« ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史 | Main | ホワイトフローラル系香水の精油成分インドール »

November 28, 2022

ホワイトフローラル系の香水

THE PERFUME OF WHITE FLOWERS

ホワイトフローラル系の香水

https://www.carrementbelle.com/blog/en/2022/02/02/perfume-white-flowers/

An ode to elegance and purity, a symbol of royalty and femininity, white flowers have been very popular with perfumers for many years. However, behind their apparent wisdom lie much richer, sensual and even daring facets! And some noses no longer hesitate to show this other “personality”. Let’s find out what’s inside the perfume of white flowers…

優雅さと純粋さへの頌歌、王族と女性らしさの象徴であるホワイトフラワーは、長年にわたって調香師に非常に人気があります。しかし、彼らの見かけの知恵の裏には、はるかに豊かで官能的で大胆な側面さえあります! そして、一部の香りはもはやこの他の「個性」を示すことを躊躇しません。ホワイトフラワーの香水の中身を探ってみましょう。

Portrait of flowers like no other

他にはない花のポートレート

The queens of floral notes

フローラルノートの女王たち

There is an incredible variety of floral notes in perfumery. We think in particular of the rosy nuances, created by the various types of rose or the peony. There are also powdery flowers, of which iris and violet are the perfect ambassadors. Others are more spring-like, such as narcissus or daffodil, while some give off spicier notes, such as carnation or immortal. But among all these notes, we find a category very appreciated by perfumers: white flowers. Unlike other floral nuances, they have a dual olfactory profile, between freshness and sensuality.

フローラルノートの女王たち香水には、実にさまざまなフローラルノートがあります。特に、さまざまな種類のバラやシャクヤクが作り出すローズ調のニュアンスを思い浮かべます。また、パウダー フラワーもあり、アイリスやバイオレットは完璧な大使です。水仙やラッパズイセンのような春らしい花もあれば、カーネーションやイモータル(ヘリクリサム)のようなスパイシーな香りを放つ花もある。しかし、これらの香りの中で、調香師たちが高く評価しているのが、ホワイトフラワーである。他の花のニュアンスとは異なり、フレッシュさと官能的な香りを併せ持つ。

POWDER FLOWERS:パウダー フラワー
rosy nuances ローズ調のニュアンス

The white flowers


ホワイトフラワー

In perfumery, white flowers refer to essences, extracted from flowers with light petals. These perfumed materials are generally obtained by steam distillation of plants. The most known are :

香水では、ホワイトフラワーは、軽い花びらの花から抽出されたエッセンスを指します。これらの香水は、一般的に植物の水蒸気蒸留法で得られます。代表的なものは以下の通りです。

Jasmine: an emblematic flower, jasmine is one of the ingredients most used by noses. Its fragrance is rich, quite sweet with fruity and solar undertone. It brings light and power to a fragrance.

ジャスミン: 象徴的な花であるジャスミンは、匂いで最もよく使われる原料のひとつです。ジャスミンの香りは、フルーティーで、ソーラーアンダートーンのニュアンスを持つ、濃厚でかなり甘い香りです。香りに光とパワーをもたらす。

The tiare flower: shrub from the Pacific, the tiare produces a flower with many virtues and a mesmerizing scent. Its absolute diffuses a sweet and floral smell with solar and exotic nuances, which is used to make monoi.

ティアレの花:太平洋に生息する低木で、多くの美点と魅惑的な香りを持つ花を咲かせます。そのアブソリュートは、太陽とエキゾチックなニュアンスを持つ甘くフローラルな香りを放ち、モノイの原料として使用されます。

tiare flower:ティアレフラワー(学名:Gardenia taitensis)

Tuberose: this bewitching charmer gives off a very feminine fragrance in which we can distinguish milky, solar accents but also honeyed and almondy notes. This ingredient is very powerful and persistent.

