« December 2022 | Main

January 21, 2023

アマゾン奥地の植物の癒しとシャーマニズム・アヤワスカの儀式に潜入

Plant Healing and Shamanism in the Deep Amazon, by Jorges Hachumak with David L. Carroll

https://parabola.org/2018/10/27/plant-healing-and-shamanism-in-the-deep-amazon-by-jorges-hachumak-with-david-l-carroll/

「アマゾン奥地の植物の癒しとシャーマニズム」ジョルジュ・ハチュマック著、デビッド・L・キャロル共著

Inside an Ayahuasca ceremony

アヤワスカの儀式に潜入

The following passages from an unpublished manuscript by a respected Peruvian shaman describe how he works with the controversial Ayahuasca and other plants to bring spiritual healing to his patients.

The Editors

ペルーの著名なシャーマンの未発表原稿から、話題のアヤワスカやその他の植物を使って、患者に精神的な癒しをもたらす方法を紹介します。

編集者

Working with the Sacred Plants

聖なる植物と共に歩む

The sacred plants are always willing to guide human beings. It is part of their mission.
They want to help. All they ask for in return is the joy of healing. Though as a rule they are generous and forgiving, when the shamanic ceremony is done incorrectly or maliciously or when the plants are not treated with the proper etiquette they will definitely not be pleased and trouble consequences can result. When dealing with the sacred plants it is best to assume they know things we do not, to do as they say, and to treat them with a corresponding respect.

聖なる植物は、常に人間を導こうとする。それは植物の使命の一部である。彼らは助けたいと願っている。その見返りとして彼らが求めるのは、癒しの喜びだけです。基本的に彼らは寛大で寛容でが、シャーマニックな儀式が正しく行われなかったり、悪意を持って行われたり、植物が適切な礼儀作法で扱われなかったりすると、彼らは間違いなく喜びませんし、トラブルの原因になります。神聖な植物を扱うときは、私たちが知らないことを知っていると仮定し、彼らの言うとおりにし、それに見合った敬意をもって接するのが一番です。

The Master Plants

マスタープランツ

In Peru vision-inducing herbs and vines are not only known as sacred plants but also “Master Plants.” Master because they teach us about the sacred, transforming you and me and everyone who takes them in three fundamental ways.

ペルーでは、幻視誘発をもたらす薬草やつる聖なる植物として知られているだけでなく、「マスタープランツ」としても知られています。マスタープランツとは、私たちに聖なるものを教えてくれるものであり、あなたや私、そしてそれらを摂取するすべての人を3つの基本的な方法で変容させるものだからです。

vision-inducing plants 幻視誘発薬草
vinesつる植物

First, working with each individual’s personal story and using the language of vision and metaphor, the plants invite us to observe, sense, and even smell and taste our own dark side, showing us the masses of self-destructive energy we carry with us in our everyday life. These emotional hobgoblins and boogeymen condemn us to repeating the same mistakes over and over again, keeping us perpetually trapped in a loop of our own Suffering Consciousness.1 The plants help us see them for what they really are.

まず、一人ひとりの個人的なストーリーに働きかけ、ビジョンとメタファーの言葉を使って、植物は私たち自身の暗黒面を観察し、感じ、さらには匂いや味を感じるように誘い、私たちが日常生活で抱えている大量の自己破壊的なエネルギーを示してくれます。これらの感情的なホブゴブリンやブギーマンは、私たちに何度も同じ過ちを繰り返させ、私たち自身の苦しみ意識のループに永久に閉じ込めるのです。

Metaphor :メタフォー (暗喩、隠喩)
hobgoblin ホブゴブリン(変化、妖精、魔物、お化け)
boogeymen ブギーマン(小鬼)

Second, the plants clean out this bad emotional energy, purging many of the angers, fears, and hatreds that have caused us discord and pain throughout our lives. We ourselves are responsible for some of this negativity. In other cases it has been imposed on us. In both cases we are healed of these afflictions by the power of the plants and by the shaman who performs the ceremonies, removing dead or rotten residues from a person’s heart and mind in the way that a surgeon removes necrotic material from a patient.

