May 25, 2012

赤身の肉、バターの過食はアルツハイマー病の原因

Eating too much of red meat, butter can cause Alzheimer’s

赤身の肉、バターの過食はアルツハイマー病を引き起こすことになる。

Love to eat red meat and butter? Beware, they may increase the risk of Alzheimer's disease, especially in older women, a new study has claimed.

赤身の肉およびバターを摂食するのが好き? 気をつけてください、それらは特に高齢女性でアルツハイマー病の発症リスクを増加させるかもしれないと、新研究は主張した。

Researchers linked to Harvard University have found that older women who ate too much red meat, butter and other foods that contain high levels of saturated fats had worse memories than others.

ハーバード大学に関係している研究者は高レベルの飽和脂肪を含有する赤身の肉、バターの過食した高齢女性は他の女性より記憶力が悪いことを解明した。

But, those who ate more monounsaturated fats - found in olive oil, sunflower oil, seeds, nuts and avocados - had better memories, the researchers said.

しかし、オリーブ油、ひまわり油、種子、ナッにみられる単価不飽和脂肪をより多く摂食する人々は記憶力が良いと、を研究者は述べた。

"When looking at changes in cognitive function, what we found is that the total amount of fat intake did not really matter, but the type of fat did," lead researcher Oliva Okereke was quoted as saying by the Daily Telegraph.

「認知機能の変化を見る場合、私たちが解明したことは、総脂肪摂取量が実際に問題でなかったことですが、脂肪のタイプが問題であった。」研究主任Oliva Okerekeはデイリーテレグラフで語った。

Okereke, who is from the Brigham and Women's Hospital in Boston which is affiliated to Harvard Medical School, and her fellow researchers made their conclusions after looking at results from 6,000 women aged over 65 years.

ハーバード・メディカル・スクールと提携しているボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院のOkereke,および彼女の研究者仲間は、65歳以上の6,000人の女性かの結果を判断したあとに結論を出した。

Brigham and Women's Hospital:ブリガム・アンド・ウィメンズ病院
Harvard Medical School: ハーバード・メディカル・スクール

In the study, the participants subjected to a series of mental tests over four years and answered questionnaires about diet and lifestyle. "Substituting in the good fat in place of the bad fat is a fairly simple dietary modification that could help prevent decline in memory," he said.

本研究で、参加者4年以上一連のメンタルテストを受けて、食事とライフスタイルについてアンケートに答えました。「悪い脂肪の代わりに良い脂肪の代替は記憶力減退を防ぐことに役立つことができる全く単純な食事修正である」と、彼は述べました。

関連ブログ

油脂について考える

ビタミンと魚の豊富な食事は脳を老化から守ってくれるかもしれない?

乳がんにおけるオリーブ油と他の食事脂質の調節作用および分子機構


さかなを食べると痴呆を遅らせる

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2005/10/post_c579.html

メタボリックシンドロームおよびアルツハイーマ病における食の生活習慣

お知らせ

フィトアロマ研究所での購入精油支払でクレジットカード(VISA, Master, JCB)の使用が可能になりました。よろしくお願いもうしあげます。

精油のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ
http://phytoaroma.ocnk.net/

秩父でのサクラ枝葉蒸留会は6月24日(日)長瀞で行います。詳しいスケジュールは後ほどお知らせします。

尚、7月20日(金)午後に三上先生の香の講座「アロマテラピー用精油の主成分の香気の検証」を行う予定です。詳しい内容は後でお知らせします。

三上杏平先生・精油化学講座6月13日(水)・・・・エステル類(メチルサリシレート他)、不飽和脂肪酸類として。

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(2012年10月20日(土)〜21日(日)2日間開催

キャリアオイルの脂肪酸のことが学べる三上 杏平著マイキャリアオイル・バイブルがあります。






| | Comments (0)

March 09, 2012

感情の分子(Molecules of Emotion):オピオイド受容体発見者キャンダス・パート博士著紹介

感情の分子(Molecules of Emotion):オピオイド受容体発見者キャンダス・パート博士著紹介

下記はMolecules of Emotion(感情の分子)の序文Dr. Deepak Chopra(ディーパック・チョプラ博士)のを訳したものです。

I have admired Candance Pert and her work for many years. In fact, I can remember the first time I heard her speak and my delight at realizing: Finaly, here is a Western scientist who has done the work to explain the unity of matter and spirit,body and soul.

私は長年キャンダス・パート博および彼女の業績を賞賛しています。私は最初に彼女の講演を聞いたこと実現したことの喜びを思い出すことができます。最終的に、これは、物質とスピリット、身体と精神の統一を説明することを研究した西洋の科学者である。

In exploring how mind spirit,and emotions are unified with the physical body in one intelligent system, what I call “the field of intelligence”,“Candace has taken a giant step toward shattering some cherished beliefs,Her pioneering research has demonstrated how our internal chemicals, the neuropeptide and their receptors, are the actual biological underpinning of our awareness, manifesting themselves as our emotions, beliefs and expectation , and profoundly influencing how we respond to and experience our world.

いかに心、スピリトと感情が、私が知性のフィールドと呼んでいるひとつの知的システムで身体と統一への探求で、「キャンダスは2世紀以上にわたって西洋科学者に神聖視されていたいくつかの大事にされてきた信念の粉砕に向けた大きな第一歩であった」彼女の先駆的な研究は、どのように私たちの体内化学物質・神経ペプチドおよびその受容体が私たちの認識の実際の生物学的基盤であって、私たちの感情、信念および期待としてそれ自身が表れて、私たちが如何に世界対して反応して体験するかに多大な影響与えるかを証明した。

biological underpinnings 生物学的基盤

Her research has provided evidence of the biochemical basis for awareness and consciousness, validating what Eastern philosophers,、shaman,,and alternative practioners have known and practiced for centuries.. The body is not a mindless machine,the body and mind are one.

