« 嗅覚の霊性 | Main | CaFleureBon:香水のバラ+バラ描画の名前 »

November 21, 2022

香水と魔術:謎の物語

PERFUME AND WITCHCRAFT: A TALE OF MYSTERY

https://sillagesparis.com/blog/perfume-and-witchcraft-a-tale-of-mystery/

香水と魔術:謎の物語

Imbued with an aura of mystery since antiquity, perfume continues to mesmerize the senses. This is why, over the centuries, it has often been associated in one way or another with some form of sorcery. Perfume and witchcraft are both invisible, yet their effect on our emotions is powerful. We cannot escape a smell, just as we cannot escape a spell.

古代より神秘的なオーラを放つ香水は、5感を魅了し続けている。そのため、何世紀もの間、香水は何らかの形で魔術と結び付けられることが多いのです。香水と魔術はどちらも目に見えないものですが、私たちの感情に与える影響は強力です。呪術から逃れられないように、私たちは香りから逃れることはできないのです。

Perfume: witchcraft that repels evil

香水:悪を撃退する魔術

Fragrances to fight evil

悪と戦うための香り

With witchcraft, a bad spell can be undone by a counter-spell. In the same way, for centuries, it was believed that a scented breastplate could protect against certain spells. You can still find anti-spell scents on the Internet today! Whether you believe it or not, the idea is interesting And it says a lot about the power of perfume on humans.

魔術では、悪い呪文は対抗呪文によって元に戻すことができます。同様に、何世紀にもわたって、香りのする胸当ては特定の呪文から保護することができると信じられていました。あなたはまだ今日でもインターネット上で対抗呪文の香りを見つけることができます。
あなたがそれを信じるかどうかにかかわらず、アイデアは面白いです。そして、それは人間に対する香水の力について多くを語っています。

counterspell 対抗呪文

In fact, wearing perfume can be like putting on armour that protects us from the outside world. Many customers have shared this vision of perfume with us! Their perfume is their armour, without which they feel naked. And wearing perfume also means protecting yourself from external aggressions. So our perfume creates a halo or a kind of bubble around us, in which we feel comfortable. When the surrounding odours are unpleasant, smelling our perfume soothes us.

実際、香水を身に着けることは、私たちを外界から身を守る鎧を身に着けているようなものです。多くのお客様が香水のこのビジョンを私たちと共有しています。彼らの香水は彼らの鎧であり、それなしでは彼らは裸になったような気がする。そして香水を身に着けることは、外部からの攻撃から身を守ることも意味します。だから私たちの香水は、私たちの周りのハロー効果や一種の泡を作り出し、そこで私たちは快適に感じます。周囲の香りが不快なとき、私たちの香水の香りが私たちを落ち着かせます。

Halo 後光

It’s therefore not surprising that the idea of perfume as a bulwark against evil spells has developed! Or the belief that certain smells can ward off evil. The Devil, who lives in a putrid and stinking place (according to these famous sources), would be disturbed by scents that smell good.

したがって、邪悪な呪文に対する防波堤としての香水のアイデアが発展したことは驚くことではありません!あるいは、特定の香りが悪を追い払うことができるという信念。腐敗して臭いのする場所に住んでいる悪魔(これらの有名な情報源によると)は、良いにおいがする香りに邪魔されます。

Perfumes to invoke good

良いものを呼び起こす香水

One of the very first uses of perfume in history was as a messenger of the divine. In fact, the first perfumers were none other than priests. And the “perfumes” they prepared were intended to create channels of communication with the Beyond. For the Egyptians, these were ointments and the embalming process. By embalming the bodies (making them into mummies), they were allowed to become Gods. They thus became “Perfumed”.

香水が歴史上最初に使われたのは、神の使者としての役割だった。実際、最初の調香師は司祭にほかなりません。彼らが調合した「香水」は、あの世との交流の道を開くためのものでした。エジプトでは、軟膏と防腐処理がそれにあたります。遺体を防腐処理する(ミイラにする)ことで、彼らは神となることを許された。こうして、彼らは「香水」となった。

In the Greco-Roman civilization, perfumes were truly the privileged means of communication with the Gods. The smoke of the incense rose towards them and transmitted the prayers and requests of humans to them. Burning incense or other preparations was, therefore, a way of paying homage to and invoking them. Food was an offering to satisfy their hunger, wine quenched their thirst, and perfumes spoke to their spirits.

