« 香りと霊性-スーフィズムの愛の香り | Main | 香水と魔術:謎の物語 »

November 16, 2022

嗅覚の霊性

SPIRITUALITY OF THE SENSE OF SMELL

https://naturalnicheperfume.com/blog/spirituality-of-the-sense-of-smell/

嗅覚の霊性

Love for perfumes and spirituality go together, at least in the tradition of Islam.

香水への愛と霊性は、少なくともイスラム教の伝統の中では一致しています

Very much unlike the idea of Serge Lutens for whom perfume is an expression of decadence and sensuality, the prophetic traditions of the three monotheistic religions, in their ritual as well as in their mystics, have given to us many clues about the direct relation that exists between the spiritual reality of men and their olfactory capacity.

香水を退廃と官能の表現とするセルジュ・ルタンスの考えとは全く異なり、3つの一神教の予言的伝統は、その儀式と神秘主義者において、人の霊的現実と嗅覚能力の間に存在する直接的関係について多くの手がかりを与えてくれています。

Starting with the Hebrew mysticism, because it springs from the prophet Abraham who is not only the spiritual but also the biological forefather of Moses, Jesus and Mohammad, the sense of smell is described as the only one giving pleasure to the soul, while all other senses give pleasure to the body.

ヘブライ神秘主義から始まり、モーセ、イエス、ムハンマドの霊的だけでなく生物学的な祖先でもある預言者アブラハムから生まれたので、嗅覚は魂に喜びを与える唯一のものとして記述されていますが、他のすべての感覚は体に喜びを与えます。

The following traditions explain my point, which is that the best of mankind, the founders of faiths, had a sense of smell that allowed them to sense what other people could not.

以下の伝承は、私の言いたいことを説明している。つまり、人類の最高峰である信仰の創始者たちは、他の人々が感じられないものを感じ取ることができる嗅覚を持っていたということである。

The following examples come directly from the Muslim tradition, particularly from the Quran.

以下の例は、イスラム教の伝統、特にコーランから直接得たものである。

Jesus used to surprise people when he was a child, describing to them what they had eaten in their houses, and the evident explanation is that he could smell it, as this often happens to me and you, when people have eaten fried foods, for example.

イエスは子供の頃、よく人々が家で食べたものを説明して驚かせたが、その明らかな説明は、例えば人々が揚げ物を食べたとき、私やあなたにもよく起こるように、彼はその匂いを嗅ぐことができたということである。

Nevertheless, this ability of Jesus was so stunning to people because he would tell them everything they had eaten, including the foods that none could have smelled. This was quite disturbing for the co-nationals of Jesus because the rules regulating the foods are extremely strict in Hebraism and many were not following them strictly. Jesus was not just telling them what they had eaten but what forbidden foods they had eaten.

それにもかかわらず、イエスのこの能力は人々を驚かせた。なぜなら、彼は、誰も嗅ぐことのできない食べ物も含めて、彼らが食べたものをすべて話したからである。というのも、ヘブライ宗教(旧約聖書)では食べ物の決まりが非常に厳しく、多くの人がそれをきちんと守っていなかったからである。イエスは、彼らが何を食べたかだけではなく、どんな禁断の食物を食べたかを告げたのである。

Solomon had been taught the language of all living creatures. Once he passed with his army by a very big ant community. Feeling the footsteps of his legions, the ants became alarmed and called each other “get back under earth otherwise Solomon’s army will smash you under their feet”. Then Solomon, hearing this, laughed (Quran).

ソロモンは、すべての生き物の言葉を教えられていた。あるとき、彼は軍隊を引き連れて、とても大きなアリの群れの横を通り過ぎた。ソロモンの軍団の足音を感じたアリたちは警戒し、「地中に戻れ、さもないとソロモンの軍団に足元をすくわれるぞ」と互いに呼び合う。すると、それを聞いたソロモンは笑った(コーラン)。

How could Solomon hear their voices? Because he could smell their language. Insects communicate essentially through a chemical language, they produce pheromones, and among them are alarm pheromones. With this device, a tiny insect of 2 mm can send his message to others over long distances. This is what the antennas of insects are: noses for chemical (aromatic) messages. Solomon’s nose was so sensitive that he could smell these pheromones with which insects communicate,and knew their meaning. He could not speak to the ants but knew their language.