彼女の研究は認識と意識に対する生化学基盤の証拠を提供し、東洋の哲学者、シャーマンおよび代替療法者が何世紀も知っていたことや実践してきたことを実証した。身体は心の無い機械でなくて、身体と心はひとつである。

biochemical basis 生化学的基盤

I have lectured and written about the importance role of perception and awareness in health and longevity - how awareness can actually transform matter, create an entirely new body. I also have said that the mind is nonlocal. Now Candace provide us with a vivid scientific picture of these truth. She show us that our biochemical messenger act with intelligence by Communicating information, orchestrating a vast complex of conscious and unconscious activities at any one moment. This information transfer take place over a network linking all of our systems and organs, engaging all of our molecules of emotion, as means of communication.

私は健康と長寿における知覚および意識の重要な役割、認識がどのように実際に物質を変形し、全く新しい身体を創造できるかについて講義と執筆をしてきた。また。私は心が局所的でないと述べてきた。今、キャンディスはこれらの真実の生き生きとした科学画像を提供すします。彼女は、私たちの生化学的メッセンジャーが情報を通信すること、つねに意識と無意識活動の広大な複合体を調整することによって知性をもって働きます。この情報転送は私たちの全てのシステムと器官を結びつけるネットワーク上に起きて、通信手段として感情の全ての分子に関与します。

What we see is an image of a “mobile brain”_one that moves throughout our entire body, located in all places at once and not just in the head. This bodywide information network is ever changing and dynamic, infinitely flexible. It is one gigantic loop, directing and admitting information simultaneously intelligently guiding what we call life.

私たちが見るものは“動く脳”のイメージであって、私たちの身体全体を通して動いていて、同時に全ての身体の部位に存在していて脳だけでないものであります。この身体に広がる情報ネットワークは常に変化していて、動的で無限に順応せいがあります。それは一つの巨大なループであって、情報を案内して認めて同時にいわゆる生命をガイドします。

There is a revolution taking form that is significantly influencing how the Western medical community views health and disease. Candace Pert’s contribution to this revolution is undeniable;and her professional integrity in pursuit of scientific truth, wherever it had to take her, regardless of its personal or professional cost, underscores the feminine, intuitive potential of science at its best.

どのように西洋医学界が健康および疾病を見るかに著しく影響を与える形を取っている革命であります。この革命へのキャンダス・パートの貢献は明白で、科学的事実を追及する彼女の専門的な完全性、それが彼女を何処に連れていこうと、その個人または専門的犠牲関わらず、その最良の状態で女性性、科学の直観的可能性を強調します。

下記の文章はMolecules of Emotionの本の裏表紙に書かれているものです。

Why do we feel the way we feel? How do our thoughts and emotions affect our health? Are our bodies and minds distinct from each other or do they function together as part of an interconnected system?

我々はなぜ我々が感じる方法を感じるのか? 我々の思考と感情はどのように我々の健康に影響を与えるか? 我々の身体と心はそれぞれに異なっているのか、あるいはそれらが相互接続システムの一部として機能しますか?

In MOLECULES OF EMOTION, neuroscientist Candace Pert provides startling and decisive answers to these long-debated questions, establishing the biomolecular basis for our emotions and explaining these new scientific developments in a clear and accessible way. Her pioneering research on how the chemicals inside us form a dynamic information network, linking mind and body, is not only provocative, it is revolutionary.

感情の分子で、神経科学者・キャンダス・パート博士は長期にわたって議論されている疑問に驚くべき決定的な答えを提供します。それは、我々の感情に対して生体分子的原理を立証して、明らかに手に入れやすい方法でこれらの新しい科学的展開を説明しています。私たちの体内の化学物質がどのように心と身体をつなぐダイナミックな情報ネットワークを形成しているかについての彼女の先導的な研究は、挑発的だけでなくて革命的である。

MOLECULES OF EMOTION is a landmark work, possessing that rare power to change the way we see the world and ourselves. Pert’s striking conclusion that it is our emotions and their biological components that establish the crucial link between mind and body offers a new scientific understanding of the power of our mind and our feelings to affect our health and well-being.

感情の分子は画期的な研究で、我々が世界および我々自身への見方を変えるまれなパワーを有している。 心と身体との間に決定的なきずなを確立している我々の心とそれらの生物学的成分であるというパート博士のきわだった結論は私たちの健康とウエルビーングに影響する心と感情のパワーについて新たな科学的理解を与えます。

考えたこと
以前、アウエイク・ネーチャー・ハートランド・ジェームズ氏のエックハルト・トール"A New Earth" 読書会&勉強会でUnresolved Emotional Problem(未解決な感情問題)のことを学びました。未解決の感情が心の問題や病気に関係すると学びました。未解決の感情問題にについて知りたくなり、その時に昔、エネルギー療法に興味を持ち購入した本で、Hands of Lifeがあり、改めて読んでみると未解決の感情が身体に記憶されていることを知りました。Hands of Lifeの著者は身体に手をあてることによって患者の感情の問題を読み取ることができました。記憶は脳で行うものだと思っていましたが身体でも記憶しているはなぜかと思いました。Hands of Lifeに記憶について書いてあったがよく理解でいませんでした。そんな時に感情の分子(MOLECULES OF EMOTION)の本を知り購入しました。途中まで読んで止めてしまいましたが改めて読んでいます。もうすぐ終わります。

お知らせ

三上杏平先生・精油化学講座(フェノール類/アルデヒド類)3月14日(水)開催

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(2012年10月20日(土)〜21日(日)2日間開催

| | Comments (0)

January 20, 2012

ポリフェノール豊富な食品でインフルエンザ予防できるかも?