グレコ・ローマ文明では、香水はまさに神々との特権的なコミュニケーション手段であった。香の煙は神々に向かって立ち昇り、人間の祈りや願いを神々に伝えた。だから、香や調合品を焚くことは、神々に敬意を表し、呼びかけることであった。また、食べ物は空腹を満たすための供え物であり、ワインは喉の渇きを癒し、香水は彼らのスピリットに語りかけるものであった。

Perfumes to cure disease, witchcraft that protects

病気を治す香水、守る魔術

Throughout history, perfume has been used to heal and protect from disease. In the Middle Ages, it was believed that the pores of the skin made it permeable to bacteria and diseases of all kinds, which allowed them to enter the body directly. Perfume was, therefore, able to act on both these levels. On the other hand, it was believed that bad smells carried diseases, and that by wearing perfume, you could protect yourself from evil.

歴史を通して、香水は病気を癒し、守るために使われてきた。中世では、皮膚の毛穴はあらゆる種類の細菌や病気に対して透過性があり、それらが直接体内に入り込むと考えられていた。そのため、香水はこの2つのレベルで作用することが可能だった。一方、悪臭は病気を運ぶと考えられ、香水をつけることで魔除けになると考えられていた。

For example, to protect oneself against the dangers of the plague, it was necessary to spend a little time in the toilet in the morning. First, you had to rub vinegars and ointments on your body. Then you had to ingest, drink and chew various fragrant flowers and herbs (Angelica was a great champion in the fight against evil). And you ended by stuffing your nose with scented substances to be smelled as soon as the surrounding air became too foul.

例えば、ペストの危険から身を守るためには、朝、トイレで少し時間を過ごすことが必要だった。まず、酢や軟膏を体に塗る。そして、香りのよい花やハーブ(アンジェリカは魔除けの大王だった)を飲んだり噛んだりするのだ。そして、周りの空気が汚くなったらすぐに嗅げるように、香りのあるものを鼻に詰め込んで終わり。

This explains why rosemary was widely used, especially during the Renaissance. Known for its therapeutic properties, it was used for both drinkable and fragrant solutions (the very famous Water of the Queen of Hungary, for example!).

このことから、特にルネッサンス期にはローズマリーが広く使われていたことがわかります。治療効果があることで知られるローズマリーは、飲用にも芳香用にも使われました(たとえば、非常に有名な「ハンガリー王妃の水」!)。

Perfume and witchcraft:a dangerous association

香水と魔術:危険な関連性

Perfume is, therefore, believed to have magical properties that protect against disease and spells. Conversely, there is also the idea in the collective imagination, especially since the Middle Ages, that perfumes can be used to cast evil spells.

したがって、香水は病気や呪文から保護する魔法の特性を持っていると考えられています。逆に、特に中世以降、集団的想像力の中には、香水を使って邪悪な呪文を唱えることができるという考えもあります。

collective imagination 集団的想像力

Incidentally, perfumes are preparations that are a bit like magic potions. They are made by mixing different ingredients together according to an elaborate and precise formula. A real witch’s work!

ちなみに、香水は魔法の水薬に少し似た調整品です。それらは精巧で正確な処方に従って異なる成分を一緒に混ぜることによって作られています。本物の魔女作品!

Women’s perfumes: witches'perfumes

女性の香水:魔女の香水

A bit like love potions, perfumes are dangerous weapons that bewitch and make you lose your mind. For centuries, it was thought that women who used to wear perfume were some kind of witches. They were considered to be evil temptresses who sought to pervert men and lead them astray.

媚薬のように、香水は妖艶であなたの心を失わせる危険な武器です。何世紀にもわたって、香水を身に着けていた女性はある種の魔女であると考えられていました。香水は男性を
堕落させ、悪の道へ誘う邪悪な誘惑する女性であると考えられていました。

love potion 媚薬
temptress 誘惑する女

Moreover, during the Middle Ages and even the Renaissance, there was a strong scientific opinion that women were diabolical beings. (well, of course!). And older women! in particular! Their smell was reputed to be nauseating, and a woman who wore perfume was therefore very suspicious. She was probably trying to hide her body odor!

さらに、中世やルネッサンス時代には、女性は悪魔的な存在であるという強い科学的意見がありました。(まあ、もちろん!そして年配の女性!特に!彼らの匂いは吐き気を催すと評判で、香水を身に着けていた女性は非常に疑わしいものでした。彼女はおそらく体臭を隠そうとしていたのでしょう!