第二に、植物はこの情動のエネルギーを浄化し、私たちに不和と苦痛を与えてきた怒り、恐れ、憎しみの多くを浄化してくれるのです。このようなネガティブな情動の原因は、私たち自身にある場合もあります。他のケースでは、それは私たちの課題です。どちらの場合も、植物の力と、儀式を行うシャーマンによって、これらの苦悩は癒される。外科医が患者から壊死した物質を取り除くように、人の心や精神から死んだり腐ったりした残滓を取り除くのだ。

Third, the plants show us our particular gifts and talents, even those we may know nothing about. They then give us an infusion of strength and will that helps us use these talents to make our life better and more meaningful in future days.

第三に、植物は、私たちが何も知らないような特別な贈り物や才能も見せてくれます。そして、その才能を活かして、これからの人生をより良く、より有意義なものにするための力と意志を与えてくれるのである。

Types of Sacred Plants

聖なる植物の種類

When mixing the medicine I usually include several other plants along with the Ayahuasca, depending on the needs of the people I’m working with. There are herbs like Chiric Sanango for emotional healing and Bobinsana for promoting forgiveness and love. Brugmansia, the “Tree of the Evil Eagle,” is sometimes used for making contact with long dead ancestors. Ayahuasca is commonly cooked with a plant called Chacruna that heightens a patient’s insights and visions.

薬草を調合するとき、私は通常アヤワスカと一緒に、相手のニーズに応じていくつかの他の植物を入れます。感情的な癒しをもたらすチリサナンゴや、許しと愛を促進するボビンサーナといったハーブがあります。邪悪な鷲の木」と呼ばれるブルグマンシアは、長い間死んでいた祖先とコンタクトを取るために使われることもあります。アヤワスカは、患者の洞察力やビジョンを高めるチャクルナという植物と一緒に調理されるのが一般的です。

*Chiric Sanango :チリクサナンゴ  和名ニオイバンマツリ
学名:Brunfelsia australis、ナス科  バンマツリ属
バンマツリ属の植物は根、葉や果実などにアルカロイドを含み有毒である

*Bobinsana:ボビンサーナ ネムの木に似ている
学名:Calliandra angustifolia マメ科ネムノキ亜科ベニゴウカン属(カリアンドラ属
シャーマンは、変性意識に導くアヤワスカにブレンドしたりするとのこと。

*Brugmansia :ブルグマンシア 和名:キダチチョウセンアサガオ(エンゼル・トランペット)
学名:Brugmansia arborea、ナス科、ブルグマンシア属
有毒植物、神経性毒のスコポラミン(ヒヨスチン)、ヒヨスチアミンなどを含む。

*Chacruna:チャクルーナ
学名:Psychotria viridis、アカネ科、ボチョウジ属

下記はウィキペディアのサイコトリア・ヴィリディスより

本種の葉はアヤワスカという幻覚性の調合茶に用いられる[2]。
アルカロイド[編集]

本種の葉は約0.1-0.61パーセントのジメチルトリプタミン (DMT) を含有する[3]。
β-カルボリンやN-メチルトリプタミン(英語版)のような他のアルカロイドも含まれる。アルカロイドは、朝に最高濃度となると言われている。[7]
本種の葉はアヤワスカという幻覚性の調合茶に用いられる[2]。

サイコトリア・ヴィリディス[2]あるいはプシコトリア・ウィリディス[3](Psychotria viridis)は、アカネ

| | Comments (0)

January 19, 2023

アマゾン・シャーマン使用のアヤワスカ(植物由来精神活性剤)は安全か?有害事象を集計した新しい研究Science dailyより

アヤワスカは安全か?有害事象を集計した新しい研究

Is ayahuasca safe? New study tallies adverse events

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/11/221116150640.htm

adverse events 有害事象

Date: November 16, 2022

Source:PLOS(Public Library of Science):公共科学図書館

Summary:

概要

There is a high rate of adverse physical effects and challenging psychological effects from using the plant-based psychoactive ayahuasca, though they are generally not severe, according to a new study.

