June 21, 2017

女性における血漿ホモシステインおよびシステインと乳がんリスク

Plasma homocysteine and cysteine and risk of breast cancer in women.

女性における血漿ホモシステインおよびシステインと乳がんリスク

PUBMEDより

Cancer Res. 2010 Mar 15;70(6):2397-405. doi: 10.1158/0008-5472.CAN-09-3648. Epub 2010 Mar 2.

Lin J1, Lee IM, Song Y, Cook NR, Selhub J, Manson JE, Buring JE, Zhang SM.
Author information
1
Division of Preventive Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, Massachusetts 02215, USA.

予防医学教室、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院およびハーバード大学医学大学院

Abstract

要旨

Homocysteine and cysteine are associated with oxidative damage and metabolic disorders, which may lead to carcinogenesis. Observational studies assessing the association between circulating homocysteine or cysteine and breast cancer are very limited, and findings have been inconsistent.

ホモシステインおよびシステインは、酸化的損傷および代謝障害と関連しており、ここのことは発がんに結びつくことがある。循環ホモシステインまたはシステインと乳がんとの関連性を評価する観察研究は極めて限定的であって、研究結果に一貫性がない。

oxidative damage 酸化的損傷
carcinogenesis. 発がん

We prospectively evaluated plasma levels of homocysteine and cysteine in relation to breast cancer risk among 812 incident cases of invasive breast cancer and 812 individually matched control subjects from 28,345 women in the Women's Health Study;these women were >or=45 years old, provided blood samples, and had no history of cancer and cardiovascular disease at baseline. Logistic regression controlling for matching factors and risk factors for breast cancer was used to estimate relative risks (RR) and 95% confidence intervals (95% CI).

私たちは、女性健康調査で28,345人女性から侵襲性乳がんの812症例と812人の個別にマッチングした対照被験者(これらの女性は45歳以上で、血液サンプルを提供して、ベースライン時にがんおよび心臓血管疾患の既往歴はなかった。)間で乳がんリスクに関係するホモシステインおよびシステインの血漿レベルを前向きに評価した。 乳がんのマッチング因子およびリスク因子を制御するロジスティック回帰を用いて、相対リスク(RR)および95%信頼区間(95% CI).を推定した。

invasive breast cancer 浸潤性乳がん
Logistic regression ロジスティック回帰
95% confidence intervals 95%信頼区間

All statistical tests were two sided. Homocysteine levels were not associated with overall risk for breast cancer. However, we observed a positive association between cysteine levels and breast cancer risk; the multivariate RR for the highest quintile group relative to the lowest quintile was 1.65 (95% CI, 1.04-2.61; P for trend = 0.04).

すべての統計的検定には両面あった。ホモシステインレベルは、乳がんの全体的リスクに関連していなかった。しかしながら、私たちは、システインレベルと乳がんリスクとの間には正の相関があることを観察した。最も低い五分位階層に関連して最も高い五分位階層の多変量RR間隔は1.65(95%CI、1.04-2.61、P =傾向0.04)であった。

statistical tests 統計的検定
multivariate RR  多変量RR間隔
quintile group 五分位階層

In addition, women with higher levels of homocysteine and cysteine were at a greater risk for developing breast cancer when their folate levels were low (P for interaction = 0.04 and 0.002, respectively). Although our study offers little support for an association between circulating homocysteine and overall breast cancer risk, higher homocysteine levels may be associated with an increased risk for breast cancer among women with low folate status. The increased risk of breast cancer associated with high cysteine levels warrants further investigation.

さらに、葉酸レベルが低い((相互作用= P = 0.04および0.002))ときに、ホモシステインおよびシステインが最高レベルの女性は乳がん発症リスクが高かった。私たちの研究は循環ホモシステインと全乳がんリスクとの間の関連をほとんど支持していないが、ホモシステインレベルの上昇は、低葉酸状態女性の乳がんリスクの増加と関連している可能性がある。高レベルのシステインに関連する乳がんリスク増加は、さらなる調査を必要とする。

システイン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3

親水性アミノ酸、中性極性側鎖アミノ酸に分類される。含硫アミノ酸。蛋白質構成アミノ酸のひとつで、非必須アミノ酸。糖原性を持つ。
少量ではあるが大部分の蛋白質にみられる。食物では、赤唐辛子、ニンニク、タマネギ、ブロッコリー、芽キャベツ、オート麦、小麦胚芽に含まれる。体内ではメチオニンから作り出される。

お知らせ

先日、AWAKE NATUREのジェームス ハートランド氏よるチベットのバルドウについてのお話会に参加しました。ノン・デュアリティーNon-duality(非二元性)実践者であるジェームス ハートランド氏はお話されたバルドウに関する本を書かれました。

Meru Shambha's Complete Perfection
https://www.amazon.com/Meru-Shambhas-Complete-Perfection-Notebook/dp/0999040820

*ジェームス ハートランド氏のお話会がまたおこなわれます。

バルドゥについてのお話し会@宝珠院(7月29日 東京都港区芝公園内)

バルドゥについての短いお話し会とオーガニックランチ @燕カフェ(7月30日 鎌倉)

詳し事は下記のブログをご覧ください。
ブログ:アウェイク・ネイチャー!
http://blog.awakenature.org/

*語り部アロマコージお茶会 ATパラゴンカフェ横須賀長沢6月24日(土)お知らせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/06/at24-14f2.html

*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/

|

May 30, 2017

スパイシーなカプサイシンは乳がん細胞のTRPV1受容体を活性化し、がん細胞の増殖を阻害Science dailyより

Spicy molecule inhibits growth of breast cancer cells

https://www.sciencedaily.com/releases/2016/12/161220094449.htm

スパイシーな分子は乳がん細胞の増殖を阻害する

Date:
December 20, 2016

Source:
Ruhr-Universitaet-Bochum

ルール大学ボーフム

Summary:

概要

Capsaicin, an active ingredient of pungent substances such as chilli or pepper, inhibits the growth of breast cancer cells, report investigators.

トウガラシやコショウなどの辛味物質の有効成分であるカプサイシンは、乳がん細胞の増殖を阻害すると研究者は報告している。

Capsaicin, an active ingredient of pungent substances such as chilli or pepper, inhibits the growth of breast cancer cells. This was reported by a team headed by the Bochum-based scent researcher Prof Dr Dr Dr habil Hanns Hatt and Dr Lea Weber, following experiments in cultivated tumour cells.In the journal "Breast Cancer -- Targets and Therapy," the researchers from Ruhr-Universität Bochum presented their findings together with colleagues from the Augusta clinics in Bochum, the hospital Herz-Jesu-Krankenhaus Dernbach and the Centre of Genomics in Cologne.

トウガラシやコショウなどの辛味物質の有効成分であるカプサイシンは、乳がん細胞の増殖を阻害する。これは、培養した腫瘍細胞の以下の実験で、ボーフムベースの香り研究者Prof Dr Dr Dr habil Hanns Hatt およびDr Lea Weberがいるチームによって報告された。「乳がん - 標的と治療」ジャーナルで、ルール大学ボーフムのの研究者らは、ボーフムのAugusta診療所、Herz-Jesu-Krankenhaus Dernbach病院およびケルンのゲノミクスセンターで同僚ともにそれらの研究結果を提示した。

The experiments were carried out with the SUM149PT cell culture, a model system for a particularly aggressive type of breast cancer, i.e. the triple-negative type. Chemotherapy is currently the only available treatment for this type of cancer.

実験は、特に浸潤性タイプの乳がんのモデルシステム、例えば、トリプルネガティブ乳がんタイプの乳がん細胞株SUM149PT細胞培養で行った。このタイプの乳がん治療では、現在、化学療法が唯一利用可能な治療法である。

SUM149PT:乳がん細胞株

Frequently occurring receptor

頻繁に発生する受容体

In the cultivated cells, the team detected a number of typical olfactory receptors. One receptor occurred very frequently; it is usually found in the fifth cranial nerve, i.e. the trigeminal nerve. It belongs to the so-called Transient Receptor Potential Channels and is named TRPV1. That receptor is activated by the spicy molecule capsaicin as well as by helional -- a scent of fresh sea breeze.