チュベローズ:この妖艶な魅力は、非常にフェミニンな香りを放ち、ミルキーでソーラーなアクセントと、ハニーやアーモンドのようなノートが感じられます。非常にパワフルで持続性のある香りです。

Ylang-ylang: this raw material distils a very powerful perfume, typical of white flowers with a solar, creamy and fruity side. But ylang-ylang also brings a spicy aspect and powdery nuances.
The frangipani flower: sacred flower of Asia, it delivers a divine perfume between freshness and vanilla scents with almond tones that makes it subtly gourmand. It is the exotic white flower par excellence.

イランイラン:この原料は、ソーラー、クリーミー、フルーティーな側面を持つ白い花の典型的な、非常にパワフルな香りを蒸留します。しかし、イランイランはスパイシーな側面も持ち、パウダリーなニュアンスを与えます。

The frangipani flower: sacred flower of Asia, it delivers a divine perfume between freshness and vanilla scents with almond tones that makes it subtly gourmand. It is the exotic white flower par excellence.

フランジパニは、アジアの聖なる花で、フレッシュさとバニラの香りの間に、アーモンドのトーンを加えた、ほのかにグルメな香りを漂わせる神聖な香りを提供します。エキゾチックな白い花の代表格です

Orange blossom and neroli: these different ingredients come from the bigaradier tree, which produces the bitter orange. Both fresh and tangy, these materials have been adored for hundreds of years. Discover all their secrets here.

オレンジブロッサム、ネロリ:ビターオレンジを生産する橙の木から採れる成分です。フレッシュでピリッとしたこれらの素材は、何百年も前から愛されてきました。その秘密は、ここにあります。

Gardenia: Coco Chanel’s favorite flower, its essence is mainly used in high-end feminine creations. Its fragrance is subtle but persistent, with green and fruity tones, sometimes with metallic accents.

ガーデニア: ココ・シャネルが最も愛した花で、そのエッセンスは主に高級フェミニン製品に使用されています。グリーンとフールーティなトーンに、時にはメタリックなアクセントを加えた香りは、繊細でありながら持続性があります。

Magnolia: still little used in perfumery, the magnolia is nevertheless an ingredient that does not lack interest! Its solar and sensual perfume is quite fleeting. It brightens up compositions with its vegetal and floral notes, quite delicate.

マグノリア: 香水ではまだあまり使われていませんが、マグノリアの香りはとても興味深いものです。太陽的で官能的な香りは、非常に儚いものです。植物的でフローラルな香りは、とてもデリケートでコンポジションを明るくしてくれます。

There are other lesser-known or little-used white flowers that are just as rich and sensual. This is the case with white rose, osmanthus or some muted flowers such as lily of the valley or honeysuckle.

あまり知られていない、あるいはあまり使われていないホワイトフラワーで、同じように豊かで官能的なものがあります。ホワイトローズ、オスマンサス、スズランやハニーサックルのような控えめな花もそうです。

The use of white flowers in perfumery

香水におけるホワイトフラワーの使用

Between purity and sensuality

純粋と官能の狭間で

A staple of perfumery for centuries, white flowers were first favored by noses for their elegant and refined image. Their immaculate whiteness evokes virginal purity and is often found in the bridal bouquet. As the absolute essence of femininity, the scent of white flowers has long been reserved for wise, even candid fragrances. However, if elegance defines them, sensuality also applies to these ingredients which are far from being as chaste as they seem!

何世紀にもわたって香水の定番となっているホワイトフラワーは、その優雅で洗練されたイメージから鼻に好まれるようになった。その無垢な白さは、処女のような純粋さを想起させ、ブライダルブーケにもよく使われる。女性らしさの絶対的なエッセンスとして、ホワイトフラワーの香りは長い間、賢明な、率直な香りのために確保されています。しかし、エレガントであることはもちろん、官能的であることもホワイトフラワーの特徴であり、見た目ほど清純ではない。

Indeed, white flowers also reveal a fragrance with an exacerbated sensuality. Almost all white flowers naturally contain indole, an olfactory molecule with an animal scent. Subtly dosed, this organic compound brings a very wild, even sexual aspect. Aware of this olfactory paradox, perfume designers have been moving away from the wisdom of white flowers for several years. They now use them in much more assertive compositions.

