« October 2022 | Main | December 2022 »

November 30, 2022

ホワイトフローラル系香水の精油成分インドール

Indole In Perfumery: Fecal Florals

https://www.cafleurebon.com/indole-in-perfumery-fecal-florals/

香水のインドール:糞便花

November 28, 2020

What gives florals their seductive power? Let me introduce you to a compound called indole.

フローラルに魅惑的なパワーを与えているのは何でしょうか。インドールという化合物を紹介しましょう。

Indole is, by definition, an aromatic heterocyclic compound which contains a six-membered benzene ring, fused to a five membered nitrogen-containing pyrrole ring.

インドールは、6員ベンゼン環と含窒素5員環ピロール環が縮合した芳香族複素環化合物と定義される。

aromatic heterocyclic compound 芳香族複素環式化合物
six-membered benzene ring 六員ベンゼン環
five membered nitrogen 含窒素5員環
pyrrole ringピロール環

If that doesn’t mean much to you, here’s the what you need to know; it smells.

もし、それがあなたにとってあまり意味のないことであれば、ここで知っておくべきことは、「匂い」です。

But, perhaps poop isn’t the best description for indole. In its pure, isolated form, Indole is more like a musty, wet, yet also a penetrating sharp-clean smell. A sort of odd combination of wet-dog, stale hot breath and moth balls all rolled into one. Yes, this compound does contribute to the smell of feces ( mixed together a cornucopia of other things ) but trace amounts are also founds in “White” florals, like Jasmines, Tuberose, Neroli, Orange Blossom Gardenia, etc. What really creates the signature aroma of #2 is really when high concentrations of indole are mixed with humidity and the surrounding decaying molecules found in poop.

しかし、インドールには、うんこという表現は似つかわしくないかもしれない。インドールは、純粋な単体の状態では、カビ臭く、湿ったような、それでいて、鋭い清潔感のあるにおいである。濡れた犬、臭い息、蛾の巣を1つにまとめたような、奇妙な組み合わせだ。 しかし、この化合物は、ジャスミン、チュベローズ、ネロリ、オレンジブロッサム、ガーデニアなどの「ホワイト」フローラルにも微量に含まれている。 2の香りは、高濃度のインドールが、湿度やウンコに含まれる腐敗した分子と混ざり合ったときに発生するものだ。

Poop うんち
Musty かび臭い

Here’s the interesting part – In trace amounts ( around >1% ), the stench of pure indole actually mellows, losing the mustiness and becoming more “floral”, more ambient. In perfume, natural oils that contain indole are often used to bring intrigue and a seductive edge to a scent. Providing an indescribable, underlying “animalic” note that allures to the primal senses, similar in a way to how pheromones work.

ここが面白いところなのですが、微量(約1%以上)であれば、純粋なインドールの悪臭は実際にまろやかになり、かび臭さが消え、より「フローラル」で、よりアンビエントな香りになります。香水では、インドールを含む天然オイルは、しばしば香りに陰謀と魅惑的なエッジをもたらすために使用されます。フェロモンと同じように、原始的な感覚を呼び覚ます、何とも言えない「動物的な」香りを提供する。

When it comes to perfume, indole serves a new purpose… It seduces.

香水に関して言えば、インドールは新たな目的を果たします...それは、誘惑すること。

I am a little embarrassed to write this, but poop can be sexy. It’s similar to being in a public restroom and having the unfortunate experience of smelling someone else’s last ‘performance’. It’s repulsive and visceral, but at the same time a small part of you is extremely curious, a little intrigued in a primal way- a “what IS that? What did they eat? Do I smell like that?“- sort of way. It’s biological- look at animals. Anyone who has ever lived with dog will tell you that they sniff poop. This helps them gain information about who this dog is, what they ate, are they healthy enough to mate with, etc. This sort of poop-information-finding technique rings true though many mammals.

こんなことを書くのは少し恥ずかしいのですが、ウンチはセクシーになります。公衆トイレで、他人の最後の「パフォーマンス」の匂いを嗅ぐという不幸な経験をするのと似ている。
嫌悪感と本能的であると同時に、あなたの中の小さな部分が非常に好奇心をそそられ、原始的な方法で少し興味をそそられます。彼らは何を食べたんだろう?この匂いは何だろう?これは生物学的なもので、動物を見てみましょう。犬と暮らしたことのある人なら誰でも、犬がウンチの匂いを嗅ぐことを言うでしょう。これは、この犬は誰なのか、何を食べたのか、交尾できるほど健康なのか、などの情報を得るのに役立つのです。このようなウンチの情報収集の手法は、多くの哺乳類に当てはまる。

White Florals are dirtiest.

ホワイトフローラル系は最も汚れている

White florals are just that – white. Gardenia, Jasmines, Hyacinth, Tuberose, Orange blossom all fall into this category of being extremely rich in indoles. However a few other friends in the flower kingdom also hold trace amounts of the compound, such as rose, lilac and honeysuckle.

ホワイトフローラルはまさにその通り、白い花です。クチナシ、ジャスミン、ヒヤシンス、チュベローズ、オレンジブロッサムなどは、インドールが非常に豊富であるため、このカテゴリーに分類されます。しかし、バラ、ライラック、ハニーサックルなど、花の王国の他の仲間たちも、微量のインドール化合物を有している。

Jasmine, however, might be the dirtiest.

しかし、ジャスミンは最も汚いかもしれません。

The essences of Jasmine, particularly the variety Jasmine Grandiflorum, is notorious for having a noticeable, STRONG indole note ( most jasmine oils contain around 2.5% of the pure stuff ). By no means do it smell like sniffing a toilet, but when faced with a pure jasmine oil, indole does bring a very noticeable wet- mustiness aroma, much like dirty, sweaty skin mixed into the narcotic floral-sweetness of fresh jasmine blooms. It can be unnerving in a way- it really makes you question you perception of scent and what is true. But this is where dilution makes things interesting.

ジャスミンのエッセンス、特にJasmine Grandiflorumという品種は、顕著に強いインドールノートを含有することで有名です(ほとんどのジャスミンオイルは、純粋なものを約2.5%含んでいます)。決してトイレの匂いを嗅ぐようなものではありませんが、ピュアなジャスミンオイルを前にしたとき、インドールは非常に顕著な湿ったかび臭い香りをもたらし、新鮮なジャスミンの花の麻薬的なフローラルな甘さの中に汚れた、汗ばんだ肌のような香りを混ぜます。それは、ある意味で不安なもので、香りの知覚と何が真実なのかを本当に疑わせるものです。しかし、これは希釈が物事を面白くする場所です。

Jasminum grandiflorum ジャスミン 和名オオバナソケイ
科名:モクセイ科 ソケイ属
原産地:南アジアのインドや、パキスタンのSalt Rangeという山とラワルピンディ地区500-1500mの標高に自生

As mentioned above, pure jasmine oil is roughly 2.5% pure indole. That’s a noticeable amount to any nose. But, think of the last time you’ve walked by blooming jasmine ( or even smelled a white lily or wild honeysuckle ). The scent is very pleasant, sweet, floral, seductive. Indole is in there, but in such a limited amount, that it only adds a seductive, “alive” quality that you come to associate with florals. There’s nothing toilet-y about it.

前述したように、純粋なジャスミンオイルは、およそ2.5%の純粋なインドールです。それは、任意の鼻に顕著な量です。 しかし、最後に咲いたジャスミン(あるいは、白ユリや野生のスイカズラの香り)のそばを通ったときのことを思い出してください。その香りはとても心地よく、甘く、華やかで、魅惑的だ。インドールがありますが、そのような限られた量では、それだけで魅惑的な、「生きている」品質、フローラルを関連付けるに来るを追加します。それについてトイレのようなものは何もありません。

Now take about 10,000 lbs of those jasmine flowers, and distill them into 2.2lbs of oil. All the same fragrant molecules are there, just much more concentrated. With indole being present at a more condensed level, the sexy-sultry edge of fresh flowers, now becomes muddled with a much mustier, dirty undertone. The key to indole’s seduction is in dilution.

今すぐそれらのジャスミンの花の約10,000ポンドを取り、オイルの2.2ポンドにそれらを蒸留する。同じ香りの分子がすべて存在し、より濃縮されています。インドールは、より凝縮されたレベルで存在し、新鮮な花のセクシーなエッジは、はるかにかび臭い、汚れた下地と混同されるようになります。インドールの誘惑の鍵は、希釈にある。

Indole and Serotonin

インドールとセロトニン

Perhaps the most interesting thing about Indole is its relationship to Serotonin. Indole is an intermediate that helps compose the the amino acid Tryptophan. Tryptophan is a precursor to the calming neurotransmitter serotonin. In short, the “indole ring”, as described in the beginning of this article, is found in the calming/happy serotonin chemical, also found in anti-depressants and foods like chocolate, dairy products and pumpkin seeds.

インドールについて最も興味深いのは、セロトニンとの関係であろう。インドールは、トリプトファンというアミノ酸の合成を助ける中間体です。トリプトファンは、心を落ち着かせる神経伝達物質であるセロトニンの前駆体である。つまり、冒頭で述べた「インドール環」は、抗うつ薬やチョコレート、乳製品、カボチャの種などの食品にも含まれる、心を落ち着かせ幸せにしてくれるセロトニンという化学物質に含まれているのです。

Not without controversy, Indole can be a polarizing scent. While some love the sometimes sharp, animalic edge it provides, others find it to be troublesome and cause headaches. For the indole-adverse crowd; There are non-indolic white floral scents out there- however they are generally not always natural. Synthetics fragrances can be synthesized without the indole compound or naturals can be fractionated to have it removed. All equally floral in their own right, however they can be a little flat and dry. That special, sparkling, life-like quality that REAL flowers exude is lost without the inclusion of our peculiar friend, Indole. So let’s appreciate this molecule for all the life that they bring to the party.

インドールには賛否両論がありますが、 インドールは好みが分かれる香りです。ある人は、時々、インドールの、鋭い、動物的なエッジさを愛するが、厄介で頭痛の種になる人もいます。インドール嫌いな群集のため;非インドールの白い花の香りがある-しかし、一般的に常に自然ではないです。インドール化合物を含まない合成香料や、インドール化合物を除去した天然香料もある。すべて同じフローラルの権利で、しかし、彼らは少しフラットと乾燥することができます。インドールという特殊な化合物が含まれていないと、本物の花々が放つ特別な輝きや生命力が失われてしまうのです。だから、この分子がパーティにもたらすすべての生命に感謝しよう。

Dirty, musty, and full of life. Thank you, indole.