培養した細胞で、チームはいくつかの典型的な嗅覚受容体を検出した。極めて頻繁に発生する一つの受容体; それは通常第5脳神経にみられる。例えば三叉神経である。それは一過性受容体電位チャネルに属し、TRPV1と名付けられている。その受容体は、スパイシー分子のカプサイシンと同じくさわなかな海風の香りーヘリオナールによって活性化する。

Transient receptor potential channels 一過性受容体電位チャネル
fifth cranial nerve  第5脳神経
trigeminal nerve 三叉神経
helional ヘリオナール

In collaboration with Dr Gabriele Bonatz from the Augusta clinics in Bochum (Brustzentrum), Hatt's team confirmed the existence of TRPV1 in tumour cells in nine different samples from patients suffering from breast cancer.

ボーフム(Brustzentrum)のオーガスタクリニックのDr Gabriele Bonatzと共同で、Hattのチームは、乳がん患者の9つの異なる腫瘍細胞サンプルにTRPV1が存在することを確認しました。

Cancer cells die

がん細胞の死滅

The researchers activated the TRPV1 receptor in the cell culture with capsaicin or helional, by adding the substances to the culture for a period of several hours or days. As a result, the cancer cells divided more slowly. Moreover, the treatment caused tumour cells to die in larger numbers. The surviving cells were no longer able to move as quickly as heretofore; this implies that their ability to form metastases in the body was impeded.

研究者らは、数時間または数日間、物質を培養物に添加することによって、カプサイシンまたはヘリオナールで細胞培養物中のTRPV1受容体を活性化した。結果として、がん細胞はよりゆっくりと分裂した。さらに、処置により、腫瘍細胞がより多く死滅した。生き残った細胞はもはや以前と同じくらいの速さで動くことが出来なくなった。これは、体内での転移形成するための能力が妨げられたことを意味する。

metastases 転移

"If we could switch on the TRPV1 receptor with specific drugs, this might constitute a new treatment approach for this type of cancer," says Hanns Hatt. An intake via food or inhalation is insufficient for this purpose.

「特異的薬剤でTRPV1受容体を作動させることができれば、これはこのタイプのがんに対するあらたな治療アプローチになるかもしれない」とHanns Hatt氏は述べている。この目的のために食物摂取または吸入摂取は不十分である。
specific drugs 特異的薬剤

Effective in mice

マウスでの効果

Earlier studies had demonstrated that the chemical arvanil -- with a chemical make-up similar to that of the spicy molecule capsaicin -- was effective against brain tumours in mice; it reduces tumour growth in the animals. Due to its side effects, however, this substance is not approved for humans. In addition to capsaicin and helional, the endovanilloids, produced naturally in the body, also activate the TRPV1 receptor.

以前の研究では、スパイシー分子カプサイシンの化学構造に類似した化学的構造を有する化学物質アルバニルがマウスの脳腫瘍に対して有効であることが実証された。しかし、その副作用のために、この物質はヒトに対しては承認されていないです。カプサイシンおよびヘリオナールのほかに、体内で自然に産生されるエンドバニロイドもTRPV1受容体を活性化する。

arvanil  アルバニル
endovanilloid エンドバニロイド

用語

ヘリオナール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB

ヘリオナール(英: Helional、Ocean propanalとも)は、1,3-ベンゾジオキソール骨格を持つ有機化合物の一つ。メロンのような果実香、シクラメンやライラックのような花の香りを持つ。純粋なものは結晶であるが、市販品は液体である。「ヘリオナール」は、インターナショナル・フレバー・アンド・フレグランス社の商標である[3]。

用途[編集]
香粧品、化粧品や洗剤などの香料、ジャスミン・スズラン・シクラメン・ライラックなどのフローラル系のフレグランスの調合原料として利用される[1]。

TRPV1の用語解説
http://www.nips.ac.jp/release/2015/04/_trpv1.html

1.TRPV1(トリップ・ブイワン)
唐辛子の辛み成分カプサイシンの受容体(センサー)。感覚神経にあり、カプサイシン、43度以上の熱刺激、酸など複数の痛み刺激で活性化します。TRPV1は陽イオンを通すチャネルで、活性化することによって細胞外から陽イオンが細胞内に流れ込むと、細胞の膜を隔てた電位差(膜電位)がプラスの方向に変化し、感覚神経が発火(興奮)します。その信号が脳に伝わることで、私たちは「痛い(辛い、熱い)」と感じることができます。

考えたこと
がん細胞にも嗅覚受容体があることを知り、受容体とがん細胞のことを調べていたときに見つけた文献です。以前から香り成分が細胞の受容体に結合することで薬理効果が発揮されることに興味を持っています。文献を調べていると光毒性の原因となるフロクマリン類ががん細胞に効果があることが出ていました。皮膚に対して禁忌である化学成分が細胞レベルでがん細胞に対して細胞対して抗腫瘍効果があるのです。思いつたことを書きました。

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

2017年に蒸留されたネロリオイルがチュニジアから入荷しました。

ネロリOG1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/315

ネロリOG3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/40

|

May 27, 2017

大腸がん細胞の増殖は香り物質トロエナンによって阻害Science dailyより

Olfactory receptors: New molecular targets detected in colorectal cancer cells
https://www.sciencedaily.com/releases/2017/03/170323141329.htm

嗅覚受容体:大腸がん細胞で検出された新たな分子標的

colorectal cancer cells 大腸がん細胞

Date:
March 23, 2017

Source:
Ruhr-University Bochum
ルール大学ボーフム

Summary:

概要

Growth of colorectal cancer cells can be inhibited with the odorant troenan, report scientists. The researchers detected the olfactory receptor OR51B4 in tumor cells taken from the rectum and colon cancer cell lines. They analyzed which odorant activates the receptor and in what way the activation affects the cells.

大腸がん細胞の増殖は香り物質トロエナンによって阻害することが出来ると、科学者は報告している。研究者らは、直腸および大腸がん細胞株から採取した腫瘍細胞における嗅覚受容体OR51B4を検出した。彼らは、どの香り物質が受容体を活性化するか、どのようにして活性化が細胞に影響を及ぼすかを分析した。

Troenan トロエナン・合成香料「スペシャルティ合成香料」花王
(5−メチル−5−プロピル−2−(1−メチルブチル)−1,3−ジオキサン)

Growth of colorectal cancer cells can be inhibited with the odorant troenan. This is reported by the research team headed by Prof Dr Dr Dr habil. Hanns Hatt and Dr Lea Weber from Ruhr-Universität Bochum in the journal PLOS ONE. The researchers detected the olfactory receptor OR51B4 in tumour cells taken from the rectum and colon cancer cell lines. They analysed which odorant activates the receptor and in what way the activation affects the cells.

大腸がん細胞増殖は香り物質トロエナンによって阻害することが出来る。これは雑誌PLOS ONEにルール大学ボーフムのProf Dr Dr Dr habil. Hanns Hatt およびDr Lea Weberが率いる研究チームによって報告されています。研究者らは、直腸および大腸がん細胞株から採取した腫瘍細胞における嗅覚受容体OR51B4を検出した。彼らは、どの香り物質が受容体を活性化するか、どのようにして活性化が細胞に影響を及ぼすかを分析した。

For the purpose of the study, the team from the Department for Cellphysiology in Bochum collaborated with the Department of Molecular GI-Oncology at Ruhr-Universität, headed by Prof Dr Stephan Hahn. The necessary gene sequencing was carried out by the team from the Cologne Center for Genomics.

研究目的のために、ボーフムの細胞生理学部からのチームはDr Stephan Hahn博士が率いるルール大学の分子消化管腫瘍学部と協力した。 必要な遺伝子配列決定は、ケルンのゲノムセンターチームによって実施された。

gene sequencing 遺伝子配列決定

Floral scent activates receptor

花の香りが受容体を活性化

Olfactory receptors had been demonstrated in various healthy as well as cancerous tissues. The Bochum-based researchers have now detected the OR51B4 receptor (upregulated) in colorectal cancer cells. They identified the molecule troenan as activator of OR51B4. It smells of privet, a flowering shrub that is often cultivated in hedges.

嗅覚受容体は様々な正常組織ならびにがん組織で証明されてきた。ボーフムに拠点を置く研究者は、今日、大腸がん細胞で嗅覚受容体OR51B4(上方制御)を検出した。彼らは、OR51B4の活性化因子として分子トロエナンを同定した。それは、垣根で栽培されることが多い花木、イボタノキの香りです。

Privet:イボタノキ (イボタノキ、モクセイ科、落葉低木(よく生け垣に使われる)
hedge 垣根

In the next step, the researchers treated cancerous cells of the HCT116 cell line and tumour tissue samples with troenan. The result: cell proliferation was slowed down and the cells moved more slowly than previously -- an inhibition of tumour growth andmetastasis.Moreover, troenan treatment resulted in an increase in apoptosis of cancerous cells.In follow-up experiments with nude mice, which grew the human tumour, the scent effect has been confirmed.

