« 精子における走化性行動の分子機構:精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子より | Main | まとめ:精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子より »

September 09, 2022

1.アロマセラピーおよび精油:精油とテルペンの摂取経路および塗布経路に関連する効果についてより

精油とテルペンの摂取経路および塗布経路に関連する効果について

The Effects of Essential Oils and Terpenes in Relation to Their Routes of Intake and Application

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7084246/

1.Aromatherapy and Essential oils

1.アロマセラピーおよび精油

Scientific studies on the chemical constituents of essential oils have just started in the 20th century, although the history of using essential oils as medical agents or for relaxation goes back to ancient times in Egypt. It was only early in the 20th century that the word “aromatherapy” was coined by the French chemist Ren?-Maurice Gattefoss? for treatments using essential oils. He was a chemist working at his family-owned perfume company in France, and not a clinician of holistic, alternative medicine.An anecdotal story tells that he had accidentally burnt his hand because of an explosion in the laboratory and happened to use an essential oil of lavender, which suppressed the pain and scar formation. This experience led him to study the possibility of using essential oils for therapeutic purposes. His book “Gattefoss?’s Aromatherapy” [1] is perhaps the earliest book published on aromatherapy by a scientist and it contains a subs tantial amount of description on terpenes.

精油の化学成分に関する科学的研究は20世紀に始まったばかりですが、精油を医薬品として、またはリラクゼーションに使用する歴史はエジプトの古代にさかのぼります。「アロマセラピー」という言葉がフランスの化学者ルネ・モーリス・ガッテフォッセによって精油を使った治療のために造語されたのは20世紀初頭のことでした。彼はフランスの家族経営の香水会社で働く化学者であり、ホリスティックの臨床医ではありませんでした。逸話によると、研究室での爆発のために誤って手を火傷し、たまたまラベンダー精油を使用したら、痛みと傷跡形成を抑えた。この体験がきっかけとなり、精油の治療への応用の可能性を研究するようになった。彼の著書「ガットフォセのアロマセラピー」[1]は、おそらく科学者によるアロマセラピーに関する最も初期の著書であり、テルペン類に関する記述が多く含まれています。

scar formation 瘢痕形成
medical agent 医薬品

“Essential oils contain constituents which possess almost the full range of chemical functions. The simplest are hydrocarbons, constituting the terpene family, of the type p-cymene, C10H14, which is similar to pinene, a constituent of oil of turpentine. The other constituents can almost all be classified as various stages in terpene development” [1].

「精油には、ほぼすべての化学的機能を有する成分が含まれている。最も単純なものは、テルペン族を構成する炭化水素で、p-シメン(C10H14)というタイプであり、これはテレビン油の成分であるピネンに似ている。その他の成分は、ほとんどすべてテルペンの様々な発達段階に分類される」[1]。

It has been eighty years since then, but we still need thorough scientific studies on the effect of essential oils, i.e., their effects on healing diseases, or delaying the progress of disease, and on improving mental conditions, as they are well known to do. We can now examine their effects with modern techniques and advanced knowledge. We need studies on the chemical compounds involved in producing these effects and on the mechanisms of action, as well as studies on the routes involved.

それから80年が経過したが、精油の作用、すなわち精油がよく知られているように、病気を治療したり、病気の進行を遅らせたり、精神状態を改善する効果については、まだ徹底した科学的研究が必要である。現代の技術と最先端の知識で、その効果を調べることができるようになりました。これらの効果を生み出す化学物質や作用機序の研究、また、その経路の研究が必要です。

As defined, “aromatherapy” is “the use of essential oils from plants (flowers, herbs, or trees) as therapy to improve physical, mental, and spiritual well-being” (from NIH, National Cancer Institutewebsite;https://www.cancer.gov/aboutcancer/treatment/cam/patient/aromatherapy-pdq#_1).

定義されているように、「アロマテラピー」とは、「植物(花、ハーブ、樹木)から抽出した精油を、身体的、精神的、および霊的な健康を改善するための療法として用いること」(米国衛生研究所NIH、米国国立がん研究所 NCIウエブサイトより)
https://www.cancer.gov/aboutcancer/treatment/cam/patient/aromatherapy-pdq#_1

NIH:National Institutes of Health :米国国立衛生研究所
NCI:National Cancer Institute  米国国立がん研究所

Essential oils are used (1) by inhaling, which will use mostly the olfactory system, and to some extent the skin, as the chemical compounds will reach the skin. (2) By topically applying essential oil on the skin, in which the major route will be through the skin, and to a lesser extent through the olfactory system, as the aroma will reach the olfactory system. (3) By drinking, in which the major route will be through the digestive system and, secondarily, because of the retro-nasal location of the nose, through the olfactory sensory system, as the aroma will reach the nose from the mouth and stomach.