植物由来の精神活性剤であるアヤワスカの使用による身体的悪影響と困難な心理的影響が高い確率で見られるが、それらは概して深刻なものではないと、新しい研究が発表された。

FULL STORY

記事全文

There is a high rate of adverse physical effects and challenging psychological effects from using the plant-based psychoactive ayahuasca, though they are generally not severe, according to a new study published this week in the open-access journal PLOS Global Public Health by Daniel Perkins of University of Melbourne, Australia, and colleagues.

植物由来の精神活性物質であるアヤワスカの使用による身体的悪影響や困難な心理的影響が高い確率で存在するが、それらは概して深刻ではないことが、オーストラリア・メルボルン大学のダニエル・パーキンスらによるオープンアクセス誌PLOS Global Public Healthに今週発表された新しい研究により明らかになりました。

Ayahuasca is a South American psychoactive brewed drink used in traditional medicine and ceremony. Its contemporary use has been expanding throughout the world for mental health purposes and for spiritual and personal growth. Although clinical trials and observational studies have examined the potential benefits of ayahuasca, few have analyzed its adverse effects.

アヤワスカは、伝統的な医療や儀式に用いられる南米の精神活性醸造飲料である。現代では、精神衛生上の目的、精神的・個人的な成長のために、世界中でその使用が拡大しています。これまで、臨床試験や観察研究において、アヤワスカの潜在的な有用性が検討されてきましたが、その副作用について分析したものはほとんどありませんでした。

In the new study, the researchers used data from an online Global Ayahuasca survey carried out between 2017 and 2019, involving 10,836 people from more than 50 countries who were at least 18 years old and had used ayahuasca at least once. Information on participants' age, physical and mental health and history and context of ayahuasca use was collected.

今回の研究では、2017年から2019年にかけて実施されたオンラインのGlobal Ayahuasca調査のデータを用い、50カ国以上から18歳以上でアヤワスカを1回以上使用したことがある10,836人を対象に調査を行いました。参加者の年齢、身体的・精神的健康、アヤワスカの使用歴とその背景に関する情報が収集されました。

Overall, acute physical health adverse effects were reported by 69.9% of the sample, with the most common effects being vomiting and nausea (68.2% of participants), headache (17.8%) and abdominal pain (12.8%). Only 2.3% of participants reporting physical adverse events required medical attention for this issue. Among all participants, 55% also reported adverse mental health effects, including hearing or seeing things (28.5%), feeling disconnected or alone (21.0%), and having nightmares or disturbing thoughts (19.2%). However, of all respondents identifying these mental health effects, 87.6% believed they were completely or somewhat part of a positive growth process.

全体として、急性身体的健康有害作用はサンプルの69.9%が報告し、最も一般的な作用は嘔吐と吐き気(参加者の68.2%)、頭痛(17.8%)と腹痛(12.8%)であった。身体的有害事象を報告した参加者のうち、この問題で医師の診察を必要としたのはわずか2.3%でした。また、全参加者のうち55%が、幻聴や幻視(28.5%)、断絶感や孤独感(21.0%)、悪夢や不穏な考え(19.2%)などの精神衛生上の有害事象を報告しています。しかし、これらの精神的な健康への影響を確認した回答者のうち87.6%は、それらがポジティブな成長過程の一部であると完全に、あるいは多少なりとも信じていることが分かりました。

The researchers also identified several factors that predispose people to the adverse physical events, including older age, having a physical health condition or substance use disorder, lifetime ayahuasca use and taking ayahuasca in a non-supervised context.

研究者はまた、高齢であること、身体的健康状態や物質使用障害があること、生涯にわたってアヤワスカを使用すること、指導者のいない状況でアヤワスカを摂取することなど、身体的有害事象に陥りやすいいくつかの要因を特定しました。

The authors make the observation that ayahuasca has notable, although rarely severe, adverse effects according to the standards used for assessing prescription medicines. In that sense, they state that ayahuasca practices can hardly be assessed with the same parameters used for prescription medicines, since the myriad of its effects include challenging experiences that are intrinsic to the experience, some of which are considered as part of its healing process.

