« アマゾン・シャーマン使用のアヤワスカ(植物由来精神活性剤)は安全か?有害事象を集計した新しい研究Science dailyより | Main

January 21, 2023

アマゾン奥地の植物の癒しとシャーマニズム・アヤワスカの儀式に潜入

Plant Healing and Shamanism in the Deep Amazon, by Jorges Hachumak with David L. Carroll

https://parabola.org/2018/10/27/plant-healing-and-shamanism-in-the-deep-amazon-by-jorges-hachumak-with-david-l-carroll/

「アマゾン奥地の植物の癒しとシャーマニズム」ジョルジュ・ハチュマック著、デビッド・L・キャロル共著

Inside an Ayahuasca ceremony

アヤワスカの儀式に潜入

The following passages from an unpublished manuscript by a respected Peruvian shaman describe how he works with the controversial Ayahuasca and other plants to bring spiritual healing to his patients.

The Editors

ペルーの著名なシャーマンの未発表原稿から、話題のアヤワスカやその他の植物を使って、患者に精神的な癒しをもたらす方法を紹介します。

編集者

Working with the Sacred Plants

聖なる植物と共に歩む

The sacred plants are always willing to guide human beings. It is part of their mission.
They want to help. All they ask for in return is the joy of healing. Though as a rule they are generous and forgiving, when the shamanic ceremony is done incorrectly or maliciously or when the plants are not treated with the proper etiquette they will definitely not be pleased and trouble consequences can result. When dealing with the sacred plants it is best to assume they know things we do not, to do as they say, and to treat them with a corresponding respect.

聖なる植物は、常に人間を導こうとする。それは植物の使命の一部である。彼らは助けたいと願っている。その見返りとして彼らが求めるのは、癒しの喜びだけです。基本的に彼らは寛大で寛容でが、シャーマニックな儀式が正しく行われなかったり、悪意を持って行われたり、植物が適切な礼儀作法で扱われなかったりすると、彼らは間違いなく喜びませんし、トラブルの原因になります。神聖な植物を扱うときは、私たちが知らないことを知っていると仮定し、彼らの言うとおりにし、それに見合った敬意をもって接するのが一番です。

The Master Plants

マスタープランツ

In Peru vision-inducing herbs and vines are not only known as sacred plants but also “Master Plants.” Master because they teach us about the sacred, transforming you and me and everyone who takes them in three fundamental ways.

ペルーでは、幻視誘発をもたらす薬草やつる聖なる植物として知られているだけでなく、「マスタープランツ」としても知られています。マスタープランツとは、私たちに聖なるものを教えてくれるものであり、あなたや私、そしてそれらを摂取するすべての人を3つの基本的な方法で変容させるものだからです。

vision-inducing plants 幻視誘発薬草
vinesつる植物

First, working with each individual’s personal story and using the language of vision and metaphor, the plants invite us to observe, sense, and even smell and taste our own dark side, showing us the masses of self-destructive energy we carry with us in our everyday life. These emotional hobgoblins and boogeymen condemn us to repeating the same mistakes over and over again, keeping us perpetually trapped in a loop of our own Suffering Consciousness.1 The plants help us see them for what they really are.

まず、一人ひとりの個人的なストーリーに働きかけ、ビジョンとメタファーの言葉を使って、植物は私たち自身の暗黒面を観察し、感じ、さらには匂いや味を感じるように誘い、私たちが日常生活で抱えている大量の自己破壊的なエネルギーを示してくれます。これらの感情的なホブゴブリンやブギーマンは、私たちに何度も同じ過ちを繰り返させ、私たち自身の苦しみ意識のループに永久に閉じ込めるのです。

Metaphor :メタフォー (暗喩、隠喩)
hobgoblin ホブゴブリン(変化、妖精、魔物、お化け)
boogeymen ブギーマン(小鬼)

Second, the plants clean out this bad emotional energy, purging many of the angers, fears, and hatreds that have caused us discord and pain throughout our lives. We ourselves are responsible for some of this negativity. In other cases it has been imposed on us. In both cases we are healed of these afflictions by the power of the plants and by the shaman who performs the ceremonies, removing dead or rotten residues from a person’s heart and mind in the way that a surgeon removes necrotic material from a patient.

