January 19, 2023

アマゾン・シャーマン使用のアヤワスカ(植物由来精神活性剤)は安全か?有害事象を集計した新しい研究Science dailyより

アヤワスカは安全か?有害事象を集計した新しい研究

Is ayahuasca safe? New study tallies adverse events

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/11/221116150640.htm

adverse events 有害事象

Date: November 16, 2022

Source:PLOS(Public Library of Science):公共科学図書館

Summary:

概要

There is a high rate of adverse physical effects and challenging psychological effects from using the plant-based psychoactive ayahuasca, though they are generally not severe, according to a new study.

植物由来の精神活性剤であるアヤワスカの使用による身体的悪影響と困難な心理的影響が高い確率で見られるが、それらは概して深刻なものではないと、新しい研究が発表された。

FULL STORY

記事全文

There is a high rate of adverse physical effects and challenging psychological effects from using the plant-based psychoactive ayahuasca, though they are generally not severe, according to a new study published this week in the open-access journal PLOS Global Public Health by Daniel Perkins of University of Melbourne, Australia, and colleagues.

植物由来の精神活性物質であるアヤワスカの使用による身体的悪影響や困難な心理的影響が高い確率で存在するが、それらは概して深刻ではないことが、オーストラリア・メルボルン大学のダニエル・パーキンスらによるオープンアクセス誌PLOS Global Public Healthに今週発表された新しい研究により明らかになりました。

Ayahuasca is a South American psychoactive brewed drink used in traditional medicine and ceremony. Its contemporary use has been expanding throughout the world for mental health purposes and for spiritual and personal growth. Although clinical trials and observational studies have examined the potential benefits of ayahuasca, few have analyzed its adverse effects.

アヤワスカは、伝統的な医療や儀式に用いられる南米の精神活性醸造飲料である。現代では、精神衛生上の目的、精神的・個人的な成長のために、世界中でその使用が拡大しています。これまで、臨床試験や観察研究において、アヤワスカの潜在的な有用性が検討されてきましたが、その副作用について分析したものはほとんどありませんでした。

In the new study, the researchers used data from an online Global Ayahuasca survey carried out between 2017 and 2019, involving 10,836 people from more than 50 countries who were at least 18 years old and had used ayahuasca at least once. Information on participants' age, physical and mental health and history and context of ayahuasca use was collected.

今回の研究では、2017年から2019年にかけて実施されたオンラインのGlobal Ayahuasca調査のデータを用い、50カ国以上から18歳以上でアヤワスカを1回以上使用したことがある10,836人を対象に調査を行いました。参加者の年齢、身体的・精神的健康、アヤワスカの使用歴とその背景に関する情報が収集されました。

Overall, acute physical health adverse effects were reported by 69.9% of the sample, with the most common effects being vomiting and nausea (68.2% of participants), headache (17.8%) and abdominal pain (12.8%). Only 2.3% of participants reporting physical adverse events required medical attention for this issue. Among all participants, 55% also reported adverse mental health effects, including hearing or seeing things (28.5%), feeling disconnected or alone (21.0%), and having nightmares or disturbing thoughts (19.2%). However, of all respondents identifying these mental health effects, 87.6% believed they were completely or somewhat part of a positive growth process.

全体として、急性身体的健康有害作用はサンプルの69.9%が報告し、最も一般的な作用は嘔吐と吐き気(参加者の68.2%)、頭痛(17.8%)と腹痛(12.8%)であった。身体的有害事象を報告した参加者のうち、この問題で医師の診察を必要としたのはわずか2.3%でした。また、全参加者のうち55%が、幻聴や幻視(28.5%)、断絶感や孤独感(21.0%)、悪夢や不穏な考え(19.2%)などの精神衛生上の有害事象を報告しています。しかし、これらの精神的な健康への影響を確認した回答者のうち87.6%は、それらがポジティブな成長過程の一部であると完全に、あるいは多少なりとも信じていることが分かりました。

The researchers also identified several factors that predispose people to the adverse physical events, including older age, having a physical health condition or substance use disorder, lifetime ayahuasca use and taking ayahuasca in a non-supervised context.

研究者はまた、高齢であること、身体的健康状態や物質使用障害があること、生涯にわたってアヤワスカを使用すること、指導者のいない状況でアヤワスカを摂取することなど、身体的有害事象に陥りやすいいくつかの要因を特定しました。

The authors make the observation that ayahuasca has notable, although rarely severe, adverse effects according to the standards used for assessing prescription medicines. In that sense, they state that ayahuasca practices can hardly be assessed with the same parameters used for prescription medicines, since the myriad of its effects include challenging experiences that are intrinsic to the experience, some of which are considered as part of its healing process.

著者らは、処方箋医薬品の評価基準に照らし合わせると、アヤワスカには、重篤な副作用はほとんどないが、顕著な副作用があるという見解を示している。その意味で、著者らは、アヤワスカの実践は、処方薬に用いられるのと同じパラメーターで評価することは困難であると述べている。なぜなら、その無数の効果は、体験に内在する困難な経験を含み、その一部はその治癒プロセスの一部とみなされるからである。

The authors add: "Many are turning to ayahuasca due to disenchantment with conventional Western mental health treatments, however the disruptive power of this traditional medicine should not be underestimated, commonly resulting in mental health or emotional challenges during assimilation. While these are usually transitory and seen as part of a beneficial growth process, risks are greater for vulnerable individuals or when used in unsupportive contexts."

しかし、この伝統的な薬の破壊力は過小評価されるべきではなく、同化する過程で精神衛生や感情的な問題が生じるのが一般的である」と著者らは付け加えています。これらは通常一過性のものであり、有益な成長過程の一部と見なされますが、脆弱な個人、またはサポートが得られない状況で使用された場合、リスクはより大きくなります。

用語
アヤワスカ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%82%AB

アヤワスカ(ケチュア語: Ayahuasca、Ayawaska)は、アマゾン北西部で伝統的に用いられている幻覚剤[1]。ペルーの国家文化遺産[2][3]。狭義には原料のひとつ、南米のアマゾン川流域に自生するキントラノオ科のつる植物のバニステリオプシス・カーピ(以下カーピ)のこと。ハルミンを含むカーピと、ジメチルトリプタミン (DMT) を含む植物を組み合わせる。後者のサイコトリア・ヴィリディス(チャクルーナ)やディプロプテリス・カブレラナ(チャリポンガ、チャクロパンガ)を加え、煮出してこの幻覚性の飲料が作られる。服飲すると、嘔吐を伴う強力な幻覚作用をもたらす。主に先住民族がシャーマニズムの儀式や民間療法、20世紀に創始されたキリスト教系のサント・ダイミなどで宗教儀式に用いる。ハルミンは、可逆性モノアミン酸化酵素A阻害薬 (RIMA) であるため、シャーマンは何年も食事制限を守り、一般の参加者も前後には食事制限が行われ、また薬の相互作用にも注意が必要である。多くのドキュメンタリーが撮影されている。


