« 香りを感知する嗅覚受容体は精子、心臓、皮膚、腎臓、腸などにあります。 | Main | 嗅覚の霊性 »

November 01, 2022

香りと霊性-スーフィズムの愛の香り

Scent and the Spirit - Sufism’s Fragrance of Love

https://www.perfumerflavorist.com/fragrance/ingredients/article/21856520/scent-and-the-spirit-sufisms-fragrance-of-love

香りと霊性-スーフィズムの愛の香り

If Sufism were to be likened to a perfume, its top notes would be peace, freedom, compassion, humility, unity; heart notes of purity, universal equality, devotion, sincerity and wisdom; and a sublime base note of unconditional love! Known to be the core essence of all faiths, Sufism, emerges from the essence of Islamic spiritual teaching. It follows the path of all-encompassing love and its core principles, including compassion and brotherhood. Legendary Sufis like Ibn el Arabi of Andalusia even propounded the theory of ‘Wahdat al Wujood’ (unity of mankind) and ‘Wahdat ad Deen’ (unity of all faiths) emphasizing that these principles lay at their very core, uniting them spiritually.

スーフィズムを香水にたとえるなら、そのトップノートは平和、自由、慈悲、謙虚、統一、ハートノートは純粋、普遍的平等、献身、誠意、知恵、そして崇高なベースノートは無条件の愛となることでしょう あらゆる信仰の中核をなすものとして知られるスーフィズムは、イスラムの霊的な教えの本質から生まれました。スーフィズムは、イスラムの精神的な教えの本質から生まれたもので、すべてを包み込む愛の道と、慈悲や兄弟愛といったその中核的な原則に従っています。アンダルシアのイブン・エル・アラビーのような伝説的なスーフィズムは、「Wahdat al Wujood」(人類の統一)と「Wahdat ad Deen」(すべての信仰の統一)の理論を提唱し、これらの原則がまさに核となって彼らを霊的に統合していると強調しているほどです。

"Fragrance plays a role in not only beautifying Sufi practice but also by providing spiritual inspiration through its myriad avatars." - Krishnaraj Iyengar

「香りは、スーフィーの修行を美しくするだけでなく、その無数の姿を通して、霊的なインスピレーションを与える役割を担っている。- クリシュナラジ・アイエンガー

Fragrance A Sign of God

香り:神のしるし

Since fragrance has a direct relation with the spirit, Sufis consider it to be an expression of spirituality and spiritual inspiration. Sufi mystics consider the universe’s bounties as manifestations of divine beauty and signs of the universal creator, among whose most sublime creations is fragrance.
Known to exhilarate and spiritually elevate mankind since ages, the Sufis are no exception to loving fragrance which has been unanimously viewed by them in many enlightening and intriguing ways.

香りは霊性と直接的な関係があるため、スーフィーは香りを霊性や霊視感の表現とみなしています。スーフィーの神秘主義者は、宇宙の恵みは神の美の現れであり、普遍的な創造主のしるしであると考え、その最も崇高な創造物の中に香りがあると考えます。古来より人類を元気づけ、霊的に高揚させるものとして知られる香りは、スーフィー教徒にとっても例外ではなく、多くの啓蒙的で魅力的な方法で意見が一致で捉えられているのである。

Islamic Roots

イスラム教のルーツ

Beginning with Islam, non-alcoholic perfume concentrates or ‘attar’ have been a part of ‘Sunnah’ or prophetic tradition including the practice of burning agarwood (oud) chips in the form of ‘bakhoor’ or incense on ornate Arabic incense burners called ‘Mabkharah.’ Since alcohol is ‘haram’ (forbidden) in Islam, attars have been a part of all Islamic communities and even Sufi orders.

イスラム教では、「マブカラ」と呼ばれるアラビアの香炉で沈香(ウード)のチップを「バフール」やお香として焚く習慣があるなど、非アルコールの香水「アッター」は「スンナ」(預言者の伝統)の一部であった。イスラム教ではアルコールは「ハラーム」(禁忌)なので、アッターはすべてのイスラム社会、さらにはスーフィーの教団の一部となっている。

Mabkharah マブカラ(香炉)
Bakhoor  バフール(アラブのお香)
Sunnah:スンナ(アラビア語: Sunnah)は、字義通りには「踏み慣らされた道=慣行」。
主にイスラームにおける預言者ムハンマドの言行・範例( as-Sunnatu’n-Nabaw?yah:預言者のスンナ)を指すウィキペディアより