なぜ、ソロモンは彼らの声を聞くことができたのでしょうか。彼はアリの言葉の匂いを嗅ぐことができたからだ。昆虫は基本的に化学的な言葉でコミュニケーションをとる。彼らはフェロモンを出すが、その中に警報フェロモンがある。この装置を使えば、2mmほどの小さな昆虫でも、長距離にわたって自分のメッセージを相手に送ることができる。これが昆虫のアンテナの正体で、化学的(芳香)メッセージのための鼻なのである。ソロモンの鼻はとても敏感で、昆虫がコミュニケーションするこのフェロモンの匂いを嗅ぎ分け、その意味を知っていた。彼はアリと話すことはできないが、彼らの言葉を知っていたのだ。

Jacob had become blind from the disappearance of his beloved son Joseph. After many years the whole bunch of his 12 brothers was forced by famine to get out of the desert to find wheat in Egypt.Joseph had become the vizier of Pharaoh and was his minister of agriculture. They did not recognize him but he did recognize them. At last, he revealed himself to them on their third travel to Egypt and said to them: go back to our father and throw this shirt of mine onto his face. He will recover his sight. So when the caravan approached Jacob’s tent he said: “I can smell the smell of Joseph”. In fact, the sense of smell of blind people becomes particularly acute, but not to this point. Jacob was a prophet and like Jesus or Solomon, he could smell what other people cannot smell.

ヤコブは最愛の息子ヨセフの失踪により、目が見えなくなっていた。何年もたってから,12人の兄弟たちは飢饉によって,エジプトで小麦を見つけるために砂漠から出て行くことを余儀なくされました。ヨセフはファラオの宰相となり、農相を務めていた。彼らはヨセフを認めませんでしたが、ヨセフは彼らを認めました。そして、3回目のエジプト旅行のとき、ついにヨセフはその姿を現し、彼らに言った。彼は視力を回復するだろう」。そこで、キャラバンがヤコブの天幕に近づくと、彼は言った。"ヨセフの匂いがする "と。実際、盲人の嗅覚は特に鋭くなるのだが、ここまではいかない。ヤコブは預言者であり、イエスやソロモンのように、他の人が嗅ぎ分けられない匂いを嗅ぎ分けることができるのである。

His sons said, “this is your old folly about Joseph that overtakes you again”. But there came the sons who had been to Joseph, and when they threw the shirt onto his face his blindness was cured. This is how the nose can cure other organs of our body. It is a great sorrow that had made him blind. The nose can bring powerful emotions and the smell of Joseph procured him joy so great that it cured the blindness caused by the sorrow of his loss.

息子たちは、「これはヨセフに関するあなたの昔の愚行が、またあなたを追い越したのだ」と言った。しかし、そこにヨセフのところに行ったことのある息子たちがやってきて、彼の顔にシャツを投げつけると、彼の盲目は治った。このように鼻は私たちの体の他の器官を治すことができるのです。彼を盲目にしたのは、大きな悲しみである。鼻は強い感情をもたらすことができ、ジョセフの匂いは、失った悲しみによる失明を治すほど大きな喜びを彼にもたらした。

The prophet Muhammad who had been orphaned at the age of six, whose only children were daughters, whose first convert was a woman, said that his most beloved person was his wife and who replied once “the best among you is the one kinder to his family”, said: “Three things of this world were made dear to my heart: prayer, perfume, and feminine gender”.

6歳で孤児となり、唯一の子供が娘で、最初の改宗者が女性であった預言者ムハンマドは、彼の最も愛する人は彼の妻であり、かつて「あなたがたの中で最高の者は彼の家族に優しい者である」と答えたと述べています:この世の3つのものがわたしの心に愛された:祈り,香水, そして女性らしさ

The Muslims were thus enjoined to use perfume for the ritual Friday prayer, this is why the art of perfumes, born in India was developed by the Arabs in the same way as they assimilated and developed the science of medicine from the Greeks.