汚くて、カビ臭くて、生命力に溢れている。ありがとう、インドール

This post originally published on MIZUbrand.com

この記事はMIZUbrand.comに掲載されたものです。


インドール関連記事

植物にとってのインドールの役割に興味を持ち調べてみて見つけた記事

Indole is an essential molecule for plant interactions with herbivores and pollinator

https://meddocsonline.org/journal-of-plant-biology-and-crop-research/Indole-is-an-essential-molecule-for-plant-interactions-with-herbivores-and-pollinators.pdf

インドールは植物が草食動物や花粉媒介者と相互作用するために不可欠な分子である

Indole biosynthesis and catabolism

インドール生合成と異化作用

植物では、インドールはシキミ酸経路を経て、トリプトファン(Trp)の生合成を経て生成されます

インドール分子は、神経伝達物質のセロトニン、ホルモンのメラトニン、人間の汗や花の香り成分など、多くの生体システムに組み込まれています[1,3]。植物では、Trpの生産から黄色い花弁の着色(テルペノイドインドールアルカロイド)、防御物質や香り物質の生合成など、多くの機能を担っています[4-7]。

食物と昆虫の化学的相互作用に関連して、インドールは草食動物に対する植物の防御に関わる抑止代謝物(例:ベンゾオキサジノイド、グラミン、グルコシノレート、セロトニン)の前駆体として機能し、さらにインドールは香りとして(受粉者や捕食者を引き付けるため)、または攻撃されていない植物組織に空中の植物免疫プライミング物質として放出される。インドールは植物の様々な機能に関与しているため、植物の適応度を決定する大きな要因であると考えられている。

| | Comments (0)

November 28, 2022

ホワイトフローラル系の香水

THE PERFUME OF WHITE FLOWERS

ホワイトフローラル系の香水

https://www.carrementbelle.com/blog/en/2022/02/02/perfume-white-flowers/

An ode to elegance and purity, a symbol of royalty and femininity, white flowers have been very popular with perfumers for many years. However, behind their apparent wisdom lie much richer, sensual and even daring facets! And some noses no longer hesitate to show this other “personality”. Let’s find out what’s inside the perfume of white flowers…

優雅さと純粋さへの頌歌、王族と女性らしさの象徴であるホワイトフラワーは、長年にわたって調香師に非常に人気があります。しかし、彼らの見かけの知恵の裏には、はるかに豊かで官能的で大胆な側面さえあります! そして、一部の香りはもはやこの他の「個性」を示すことを躊躇しません。ホワイトフラワーの香水の中身を探ってみましょう。

Portrait of flowers like no other

他にはない花のポートレート

The queens of floral notes

フローラルノートの女王たち

There is an incredible variety of floral notes in perfumery. We think in particular of the rosy nuances, created by the various types of rose or the peony. There are also powdery flowers, of which iris and violet are the perfect ambassadors. Others are more spring-like, such as narcissus or daffodil, while some give off spicier notes, such as carnation or immortal. But among all these notes, we find a category very appreciated by perfumers: white flowers. Unlike other floral nuances, they have a dual olfactory profile, between freshness and sensuality.

フローラルノートの女王たち香水には、実にさまざまなフローラルノートがあります。特に、さまざまな種類のバラやシャクヤクが作り出すローズ調のニュアンスを思い浮かべます。また、パウダー フラワーもあり、アイリスやバイオレットは完璧な大使です。水仙やラッパズイセンのような春らしい花もあれば、カーネーションやイモータル(ヘリクリサム)のようなスパイシーな香りを放つ花もある。しかし、これらの香りの中で、調香師たちが高く評価しているのが、ホワイトフラワーである。他の花のニュアンスとは異なり、フレッシュさと官能的な香りを併せ持つ。

POWDER FLOWERS:パウダー フラワー
rosy nuances ローズ調のニュアンス

The white flowers


ホワイトフラワー

In perfumery, white flowers refer to essences, extracted from flowers with light petals. These perfumed materials are generally obtained by steam distillation of plants. The most known are :

香水では、ホワイトフラワーは、軽い花びらの花から抽出されたエッセンスを指します。これらの香水は、一般的に植物の水蒸気蒸留法で得られます。代表的なものは以下の通りです。

Jasmine: an emblematic flower, jasmine is one of the ingredients most used by noses. Its fragrance is rich, quite sweet with fruity and solar undertone. It brings light and power to a fragrance.

ジャスミン: 象徴的な花であるジャスミンは、匂いで最もよく使われる原料のひとつです。ジャスミンの香りは、フルーティーで、ソーラーアンダートーンのニュアンスを持つ、濃厚でかなり甘い香りです。香りに光とパワーをもたらす。

The tiare flower: shrub from the Pacific, the tiare produces a flower with many virtues and a mesmerizing scent. Its absolute diffuses a sweet and floral smell with solar and exotic nuances, which is used to make monoi.

ティアレの花:太平洋に生息する低木で、多くの美点と魅惑的な香りを持つ花を咲かせます。そのアブソリュートは、太陽とエキゾチックなニュアンスを持つ甘くフローラルな香りを放ち、モノイの原料として使用されます。

tiare flower:ティアレフラワー(学名:Gardenia taitensis)

Tuberose: this bewitching charmer gives off a very feminine fragrance in which we can distinguish milky, solar accents but also honeyed and almondy notes. This ingredient is very powerful and persistent.

チュベローズ:この妖艶な魅力は、非常にフェミニンな香りを放ち、ミルキーでソーラーなアクセントと、ハニーやアーモンドのようなノートが感じられます。非常にパワフルで持続性のある香りです。

Ylang-ylang: this raw material distils a very powerful perfume, typical of white flowers with a solar, creamy and fruity side. But ylang-ylang also brings a spicy aspect and powdery nuances.
The frangipani flower: sacred flower of Asia, it delivers a divine perfume between freshness and vanilla scents with almond tones that makes it subtly gourmand. It is the exotic white flower par excellence.

イランイラン:この原料は、ソーラー、クリーミー、フルーティーな側面を持つ白い花の典型的な、非常にパワフルな香りを蒸留します。しかし、イランイランはスパイシーな側面も持ち、パウダリーなニュアンスを与えます。

The frangipani flower: sacred flower of Asia, it delivers a divine perfume between freshness and vanilla scents with almond tones that makes it subtly gourmand. It is the exotic white flower par excellence.

フランジパニは、アジアの聖なる花で、フレッシュさとバニラの香りの間に、アーモンドのトーンを加えた、ほのかにグルメな香りを漂わせる神聖な香りを提供します。エキゾチックな白い花の代表格です

Orange blossom and neroli: these different ingredients come from the bigaradier tree, which produces the bitter orange. Both fresh and tangy, these materials have been adored for hundreds of years. Discover all their secrets here.

オレンジブロッサム、ネロリ:ビターオレンジを生産する橙の木から採れる成分です。フレッシュでピリッとしたこれらの素材は、何百年も前から愛されてきました。その秘密は、ここにあります。

Gardenia: Coco Chanel’s favorite flower, its essence is mainly used in high-end feminine creations. Its fragrance is subtle but persistent, with green and fruity tones, sometimes with metallic accents.

ガーデニア: ココ・シャネルが最も愛した花で、そのエッセンスは主に高級フェミニン製品に使用されています。グリーンとフールーティなトーンに、時にはメタリックなアクセントを加えた香りは、繊細でありながら持続性があります。

Magnolia: still little used in perfumery, the magnolia is nevertheless an ingredient that does not lack interest! Its solar and sensual perfume is quite fleeting. It brightens up compositions with its vegetal and floral notes, quite delicate.

マグノリア: 香水ではまだあまり使われていませんが、マグノリアの香りはとても興味深いものです。太陽的で官能的な香りは、非常に儚いものです。植物的でフローラルな香りは、とてもデリケートでコンポジションを明るくしてくれます。

There are other lesser-known or little-used white flowers that are just as rich and sensual. This is the case with white rose, osmanthus or some muted flowers such as lily of the valley or honeysuckle.

あまり知られていない、あるいはあまり使われていないホワイトフラワーで、同じように豊かで官能的なものがあります。ホワイトローズ、オスマンサス、スズランやハニーサックルのような控えめな花もそうです。

The use of white flowers in perfumery

香水におけるホワイトフラワーの使用

Between purity and sensuality

純粋と官能の狭間で

A staple of perfumery for centuries, white flowers were first favored by noses for their elegant and refined image. Their immaculate whiteness evokes virginal purity and is often found in the bridal bouquet. As the absolute essence of femininity, the scent of white flowers has long been reserved for wise, even candid fragrances. However, if elegance defines them, sensuality also applies to these ingredients which are far from being as chaste as they seem!

何世紀にもわたって香水の定番となっているホワイトフラワーは、その優雅で洗練されたイメージから鼻に好まれるようになった。その無垢な白さは、処女のような純粋さを想起させ、ブライダルブーケにもよく使われる。女性らしさの絶対的なエッセンスとして、ホワイトフラワーの香りは長い間、賢明な、率直な香りのために確保されています。しかし、エレガントであることはもちろん、官能的であることもホワイトフラワーの特徴であり、見た目ほど清純ではない。

Indeed, white flowers also reveal a fragrance with an exacerbated sensuality. Almost all white flowers naturally contain indole, an olfactory molecule with an animal scent. Subtly dosed, this organic compound brings a very wild, even sexual aspect. Aware of this olfactory paradox, perfume designers have been moving away from the wisdom of white flowers for several years. They now use them in much more assertive compositions.

ホワイトフラワーは、官能的な香りでもあるのです。ほとんどのホワイトフラワーは、インドールという動物の香りを持つ嗅覚性分子を自然に含んでいます。この有機化合物をさりげなく配合することで、非常に野性的で、性的な側面さえも持つようになるのです。この嗅覚のパラドックスに気づいた香水デザイナーは、数年前からホワイトフラワーの知恵から脱却しつつある。現在では、より主張の強いコンポジションで使用されている。

Olfactory associations of white flowers

ホワイトフラワーの香りの関連性

Thanks to their great richness, the fragrance of white flowers can be combined very easily with many accords. They can highlight warm and oriental notes such as ambergris, vanilla or tobacco. Also, these sunny essences accompany marvelously the spicy nuances or the fruity ingredients. Moreover, they bring a lot of depth and hold to the citrus compositions. The different white flowers also have the ability to match each other very well, thanks to their similar olfactory composition. Perfumers can create bouquets of white flowers, which they usually position at the middle note of the fragrance to give it relief.

