« 1空気イオンが全身に作用する仕組み:月と風とプラスイオンとマイナスイオンより | Main | 香りを感知する嗅覚受容体は精子、心臓、皮膚、腎臓、腸などにあります。 »

October 08, 2022

2空気イオンが全身に作用する仕組み:月と風とプラスイオンとマイナスイオンより

The Moon, The Wind and Positive and Negative Ions

月と風とプラスイオンとマイナスイオン

https://conscioushealthnaturaltherapy.weebly.com/the-moon.html

How Air Ions Act On The Whole Person

2空気イオンが全身に作用する仕組み

When oxygen is absorbed via the lung alveolus, the ionized molecules are taken up like the normal oxygen molecules and pass into the blood corpuscles. The red blood corpuscle, whose hemoglobin is oxygenated by the air during respiration, receives also the ionized oxygen. The negative charge is carried throughout the body, whereas the positive charge may attack the blood platelets (thrombosis) which in sensitive patients releases the irritating hormone, serotonin.

酸素が肺胞から吸収されると、イオン化した分子が通常の酸素分子と同様に取り込まれ、血球の中に入っていきます。呼吸によって空気中のヘモグロビンが酸素化された赤血球にも、イオン化された酸素が供給される。このとき、マイナス電荷は全身に運ばれるが、プラス電荷は血小板を攻撃する(血栓症)可能性があり、敏感な患者は刺激性のホルモン、セロトニンを放出する。

Serotonin release produces dryness, burning and itching of the nose, nasal obstruction, headaches, dry, scratchy throat, difficulty in swallowing, dry lips, dizziness, difficulty in breathing, and itching of the eyes. Negative ions do not produce this unpleasant serotonin syndrome; they act directly on the respiratory enzyme, cytochrome oxidase, and promote cell respiration.

セロトニン放出は、鼻の乾燥、鼻がツーンとする感じおよび鼻のかゆみ、鼻づまり、頭痛、乾燥、喉のイガイガ、 嚥下困難、乾燥した唇、めまい、呼吸困難および目のかゆみを産生させます。マイナスイオンはこのような不快なセロトニン症候群を起こさず、呼吸酵素であるチトクロム酸化酵素に直接作用し、細胞の呼吸を促進します。

nasal obstruction 鼻づまり
scratchy throat 喉のイガイガ
difficulty in swallowing  嚥下困難
cytochrome oxidase シトクロム酸化酵素

All the tracheal changes attributed to positive air ions can be duplicated by the intravenous injection of serotonin. These effects can be reversed by treatment with negative air ions.

プラスイオンによる気管の変化はすべてセロトニンの静脈注射で再現することができます。これらの効果は、マイナスイオンで処理することにより、元に戻すことができる。

On the basis of these facts, it seems reasonable to postulate that positive air ions are 'serotonin releasers' and that a local accumulation of serotonin in the trachea is the immediate cause of the positive ion effect.

これらの事実から、プラスイオンはセロトニン放出物質であり、気管にセロトニンが局所的に蓄積されることがプラスイオン効果の直接的な原因であると考えるのが妥当であろう。

Negative air ions reverse positive ion effects by speeding up the rate at which serotonin oxydase is oxidized. Like other oxydase systems, monoamine oxydase is thought to consist of dehydrogenase linked to a respiratory chain reaction which may include cytochromes of flavones. Positive ionization of blood increased its serotonin release significantly.

マイナスイオンは、セロトニンオキシダーゼが酸化される速度を速めることで、プラスイオンの効果を逆手に取ります。他の酸化酵素系と同様に、モノアミン酸化酵素は、デヒドロゲナーゼとフラボンのシトクロムを含む呼吸連鎖反応とで構成されていると考えられています。血液をプラスにイオン化すると、セロトニンの放出が著しく増加します。

oxydase systems 酸化酵素系
monoamine oxydase モノアミン酸化酵素

With every breath, air ions are carried into your respiratory tract to be transferred across the lungs into the bloodstream where they are taken up by the thrombocytes. If they enter as part of molecules of oxygen, the negative ions or positive ions are transported by your red blood cells. Positive ions cause thrombocytes to release the allergy producing hormone serotonin (5-HT). Serotonin acts as a bronchial constrictor and slows the clearing action of the cilia thus allowing the mucus to thicken. If you are one of those many hay fever sufferers or have some other respiratory problem you'll find that serotonin greatly aggravates your condition. There is less clearing of allergens and pollutants from your respiratory tract than from the lungs of others.

呼吸のたびに空気イオンが気道に運ばれ、肺を越えて血流に移行し、血小板細胞に取り込まれる。酸素の分子の一部として入ってきた場合は、マイナスイオン、プラスイオンは赤血球によって運ばれます。プラスイオンは、血小板からアレルギー産生ホルモンであるセロトニン(5-HT)を放出させる。セロトニンは気管支を収縮させる作用があり、繊毛の掃除の働きを鈍らせ、粘液を濃くさせる。花粉症やその他の呼吸器系の疾患をお持ちの方は、セロトニンが症状を悪化させることがおわかりいただけると思います。アレルゲンや汚染物質が呼吸器官から排出される量は、他の人の肺から排出される量よりも少なくなる。
Thrombocytes 血小板。

It is this powerful and versatile neuro-hormone, serotonin, which is responsible for many of the unpleasant symptoms exhibited by persons breathing positively ionized, air. Some, particularly elderly people, may experience difficulty in breathing; asthmatics wheeze, rheumatic people feel their joints ache and in general, sleeplessness or insomnia, irritability and tension are increased. Hair and skin have an 'electric charge.' Migraine patients suffer with nausea and vomiting, and optical disturbances. Heart cases complain of palpitations, heart pain and oppression. Women before the age of menopause complain of hot flashes with sweats or chills. Hay fever patients get bad attacks of rhinitis with conjunctivitis, though this may not be the real hay fever season. Giddiness, tremor, and balance disturbances may appear, as well as diarrhea and a constant desire to urinate.