Musk–The Scent of Love

ムスク:愛の香り

One of the loftiest Sufis and Persian mystic poets of all times was Jalaluddin Rumi. Also known as ‘Mevlana’ to the Turks, ‘Molana’ to Persians, he existed in ‘Aalam-e-Lahoot’ (realm of divinity), the highest spiritual state in which love was central to his teachings. “Love,” he said, “bore the fragrance of musk!” He wrote:

ペルシャの神秘詩人、ジャラールディン・ルーミーは、最も高尚なスーフィーの一人です。トルコ人には「メヴラーナ」、ペルシャ人には「モラナ」とも呼ばれる彼は、「アーラム・エ・ラフート」(神性の領域)に存在し、愛が彼の教えの中心をなしている最高の霊的状態でした。「愛は麝香の香りを放つ "と彼は言っています。と書いている。

Scent The Spirit’s Essence

香り:霊的本質

Scent also signifies spiritual essence, spiritual connection or a medium of expressing or conveying the bliss of divine love and unison. Many Sufis in Persia, the Arab world and India have spoken about fragrance in various manners, even allegorically.While Amir Khusro the towering Indian Sufi poet talks about recognizing ‘the scent’ of his teacher Nizamuddin Peer, Rumi writes “I have fragranced my mind with the scent of Shamsuddin my master. Oud, amber and musk I do not need.”

香りはまた、霊的な本質、霊的なつながり、あるいは神聖な愛と一体化の至福を表現したり伝えたりする媒介を意味する。ペルシャ、アラブ、インドに住む多くのスーフィーは、香りについて様々な形で、さらには寓意的に語ってきた。インドの高名なスーフィー詩人アミール・ホスローは、師ニザムディン・ピアの「香り」を認識することについて語り、ルーミーは「私は私の師シャムスディンの香りで心を香らせた」と書いています。ウード、アンバー、ムスクは必要ない」。

Rumi in his greatest work , the ‘Masnavi’, also talks of the Qur’anic story about how the visually impaired Prophet Jacob, while in Egypt, could feel the scent of his son Joseph (Yusuf) from miles away as his caravan left Canaan. When Joseph cast his robe on his father’s face, he began to see again. Rumi says “buye pirhaan e yusuf kon sanad. Zaan ke buyesh chashm roshan mikonad” (“Make the scent of Joseph’s robe your rope. Hold on to it, for it gives sight to the eyes”). Here, Rumi talks about sensing the ‘scent’ of God’s presence so our spiritual eyes maybe opened.

ルーミーは、彼の最も偉大な作品である「マスナヴィー」の中で、エジプトにいた視覚障害の預言者ヤコブが、彼のキャラバンがカナンを出発するとき、数マイル先から息子ヨセフ(ユスフ)の匂いを感じられたというクルアーンの物語についても語っている。ヨセフが自分の衣を父の顔にかけると、父は再び目が見えるようになった。ルミは言う、「buye pirhaan e yusuf kon sanad. ヨセフの衣の匂いをあなたの縄にしなさい。それは目に見えるから」。) ルーミーはここで、神の存在の「香り」を感じ取ることで、私たちの霊的な目が開かれるかもしれないと語っているのです。

Eau De Dervish

オーデダルウィーシュ

Fragrance finds significance in various Sufi practices. “The ‘Whirling Dervishes’ of Rumi’s ‘Mevlevi’ Turkish Sufi tradition burn a musky-amber and oud incense (t?ts?) and even wear a unique daffodil and rose fragrance during the legendary ‘Sema’ ceremony. The scent of Narcissus signifies God’s love,” says Handan Is??k, a passionate lover of Sufism from Konya, Turkey, where stands Rumi’s mausoleum, a place of pilgrimage for her kind.

香りは、さまざまなスーフィーの修行において重要な意味を持っています。ルーミーのトルコのスーフィーの伝統である「メヴレヴィー教団」の「托鉢僧の旋舞」は、伝説的な「セマ」の儀式の間、ムスキーアンバーと沈香の香(t?ts?)を焚き、水仙とバラの独特の香りを身にまとうこともあるそうです。ルミーの霊廟があるトルコのコンヤ県でスーフィズムをこよなく愛するハンダン・イスルクさんは、「水仙の香りは神の愛を意味する」という。

Dervishes:ダルウィーシュ 《イスラム教の托鉢(たくはつ)僧; 体を激しく回転させる踊りや祈祷(きとう)で法悦状態に入る》.

In parts of the Arab world where ‘dhikr’ (remembrance of God) ceremonies are performed at Sufi gatherings like ‘Hadrah’, bakhoor is burnt to not only purify the atmosphere, but to create the spiritual mood. Attars of different types are worn by the ‘mureeds’ or Sufi disciples and even the ‘Sheikh’ or the master who presides over the ceremony.