第二に、植物はこの情動のエネルギーを浄化し、私たちに不和と苦痛を与えてきた怒り、恐れ、憎しみの多くを浄化してくれるのです。このようなネガティブな情動の原因は、私たち自身にある場合もあります。他のケースでは、それは私たちの課題です。どちらの場合も、植物の力と、儀式を行うシャーマンによって、これらの苦悩は癒される。外科医が患者から壊死した物質を取り除くように、人の心や精神から死んだり腐ったりした残滓を取り除くのだ。

Third, the plants show us our particular gifts and talents, even those we may know nothing about. They then give us an infusion of strength and will that helps us use these talents to make our life better and more meaningful in future days.

第三に、植物は、私たちが何も知らないような特別な贈り物や才能も見せてくれます。そして、その才能を活かして、これからの人生をより良く、より有意義なものにするための力と意志を与えてくれるのである。

Types of Sacred Plants

聖なる植物の種類

When mixing the medicine I usually include several other plants along with the Ayahuasca, depending on the needs of the people I’m working with. There are herbs like Chiric Sanango for emotional healing and Bobinsana for promoting forgiveness and love. Brugmansia, the “Tree of the Evil Eagle,” is sometimes used for making contact with long dead ancestors. Ayahuasca is commonly cooked with a plant called Chacruna that heightens a patient’s insights and visions.

薬草を調合するとき、私は通常アヤワスカと一緒に、相手のニーズに応じていくつかの他の植物を入れます。感情的な癒しをもたらすチリサナンゴや、許しと愛を促進するボビンサーナといったハーブがあります。邪悪な鷲の木」と呼ばれるブルグマンシアは、長い間死んでいた祖先とコンタクトを取るために使われることもあります。アヤワスカは、患者の洞察力やビジョンを高めるチャクルナという植物と一緒に調理されるのが一般的です。

*Chiric Sanango :チリクサナンゴ  和名ニオイバンマツリ
学名:Brunfelsia australis、ナス科  バンマツリ属
バンマツリ属の植物は根、葉や果実などにアルカロイドを含み有毒である

*Bobinsana:ボビンサーナ ネムの木に似ている
学名:Calliandra angustifolia マメ科ネムノキ亜科ベニゴウカン属(カリアンドラ属
シャーマンは、変性意識に導くアヤワスカにブレンドしたりするとのこと。

*Brugmansia :ブルグマンシア 和名:キダチチョウセンアサガオ(エンゼル・トランペット)
学名:Brugmansia arborea、ナス科、ブルグマンシア属
有毒植物、神経性毒のスコポラミン(ヒヨスチン)、ヒヨスチアミンなどを含む。

*Chacruna:チャクルーナ
学名:Psychotria viridis、アカネ科、ボチョウジ属

下記はウィキペディアのサイコトリア・ヴィリディスより

本種の葉はアヤワスカという幻覚性の調合茶に用いられる[2]。
アルカロイド[編集]

本種の葉は約0.1-0.61パーセントのジメチルトリプタミン (DMT) を含有する[3]。
β-カルボリンやN-メチルトリプタミン(英語版)のような他のアルカロイドも含まれる。アルカロイドは、朝に最高濃度となると言われている。[7]
本種の葉はアヤワスカという幻覚性の調合茶に用いられる[2]。

サイコトリア・ヴィリディス[2]あるいはプシコトリア・ウィリディス[3](Psychotria viridis)は、アカネ

|

« アマゾン・シャーマン使用のアヤワスカ(植物由来精神活性剤)は安全か?有害事象を集計した新しい研究Science dailyより | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アマゾン・シャーマン使用のアヤワスカ(植物由来精神活性剤)は安全か?有害事象を集計した新しい研究Science dailyより | Main