プラスにイオン化された空気を吸うと、多くの不快な症状を引き起こすのは、この強力で多様な神経ホルモンであるセロトニンなのです。特に高齢者では、呼吸困難、喘息、関節痛、不眠、イライラ、緊張などの症状が現れます。髪や皮膚は「電荷」を帯びています。偏頭痛の患者は、吐き気と嘔吐、視力障害に悩まされる。心臓の症例は、動悸、心臓の痛み、圧迫感を訴える。閉経前の女性は、発汗や悪寒を伴うほてりを訴える。花粉症患者は、本当の花粉症の季節でないにもかかわらず、結膜炎を伴う鼻炎のひどい発作を起こす。めまい、震え、平衡感覚障害、下痢、尿意などが現れる。

All this happens from stimulation of serotonin secretion by your being exposed to air containing
high densities of positive ions. Since negative ions are able to reverse the effects of positive ions by speeding up the rate at which serotonin is oxidized by stimulating the action of monoamine oxidase, it makes sense to stay in touch with quantities of negative ions whenever possible. As you will soon learn, this is done by employing negative ion generators and/or the application of negative hydrogen ions in liquid.

これはすべて、プラスイオンを多く含んだ空気に触れることで、セロトニンの分泌が促進されるためです。セロトニンの分泌が促進されるのです。マイナスイオンはモノアミン酸化酵素を刺激してセロトニンの酸化速度を速め、プラスイオンの作用を逆転させることができるため、できるだけ多くのマイナスイオンに触れるようにするとよいでしょう。すぐに分かるように、マイナスイオン発生器や液体中のマイナス水素イオンを利用することで、これを実現することができます。

In general, exposure to negatively ionized air has been shown to increase oxygenation of the lungs, increased vital capacity, and enhanced celiac activity. All types of beneficial responses take place as a result of friendly negative ions.

一般に、マイナスイオン化された空気への暴露は、肺の酸素化、生命力の増加、および強化された腹腔の活動を増加することが示されている。すべてのタイプの有利な応答は友好的なマイナスイオンの結果として起こります。

With an increase of negative ions you will experience a normalization of the activities of the endocrine glands, which plays an important role in reducing the effects of stress.

マイナスイオンの増加に伴い、ストレスの影響を軽減する上で重要な役割を果たす内分泌腺の活動の正常化を経験するでしょう。

A shift occurs in your body's indicators of the blood acid-base balance toward alkalinity. Your pH (potential of hydrogen) should be 7.5 on the 1 to 14 pH scale. Health resides there.

血液の酸塩基平衡のあなたの体の指標にアルカリ性へのシフトが起こる。あなたのpH(水素の電位)は、1から14までのpHスケールで7.5であるべきです。そこに健康が宿ります。

A sedating and pain relieving effect is experienced if you have undergone surgery or suffered burns.

手術や火傷をした場合、鎮静効果や痛みを和らげる効果があります。

Brain wave studies show an increase in brain amplitude with better thinking ability, a shift of alpha activity to the frontal area of the brain for better conceptual ability, and a higher synchronization of the right and left brain hemispheres for a more even balance of the personality.

脳波の研究では、思考力を高める脳の振幅の増加、概念的な能力を高める脳の前頭領域へのアルファ活動のシフト、人格のバランスをより均等にするための右脳と左脳半球の高い同期が示されています。
Your body better undertakes the metabolism of vitamins and shows an increase in both static and dynamic work capacity and endurance. All this, in part, contributing to better overall mental and physical health.

身体はビタミンの代謝をより良くし、静的・動的な作業能力と持久力が向上します。これらはすべて、部分的には、全体的な精神的・肉体的健康の向上に寄与しています。

セロトニン関連記事

Most of the body’s serotonin is circulating in the bloodstream, transported by blood platelets and is released upon activation.

体内のセロトニンのほとんどは、血小板によって運ばれて血液中を循環しており、活性化されると放出される。

Platelets are vital for regulating circulating serotonin levels in the plasma,

血小板は、血漿中の循環セロトニンレベルを調節するために不可欠です,

Plasma serotonin levels are associated with antidepressant response to SSRIs

血漿セロトニンレベルは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に対する抗うつ薬応答と関連している

|

« 1空気イオンが全身に作用する仕組み:月と風とプラスイオンとマイナスイオンより | Main | 香りを感知する嗅覚受容体は精子、心臓、皮膚、腎臓、腸などにあります。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1空気イオンが全身に作用する仕組み:月と風とプラスイオンとマイナスイオンより | Main | 香りを感知する嗅覚受容体は精子、心臓、皮膚、腎臓、腸などにあります。 »