ホワイトフラワーの香りは、その豊かさのおかげで、多くのアコードと簡単に組み合わせることができます。アンバーグリス、バニラ、タバコなど、温かみのあるオリエンタルな香りを際立たせることができます。また、この太陽のようなエッセンスは、スパイシーなニュアンスやフルーティーな成分を見事に調和させます。さらに、シトラス系のコンポジションに深みとホールド感を与えます。ホワイトフラワーは、香りの構成が似ているため、互いによく調和することができます。調香師は、白い花の花束を作ることができ、通常、香りのミドルノートに置いて、安心感を与える。

Ambergris:アンバーグリス、竜涎香{りゅうぜんこう

用語
インドール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB

インドール(Indole)は、分子式 C8H7N、分子量 117.15 で、ベンゼン環とピロール環が縮合した構造をとる有機化合物である。窒素原子の孤立電子対が芳香環の形成に関与しているためインドールは塩基ではない。

一般的性質

インドールは室温では固体だが、大便臭を発散する。実際大便のにおいの成分にもインドールが含まれる。ところが非常に低濃度の場合は花のような香りがあり、オレンジやジャスミンなど多くの花の香りの成分でもあって[1]、香水に使われる天然ジャスミン油は約2.5%のインドールを含む[要出典]。現在では合成インドールが香水や香料に使われている。またコールタールにも含まれる。

インドールはバクテリアによってアミノ酸の1種、トリプトファンの分解産物として生産される。

インドールの構造(インドール環)はいろいろな有機化合物、特に生体物質に含まれる。この中にはトリプトファンやインドールアルカロイドなどがある。

対応する置換基はインドリル基と呼ばれる。 インドールは求電子置換反応を3位に受けやすく、インドールに置換基のついた構造はトリプトファンに由来する神経伝達物質のセロトニンやメラトニン、麦角アルカロイド(またそれをもとに合成されたLSD)など幻覚作用を示すアルカロイドに含まれる。また植物ホルモンの一種オーキシン(インドリル-3-酢酸、IAA)のほか、人工化合物では非ステロイド性抗炎症剤のインドメタシン、βブロッカーのピンドロールなどにも含まれる。

インドールの名は植物由来の染料であるインディゴ(酸化されたインドール分子2個が連結した構造をもつ)に由来する。

| | Comments (0)

November 26, 2022

ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史

NEROLI PERFUME:PROPERTIES, DISTILLATION, AND HISTORY

https://naturalnicheperfume.com/blog/neroli-perfume-properties-distillation-and-history/

ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史

Neroli perfume is made from the essence or essential oil derived from the orange blossoms that are harvested from the bitter orange trees. The natural fragrance of these white flowers offers the pleasure of enjoying a pleasant aroma to a very few lucky people who truly love and choose natural perfumes of neroli.

ネロリ香水は、ビターオレンジの木から収穫されたオレンジの花に由来するエッセンスまたは精油から作られています。これらの白い花の自然な香りは、ネロリの天然香水を本当に愛して選ぶごく少数の幸運な人々に、心地よい香りを楽しむ喜びを提供します。

The unique olfactory notes of orange flowers emanate distinctive floral and citrusy scents, making it one of the most used natural substances in natural perfumes.

オレンジの花は独特な嗅覚の香りと柑橘系の香りを放ち、天然香水で最も使用されている天然物質のひとつである。

It’s not only the scents that make neroli a favorite in perfumery historically but also the physical and mental health benefits of neroli essential oil beyond its evocative fragrances. Here we will explore more about neroli perfumes along with their properties, distillation, and history. So let’s get started.

ネロリは香水として歴史的に愛されてきただけでなく、ネロリ精油はその記憶や感情を呼び起こす香りの他にも、心身の健康に役立つと言われています。ここでは、ネロリ香水について、その特性、蒸留法、歴史とともに詳しく探っていきます。それでは、はじめましょう。

Neroli perfume: Properties

ネロリ香水:特性

Along with its evocative nature, neroli essential oil possesses many subtle medicinal properties that may include antioxidant, anti-inflammatory, anti-aging, antimicrobial, rejuvenating, and soothing among others, making it an ideal agent for aromatherapy with the ability to promote psychological wellbeing through alleviating anxiety and stress.

その記憶や感情を呼び起こす性質に加えて、ネロリ精油は、抗酸化、抗炎症、アンチエイジング、抗菌、若返り、なだめるような多くの微細な薬効成分を有し、不安やストレスを緩和することによって心理的幸福を促進する能力を持つアロマセラピーの理想的な薬剤となっています。

The natural scent of neroli can instill an earnest feeling of calmness, relaxation, and well-being on a more soulful level. In certain cultures, such as Chinese for example, it is believed that the scent of neroli has the capacity to enhance feelings of love and tranquility.For this reason, the uses of neroli perfumes have been found deeply associated with romance and perhaps this is the reason, as well as for the white color of its flowers, why neroli is symbolically used in weddings as a sign of purity, fertility, and moral virtue in traditional cultures.

ネロリの自然な香りは、より深い魂レベルでの落ち着き、リラックス、幸福感を与えることができます。特定の文化では、たとえば、中国など、ネロリの香り愛と静けさの感情を高める能力があると考えられています。このため、ネロリ香水の用途は、ロマンスと深く関連付けられていて、おそらくこれは、花の白い色と同様に、なぜネロリ伝統的な文化の純粋さ、豊饒、道徳的な美徳の兆候として結婚式で象徴的に使用される理由であります。

Apart from diverse mental and psychological benefits, neroli has surprising physical benefits as well. The antioxidant effects of neroli can help protect the human body and brain from damages caused by free radicals and other environmental stressors such as air pollution and sun rays, which is why it is widely used as a profound anti-aging ingredient to help reduce the appearance of aging such as fine lines and wrinkles on the skin.

多様な精神的および心理的効果とは他に、ネロリには驚くべき身体的効果もあります。ネロリの抗酸化作用は、フリーラジカルや大気汚染や太陽光線などの他の環境ストレス要因によって引き起こされる損傷から人体と脳を保護するのに役立つため、皮膚の小じわやしわなどの老化の出現を軽減するための深い抗老化成分として広く使用されています。

Neroli essential oil can help reduce inflammation with its tremendous anti-inflammatory properties and may help with easing various inflammatory symptoms such as pain and sore muscles. As a potent natural stress reliever, aromatherapy clinicians widely recommend neroli oil to reduce migraines or headaches as well as for clearing sinuses in people who have a cold.

ネロリ精油は、その優れた抗炎症作用で炎症を抑え、痛みや筋肉痛みなど、さまざまな炎症症状の緩和を助けると考えられています。また、アロマセラピーの臨床家は、ストレス緩和のために、片頭痛や頭痛、風邪をひいたときの副鼻腔の洗浄に、ネロリ精油を広く推奨しています。

Neroli perfume: Distillation

ネロリ香水:蒸留

In late April to early May, the orange flowers are harvested and gathered for extraction, usually by handpicking from the bitter orange tree, botanically known as Citrus aurantium bigaradia or amara. The essential oil of neroli used in perfumery is usually obtained through steam distillation or hydro distillation from the flowers of the trees. Though sometimes the oil is extracted through the method of solvent extraction or enfleurage.

4月下旬から5月上旬にかけて、オレンジフラワーは通常は学名Citrus aurantium bigaradia or amaraとして知られているビターオレンジの木から手摘みで収穫され、抽出のために集 られます。香水に使用されるネロリ精油は、通常、木の花から水蒸気蒸留法または水蒸留法で得られます。しかし、溶剤抽出やアンフルラージュという方法で抽出されることもあります。

Enfleurage is a process in which odorless fats are used to capture the fragrant compounds naturally exuded by the orange flowers. The process of enfleurage can be both “hot enfleurage” as well as “cold enfleurage”. Today, the method of enfleurage is rarely used to produce neroli essential oil because of the high costs.

アンフルラージュは、無臭の油脂を使用して、オレンジの花から自然に滲み出る香りの成分を捕らえるプロセスである。アンフルラージュの工程には、「ホットアンフルラージュ」と「コールドアンフルラージュ」の両方がある。現在、ネロリ精油の製造にアンフルラージュの方法が用いられることは、コストが高いため、ほとんどありません。

The production of neroli perfume oil is very limited and its costs are higher than many other perfume ingredients. Neroli oil is mainly produced in Morocco and Tunisia, supplying more than 90% of worldwide demand, making them leading producers of neroli worldwide.

ネロリ香水の生産量は非常に限られており、そのコストは他の多くの香水原料よりも高いのです。ネロリ油の主な生産地はモロッコとチュニジアで、世界需要の90%以上を供給しており、世界のネロリの主要生産地となっています。

Neroli perfume: A brief history

ネロリ香水と簡単な歴史

Neroli essential oil has long been used throughout history since the ancient civilization of Egypt when Ancient Egyptians used it for spiritual, wellbeing, and health purposes. The bitter orange tree is assumed to have originated on the foot of the Himalayas and first introduced to Europe by Genoese travelers.

ネロリ精油は、古代エジプト文明から長い間、霊的、ウェルビーイング、健康目的で使用されてきました。ビターオレンジの木はヒマラヤの麓が原産地で、ジェノバの旅人によって初めてヨーロッパに紹介されたと推測されています。

In the 10th century, the bitter orange tree arrived in Al-Andalus by the Arabs and it was set permanently in the Iberian Peninsula. Over the centuries, eventually, it became the emblematic tree of Andalusia, more specifically of Seville, which is why it is otherwise known as the Seville orange tree.

10世紀、アラブ人によってアル・アンダルシア地方にもたらされたビターオレンジの木は、イベリア半島に定着することになりました。何世紀もかけて、やがてアンダルシア、特にセビリアを象徴する木となり、そのためセビリアオレンジの木として別称されるようになりました。

But it was the 17th century when neroli gained significant fame as a fashionable perfume. The orange blossom received its name “neroli” from the Italian town of “Nerola” in honor of its Princess Anne Maria de la Tremoille who was famous for her nickname “Princess of La Nerola”.

しかし、ネロリがおしゃれな香水として大きな名声を得たのは17世紀のことである。オレンジの花は、イタリアの町「ネローラ」の王女アンヌ・マリア・ド・ラ・トレモイユにちなんで「ネロリ」と呼ばれるようになり、「ラ・ネロラの王女」の愛称で有名であった。

This Italian Princess fell in love with bitter orange flowers and became obsessed with their freshness. She was the first person who made neroli essential oil through the distillation of orange flowers and soon it was developed as her favorite signature scent. With this precious essence of neroli, she would perfume everything around her surroundings including her gloves, bathwater, clothes, and palace, and her high influence made neroli a fashionable perfume in the world.

このイタリアの王女は、ビターオレンジの花に夢中になり、そのみずみずしさに取り憑かれた。彼女はオレンジの花を蒸留してネロリの精油を初めて作り、やがて彼女のお気に入りの代表的な香りとして開発されました。この貴重なネロリのエッセンスで、手袋、浴槽の湯、衣服、宮殿など身の回りのものすべてに香りをつけ、彼女の高い影響力によってネロリは世界の流行香水となったのである。

Final words

最後の言葉

Neroli perfume represents a surprising harmony of citrus and floral with unique hints of spices and honey although delicate, distinctive, and utterly refreshing.Neroli is one of the most widely used ingredients in natural perfumery.It tells a unique story, not only about each person who wears it but also about the long history of perfume. The neroli essential oil is widely used in aromatherapy for its prevalent ability to enhance mental as well as physical wellbeing. It may help relieve stress and anxiety and promote relaxation physically as well as mentally. It can also evoke deep feelings of love and romance which is why it is traditionally used in certain cultures at weddings to symbolize purity, virginity, and moral virtue.