ホワイトフラワーは、官能的な香りでもあるのです。ほとんどのホワイトフラワーは、インドールという動物の香りを持つ嗅覚性分子を自然に含んでいます。この有機化合物をさりげなく配合することで、非常に野性的で、性的な側面さえも持つようになるのです。この嗅覚のパラドックスに気づいた香水デザイナーは、数年前からホワイトフラワーの知恵から脱却しつつある。現在では、より主張の強いコンポジションで使用されている。

Olfactory associations of white flowers

ホワイトフラワーの香りの関連性

Thanks to their great richness, the fragrance of white flowers can be combined very easily with many accords. They can highlight warm and oriental notes such as ambergris, vanilla or tobacco. Also, these sunny essences accompany marvelously the spicy nuances or the fruity ingredients. Moreover, they bring a lot of depth and hold to the citrus compositions. The different white flowers also have the ability to match each other very well, thanks to their similar olfactory composition. Perfumers can create bouquets of white flowers, which they usually position at the middle note of the fragrance to give it relief.

ホワイトフラワーの香りは、その豊かさのおかげで、多くのアコードと簡単に組み合わせることができます。アンバーグリス、バニラ、タバコなど、温かみのあるオリエンタルな香りを際立たせることができます。また、この太陽のようなエッセンスは、スパイシーなニュアンスやフルーティーな成分を見事に調和させます。さらに、シトラス系のコンポジションに深みとホールド感を与えます。ホワイトフラワーは、香りの構成が似ているため、互いによく調和することができます。調香師は、白い花の花束を作ることができ、通常、香りのミドルノートに置いて、安心感を与える。

Ambergris:アンバーグリス、竜涎香{りゅうぜんこう

用語
インドール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB

インドール(Indole)は、分子式 C8H7N、分子量 117.15 で、ベンゼン環とピロール環が縮合した構造をとる有機化合物である。窒素原子の孤立電子対が芳香環の形成に関与しているためインドールは塩基ではない。

一般的性質

インドールは室温では固体だが、大便臭を発散する。実際大便のにおいの成分にもインドールが含まれる。ところが非常に低濃度の場合は花のような香りがあり、オレンジやジャスミンなど多くの花の香りの成分でもあって[1]、香水に使われる天然ジャスミン油は約2.5%のインドールを含む[要出典]。現在では合成インドールが香水や香料に使われている。またコールタールにも含まれる。

インドールはバクテリアによってアミノ酸の1種、トリプトファンの分解産物として生産される。

インドールの構造(インドール環)はいろいろな有機化合物、特に生体物質に含まれる。この中にはトリプトファンやインドールアルカロイドなどがある。

対応する置換基はインドリル基と呼ばれる。 インドールは求電子置換反応を3位に受けやすく、インドールに置換基のついた構造はトリプトファンに由来する神経伝達物質のセロトニンやメラトニン、麦角アルカロイド(またそれをもとに合成されたLSD)など幻覚作用を示すアルカロイドに含まれる。また植物ホルモンの一種オーキシン(インドリル-3-酢酸、IAA)のほか、人工化合物では非ステロイド性抗炎症剤のインドメタシン、βブロッカーのピンドロールなどにも含まれる。

インドールの名は植物由来の染料であるインディゴ(酸化されたインドール分子2個が連結した構造をもつ)に由来する。

|

« ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史 | Main | ホワイトフローラル系香水の精油成分インドール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ネロリ香水 - 特性、蒸留、歴史 | Main | ホワイトフローラル系香水の精油成分インドール »