次の段階で、研究者らは、ヒト由来大腸がん細胞株HCT116および腫瘍組織サンプルをトロエナンで処理した。結果:細胞増殖が減速して、細胞は以前よりもゆっくり活動し、細胞増殖および転移の阻害をもたらした。さらに、トロエナン処置は結果的にがん細胞のアポトーシスを増加させた。ヒト腫瘍を増殖させたヌードマウスを用いた追跡実験で、香り効果が確認された。

HCT-116:ヒト由来大腸がん細胞株
follow-up experiments:追跡実験

Potential therapy approach

治療に使えるアプローチ

Colorectal cancer is the second most common cancer form in Germany, occurring in more than six per cent of all Germans. The material utilised in the current study were colorectal tumours, which amount to 95 per cent of malign rectal tumours and constitute the most frequent cause of death in colorectal cancer patients. After surgical removal of such tumours, patients have a chance of recovery of 50 per cent. The decisive factor is the stage of the disease in which colorectal cancer is detected. Specific pharmacological treatment is, as yet, not available; only general chemotherapy.

大腸がんはドイツで2番目に多いがんであり、全ドイツ人の6%以上で発生しています。現在の研究で利用されている材料は大腸腫瘍で、それは悪性直腸腫瘍の95%になっていて、大腸がんにおける最も多い死因を構成しています。そのような腫瘍の外科的除去後、50%の患者は回復のチャンスがあります。決定的因子は大腸がんが検出された疾患の段階であります。特異的薬物治療は、まだ、利用可能ではない:一般的な化学療法のみ。

colorectal tumors 大腸腫瘍
malign rectal tumours 悪性直腸腫瘍

"We assume that our results might pave the way for a new approach for colorectal cancer therapy," says Hanns Hatt. The tumours can often be accessed from the inner cavity of the intestine. "It is therefore conceivable that oral or rectal administration might transport the scent troenan in effective concentrations directly to the tumour. To this end, it will be necessary to conduct clinical studies with patients," continues Hatt.

「私たちは、研究結果が大腸がん治療の新しいアプローチのための道を開くことになるかもしれないと考えている」とHanns Hattは述べています。腫瘍は腸の内腔からアクセスすることができることが多いです。「したがって、経口または直腸投与では効果的濃度でトロエナンを直接腫瘍に輸送することが考えられます。この目的を達成するために、患者との臨床研究を行う必要がありますと」Hatt氏は続けます。

関連記事
Troenanを調べていたときに見つけた記事
合成香料「スペシャルティ合成香料」
http://chemical.kao.com/jp/technology/product/article_14.html

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

2017年に蒸留されたネロリオイルがチュニジアから入荷しました。

ネロリOG1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/315

ネロリOG3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/40

|

March 27, 2017

ショウガ精油成分でもある10-ジンゲロールはトリプルネガティブ乳がん細胞のアポトーシス(細胞死)を誘導(細胞実験)

[10]-Gingerol, a major phenolic constituent of ginger root, induces cell cycle arrest and apoptosis in triple-negative breast cancer cells.

根生姜の主要なフェノール系成分10-ジンゲロールは、トリプルネガティブ乳がん細胞における細胞周期停止およびアポトーシスを誘導する。

phenolic constituent フェノール系成分
cell cycle arrest 細胞周期
triple-negative breast cancer :トリプルネガティブ乳がん

PUBMEDより

Exp Mol Pathol. 2017 Mar 16;102(2):370-376. doi: 10.1016/j.yexmp.2017.03.006. [Epub ahead of print]
Bernard MM1,
McConnery JR1, Hoskin DW2.
Author information
1Department of Microbiology and Immunology, Dalhousie University, Halifax, Nova Scotia B3H 4R2, Canada.

2
Department of Microbiology and Immunology, Dalhousie University, Halifax, Nova Scotia B3H 4R2, Canada; Department of Pathology, Dalhousie University, Halifax, Nova Scotia B3H 4R2, Canada; Department of Surgery, Dalhousie University, Halifax, Nova Scotia B3H 4R2, Canada. Electronic address: d.w.hoskin@dal.ca.

Abstract

要旨

The ginger rhizome is rich in bioactive compounds, including [6]-gingerol, [8]-gingerol, and [10]-gingerol; however, to date, most research on the anti-cancer activities of gingerols have focused on [6]-gingerol.

ショウガ根茎には、6-ジンゲロール、8-ジンゲロール、および10-ジンゲロールなどを含む生物活性化合物が豊富に含まれています。かし、今日まで、ジンゲロールの抗がん活性に関するほとんどの研究は、6-ジンゲロールに焦点を当ててきた。

In this study, we compared [10]-gingerol with [8]-gingerol and [6]-gingerol in terms of their ability to inhibit the growth of human and mouse mammary carcinoma cells.A colorimetric assay based on the enzymatic reduction of 3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5-diphenyltetrazolium bromide revealed that [10]-gingerol was more potent than [6]-gingerol and at least as potent as [8]-gingerol for the inhibition of triple-negative human (MDA-MB-231, MDA-MB-468) and mouse (4T1, E0771) mammary carcinoma cell growth.

本研究では、私たちは、ヒトおよびマウス乳腺がん細胞の増殖を阻害するそれらの能力の面で、8-ジンゲロールおよび6-ジンゲロールと10-ジンゲロールを比較した。 3-(4、5-ジメチルチアゾール-2-イル)-2、5-ジフェニルテトラゾリウム臭化物の酵素還元に基づく比色分析法は、10-ジンゲロールは6-ジンゲロールより強力であり、トリプルネガティブヒト乳がん細胞株(MDA-MB-231, MDA-MB-468)およびマウス(4T1, E0771)乳がん細胞増殖の阻害に対して少なくとも8-ジンゲロールほど強力であった。

colorimetric assay比色分析法
enzymatic reduction 酵素還元
3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5-diphenyltetrazolium bromide
3-(4、5-ジメチルチアゾール-2-イル)-2、5-ジフェニルテトラゾリウム臭化物
(細胞死アッセイに用いられる色素)

Further investigation of [10]-gingerol showed that it suppressed the growth of estrogen receptor-bearing (MCF-7, T47D) and HER2-overexpressing (SKBR3) breast cancer cells. The inhibitory effect of [10]-gingerol on the growth of MDA-MB-231 cells was associated with a reduction in the number of rounds of cell division and evidence of S phase-cell cycle arrest, as well as induction of apoptosis due to mitochondrial outer membrane permeabilization and the release of proapoptotic mitochondrial cytochrome c and SMAC/DIABLO into the cytoplasm.

さらに、10-ジンゲロールの研究は、それはエストロゲン受容体保有(MCF-7・乳がん細胞株、T47D・乳腺腫瘍細胞株および(SKBR3)乳がん細胞でのハーツー(HER2)過剰発現の増殖を阻害したことを示した。MDA-MB-231 細胞株増殖に対する10-ジンゲロールの阻害作用は、細胞分裂のラウンド数の減少およびS期細胞周期停止の証拠ならびにミトコンドリアの外膜透過性およびアポトーシス促進ミトコンドリアシトクロムCおよびSMAC/DIABLOを細胞質に放出のためアポトーシス(細胞死)の誘導に関係していた。

MCF-7  ウィキペディアより
MCF-7は1970年に69歳のコーカソイドの女性から分離された乳がん細胞株である。

HER2:ハーツー  ウィキペディアより
HER2(ハーツー)は、細胞表面に存在する約185 kDaの糖タンパクで、受容体型チロシンキナーゼである。

S phase-cell cycle arrest S期細胞周期停止
proapoptotic アポトーシス促進

主役はミトコンドリアより
http://www.natureasia.com/ja-jp/reviews/highlight/10680
SMAC/DIABLOはミトコンドリアのタンパク質で、アポトーシスをおこしている細胞から放出され、カスパーゼ前駆体からIAPを取り除いて、カスパーゼの自己活性化を促進する。

カスパーゼ ウィキペディアより
カスパーゼ(Caspase)とは、細胞にアポトーシスを起こさせるシグナル伝達経路を構成する。

cytoplasm 細胞質

Surprisingly, killing of MDA-MB-231 cells by [10]-gingerol was not affected by a pan-caspase inhibitor (zVAD-fmk) or an anti-oxidant (N-acetylcysteine), suggesting that the cytotoxic effect of [10]-gingerol did not require caspase activation or the accumulation of reactive oxygen species. These findings suggest that further investigation of [10]-gingerol is warranted for its possible use in the treatment of breast cancer.