臨床研究が行われている。治療抵抗性うつ病を対象としたランダム化比較試験 (RCT) では、7日目で寛解率(うつ病ではない比率)36%である[4]。また、アルコール依存やタバコ依存をはじめ薬物依存症を治療する効果が発見されており、アヤワスカを使った薬物依存症の更生施設がブラジル、ペルー、アルゼンチン、ウルグアイ、チリにある[3][5][2]。

| | Comments (0)

June 13, 2022

モノテルペノイドペリリルアルコール:生物学的障壁を克服するための抗癌剤および媒介物PUBMEDより

The Monoterpenoid Perillyl Alcohol: Anticancer Agent and Medium to Overcome Biological Barriers

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8709132/

モノテルペノイドペリリルアルコール:生物学的障壁を克服するための抗癌剤および媒介物

Pharmaceutics. 2021 Dec; 13(12): 2167.

薬学

Abstract

要旨

Perillyl alcohol (POH) is a naturally occurring monoterpenoid related to limonene that is present in the essential oils of various plants. It has diverse applications and can be found in household items, including foods, cosmetics, and cleaning supplies. Over the past three decades, it has also been investigated for its potential anticancer activity. Clinical trials with an oral POH formulation administered to cancer patients failed to realize therapeutic expectations, although an intra-nasal POH formulation yielded encouraging results in malignant glioma patients. Based on its amphipathic nature, POH revealed the ability to overcome biological barriers, primarily the blood?brain barrier (BBB), but also the cytoplasmic membrane and the skin, which appear to be characteristics that critically contribute to POH’s value for drug development and delivery.

ペリリルアルコール(POH)は、リモネンに関連する天然モノテルペノイドで、さまざまな植物精油に含まれている。その用途は多岐にわたり、食品、化粧品、洗浄剤などの家庭用品にも含まれている。また、過去30年以上にわたって、抗がん作用の可能性が研究されてきました。POHの経口製剤をがん患者さんに投与した臨床試験では、治療効果が期待できませんでしたが、POHの鼻腔内投与製剤は悪性神経膠腫の患者さんで良好な結果を得ることができました。ペリリルアルコールPOHは両親媒性であることから、血液脳関門(BBB)を中心に、細胞質膜や皮膚などの生体関門を乗り越えることができ、このことが薬物開発・送達におけるPOHの価値に決定的に寄与していると思われる。

amphipathic nature 両親媒性

両親媒性分子(りょうしんばいせいぶんし、amphiphilic molecule)は1つの分子内に水(水相)になじむ「親水基」と油(有機相)になじむ「親油基」(疎水基)の両方を持つ分子の総称。界面活性剤などのほか、リン脂質などの生体内分子や両親媒性高分子などがある。ウィキペディアより

cytoplasmic membrane 細胞質膜

In this review, we present the physicochemical properties of POH that underlie its ability to overcome the obstacles placed by different types of biological barriers and consequently shape its multifaceted promise for cancer therapy and applications in drug development.

このレビューでは、さまざまな種類の生体の障壁を克服し、その結果、がん治療と医薬品開発の応用への多面的な可能性を形成するペリリルアルコールの物理化学的特性について紹介する。

We summarized and appraised the great variety of preclinical and clinical studies that investigated the use of POH for intranasal delivery and nose-to-brain drug transport, its intra-arterial delivery for BBB opening, and its permeation-enhancing function in hybrid molecules, where POH is combined with or conjugated to other therapeutic pharmacologic agents, yielding new chemical entities with novel mechanisms of action and applications.

私たちは、鼻腔内送達および鼻から脳への薬物輸送のためのペリリルアルコールPOHの使用、脳関門(BBB)開口のための動脈内送達、およびPOHが他の治療薬理学的薬剤と結合または結合され、新しい作用機序および用途を有する新しい化学的実体を生じるハイブリッド分子におけるその透過増強機能を調査した多種多様な前臨床および臨床研究を要約し、評価した。

drug transport, 薬物輸送
intra-arterial delivery  動脈内送達

Keywords: blood brain barrier; drug formulation; drug hybrids; intra-arterial delivery; intracranial malignancies; intranasal delivery; monoterpene; monoterpenoid; NEO100

キーワード:血液脳関門,薬物製剤,ドラッグハイブリッド,動脈内投与,頭蓋内悪性腫瘍,鼻腔内投与,モノテルペン,モノテルペノイド,NEO100

|

June 10, 2022

脳と鼻のインターフェース:ヒトにおける脳脊髄液のクリアランス部位としての可能性

The Brain-Nose Interface: A Potential Cerebrospinal Fluid Clearance Site in Humans

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphys.2021.769948/full

脳と鼻のインターフェース:ヒトにおける脳脊髄液のクリアランス部位としての可能性

The human brain functions at the center of a network of systems aimed at providing a structural and immunological layer of protection. The cerebrospinal fluid (CSF) maintains a physiological homeostasis that is of paramount importance to proper neurological activity.

人間の脳は、構造的および免疫学的保護層を提供することを目的としたシステムのネットワークの中心で機能する。脳脊髄液(CSF)は、適切な神経学的活動にとって最も重要な生理学的恒常性を維持します。

CSF is largely produced in the choroid plexus where it is continuous with the brain extracellular fluid and circulates through the ventricles. CSF movement through the central nervous system has been extensively explored.

脳脊髄液(CSFは主に脈絡叢で産生され、そこでは脳細胞外液と連続しており、脳室を通って循環する。中枢神経系を通るCSFの動きは広範囲に研究されてきた。

脈絡叢(みゃくらくそう、英:choroid)は脳脊髄液を産出し、脳室に分泌する重要な器官である。また脈絡叢上皮細胞は毛細血管の血管内皮細胞とともに血液脳脊髄液関門(blood-cerebrospinal fluid barrier、BCSFB)を形成する。ウィキペディアより

brain extracellular fluid 脳細胞外液

Across numerous animal species, the involvement of various drainage pathways in CSF, including arachnoid granulations, cranial nerves, perivascular pathways, and meningeal lymphatics, has been studied. Among these, there is a proposed CSF clearance route spanning the olfactory nerve and exiting the brain at the cribriform plate and entering lymphatics.