お客様からシスタス052抽出物に関する文献がないかとの問い合わせがありました。それで、調べた文献です。これを読んでポリフェノールがインフルエンザに効果あるメカニズムを知りました。ポリフェノール豊富なホットな赤ワインが風邪に効果があるはこのメカニズムからきているのかもしれない。

ポリフェノールのインフルエンザ効果について調べていたら下記の記事がありました。

Tea Polyphenols also show remarkable anti-virus function against flu virus, enterogastritis virus.

また、茶ポリフェノールはインフルエンザウイルス、胃腸炎ウイルスに対して顕著な抗ウイルス機能を示します。

ポリフェノール豊富な食品を摂取すればインフルエンザ予防に役立つかもしれないと思いました。


A polyphenol rich plant extract, CYSTUS052, exerts anti influenza virus activity in cell culture without toxic side effects or the tendency to induce viral resistance.

ポリフェノール豊富な植物抽出物(シスタス052)は、有毒副作用あるいはウイルス抵抗性誘発傾向なしで細胞培養において抗インフルエンザウイルス活性を発揮する。

PUBMDEより

Antiviral Res. 2007 Oct;76(1):38-47. Epub 2007 Jun 4.

Ehrhardt C, Hrincius ER, Korte V, Mazur I, Droebner K, Poetter A, Dreschers S, Schmolke M, Planz O, Ludwig S.

Source

Institute of Molecular Virology, ZMBE, Westfaelische-Wilhelms-Universitaet, Von Esmarch-Str. 56, D-48159 Muenster, Germany.

Molecular virology:分子ウイルス学

Abstract

要旨

Infections with influenza A viruses still pose a major threat to humans and several animal species. The occurrence of highly pathogenic avian influenza viruses of the H5N1 subtype capable to infect and kill humans highlights the urgent need for new and efficient countermeasures against this viral disease.

インフルエンザA型ウィルスの感染はいまだにヒトおよびいくつかの動物種に対して大きな脅威を生み出している。ヒトを感染させて殺すのに有能なH5N1サブタイプの高病原性鳥インフルエンザウィルスの発生は、このウイルス疾患への新しく効率的な対抗策の緊急の必要を強調している。

Here we demonstrate that a polyphenol rich extract (CYSTUS052) from the Mediterranean plant Cistus incanus exerts a potent anti-influenza virus activity in A549 or MDCK cell cultures infected with prototype avian and human influenza strains of different subtypes.

ここで、私たちは地中海植物・ムラサキ ゴジアオイからのポリフェノール豊富な抽出物(シスタス052)は異なるサブタイプのプロトタイプ鳥およびヒトインフルエンザ菌種に感染したA549またはMDCKの細胞培養で有力な抗インフルエンザウィルス活性を発揮することを実証します。

Cistus incanus:ムラサキ ゴジアオイ ハンニチバナ科

CYSTUS052 treatment resulted in a reduction of progeny virus titers of up to two logs. At the effective dose of 50 microg/ml the extract did not exhibit apparent harming effects on cell viability, metabolism or proliferation, which is consistent with the fact that these plant extracts are already used in traditional medicine in southern Europe for centuries without any reported complications. Viruses did not develop resistance to CYSTUS052 when compared to amantadine that resulted in the generation of resistant variants after only a few passages.

シスタス052治療は結果的に2倍までの子ウイルス力価の減少になった。50 microg/mlの有効量で、抽出物は細胞生存性、代謝または増殖への明らかな損害作用を示さなかった。そのことは、これらの植物抽出物が報告されたどんな合併症なしで何世紀期間南ヨーロッパにおいてすでに伝統薬剤で使用されている事実と一致する。ほんの少しの病原菌培養後に耐性菌の発性に帰着したアマンタジンに比べるとウイルスはシスタス052に対して耐性ができなかった。
progeny virus 子ウイルス
titers 力価
cell viability:細胞生存性
resistant variants 耐性菌
amantadine:アマンタジン:抗ウイルスおよび抗パーキンソン病薬剤.

On a molecular basis the protective effect of CYSTUS052 appears to be mainly due to binding of the polymeric polyphenol components of the extract to the virus surface, thereby inhibiting binding of the hemagglutinin to cellular receptors. Thus, a local application of CYSTUS052 at the viral entry routes may be a promising approach that may help to protect from influenza virus infections.

分子的基盤上で、シスタス052の防護作用はウイルス表面に抽出物の高分子ポリフェノール成分が主に結合するためのようであって、それゆえ、細胞受容体にヘマグルチニンの結合を阻害する。ウイルス侵入路でのシスタス052の局所塗布はインフルエンザ・ウイルス感染から保護するのに役立つ有望なアプローチかもしれません。

Polymeric:ポリマー、高分子

Hemagglutinin:ヘマグルチニン

ヘマグルチニン(hemagglutinin、haemagglutinin、HA)とは、インフルエンザウイルス、およびその他多くの細菌、ウイルスの表面上に存在する抗原性糖タンパク質である。ウイルスはこのヘマグルチニンの働きによって細胞に感染する。

cellular receptors 細胞受容体

その他の記事

PUBMEDより

Cistus incanus (CYSTUS052) for treating patients with infection of the upper respiratory tract. A prospective, randomised, placebo-controlled clinical study.

上気道感染症患者治療のためのシスタス052。前向き無作為プラセボ対照臨床試験

関連ブログ

風邪についてエドガーケーシーより

風邪に亜鉛摂取が効果的かも?