そのため、イスラム教徒は金曜日の礼拝に香水を使うようになり、インドで生まれた香水術は、アラブ人はギリシャから医学を吸収・発展させたのと同じように発展したのである。

But as we know well with aromatherapy, between perfume and medicine there is not really a frontier and the forgotten figure of the perfumer-healer is rising again from the art of natural perfumery. The Natural perfumer of today does not have the spiritual dimension that often surrounded the antique perfumer, but he has a psycho-therapeutic role of healer of the minds with his perfumes because we can say that a scent that makes you feel good when you are depressed has actually cured you.

しかし、アロマセラピーでよく知っているように、香水と薬の間には本当に境界はなく、忘れられた調香師ヒーラーの姿は自然香水の芸術から再び立ち上がりつつあります。今日の自然調香師は、古代調香師のような霊的側面はないが、あなたが落ち込んでいるときに気分を良くする香りが実際にあなたを癒したと言うことができるので、調香師の香水で心のヒーラーの心理療法的な役割を持っています。

用語

セルジュ・ルタンスとは
https://www.sergelutens.jp/ja_JP/about-serge-lutens.html

香水は、感覚をよび覚まし、エスプリを高揚させるものである。
香り。それは触れることの出来ない幻影のようでいて実体でもある、深みのある存在。
香りとは、私たちの影である。贅沢な蜃気楼、私たちの投影像、典雅な舞・・・
それはまるで内に秘めた宮殿のような、甘美なクリスタルの世界なのである。

ソロモン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3

ソロモン(ヘブライ語: ????、??l?m?h Shlomo、 ギリシア語: Σολομ?ν、 ラテン語: Salomon、 アラビア語: ??????、Sulaym?n、 トルコ語: S?leyman、 紀元前1011年頃 - 紀元前931年頃)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエル(イスラエル王国)の第3代の王[1](在位紀元前971年 - 紀元前931年頃)。父はダビデ。母はバト・シェバ。エジプトに臣下の礼をとり、ファラオの娘を降嫁されることで安全保障を確立し、古代イスラエルの最盛期を築いたとされる一方、堕落した王ともされる。

ヤコブ

https://kotobank.jp/word/%E3%83%A4%E3%82%B3%E3%83%96-143618#:~:text=%E6%97%A7%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8%E4%B8%AD%E3%81%AE%E6%97%8F%E9%95%B7,%E5%90%8D%E3%82%92%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%82

[一] イスラエル民族の始祖。イサクとリベカの間に生まれた双生児の一人でエサウの弟。兄から食物と引換えに長子権を得、のち神的体験によりイスラエルと改名。彼を太祖として一二人の子がイスラエル十二部族を構成した。
[二] イエスの兄弟。イエスの死後信仰にはいり、ペテロやパウロとともに教会の最初の中心人物の一人となった。「ヤコブの手紙(ヤコブ書)」の筆者ともいわれる。
[三] 十二使徒の一人。ゼベダイの子。もと漁夫で、使徒ヨハネの兄。イエスの最初の弟子の一人となり、殉教。大ヤコブともいわれる。
[四] 十二使徒の一人。アルパヨの子。エルサレムの最初の司教となり、のち殉教。小ヤコブともいわれる。
出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ムハンマド

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%95#cite_note-OEIW-3

ムハンマド(アラビア語: ?????[1]、Mu?ammad[2], 570年頃 - 632年6月8日)は、アラブの宗教的、社会的、政治的指導者であり、イスラム教の預言者である[3]。イスラム教の教義によると、彼は預言者であり、アダム、アブラハム、モーセ、イエス、その他の預言者の一神教の教えを説き、確認するために遣わされた[3][4][5][6]。

|

« 香りと霊性-スーフィズムの愛の香り | Main | 香水と魔術:謎の物語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 香りと霊性-スーフィズムの愛の香り | Main | 香水と魔術:謎の物語 »