多数の動物種にわたって、くも膜顆粒、脳神経、血管周囲経路、および髄膜リンパ管を含むCSFにおける様々な排液経路の関与が研究されている。これらのうち、嗅覚神経にまたがり、脳を出てリンパ管に入る脳脊髄液CSFクリアランス経路が提案されている。

arachnoid granulations クモ膜顆粒
cranial nerves 脳神経
perivascular 血管周囲性
meningeal lymphatics 髄膜リンパ管
ドレナージ,2.排液[法],3.(静脈)導出

While this pathway has been demonstrated in multiple animal species, evidence of a similar CSF egress mechanism involving the nasal cavity in humans remains poorly consolidated.

その中で、嗅神経を経由して篩骨板で脳を出てリンパ管に入る髄液クリアランス経路が提案されている。この経路は複数の動物種で実証されているが、ヒトにおいて鼻腔が関与する同様の髄液排出メカニズムが存在するという証拠はまだ十分に固まっていない。

This review will synthesize contemporary evidence surrounding CSF clearance at the nose-brain interface, examining across species this anatomical pathway, and its possible significance to human neurodegenerative disease.

このレビューでは、鼻と脳のインターフェイスにおけるCSFクリアランスを取り巻現代的な証拠を統合し、種を超えてこの解剖学的経路と、ヒト神経変性疾患に対するその可能性のある意義を調べる。

neurodegenerative disease.  神経変性疾患

Our discussion of a bidirectional nasal pathway includes examination of the immune surveillance in the olfactory region protecting the brain. Overall, we expect that an expanded discussion of the brain-nose pathway and interactions with the environment will contribute to an improved understanding of neurodegenerative and infectious diseases, and potentially to novel prevention and treatment considerations.

双方向の鼻経路に関する我々の議論には、脳を保護する嗅覚領域における免疫監視の検討が含まれる。全体として、脳・鼻経路および環境との相互作用に関する議論の拡大が、神経変性疾患および感染症の理解の向上、および潜在的に新しい予防法および治療の考慮事項に寄与すると期待する。

immune surveillance 免疫監視

Keywords: Alzheimer’s disease; CSF; cribriform plate; neurodegeneration; neuroimaging.

アルツハイマー病(AD)、脳脊髄液(CSF)、パーキンソン病(PD)、ハンチントン病、および筋委縮性側索硬化症(ALS)

下記の文献は上記記事の一部です。

嗅覚排出経路の脊髄液のタンパク質を調べれば神経変性疾患のバイオマーカーになるようです。

Study of the olfactory drainage route for CSF in humans may permit measurement of brain specific biomarkers in nasal exudates, including neuronal proteins, such as tau protein, and may increase the sensitivity for identification of prostaglandin D2 synthase (β-trace protein), an established CSF-leak marker (PMID: 27614217).

ヒトにおける髄液の嗅覚排出経路の研究により、タウタンパク質などの神経細胞タンパク質を含む鼻腔滲出液中の脳特異的バイオマーカーの測定が可能になり、確立した髄液漏出マーカーであるプロスタグランジンD2合成酵素(β-痕跡タンパク質)の特定感度が高まる可能性があります(PMID: 27614217)。

biomarkersバイオマーカーは特定の病状や生命体の状態の指標である。


High Correlation among Brain-Derived Major Protein Levels in Cerebrospinal Fluid: Implication for Amyloid-Beta and Tau Protein Changes in Alzheimer's Disease

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35448543/


脳脊髄液中の脳由来主要蛋白質濃度の高い相関:アルツハイマー病におけるアミロイドベータおよびタウ蛋白質の変化との関連性

Abstract

要旨

The cerebrospinal fluid (CSF) plays an important role in homeostasis of the brain. We previously demonstrated that major CSF proteins such as lipocalin-type prostaglandin D2 synthase (L-PGDS) and transferrin (Tf) that are biosynthesized in the brain could be biomarkers of altered CSF production. Here we report that the levels of these brain-derived CSF proteins correlated well with each other across various neurodegenerative diseases, including Alzheimer's disease (AD).

脳脊髄液(CSF)は、脳の恒常性維持に重要な役割を果たしています。私たちは以前、脳内で生合成されるリポカリン型プロスタグランジンD2合成酵素(L-PGDS)やトランスフェリン(Tf)などの主要なCSFタンパク質が、CSF産生の変化のバイオマーカーである可能性があることを実証した。ここでは、これらの脳由来CSFタンパク質のレベルが、アルツハイマー病(AD)を含む様々な神経変性疾患にわたって互いによく相関していることを報告する。

用語
免疫監視
https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/12/22/1300741_019.pdf


(1) 研究領域の目的及び意義 免疫監視(immune surveillance)という概念は、1960年代に Burnet によってはじめて提唱された概念であ る。この概念は、「癌細胞を見つけ出しそれを排除して生体の恒常性を維持するための免疫系による監視」という仮 説から出発し、現在では、「時間的空間的に緻密にプログラムされた、個体の恒常性(homeostasis) 維持と保全のた めに必須の免疫系による security system である」と考えられている。近年のゲノム科学や免疫学研究の飛躍的な 進歩にもかかわらず、この免疫学の中心的概念は依然としてその全貌は明らかにされていない。それは、この概念 が免疫系の根本的な機能であることから、免疫現象が分子、細胞、個体レベルで解き明らかにされて初めて取り組むことの出来るテーマであるからと考えられる。

リポカリン型プロスタグランジン D 合成酵素の リガンド相互作用解析
https://www.netsu.org/JSCTANetsuSokutei/pdfs/44/44-3-108.pdf

リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素(L-PGDS) は,哺乳類の脳内や心臓に多く存在しており,睡眠誘発物質であるプロスタグランジン D2(PGD2)を合成するだけ でなく,その他種々の疎水性低分子の輸送に関わっている 多機能タンパク質である。また,L-PGDS が属するリポカ リンファミリーのタンパク質は,近年,抗体に次ぐ工学的 に有望な分子認識鋳型として注目されている。

|

June 08, 2022

マウス篩板(しばん)を介した脳脊髄液輸送の解剖学的基礎と生理的役割に関する研究PUBMEDより

前回の投稿で、モノテルペンアルコールであるペリリルアルコール(POH)の鼻腔内投与→鼻粘膜に由来する直接嗅覚および三叉神経→脳脊髄液(CSF)の「ことを知りました。脳脊髄液のことを調べていたら老廃物を除去することを知り、脳脊髄液と嗅覚との関係を調べていた時に見つけた文献です。空気が汚れると嗅神経細胞が損傷し脳せき髄液に影響する。良い香りを嗅ぐと嗅神経細胞が生き生きとして脳せき髄液のドレナージュ→効果を高めるかも知れない?