The perfume that bewitches

魅惑的な香水

Smel:that very special sense

香り:その特別な感覚

The sense of smell is our most emotional and primitive sense. That is to say, when we smell, the information arrives directly in a region of the brain dedicated to emotions, without passing through the area. where we analyze it. All the other senses perceive stimuli that are first analyzed by the brain, and then directed to the emotional region. But not the sense of smell…

嗅覚は私たちの最も感情的で原始的感覚です。つまり、香りを嗅ぐと、その情報は分析する領域を通らずに、情報は感情を司る脳の領域に直接届きます。他のすべての感覚は、最初に脳によって分析され、次に感情領域に向けられた刺激を知覚します。しかし、嗅覚ではありません。

This also explains the strength of olfactory memories. The smell of our grandmother’s kitchen, our mother’s perfume, freshly cut grass in springtime, all evoke happy memories. Smelling these scents is therefore comforting and very pleasurable, like Proust’s famous madeleine.

これはまた、嗅覚記憶の強さを説明しています。祖母の台所の匂い、母の香水、春に刈りたての草など、すべてが幸せな思い出を呼び起こします。したがって、これらの香りを嗅ぐことは、プルーストの有名なマドレーヌのように、慰めであり、非常に楽しいです。

This is why perfumes are powerful weapons because they allow us to interact with this very special sense. They can reach directly into the emotional sphere,and have an effect on our sensibilities and behaviors!

香水が強力な武器であるのは、私たちがこの非常に特別な感覚と相互作用することを可能にするからです。香水は感情的な領域に直接到達することができ、私たちの感性や行動に影響を与えます!

Perfume as a weapon of seduction and witchcraft

誘惑と魔術の武器としての香水

This also explains why, even today, perfume is still shrouded in mystery. And why it is believed to have powers of seduction! There is the idea that certain perfumes make it seduction easier. A bit like a spell that is impossible to resist.

これはまた、今日でも香水が謎に包まれている理由を説明しています。そして、なぜ香水
が誘惑の力を持っていると信じられているのですか?特定の香水が誘惑を容易にするという考えがあります。抵抗することが不可能な呪文に少し似ています。

Perfume can indeed help to awaken desire, and then to nourish that feeling. We remember the smell of the other person after they leave, and we think of them when we smell certain scents that remind us of theirs.

香水は確かに欲望を目覚めさせ、その感情を養うのを助けることができます。私たちは、相手が去った後の匂いを思い出し、相手の香りを思い出させる特定の香りを嗅ぐと、相手のことを思い浮かべます。

In fact, many perfumes have names related to the vocabulary of love, witchcraft, and seduction. All these perfumes are supposed to make anyone fall under your spell.

実際、多くの香水には、愛、魔術、誘惑の語彙に関連する名前があります。これらの香水はすべて、誰でもあなたの魔法にかかるようにできています

The ingredients of enchantment

魅惑の成分

The most “seductive” olfactory family is the Orientals. Its very name evokes the mystery of the Orient, with all its clich?s. Frankincense, myrrh, amber, vanilla … these warm and sensual notes combine with white animal flowers or leathery roses to produce scandalous elixirs.

最も「魅惑的」な香りの系統は、オリエンタル系です。その名前からして、東洋の神秘を連想させますが、その決まり文句はすべて同じです。フランキンセンス、ミルラ、アンバー、バニラ...これらの暖かく官能的な香りは、ホワイトフローラル系(動物性)やレザーローズと結びついて、スキャンダラスな秘薬を作り出します。

But being a fan of floral or woody scents won’t stop you from being a witch, or a sorcerer! So have fun with our 64 ingredients to find your own magic formula.

でも、フローラルやウッディの香りが好きだからといって、魔女や魔法使いになるのを止めることはできません。64種類の素材を使って、あなただけの魔法をかけてみてください。

But most importantly, to cast a spell, you need to be a powerful witch,. And that starts with feeling good in your own skin. So the first thing to look for with your perfume is the chemistry you create by perfuming your skin. And what happens next is that it has to bewitch you!

でも、一番大切なのは、魔法をかけるには、パワフルな魔女になること。そのためには、まず自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。だから、香水に求められるのは、まず、肌に香りをつけることで生まれる化学反応です。そして次に起こることは、あなたを魅了することです。

|

« 嗅覚の霊性 | Main | CaFleureBon:香水のバラ+バラ描画の名前 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 嗅覚の霊性 | Main | CaFleureBon:香水のバラ+バラ描画の名前 »