驚くべきことに、10-ジンゲロールによる細胞の殺傷は広域スペクトルのカスパーゼ阻害薬(zVAD-fmk)または抗酸化剤(N-アセチルシステイン)による影響を受けず、10-ジンゲロールの細胞傷害作用はカスパーゼ活性化または活性窒素種の集積を必要としなかった。
これらの研究結果は、10-ジンゲロールのさらなる研究が乳がん治療におけるその可能な使用に対して正当化されることを示唆している

cytotoxic effect 細胞傷害作用
reactive oxygen species 活性窒素種

KEYWORDS:

キーワード

Apoptosis; Breast cancer; Cell cycle; Gingerol

アポトーシス、乳がん、細胞周期、ジンゲロール

用語

細胞周期
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%91%A8%E6%9C%9F

細胞周期(さいぼうしゅうき; cell cycle)は、ひとつの細胞が二つの娘細胞を生み出す過程で起こる一連の事象、およびその周期のことをいう。細胞周期の代表的な事象として、ゲノムDNAの複製と分配、それに引き続く細胞質分裂がある。

S期
G1期に続くS期(Synthesis phaseの略)は、染色体DNAが複製される時期である。S期では、DNAヘリカーゼが2重鎖DNAを開裂して1本鎖を作り、続いてDNAポリメラーゼが相補的塩基対を結合させることで2本の2重鎖DNAが生成される。DNA合成が完了し、全ての染色体が複製されたところでS期は終了する。

トリプルネガティブ乳がんにおけるLINKのつながり
http://www.cosmobio.co.jp/aaas_signal/archive/ec-20160209.asp

トリプルネガティブ乳がん(TNBC)は、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、ヒト上皮増殖因子受容体2(HER2)が欠如した細胞からなり、治療選択肢が限られている

アポトーシス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9

アポトーシス、アポプトーシス[1] (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する型)のこと。ネクローシス(necrosis)の対義語として使われる事が多い。

ショウガ精油
学名:Zingiber officinale
科名:ショウガ科
抽出方法:水蒸気蒸留
抽出部位:根茎
主要成分:α-クルクメン(19%)、6-ジンゲロール(12%)、β-セスキフェランドレン(11%)、
α-ジンジベレン(7.4%)、β-ビザボレン(6%)、(E) (E) ファネッセン、10-ジンゲロール
上記精油資料はエッセンシャルオイル総覧・改訂版 三上杏平著より

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

December 01, 2015

食事によるがん予防の標的としての腫瘍血管新生(2)

Tumor Angiogenesis as a Target for Dietary Cancer Prevention

食事によるがん予防の標的としての腫瘍血管新生(2)

Journal of Oncologyの記事より
http://www.hindawi.com/journals/jo/2012/879623/abs/

1. Introduction

紹介

It is now well established that solid tumor growth is dependent upon angiogenesis, the growth of new blood vessels [5–10].. During early stages of tumorigenesis, the induction of angiogenesis by cancer cells is a critical event separating the preinvasive and dormant form of cancer from the invasive and metastatic phases of malignant growth.

固形腫瘍増殖は新たな血管の成長、血管新生によるものであることは現在十分に確立されています。腫瘍形成の初期段階で、がん細胞による血管新生の誘導は悪性増殖の浸潤性および転移性の相からがんの前浸潤および休眠状態の形態から分離する重要なイベントです。

solid tumor 固形腫瘍
malignant growth 悪性増殖
metastatic phase 転移相
preinvasive 前浸潤性の

Multiple studies have demonstrated that the degree of tumor vascularity correlates positively with disease stage, the likelihood of metastases, and cancer recurrence [11, 12]. Angiogenesis also plays a role in hematogenous malignancies, such as leukemia, lymphoma, and multiple myeloma, as well as in premalignant myelodysplastic syndromes [13–17]. In these pathologies, vascular endothelial cells sustain and promote malignant cell growth by secreting paracrine survival factors [18, 19].

多数の研究では、腫瘍血管系の程度は、病期、転移の可能性、およびがん再発と確実に相関することを実証しました。また、血管新生は、白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫などの血行性悪性腫瘍、同様に前悪性骨髄異形成症候群において役割を果たしています。これらの病態において、血管内皮細胞は、パラクリン生存因子を分泌することにより、悪性腫瘍細胞増殖を維持し、促進させます。

tumor vascularity 腫瘍血管系
disease stage 病期
metastase 転移
hematogenous  血行性の

malignancies 悪性腫瘍
lymphoma リンパ腫
multiple myeloma 多発性骨髄腫
premalignant 前悪性
myelodysplastic syndromes 骨髄異形成症候群
vascular endothelial cells  血管内皮細胞
paracrine survival factors パラクリン生存因子

Antiangiogenic therapy has been validated as an effective cancer treatment strategy for a growing number of cancer types, including colorectal, renal, liver, lung, brain, pancreatic neuroendocrine tumors (NET), gastrointestinal stromal tumors (GIST), multiple myeloma, and myelodysplastic syndrome [20]. More than 120 novel antiangiogenic agents are in clinical, trials [20–22].Importantly, a growing body of preclinical, clinical and epidemiological data is demonstrating that angiogenesis inhibition can be applied for achieving cancer prevention [23, 24]. This paper presents the scientific and clinical evidence supporting antiangiogenesis as a rational strategy for the prevention of cancer, exploiting factors that are naturally present in dietary sources.

抗血管新生療法は、大腸、腎臓、肝臓、肺、脳、膵神経内分泌腫瘍、消化管間質腫瘍、多発性骨髄腫および骨髄異形成症候群を含む増え続けるがんタイプに対して効果的ながん治療戦略として確認されています。120以上の新血管新生阻害剤が臨床、治験中です。重要なことは、益々増加している前臨床、臨床および疫学データは、血管新生阻害はがん予防を達成するために適用できることを実証しています。

Antiangiogenic therapy 抗血管新生療法
colorectal, 大腸
pancreatic neuroendocrine tumors (NET) 膵神経内分泌腫瘍
gastrointestinal stromal tumors (GIST),消化管間質腫瘍
multiple myeloma 多発性骨髄腫
myelodysplastic syndrome  骨髄異形成症候群
antiangiogenic agents 血管新生阻害剤

用語

傍分泌(パラクリン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%8D%E5%88%86%E6%B3%8C

傍分泌(ぼうぶんぴ・ぼうぶんぴつ、英語: Paracrine signalling、パラクリンシグナリング)とは、細胞間におけるシグナル伝達のひとつ。特定の細胞から分泌される物質が、血液中を通らず組織液などを介してその細胞の周辺で局所的な作用を発揮することである。パラクリンの「パラ」とは「近く」を意味しており、典型的なホルモンは特定の器官で産出された後、血流に乗り遠隔の標的器官で作用を発現するが、傍分泌ではシグナル分子が細胞外液を介して分泌する細胞の近くだけに拡散し、周辺の細胞に働きかける[1]。この傍分泌にかかわるタンパク質はパラクリン因子(または単にパラクリン)と呼ばれ、発生や損傷部位の細胞増殖や腫瘍などにおいて重要な役割を担っている。

例えば、腫瘍細胞はVEGFと呼ばれるパラクリン因子が周りの細胞に働きかけ血管を作り、自らの栄養を確保している。また、ソマトスタチンのような物質は特定の組織からではなく、多くの異なった種類の細胞で産出され隣接する細胞に作用する。


がんと血管:最先端のがん治療としての抗腫瘍血管新生療法より
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/medical_info/science/201301.html

がんが増大するには、がん細胞に酸素・栄養を送る供給路となる血管の増殖(血管新生)が必要です。このがんの血管をたたくことで、がんの増大を止めようとする戦略は『抗腫瘍血管新生療法』と呼ばれ(図1)、がん治療における一つのオプションとして確立されつつあります

|

November 15, 2015

食事によるがん予防の標的としての腫瘍血管新生(1)

Tumor Angiogenesis as a Target for Dietary Cancer Prevention

食事によるがん予防の標的としての腫瘍血管新生

Tumor Angiogenesis 腫瘍血管新生

Journal of Oncologyの記事より

http://www.hindawi.com/journals/jo/2012/879623/abs/

Abstract

要旨

Between 2000 and 2050, the number of new cancer patients diagnosed annually is expected to double, with an accompanying increase in treatment costs of more than $80 billion over just the next decade.

