« March 2024 | Main

April 04, 2024

パワーアニマルとスピリットヘルパー

パワーアニマルとスピリットヘルパー

Power Animals and Spirit Helpers

https://www.roelcrabbe.com/power-animals-and-spirit-helpers/

Spirit Guides, Power Animals, and Spirit Helpers: Allies of the Shaman

スピリットガイド、パワーアニマル、スピリットヘルパー: シャーマンの朋友

The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes.

本当の発見の航海とは、新しい風景を求めることではなく、新しい目を持つことにある

Marcel Proust

Marcel Proust マルセルル・プルースト

フランスの小説家。20世紀フランス文学を代表する作家の1人で、19世紀のバルザックに比すべき存在

Shamanic traditions are based on an Animistic view on the world: the perception that everything is alive and has a soul. Not only animals, but the stones, wind, and trees are alive and animated. The shaman is one who talks with nature, to help live a balanced life that honors the deep interconnectedness that is the foundation of the planet.

シャーマニズムの伝統は、アニミズムの世界観、つまり、すべてのものは生きていて、魂を持っているという認識に基づいています。動物だけでなく、石や風や木々も生き生きとしています。シャーマンは、地球の基盤である深い相互関係を尊重するバランスの取れた生活を送るために、自然と対話する人です。

Apart from a deep connection to nature and the elements, the shaman also has a living relationship with the forces of the dream world and the 3 shamanic worlds that he or she enters through the trance journey. These forces are usually called the “spirits.”

自然や自然との深いつながりとは別に、シャーマンは、催眠(トランス)状態の旅を通して入る夢の世界や3つのシャーマニズムの世界のパワーと生きた関係を持っています。これらのパワーは通常「スピリット・精霊」と呼ばれます。

3 shamanic worlds:3つのシャーマニズムの世界

Upper World=天上界Middle World =中層界 Lower World=地下界

神道:高天原、葦原中国、根の国・黄泉の国

This living, powerful soul dimension of existence is the field in which the shaman operates. They listen with the ears of the heart to the dimensions of the soul and learn to work together with these unseen forces.

この生きた、力強い魂の存在の次元は、シャーマンが活動する分野である。彼らは心の耳で魂の次元に耳を傾け、これらの目に見えないパワーと一緒にワークすることを学びます。

The core component of shamanism is this spiritual communication that makes it possible for the shaman to work together with the spirit helpers to gain power, guidance and bring healing to the community. The shamanic journey, shamanic healing, and rituals are all founded upon the personal relationship of the shaman with the spirit world.It is this cooperation between people and the reality of the “helping spirits” that define shamanism.

シャーマニズムの核となる要素は、シャーマンがスピリットヘルパーと協力してパワーと導きを獲得し、コミュニティに癒しをもたらすことを可能にするこのスピリチュアルなコミュニケーションです。シャーマンの旅、シャーマニズムの癒し、儀式はすべて、シャーマンとスピリットの世界との個人的な関係に基づいています。この人々の協力と「ヘルピング・スピリット」の現実こそが、シャーマニズムを特徴づけるのです。

When the shamanic practitioner, through their work, begins to tune into shamanic reality, also called Non-Ordinary Reality (NOR), they become increasingly aware of this reality of the soul. The openness leads them to a personal and direct experience of this soul dimension in which they can experience the presence of the spiritual beings who offer guidance.

シャーマニズムの実践者が、そのワークを通して、非日常的な現実(NOR)とも呼ばれるシャーマニズムの現実に同調し始めると、彼らはますますこの魂の現実に気づくようになります。開放性は、彼らをこの魂の次元の個人的で直接的な経験に導き、そこで彼らはガイダンスを提供するスピリチュアルな存在の存在を体験することができます。

Non-Ordinary Reality (NOR) 非日常的な現実

The helping spirits are essential within shamanic work and it is often said: ‘No spirits, no shaman’. All traditions recognize spiritual forces that play a helping role and support people. We have the forces of nature that are honored worldwide, but also Christianity and the other major religions speak of angels and other unseen beings who communicate with people.