インフルエンザ対策抗ウイルス作用および免疫賦活作用精油

お知らせ

三上杏平先生・精油化学講座(アルコール類)2月8日(水)開催

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(2012年10月20日(土)〜21日(日)2日間開催

| | Comments (0)

December 28, 2011

うつ病と炎症との関係・アンドルー・ワイル博士

The Depression-Inflammation Connection

うつ病と炎症との関係・アンドルー・ワイル博士

The dramatic rise in depression diagnoses over the last two decades is a great challenge to modern medicine. I believe that part of the "depression epidemic" is false -- a creation of aggressive disease-mongering by pharmaceutical companies to promote antidepressant sales. However, it's equally clear that within that trend, there has been a real rise in depression rates.

過去20年間にわたるうつ病診断の劇的な上昇は現代医学に対する重大な挑戦です。私は「うつ病流行」の一部分は誤りであると信じています。抗うつ剤販売促進のため製薬会社による攻撃的な売り込み行為。しかし、流行的傾向の中でうつ病率の実質増加であったことも同じく明らかであった。

disease mongering:病気の売り込み、あるいは売り込み行為
製薬会社などがその販路を広めるために、医学界と共同歩調を通して、特定の病気をより重要な課題として社会問題化し、治療的介入を進め、その治療薬と特定の病気の知名度が上がることをさす。

The reasons for the increase are complex, but one important theory deserves special consideration, because I believe it offers new possibilities for prevention and treatment. At the center of this theory are cytokines -- proteins made by immune cells that govern responses to foreign antigens and germs.

増加の理由は複雑ですが重要な1つの理論は特別な考慮にあたいする。それは予防と治療にために新しい可能性を提示することを私が信じるからです。この理論の中心はサイトカイニン(異種抗原と細菌に対する反応を制御する免疫細胞によって作られたタンパク質)であります。

Cytokines have varied effects. One type -- the interleukins -- controls inflammation and produces fever. Another type governs how red and white blood cells in the bone marrow mature. Because of such powerful effects, some cytokines have proved useful as medical treatments, though they can be quite toxic. In 1980, scientists succeeded in inserting a gene for human interferon into bacteria -- this made it possible to mass-produce and purify these proteins. Since then, synthetic, injectable forms of interferon have been in wide use as treatments for several cancers (skin cancers, some leukemias), chronic viral hepatitis and multiple sclerosis.

サイトカイニンは異なった作用を有しています。 1つのタイプ(インターロイキン)は炎症をコントロールして熱を産生します。別のタイプは、骨髄中の赤血球および白血球がどのように成熟するか制御します。そのような強力な作用のために、それらは全く有毒かもしれませんが、いくつかのサイトカイニンは医療に有用であると分かりました。1980年には、科学者がバクテリアにヒトのインターフェロン用の遺伝子を注入することに成功しました -- これは、これらのタンパク質を大量生産するおよび純粋化することを可能にしました。その時以来、合成、インターフェロンの注射剤型は、いくつかの癌(皮膚癌、いくつかの白血病))、慢性ウイルス性肝炎および多発性硬化症の治療法として広く使用されています。

A commonly-reported side effect of interferon therapy is severe depression; in fact, some patients have committed suicide. Long-term activation of the immune system, as in autoimmune disease, also seems to go along with depression. The reverse is also true: Depression seems to involve changes in various aspects of immunity, particularly those having to do with cytokines. People with rheumatoid arthritis, scleroderma, systemic lupus (SLE) and other forms of autoimmunity are often depressed. And when proinflammatory cytokines are administered to animals, they elicit "sickness behavior": The animals become listless, lose interest in eating, grooming, socializing and sex, and show increased sensitivity to pain, changes strikingly similar to those in humans with major depression.

インターフェロン療法の一般に報告されている副作用は重篤なうつ病で、事実、何人かの患者は自殺をしました。自己免疫疾患のように、免疫系の長期的活性化はうつ病も付随するように思われる。また、うつ病は、免疫の様々な部分の変化を含んでいるようで、特にサイトカイニと関係するものです。関節リウマチ、強皮症全身性エリテマトーデスおよび他の形式の自己免疫疾患の患者はうつ状態になることが多いです。そして、炎症性サイトカインが動物に投与されると、彼らは「病的行動」を誘発します。動物は落ち着かなくなり、食欲、グルーミング、仲間活動および性欲に興味を失って、痛みへの感受性増加、大うつ病のヒト患者まったく同様な変化を示す。

scleroderma 強皮症
systemic lupus (SLE) 全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡)
autoimmunity:自己免疫疾患
major depression:大うつ病(単極性うつ病)

Loss of interest in food and ability to take pleasure in eating make sense as a short-term response to infection -- it frees up energy used for digestion and makes it available for immune defense. Once the immune system gains the upper hand, it can turn down the cytokines, allowing brain centers that control appetite and taste to resume normal activity. Malignant tumors, however, even when they are relatively small, often stimulate prolonged cytokine responses that do more harm than good. For example, they permanently suppress appetite. This leads to extreme wasting (cachexia) that all too many cancer patients suffer. Given that dramatic effect on the brain and body, consider the impact of prolonged cytokine responses on parts of the brain associated with thoughts and emotions.

食欲および食べる楽しみの能力の興味低下は炎症への短期の反応としてとして意味を成しています。それは消化に使用されるエネルギーを解離して免疫防御に使用可能にする。一度免疫系が優位を獲得すれば、サイトカイニンを拒絶して、食欲および味覚を制御する脳中枢が正常活動再開をすることが可能になります。しかし、比較的小さいものであっても、悪性腫瘍は益より害になる持続性サイトカイン反応を刺激することが多いです。例えば、それらは永久的に食欲を抑えます。これは、あまりにも多くの癌患者が罹患する極端な衰弱(悪液質)になります。脳と身体に極端な影響を与えて、思考および感情に関係する脳の部位への持続性サイトカイン反応の衝撃を考慮してください。

Cachexia:悪液質(あくえきしつ)は、何らかの疾患を原因とする栄養失調により衰弱した状態

The reason I find the cytokine hypothesis of depression so compelling is that it fits right in with my belief that doing everything we can to contain unnecessary inflammation -- by adhering to an anti-inflammatory diet, for example -- is the best overall strategy for attaining optimum health.