2000年から2050年の間に、毎年新たながん患者と診断される数は、今後10年以上だけで80億以上の治療費の増大を伴って、倍増すると予想されています。

Efficacious strategies for cancer prevention will therefore be vital for improving patients' quality of life and reducing healthcare costs. Judah Folkman first proposed antiangiogenesis as a strategy for preventing dormant microtumors from progressing to invasive cancer.

がん予防のための有効な戦略は、したがって、患者の生活の質を改善し、医療費を削減するために不可欠です。ユダフォークマンは、最初に、進行から浸潤がんになる休眠微小腫瘍を予防するための戦略として抗血管新生を提案した。

Antiangiogenesis  抗血管新生
dormant 休眠の
microtumor 微小腫瘍
invasive cancer  浸潤がん

Although antiangiogenic drugs are now available for many advancedmalignancies (colorectal, lung, breast, kidney, liver, brain, thyroid, neuroendocrine, multiple myeloma, myelodysplastic syndrome), cost and toxicity considerations preclude their broad use for cancer prevention.

血管新生阻害剤は、現在、多くの進行性固形がん(大腸、肺、乳、肝臓、脳、甲状腺、神経内分泌、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群)に対して利用可能であるけれど、費用および毒性のことを考えるとがん予防ためにそれらを幅広く使用することを不可能にします。

antiangiogenic drugs 血管新生阻害剤
advanced malignancies 進行性固形がん

Potent antiangiogenic molecules have now been identified in dietary sources, suggesting that a rationally designed antiangiogenic diet could provide a safe, widely available, and novel strategy for preventing cancer.

強力な血管新生阻害分子が、今日、食物源に確認されていて、合理的にデザインされた血管新生阻害の食事ががん予防のための安全、広範囲に利用可能で、新たな戦略を提供出来るだろうことを示唆した。

dietary sources 食物源

This paper presents the scientific, epidemiologic, and clinical evidence supporting the role of an antiangiogenic diet for cancer prevention.

本論文では、がん予防のための血管新生阻害食事の役割を支持する科学的、疫学的、および臨床的証拠を提示します

用語

腫瘍血管新生について
北海道大学・遺伝子病制御研究所 フロンティア研究より
http://www.igm.hokudai.ac.jp/vascular-biology/research-details.html

成体における病的な血管新生のうち,最も重要なもののひとつに腫瘍血管新生(Tumor angiogenesis)があります.がん細胞は自らの増殖に必要な酸素・栄養の供給を得るために血管新生因子を放出し,血管新生を盛んに誘導します.このようにして新たに形成された腫瘍血管はがんの進展や転移に非常に重要です.

関連ブログ

莪朮(ガジュツ)精油の抗血管新生
Anti-angiogenesis effect of essential oil from Curcuma zedoaria in vitro and in vivo.
生体外および生体内で莪朮(ガジュツ)精油の抗血管新生作用
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2010/12/post-de8c.html

お知らせ

日赤医療センター アロマ研究会 2015年11月例会
“精油に関するお話いろいろ”でお話することになりました。
日 時  11月19日(木)18時~19時20分
会 場  広尾日赤医療センター 3階 第4、5会議室
詳しくは下記にアクセスして下さい。
http://blog.goo.ne.jp/aromakenkyukai

|

August 28, 2015

炎症と大腸がん転移との関連 Science daily より

炎症と大腸がん転移との関係
Links between inflammation and colon cancer metastasis
http://www.sciencedaily.com/releases/2015/08/150825094923.htm

A new Arizona State University research study led by Biodesign Institute executive director Raymond DuBois, M.D., Ph.D., has identified for the first time the details of how inflammation triggers colon cancer cells to spread to other organs, or metastasize.

バイオデザイン研究所エグゼクティブディレクター、レイモンド・デュボワ医学博士が率いる新しいアリゾナ州立大学調査研究は、炎症がどのように他の臓器に大腸がん細胞を拡散または転移を引き起こすかの詳細を初めて同定した。

colon cancer cells
大腸がん細胞
metastasize.
転移する

The findings will enable researchers to identify new drug targets for the prevention and treatment of colon cancer. DuBois, a leader in colorectal cancer research for more than two decades, has been exploring the risk factors between chronic inflammation and cancer, including colorectal cancer.

この研究結果は、研究者が大腸がんの予防および治療のための新創薬標的を同定することを可能にするだろう。二十年以上にわたって大腸がん研究のリーダーは慢性炎症と大腸がんを含むがんとの危険因子を探求してきました。

"We've long known that simple things like taking aspirin or other anti-inflammatory drugs (called nonsteroidal anti-inflammatory drugs, or NSAIDs), have beneficial effects on reducing the risk of colorectal cancer," said DuBois. "But non-aspirin NSAIDs can cause serious cardiovascular side effects when taken over a long period of time, so we've needed to discover better drug targets. This study points us in the right direction."

「私たちは長い間、アスピリンまたは他の抗炎症薬(非ステロイド抗炎症薬またはNSAIDと呼ばれる)を服用するような単純なことが大腸がんリスクの減少に有益な効果をもたらすことを知っていたと」とデュボワは述べた。「しかし、非アスピリン系抗炎症薬(NSAIDs)は長期間服用すると重篤な血管系の副作用を引き起こすことになり、それで、私たちはより良い創薬標的を発見するする必要になったと」デュボワは述べた。

NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs
 非ステロイド性抗炎症薬

The findings could mean new hope for more effective colorectal cancer treatments and screening methods. Currently, nearly half of patients with advanced colorectal cancer die within five years following treatment. One reason may be that the cancer becomes more chemotherapy resistant, but other evidence has supported the role of inflammation and inflammatory mediators in tumor metastasis.

研究結果は、より効果的な大腸がん治療および選別法のためのあらたな希望を意味することになるだろう。現在、ほぼ半数の進行性大腸がん患者は、治療後5年以内に死亡します。一つの理由は、がんがより化学療法抵抗性になったことかもしれないが、他の証拠は腫瘍転移における炎症および炎症性メディエーターの役割を支持した。

screening method
選別法
advanced colorectal cancer
 進行性大腸がん
chemotherapy resistance
化学療法抵抗性
tumor metastasis
 腫瘍転移
inflammatory mediators
 炎症性メディエーター

The research team was able to show how a colon cancer tumor could outwit its host, using an inflammatory mediator to expand its cancer stem cells in order to seek out other organs. They showed a direct link between the pro-inflammatory mediator prostaglandin E2 and increased colorectal cancer stem cells.

研究チームは、他の臓器を捜し出すために、そのがん幹細胞を増殖させる炎症誘発性メディエーターを使用して、腫瘍細胞がその宿主をどのように騙すかを示すことが出来た。彼らは、炎症誘発性メディエータープロスタグランジンE2と大腸がん幹細胞増殖との直接的関係を示した。

proinflammatory
炎症誘発性の, 炎症促進性の

A cancer is a genetic menagerie made up of many different types of cells. Some of these cells, called cancer stem cells (CSCs), are thought to be responsible for tumor initiation, growth, relapse and recurrence.

がんは、多くのことなるタイプの細胞から成り立っている遺伝子的動物の群れです。がん幹細胞(CSCs)と呼ばれる幾つかのこれらの細胞は、発がんイニシエーション、増殖、再発の原因と考えられています。

tumor initiation,
発がんイニシエーション
Relapse
 再発

Prostaglandin E2 is the most abundant pro-inflammatory bioactive fat, or lipid, found in colon, lung, breast, head and neck cancers. When high levels of PGE2 are found in cancer, it often indicates a poor prognosis.

プロスタグランジンE2は、大腸、肺、乳房、頸部のがんでみられる最も豊富な炎症誘発性生理活性脂肪または脂質です。高レベルのプロスタグランジンE2は予後不良を示します。

bioactive
生理活性の
neck cancers
 頚部がん
poor prognosis
予後不良

"The normal role of PGE2 is to come to the rescue when you do something like cut your finger," said DuBois. "It attracts the body's immune cells and stimulates pathways that heal the wound site. The level of PGE2 goes up and then goes down within a few days of healing the wound.