Anatomical basis and physiological role of cerebrospinal fluid transport through the murine cribriform plate

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31063132/

マウス篩板(しばん)を介した脳脊髄液輸送の解剖学的基礎と生理的役割に関する研究

1脳内流れる脊髄液→化学信号を伝達し、老廃物を除去

2嗅覚神経に沿って篩板を通り→脳せき髄液でドレナージュ→鼻の上皮のリンパ

3嗅神経切除→流出減少→大気汚染による嗅神経ニューロン損傷→髄液の回転と流れ変化→神経疾患の潜在的なメカニズム

Abstract

要旨

Cerebrospinal fluid (CSF) flows through the brain, transporting chemical signals and removing waste. CSF production in the brain is balanced by a constant outflow of CSF, the anatomical basis of which is poorly understood.

脳脊髄液(CSF)は、脳内を流れ、化学信号を伝達し、老廃物を除去している。脳内でのCSFの産生は、一定のCSFの流出によってバランスが保たれているが、その解剖学的基盤は十分に理解されていない。

Here, we characterized the anatomy and physiological function of the CSF outflow pathway along the olfactory sensory nerves through the cribriform plate, and into the nasal epithelia. Chemical ablation of olfactory sensory nerves greatly reduced outflow of CSF through the cribriform plate. The reduction in CSF outflow did not cause an increase in intracranial pressure (ICP), consistent with an alteration in the pattern of CSF drainage or production.

私たちは、嗅覚神経に沿って篩板を通り、鼻腔上皮へCSFが流出する経路の解剖学的構造と生理的機能を明らかにした。嗅覚神経を化学的に切除すると、篩板を通るCSFの流出が大きく減少した。この流出量の減少は頭蓋内圧(ICP)の上昇を引き起こさないことから、髄液の流出または生成のパターンが変化していることが示唆された。

cribriform plate 篩板(しばん)
篩板(しばん)を調べていて見つけた。
篩骨 しこつ
ethmoid bone
鼻腔の天井にある骨。最上部は前頭蓋窩からみることのできる篩板で,多数の小孔を貫いて嗅神経が鼻腔に入っている。内部に篩骨洞という副鼻腔の一つをもっている。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「篩骨」

intracranial pressure (ICP):頭蓋内圧(ICP)

Our results suggest that damage to olfactory sensory neurons (such as from air pollution) could contribute to altered CSF turnover and flow, providing a potential mechanism for neurological diseases.

この結果は、嗅覚ニューロンの損傷(大気汚染など)が髄液の回転と流れの変化に寄与し、神経疾患の潜在的なメカニズムを提供する可能性を示唆するものである。

Keywords: anosmia; cerebrospinal fluid; cribriform; intracranial pressure; mouse; neuroscience

キーワード:無嗅覚症、脳脊髄液、篩板、頭蓋内圧(ICP)、マウス、神経科学

|

April 20, 2022

体内の嗅覚受容体は病気を嗅ぎ分けるのに役立つかもしれない。Science dailyより

Smell receptors in the body could help sniff out disease

https://www.sciencedaily.com/releases/2018/07/180712100214.htm

体内の嗅覚受容体は病気を嗅ぎ分けるのに役立つかもしれない

Olfactory cells found throughout the body may help or harm depending on location

体全体にある嗅覚細胞は、場所によって役に立ったり害を及ぼしたりすることがある

Full Story

A review of more than 200 studies reveals that olfactory receptors -- proteins that bind to odors that aid the sense of smell -- perform a wide range of mostly unknown functions outside the nose. The function of extra-nasal olfactory receptors has the potential to be used in the diagnosis and treatment of health conditions such as cancer. The article is published in the July issue of Physiological Reviews.

200以上の研究のレビューでは、嗅覚受容体(嗅覚を助ける匂いに結合するタンパク質)が鼻の外でほとんど未知の幅広い機能を実行することが明らかになりました。鼻腔外の嗅覚受容体の機能は、がんなどの健康状態の診断および治療に使用される可能性がある。この記事は、生理学的レビューの7月号に掲載されています。

Olfactory, or smell, receptors were originally thought to be only in the sensory nerve cells (neurons) of nasal cavity tissues. However, more recent and extensive study suggests that the receptors "occur in nearly the entire human body, [and] they appear to be substantially more functionally important than previously suggested," researchers from Ruhr-University Bochum in Germany wrote. In addition to the receptors playing a major role in the sense of smell, "several essential physiological and pathophysiological processes have been described as targeted by human [olfactory receptors], including path finding, cell growth, [cell death], migration and secretion."

嗅覚、または匂い、受容体はもともと鼻腔組織の感覚神経細胞(ニューロン)にのみ存在すると考えられていました。しかし、より最近の広範な研究は、受容体が「人体のほぼ全域で発生し、以前に示唆されていたよりも機能的にかなり重要であるように見える」ことを示唆していると、ドイツのルール大学ボーフムの研究者は書いている。嗅覚において主要な役割を果たす受容体に加えて、「経路探索、細胞増殖、[細胞死]、[遊走および分泌]を含む、いくつかの重要な生理学的および病態生理学的プロセスがヒト[嗅覚受容体]によって標的とされていると記載されている。

The research team summarized the location and purpose of certain types of olfactory receptors, including those that may be beneficial to general health:

研究チームは 総合的な健康状態に有益と思われるものを含む、ある種の嗅覚受容体の位置と目的についてまとめています。

*Receptors present in heart muscle cells may be a metabolic regulator of heart function.

心筋細胞にある受容体は、心臓機能の代謝調節因子である可能性があります

metabolic regulator 代謝因子

*Receptors activated in the immune system have been seen to promote the death of certain types of leukemia cells.

*免疫系で活性化された受容体は、特定タイプの白血病細胞の細胞死を促進することが分かっている。

*Smell receptors in the liver reduce the spread of liver cancer cells.

肝臓にある嗅覚受容体は、肝臓がん細胞の転移を抑制します。

*Receptors in the skin increase the regeneration of skin cells and help speed wound healing.

*皮膚にある受容体は、皮膚細胞の再生を促進し、創傷治癒を早めます。

The review also reveals ways in which olfactory receptors may affect the development of disease, including:

このレビューでは、嗅覚受容体が病気の発生に影響を与える可能性がある方法も明らかにしています。

*Receptors concentrated in the prostate tissue, especially in men with prostate cancer, contribute to the reduction or progression of the disease.