ネロリ香水は、柑橘系とフローラルの驚くべきハーモニーを表現し、スパイスと蜂蜜のユニークなヒントが繊細で、独特の、全くさわやかな。ネロリは、天然香水で最も広く使用される成分の一つです。ネロリ香水を身につける各人についてだけでなく、香水の長い歴史についてのユニークな物語を語っています。ネロリ精油は、身体的だけでなく精神的な健康を増進させる効果があるとして、アロマセラピーに広く用いられています。ストレスや不安を和らげ、肉体的にも精神的にもリラックスを促す効果が期待できます。また、愛とロマンスの深い感情を呼び起こすことから、特定の文化圏では、純潔、処女性、徳の象徴として結婚式に伝統的に使用されています。

| | Comments (0)

November 24, 2022

CaFleureBon:香水のバラ+バラ描画の名前

CaFleureBon: Roses in Perfumery + The Name of The Rose Draw

https://www.cafleurebon.com/cafleurebon-roses-in-perfumery-the-name-of-the-rose-draw/

CaFleureBon:香水のバラ+バラ描画の名前

Most people complain that roses have thorns, I am only grateful that thorns have roses. Alphonse Karr

ほとんどの人はバラにとげがあると不平を言いますが、棘にバラがあることに感謝するのみです。アルフォンス・カール

Classic, elegant, evocative, and richly floral – it’s nearly impossible to describe the scent of a rose fresh from the garden and just as difficult to capture that scent. They are representative of love, of passion and of elegance.

クラシックで、エレガントで、喚起的で、豊かにフローラル - 庭から新鮮なバラの香りを説明することはほとんど不可能であり、その香りを捉えることは同じくらい困難です。 バラは愛、情熱、優雅さの代表です。

Roses are an ancient flower, perhaps as much as 35 million years old and including up to 150 species mostly from the northern hemisphere. They have been cultivated for perhaps 5000 years, beginning in China,(Confucious included roses in his writing in 500 BC) and have been used as expressions of love, for enjoyment, for medicinal purposes, for confetti, and for decoration. The world’s oldest rose that is growing today is said to be a dog rose in Hanover, Germany growing up the side of a cathedral and dating from the 9th century.
The largest rose is perhaps a Lady Banksia in Tombstone, Arizona that covers 8,000 square feet, produces hundreds of small white flowers, and came from Scotland in 1885. The Musk Rose (Rosa moschata) is an early, single bloomed species that may have been an ancestor to many of our modern roses. The French or Apothecary rose (Rosa gallica) once bloomed wild through Europe and Asia and can still be found there. The damask rose (Rosa damascena) is one of the earliest roses, descended from Rosa gallica with perhaps some musk rose and Apothecary rose in the background.White roses (Rosa alba) were famous during the War of the Roses and descended from early mixture of the older dog, damask and gallica roses. Rosa centifolia or Rose de Mai is the cabbage rose with many petals.

バラは古くからある花で、おそらく3500万年前のもので、北半球を中心に150種ほどあると言われている。 中国(紀元前500年、孔子の著書にバラが登場)から5000年ほど前から栽培され、愛情表現、観賞、薬用、フラワーシャワー、装飾などに使われてきたという。現在生育している世界最古のバラは、ドイツ・ハノーバーの大聖堂の脇に生えているイヌバラ(Rosa canina)で、9世紀のものと言われている最も大きなバラは、アリゾナ州トゥームストーンにあるレディバンクシア(モッコウバラ)で、1885年にスコットランドから持ち込まれ、8000平方フィートの面積に数百の小さな白い花を咲かせたものであろう。ムスクローズ(Rosa moschata)は、早咲きの一重咲きで、多くのモダンローズの祖先であると思われる。フレンチローズまたは薬用バラ(Rosa gallica)は、かつてヨーロッパやアジアに自生していたバラで、現在でも見ることができます。ダマスクローズ(Rosa damascena)は、最も古いバラの一つです。ムスクローズおよび薬用ローズを背景に、ロサ・ガリカの子孫にあたります。ホワイトローズ(Rosa alba)は、バラ戦争で有名で、古いのバラ、ダマスクローズ、ガリカローズの初期の混合種の子孫である。 ロサ・ケンティフォリアまたはローズドメイは、花弁の多いキャベジローズの一種。

イヌバラ (Rosa canina) はバラの一種。学名からロサ・カニーナとも呼ばれる。ヨーロッパ・北アフリカ・西アジアに自生する。
モッコウバラ(木香茨、木香薔薇、学名:Rosa banksiae)は、中国原産のバラ。種小名は植物学者ジョゼフ・バンクスの夫人にちなむ
上記はウィキペディアより
Rosa gallica :Apothecary rose薬用バラ

The Chinese rose is Rosa chinensis and gave rise to the Tea rose, providing important new characteristic to the European roses – repeat blooming and hardy evergreen foliage. Nearly all modern roses derive from these China roses.The scent of roses may be the heart of a perfume created to exhibit its rich lushness but rose extracts are also used as a modifier for roundness or smoothness. Main rose species used in essential oil production include damask rose, Apothecary’s or French rose, Rose de mai, white rose, China, and Musk rose. In producing the essential oil or otto, much care is taken to maintain the fullness of the scent. Flowers are picked early in the morning from pre-dawn until about 10:30 am and flowers that are fresh and in full bloom are chosen. The flowers are taken to the distillery every morning and are chilled, then distilled as soon as possible. One kg rose oil is obtained from 3000 to 4000 kg of damask rose petals, which are the highest yielding flowers. Solvent extraction obtains about 10 times as much fragrant material making the absolute or concrete, both products of solvent extraction, less expensive than the distilled otto or rose oil. The word rose attar can mean two different things, either the essential oil of rose or the process of distilling roses into sandalwood. Attar of rose has a gorgeous scent with the floral, honey and buttery richness of roses and sandalwood intimately combined.

中国のバラはRosa chinensis(ロサ・キネンシス)で、ティーローズを生み出し、繰り返し咲き、常緑で丈夫な葉というヨーロッパローズに新しい重要な特徴を与えた。 モダンローズのほとんどは、このチャイニーズローズに由来している。バラの香りは、その豊かさを表現するために作られた香水の中心であるかもしれませんが、バラのエキスは丸みや滑らかさを表現するための調整剤としても使用されています。精油に使われる主なバラの種類は、ダマスクローズ、アポセカリーローズ(薬用バラ)または(フレンチローズ)、ローズドメイ、ホワイトローズ、チャイナローズ、ムスクローズなどです。精油(オットー)の製造では、香りのふくよかさを保つために多くの注意が払われる。花は夜明け前から10時半頃までの早朝に摘み取られ、新鮮で満開の花が選ばれる。 花は毎朝蒸留所に運ばれ、冷やされた後、できるだけ早く蒸留される。最も収穫量の多いダマスクローズの花びら3000〜4000kgから、1kgのローズオイルが得られる。溶剤抽出の場合、約10倍の香気成分が得られるので、溶剤抽出のアブソリュートやコンクリートは、蒸留したオットーやローズオイルよりも安価に入手できる。ローズアッターという言葉には、バラの精油という意味と、蒸留したローズをサンダルウッドに混ぜる工程という意味が2つある。 ローズアッターは、バラのフローラルな香り、ハチミツやバターのようなリッチな香り、サンダルウッドが密接に結びついた華やかな香りを持つ。

Rosa chinensis ロサ・キネンシス
Rose de mai ローズドメイ:Rosa centifoliaロサケンティフォリア
Concretes コンクリート
花、葉、草、根、樹皮等を揮発性溶剤を用いて芳香成分を抽出し、低温、減圧下で溶剤を除去して、濃縮芳香成分を含むワックス状コンクリートのものを得る。これをコンクリートオイル、略してコンクリートという。コンクリートをアルコールで処理して、香気成分を取り出したものをアブソリュートという。香りの事典より

In perfumery there are two popular and readily available, though quite expensive, types of roses used. Rosa centifolia or Rose de Mai is usually found as an absolute (alcohol wash of a solvent-extract) with a rich sweet, true and deep rose scent and an odor that is described as tenacious. There are very slight hints of spice and honey. It is generally cultivated in Morocco, France and other European and Asian countries and is available in limited quantities as an essential oil. Rosa damascena is the familiar rose from Bulgaria and Turkey that is also used to produce the ‘otto’ or essential oil of rose. It is the primary rose used for production of essential oil, obtained from distillation. Turkey has been producing ‘Turkish Rose Oil’ for over 120 years. The otto is generally a pale yellow or light green liquid with a tendency to form crystals at lower temperatures. It has a warm, very deep and very rich fragrance, slightly spicy and honeylike. It is a true representation of a red rose. The absolute from this rose is described as warm, rich, spicy –floral and also possessing hints of honey and is usually orange or orange-red in color. When diluted it can be quite diffusive and may exhibit its odor best at low dilutions.