私はうつ病のサイトカイン仮説が極めて説得力あることを見つける理油は、例えば、抗炎症ダイエットにこだわることによって、不必要な炎症を抑制できることをすべておこなうことは最良の健康を達成するための最良の総合戦略であるとの私の信念と一致するからです。

Inflammation is the cornerstone of the body's healing response. It is the process by which the immune system delivers more nourishment and more defensive activity to an area that is injured or under attack. But inflammation is so powerful and so potentially destructive that it must stay where it is supposed to be and end when it is supposed to end; otherwise it damages the body and causes disease. Cytokines are the principal chemical mediators of the inflammatory response. Anything you can do to keep them within their proper bounds will reduce your risks of chronic disease and also, it now appears, protect you from depression.

炎症は体の治癒反応の根本理念です。それは、免疫系が傷つくまたは攻撃を受けた部位に多くの栄養およびより防御活性を運搬する過程であります。しかし、炎症が非常に強力で潜在的に破壊的であるので炎症が終了するであろうときに存在および終了するであろうところに留まっていなければならない。そうでなければ、炎症は身体を破損し、疾患を引き起こします。

Cytokines are the principal chemical mediators of the inflammatory response. Anything you can do to keep them within their proper bounds will reduce your risks of chronic disease and also, it now appears, protect you from depression.

サイトカイニンは炎症反応の主要な化学伝達物質です。サイトカインを適切な範囲内においておくためにできることのすべては、慢性疾患リスクを減少させることになって、また、そのことはうつ病からあなたを守るようである。

chemical mediator:化学伝達物質、化学的媒介物質、化学的メディエーター

How to control inappropriate inflammation is a big subject, but dietary choices are perhaps the most important way to keep excessive cytokine production in check. The anti-inflammatory food pyramid consists of foods that can help control inflammation, as well as provide the vitamins, minerals and fiber required for optimal health. Prudent exercise regimes and stress-reduction techniques can also be helpful.

不適切な炎症を制御する方法は大きな課題ですが、食事選択は恐らく過剰なサイトカイン産生を抑制する最も重要な方法です。抗炎症性食品ピラミッドは、最良の健康に必要なビタミン、ミネラルおよびファイバーを提供すると同様に炎症を制御することに役立つことのできる食品から成り立っています。良く考えられた運動法とストレス解消テクニックも役に立つことになります。

My new book, "Spontaneous Happiness," from which this article is adapted, provides detailed information about therapies and lifestyle changes that can control inflammation. It also explores other methods to improve mood states. Depression is a serious problem, but as our understanding of the mechanisms behind it improves, I believe we can make significant progress in developing simple, safe, effective therapies to treat it.

この記事に適合している私の新刊書「自発的な幸福"Spontaneous Happiness,」は、炎症を制御できるセラピーおよびライフスタイルの変更に関する詳細情報を提供します。また、それは気分状態を改善するための他の方法を探求しています。うつ病は重篤な病気ですがその裏にあるメカニズムを理解することでうつ病治療のための簡単、安全、効果的治療の開発に大きな進歩を成し遂げると私は信じています。

The anti-inflammatory food pyramid:抗炎症性食品ピラミド

Spontaneous Happiness 自発的な幸福

関連ブログ
アンドルーワイル博士お勧め11強壮食品

CBS NEWS VIDEO:アンドルー・ワイル博士

お知らせ

三上杏平先生・精油の化学講座(6回)1月11日(水)より開始

| | Comments (0)

December 12, 2011

サイトカイン誘発うつ病

Cytokine-induced changes in mood and behaviour: implications for 'depression due to a general medical condition', immunotherapy and antidepressive treatment.

気分および行動におけるサイトカイン誘発変調:一般身体疾患、免疫療法および抗うつ剤治療によるうつ病に対
する意味

general medical condition 一般身体疾患
immunotherapy 免疫療法
antidepressive treatment 抗うつ剤治療

PUBMEDより

Int J Neuropsychopharmacol. 2002 Dec;5(4):389-99.

Pollak Y, Yirmiya R.

Department of Psychology, The Hebrew University of Jerusalem, Israel.

ABSTRACT

要旨

Several lines of evidence indicate that cytokine-mediated communication pathways between the immune system and the brain are involved in the pathophysiology of depression:

いくつかの証拠は免疫系と脳との間のサイトカイン媒介通信経路がうつ病の病態生理学に関与することを示します.。

cytokine-mediated communication pathways サイトカイン媒介性通信経路
pathophysiology 病態生理学

(1) Depression is highly prevalent in various medical conditions, including infectious, autoimmune and neurodegenerative diseases.

(1) うつ病は感染・自己免疫および神経変性の疾患を含む様々な身体疾患においてすごく流行しています。

neurodegenerative diseases 神経変性疾患

This clinical association cannot be attributed solely to psychological distress, and it probably reflects direct activation of illness-induced physiological processes.

この臨床的関係はもっぱら精神的苦痛に帰するものでなくて、恐らく疾患誘発による生理過程の直接活性化を反映します。

psychological distress 精神的苦痛
physiological processes 生理的過程

(2) Experiments in humans and in animals demonstrate that exposure to cytokines induces depressive-like mood and behavioural alterations.