精油は、(1)吸入することにより、主に嗅覚系を使い、化学成分が皮膚に到達するため、ある程度は皮膚も使う。(2)精油を皮膚に局所塗布し、香りが嗅覚系に到達するため、主な経路は皮膚からとなりますが、嗅覚系からの経路は少なくなります。(3)飲用によって、香りは口や胃から鼻に届くため、主な経路は消化器官、そして鼻は後鼻にあるため、二次的に嗅覚器官を経由する。

As such, when essential oils are used, there are multiple routes involved. The routes involved in generating a certain effect depend on the types of chemical compounds included in the essential oil. For example, recently, topical application of β-caryophyllene, a sesquiterpene, in various herbs and spices, was found to improve re-epithelialization of cutaneous wounds, whereas exposure solely through the air did not produce that impact [2]. Linalool (3,7-dimethylocta-1,6-dien-3-ol), a monoterpene found in herbs, spices, and fruits, has an anxiolytic effect, and this effect is mediated through the olfactory system [3]. β-caryophyllene and linalool are both present in, for example, lavender essential oils. These examples, and the fact that they are both included in the same essential oil, indicate that it is important to know what effect each chemical compound has, and which route is involved in producing these effects.

このように、精油を使用する際には、複数のルートが存在するのです。どのような経路で効果が得られるかは、精油に含まれる化学物質の種類によって異なります。例えば、最近、様々なハーブやスパイスに含まれるセスキテルペンであるβ-カリオフィレンを局所塗布すると、皮膚創傷の上皮再形成が改善することがわかったが、空気を通じてのみ曝露するとその効果は生じなかった[2]。リナロール(3,7-ジメチルオクタ-1,6-ジエン-3-オール)は、ハーブ、スパイス、果実に含まれるモノテルペンで、抗不安作用があり、この効果は嗅覚系を介するものである[3]。β-カリオフィレンとリナロールは、例えばラベンダーの精油に含まれています。

re-epithelialization上皮再形成

This also indicates that the method of using essential oils should be adjusted depending on the chemical compounds that are expected to function: for example, it is critical to use a diffuser for lavender essential oil when the expected effect is the anxiolytic impact of linalool. In contrast, lavender essential oil should be applied topically when the goal is to enhance wound healing by β-caryophyllene. It is necessary to use the delivery method that is most effective to reach the clinical goals with the knowledge on how specific chemical compounds produce the effect. Therefore, it is pivotal to determine the types of impacts that each chemical compound generates, what routes are involved in these impacts, and the mechanisms of action.

また、精油を使用する方法は、予想される機能がある化合物に応じて調整されるべきであることを示しています。 例えば、リナロールの抗不安作用を期待する場合は、ラベンダー精油のディフューザーを使用することが重要である。一方、β-カリオフィレンによる創傷治癒の促進を目的とする場合は、ラベンダー精油を局所的に塗布する必要がある。特定の化学物質がどのように効果を発揮するのかを知った上で、臨床目標に到達するために最も効果的な送達方法を用いることが必要である。そのため、各化合物がどのような影響を与えるのか、その影響はどのような経路で生じるのか、作用機序を明らかにすることが極めて重要である。

Considering that the olfactory system, the skin, and the digestive system are the three possible routes through which essential oils can affect physiological and psychological health conditions, we will summarize the olfactory system, the skin, and the digestive system, respectively. Olfactory receptors are expressed in non-olfactory tissues as well, including the skin and the gastro-intestinal system, both located outside of the olfactory system [4]. In addition, there are non-olfactory receptors in the skin and the gastro-intestinal system that are activated by odorous chemical compounds [5]. We will discuss these respectively.

精油が生理的・心理的健康状態に影響を与える経路として、嗅覚系、皮膚、消化器系の3つが考えられることを考慮し、それぞれについてまとめることにする。嗅覚系以外の組織にも嗅覚受容体は発現しており、嗅覚系の外側に位置する皮膚や消化器系も含まれる[4]。さらに、皮膚や消化器系には、匂いのある化学物質によって活性化される非嗅覚性受容体が存在します[5]。これらについて、それぞれ説明します。

An essential oil is a “product obtained from a natural raw material of plant origin by steam distillation, by mechanical processes from the pericarp of citrus fruits, or by dry distillation” (definition by International Organization for Standardization (ISO); 9235:2013). Terpenes are the largest group of components in essential oils [6]. Depending on the number of isoprene units (C5H8) in the molecule, they are classified into, for example, monoterpenes (one terpene unit or two isoprene units; examples are linalool, geraniol, limonene), sesquiterpenes (three isoprene units; examples are β-caryophyllene, the farnesenes, humelene), and tetraterpenes (eight isoprene units; for example, carotenoids). Monoterpenes and sesquiterpenes comprise about 25% of the terpene fractions in essential oils [6]. We will summarize the essential oils, the terpenes found in essential oils, and their impacts on physiological or psychological status.