著者らは、処方箋医薬品の評価基準に照らし合わせると、アヤワスカには、重篤な副作用はほとんどないが、顕著な副作用があるという見解を示している。その意味で、著者らは、アヤワスカの実践は、処方薬に用いられるのと同じパラメーターで評価することは困難であると述べている。なぜなら、その無数の効果は、体験に内在する困難な経験を含み、その一部はその治癒プロセスの一部とみなされるからである。

The authors add: "Many are turning to ayahuasca due to disenchantment with conventional Western mental health treatments, however the disruptive power of this traditional medicine should not be underestimated, commonly resulting in mental health or emotional challenges during assimilation. While these are usually transitory and seen as part of a beneficial growth process, risks are greater for vulnerable individuals or when used in unsupportive contexts."

しかし、この伝統的な薬の破壊力は過小評価されるべきではなく、同化する過程で精神衛生や感情的な問題が生じるのが一般的である」と著者らは付け加えています。これらは通常一過性のものであり、有益な成長過程の一部と見なされますが、脆弱な個人、またはサポートが得られない状況で使用された場合、リスクはより大きくなります。

用語
アヤワスカ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%82%AB

アヤワスカ(ケチュア語: Ayahuasca、Ayawaska)は、アマゾン北西部で伝統的に用いられている幻覚剤[1]。ペルーの国家文化遺産[2][3]。狭義には原料のひとつ、南米のアマゾン川流域に自生するキントラノオ科のつる植物のバニステリオプシス・カーピ(以下カーピ)のこと。ハルミンを含むカーピと、ジメチルトリプタミン (DMT) を含む植物を組み合わせる。後者のサイコトリア・ヴィリディス(チャクルーナ)やディプロプテリス・カブレラナ(チャリポンガ、チャクロパンガ)を加え、煮出してこの幻覚性の飲料が作られる。服飲すると、嘔吐を伴う強力な幻覚作用をもたらす。主に先住民族がシャーマニズムの儀式や民間療法、20世紀に創始されたキリスト教系のサント・ダイミなどで宗教儀式に用いる。ハルミンは、可逆性モノアミン酸化酵素A阻害薬 (RIMA) であるため、シャーマンは何年も食事制限を守り、一般の参加者も前後には食事制限が行われ、また薬の相互作用にも注意が必要である。多くのドキュメンタリーが撮影されている。


臨床研究が行われている。治療抵抗性うつ病を対象としたランダム化比較試験 (RCT) では、7日目で寛解率(うつ病ではない比率)36%である[4]。また、アルコール依存やタバコ依存をはじめ薬物依存症を治療する効果が発見されており、アヤワスカを使った薬物依存症の更生施設がブラジル、ペルー、アルゼンチン、ウルグアイ、チリにある[3][5][2]。

| | Comments (0)

January 17, 2023

ヒトの精子細胞が卵子に接触する瞬間の閃光を、科学者たちが初めて画像に収めた。

昨年、12月に『日本最強の言霊 大祓詞 すべてがうまくいく! 魔法の言葉』出版記念 小野善一郎X大野百合子先生講演会に参加しました。そこで、大野百合子先生の講演で、あなたのいのちが受胎した瞬間に、この宇宙で唯一無二の光が放たれ音が響きます。とお話されました。本にも出ていました。以前、精子の嗅覚受容体についての記事をメルマガでお伝えしてました。興味を持ち、記事がないかと思い検索して見つけたのが下記の記事です。尚、音が響きます記事は見つけることができませんでした。

人間が受胎するときの閃光の光の源は卵子の亜鉛です。光の輝くほど卵子が健康であると考えられています。亜鉛は免疫強化の微量元素です、風邪やインフルエンザに良いです。牡蠣の亜鉛は可食部100gあたり14mgと、食品の中でもトップクラスの含有量です。

ヒトの精子細胞が卵子に接触する瞬間の閃光を、科学者たちが初めて画像に収めた。

Scientists Just Captured The Flash of Light That Sparks When a Sperm Meets an Egg

https://www.sciencealert.com/scientists-just-captured-the-actual-flash-of-light-that-sparks-when-sperm-meets-an-egg

For the first time ever, scientists have captured images of the flash of light that sparks at the very moment a human sperm cell makes contact with an egg.