(2) ヒトおよび動物の実験はサイトカイン暴露がうつ病に似た気分および行動の変調を誘発します。

(3) Cytokine immunotherapy in cancer and hepatitis patients elicits a major depressive episode in a large percentage of the patients.

(3) 癌と肝炎患者におけるサイトカイニン免疫療法は患者の大きな割合で大うつ病エピソードを誘発する。

hepatitis 肝炎
major depressive episode:大うつ病エピソード

(4) Several types of depression that are not directly associated with a physical disease (e.g. major depression, melancholia, dysthymia) were also associated with cytokine hypersecretion.

4) 体の疾患(例えば大うつ病、憂鬱症、気分変調症)に直接関係していないいくつかのタイプのうつ病もサイトカイニン分泌過多に関係していました。

melancholia メランコリア
dysthymia 気分変調症
hypersecretion 分泌過多、過分泌

(5) Antidepressant drugs possess anti-inflammatory characteristics, which may partly account for their therapeutic effect. Congruently, antidepressants were found to reverse cytokine-induced major depression in humans and depressive-like behaviours in animals.

(5) 抗うつ剤は抗炎症作用を有していて、それは部分的に抗うつ剤の治療効果を説明するかもしれません。一致して、抗うつ剤は、ヒトでサイトカイン誘発大うつ病および動物でうつ病様行動を逆転することが解った。

anti-inflammatory characteristics 抗炎症作用

(6) Cytokines affect brain systems that were implicated in the aetiology of depression, including the hypothalamus-pituitary-adrenal axis and monoaminergic systems.

(6) サイトカイニンは視床下部〜下垂体〜副腎皮質系およびモノアミン作動系を含むうつ病の病因論で意味する脳システムに影響する。

aetiology:病因論, 病因学
hypothalamus-pituitary-adrenal axis 視床下部〜下垂体〜副腎皮質系
monoaminergic systems モノアミン作動系

These conclusions strongly suggest that during medical conditions elevated levels of cytokines directly contribute to the induction of depression.

これらの結論は、病気中に、高濃度サイトカイニンがうつ病の誘導の直接的な一因となっていることを示唆しています。

Therefore, illness-associated depression should not be underestimated (in terms of prevalence and severity), and should be treated with antidepressant drugs, which may act on the specific physiological mechanisms of this disorder.

したがって、疾患に関連するうつ病は過小評価(罹患率と重症度の点から)すべきでなくて抗うつ剤で治療すべきで、そことはこのうつ病障害の特異性の生理学的機序に作用するかもしれません。

| | Comments (0)

February 15, 2011

感情のエネルギー2:Hands of Lifeより

4つの感情(恐れ・怒り・痛み・愛)について

3.感情感覚における痛み(Pain)は自己認識である。それはあなたが追求したことを達成するか、または自分が尊重して愛するものが守られたときに生まれてくる感情である。それはあなたの存在の核心に触れるものであって、涙を誘うものである。(また、人は怒りまたは恐れを隠して泣くけれども)。また、他のだれからの愛する感情はこの核心に触れてあなたがどこに生きているかを思い出せるとき―子供のハグ、偉大なアーティストの絵、詩または交響曲―に生まれてくる。軽蔑(Contempt)は痛みの防御の形である。

4.愛(Love)はあなたから流れる感情です。あなたがだれであるかを知るならば、他の人とあなたは結び付きます。それは性的特質であって創造的である。喜び(joy)は愛の防御の形である

感情の防御の形

感情の防御の形は他の感情にそれ自身が結びついていて、それゆえに,我々はどちらも明確に感じないです。感情それ自身が特に危険であると思われると、我々は防御の形を使用する。長年の間防御感情の使用に我々自身が訓練された後に、防御感情を多く使用し、優勢になって基本的感情へのアクセスを否定することになる。どのようなことかは下記を読んでください。

DEFENSIVE FORMS OF FEELING   感情の防御の形

防御                  感情の組み合わせ     メッセージ

憎しみ(Hate)      恐れ(Fear)+怒り(Anger)  触らないで

敵意(Resentment)   怒り(Anger)+愛 (Love)  あなたは私を傷つけた

軽蔑(Contempt)    痛み(Pain)+恐れ(Fear)  私はすべに渡ってあなたより上だから傷つけることはできない

喜び(Joy)               愛(Love)+痛み(Pain)  なにも問題ないからあなたは傷つけることはできない

考えたこと

生活していると自分が感じた感情をだすことは問題をひきおこすことになるので別の感情の形を表現することによってさしさわりない生活をしている。ところがいつも自分本来の感情をおさえて別の感情で生きていると本来の感情を忘れてしまい、その感情を発散しないことが体の病気などの原因になっているようです。発散されていない感情は体の部位に蓄積されているようです。

感情のエネルギー:Hands of Lifeより

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

 

| | Comments (0)

February 14, 2011

高濃度男性ホルモン・テストステロン暴露は人への共感を低下させる

Exposure to high levels of male hormone lowers empathy

高濃度男性ホルモン暴露は人への共感を低下させる。

empathy:(人への)共感、感情移入

Exposure to male hormones can significantly lessen up the ability to read other people’s emotions, as per the findings of a new study carried out by researchers from Cambridge and Utrecht universities.

ケンブリッジとユトレヒト大学から研究者によって行われた新研究の知見によると、男性ホルモンの暴露は他人の
感情を読む力を極めて減少させることになる。

Researchers have discovered that higher levels of male sex hormone testosterone influence the ability to empathise with others.

研究者は高濃度の男性ホルモン・テストステロンが他の人に共感する能力に影響するということを発見した。
The researchers believe their findings could lead to new drugs and treatments for conditions like autism.
研究者はそれらの知見が自閉症のような症状の新薬と治療に至ることができるだろうことを考えている。

Is your partner failing on feeling front?