「プロスタグランジンE2の一般的な役割は、あなたが指を切ったようなことをしたときに助けに来ることです」とデュボワは述べた。それは体の免疫細胞を引き寄せて、創傷部位を治癒させる経路を刺激します。プロスタグランジンE2のレベルは上昇して、次に、創傷治癒の数日内に下がります。

But in cancer, the cells keep making PGE2 chronically, so it's like this wounding process that never heals. In doing so, it generates these cancer stem cells that promote cancer progression and metastatic spread."

しかし、がんにおいては、細胞は慢性的にプロスタグランジンE2を産生し続けるので、それは決して治癒しない創傷過程のようなものです。そのようにして、それはがん進行および転移拡散を促進し、これらのがん幹細胞を生成します。」

DuBois' research team proved that when PGE2 binds to its receptor on the surface of the cancer cell, PGE receptor 4, or EP4, it triggers a signaling cascade for cancer stem cells to renew, differentiate and eventually become resistant to chemotherapy.

デュボワ研究チームは、プロスタグランジンE2ががん細胞の表面上にあるPGE受容体4、またはEP4に結合すると、それは、再生、分化するためのがん幹細胞のシグナル伝達カスケードを誘発し、結果的に化学療法抵抗性になることを証明した。

signaling cascade
シグナル伝達カスケード

It's as if the original cancer tumor cells, starved for oxygen and running low on supplies in the colon, trick its host body by making PGE2 to send out a help signal for the new stem cells to build a life raft and find safe harbor throughout the body and multiply again.

原発がん腫瘍細胞が酸素に飢えて、結腸において物資が不足しているかのように、救命ボートを作るために新幹細胞対して助けのシグナルを送付するためにプロスタグランジンE2を生成することによってその宿主の体をだまして、体全体に安全な港を見つけて、再び増殖します。

original cancer tumor cells
原発がん腫瘍細胞
life raft
救命ボート

DuBois was able to show in a mouse model of colorectal cancer that adding PGE2 increased the number of CSCs and overall tumor burden, with the liver being one of the prime organ targets for colorectal cancer to first spread.

肝臓は大腸がんが最初に転移する原発臓器目標の一つであって、デュボワは、PGE2を添加することで、がん肝細胞(CSCs)の数および全体の腫瘍量が増加することを大腸がんのマウスモデルで証明することが出来た。

tumor burden
腫瘍量

"We use a combination of approaches that utilize human tissues and mouse models to complete our studies," said DuBois. "We take samples from human colon cancers and then purify the cancer stem cell population. When we treat these stem cells with PGE2, we found that they are 1,000 times more metastatic than the cells we don't treat with PGE2."

「私たちは、我々の研究を完了させるためにヒト組織およびマウスモデルを利用する併用アプローチを用います。」とデュボワは述べた。「私たちはヒト大腸がんからサンプルを取り、次に、がん幹細胞母集団を精製します。私たちはPGE2でこれらの幹細胞を処理すると、私たちはPGE2で処理しない細部より1000倍以上の転移性であることがわかりました。」

In addition, the elevated PGE2 levels and increased numbers of CSCs were also seen in human colon cancer tissue specimens.

さらに、PGE2レベル上昇とがん幹細胞(CSCs)数増加はヒト大腸がん組織試料でも見られた。


Furthermore, when they were able to block the PGE2 signaling by adding a drug that inhibits binding to the EP4 receptor, it reduced the number of polyps and CSCs, and blocked liver metastasis.

さらに、EP4受容体への結合を阻害する薬剤を添加することによって、それらがPGE2シグナル伝達を遮断することができたときに、それは、ポリープおよびがん幹細胞(CSCs)の数を減少させ、肝臓転移を阻止しました。

The paper was the first to show the impact PGE2 had on the spread of CSCs to the liver. With the new proof in hand, DuBois is optimistic about future research.

PGE2
が肝臓へのがん幹細胞(CSCs)の転移に与えた影響を示す最初の論文であった。手に入れた新たな証拠により、デュボアは、今後の研究に楽観的です。

"Now, if we can just target and eliminate the stem cells from people with colon cancer, we can develop a new therapeutic approach to treat colorectal cancer and improve outcomes," said DuBois.

「私たちが大腸がん患者から幹細胞を標的にして、排除できれば、私たちは大腸がんを治療して、治療効果を改善するための新たな治療アプローチを開発することができると」、デュボワは述べた。

DuBois is hopeful human clinical trials can be initiated in a reasonable time to show the effectiveness of the new drug target strategy.

デュボアは、ヒト臨床試験は、新たな薬物標的戦略の有効性を示すために、妥当な時間内に開始出来ることを期待しています。

用語
非ステロイド性抗炎症薬
http://www.hosp.go.jp/~sagami/rinken/crc/nsaids/about/

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)とは、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称で、広義にはステロイドではない抗炎症薬すべてを含みます。一般的には、疼痛、発熱の治療に使用される“解熱鎮痛薬”とほぼ同義語として用いられています

プロスタグランジンE2
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3E2

プロスタグランジンE2(英: Prostaglandin E2, PGE2)は生理活性物質であるプロスタグランジンの一種であり、PGE受容体を介して発熱や破骨細胞による骨吸収、分娩などに関与している。PGE2の誘導体(ジノプロストン)は陣痛促進や治療的流産に用いられる。

EP4
レセプターとは  
http://www.funakoshi.co.jp/contents/5530
PGE2
レセプターにはEP1EP2EP3およびEP4というサブタイプが存在し,シグナル伝達機構,局在組織,および発現の制御が異なると考えられています。EP4レセプターは腸で高発現しますが,肺,腎臓,胸腺,子宮,脳での発現レベルは低くなっています。

がん幹細胞
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8C%E3%82%93%E5%B9%B9%E7%B4%B0%E8%83%9E

Cancer stem cells (CSCs)
 がん幹細胞(がんかんさいぼう)は、がん細胞のうち幹細胞の性質をもった細胞。体内のすべての臓器や組織は、臓器・組織ごとにそれぞれの元となる細胞が分裂してつくられる。この元となる細胞(幹細胞)は、分裂して自分と同じ細胞を作り出すことができ(自己複製能)、またいろいろな細胞に分化できる(多分化能)という二つの重要な性質を持ち、この性質により傷ついた組織を修復したり、成長期に組織を大きくしたりできる。がんにおいても、幹細胞の性質をもったごく少数のがん細胞(がん幹細胞)を起源としてがんが発生するのではないかという仮説があり、これをがん幹細胞仮説という。がん幹細胞は1997年、急性骨髄性白血病においてはじめて同定され[1]、その後2000年代になって様々ながんにおいてがん幹細胞が発見されたとの報告が相次いでいる。

お知らせ
キラ★キラ・音とアロマ3回・629()731()831()紹介
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2015/05/3629731831-892c.html

|

January 28, 2015

腫瘍細胞が糖依存症になるメカニズムが発見される。Science dailyより

Mechanism that makes tumor cells sugar addicted discovered

腫瘍細胞が糖依存症になるメカニズムが発見される。Science dailyより

http://www.sciencedaily.com/releases/2014/04/140404092937.htm

For almost a hundred years ago is known that cancer cells feel a special appetite for a type of sugar called glucose. The tumor uses this molecule is like the gasoline which depends a sports car to burn faster and grows and multiplies rapidly.It is a little cash process from the energy point of view but allows a superaccelerated cancer cell division. It is what is known as the Warburg effect, which was described in 1927.

ほぼ百年前からがん細胞はブドウ糖と呼ばれる糖の一種に対して特別な食欲を感じていることが知られています。腫瘍がこの分子を使用することは、スポーツカーがより早く燃やして、加速し、急速に増加するガソリンのようである。それはエネルギーの観点からすると小さなキャシュプロセスであるが、超急加速化的がん細胞分裂を可能にする。これは、1927年に記載されたワールブルク効果として知られているものである

Glucose ブドウ糖
cancer cell division 癌細胞分裂
Warburg effect  ワールブルク効果

Until now little was known about how healthy cells that have a balanced energy consumption depend on this "fast food" calorie in the tumor cell. Today, an article published in Nature Communications led by Manel Esteller, Director of Epigenetics and Cancer Biology,Bellvitge Biomedical Research Institute (IDIBELL),ICREA researcher and Professor of Genetics at the University of Barcelona,provides an important clue to understand this process.Research shows that in one in four human tumors, there is an excess of glucose receptors in the external face of the cell membrane and this protein acts as a magnet attracting all the glucose from the bloodstream.