香水で使われるバラは、高価だが入手しやすい人気の高い2種類である。ロサケンティフォリアまたはローズドメイ は、通常、 アブソリュート(溶剤抽出物のアルコール洗浄) として豊かな甘い、本当の奥深いバラの香りと粘りとして記述されているごくわずかにスパイスとハチミツの香りがする。 モロッコ、フランスなどヨーロッパ、アジアで一般的に栽培されており、精油として限られた量しか入手できません。 ダマスクローズは、ブルガリアやトルコでおなじみのバラで、「オットー」やローズの精油の生産にも使用されています。蒸留して得られる精油生産に使われる主要なバラです。トルコでは120年以上前から「トルコローズオイル」を生産しています。オットーは一般的に淡い黄色または淡い緑色の液体で、低温で結晶を形成する傾向があります。 温かみがあり、非常に深みのある、わずかにスパイシーでハチミツのような香りがします。まさに赤いバラを表現しています。このバラのアブソリュートは、暖かく、豊かで、スパイシーな花のような、またハニーのヒントを持つと表現され、通常オレンジまたはオレンジレッド色をしています。 希釈するとかなり拡散し、低い希釈率でその香りを最もよく発揮することができます。

The concretes (solvent extract) of damascena and centifolia are similar to the absolutes but may be slightly more true to the rose scent. Musk rose (Rosa moschata) has an earthy, musky rose scent and is difficult to find. The rare Taif roses grow in Saudi Arabia and are likely a variety of damask rose. They are delicately pink and highly perfumed. Both rose oil and rose water are made from these roses and the yield is much lower than other damask roses.
Rose oils and absolutes are often extended or adulterated with other rose-smelling essential oils and extracts including rose geranium, an herb and palmarosa which is a grass. Geranium, especially the bourbon or rose variety, provides a lovely, rosy scent that is also slightly herbal. Palmarosa or palma rosa is commonly used in less expensive applications including soap making or skin product

ダマスクローズとケンチフォリアのコンクリート(溶剤抽出物)はアブソリュートに似ているが、バラの香りにやや忠実なのかもしれない。 ムスクローズ(Rosa moschata)は土っぽい麝香のようなバラの香りで、入手が困難である。サウジアラビアでは珍しいタイフのバラが栽培されており、ダマスクローズの一種と思われる。 繊細なピンク色で、香りが強い。 ローズオイルもローズウォーターもこのバラから作られるが、他のダマスクローズと比べると収量はかなり少ない。ローズオイルやアブソリュートは、ハーブのローズゼラニウムや草のパルマローザなど、他のバラの香りの精油やエキスで拡張したり不純物を入れたりすることが多い。 ゼラニウム、特にバーボンまたはローズ品種は、美しい、バラ色の香りを提供し、またわずかにハーブ調です。 パルマローザは、石鹸やスキンケア製品など、あまり高価でない用途によく使われます。

| | Comments (0)

November 21, 2022

香水と魔術:謎の物語

PERFUME AND WITCHCRAFT: A TALE OF MYSTERY

https://sillagesparis.com/blog/perfume-and-witchcraft-a-tale-of-mystery/

香水と魔術:謎の物語

Imbued with an aura of mystery since antiquity, perfume continues to mesmerize the senses. This is why, over the centuries, it has often been associated in one way or another with some form of sorcery. Perfume and witchcraft are both invisible, yet their effect on our emotions is powerful. We cannot escape a smell, just as we cannot escape a spell.

古代より神秘的なオーラを放つ香水は、5感を魅了し続けている。そのため、何世紀もの間、香水は何らかの形で魔術と結び付けられることが多いのです。香水と魔術はどちらも目に見えないものですが、私たちの感情に与える影響は強力です。呪術から逃れられないように、私たちは香りから逃れることはできないのです。

Perfume: witchcraft that repels evil

香水:悪を撃退する魔術

Fragrances to fight evil

悪と戦うための香り

With witchcraft, a bad spell can be undone by a counter-spell. In the same way, for centuries, it was believed that a scented breastplate could protect against certain spells. You can still find anti-spell scents on the Internet today! Whether you believe it or not, the idea is interesting And it says a lot about the power of perfume on humans.

魔術では、悪い呪文は対抗呪文によって元に戻すことができます。同様に、何世紀にもわたって、香りのする胸当ては特定の呪文から保護することができると信じられていました。あなたはまだ今日でもインターネット上で対抗呪文の香りを見つけることができます。
あなたがそれを信じるかどうかにかかわらず、アイデアは面白いです。そして、それは人間に対する香水の力について多くを語っています。

counterspell 対抗呪文

In fact, wearing perfume can be like putting on armour that protects us from the outside world. Many customers have shared this vision of perfume with us! Their perfume is their armour, without which they feel naked. And wearing perfume also means protecting yourself from external aggressions. So our perfume creates a halo or a kind of bubble around us, in which we feel comfortable. When the surrounding odours are unpleasant, smelling our perfume soothes us.

実際、香水を身に着けることは、私たちを外界から身を守る鎧を身に着けているようなものです。多くのお客様が香水のこのビジョンを私たちと共有しています。彼らの香水は彼らの鎧であり、それなしでは彼らは裸になったような気がする。そして香水を身に着けることは、外部からの攻撃から身を守ることも意味します。だから私たちの香水は、私たちの周りのハロー効果や一種の泡を作り出し、そこで私たちは快適に感じます。周囲の香りが不快なとき、私たちの香水の香りが私たちを落ち着かせます。

Halo 後光

It’s therefore not surprising that the idea of perfume as a bulwark against evil spells has developed! Or the belief that certain smells can ward off evil. The Devil, who lives in a putrid and stinking place (according to these famous sources), would be disturbed by scents that smell good.

したがって、邪悪な呪文に対する防波堤としての香水のアイデアが発展したことは驚くことではありません!あるいは、特定の香りが悪を追い払うことができるという信念。腐敗して臭いのする場所に住んでいる悪魔(これらの有名な情報源によると)は、良いにおいがする香りに邪魔されます。

Perfumes to invoke good

良いものを呼び起こす香水

One of the very first uses of perfume in history was as a messenger of the divine. In fact, the first perfumers were none other than priests. And the “perfumes” they prepared were intended to create channels of communication with the Beyond. For the Egyptians, these were ointments and the embalming process. By embalming the bodies (making them into mummies), they were allowed to become Gods. They thus became “Perfumed”.

香水が歴史上最初に使われたのは、神の使者としての役割だった。実際、最初の調香師は司祭にほかなりません。彼らが調合した「香水」は、あの世との交流の道を開くためのものでした。エジプトでは、軟膏と防腐処理がそれにあたります。遺体を防腐処理する(ミイラにする)ことで、彼らは神となることを許された。こうして、彼らは「香水」となった。

In the Greco-Roman civilization, perfumes were truly the privileged means of communication with the Gods. The smoke of the incense rose towards them and transmitted the prayers and requests of humans to them. Burning incense or other preparations was, therefore, a way of paying homage to and invoking them. Food was an offering to satisfy their hunger, wine quenched their thirst, and perfumes spoke to their spirits.

グレコ・ローマ文明では、香水はまさに神々との特権的なコミュニケーション手段であった。香の煙は神々に向かって立ち昇り、人間の祈りや願いを神々に伝えた。だから、香や調合品を焚くことは、神々に敬意を表し、呼びかけることであった。また、食べ物は空腹を満たすための供え物であり、ワインは喉の渇きを癒し、香水は彼らのスピリットに語りかけるものであった。

Perfumes to cure disease, witchcraft that protects

病気を治す香水、守る魔術

Throughout history, perfume has been used to heal and protect from disease. In the Middle Ages, it was believed that the pores of the skin made it permeable to bacteria and diseases of all kinds, which allowed them to enter the body directly. Perfume was, therefore, able to act on both these levels. On the other hand, it was believed that bad smells carried diseases, and that by wearing perfume, you could protect yourself from evil.

歴史を通して、香水は病気を癒し、守るために使われてきた。中世では、皮膚の毛穴はあらゆる種類の細菌や病気に対して透過性があり、それらが直接体内に入り込むと考えられていた。そのため、香水はこの2つのレベルで作用することが可能だった。一方、悪臭は病気を運ぶと考えられ、香水をつけることで魔除けになると考えられていた。

For example, to protect oneself against the dangers of the plague, it was necessary to spend a little time in the toilet in the morning. First, you had to rub vinegars and ointments on your body. Then you had to ingest, drink and chew various fragrant flowers and herbs (Angelica was a great champion in the fight against evil). And you ended by stuffing your nose with scented substances to be smelled as soon as the surrounding air became too foul.

例えば、ペストの危険から身を守るためには、朝、トイレで少し時間を過ごすことが必要だった。まず、酢や軟膏を体に塗る。そして、香りのよい花やハーブ(アンジェリカは魔除けの大王だった)を飲んだり噛んだりするのだ。そして、周りの空気が汚くなったらすぐに嗅げるように、香りのあるものを鼻に詰め込んで終わり。

This explains why rosemary was widely used, especially during the Renaissance. Known for its therapeutic properties, it was used for both drinkable and fragrant solutions (the very famous Water of the Queen of Hungary, for example!).

このことから、特にルネッサンス期にはローズマリーが広く使われていたことがわかります。治療効果があることで知られるローズマリーは、飲用にも芳香用にも使われました(たとえば、非常に有名な「ハンガリー王妃の水」!)。

Perfume and witchcraft:a dangerous association

香水と魔術:危険な関連性

Perfume is, therefore, believed to have magical properties that protect against disease and spells. Conversely, there is also the idea in the collective imagination, especially since the Middle Ages, that perfumes can be used to cast evil spells.

したがって、香水は病気や呪文から保護する魔法の特性を持っていると考えられています。逆に、特に中世以降、集団的想像力の中には、香水を使って邪悪な呪文を唱えることができるという考えもあります。

collective imagination 集団的想像力

Incidentally, perfumes are preparations that are a bit like magic potions. They are made by mixing different ingredients together according to an elaborate and precise formula. A real witch’s work!

ちなみに、香水は魔法の水薬に少し似た調整品です。それらは精巧で正確な処方に従って異なる成分を一緒に混ぜることによって作られています。本物の魔女作品!

Women’s perfumes: witches'perfumes

女性の香水:魔女の香水

A bit like love potions, perfumes are dangerous weapons that bewitch and make you lose your mind. For centuries, it was thought that women who used to wear perfume were some kind of witches. They were considered to be evil temptresses who sought to pervert men and lead them astray.

媚薬のように、香水は妖艶であなたの心を失わせる危険な武器です。何世紀にもわたって、香水を身に着けていた女性はある種の魔女であると考えられていました。香水は男性を
堕落させ、悪の道へ誘う邪悪な誘惑する女性であると考えられていました。

love potion 媚薬
temptress 誘惑する女

Moreover, during the Middle Ages and even the Renaissance, there was a strong scientific opinion that women were diabolical beings. (well, of course!). And older women! in particular! Their smell was reputed to be nauseating, and a woman who wore perfume was therefore very suspicious. She was probably trying to hide her body odor!

さらに、中世やルネッサンス時代には、女性は悪魔的な存在であるという強い科学的意見がありました。(まあ、もちろん!そして年配の女性!特に!彼らの匂いは吐き気を催すと評判で、香水を身に着けていた女性は非常に疑わしいものでした。彼女はおそらく体臭を隠そうとしていたのでしょう!

The perfume that bewitches

魅惑的な香水

Smel:that very special sense

香り:その特別な感覚

The sense of smell is our most emotional and primitive sense. That is to say, when we smell, the information arrives directly in a region of the brain dedicated to emotions, without passing through the area. where we analyze it. All the other senses perceive stimuli that are first analyzed by the brain, and then directed to the emotional region. But not the sense of smell…

嗅覚は私たちの最も感情的で原始的感覚です。つまり、香りを嗅ぐと、その情報は分析する領域を通らずに、情報は感情を司る脳の領域に直接届きます。他のすべての感覚は、最初に脳によって分析され、次に感情領域に向けられた刺激を知覚します。しかし、嗅覚ではありません。

This also explains the strength of olfactory memories. The smell of our grandmother’s kitchen, our mother’s perfume, freshly cut grass in springtime, all evoke happy memories. Smelling these scents is therefore comforting and very pleasurable, like Proust’s famous madeleine.