*前立腺組織に集中する受容体は、特に前立腺癌の男性において、疾患の軽減または進行に寄与する。

*Receptors in the colon may reduce the growth of colon cancer cells.

*大腸にある受容体は、大腸がん細胞の増殖を抑える可能性がある。

*Receptors in the digestive tract may cause chronic diarrhea or constipation but may

消化管にある受容体は、慢性的な下痢や便秘を引き起こす可能性があるが、消化の改善に寄与する可能性もある。

The existence of olfactory receptors outside the nose -- either positive or negative -- plays an important role in disease progression and physiological function but is not yet fully understood. Their role as a possible biomarker for disease requires more research, the authors said. Study "must be expanded to develop promising clinical strategies in the future," the researchers wrote.

鼻以外に存在する嗅覚受容体は、(ポジティブまたはネガティブ)の存在は、疾患の進行や生理機能に重要な役割を果たすが、まだ十分に理解されていない。疾患のバイオマーカーとしての役割は、さらなる研究が必要であると著者らは述べている。研究者らは、「将来、有望な臨床戦略を開発するために、研究を拡大する必要がある」と書いている。

考えたこと

嗅覚受容体は、(ポジティブまたはネガティブ)の存在のことを読んで、Medicine Hands Massage Therapy for People with Cancerに出てくるがん遺伝子のことを思い出し紹介します。
がん遺伝子にもポジティブまたはネガティブがあります。

尚、本にはマッサージによってがんは転移しないと記載されています。

*Proto-oncogene がん原遺伝子

Proto-oncogene、which control growth and tissue repair. The defective version of these genes are known as oncogenes. Their expression results in excessive cell proliferationMutation within control genes also cause failure of cell’s regulatory system that induce apoptosis (programed cell death) when cell senses it cannot repair damage to its own DNA

がん原遺伝子、増殖と組織修復を制御します。これらの遺伝子の欠陥バージョンは、がん遺伝子として知られている。それらの発現は過剰な細胞増殖をもたらす。また、また、制御遺伝子に変異があると、細胞が自身のDNAの損傷を修復できないと判断したときに、アポトーシス(プログラムされた細胞死)を誘導する制御システムに障害が発生します。

oncogene がん遺伝子

*Tumor suppress genes がん抑制遺伝子

Tumor suppress genes normally regulate cell growth in an measured fashion; they stifle tumor growth acting a braking system that halts inappropriate growth. When they are inactivated by mutation, uncontrolled cell cell proliferation is allowed to go unchecked.

がん抑制遺伝子は、通常、細胞増殖を慎重な方法で制御しています。腫瘍抑制遺伝子は、腫瘍の増殖を抑制し、不適切な増殖を停止させるブレーキシステムとして機能します。突然変異によって不活性化されると、無秩序な細胞増殖が許容されるようになる。

|

November 05, 2021

カンナビノイドシステムの調節:アルツハイマー型認知症治療の新たな視点PUBMEDより

Modulation of the Cannabinoid System: A New Perspective for the Treatment of the Alzheimer's Disease

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29962346/

カンナビノイドシステムの調節:アルツハイマー型認知症治療の新たな視点PUBMEDより

Abstract

要旨

The pathogenesis of Alzheimer's disease (AD) is somewhat complex and has yet to be fully understood. As the effectiveness of the therapy currently available for AD has proved to be limited, the need for new drugs has become increasingly urgent. The modulation of the endogenous cannabinoid system (ECBS) is one of the potential therapeutic approaches that is attracting a growing amount of interest. The ECBS consists of endogenous compounds and receptors.

アルツハイマー病(AD)の病因はやや複合的で、まだ完全には解明されていない。現在、アルツハイマー型認知症の治療に使用されている薬の効果は限定的であることがわかっており、新薬の必要性がますます高まっている。内因性カンナビノイドシステム(ECBS)の調節は、可能性のある治療法の一つとして注目されています。ECBSは、内因性化合物と受容体から構成されています。

endogenous cannabinoid system (ECBS):内因性カンナビノイドシステム

The receptors CB1 and CB2 have already been well characterized: CB1 receptors, which are abundant in the brain, particularly in the hippocampus, basal ganglia and cerebellum, regulate memory function and cognition. It has been suggested that the activation of CB1 receptors reduces intracellular Ca concentrations, inhibits glutamate release and enhances neurotrophin expression and
neurogenesis.
カンナビノイド受容体1(CB1)およびカンナビノイド受容体2(CB2)の受容体はすでによく特徴付けられている:CB1受容体は、脳、特に海馬、大脳基底核、小脳に多く存在し、記憶機能や認知を司っている。CB1受容体の活性化は、細胞内のCa濃度を低下させ、グルタミン酸の放出を抑制し、ニューロトロフィン(神経栄養因子)の発現や神経新生を促進することが示唆されている。

basal ganglia :大脳基底核管
cerebellum  : 小脳
intracellular Ca concentrations: 細胞内Ca濃度,
neurotrophin :ニューロトロフィン(神経栄養因子の一群)

CB2 receptors are expressed, though to a lesser extent, in the central nervous system, particularly in the microglia and immune system cells involved in the release of cytokines.CB2 receptors have been shown to be upregulated in neuritic plaque-associated microglia in the hippocampus and entorhinal cortex of patients, which suggests that these receptors play a role in the inflammatory pathology of AD.

カンナビノイド受容体2(CB2)受容体は、中枢神経系、特にサイトカインの放出に関与するミクログリアや免疫系細胞に、程度は低いものの発現している。CB2受容体は、患者の海馬や嗅内皮質の老人性プラークに関連するミクログリア(小膠細胞)で発現量が増加していることが示されていて、そことは、これらの受容体がアルツハイマー病(AD)の炎症性病理学において役割を果たしていることを示唆している。

Microglia:ミクログリアまたは小膠細胞(しょうこうさいぼう)・脳脊髄中に存在するグリア細胞の一種。
neuritic plaques:老人性プラークまたは神経突起斑
entorhinal cortex  嗅内皮質

The role of the ECBS in AD is supported by cellular and animal models. By contrast, few clinical studies designed to investigate therapies aimed at reducing behaviour disturbances, especially night-time agitation, eating behaviour and aggressiveness, have yielded positive results. In this review, we will describe how the manipulation of the ECBS offers a potential approach to the treatment of AD.

