばれてきた。満月が精神障害および奇妙な行動を引き起こすという確信は中世にヨーロッパ中で広まった。

研究によると満月の頃に多くの暴行が起こる。より多くの犯罪、自己と故意でない毒殺および動物咬創が同様に満月サイクルの間に起こる。月の影響を研究しようと努めると多くの問題に遭遇する。例えば、ある研究は満月の前後の2〜3日起こる「満月」の行動を含み、一方、他の研究は満月の日だけのこれらの行動を含む。

満月は29.53日間に一度現れる。時々、1ヵ月に2度の満月がある。満月のない月があることは可能であるがこれは珍しくて2月だけに起こることがありうる。満月のない次の月のために2066年2月まで待たなければならい。(我々全員がそれを逃すだろうと思う!)

人々は月が必ず何かをすると確信している。結局、地球表面の80%は水である;人体の80%は水で、ヒトへの潮の干満影響は意味をなしている。大部分の沿岸地域における潮の干満変化は10フィートを以上にならない。湖および多分人体などの小さな身体の水で、潮の干満はごくわずかである。他の点は満月および新月に起こることは、地球、月、および太陽が一列に並んだ結果通常より大きな潮の干満になるとである。

August 17, 2009
人への満月の影響(2)

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/08/post-a8e2.html

新概念は大気のプラスおよびマイナスイオンは行動(通常マイナスイオンは良く、プラスは反対)に影響を与える発見によるこの理論化に到達する。プラスイオンは満月の時に最も多くなる。しかし、影響はエアコンおよび大気汚染のような主要プラスイオン源とほとんど比較されていない。

満月は情緒不安定および不安を引き起こして世界中の多くの人々に影響を与える。月の引力は潮の干満を引き起こすほど強いので、それゆえ、ムードに影響を与えることができる腺および器官への重力影響を変化させることが可能である。

他の影響は月光の様々な波長が含まれていて、満月は体内の病原体に影響を与える。月光は太陽が我々に与える光より光の波長および光度の様々な組み合わせである。光の様々な色が異なった感情反応を引き起こすことは知られている。

月のシルバーカラーは一部の人々の反応に少なくとも部分的原因になっている。また、私たちは、酵母菌、虫、寄生虫、ウイルスおよび細菌を含む体内病原体を有している。多分、昼と夜の重力変化はこれらの病原体活動に変化を引き起こして、多分、活動を増大させて、順に、栄養物に排泄を増大させて血流に排出される副産物の数を増大させる。

満月が他の人より一部の人に多く影響する理由は他の問題である。一部の人はぎりぎりの腺機能またはある人は多くの病原体を有しているためかもしれない。満月の影響の原因となっているらしい病原体は酵母菌である。過剰な酵母菌は通常な消化欠如および血液中の毒素濃度増加のために「ストレスアウト」感覚を引き起こすことによって人々に反応を引き起こします

August 18, 2009

満月に増える酵母菌カンジダ・アルビカンス?
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/08/post-51ea.html

満月になると体内の酵母菌、虫、寄生虫、ウイルスおよび細菌の活動が活性化して身体に悪影響を与えることを昨日のブログを書いてしりました。満月の影響を受けるのは特に酵母菌とかいてあったのでそこでYeast/酵母菌・イ-ストでどのように身体に悪影響を与えるのかが少しわかりました。

Yeast/酵母菌・イ-ストに興味を持ち体内のどこにいるのかと思い調べてみたら消化器系内に生息している。酵母菌は分泌物を排出していてそれが血流にはいり病気の原因になるみたいです。調べているうちにYeast Connection・イーストコネクションの本がありそこの宣伝文句にカンジダ菌が様々な病気の原因である。

Dr. William G. Crook's research has shown that many health disorders in both men and women can be traced to an overgrowth in the body of common yeast, Candida albicans.

ウイリアム・クルック医師の研究は男女両方の多くの健康障害は身体の一般的な酵母菌・イースト、カンジダ・アルビカンスの増殖にさかのぼることができる。
カンジダ・アルビカンスの異常増殖はアレルギー疾患や慢性疲労、頭痛の原因になるとも言われている。カンジダ・アルビカンスは糖分の高い食べ物・炭水化物によって増殖するそうです。甘いものを沢山摂取することは良くないです。

August 25, 2009
ライフ・フィールド:生命場の科学
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/08/post-51ea.html

お月さまの身体への影響についてブログで紹介しました。とくに満月の時には事故、暴力、頭痛、うつ病悪化などいろんなことがおきると言われています。月からの光、引力などのエネルギーを身体が受容してそれを各器官に送り込んで変化を起こさせるのかと考えました。

そこで、積読していたハロルド・サクストン・バー著 ライフ・フィールド 生命場の科学のことを思い出して拾い読みしました。

「全ての生物がその輪郭に沿って成長する不可視の電気力場、ライフ・フィールド。菌類、植物、動物を問わず、生命を持つものみな、この永遠の青写真の設計のもとに生まれ、形づくられていく。そして常に、宇宙のかなたから発信されるさまざまなメッセージを受信し、その影響の波動はたちまちのうちに全地球をおおう。」

これで人間には宇宙・月などからのメッセージを受信する生命場があってそれが身体に変化を及ぼすのだと思います。良いメッセージだと身体に良い結果をもたらすのかも知れません。受け取る人間の受信状態に変化があれば良いメッセージを受け取れるのかもしれないと思いました。

本に生命場は月や太陽の黒点などの宇宙の力に影響を受けると書いてありました。これで満月の時には少なからず人間の生命場に影響して体調・行動の変化を引き起こすのかと思いました。
宇宙からのエネルギーと人間の関係は興味があります。シャーマンの人は宇宙からのメッセージを受信して人々に伝えていたのかと思いました。人は修行などをすることによって宇宙からのメッセージを受信できるのかと考えました。

|

« まとめ:精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子より | Main | 精油と植物油による簡単な使用で女性の膣の健康を回復する »