ヒトの精子細胞が卵子に接触する瞬間の閃光を、科学者たちが初めて画像に収めた。

The phenomenon has been observed in animals before, but no one's ever seen the spark of human conception. And what's even more incredible is the fact that some eggs burn brighter than others, which is a direct indication of their ability to develop into a healthy embryo, a team from Northwestern University found.

この現象はこれまで動物で観察されてきましたが、人間が受胎するときの閃光は誰も見たことがありませんでした。さらに驚くべきことは、卵子の中には明るく燃えるものがあるという事実で、これは健康な胚に成長する能力を直接示していることを、ノースウェスタン大学の研究チームが明らかにしたのである。

So why do sparks literally fly at the moment of conception? Back in 2011, the Northwestern team discovered that sparks of zinc exploded at the point of conception in mice.

では、なぜ受精の瞬間に文字通り火花が散るのでしょうか?2011年、ノースウェスタン大学の研究チームは、マウスの受胎の瞬間に亜鉛の火花が爆発的に飛び散ることを発見した。

It took them a few years to figure out how to image this event, but by 2014, they'd managed to film the event for the first time ever, and watched as billions of zinc atoms were released at the exact moment when a mammal's egg is pierced by a sperm cell.

この現象を画像化する方法を見つけ出すのに数年かかりましたが、2014年までに、史上初めてこの現象を撮影することに成功し、哺乳類の卵子が精子細胞に貫かれるまさにその瞬間に、何十億もの亜鉛原子が放出されるのを目の当たりにしたのです。

Using a new fluorescent sensor that's able to track the movements of zinc in live cells, the team caught a glimpse of an egg's zinc-storage capabilities, and found some 8,000 zinc compartments, each one containing around 1 million zinc atoms, just ripe for exploding. The tiny 'fireworks' that result were found to last for about 2 hours after fertilisation.

研究チームは、生きた細胞内の亜鉛の動きを追跡できる新しい蛍光センサーを使って、卵の亜鉛貯蔵能力を垣間見た。その結果、約8000個の亜鉛区画が見つかり、それぞれが約100万個の亜鉛原子を含み、まさに爆発寸前の状態であることがわかった。この小さな「花火」は、受精後約2時間持続することが判明した。

fertilisation.受精。

Now, the same team has managed to film this event occurring in a human egg at the point of conception.

このたび、同じチームが、受胎の時点でヒトの卵子に起こるこの現象を撮影することに成功した。

Conception 受胎。

"It was remarkable," says one of the team, Teresa Woodruff. "We discovered the zinc spark just five years ago in the mouse, and to see the zinc radiate out in a burst from each human egg was breathtaking."

チームの一人、テレサ・ウッドラフは「驚くべきことです」と言う。「我々は5年前にマウスで亜鉛の閃光を発見したのですが、人間の卵子から亜鉛が放射状に放出されるのを見るのは息をのむようなことでした。

If you follow health science news closely, you'll know that the vast majority of studies - even the most promising ones - fail to live up to their potential. Maybe positive results in mice didn't translate in humans, or perhaps lab-based studies couldn't be replicated in living organisms. Maybe the researchers simply ran out of funding.

健康科学のニュースをよく見ている人なら、大多数の研究-最も有望なものでさえはその可能性を発揮できないことをご存知でしょう。マウスでの結果がヒトではうまくいかなかったり、実験室での研究が生体で再現できなかったり。研究者が資金不足に陥ったのかもしれない。

But in this case, we can actually see how quickly the team has progressed from mice to humans, and in the space of just five years, have figured out something that could change a lot of lives - the flashes of light that have now been seen in humans for the first time can be used to determine the viability of an individual egg.

しかし、今回のケースでは、研究チームがマウスからヒトへといかに早く進歩したか、そしてわずか5年の間に、多くの人々の生活を変えることができる何かを発見したことがわかります - ヒトで初めて確認された光の点滅は、個々の卵子の生存率を決定するために使用することができます。

For couples relying on IVF treatments, that's huge, because around 50 percent of fertilised eggs do not develop properly due to some kind of unavoidable genetic mix-up.

体外受精に頼るカップルにとって、これは非常に重要なことです。なぜなら、受精卵の約50パーセントは、何らかの不可避な遺伝子の混在により、適切に発育しないからです。

genetic mixing 遺伝子混合 -

"This is an important discovery because it may give us a non-invasive and easily visible way to assess the health of an egg and eventually an embryo before implantation," says one of the researchers, Eve Feinberg.