アルツハイマー病(AD)における内因性カンナビノイドシステムECBSの役割は、細胞および動物モデルによって支持されています。対照的に、行動障害、特に夜間の焦燥性興奮、食行動、攻撃性を減らすことを目的とした治療法を調査するために設計された臨床試験はほとんど肯定的な結果をもたらしています。本レビューでは、ECBSの操作がADの治療に対する潜在的なアプローチをどのように提供するかを説明する。

behaviour disturbances 行動障害
agitation焦燥性興奮

Keywords: Alzheimer's disease; CB1 receptors; CB2 receptors; dementia; endocannabinoid system; new therapeutic approach.

キーワード アルツハイマー病、CB1受容体、CB2受容体、認知症、エンドカンナビノイドシステム、新しい治療法.のアプローチ
.
お知らせ

カンナビノイド受容体2(CB2)の受容体を活性化するβ-カリオフィレン含精油

メリッサ(ブルガリア)3ml・精油(バイオレットボトル充填)

https://phytoaroma.ocnk.net/product/563

イランイラン・コンプリート10ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/538

フランキンセンス(インド)CO2 5ml・精油(バイオレットボトル充填)
https://phytoaroma.ocnk.net/product/600

クローブ10ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/507

ブラックペパー5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/65

|

December 26, 2019

迷走神経は腸脳軸に沿ってセロトニンを運ぶことができる Psychology todayより

The Vagus Nerve May Carry Serotonin Along the Gut-Brain Axis

 迷走神経は腸脳軸に沿ってセロトニンを運ぶことができる

https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-athletes-way/201910/the-vagus-nerve-may-carry-serotonin-along-the-gut-brain-axis

vagus nerve 迷走神経

gut brain axis 腸脳軸

SSRIs may activate vagus nerve dependent gut-to-brain serotonin signaling.

 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIs)は迷走神経依存性の腸から脳へのセロトニン伝達を活性化することができる。

 Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, SSRI: 選択的セロトニン再取り込み阻害薬

 When Prozac was introduced in 1987, it made a big splash as the first selective serotonin reuptake inhibitor (SSRI) antidepressant for the treatment of major depressive disorder.

 1987年にプロザック(抗うつ薬)が導入されたとき、大うつ病性障害治療のための最初の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)抗うつ薬として大きな注目を集めました。

 prozac プロザック(抗うつ薬)

major depressive disorder 大うつ病性障害

Prozac and Sarafem are brand names for a drug called "fluoxetine," which was first discovered by Eli Lilly in 1972. Since the patent for this drug expired in 2001, fluoxetine is available as a generic FDA-approved prescription for depression, obsessive-compulsive disorder, panic attacks, and some eating disorders.

プロザックとサラフェムは、「フルオキセチン」と呼ばれる薬のブランド名です。これは、1972年にエリリリーによって初めて発見されました。この薬の特許は2001年に失効したため、フルオキセチンは、うつ病、強迫性障害、パニック発作、および幾つかの摂食障害ためのジェネリックの食品医薬品局承認処方薬として入手できます

用語

フルオキセチン (: Fluoxetine) は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類される抗うつ薬の1つである。商品名プロザック (Prozac) としてアメリカ合衆国のイーライリリー・アンド・カンパニー社から発売され、また後発医薬品も存在する。

generic ジェネリック

obsessive-compulsive disorder 強迫性障害

panic attacks パニック発作

Historically, most experts and consumers thought fluoxetine worked by inhibiting the reuptake of serotonin in the brain, and that the antidepressant effects of this drug occurred solely from the "neck up." However, there is still a surprising amount of uncertainty about how SSRIs actually work.

歴史的に、ほとんどの専門家と消費者は、フルオキセチンが脳内のセロトニンの再摂取を阻害することで機能し、この薬の抗うつ作用は「首の上」からのみ発生すると考えていました。ただし、SSRIが実際にどのように機能するかについては、依然として驚くほどの不確実性があります。

reuptake 再取り込み

Because 90 percent of the human body's serotonin is produced in the gut, one current theory is that fluoxetine might boost the amount of serotonin produced "below the neck."

人体のセロトニンの90パーセントが腸で産生されるため、現在の理論の1つは、フルオキセチンが「首の下」で産生されるセロトニンの量を増やす可能性があるというものです。

While the 21st-century debate about SSRIs rages on, a drug-free alternative for treatment-resistant depression called "vagus nerve stimulation (VNS)" was approved by the FDA in 2005 for severe unipolar and bipolar depression. VNS typically involves a small, silver-dollar sized device that is surgically implanted below the skin near the collar bone and works like a pacemaker to stimulate the vagus nerve.

SSRIについての21世紀の議論が激化する中、2005年にFDA(食品医薬品局)により、重度の単極および双極うつ病に対して、「迷走神経刺激(VNS)」と呼ばれる治療抵抗性うつ病の薬物なし代替が承認されました。 VNSは通常、鎖骨近くの皮膚の下に外科的に埋め込まれ、迷走神経を刺激するペースメーカーのような働きをする、銀色の小さなサイズのデバイスを含みます。

unipolar and bipolar depression 単極および双極うつ病

a drug-free alternative 薬物を使用しない代替

treatment-resistant depression 治療抵抗性うつ病

vagus nerve stimulation (VNS) 迷走神経刺激療法

collar bone 鎖骨

In recent years, researchers at McMaster University's Brain-Body Institute (Canada) have been investigating a possible link between SSRI antidepressant medications, serotonin levels in the gut, and the role that vagus nerve stimulation might play in boosting gut-to-brain transport of serotonin, which appears to rely on the vagus nerve.

近年マックマスター大学、のBrain-Body Institute(カナダ)の研究者は、SSRI抗うつ薬、腸内のセロトニンレベルと迷走神経刺激が迷走神経に依存しているようなセルトニンの脳への輸送を促進する際に果たす可能性のある役割との相関関係を調査しています。

Notably, after a vagotomy?which surgically cuts off gut-to-brain communication via the vagus nerve?SSRIs lose their ability to relieve depression-like symptoms in mice.

特に、迷走神経を介した腸と脳のコミュニケーションを外科的に遮断する迷走神経切除後、SSRIはマウスにおけるうつ病様症状を緩和する能力を失います。

vagotomy 迷走神経切断術

As part of the bidirectional gut-brain axis, afferent vagal nerves send signals from the bottom-up. There is reason to believe that these vagus nerve pathways might serve as a type of "serotonin superhighway" between the gut and the brain.