これはまた、嗅覚記憶の強さを説明しています。祖母の台所の匂い、母の香水、春に刈りたての草など、すべてが幸せな思い出を呼び起こします。したがって、これらの香りを嗅ぐことは、プルーストの有名なマドレーヌのように、慰めであり、非常に楽しいです。

This is why perfumes are powerful weapons because they allow us to interact with this very special sense. They can reach directly into the emotional sphere,and have an effect on our sensibilities and behaviors!

香水が強力な武器であるのは、私たちがこの非常に特別な感覚と相互作用することを可能にするからです。香水は感情的な領域に直接到達することができ、私たちの感性や行動に影響を与えます!

Perfume as a weapon of seduction and witchcraft

誘惑と魔術の武器としての香水

This also explains why, even today, perfume is still shrouded in mystery. And why it is believed to have powers of seduction! There is the idea that certain perfumes make it seduction easier. A bit like a spell that is impossible to resist.

これはまた、今日でも香水が謎に包まれている理由を説明しています。そして、なぜ香水
が誘惑の力を持っていると信じられているのですか?特定の香水が誘惑を容易にするという考えがあります。抵抗することが不可能な呪文に少し似ています。

Perfume can indeed help to awaken desire, and then to nourish that feeling. We remember the smell of the other person after they leave, and we think of them when we smell certain scents that remind us of theirs.

香水は確かに欲望を目覚めさせ、その感情を養うのを助けることができます。私たちは、相手が去った後の匂いを思い出し、相手の香りを思い出させる特定の香りを嗅ぐと、相手のことを思い浮かべます。

In fact, many perfumes have names related to the vocabulary of love, witchcraft, and seduction. All these perfumes are supposed to make anyone fall under your spell.

実際、多くの香水には、愛、魔術、誘惑の語彙に関連する名前があります。これらの香水はすべて、誰でもあなたの魔法にかかるようにできています

The ingredients of enchantment

魅惑の成分

The most “seductive” olfactory family is the Orientals. Its very name evokes the mystery of the Orient, with all its clich?s. Frankincense, myrrh, amber, vanilla … these warm and sensual notes combine with white animal flowers or leathery roses to produce scandalous elixirs.

最も「魅惑的」な香りの系統は、オリエンタル系です。その名前からして、東洋の神秘を連想させますが、その決まり文句はすべて同じです。フランキンセンス、ミルラ、アンバー、バニラ...これらの暖かく官能的な香りは、ホワイトフローラル系(動物性)やレザーローズと結びついて、スキャンダラスな秘薬を作り出します。

But being a fan of floral or woody scents won’t stop you from being a witch, or a sorcerer! So have fun with our 64 ingredients to find your own magic formula.

でも、フローラルやウッディの香りが好きだからといって、魔女や魔法使いになるのを止めることはできません。64種類の素材を使って、あなただけの魔法をかけてみてください。

But most importantly, to cast a spell, you need to be a powerful witch,. And that starts with feeling good in your own skin. So the first thing to look for with your perfume is the chemistry you create by perfuming your skin. And what happens next is that it has to bewitch you!

でも、一番大切なのは、魔法をかけるには、パワフルな魔女になること。そのためには、まず自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。だから、香水に求められるのは、まず、肌に香りをつけることで生まれる化学反応です。そして次に起こることは、あなたを魅了することです。

| | Comments (0)

November 16, 2022

嗅覚の霊性

SPIRITUALITY OF THE SENSE OF SMELL

https://naturalnicheperfume.com/blog/spirituality-of-the-sense-of-smell/

嗅覚の霊性

Love for perfumes and spirituality go together, at least in the tradition of Islam.

香水への愛と霊性は、少なくともイスラム教の伝統の中では一致しています

Very much unlike the idea of Serge Lutens for whom perfume is an expression of decadence and sensuality, the prophetic traditions of the three monotheistic religions, in their ritual as well as in their mystics, have given to us many clues about the direct relation that exists between the spiritual reality of men and their olfactory capacity.

香水を退廃と官能の表現とするセルジュ・ルタンスの考えとは全く異なり、3つの一神教の予言的伝統は、その儀式と神秘主義者において、人の霊的現実と嗅覚能力の間に存在する直接的関係について多くの手がかりを与えてくれています。

Starting with the Hebrew mysticism, because it springs from the prophet Abraham who is not only the spiritual but also the biological forefather of Moses, Jesus and Mohammad, the sense of smell is described as the only one giving pleasure to the soul, while all other senses give pleasure to the body.

ヘブライ神秘主義から始まり、モーセ、イエス、ムハンマドの霊的だけでなく生物学的な祖先でもある預言者アブラハムから生まれたので、嗅覚は魂に喜びを与える唯一のものとして記述されていますが、他のすべての感覚は体に喜びを与えます。

The following traditions explain my point, which is that the best of mankind, the founders of faiths, had a sense of smell that allowed them to sense what other people could not.

以下の伝承は、私の言いたいことを説明している。つまり、人類の最高峰である信仰の創始者たちは、他の人々が感じられないものを感じ取ることができる嗅覚を持っていたということである。

The following examples come directly from the Muslim tradition, particularly from the Quran.

以下の例は、イスラム教の伝統、特にコーランから直接得たものである。

Jesus used to surprise people when he was a child, describing to them what they had eaten in their houses, and the evident explanation is that he could smell it, as this often happens to me and you, when people have eaten fried foods, for example.

イエスは子供の頃、よく人々が家で食べたものを説明して驚かせたが、その明らかな説明は、例えば人々が揚げ物を食べたとき、私やあなたにもよく起こるように、彼はその匂いを嗅ぐことができたということである。

Nevertheless, this ability of Jesus was so stunning to people because he would tell them everything they had eaten, including the foods that none could have smelled. This was quite disturbing for the co-nationals of Jesus because the rules regulating the foods are extremely strict in Hebraism and many were not following them strictly. Jesus was not just telling them what they had eaten but what forbidden foods they had eaten.

それにもかかわらず、イエスのこの能力は人々を驚かせた。なぜなら、彼は、誰も嗅ぐことのできない食べ物も含めて、彼らが食べたものをすべて話したからである。というのも、ヘブライ宗教(旧約聖書)では食べ物の決まりが非常に厳しく、多くの人がそれをきちんと守っていなかったからである。イエスは、彼らが何を食べたかだけではなく、どんな禁断の食物を食べたかを告げたのである。

Solomon had been taught the language of all living creatures. Once he passed with his army by a very big ant community. Feeling the footsteps of his legions, the ants became alarmed and called each other “get back under earth otherwise Solomon’s army will smash you under their feet”. Then Solomon, hearing this, laughed (Quran).

ソロモンは、すべての生き物の言葉を教えられていた。あるとき、彼は軍隊を引き連れて、とても大きなアリの群れの横を通り過ぎた。ソロモンの軍団の足音を感じたアリたちは警戒し、「地中に戻れ、さもないとソロモンの軍団に足元をすくわれるぞ」と互いに呼び合う。すると、それを聞いたソロモンは笑った(コーラン)。

How could Solomon hear their voices? Because he could smell their language. Insects communicate essentially through a chemical language, they produce pheromones, and among them are alarm pheromones. With this device, a tiny insect of 2 mm can send his message to others over long distances. This is what the antennas of insects are: noses for chemical (aromatic) messages. Solomon’s nose was so sensitive that he could smell these pheromones with which insects communicate,and knew their meaning. He could not speak to the ants but knew their language.

なぜ、ソロモンは彼らの声を聞くことができたのでしょうか。彼はアリの言葉の匂いを嗅ぐことができたからだ。昆虫は基本的に化学的な言葉でコミュニケーションをとる。彼らはフェロモンを出すが、その中に警報フェロモンがある。この装置を使えば、2mmほどの小さな昆虫でも、長距離にわたって自分のメッセージを相手に送ることができる。これが昆虫のアンテナの正体で、化学的(芳香)メッセージのための鼻なのである。ソロモンの鼻はとても敏感で、昆虫がコミュニケーションするこのフェロモンの匂いを嗅ぎ分け、その意味を知っていた。彼はアリと話すことはできないが、彼らの言葉を知っていたのだ。

Jacob had become blind from the disappearance of his beloved son Joseph. After many years the whole bunch of his 12 brothers was forced by famine to get out of the desert to find wheat in Egypt.Joseph had become the vizier of Pharaoh and was his minister of agriculture. They did not recognize him but he did recognize them. At last, he revealed himself to them on their third travel to Egypt and said to them: go back to our father and throw this shirt of mine onto his face. He will recover his sight. So when the caravan approached Jacob’s tent he said: “I can smell the smell of Joseph”. In fact, the sense of smell of blind people becomes particularly acute, but not to this point. Jacob was a prophet and like Jesus or Solomon, he could smell what other people cannot smell.

ヤコブは最愛の息子ヨセフの失踪により、目が見えなくなっていた。何年もたってから,12人の兄弟たちは飢饉によって,エジプトで小麦を見つけるために砂漠から出て行くことを余儀なくされました。ヨセフはファラオの宰相となり、農相を務めていた。彼らはヨセフを認めませんでしたが、ヨセフは彼らを認めました。そして、3回目のエジプト旅行のとき、ついにヨセフはその姿を現し、彼らに言った。彼は視力を回復するだろう」。そこで、キャラバンがヤコブの天幕に近づくと、彼は言った。"ヨセフの匂いがする "と。実際、盲人の嗅覚は特に鋭くなるのだが、ここまではいかない。ヤコブは預言者であり、イエスやソロモンのように、他の人が嗅ぎ分けられない匂いを嗅ぎ分けることができるのである。

His sons said, “this is your old folly about Joseph that overtakes you again”. But there came the sons who had been to Joseph, and when they threw the shirt onto his face his blindness was cured. This is how the nose can cure other organs of our body. It is a great sorrow that had made him blind. The nose can bring powerful emotions and the smell of Joseph procured him joy so great that it cured the blindness caused by the sorrow of his loss.

息子たちは、「これはヨセフに関するあなたの昔の愚行が、またあなたを追い越したのだ」と言った。しかし、そこにヨセフのところに行ったことのある息子たちがやってきて、彼の顔にシャツを投げつけると、彼の盲目は治った。このように鼻は私たちの体の他の器官を治すことができるのです。彼を盲目にしたのは、大きな悲しみである。鼻は強い感情をもたらすことができ、ジョセフの匂いは、失った悲しみによる失明を治すほど大きな喜びを彼にもたらした。

The prophet Muhammad who had been orphaned at the age of six, whose only children were daughters, whose first convert was a woman, said that his most beloved person was his wife and who replied once “the best among you is the one kinder to his family”, said: “Three things of this world were made dear to my heart: prayer, perfume, and feminine gender”.