「着床前の卵子、ひいては胚の健康状態を、非侵襲的に、しかも目に見える形で評価できるようになるかもしれないからです」と研究者の一人、イブ・ファインバーグは語る。

"There are no tools currently available that tell us if it's a good quality egg," she adds. "Often we don't know whether the egg or embryo is truly viable until we see if a pregnancy ensues. That's the reason this is so transformative. If we have the ability up front to see what is a good egg and what's not, it will help us know which embryo to transfer, avoid a lot of heartache, and achieve pregnancy much more quickly."

「現在、質の良い卵子かどうかを教えてくれるツールはありません」と、研究者の一人であるイブ・ファインバーグ氏は付け加えます。「卵子や胚が本当に生存可能かどうかは、妊娠が成立するかどうかを確認するまでわからないことが多いのです。それだけに、この技術は非常に画期的です。もし、何が良い卵子で何がそうでないかを前もって確認する能力があれば、どの胚を移植すべきかがわかり、多くの心痛を避け、より早く妊娠を達成することができます。"

For the experiment, the team used a sperm enzyme to activate the egg (fertilising the egg with actual sperm for research purposes is illegal under US federal law) and watched as the event triggered calcium levels to rise inside the egg, which prompted the release of zinc.

研究チームは、精子の酵素を使って卵子を活性化させ(研究目的で実際の精子と受精させることは、米国連邦法上違法である)、この現象によって卵子内のカルシウムレベルが上昇し、亜鉛の放出が促されるのを観察した。

"As the zinc shoots out, it binds to small molecules which emit a fluorescence which can be picked up by camera microscopes," Sarah Knapton explains for The Telegraph.

「亜鉛が放出されると、小さな分子と結合して蛍光を発するので、カメラ付き顕微鏡で見ることができます」と、サラ・ナプトンはテレグラフ紙に説明している。

So why is zinc so special? The researchers found that eggs compartmentalise and distribute zinc to control the development of a healthy embryo – the mineral plays a vital role in controlling the 'decision' the egg makes to grow into an embryo - so the more zinc that's released, the brighter the flash, and the more viable the egg.

では、なぜ亜鉛が特別なのでしょうか?研究チームは、卵が亜鉛を区分けして分配し、健全な胚の発育をコントロールしていることを発見しました。亜鉛は、卵が胚に成長するかどうかの「判断」をコントロールする重要な役割を担っているのです。したがって、亜鉛が多く放出されればされるほど、閃光が明るくなり、卵子はより生存しやすくなります。

用語

体外受精" In vitro fertilisation
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%93%E5%A4%96%E5%8F%97%E7%B2%BE

ヒトの生殖医療における体外受精(たいがいじゅせい、英: in vitro fertilization, IVF)は、不妊治療の一つで、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法。体外受精と顕微授精の総称を生殖補助医療技術(Assisted Reproductive Technology=ART)と呼ぶ。

受精して分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精・胚移植(IVF-ET、ET=embryo transfer)という。 胚盤胞まで成長させてから子宮内に移植する場合は、IVF-BT(BT=blastocyst transfer)という。

本の紹介

日本最強の言霊 大祓詞 すべてがうまくいく!魔法の言葉 単行本(ソフトカバー)

E3%81%A6%E3%81%8C%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89-%E5%A4%A7%E9%87%8E%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90/dp/419865557X

| | Comments (0)

January 05, 2023

今年の干支・癸卯・きぼう(みずのと・う)の紹介

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はフィトアロマ研究所の精油、キャリアオイルをご愛用いただきありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします。

1月4日(水)より営業いたしました。

本年の干支癸卯・きぼう(みずのと・う)は干支の活学の本の最初の干支癸卯(1963年)になります。読んでいて干支として良くない年みたいです。癸は陰で卯も陰になります。陽が入っていないので暗い感じがします。癸は水になっていますので規則正しく流れてるいる場合はいいが間違うと氾濫を起こします。卯は茂意味があるので余計に良くないです。