 双方向的腸脳軸の一部として、求心性迷走神経は下から上への信号を送ります。これらの迷走神経経路は腸と脳との間の「セロトニン超高速道路」の一種として機能すると考えられる理由があります。

bidirectional双方向的

afferent vagal nerve 求心性迷走神経

A few days ago, the team at McMaster University?who've been conducting research in mice about how SSRIs and the vagus nerve might work in tandem?published a study, "Oral Selective Serotonin Reuptake Inhibitors Activate Vagus Nerve Dependent Gut-Brain Signalling," in the journal Scientific Reports. The title of this paper sums up the main takeaway of this research: SSRIs may activate the vagus nerve in a way that facilitates gut-brain serotonin signaling.

 

数日前、SSRIと迷走神経がどのように連携するかについてマウスで研究を行ってきた、マックマスター大学のチームは、he journal Scientific Reportsに「経口セロトニン再取り込み阻害薬が迷走神経依存性腸脳シグナル伝達を活性化する」研究を発表しました。

この論文のタイトルは、この研究の主な要点を要約しています。SSRIは、腸脳セロトニンシグナル伝達を促進する方法で迷走神経を活性化することが出きる。

用語

脳と腸は密に関連…「脳腸軸」の研究結果と健康との関連性

https://www.esquire.com/jp/menshealth/wellness/a26614989/probiotics-benefits-gut-mental-health-brain/

 「脳腸軸」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「脳腸軸」とは(脳と腸は自律神経系や液性因子(ホルモンやサイトカインなど)を介して密に関連していることが分かっています。この双方向的な関連を「脳腸軸(brain-gut axis)」または「脳腸相関(brain-gut interaction)」と呼ぶということ…。今回は、そんな「脳腸軸」についてわかっていること、わかっていないことをご紹介します。

 お知らせ

フランキンセンス、ミルラおよびパロサントのカンラン科精油は光のエネルギーを凝縮した太陽の缶詰です。カンラン科精油であなたの心に愛の光を灯してみませんか。

 精油のお求めはフィトアロマ研究所

http://phytoaroma.ocnk.net/

 

|

August 18, 2017

女性は男性よりも活発な脳を有している。Science dailyより

Women have more active brains than men
https://www.sciencedaily.com/releases/2017/08/170807120521.htm

女性は男性よりも活発な脳を有している。

Largest functional brain imaging study to date identifies specific brain differences between women and men, according to a new report in the Journal of Alzheimer's Disease

雑誌アルツハイマー病の新報告によると、現在まで最大の機能的脳画像化研究は、男性と女性と脳の特定脳領域の違いを明らかにした。

Summary:

要約

In the largest functional brain imaging study to date, the Amen Clinics (Newport Beach, CA) compared 46,034 brain SPECT (single photon emission computed tomography) imaging studies provided by nine clinics, quantifying differences between the brains of men and women. The study is published in the Journal of Alzheimer's Disease.

現在までの最大の脳機能研究では、エイメン・クリニック(カリフォルニア州ニューポート・ビーチ)は、9つの診療所によって提供された46,034の脳SPECT(単一光子放射断層撮影)画像研究を比較し、男性と女性の脳の違いを定量化した。この研究は、雑誌アルツハイマー病に掲載されています。

single photon emission computed tomography (spect) 単一光子放射断層撮影

Lead author, psychiatrist Daniel G. Amen, MD, founder of Amen Clinics, Inc., commented, "This is a very important study to help understand gender-based brain differences. The quantifiable differences we identified between men and women are important for understanding gender-based risk for brain disorders such as Alzheimer's disease. Using functional neuroimaging tools, such as SPECT, are essential to developing precision medicine brain treatments in the future."

エイメン・クリニック創設者で筆頭著者、精神科医ダニエル・エイメンはコメントした。「これは性別に基づく脳の違いを理解する上で非常に重要な研究です。私たちが男女間で明らかにした定量的相違はアルツハイマー病などの脳障害に対する性別に基づくリスクの理解にとって重用です。単一光子放射断層撮影SPECTなどの機能的神経画像ツールを使用することは将来の精密医療の脳治療を開発する上で不可欠です」

The brains of women in the study were significantly more active in many more areas of the brain than men, especially in the prefrontal cortex, involved with focus and impulse control, and the limbic or emotional areas of the brain, involved with mood and anxiety. The visual and coordination centers of the brain were more active in men. SPECT can measure blood perfusion in the brain. Images acquired from subjects at rest or while performing various cognitive tasks will show different blood flow in specific brain regions.

この研究における女性脳は、男性よりもより多くの脳領域で有意に活溌で、特に,焦点や衝動制御に関与する前頭前皮質および気分や不安に関与する脳の辺縁領域や情動領域で活溌であった。脳の視覚的および調整センターは男性においてより活溌であった。単一光子放射断層撮影(SPECT)は脳内の血液灌流を測定することができます。安静時または様々な認知課題を遂行中に被験者から得られた画像は特定脳領域で異なる血液の流れを示しています。

prefrontal cortex 前頭前皮質
impulse control 衝動制御
blood perfusion 血液灌流
cognitive tasks 認知課題

Subjects included 119 healthy volunteers and 26,683 patients with a variety of psychiatric conditions such as brain trauma, bipolar disorders, mood disorders, schizophrenia/psychotic disorders, and attention deficit hyperactivity disorder (ADHD). A total of 128 brain regions were analyzed for subjects at baseline and while performing a concentration task.

被験者には、119人の健康なボランティアと、脳外傷、双極性障害、気分障害、統合失調症障害/精神病性障害、注意欠如・多動性障害 (ADHD). などの様々な精神症状の患者26,683人が含まれていた。ベースライン時および集中作業中の被験者合計128の脳領域が分析された。

brain trauma 脳外傷
bipolar disorders 双極性障害
schizophrenic disorder 統合失調症障害
psychotic disorders 精神病性障害
attention deficit hyperactivity disorder (ADHD). 注意欠如・多動性障害 (ADHD). 

Understanding these differences is important because brain disorders affect men and women differently.Women have significantly higher rates of Alzheimer's disease, depression, which is itself is a risk factor for Alzheimer's disease, and anxiety disorders, while men have higher rates of (ADHD), conduct-related problems, and incarceration (by 1,400%).

これらの違いを理解することは重要で、なぜなら、脳障害は男性と女性に異なる影響を与えます。女性は、アルツハイマー病、アルツハイマー病因子を含むうつ病および不安障害の発病率が有意に高くて、一方、男性は、注意欠如・多動性障害 (ADHD).  行動関連の病気、および嵌頓ヘルニア(1,400%まで).の発病率が高いです。

Incarceration:嵌頓(カントン)ヘルニア
conduct-related problems 行動関連の病気

Editor-in-Chief of the Journal of Alzheimer's Disease and Dean of the College of Sciences at The University of Texas at San Antonio, Dr. George Perry said, "Precisely defining the physiological and structural basis of gender differences in brain function will illuminate Alzheimer's disease and understanding our partners."

