« スピリチュアルヒーリングのための精油による塗油 | Main | 今年の干支・癸卯・きぼう(みずのと・う)の紹介 »

December 18, 2022

気分障害における精油の治療効果とメカニズム:神経系と呼吸器系の間の相互作用

Therapeutic Effect and Mechanisms of Essential Oils in Mood Disorders: Interaction between the Nervous and Respiratory Systems

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8125361/

気分障害における精油の治療効果とメカニズム:神経系と呼吸器系の間の相互作用

Int J Mol Sci. 2021 May; 22(9): 4844.
International Journal of Molecular Science 分子科学国際雑誌

Abstract

要約

Essential oils (EOs) are extracted from plants and contain active components with therapeutic effects. Evidence shows that various types of EOs have a wide range of health benefits. In our previous studies, the potential of lavender EO for prevention and even treatment of depression and anxiety symptoms was demonstrated. The favourable outcomes may be due to multiple mechanisms, including the regulation of monoamine level, the induction of neurotrophic factor expression, the regulation of the endocrine system and the promotion of neurogenesis.


精油(EO)は植物から抽出され、治療効果のある有効成分を含んでいます。エビデンスは、さまざまな種類の精油が幅広い健康上の利点を有することを示しています。私たちの以前の研究では、うつ病や不安症状の予防、さらには治療のためのラベンダー精油の可能性が実証されました。好ましい結果は、モノアミンレベルの調節、神経栄養因子発現の誘導、内分泌系の調節および神経新生の促進を含む複数のメカニズムに起因する可能性がある。

Monoamine モノアミン
モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの神経伝達物質の総称である 脳科学辞典より

neurotrophic factor 神経栄養因子

The molecules of EOs may reach the brain and exert an effect through two distinctive pathways, namely, the olfactory system and the respiratory system. After inhalation, the molecules of the EOs would either act directly on the olfactory mucosa or pass into the respiratory tract. These two delivery pathways suggest different underlying mechanisms of action. Different sets of responses would be triggered, such as increased neurogenesis, regulation of hormonal levels, activation of different brain regions, and alteration in blood biochemistry, which would ultimately affect both mood and emotion.

精油の分子は脳に到達し、嗅覚系と呼吸器系という2つの特徴的な経路を介して効果を発揮することがあります。吸入後、精油の分子は嗅覚粘膜に直接作用するか、気道を通過する。これら2つの送達経路は、異なる根底にある作用機序を示唆している。神経新生の増加、ホルモンレベルの調節、異なる脳領域の活性化、血液生化学の変化など、さまざまな反応セットが引き起こさされ、最終的には気分と感情の両方に影響を与えます。

Neurogenesis 神経新生

In this review, we will discuss the clinical effects of EOs on mood regulation and emotional disturbances as well as the cellular and molecular mechanisms of action. Emphasis will be put on the interaction between the respiratory and central nervous system and the involved potential mechanisms.

このレビューでは、精油が気分調節および情動障害に及ぼす臨床的効果、ならびに細胞および分子の作用機序について議論する。呼吸器系と中枢神経系と、関連する潜在的なメカニズムとの間の相互作用に重点が置かれます。

Further evidence is needed to support the use of EOs in the clinical treatment of mood disturbances. Exploration of the underlying mechanisms may provide insight into the future therapeutic use of EO components treatment of psychiatric and physical symptoms.

気分障害の臨床治療における精油の使用を支持するためにさらなる証拠が必要である。根底にあるメカニズムの探求は、精神医学的および身体的症状の治療の精油成分の将来の治療的使用についての洞察を提供するかもしれない。

Keywords: inhalation therapy, essential oil, anti-depression, anxiolytic

キーワード: 吸入療法、精油、抗うつ作用、抗不安作用

1.Introduction

1.序文

Essential oil (EO), as the main component used in inhalation therapy, has been widely investigated for its therapeutic effects. Evidence indicates that EOs can successfully reduce anxiety and relieve pain when combined with conventional treatment [1,2]. EOs can be administered through oral consumption, direct skin contact, or inhalation [3]. Among all different administration routes, inhalation is the most commonly adopted method. In fact, EOs from different plant extracts have been studied to demonstrate different effects, with lavender and bergamot EOs being the most widely used ones for relaxation in either single use or mixed use with reported pharmacodynamic interactions [4]. It has been shown that the different positive effects were linked to specific constituents in EOs [5,6]. Therefore, the combined use of EOs consisting of different molecular compounds, is able to maximise the therapeutic effect [7,8].

精油(EO)は、吸入療法に使用される主成分として、その治療効果について広く研究されている。精油が従来の治療と組み合わせると、不安を軽減し、痛みを和らげることができるという証拠が示されています[1,2]。精油は、経口摂取、直接皮膚塗布、または吸入を介して投与することができる[3]。すべての異なる投与経路の中で、吸入は最も一般的に採用されている方法である。実際、異なる植物抽出物からの精油は、異なる効果を実証するために研究されており、ラベンダーおよびベルガモット精油は、報告された薬力学的相互作用を伴う単独使用またはブレンド使用のいずれかにおけるリラクゼーションのために最も広く使用されているものである[4]。異なる肯定的な効果は精油の特定の成分に関連していることが示されている[5,6]。したがって、異なる分子化合物からなる精油を併用することにより、治療効果を最大化することができる[7,8]。

pharmacodynamic interactions 薬力学的相互作用

While the clinical effectiveness of EOs on depression and mood disturbances has already been proven, the underlying mechanisms of the therapeutic effects still remain elusive. In this review, we will discuss the biological routes of the volatile EO molecules upon entering the body and the possible cellular and molecular mechanisms underlying their therapeutic effects.

うつ病および気分障害に対する精油の臨床的有効性はすでに証明されているが、治療効果の根底にあるメカニズムは依然としてとらえどころのないままである。このレビューでは、体内に入ったときの揮発性精油分子の生物学的経路と、それらの治療効果の根底にある可能性のある細胞および分子メカニズムについて説明します。

|

« スピリチュアルヒーリングのための精油による塗油 | Main | 今年の干支・癸卯・きぼう(みずのと・う)の紹介 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スピリチュアルヒーリングのための精油による塗油 | Main | 今年の干支・癸卯・きぼう(みずのと・う)の紹介 »