今年は十干の最後の癸になり来年は甲辰(こうしん)で、甲辰は旧体制が破れて新しい激動が始まることを意味してする。筋道を立てて生きていかないろんな問題が起こる。この干支(1903)、日露戦争の前年になり、そのまた前の癸卯は天保十四年(1843)で大塩平八郎の乱などがおき、内外情騒然たる年であった。予期せぬ出来事が起きる可能性が高いのでそれに対応をするためには筋道を立てて処理すれば繁栄に結びつくそうです。

今年の大河ドラマ徳川家康の時代と被るような気がしました。予期せぬことが日常的に起こる戦国時代に弱小の藩が天下を取るには、筋道がたった大儀名分があったから人がついてきて天下がとれたのだと思いました。


上記は下記の本を読んで思ったことです。

干支の癸卯・きぼう(みずのと・う)について

「癸・き」は揆(はか)るで、種子の内部に妊まれた生命体の長さが、計(はか)られるほどになったという象である。

「卯・ぼう」は茂で、草木が地面をおおう状態

十干は甲子(きのえ)にはじまって癸亥(みずのとい)で終わるが、この組み合わせを「六十甲子」と呼び、生まれてから六十年を経て、生年の干支を迎えるのを還暦とする。

十干に陰陽があるように、十二支にもまた陰陽があって、陽干と陽支、陰干と陰士が結びつく。

干支(エト)は、干(幹)は十干で、支(枝)は十二支です。十干と十二支は、植物の発生・繁茂・伏蔵(ふくぞう)の輪廻を表す。

上記はダルマの民俗学―陰陽五行から解くー 吉野裕子著 岩波新書より

本来の干支は占いではなく、易の俗語でもない。それは、生命あるいはエネルギーの発生・成長・収蔵の巡回過程を分類・約説した経験哲学ともいうべきものである。

即ち「干」のほうは、もっぱら生命・エネルギーの内外対応の原理、つまり challengeに対する response の原理を十種類に分類したものであり、「支」の方は、生命・細胞の分裂から次第に生体を組織・構成して成長し、やがて老衰して、ご破算になって、また元の細胞・核に還る――これを十二の範疇にわけたものである。

本年は干支の癸卯・きぼう(みずのと・う)の年であります。正しくは“きぼう”であります

癸の意味

癸はみずのと申しますのは、陰陽五行の思想が発達して、干支をこれに割り振り当てた時に、水に配したから“みずで”、これに兄弟(陰陽)立てて、その弟(兄はえ、弟はと)とってくっつけた。したがって去年は壬・みずのえで、今年は・みずのとであります。

「癸」は百姓一揆の揆と同じ文字で、揆計とか揆測とか、あるいは揆量などと申しますが、物事をはかるという意味であります。また「はかる」には、はかる標準や原則がなければならない。したがって
則とか道とかいう意味にもなりわけであります。そこで「癸」のいみするところは、万事則・道、つまり筋道を立ててはかる、処理するという意味になる。ところが筋道を誤ると、筋道をなくすると、物事は自然に混乱し、その結果はご破算にしなければならぬようにもなる。だから癸を平均の均、ならすという意味にも用いるのであります。

したがって、「癸」という干は、「万事筋道を立てて物を考え、処理していく。それをあやまると混乱し、あるいはご破算にならぬとも限らない」ということになるわけである。

例えば、政治が筋道を失ったような時に自然に起こる動乱、打ち懐し騒動のことを一揆と申します。

卯の意味

卯は、“ぼう”という音で、冒に同じく、また茆・茅と同じ意味であります。これは陽気の衝動であります。陽気が衝動し、発生するというのは、草木でいうならば、芽や葉がしげるということになり、したがって卯は茂に通ずわけであります。卯はもともと兎ではなくて、“いばら”・“かや”という文字であります。いばらやかやというものは、茂って、根がはびこって、こんがると、どうにもならぬものであります。もちろん中から兎も跳びだしてくるでありましょうから、まんざら関係のないこともありますまいが、本当は茅であります。

上記は干支の活学・人間学講和 安岡正篤著  プレジデント社より

いつもありがとうございます。

| | Comments (0)

« December 2022 | Main