6歳で孤児となり、唯一の子供が娘で、最初の改宗者が女性であった預言者ムハンマドは、彼の最も愛する人は彼の妻であり、かつて「あなたがたの中で最高の者は彼の家族に優しい者である」と答えたと述べています:この世の3つのものがわたしの心に愛された:祈り,香水, そして女性らしさ

The Muslims were thus enjoined to use perfume for the ritual Friday prayer, this is why the art of perfumes, born in India was developed by the Arabs in the same way as they assimilated and developed the science of medicine from the Greeks.

そのため、イスラム教徒は金曜日の礼拝に香水を使うようになり、インドで生まれた香水術は、アラブ人はギリシャから医学を吸収・発展させたのと同じように発展したのである。

But as we know well with aromatherapy, between perfume and medicine there is not really a frontier and the forgotten figure of the perfumer-healer is rising again from the art of natural perfumery. The Natural perfumer of today does not have the spiritual dimension that often surrounded the antique perfumer, but he has a psycho-therapeutic role of healer of the minds with his perfumes because we can say that a scent that makes you feel good when you are depressed has actually cured you.

しかし、アロマセラピーでよく知っているように、香水と薬の間には本当に境界はなく、忘れられた調香師ヒーラーの姿は自然香水の芸術から再び立ち上がりつつあります。今日の自然調香師は、古代調香師のような霊的側面はないが、あなたが落ち込んでいるときに気分を良くする香りが実際にあなたを癒したと言うことができるので、調香師の香水で心のヒーラーの心理療法的な役割を持っています。

用語

セルジュ・ルタンスとは
https://www.sergelutens.jp/ja_JP/about-serge-lutens.html

香水は、感覚をよび覚まし、エスプリを高揚させるものである。
香り。それは触れることの出来ない幻影のようでいて実体でもある、深みのある存在。
香りとは、私たちの影である。贅沢な蜃気楼、私たちの投影像、典雅な舞・・・
それはまるで内に秘めた宮殿のような、甘美なクリスタルの世界なのである。

ソロモン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3

ソロモン(ヘブライ語: ????、??l?m?h Shlomo、 ギリシア語: Σολομ?ν、 ラテン語: Salomon、 アラビア語: ??????、Sulaym?n、 トルコ語: S?leyman、 紀元前1011年頃 - 紀元前931年頃)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエル(イスラエル王国)の第3代の王[1](在位紀元前971年 - 紀元前931年頃)。父はダビデ。母はバト・シェバ。エジプトに臣下の礼をとり、ファラオの娘を降嫁されることで安全保障を確立し、古代イスラエルの最盛期を築いたとされる一方、堕落した王ともされる。

ヤコブ

https://kotobank.jp/word/%E3%83%A4%E3%82%B3%E3%83%96-143618#:~:text=%E6%97%A7%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8%E4%B8%AD%E3%81%AE%E6%97%8F%E9%95%B7,%E5%90%8D%E3%82%92%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%82

[一] イスラエル民族の始祖。イサクとリベカの間に生まれた双生児の一人でエサウの弟。兄から食物と引換えに長子権を得、のち神的体験によりイスラエルと改名。彼を太祖として一二人の子がイスラエル十二部族を構成した。
[二] イエスの兄弟。イエスの死後信仰にはいり、ペテロやパウロとともに教会の最初の中心人物の一人となった。「ヤコブの手紙(ヤコブ書)」の筆者ともいわれる。
[三] 十二使徒の一人。ゼベダイの子。もと漁夫で、使徒ヨハネの兄。イエスの最初の弟子の一人となり、殉教。大ヤコブともいわれる。
[四] 十二使徒の一人。アルパヨの子。エルサレムの最初の司教となり、のち殉教。小ヤコブともいわれる。
出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ムハンマド

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%95#cite_note-OEIW-3

ムハンマド(アラビア語: ?????[1]、Mu?ammad[2], 570年頃 - 632年6月8日)は、アラブの宗教的、社会的、政治的指導者であり、イスラム教の預言者である[3]。イスラム教の教義によると、彼は預言者であり、アダム、アブラハム、モーセ、イエス、その他の預言者の一神教の教えを説き、確認するために遣わされた[3][4][5][6]。

| | Comments (0)

November 01, 2022

香りと霊性-スーフィズムの愛の香り

Scent and the Spirit - Sufism’s Fragrance of Love

https://www.perfumerflavorist.com/fragrance/ingredients/article/21856520/scent-and-the-spirit-sufisms-fragrance-of-love

香りと霊性-スーフィズムの愛の香り

If Sufism were to be likened to a perfume, its top notes would be peace, freedom, compassion, humility, unity; heart notes of purity, universal equality, devotion, sincerity and wisdom; and a sublime base note of unconditional love! Known to be the core essence of all faiths, Sufism, emerges from the essence of Islamic spiritual teaching. It follows the path of all-encompassing love and its core principles, including compassion and brotherhood. Legendary Sufis like Ibn el Arabi of Andalusia even propounded the theory of ‘Wahdat al Wujood’ (unity of mankind) and ‘Wahdat ad Deen’ (unity of all faiths) emphasizing that these principles lay at their very core, uniting them spiritually.

スーフィズムを香水にたとえるなら、そのトップノートは平和、自由、慈悲、謙虚、統一、ハートノートは純粋、普遍的平等、献身、誠意、知恵、そして崇高なベースノートは無条件の愛となることでしょう あらゆる信仰の中核をなすものとして知られるスーフィズムは、イスラムの霊的な教えの本質から生まれました。スーフィズムは、イスラムの精神的な教えの本質から生まれたもので、すべてを包み込む愛の道と、慈悲や兄弟愛といったその中核的な原則に従っています。アンダルシアのイブン・エル・アラビーのような伝説的なスーフィズムは、「Wahdat al Wujood」(人類の統一)と「Wahdat ad Deen」(すべての信仰の統一)の理論を提唱し、これらの原則がまさに核となって彼らを霊的に統合していると強調しているほどです。

"Fragrance plays a role in not only beautifying Sufi practice but also by providing spiritual inspiration through its myriad avatars." - Krishnaraj Iyengar

「香りは、スーフィーの修行を美しくするだけでなく、その無数の姿を通して、霊的なインスピレーションを与える役割を担っている。- クリシュナラジ・アイエンガー

Fragrance A Sign of God

香り:神のしるし

Since fragrance has a direct relation with the spirit, Sufis consider it to be an expression of spirituality and spiritual inspiration. Sufi mystics consider the universe’s bounties as manifestations of divine beauty and signs of the universal creator, among whose most sublime creations is fragrance.
Known to exhilarate and spiritually elevate mankind since ages, the Sufis are no exception to loving fragrance which has been unanimously viewed by them in many enlightening and intriguing ways.

香りは霊性と直接的な関係があるため、スーフィーは香りを霊性や霊視感の表現とみなしています。スーフィーの神秘主義者は、宇宙の恵みは神の美の現れであり、普遍的な創造主のしるしであると考え、その最も崇高な創造物の中に香りがあると考えます。古来より人類を元気づけ、霊的に高揚させるものとして知られる香りは、スーフィー教徒にとっても例外ではなく、多くの啓蒙的で魅力的な方法で意見が一致で捉えられているのである。

Islamic Roots

イスラム教のルーツ

Beginning with Islam, non-alcoholic perfume concentrates or ‘attar’ have been a part of ‘Sunnah’ or prophetic tradition including the practice of burning agarwood (oud) chips in the form of ‘bakhoor’ or incense on ornate Arabic incense burners called ‘Mabkharah.’ Since alcohol is ‘haram’ (forbidden) in Islam, attars have been a part of all Islamic communities and even Sufi orders.

イスラム教では、「マブカラ」と呼ばれるアラビアの香炉で沈香(ウード)のチップを「バフール」やお香として焚く習慣があるなど、非アルコールの香水「アッター」は「スンナ」(預言者の伝統)の一部であった。イスラム教ではアルコールは「ハラーム」(禁忌)なので、アッターはすべてのイスラム社会、さらにはスーフィーの教団の一部となっている。

Mabkharah マブカラ(香炉)
Bakhoor  バフール(アラブのお香)
Sunnah:スンナ(アラビア語: Sunnah)は、字義通りには「踏み慣らされた道=慣行」。
主にイスラームにおける預言者ムハンマドの言行・範例( as-Sunnatu’n-Nabaw?yah:預言者のスンナ)を指すウィキペディアより

Musk–The Scent of Love

ムスク:愛の香り

One of the loftiest Sufis and Persian mystic poets of all times was Jalaluddin Rumi. Also known as ‘Mevlana’ to the Turks, ‘Molana’ to Persians, he existed in ‘Aalam-e-Lahoot’ (realm of divinity), the highest spiritual state in which love was central to his teachings. “Love,” he said, “bore the fragrance of musk!” He wrote:

ペルシャの神秘詩人、ジャラールディン・ルーミーは、最も高尚なスーフィーの一人です。トルコ人には「メヴラーナ」、ペルシャ人には「モラナ」とも呼ばれる彼は、「アーラム・エ・ラフート」(神性の領域)に存在し、愛が彼の教えの中心をなしている最高の霊的状態でした。「愛は麝香の香りを放つ "と彼は言っています。と書いている。

Scent The Spirit’s Essence

香り:霊的本質

Scent also signifies spiritual essence, spiritual connection or a medium of expressing or conveying the bliss of divine love and unison. Many Sufis in Persia, the Arab world and India have spoken about fragrance in various manners, even allegorically.While Amir Khusro the towering Indian Sufi poet talks about recognizing ‘the scent’ of his teacher Nizamuddin Peer, Rumi writes “I have fragranced my mind with the scent of Shamsuddin my master. Oud, amber and musk I do not need.”

香りはまた、霊的な本質、霊的なつながり、あるいは神聖な愛と一体化の至福を表現したり伝えたりする媒介を意味する。ペルシャ、アラブ、インドに住む多くのスーフィーは、香りについて様々な形で、さらには寓意的に語ってきた。インドの高名なスーフィー詩人アミール・ホスローは、師ニザムディン・ピアの「香り」を認識することについて語り、ルーミーは「私は私の師シャムスディンの香りで心を香らせた」と書いています。ウード、アンバー、ムスクは必要ない」。

Rumi in his greatest work , the ‘Masnavi’, also talks of the Qur’anic story about how the visually impaired Prophet Jacob, while in Egypt, could feel the scent of his son Joseph (Yusuf) from miles away as his caravan left Canaan. When Joseph cast his robe on his father’s face, he began to see again. Rumi says “buye pirhaan e yusuf kon sanad. Zaan ke buyesh chashm roshan mikonad” (“Make the scent of Joseph’s robe your rope. Hold on to it, for it gives sight to the eyes”). Here, Rumi talks about sensing the ‘scent’ of God’s presence so our spiritual eyes maybe opened.