あなたのパートナーは感情体裁で失敗しているか?

In the latest study, a team of researchers found that boosting the amount of the male sex chemical in women plunges their ability to read other people’s mind.

最新研究で、研究者のチームは女性に男性化学物資量の増加が他人の心を読む力を急落させることを発見した。

As part of the study, experts from universities in Cambridge and Utrecht gave women a small dose of testosterone, and found that the exposure to the male sex hormone made them less able to empathise with others.

本研究の一部として、ケンブリッジとユトレヒトの大学の専門家は女性に小容量のテストステロンを投与して、男性ホルモンが他人への共感能力を少なくすることを解明した。

The research team of British and Dutch scientists included females in their study because they have naturally low levels of the male sex hormone testosterone than men, meaning any effect of raising the amount could be easily spotted, according to Daily Mail.

Daily Mailによると、英国とオランダ人の科学者調査チームは研究に女性を含めた。何故らならば、女性は生まれながらにして男性より低濃度の男性ホルモン・テストステロンを有していて、そのことはテストステロン量増加の
どんな影響が容易に見つけることができるだろことを意味した。

Study details

研究詳細

To reach their findings, researchers from University of Cambridge in the UK and Utrecht University of The Netherlands recruited 16 women and put them on the dosage of the male hormone.

それらの研究結果に到達するために、英国のケンブリッジ大学とオランダのユトレヒト大学の研究者は16人の女性を集めて男性ホルモンを投与した。

The researchers found that the exposure to testosterone affected one of the key areas linked to autism - the ability to empathise.

研究者は、テストステロンへの暴露が共感する能力―自閉症と関係するカギになる領域の一つに影響を与えたことを解明した。

autism:自閉症

The female volunteers then took "mind-reading" test, in which they were asked to look at pictures of faces and try to guess the mood of the person pictured, BBC reported.

女性のボランティアは、その時に、「読心」テストをした。そこにおいて、女性は顔の写真を見て写真の人の心持を推測するように求められたと、BBCが報告した。

It was found that the testosterone exposure caused a significant reduction in this "mindreading"advantage amongst the women.

テストステロン暴露が女性の間でこの「読心」優位性で有意な減少を引き起こすことが判明した。

The women were less able to judge the mood of facial expressions that they were shown.

女性は示された表情の気分をよく判断することができなかった。

The findings indicate that exposure to the hormone in the womb may be key behind this reduction.

研究結果は子宮でホルモンへの暴露がこの減少の裏にある鍵であるかもしれないことを示している。

Index finger length also affects empathy levels

人さし指長も共感レベルに影響する。

The research also revealed that even the shape of index and the fourth finger plays a pivotal role in determining the empathy levels, according to the Daily Mail.

the Daily Mail.によると、また研究者は人さし指と第四指の形状さえも共感レベルの測定で重要な役割を果たすことを明らかにした。

In men and women, the relative length of the index and fourth finger is different, with the men having the index finger shorter than the ring finger, and the having either both the finger similarly long, or the index finger longer.

男性と女性において、人さし指と第四指の相対的長さは異なって、人差し指が薬指より短い男性、および両方の
指が同じように長いかまたは人差し指が長いかである。

These differences are thought to be generated by differing levels of testosterone exposure in the womb.

これらの違いは子宮で異なるレベルでのテストステロン暴露によって発生すると考えられる。

“Small hormonal differences can have far-reaching effects on empathy,” the Daily Mail quoted Cambridge researcher and autism expert Simon Baron-Cohen as saying.

「少量のホルモンの違いが共感に広範囲な影響を及ぼすことになる」と、the Daily Mailはケンブリッジ研究者と自閉症の専門家サイモン・バロン=コーエンの言葉を引用した。

“We are excited by this finding,” Dutch researcher Professor Jack van Honk said.

「我々はこの研究に刺激される」と、オランダの研究者Jack van 教授は述べた。。

The study findings appear in the 'Proceedings of the National Academy of Sciences' (PNAS) journal.

この研究結果は、『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)で見られる。

指の長さは身体的攻撃の手がかり

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

心と体 | | Comments (0)

January 22, 2011

感情のエネルギー:Hands of Lifeより

4つの感情(恐れ・怒り・痛み・愛)について

1.恐れ(Fear)は知覚の感情状態である。私たちは危険が迫った時だけ恐れを特定することを子供のころから訓練されているけれど、恐れは何が安全で何が危険であるかを教えてくれます。憎しみ(Fate)は恐れの防御の形である。

2.感情を“殺すこと”と同一視される怒り(Anger)は行動の感情である。あなたの恐れが知覚したことが安全であると教えてくれるならば、あなたの怒りは望んでいることを得るために前に進展させる。あなたの恐れがそれは危険であると教えてくれるならば、あなたの怒りは戦うまたは逃げるための、自分自身またはあなたの価値観を守るためのエネルギーを与えてくれる。敵意(Resentment)は怒りの防御の形である。

痛み・愛については次回にします。

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

| | Comments (0)

January 20, 2011

新たな健康概念への探求:リアノン・ハリス著Becoming An Aromatherapist(アロマセラピストになろう)より

正統および非正統医学アプローチの紹介

アロマセラピストにとって必要はことの一つにすくなくともある程度の健康および病気の知識をもつことであります。自信をもって効果的に仕事をするために、どのように身体は働くのかの認識をもつことは重要であります。それゆえに、多くのアロマセラピーのコースにはアロマセラピー・トレーニング前に解剖生理学と病理学を学ぶまたは学んだかを要求します。この知識のレベルはあなたが選択したアロマセラピー・コースによります。例えば、エステックアロマセラピストの必要な解剖生理学の知識はアロマトロジストとは違ってくることになります。