ヘルピング・スピリットはシャーマニズムのワークに不可欠であり、しばしば「スピリットもシャーマンもいない」と言われます。すべての伝統は、人々を助ける役割を果たし、人々を支えるスピリチュアルなパワーを認めています。私たちには世界中で尊敬されている自然のパワーがありますが、キリスト教やその他の主要な宗教も、天使や人々とコミュニケーションをとる他の目に見えない存在について語っています。

Spirit Helper

スピリットヘルパー

The term spirit helpers, very generally describes the beings that the shaman cooperates with.They can present themselves to the shaman in any form imaginable. As ancestral beings in human or other form, power-animals, nature beings, but also more formless beings as the wind or ‘light beings’. In essence, spirits do not have a form, but communicate with the shaman through these forms. The essence is not so much in the outer form but in the relationship with the practitioner.

スピリットヘルパーという用語は、ごく一般的にシャーマンが協力する存在を表す。彼らは、想像しうるあらゆる形でシャーマンの前に姿を現すことができる。人間や他の姿をした祖先の存在、パワーアニマル、自然の存在、また風や「光の存在」のような形のない存在などである。本質的には、スピリットは形を持っていないが、これらの形を通してシャーマンとコミュニケーションをとる。本質は外側の形ではなく、実践者との関係にある。

Spirit helpers can help the shaman in many ways, as guides, teachers or healers. The shamanicpractitioner has a long-term relationship with some, but sometimes a spirit helper only comes once to offer guidance or support. They guide through the landscape of the 3 shamanic worlds and often also have the function of counselor or teacher.

スピリットヘルパーは、ガイド、ティーチャー 、またはヒーラーとして、多くの方法でシャーマンを助けることができます。シャーマニズムの実践者は、ある人たちと長期的な関係を持っていますが、時には、スピリットへルパーが一度だけ、指導や支援を申し出に来ることもあります。彼らは3つのシャーマニズム世界の風景を案内し、しばしばカウンセラーやティーチャー の機能も持っています。

For example, someone who works with shamanic healing will usually have healing teachers in the other worlds who support and guide him on the path of healing.

例えば、シャーマニック・ヒーリングに働きかける人は、通常、他の世界にヒーリングのティーチャー がいて、ヒーリングの道を歩む彼をサポートし、導いてくれます。

Power Animals & Ancestral spirits

パワーアニマルおよび先祖のスピリット

Power Animal

パワーアニマル

Power animals are non-physical entities that show themselves to the shaman or Western practitioner during the shamanic trance. Certainly, in the shamanic journey to the Lower world, power animals usually occupy a central place as a guide for the shamanic journeyer, but they are also active in the middle and upper world. The relationship with a power animal is always one of support and guidance for the shaman.

パワーアニマルは、シャーマンのトランス状態にあるシャーマンや西洋の施術者に姿を現す非物質的な存在です。確かに、地下界へのシャーマニズムの旅では、パワーアニマルは通常、シャーマニズムの旅人のガイドとして中心的な場所を占めていますが、中層界や天上世界でも活躍しています。パワーアニマルとの関係は、常にシャーマンを支え、導くものです。

Every power animal has its qualities. For example, Bear will have a different role in shamanic work compared to Snake or Squirrel. But two different practitioners with the same power animal can also have their own and different contact with this power animal. After all, it is always the relationship between the practitioner and the power animal that determines the bond and cooperation between them. This bond is always direct, personal, and unique.

すべてのパワーアニマルにはその資質があります。例えば、クマは蛇やリスとはシャーマニズムのワークで異なる役割を担います。しかし、同じパワーアニマルを持つ2人の異なる実践者が、このパワーアニマルと異なる接触を持つこともあります。結局のところ、彼らの間の絆と協力を決定するのは、常に施術者とパワーアニマルの関係です。この絆は、常に直接的で、個人的で、ユニークです。

The connection with animals as protectors and guides is inherently part of human history. Think of the endless myths in which animals guide and help the hero, or come to teach. Many traditions worldwide see animals as wise teachers with whom we have a strong bond in spirit.

保護者やガイドとしての動物とのつながりは、本質的に人類の歴史の一部です。動物が主人公を導き、助けたり、教えに来たりするという果てしない神話を考えてみてください。世界中の多くの伝統では、動物は私たちがスピリチュアル的に強い絆で結ばれている賢明なティーチャー と見なされています。

Depending on different traditions, and the landscape in which shamanic cultures live, the shaman will work with the spirits of the land, the elements or power animals.