バランスの取れたエネルギー消費をする健常細胞が、腫瘍細胞においてどのように“ファーストフード”カロリーに依存するかに関しては今までほとんど知られてなかった。今日、Bellvitge生体医学研究所(IDIBELL)、エピジェネティクスおよびがん生物学のディレクター、ICREA研究者とバルセロナ大学遺伝学教授Manel Estellerniよって率いるNature Communicationsに掲載された記事では、このプロセスを理解する重要な手がかりを提供する。研究は、4つのヒト腫瘍の一つで、細胞膜の外面に過剰なグルコース受容体があって、このたんぱく質が血流から全グルコースを引き寄せる磁石として作用する。

healthy cells 健常な細胞
Cancer Biology がん生物学

"We were looking for genes that did not work in tumor cells and we found an altered one, but unaware what his function. we discovered that it was responsible for removing excess of glucose receptors" explained Esteller . "So what happens is that the gene that should degrade glucose receptor is inactivated in sound condition and quit, this tumor has an overactivation of this receptor that captures all the glucose molecules around it and used to obtain quick energy to proliferate. It is a cancer that has become addicted to this caloric molecule. "

「私たちは、腫瘍細胞で機能しない遺伝子を探していて、ひとつの変異遺伝子を発見した。私たちはその遺伝子が過剰なグルコース受容体を取り除く源になることを発見したと」Esteller は説明した。「それで何が起こるかは、グルコース受容体を退化させるべき遺伝子が良い状態で不活性化して、終了することである。この腫瘍は周りの全てのグルコース分子を捕捉するこの受容体を過剰活性化して、増殖するため迅速なエネルギーを得るために使用される。このカロリーの分子に依存症になるのはがんである。

用語
ワールブルク効果(ワールブルクこうか、英: Warburg effect)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%8A%B9%E6%9E%9C

1955年、オットー・ワールブルクは、体細胞が長期間低酸素状態に晒されると呼吸障害を引き起こし、通常酸素濃度環境下に戻しても大半の細胞が変性や壊死を起こし、ごく一部の細胞が酸素呼吸に代わるエネルギー生成経路を昂進させて生存する細胞が癌細胞となる説を発表した。酸素呼吸よりも発酵によるエネルギー産生に依存するものは下等動物や胎生期の未熟な細胞が一般的であり、体細胞が酸素呼吸によらず発酵に依存することで細胞が退化し癌細胞が発生するとしている[4]。 腫瘍学におけるワールブルク効果は、悪性腫瘍の腫瘍細胞内で、嫌気環境のみならず好気環境でも、解糖系に偏ったブドウ糖代謝がみられることである。

グルコース受容体を調べたときに見つけたものです。

分子生体膜研究所 東北薬科大学
http://www.tohoku-pharm.ac.jp/laboratory/seitaijo/JAPANESE/RESEARCH.html

細胞は、単糖であるグルコースを栄養源として利用するとともに、種々の単糖から構成される複雑な糖鎖を隣の細胞など個々の細胞の外の環境を認識するために用いています。こうした糖を認識し、分別するため、特定の糖と反応する受容体タンパク質が細胞の表面に発現され、これが糖を認識すると細胞内に情報を伝え、その結果、細胞の代謝や形態、機能が変化します。私達は、こうした生体膜表面の糖受容体を介した情報伝達を研究しています。私達が見出した神経細胞の複雑な糖鎖を認識する受容体は、単細胞生物である酵母が栄養源であるグルコースを認識する受容体と同じ仲間のタンパク質でした。神経細胞は、栄養源のセンサーと同じ仕組みを使って、神経ネットワーク形成のための相手の細胞を探していたのです。

思いついたこと
以前、新聞を読んでいたとき、糖鎖(Sugar Chain)のことが書いてあり興味を持ちました。調べてみると糖鎖が核酸・たんぱく質に次ぐ第三の生体物質であると書かれていた。糖鎖はタンパク質や脂質に結合して細胞表面に張り出している物質で、ブドウ糖や果糖など複数の糖が樹状につながったものです。

糖鎖は「細胞の顔」とも言われ、細胞間のコミュニケーションをとるためのアンテナの役割をしていると考えられています。たとえば、私たちが人の顔をみて相手が誰かを見分けるように、からだのなかの細胞同士は表面の糖鎖によって認識し合い、そして糖鎖を介して必要な情報のやりとりをしています。

海外のサイトで糖鎖のことを調べていたら現在の食生活では糖鎖の原料である糖が取ることが出来ていないと出ていました。野菜や果物に必要な糖が含まれていないと書いてありました。そのために細胞間のコミュニケーションが取れず病気の原因になると書いてありました。

昔は化学肥料や殺虫剤を使用しない野菜や果物を食べて糖鎖の原料を体に取り入れて来ました。ところが、現代になると栽培方法が変わり、見た目は同じ野菜や果物であるが中身の成分に変化が起きていて純正部位の糖が体に供給されていないのかもしれません。

また、加工食品やスイーツなどは特定の糖しか含まれていないので、糖分を取っているが、いろんな糖を取っていないので糖のバランスが取れてなくて、糖鎖の質に影響を与えることになるのかと思います。

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ2015年4月18日(土)〜4月19日(日)(2日間)募集のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/11/20154184192-812.html

|

January 14, 2015

英国がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究

下記の記事はFacebookのIfa Therapistで知り、PUBMEDから翻訳しました。アロマスティックはリアノン先生のセミナーで以前紹介されました。そのときから使用法やその効果について文献を探してブログに紹介しました。今回ではそれも紹介しています。

The use of aromasticks at a cancer centre: A retrospective audit.

がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究

Pubmedより

Complement Ther Clin Pract. 2014 Nov;20(4):203-6. doi: 10.1016/j.ctcp.2013.11.006. Epub 2013 Nov 28.

Dyer J1, Cleary L2, Ragsdale-Lowe M2, McNeill S2, Osland C3.

Author information
 著者情報

•1Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London SW3 6JJ,
治療部、ザ・ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト
•UK. Electronic address: jeannie.dyer@rmh.nhs.uk.
•2Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, Sutton, Surrey SM2 5PT, UK.
•3Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London SW3 6JJ, UK.

Abstract

要旨

AIM:

目的

To consider the use of aromasticks in a cancer centre in the UK: the reasons for their use, the choice of essential oils used in them and the demographics of the patients to whom they were given.

英国のがんセンターでのアロマスティック使用の検討:アロマスティック使用の理由、アロマスティックで使用する精油の選択およびアロマスティックが与える患者の人口統計学。

BACKGROUND:

背景

Aromasticks are personal aromatherapy inhaler devices, used in this hospital by the complementary therapy team to improve patients' well-being and quality of life by helping with symptom control.

アロマスティックは個人が使用するアロマセラピー吸入器で、症状コントロールを支援すすることによって、患者のウエルビーングおよび生活の質を改善するため補完治療チームによってこの病院で使用されています。

inhaler devices 吸入器

DESIGN:

デザイン

A retrospective audit of aromastick use covering a 28 month period from January 2011-April 2013.

2011年1月から2013年4月までの28ヵ月の期間をカバーするアロマスティック使用の後ろ向き研究

RESULTS:

結果

A total of 514 aromasticks were given out, to patients with a variety of cancer diagnoses and symptoms. The most common reasons for aromastick use were to alleviate nausea or to encourage relaxation. Lavender (Lavandula angustifolia), lemon (Citrus limon), frankincense (Boswellia carterii), bergamot (Citrus bergamia), orange sweet (Citrus sinensis) and peppermint (Mentha x piperita) were the essential oils used most often.

全部で514のアロマスティックが様々ながん診断およびがん症状の患者に配布された。アロマスティック使用の最も一般的な理由は吐き気の緩和またはリラックスの促進であった。ラベンダー(Lavandula angustifolia)、レモン(Citrus limon),フランキンセンス(Boswellia carterii)、ベルガモット(Citrus bergamia),、スイートオレンジ(Citrus sinensis)およびペパーミント(Mentha x piperita)は最も頻繁に使用された精油であった。

KEYWORDS:

キーワード

Aromasticks; Aromatherapy inhaler devices; Cancer; Symptom control

アロマスティック、アロマセラピー吸入器、がん、症状コントロール


関連ブログ

リアノン先生は上記文献の病院で毎年がんケアにおけるアロマセラピーのセミナーを行っています。それの紹介のブログです。

がん治療で有名なロンドンの英国王立マースデン病院でのリアノン先生のセミナー紹介

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/10/post-6b4b.html

リアノン先生の今年の講座は下記になります。

The Royal Marsden
Essential Oils in Cancer Care (two-day course)
Monday 26 January 2015 to Tuesday 27 January 2015

This course is run by Rhiannon Harris of Essential Oil Resource Consultants who are well-known for their Advanced Clinical Aromatherapy teaching programme.

http://www.royalmarsden.nhs.uk/education/education-conference-centre/study-days-conferences/pages/2015-essential-oils-cancer-care.aspx

がんケアにおける患者の不安、吐き気および睡眠障害に対するアロマスティック(芳香吸入器)の使用効果

Aromasticks in cancer care: an innovation not to be sniffed at.