アラブでは「ハドラ」のようなスーフィーの集団儀式で「ジクル」(神を想起すること)の儀式が行われるが、バフール(アラブのお香)は雰囲気を浄化するだけでなく、霊的なムードを盛り上げるために焚かれるのである。また、「mureeds」と呼ばれるスーフィーの弟子たちや、儀式を取り仕切る「Sheikh」と呼ばれる師匠は、さまざまな種類のアッターを身につけます。

Dhikr:ジクル:イスラムにおいて,神の名を唱え,思念を神に集中する宗教的行為。
ハドラ(Ha?ra、????) とはスーフィズム教団が行う集団儀式

Indian Mystique

インドの神秘

In India, there is the tradition of smearing attar on ‘chaadar’ (sacred cloth sheets) which cover the graves of Sufi saints at mausoleums. Perfumer Praful Gundhi explains that while his two classic attars ‘Majmua,’ a unique rose and kewda (pandanus) blend, and ‘Firdows,’ a warm, fresh green aromatic attar are generally preferred for ‘Dargah’ or Sufi mausoleums, some also use black musk, rose and jasmine.
Incense sticks, or ‘agarbatti’ also finds a place in Indian Sufism. “Devotees often buy my musk rose incense and have the dargah priest pray over it. They feel the pure spiritual energy after they light it thereafter,” he explains.

インドでは、スーフィー聖者の霊廟で墓を覆う「チャーダー」(神聖な布製のシート)にアッターを塗る習慣があります。ダルガー」と呼ばれるスーフィーの霊廟では、ローズとケワダ(アダン)をブレンドした「マジュムア」と、温かくフレッシュなグリーンアロマの「フィルドウ」の2種類が一般的だが、ブラックムスク、ローズ、ジャスミンを使う人もいると、調香師のプラフル・グンディさんは説明する。また、インドのスーフィズムでは、線香やアガルバッティ(線香)も重要な役割を果たします。「信者はよく私のムスクローズのお香を買って、ダルガの僧侶に祈ってもらうんです。その後、火をつけると、純粋な霊的エネルギーを感じるのです」と彼は説明する。

Kewdaケワダケワダ(アダン)Abs・精油
学名:Pandanus odoratissimus Syn. P. tectorius
和名:アダン 科名:タコノキ科タコノキ属
原産地:インド 抽出部位:花 抽出方法:溶剤

ロサモスカータ(ムスクローズ)・精油
学名:Rosa moschata 科名:バラ科 バラ属 原産地:インド
抽出部位:花 抽出方法:水蒸気蒸留

agarbatti 線香

‘Loban,’ a resin, is also burnt with charcoal on special burners. The individual, with head covered, walks around the mausoleum with the burner so the smoke spreads evenly throughout, dispelling all negative energy and inspiring devotion.

ローバン(ベンゾイン)という樹脂も、炭と一緒に特別な香炉で燃やされる。頭を覆った人が香炉を持って廟の周りを歩くと、煙が全体にまんべんなく広がり、ネガティブなエネルギーを払い、献身的な気持ちを起こさせるのです」。

Fragrance plays a role in not only beautifying Sufi practice but also by providing spiritual inspiration through its myriad avatars. Like music, good food and natural beauty, fragrance can be called “ni’amah” Arabic for “divine grace,” that liberates man from the ego’s trappings.

香りは、スーフィーの修行を美しくするだけでなく、さまざまな姿を通して精神的なインスピレーションを与える役割を担っています。音楽、おいしい食事、自然の美しさと同様に、香りはアラビア語で「神の恩寵」と呼ばれ、人間をエゴの束縛から解放してくれます。

Sufim’s insight into fragrance makes us feel that there are after all, a few drops of its mystical wisdom in each great fragrance of the world in the form of those secret notes that become the soul’s elixir! The liberating ‘aha’ that fragrances of various kinds cause their lovers and wearers to experience can be called ‘split-second Sufism!’ It is when the soul suddenly feels the deep connect with its source for those few moments of nosing the opening notes, or even throughout the course of the fragrance’s unfolding from the top to the heart to the base, like a mystic ceremony of divine love!