さまざまな伝統や、シャーマン文化が住む風景によって、シャーマンは土地のスピリットやエレメント、パワーアニマルと協働する。

Many traditions also have a stong relationship with Ancestral helpers and teachers. This can be ancestors from the bloodline, the shamanic lineage, or ancestors in general. Depending on the tradition, ancestral beings can also be the elements, nature spirits, animals or the formless.

また、多くの伝統は、先祖代々のヘルパーやティーチャー と強い関係を築いています。これは、血統の祖先、シャーマンの血統、または一般的な祖先である可能性があります。伝統によっては、先祖代々の存在は、エレメント、自然のスピリット・精霊、動物、または形のないものにもなり得ます。

They can work with the shaman, or, in some traditions, work through the shaman’s body. But whatever form the helping spirits may take on, they are the helpers for the shaman, bringing guidance, healing, teachings, and power to the community.

彼らはシャーマンに働きかけることもできるし、ある伝統ではシャーマンの体を通してワークすることもある。しかし、ヘルパースピリットがどのような形をとるにせよ、彼らはシャーマンの助け手であり、共同体に導き、癒し、教え、そして パワーをもたらします。

When we start reconnecting with our spirithelpers, we get access to direct empowerment, guidance and healing. For most people, this reconnection feels like a deep homecoming to a soul-filled reality that is so powerful, and yet deeply familiar.

スピリットヘルパーとのつながりを取り戻すと、直接的なエンパワーメント、ガイダンス、ヒーリングにアクセスできるようになります。ほとんどの人にとって、この再接続は、とてもパワフルでありながら深く馴染みのある、魂に満ちた現実への深い帰郷のように感じられます。

I believe that these times we are living in, are an invitation to step back into that power.

私たちが生きているこの時代は、そのパワーに再び足を踏み入れるための招待状だと思います。

| | Comments (0)

April 03, 2024

極性とセクシュアリティの原理・ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(7)

December 21, 2013にヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(1-4)をブログに紹介しました。それから時が経ちましたがやっと7に到達しました。
関連ブログに1〜6のリファレンスを紹介しています。

Cosmic LAWS - GOD's Orderより
http://www.puramaryam.de/lawhermes.html

宇宙の法則―神の指令

The seven Cosmic Laws of Hermes Trismegistos = Thot
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(7)

(Hermetic Laws)
ヘルメスの法則

7. The Principle of Polarity and Sexuality

極性とセクシュアリティの原理

Everything has a pair of poles. Everything has a pair of contrasting aspects. Like and unlike are the same.

すべてのものには一対の極がある。すべてのものには一対の対照的な側面がある。似ているものと似ていないものは同じである。

Contrasts are the same by their nature. GOD'S TRUTH IS ONE. 」

対照的なものは、それは本質的に同じである。神の真理は一つである。

Only in the low-vibrating worlds, like in the 3. dimension, the aspects have different signs marking them as "contrasts", and thus have different vibrational frequencies. The human brain is three-dimensionally oriented; for that reason the ONE-NESS or SAME-NESS appears PARADOX to the polaric mind. But each PARADOXON should be brought together - in the middle - , only this way we can approach TRUTH. Or else our truths are only half truths. We cannot understand TRUTH - only grasp it with the HEART!

3次元のような低波動の世界においてのみ、アスペクトは「対照的」であることを示す異なる符号を持ち、したがって異なる波動数を持つ。人間の脳は3次元に向いている。そのため、極性的な心には、「ワンネス」または「セイムネス」がパラドックスに見える。しかし、それぞれのパラドックス(逆説)は、真ん中に集められなければならない。そうでなければ、私たちの真実は半分の真実にすぎない。私たちは真実を理解することはできない!

In the 3rd dimension we should learn to recognize the ONE-NESS OF ALL - by LEARNING UNCONDITIONAL LOVE ans LIVING this LOVE = THAT is our GOAL IN LIVE-on-Earth! When we are living in UNCONDITIONAL LOVE, we are living in NON-POLARITY.

3次元の世界では、私たちは無条件の愛を学び、この愛を生きることによって、「すべてのものはひとつである」ということを認識することを学ぶべきです!私たちが無条件の愛に生きているとき、私たちは無極性に生きているのです。


Do not judge or evaluate others. Do not raise yourself above others. Accept the other opinion. Everyone is right. Everything is justified. Everything is well.