精油とは、「植物由来の天然原料から水蒸気蒸留法、柑橘類の果皮からの機械的処理、または乾留法により得られる製品」(国際標準化機構(ISO)による定義;9235:2013)である。テルペン類は、精油の成分の中で最も大きなグループである[6]。分子内のイソプレン単位(C5H8)の数によって、例えば、モノテルペン(テルペン単位1個またはイソプレン単位2個、例:リナロール、ゲラニオール、リモネン)、セスキテルペン(イソプレン単位3個、例:ベータカリオフィレン、ファーネセン、フムレン)、テトラテルペン(イソプレン単位8個、例:カロテノイド)等に分類される。モノテルペンとセスキテルペンは、精油中のテルペン画分の約25%を占めています[6]。ここでは、精油と精油に含まれるテルペン類、そして生理的あるいは心理的な状態に与える影響についてまとめていきます。

関連記事

*米国衛生研究所NIHのアロマセラピーの定義を紹介します。

Aromatherapy With Essential Oils (PDQ?)?Health Professional Version

精油(PDQ?とアロマセラピー) - 医療従事者のバージョン

https://www.cancer.gov/about-cancer/treatment/cam/hp/aromatherapy-pdq

Go to Patient Version

患者バージョンに移動

ON THIS PAGE 

このページの内容

Overview

概要

This cancer information summary provides an overview of the use of aromatherapy with essential oils primarily to improve the quality of life of cancer patients. This summary includes a brief history of aromatherapy, a review of laboratory studies and clinical trials, and possible adverse effects associated with aromatherapy use.

この癌情報の概要は、主に癌患者の生活の質を向上させるために精油とアロマセラピーの使用の概要を提供します。この要約には、アロマセラピーの簡単な歴史、実験室での研究と臨床試験のレビュー、およびアロマセラピーの使用に関連する可能性のある副作用が含まれます。

This summary contains the following key information:

この概要には、次の重要な情報が含まれています。

Aromatherapy is the therapeutic use of essential oils (also known as volatile oils) from plants (flowers, herbs, or trees) for the improvement of physical, emotional, and spiritual well-being.

アロマセラピーは、身体的、情動的、および霊性的な幸福を改善するための植物(花、ハーブ、または樹木)からの精油(揮発性オイルとしても知られている)の治療的使用です。

*匂い認識の分子基盤:嗅覚受容体の薬理学的研究
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/124/4/124_4_201/_pdf

要約:数十万種類とも言われる多種多様な匂い物質を識 別する嗅覚受容体は,多くの創薬の標的となっている G タンパク質共役型受容体ファミリーに分類され,その中で も最大の多重遺伝子群を形成している.近年,筆者らはク ローブ様の香りを呈する匂い物質,オイゲノールを認識するマウス嗅覚受容体 mOR-EG の単離同定を起点とし,嗅覚受容体の薬理学的解析を行ってきた.

1. はじめに 多くの生物は,エサとなる物質の探求や識別,親や天敵 といった他個体とのコミュニケーションなどを嗅覚感覚を介して行う.嗅覚の媒介となる匂い物質は揮発性の低分子 有機化合物であるが,我々の生活空間に数十万種類も存在 するといわれている.これら多種多様な匂い分子はそれぞれ特有の「におい」をもっているが,匂い物質ひとつひと つに対する感じ方には個人差があるだけでなく,同じ匂い 物質でも嗅ぐときの環境や体調によってにおいの質が異なったり,濃度の違いで全く異なる匂いとして認識されることがある.一方,匂い分子の光学異性体や立体異性体を正確に嗅ぎ分けることができる.このように,あいまいな評価と正確な識別という相反する特徴を併せもつ嗅覚システ ムにおける匂い認識機構を分子レベルで解明することは大変興味深い.本稿では,数十万種類の匂い物質の認識および識別の分子基盤となっている嗅覚受容体の薬理学的性質について最新の研究を紹介する。

関連ブログ

June 24, 2022

精油とテルペンの摂取および塗布の経路に関連する効果について

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2022/06/post-4c6b15.html

 

ブログ投稿によって、心臓、肺、肝臓、皮膚、胃腸、大腸、小腸、腎臓、がん細胞、精子に嗅覚受容体があることをしりました。上記の件で嗅覚受容体と臓器との関係の確認のため調べたらEctopic Olfactory recpter異所性嗅覚受容体の名称を見つけました。下記は異所性嗅覚受容体の関係のブログになります。

体内の嗅覚受容体は病気を嗅ぎ分けるのに役立つかもしれない。Science dailyより
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2022/04/post-125284.html

 

|

« 精子における走化性行動の分子機構:精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子より | Main | まとめ:精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子より »