また、多くのカレッジは健康への異なるアプローチの入門訓練が含まれます。“非正統”または“代替”療法と呼ばれているこれらのアプローチは、例えば、中医学およびアユルベーダ医学の哲学が含まれます。病気過程の基部であるとして人体にあてにしている正統医学と違って、中医学およびアユルベーダ医学は身体のバランス回復と維持にもっと関心を持っていて、全ての身体のプロセスに影響するエネルギーシステムの存在を認めています。

ホーリズム(holism)の理解

ホリスティックholistic とホーリズムholismの言葉はアロマセラピーおよび他の補完療法の文献でしばし見られます。あなたが選択したアロマセラピーコースの違いにもかかわらず、訓練中にホリスティック アプローチの何らかの授業を受けるでしょう。このことはホーリズムが個人に対して深い配慮を求めているためです。個々人はただひとつしかない存在であって、栄養を必要とする多くの局面から成り立っていて、存在するための真の健康のためにバランスを保っていることは認められています。アロマセラピーは、身体、精神、感情およびエネルギー・スピリチュアルの全てのこれらのレベルに対して有用であると考えられています。

また、ホーリズムはそれぞれの人は自分自身を治癒させる生得の能力(自然治癒力)を有していることを認めています。アロマセラピーは、時々、これらのヒーリングパアー(治癒力)を目覚めさすための触媒として作用すると見られていて、それゆえに、人がバランスおよび素晴らしい健康に向かうことを助けます。

下記の講座は募集してます。

『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

| | Comments (0)

August 08, 2010

リノール酸(オメガ-6)過剰α-リノレン酸(オメガ-3)不足で肥満(2)

Assessing the consequences

研究結果の評価

The new research, led by Gérard Ailhaud at the Université de Nice Sophia-Antipolis in France, exposed several generations of mice to a high omega-6 and low omega-3 "Western" diet and assessed the consequences.

フランスのニース・ソフィア・アンティポリス大学によって行われた新研究は数世代のマウスに高オメガ-3と低オメガ-3「西洋型」の食事に暴露してその結果を評価した。

The mice were given unrestricted access to food and water (ad libitum conditions) over several generations in order to allow the mice to self-regulate the intake according to biological needs.

マウスは生物学的必要性に応じてマウスが摂取を自己調節させるようにするために幾世代に渡って餌と水(適宜状態)に無制限アクセスが与えられた。

“We chose purposely ad libitum conditions to expose both male and female mice across several generations to a Western-like diet” the researchers explain.
「我々は、西洋型の食事を数世代にわたって雄と雌の両方のマウスに暴露させるため故意に適宜状態を選択する」と、研究者が説明する。

Trans-generational inheritance

世代を超えた遺伝的体質

The results of the study observe that under conditions of genetic stability and with no change to routine, four generations of a ‘Western-like fat diet’ were sufficient to gradually increase fat mass.

本研究結果は、遺伝子的安定性の条件下および手順の変化なしで、4世代の『西洋型のような脂肪食』で段階的に体脂肪量を増加させるのに十分だったことを述べている。

genetic stability 遺伝子的安定性

“A gradual trans-generational increase in adiposity can occur in mice fed a Western-like fat diet” wrote the researchers.

「肥満症の段階的の世代を超えた増加は西洋型のような脂肪食で飼育されたマウスで起きうる」と、研究者が書いた。

adiposity 肥満症

The study suggests that an unbalanced diet can lead to changes in the expression of genes that control growth and immune functions.

本研究はアンバランス食が成長および免疫機能を制御する遺伝子発現で変化をもたらすことになることを示唆している。

A gene expression analysis of fat tissue over several generations of the mice observed “discrete and steady changes in certain important players, such as colony stimulating factor-3 (CSF3) and Nocturnin.”

マウスの幾世代にわたる脂肪組織の遺伝子発現分析は、コロニー刺激因子3(CSF3) およびノクターニンなどの特定の重要なプレイヤーの穏やかで着実な変化を観察した。

colony stimulating factor 3 コロニー刺激因子3
Nocturnin ノクターニン

The researchers said “Our data show that expression of CSF-3 increased over generations in mice. These results strongly suggest a role for CSF-3 in stimulating growth of adipocyte progenitors.”

研究者は述べた、「我々のデータは、コロニー刺激因子3の発現がマウスで世代を超えて増加したことを示している。これらの結果は脂肪前駆細胞増殖刺激でコロニー刺激因子3の役割を強く示唆している。

colony stimulating factor 3 コロニー刺激因子3
Nocturnin ノクターニン

The researchers conclude that in a genetically-stable animal population, exposure to a diet similar to that of Westernized human populations was enough to cause the emergence of trans-generational obesity.

研究者は遺伝的安定性の動物集団で西洋化されたヒト集団と類似食暴露は世代を超えた肥満の発現を引き起こすのに十分だったと結論している。

Ailhaud and his team suggest that the trans-generational ‘inheritance’ of adipose tissue could be linked to the increased expression of the CSF-3 gene across generations that could enhance the proliferation of adipose progenitors - Although further research into these links would be needed.

Ailhaudと彼のチームは脂肪組織の世代を超えた「遺伝的形質」は脂肪前駆細胞増殖の増加することになるだろう世代にわたってコロニー刺激因子3(CSF-3)遺伝子
発現増加に関係することになるだろうと示唆している。これらの関係へのさらなる研究は必要になるだろうけれども。

adipose tissue 脂肪組織
adipose progenitors 脂肪前駆細胞

ダイエットにα-リノレン酸豊富なモテギ産エゴマ油

三上杏平先生精油化学の基礎(10回)講座9月8日より開催


| | Comments (0)

より以前の記事一覧