他人を裁いたり評価したりしないこと。他者より自分を高めてはならない。他の意見を受け入れなさい。誰もが正しい。すべては正当である。すべては正しい。

Sexuality is in everything. Both sexual aspects is ONENESS at the same time.

セクシュアリティはすべての中にある。両方の性的側面は同時にワンネスである。

Sexuality manifests itself in everything. Everything has male and female elements. Everything is male and female in ONE. Sexuality strives for ONE-NESS. But actually sexuality IS ONE-NESS or UNITY, as you can see with TAO. The NON-POLARIC UNITY consists of the male and the female aspect. you also cannot divide SEA and WAVES - both is ONE - and ONE is not without the other.

セクシュアリティはすべてのものの中に現れている。すべてのものには男性と女性の要素がある。すべては男性であり、女性である。セクシュアリティはワンネスを目指す。しかし実際には、タオ(道)を見ればわかるように、セクシュアリティはワンネス、すなわちユニティ(ひとつ)なのだ。また、海と波を分けることもできない。

You yourself are male and female at the same time. Live your male and your female aspect equally. Be balanced - be in your middle - BE ONE.

あなた自身は男性であり、同時に女性でもある。男性としての側面と女性としての側面を同等に生きなさい。バランスを保つこと、自分の真ん中にいること、ひとつであること

関連ブログ

December 21, 2013
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(1-4)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/12/71-4-71c9.html

1. The Principle of SPIRIT ( MIND)  スピリット(心)の原理
2. The Principle of Cause and Effect = KARMA 原因と結果=カルマの原理
3. The Principle of Correspondence or Analogy 照応または類似の原理
4. The Principle of Resonance or Attraction 共鳴または引き寄せの法則

April 26, 2016
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(5)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/04/75-942a.html

5. The Principle of Harmony and Balance 調和とバランスの法則

May 10, 2016
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(6)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/05/76-ee44.html

6. The Principle of Rhythm or Vibration リズムまたは波動の原則

| | Comments (0)

April 02, 2024

性行為に関連した体液中のSARS-CoV-2のウイルス排出・シェディング

シェディングについて興味をもち、調べた文献を紹介します。

インフルエンザウイルスのライフサイクル

ウイルス→侵入(Entry)→複製(Replication)→潜伏(Latency)

→排出・シェディング(Shedding)→ウイルス粒子が環境中に放出→二次感染

ウイルスの排出とは、感染した宿主からウイルス粒子が環境中に放出され、他の人にウイルスを感染させる可能性があることを指します。

Viral shedding of SARS-CoV-2 in body fluids associated with sexual activity: a systematic review and meta-analysis

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38387982/#:~:text=Results%3A%20The%20combined%20proportion%20of,%25)%20in%20faeces%2Frectal%20swabs.

性行為に関連した体液中のSARS-CoV-2のウイルス排出:系統的レビューとメタ解析

Abstract

要旨

Objective To identify and summarise the evidence on the severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) RNA detection and persistence in body fluids associated with sexual activity (saliva, semen, vaginal secretion, urine and faeces/rectal secretion).

目的 性行為に関連した体液(唾液、精液、膣分泌液、尿、糞便/直腸分泌液)における重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)RNAの検出および持続性に関するエビデンスを特定し、要約すること。

Eligibility All studies that reported detection of SARS-CoV-2 in saliva, semen, vaginal secretion, urine and faeces/rectal swabs.

対象:唾液、精液、膣分泌液、尿、糞便/直腸のぬぐい液におけるSARS-CoV-2の検出を報告したすべての研究。

English:swab
綿棒、ぬぐい液、ふき取り。綿棒状の検体採取キットをいう場合もある。

Information sources The WHO COVID-19 database from inception to 20 April 2022.

情報源 WHO COVID-19データベースの開始時から2022年4月20日まで。

Risk of bias assessment The National Institutes of Health tools.

バイアスリスク評価 米国国立衛生研究所(National Institutes of Health)のツール。

Synthesis of results The proportion of patients with positive results for SARS-CoV-2 and the proportion of patients with a viral duration/persistence of at least 14 days in each fluid was calculated using fixed or random effects models.

結果の統合 SARS-CoV-2陽性の患者の割合、および各液におけるウイルス持続期間/持続性が14日以上の患者の割合を、固定効果モデルまたはランダム効果モデルを用いて算出した。

Included studies A total of 182 studies with 10 023 participants.

