« 香水と魔術:謎の物語 | Main | ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史 »

November 24, 2022

CaFleureBon:香水のバラ+バラ描画の名前

CaFleureBon: Roses in Perfumery + The Name of The Rose Draw

https://www.cafleurebon.com/cafleurebon-roses-in-perfumery-the-name-of-the-rose-draw/

CaFleureBon:香水のバラ+バラ描画の名前

Most people complain that roses have thorns, I am only grateful that thorns have roses. Alphonse Karr

ほとんどの人はバラにとげがあると不平を言いますが、棘にバラがあることに感謝するのみです。アルフォンス・カール

Classic, elegant, evocative, and richly floral – it’s nearly impossible to describe the scent of a rose fresh from the garden and just as difficult to capture that scent. They are representative of love, of passion and of elegance.

クラシックで、エレガントで、喚起的で、豊かにフローラル - 庭から新鮮なバラの香りを説明することはほとんど不可能であり、その香りを捉えることは同じくらい困難です。 バラは愛、情熱、優雅さの代表です。

Roses are an ancient flower, perhaps as much as 35 million years old and including up to 150 species mostly from the northern hemisphere. They have been cultivated for perhaps 5000 years, beginning in China,(Confucious included roses in his writing in 500 BC) and have been used as expressions of love, for enjoyment, for medicinal purposes, for confetti, and for decoration. The world’s oldest rose that is growing today is said to be a dog rose in Hanover, Germany growing up the side of a cathedral and dating from the 9th century.
The largest rose is perhaps a Lady Banksia in Tombstone, Arizona that covers 8,000 square feet, produces hundreds of small white flowers, and came from Scotland in 1885. The Musk Rose (Rosa moschata) is an early, single bloomed species that may have been an ancestor to many of our modern roses. The French or Apothecary rose (Rosa gallica) once bloomed wild through Europe and Asia and can still be found there. The damask rose (Rosa damascena) is one of the earliest roses, descended from Rosa gallica with perhaps some musk rose and Apothecary rose in the background.White roses (Rosa alba) were famous during the War of the Roses and descended from early mixture of the older dog, damask and gallica roses. Rosa centifolia or Rose de Mai is the cabbage rose with many petals.

バラは古くからある花で、おそらく3500万年前のもので、北半球を中心に150種ほどあると言われている。 中国(紀元前500年、孔子の著書にバラが登場)から5000年ほど前から栽培され、愛情表現、観賞、薬用、フラワーシャワー、装飾などに使われてきたという。現在生育している世界最古のバラは、ドイツ・ハノーバーの大聖堂の脇に生えているイヌバラ(Rosa canina)で、9世紀のものと言われている最も大きなバラは、アリゾナ州トゥームストーンにあるレディバンクシア(モッコウバラ)で、1885年にスコットランドから持ち込まれ、8000平方フィートの面積に数百の小さな白い花を咲かせたものであろう。ムスクローズ(Rosa moschata)は、早咲きの一重咲きで、多くのモダンローズの祖先であると思われる。フレンチローズまたは薬用バラ(Rosa gallica)は、かつてヨーロッパやアジアに自生していたバラで、現在でも見ることができます。ダマスクローズ(Rosa damascena)は、最も古いバラの一つです。ムスクローズおよび薬用ローズを背景に、ロサ・ガリカの子孫にあたります。ホワイトローズ(Rosa alba)は、バラ戦争で有名で、古いのバラ、ダマスクローズ、ガリカローズの初期の混合種の子孫である。 ロサ・ケンティフォリアまたはローズドメイは、花弁の多いキャベジローズの一種。

イヌバラ (Rosa canina) はバラの一種。学名からロサ・カニーナとも呼ばれる。ヨーロッパ・北アフリカ・西アジアに自生する。
モッコウバラ(木香茨、木香薔薇、学名:Rosa banksiae)は、中国原産のバラ。種小名は植物学者ジョゼフ・バンクスの夫人にちなむ
上記はウィキペディアより
Rosa gallica :Apothecary rose薬用バラ

The Chinese rose is Rosa chinensis and gave rise to the Tea rose, providing important new characteristic to the European roses – repeat blooming and hardy evergreen foliage. Nearly all modern roses derive from these China roses.The scent of roses may be the heart of a perfume created to exhibit its rich lushness but rose extracts are also used as a modifier for roundness or smoothness. Main rose species used in essential oil production include damask rose, Apothecary’s or French rose, Rose de mai, white rose, China, and Musk rose. In producing the essential oil or otto, much care is taken to maintain the fullness of the scent. Flowers are picked early in the morning from pre-dawn until about 10:30 am and flowers that are fresh and in full bloom are chosen. The flowers are taken to the distillery every morning and are chilled, then distilled as soon as possible. One kg rose oil is obtained from 3000 to 4000 kg of damask rose petals, which are the highest yielding flowers. Solvent extraction obtains about 10 times as much fragrant material making the absolute or concrete, both products of solvent extraction, less expensive than the distilled otto or rose oil. The word rose attar can mean two different things, either the essential oil of rose or the process of distilling roses into sandalwood. Attar of rose has a gorgeous scent with the floral, honey and buttery richness of roses and sandalwood intimately combined.