ルーミーは、彼の最も偉大な作品である「マスナヴィー」の中で、エジプトにいた視覚障害の預言者ヤコブが、彼のキャラバンがカナンを出発するとき、数マイル先から息子ヨセフ(ユスフ)の匂いを感じられたというクルアーンの物語についても語っている。ヨセフが自分の衣を父の顔にかけると、父は再び目が見えるようになった。ルミは言う、「buye pirhaan e yusuf kon sanad. ヨセフの衣の匂いをあなたの縄にしなさい。それは目に見えるから」。) ルーミーはここで、神の存在の「香り」を感じ取ることで、私たちの霊的な目が開かれるかもしれないと語っているのです。

Eau De Dervish

オーデダルウィーシュ

Fragrance finds significance in various Sufi practices. “The ‘Whirling Dervishes’ of Rumi’s ‘Mevlevi’ Turkish Sufi tradition burn a musky-amber and oud incense (t?ts?) and even wear a unique daffodil and rose fragrance during the legendary ‘Sema’ ceremony. The scent of Narcissus signifies God’s love,” says Handan Is??k, a passionate lover of Sufism from Konya, Turkey, where stands Rumi’s mausoleum, a place of pilgrimage for her kind.

香りは、さまざまなスーフィーの修行において重要な意味を持っています。ルーミーのトルコのスーフィーの伝統である「メヴレヴィー教団」の「托鉢僧の旋舞」は、伝説的な「セマ」の儀式の間、ムスキーアンバーと沈香の香(t?ts?)を焚き、水仙とバラの独特の香りを身にまとうこともあるそうです。ルミーの霊廟があるトルコのコンヤ県でスーフィズムをこよなく愛するハンダン・イスルクさんは、「水仙の香りは神の愛を意味する」という。

Dervishes:ダルウィーシュ 《イスラム教の托鉢(たくはつ)僧; 体を激しく回転させる踊りや祈祷(きとう)で法悦状態に入る》.

In parts of the Arab world where ‘dhikr’ (remembrance of God) ceremonies are performed at Sufi gatherings like ‘Hadrah’, bakhoor is burnt to not only purify the atmosphere, but to create the spiritual mood. Attars of different types are worn by the ‘mureeds’ or Sufi disciples and even the ‘Sheikh’ or the master who presides over the ceremony.

アラブでは「ハドラ」のようなスーフィーの集団儀式で「ジクル」(神を想起すること)の儀式が行われるが、バフール(アラブのお香)は雰囲気を浄化するだけでなく、霊的なムードを盛り上げるために焚かれるのである。また、「mureeds」と呼ばれるスーフィーの弟子たちや、儀式を取り仕切る「Sheikh」と呼ばれる師匠は、さまざまな種類のアッターを身につけます。

Dhikr:ジクル:イスラムにおいて,神の名を唱え,思念を神に集中する宗教的行為。
ハドラ(Ha?ra、????) とはスーフィズム教団が行う集団儀式

Indian Mystique

インドの神秘

In India, there is the tradition of smearing attar on ‘chaadar’ (sacred cloth sheets) which cover the graves of Sufi saints at mausoleums. Perfumer Praful Gundhi explains that while his two classic attars ‘Majmua,’ a unique rose and kewda (pandanus) blend, and ‘Firdows,’ a warm, fresh green aromatic attar are generally preferred for ‘Dargah’ or Sufi mausoleums, some also use black musk, rose and jasmine.
Incense sticks, or ‘agarbatti’ also finds a place in Indian Sufism. “Devotees often buy my musk rose incense and have the dargah priest pray over it. They feel the pure spiritual energy after they light it thereafter,” he explains.

インドでは、スーフィー聖者の霊廟で墓を覆う「チャーダー」(神聖な布製のシート)にアッターを塗る習慣があります。ダルガー」と呼ばれるスーフィーの霊廟では、ローズとケワダ(アダン)をブレンドした「マジュムア」と、温かくフレッシュなグリーンアロマの「フィルドウ」の2種類が一般的だが、ブラックムスク、ローズ、ジャスミンを使う人もいると、調香師のプラフル・グンディさんは説明する。また、インドのスーフィズムでは、線香やアガルバッティ(線香)も重要な役割を果たします。「信者はよく私のムスクローズのお香を買って、ダルガの僧侶に祈ってもらうんです。その後、火をつけると、純粋な霊的エネルギーを感じるのです」と彼は説明する。

Kewdaケワダケワダ(アダン)Abs・精油
学名:Pandanus odoratissimus Syn. P. tectorius
和名:アダン 科名:タコノキ科タコノキ属
原産地:インド 抽出部位:花 抽出方法:溶剤

ロサモスカータ(ムスクローズ)・精油
学名:Rosa moschata 科名:バラ科 バラ属 原産地:インド
抽出部位:花 抽出方法:水蒸気蒸留

agarbatti 線香

‘Loban,’ a resin, is also burnt with charcoal on special burners. The individual, with head covered, walks around the mausoleum with the burner so the smoke spreads evenly throughout, dispelling all negative energy and inspiring devotion.

ローバン(ベンゾイン)という樹脂も、炭と一緒に特別な香炉で燃やされる。頭を覆った人が香炉を持って廟の周りを歩くと、煙が全体にまんべんなく広がり、ネガティブなエネルギーを払い、献身的な気持ちを起こさせるのです」。

Fragrance plays a role in not only beautifying Sufi practice but also by providing spiritual inspiration through its myriad avatars. Like music, good food and natural beauty, fragrance can be called “ni’amah” Arabic for “divine grace,” that liberates man from the ego’s trappings.

香りは、スーフィーの修行を美しくするだけでなく、さまざまな姿を通して精神的なインスピレーションを与える役割を担っています。音楽、おいしい食事、自然の美しさと同様に、香りはアラビア語で「神の恩寵」と呼ばれ、人間をエゴの束縛から解放してくれます。

Sufim’s insight into fragrance makes us feel that there are after all, a few drops of its mystical wisdom in each great fragrance of the world in the form of those secret notes that become the soul’s elixir! The liberating ‘aha’ that fragrances of various kinds cause their lovers and wearers to experience can be called ‘split-second Sufism!’ It is when the soul suddenly feels the deep connect with its source for those few moments of nosing the opening notes, or even throughout the course of the fragrance’s unfolding from the top to the heart to the base, like a mystic ceremony of divine love!

スーフィズムの香りに対する洞察は、世界中の素晴らしい香りの中に、その神秘的な知恵が数滴、魂の霊薬となる秘密の音として存在することを感じさせてくれます。さまざまな種類の香りが、その恋人や身につける人に経験させる解放的な「アハ」は、「一瞬のスーフィズム」と呼ぶことができるだろう。それは、オープニングノートを嗅いだ瞬間に、あるいはトップからハート、ベースへと香りが展開していく過程で、魂が突然その源と深くつながるのを感じることであり、まるで神聖な愛の神秘的儀式のようなものです

soul’s elixir 魂の霊薬

用語
スーフィズム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0

スーフィズム(英: Sufism)、タサウウフ(Taawwufアラビア語:)、イスラム神秘主義とは、イスラム教の神秘主義哲学である。アラビア語ではタサウウフと呼ばれるが、一般的に担い手であるスーフィー(アラビア語)に英語のイズムをつけたスーフィズム、またはイスラム神秘主義という呼称が使われている[1]。ただし、スーフィー達が「神秘」を特に掲げていたという訳ではない[1]。
9世紀以降に生じた、イスラム教の世俗化・形式化を批判する改革運動であり、修行によって自我を滅却し、忘我の恍惚の中での神との神秘的合一(ファナー ???? fan?')を究極的な目標とする、一種の内面化運動である[2]。

アミール・ホスロー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC

インドのパンジャーブ地方、パティヤーラ出身の詩人、音楽家、芸術家、歴史家。アミール・ホスローとも呼ばれる。
民族叙事詩、神秘主義、歴史を主題に叙事詩や叙情詩を多く作った。
カッワーリーの創始者とされ、中世のインドに於いて最大の詩人として「インドの鸚鵡」の異名で名高く[1][2]、ペルシア語、ウルドゥー語、ヒンドゥスターニー語などを混ぜたマカロニックを好んだ。
イスラーム王朝のデリー・スルターン朝(奴隷王朝、ハルジー朝、トゥグルク朝)のスルターンに仕え、13世紀から14世紀にかけてのチシュティー派イスラム神秘主義聖者であるニザームッディーン・アウリヤーの愛弟子で[1][2]、ニザームッディーンの信奉者であった[3]。また、アミール・ホスローは音楽家としてもシタール、タブラ、ガザルを13世紀にもたらし、ヒンドゥースターニー音楽の基礎を築いたとされている[3]。

ジャラール・ウッディーン・ルーミー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC

ジャラール・ウッディーン・ルーミー(ペルシア語: MawlnJal?l ad-Dn Muammad BalkheRm; トルコ語: Mevln Celaleddin-i Rumi、1207年9月30日 - 1273年12月17日)はペルシャ語文学史上最大の神秘主義詩人である。同時代のスーフィー・イブン・アル=アラビーと並ぶ、イスラーム神学、スーフィズムの重要な人物の一人と見なされている[1]。「沈黙」を意味する「ハムーシュ」を雅号とし[2]、ルーミーの父バハーウッディーンをはじめとする人々は、「識者」を意味する「ホダーヴァンデガール」と彼を呼んだ[3]。
ルーミーの思想の一つに、旋回舞踏によって「神の中への消滅」という死に似た状態に陥る神秘体験の実行が挙げられる[4]。ルーミーの没後、コンヤのルーミー廟を拠点とする彼の弟子たちによって、コマのように回って踊るサマーウ(セマ)という儀式で有名なメヴレヴィー教団が形成された。メヴレヴィー教団では同教団の始祖と仰がれている。主な著書はペルシャ語の詩集『精神的マスナヴィー』(Masnav?-ye Ma'nav)。

What is bakhoor (and how to use bakhoor)?
バクフールとは何ですか(そしてバクフールの使い方)?

https://threekings.com/en-ae/blog/what-is-bakhoor-and-how-to-use-bakhoor/#:~:text=In%20most%20cases%2C%20bakhoor%20is,as%20serving%20coffee%20and%20dates.

Bakhoor are wood chips that have been soaked in perfume oil and are mixed with other (natural) ingredients, such as natural resin, sandlewood and essentials oils. It comes in many different varieties, which means there’s a type of bakhoor for everyone. Bakhoor is especially popular in the Middle East.

バフールは、香油に浸され、天然樹脂、サンドルウッド、精油などの他の(天然)成分と混合された木材チップです。それは多くの異なる品種になり、それは誰にとっても一種のバフールがあることを意味します。バフールは中東で特に人気があります.

| | Comments (0)

« October 2022 | Main | December 2022 »