組み入れられた研究 合計182の研究、10,023人の参加者。

Results The combined proportion of individuals with detection of SARS-CoV-2 was 82.6% (95% CI: 68.8% to 91.0%) in saliva, 1.6% (95% CI: 0.9% to 2.6%) in semen, 2.7% (95% CI: 1.8% to 4.0%) in vaginal secretion, 3.8% (95% CI: 1.9% to 7.6%) in urine and 31.8% (95% CI: 26.4% to 37.7%) in faeces/rectal swabs. The maximum viral persistence for faeces/rectal secretions was 210 days, followed by semen 121 days, saliva 112 days, urine 77 days and vaginal secretions 13 days. Culturable SARS-CoV-2 was positive for saliva and faeces.

結果 SARS-CoV-2が検出された患者の割合は、唾液で82.6%(95%CI:68.8%〜91.0%)、精液で1.6%(95%CI:0.9%〜2.6%)、膣分泌液で2.7%(95%CI:1.8%〜4.0%)、尿で3.8%(95%CI:1.9%〜7.6%)、糞便/直腸スワブで31.8%(95%CI:26.4%〜37.7%)であった。糞便/直腸分泌液の最大ウイルス残存期間は210日、次いで精液121日、唾液112日、尿77日、膣分泌液13日であった。培養可能なSARS-CoV-2は唾液と糞便で陽性であった。

Limitations Scarcity of longitudinal studies with follow-up until negative results.

限界 陰性になるまで追跡調査した縦断的研究は少ない。

Interpretation SARS-CoV-2 RNA was detected in all fluids associated with sexual activity but was rare in semen and vaginal secretions. Ongoing droplet precautions and awareness of the potential risk of contact with faecal matter/rectal mucosa are needed.

解釈 SARS-CoV-2 RNAは性行為に関連するすべての体液から検出されたが、精液と膣分泌液ではまれであった。継続的な飛沫予防策と、糞便/直腸粘膜との接触の潜在的リスクに対する認識が必要である。

用語

ウイルス排出(viral shedding)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%8E%92%E5%87%BA#:~:text=%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%8E%92%E5%87%BA%20(%E8%8B%B1%3A%20viral%20shedding,%E9%9B%A2%E3%82%8C%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82

インフルエンザウイルスのライフサイクル。
侵入→複製→潜伏→排出

ウイルス排出 (英: viral shedding)は、宿主細胞の感染中に複製が成功した後のウイルス子孫の圧出と放出のことである。複製が完了し、宿主細胞がウイルスの子孫を作るためのすべての資源を使い果たすと、ウイルスはいくつかの方法で細胞から離れ始めることがある[1]。

この用語は、単一の細胞からの脱落、体のある部分から体の別の部分への排出[2]、およびウイルスが他の体に感染する可能性のある環境への体からの排出を指すために使用される[3]。

ウイルス性疾患のある人は、ウイルスを排出していると感染性をもつ。したがって、感染者が時間の経過とともにウイルスを放出する速度は非常に重要である

この状況での伝染性は最大15日間続く可能性があることから、ウイルス性疾患が局所的な人口の多くに感染した場合には、ウイルスの拡散を防ぐために適切な検疫予防措置をとる必要がある。

関連文献

*ワクチン接種後の体臭の変化Science daily yより

Body odor changes following vaccination
https://www.sciencedaily.com/releases/2014/04/140402211946.htm

Date:  April 2, 2014

Source: Monell Chemical Senses Center

出典:米国 モネル化学感覚センター

Summary:概要

New research reveals that immunization can trigger a distinct change in body odor. This is the first demonstration of a bodily odor change due to immune activation. "This work provides further evidence that it is possible to use odors to 'eavesdrop' on the immune system, suggesting that non-invasive disease detection may be possible even before the onset of observable symptoms," one of the researchers said.

新たな研究により、予防接種によって体臭が明らかに変化することが明らかになった。これは、免疫活性化による体臭の変化を初めて実証したものである。この研究は、匂いを使って免疫システムを "傍受 "することが可能であるというさらなる証拠を提供するものであり、観察可能な症状が現れる前であっても、非侵襲的な病気の検出が可能であることを示唆しています」と研究者の一人は述べている。

| | Comments (0)

« March 2024 | Main