中国のバラはRosa chinensis(ロサ・キネンシス)で、ティーローズを生み出し、繰り返し咲き、常緑で丈夫な葉というヨーロッパローズに新しい重要な特徴を与えた。 モダンローズのほとんどは、このチャイニーズローズに由来している。バラの香りは、その豊かさを表現するために作られた香水の中心であるかもしれませんが、バラのエキスは丸みや滑らかさを表現するための調整剤としても使用されています。精油に使われる主なバラの種類は、ダマスクローズ、アポセカリーローズ(薬用バラ)または(フレンチローズ)、ローズドメイ、ホワイトローズ、チャイナローズ、ムスクローズなどです。精油(オットー)の製造では、香りのふくよかさを保つために多くの注意が払われる。花は夜明け前から10時半頃までの早朝に摘み取られ、新鮮で満開の花が選ばれる。 花は毎朝蒸留所に運ばれ、冷やされた後、できるだけ早く蒸留される。最も収穫量の多いダマスクローズの花びら3000〜4000kgから、1kgのローズオイルが得られる。溶剤抽出の場合、約10倍の香気成分が得られるので、溶剤抽出のアブソリュートやコンクリートは、蒸留したオットーやローズオイルよりも安価に入手できる。ローズアッターという言葉には、バラの精油という意味と、蒸留したローズをサンダルウッドに混ぜる工程という意味が2つある。 ローズアッターは、バラのフローラルな香り、ハチミツやバターのようなリッチな香り、サンダルウッドが密接に結びついた華やかな香りを持つ。

Rosa chinensis ロサ・キネンシス
Rose de mai ローズドメイ:Rosa centifoliaロサケンティフォリア
Concretes コンクリート
花、葉、草、根、樹皮等を揮発性溶剤を用いて芳香成分を抽出し、低温、減圧下で溶剤を除去して、濃縮芳香成分を含むワックス状コンクリートのものを得る。これをコンクリートオイル、略してコンクリートという。コンクリートをアルコールで処理して、香気成分を取り出したものをアブソリュートという。香りの事典より

In perfumery there are two popular and readily available, though quite expensive, types of roses used. Rosa centifolia or Rose de Mai is usually found as an absolute (alcohol wash of a solvent-extract) with a rich sweet, true and deep rose scent and an odor that is described as tenacious. There are very slight hints of spice and honey. It is generally cultivated in Morocco, France and other European and Asian countries and is available in limited quantities as an essential oil. Rosa damascena is the familiar rose from Bulgaria and Turkey that is also used to produce the ‘otto’ or essential oil of rose. It is the primary rose used for production of essential oil, obtained from distillation. Turkey has been producing ‘Turkish Rose Oil’ for over 120 years. The otto is generally a pale yellow or light green liquid with a tendency to form crystals at lower temperatures. It has a warm, very deep and very rich fragrance, slightly spicy and honeylike. It is a true representation of a red rose. The absolute from this rose is described as warm, rich, spicy –floral and also possessing hints of honey and is usually orange or orange-red in color. When diluted it can be quite diffusive and may exhibit its odor best at low dilutions.

香水で使われるバラは、高価だが入手しやすい人気の高い2種類である。ロサケンティフォリアまたはローズドメイ は、通常、 アブソリュート(溶剤抽出物のアルコール洗浄) として豊かな甘い、本当の奥深いバラの香りと粘りとして記述されているごくわずかにスパイスとハチミツの香りがする。 モロッコ、フランスなどヨーロッパ、アジアで一般的に栽培されており、精油として限られた量しか入手できません。 ダマスクローズは、ブルガリアやトルコでおなじみのバラで、「オットー」やローズの精油の生産にも使用されています。蒸留して得られる精油生産に使われる主要なバラです。トルコでは120年以上前から「トルコローズオイル」を生産しています。オットーは一般的に淡い黄色または淡い緑色の液体で、低温で結晶を形成する傾向があります。 温かみがあり、非常に深みのある、わずかにスパイシーでハチミツのような香りがします。まさに赤いバラを表現しています。このバラのアブソリュートは、暖かく、豊かで、スパイシーな花のような、またハニーのヒントを持つと表現され、通常オレンジまたはオレンジレッド色をしています。 希釈するとかなり拡散し、低い希釈率でその香りを最もよく発揮することができます。

The concretes (solvent extract) of damascena and centifolia are similar to the absolutes but may be slightly more true to the rose scent. Musk rose (Rosa moschata) has an earthy, musky rose scent and is difficult to find. The rare Taif roses grow in Saudi Arabia and are likely a variety of damask rose. They are delicately pink and highly perfumed. Both rose oil and rose water are made from these roses and the yield is much lower than other damask roses.
Rose oils and absolutes are often extended or adulterated with other rose-smelling essential oils and extracts including rose geranium, an herb and palmarosa which is a grass. Geranium, especially the bourbon or rose variety, provides a lovely, rosy scent that is also slightly herbal. Palmarosa or palma rosa is commonly used in less expensive applications including soap making or skin product

ダマスクローズとケンチフォリアのコンクリート(溶剤抽出物)はアブソリュートに似ているが、バラの香りにやや忠実なのかもしれない。 ムスクローズ(Rosa moschata)は土っぽい麝香のようなバラの香りで、入手が困難である。サウジアラビアでは珍しいタイフのバラが栽培されており、ダマスクローズの一種と思われる。 繊細なピンク色で、香りが強い。 ローズオイルもローズウォーターもこのバラから作られるが、他のダマスクローズと比べると収量はかなり少ない。ローズオイルやアブソリュートは、ハーブのローズゼラニウムや草のパルマローザなど、他のバラの香りの精油やエキスで拡張したり不純物を入れたりすることが多い。 ゼラニウム、特にバーボンまたはローズ品種は、美しい、バラ色の香りを提供し、またわずかにハーブ調です。 パルマローザは、石鹸やスキンケア製品など、あまり高価でない用途によく使われます。

|

« 香水と魔術:謎の物語 | Main | ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 香水と魔術:謎の物語 | Main | ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史 »