スーフィズムの香りに対する洞察は、世界中の素晴らしい香りの中に、その神秘的な知恵が数滴、魂の霊薬となる秘密の音として存在することを感じさせてくれます。さまざまな種類の香りが、その恋人や身につける人に経験させる解放的な「アハ」は、「一瞬のスーフィズム」と呼ぶことができるだろう。それは、オープニングノートを嗅いだ瞬間に、あるいはトップからハート、ベースへと香りが展開していく過程で、魂が突然その源と深くつながるのを感じることであり、まるで神聖な愛の神秘的儀式のようなものです

soul’s elixir 魂の霊薬

用語
スーフィズム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0

スーフィズム(英: Sufism)、タサウウフ(Taawwufアラビア語:)、イスラム神秘主義とは、イスラム教の神秘主義哲学である。アラビア語ではタサウウフと呼ばれるが、一般的に担い手であるスーフィー(アラビア語)に英語のイズムをつけたスーフィズム、またはイスラム神秘主義という呼称が使われている[1]。ただし、スーフィー達が「神秘」を特に掲げていたという訳ではない[1]。
9世紀以降に生じた、イスラム教の世俗化・形式化を批判する改革運動であり、修行によって自我を滅却し、忘我の恍惚の中での神との神秘的合一(ファナー ???? fan?')を究極的な目標とする、一種の内面化運動である[2]。

アミール・ホスロー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC

インドのパンジャーブ地方、パティヤーラ出身の詩人、音楽家、芸術家、歴史家。アミール・ホスローとも呼ばれる。
民族叙事詩、神秘主義、歴史を主題に叙事詩や叙情詩を多く作った。
カッワーリーの創始者とされ、中世のインドに於いて最大の詩人として「インドの鸚鵡」の異名で名高く[1][2]、ペルシア語、ウルドゥー語、ヒンドゥスターニー語などを混ぜたマカロニックを好んだ。
イスラーム王朝のデリー・スルターン朝(奴隷王朝、ハルジー朝、トゥグルク朝)のスルターンに仕え、13世紀から14世紀にかけてのチシュティー派イスラム神秘主義聖者であるニザームッディーン・アウリヤーの愛弟子で[1][2]、ニザームッディーンの信奉者であった[3]。また、アミール・ホスローは音楽家としてもシタール、タブラ、ガザルを13世紀にもたらし、ヒンドゥースターニー音楽の基礎を築いたとされている[3]。

ジャラール・ウッディーン・ルーミー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC

ジャラール・ウッディーン・ルーミー(ペルシア語: MawlnJal?l ad-Dn Muammad BalkheRm; トルコ語: Mevln Celaleddin-i Rumi、1207年9月30日 - 1273年12月17日)はペルシャ語文学史上最大の神秘主義詩人である。同時代のスーフィー・イブン・アル=アラビーと並ぶ、イスラーム神学、スーフィズムの重要な人物の一人と見なされている[1]。「沈黙」を意味する「ハムーシュ」を雅号とし[2]、ルーミーの父バハーウッディーンをはじめとする人々は、「識者」を意味する「ホダーヴァンデガール」と彼を呼んだ[3]。
ルーミーの思想の一つに、旋回舞踏によって「神の中への消滅」という死に似た状態に陥る神秘体験の実行が挙げられる[4]。ルーミーの没後、コンヤのルーミー廟を拠点とする彼の弟子たちによって、コマのように回って踊るサマーウ(セマ)という儀式で有名なメヴレヴィー教団が形成された。メヴレヴィー教団では同教団の始祖と仰がれている。主な著書はペルシャ語の詩集『精神的マスナヴィー』(Masnav?-ye Ma'nav)。

What is bakhoor (and how to use bakhoor)?
バクフールとは何ですか(そしてバクフールの使い方)?

https://threekings.com/en-ae/blog/what-is-bakhoor-and-how-to-use-bakhoor/#:~:text=In%20most%20cases%2C%20bakhoor%20is,as%20serving%20coffee%20and%20dates.

Bakhoor are wood chips that have been soaked in perfume oil and are mixed with other (natural) ingredients, such as natural resin, sandlewood and essentials oils. It comes in many different varieties, which means there’s a type of bakhoor for everyone. Bakhoor is especially popular in the Middle East.

バフールは、香油に浸され、天然樹脂、サンドルウッド、精油などの他の(天然)成分と混合された木材チップです。それは多くの異なる品種になり、それは誰にとっても一種のバフールがあることを意味します。バフールは中東で特に人気があります.

|

« 香りを感知する嗅覚受容体は精子、心臓、皮膚、腎臓、腸などにあります。 | Main | 嗅覚の霊性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 香りを感知する嗅覚受容体は精子、心臓、皮膚、腎臓、腸などにあります。 | Main | 嗅覚の霊性 »