がんケアのアロマスティック:嗅がなくても良い革新

Source

The Christie NHS Foundation Trust, Wilmslow Road, Manchester, United Kingdom.

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2012/09/post-0ce6.html

下記は上記ブログからのを一部掲載


アロマスティックスのことを調べていたら英国のがんケアの病院で使用されている下記の記事に出会いましたので紹介します。補完療法として下記のことが患者や介護者が受けられます。

WALLACE CANCER CAREより

Complementary therapies (Reflexology, Hearts, Reiki, Indian Head Massage, Aromatherapy and Therapeutic Massage) are available to both patients and cares.

補完療法(リフレクソロジー、Hearts,、霊気、インディアンヘッドマッサージ、アロマセラピーおよびセラピュー ティックマッサージ)は患者と介護者の両方に利用可能です。

そのなかにアロマスティックスのことが書いてありました。

With the exception of Aromasticks and our Taster Exercise Sessions(Tai Chi、Chi Kung,Pilates, Yoga Specifics), there is no fee for complementary therapies but donations are welcome to assist with the general running costs of the centre.

アロマスティックスおよび病院のTaster Exercise Sessions(太極拳、気功、ピラティス、特定ヨガ)を除いて、補完療法は無料ですが、センターの一般的な運営コストを支援するために寄付金は歓迎しています。

下記の記事はアロマスティックスの説明です。

Aromasticks: WALLACE CANCER CARE

アロマスティックス:WALLACEがんケア

Aromasticks are available for home use. The wick inside the plastic cover is impregnated with essential oils chosen to help alleviate some of the most common physical and emotional side affects of cancer treatment like sleeplessness, nausea, fatigue and anxiety

アロマスティックは家庭で使用は可能です。プラスチックカバーの内側の芯は、不眠、吐き気、疲労感や不安のような幾つかの最も一般的な身体的および情動的ながん治療の副作用を軽減するために選択された精油をしみ込ませています。

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:女性の健康に対する臨床アロマセラピーアプローチ2015年4月18日(土)〜4月19日(日)(2日間)募集のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/11/20154184192-812.html

|

October 05, 2014

マウス肝臓における発がん物質代謝酵素および酸可溶性スルフヒドリルに対する幾つかの精油の影響

以前紹介したシトクロムP450に関しての問い合わせを頂き、調べていたら見つけた記事です。下記に紹介されている精油の元の植物は香辛料になります。普段の生活でこれららのハーブを摂取することは肝臓に良いのかもしれません。指田豊著の“薬になる野の花・庭の花”にかけて、こちらは薬になるハーブ香辛料植物かな?

Influence of certain essential oils on carcinogen-metabolizing enzymes and acid-soluble sulfhydryls in mouse liver.

マウス肝臓における発がん物質代謝酵素および酸可溶性スルフヒドリルに対する幾つかの精油の影響

carcinogen-metabolizing enzymes 発がん物質代謝酵素
acid-soluble 酸可溶性
sulfhydryl スルフヒドリル

PUBMEDより

Nutr Cancer. 1994;21(3):263-9.

Banerjee S1, Sharma R, Kale RK, Rao AR.

Author information

1Cancer Biology Laboratory, School of Life Sciences, Jawaharlal Nehru University, New Delhi, India.

Abstract

要旨

The influence of essential oils from naturally occurring plant dietary items such as cardamom, celery seed, cumin seed, coriander, ginger, nutmeg, and zanthoxylum on the activities of hepatic carcinogen-metabolizing enzymes (cytochrome P450, aryl hydrocarbon hydroxylase, and glutathione S-transferase) and acid-soluble sulfhydryl level was investigated in Swiss albino mice.Each oil was fed by gavage at 10 microliters/day for 14 days, and then the animals were sacrificed and their hepatic enzyme activities and sulfhydryl levels were evaluated.

肝発癌物質代謝酵素の活性(シトクロムP450、アリール炭化水素水酸化酵素、グルタチオン-S-トランスフェラーゼ)および酸可溶性スルフヒドリルへのカルダモン、セロリシード、クミンシード、コリアンダー、ジンジャー、ナツメグ、およびサンショウなどの天然由来の植物食品物からの精油の影響がスイスアルビノラットで調査された。それぞれの精油は14日間一日10マイクロリットルで胃管栄養法によって供給して、その次に動物は屠殺し、その肝臓の酵素活性およびスルフヒドリルレベルが評価された。

Aryl Hydrocarbon Hydroxylase:アリール炭化水素水酸化酵素
glutathione S-transferase グルタチオン-S-トランスフェラーゼ
gavage 胃管栄養法

Only nutmeg and zanthoxylum oils induced cytochrome P450 level significantly (p < 0.05), whereas cardamom oil caused a significant reduction in its activity (p < 0.05). Furthermore, aryl hydrocarbon hydroxylase activity was significantly elevated only by treatment with ginger oil (p < 0.01), whereas nutmeg oil caused a significant reduction in its activity (p < 0.01).

ナツメグとサンショウ精油だけが有意にシトクロム450レベル(p < 0.05)を誘発した。ところがカルダモン精油は有意にその活性(p < 0.05)を減少させた。さらに、アリール炭化水素水酸化酵素活性は有意にジンジャー精油(p < 0.01)処置によってのみ上昇した。ところが、ナツメグ精油は有意にその活性減少(p < 0.01).を引き起した。

The remaining oils did not significantly alter the level of cytochrome P450 and aryl hydrocarbon hydroxylase activity. Glutathione S-transferase activity was significantly elevated in all experimental groups (p < 0.1-p < 0.001) compared with controls. The acid-soluble sulfhydryl was significantly elevated only by the essential oils of cardamom (p < 0.05), nutmeg (p < 0.05), and zanthoxylum (p < 0.01).

残りの精油は有意にシトクロームP450のレベルおよびアリール炭化水素水酸化酵素活性を変化させなかった。グルタチオンS-トランスフェラーゼ活性は対照と比較して、全ての実験群(p < 0.1-p < 0.001)で有意に上昇した。酸可溶性スルフヒドリルはカルダモン(p < 0.05)、ナツメグ(p < 0.05)、およびサンショウ(p < 0.01).の精油によって上昇した。

Our observations suggest that intake of essential oils affects the host enzymes associated with activation and detoxication of xenobiotic compounds, including chemical carcinogens and mutagens.

私たちの観察は、精油摂取が化学発がん物質および突然変異原を含む生体異物化合物の活性および解毒に関係する宿主酵素に影響を与えることを示唆している。

chemical carcinogens 化学発がん物質
host enzyme 宿主酵素
xenobiotic 生体異物
mutagen 突然変異原

関連ブログ

グレープフルーツジュース成分フロクマリン物質の発がん化阻害
Grapefruit juice gets anti-cancer fillip
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2007/10/post_b1ed.html

柑橘系精油によるシトクロウムP450 2E1、シトクロウムP450 3A6およびシトクロウムP450 2A6の阻害
Inhibition of Cytochrome P450 2E1, Cytochrome P450 3A6 and Cytochrome P450 2A6 by Citrus Essential Oils
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/08/p450-2e1p450-3a.html

ヒトのチトクロームP450還元酵素へのジャーマンカモミール精油の阻害作用およびその主要化学
Inhibitory effects of the essential oil of chamomile (Matricaria recutita L.) and its major constituents on human cytochrome P450 enzymes.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/08/p450-0382.html

ハーブ薬物治療:鎮痛剤との有害な相互作用の可能性
Herbal medication: potential for adverse interactions with analgesic drugs.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/08/post-2d68.html

乳がん化学予防におけるモノテルペン(リモネン)
Monoterpenes in breast cancer chemoprevention.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2006/07/post_38c3.html

お知らせ
北山杉葉蒸留会 IN 京都(10月25日・土)のお知ら
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/09/in-1025-cd74.html

|

より以前の記事一覧