「脳機能における性差の生理学的および構造的原理を正確に定義することで、アルツハイマー病が明らかになり、パートナーをよりよく理解することになるだろう」と、雑誌アルツハイマー病の編集長およびテキサス大学サンアントニオ校理学部学部長のジョージ・ペリー博士は述べた。

The study findings of increased prefrontal cortex blood flow in women compared to men may explain why women tend to exhibit greater strengths in the areas of empathy, intuition, collaboration, self-control, and appropriate concern. The study also found increased blood flow in limbic areas of the brains of women, which may also partially explain why women are more vulnerable to anxiety, depression, insomnia, and eating disorders.

男性と比較して女性の前頭前皮質血流の増加の研究結果は、共感、直感、協調、自己管理、および気遣いの脳領域で何故女性がより大きな強みを発揮するのかを説明するかもしれない。また、この研究では、女性の脳の大脳辺縁系領域における血流増加を発見した。そのことも何故女性が不安、うつ病、不眠症、および摂食障害に対してより脆弱であるかを部分的に説明するかもしれない。

limbic areas 大脳辺縁系の領域

用語
the Amen Clinicsを調べていたらみつけたサイトです。
ダニエル・エイメン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%B3

ダニエル・エイメン(Daniel Gregory Amen、1954年 - )[1]は、アメリカの精神科医で[2]、脳障害(英語版)の専門家であり[3]エイメン・クリニック(英語版)の所長であり[4]、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーの作家である[5]。

エイメン・クリニックは注意欠陥・多動性障害 (ADHD) や他の障害の患者のための医療を提供している。そこではエイメンによる実験として、彼の主張するこれらの障害の下位分類を同定する診断ツールとして単一光子放射断層撮影 (SPECT) が用いられている[6]。しかし、エイメンによる精神医学と神経学の診断を補助するSPECTスキャンの使用は、立証されていない主張に基づいており広く批判されている。

お知らせ

8月20日までの申し込みでリアノン・ルイス女史来日セミナー10%割引になります。

*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のおしらせ

リリー(百合の花)Abs2ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/483

ラベンダー・ストエカスOG5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/247

|

March 06, 2017

アルツハイマー病への大麻効果がマウスで調査された

Effects of Cannabis on Alzheimer's Disease investigated in mice

http://www.pravdareport.com/science/earth/24-05-2016/134514-cannabis_alzheimer-0/

アルツハイマー病への大麻効果がマウスで調査された。

cannabis大麻

Some effects of Cannabis can improve the consumption of energy by the brain, which is deficient in Alzheimer's Disease, according to the results of a study led by Cellular Neurosciences and Biology Center (CNC), University of Coimbra (UC), Portugal and the Cajal Institute - Centre for Biomedical Research in Neurodegenerative Diseases, in Spain.

ポルトガル、コインブラ大学(UC)、細胞神経科学・生物学センター(CNC)およびスペイン、神経変性疾患における生物医学研究センター・Cajal Institute率いる研究結果によると、大麻のある種の効果は、アルツハイマー病で不足している脳のエネルギー消費を改善することが出来る。

University of Coimbra (UC)  コインブラ大学
Cellular Neurosciences 細胞神経科学
Neurodegenerative Diseases  神経変性疾患

The future challenge of this discovery in mice, recently published in the journal Neuropharmacology, lies in the separation of negative and positive effects of Cannabis consumption.

神経薬理学学誌に最近掲載されたマウスにおけるこの発見の将来課題は、大麻消費の負の効果とポジティブな効果の分離にある。

CB1 and CB2 receptors

カンナビノイドCB1およびCB 2受容体

CB:Cannabinoidカンナビノイド

The major psychoactive ingredient of marijuana, tetrahydrocannabinol (THC) acts on two receptors, "CB1" and "CB2", located in the brain, which are distinguished as "bad police and good police." The CB1 receptors are associated with neuronal death, mental disorders and addiction to various drugs or alcohol. In contrast, CB2 receptors nullify many of the negative actions of CB1, protecting neurons by promoting glucose consumption (energy) by the brain and reducing dependence on drugs.

マリファナの主要精神活性成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)は、“悪い警官と良い警官”区別される脳内に存在する"カンナビノイドCB1" と"カンナビノイドCB2"の2つの受容体に作用する。CB1受容体は、神経細胞死、神経障害および様々な薬物またはアルコール依存に関係する。対照的に、CB2受容体は、CB1の多くの負の作用を無効にし、ブドウ糖消費(エネルギー)促進することによって神経細胞を保護し、薬物依存を減少させる。

psychoactive 向精神の
marijuana:マリファナ、インド大麻
tetrahydrocannabinol (THC)  テトラヒドロカンナビノール
neuronal death 神経細胞死
lucose consumption ブドウ糖消費

Attila Köfalvi, first author of the article, explains that "through various laboratory techniques, we conclude that the CB2 receptor, when stimulated by chemically modified THC analogues to interact only with the CB2 receptor without activating the CB1, avoiding the psychotropic effects and keeping beneficial effects, promotes increased glucose uptake in the brain."

この記事の筆頭著者であるAttila Köfalvi,は、“様々な実験技術を通して、 CB1を活性化せずにCB2受容体とのみに相互作用させるために化学修飾されたTHC類似体によって刺激されると、CB2受容体は向精神効果を回避し、有益な効果を維持し、脳におけるブドウ糖取り込みを促進させる”と述べている。

analogues 類似体
psychotropic effects 向精神効果

Effect beyond neurons

神経細胞を越えた効果

Additional experiments with other techniques showed that this effect of CB2 is not limited to neurons but extends to other brain cells that help the functioning of neurons, the astrocytes. "In the future, this discovery could pave the way for a palliative therapy in Alzheimer's disease," notes the researcher.

他の技術用いた追加実験で、CB2のこの効果は神経細胞だけに限定されず、他の脳細胞に及び、アストロサイトの神経細胞の機能を助けることを示した。「将来、この発見は、アルツハイマー病の緩和医療の道を開くことができるだろう」と同研究者は指摘する。

palliative therapy 緩和医療
astrocytes.アストロサイト(グリア細胞の一つ)

用語

カンナビノイド
http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%93%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%89

大麻(アサ(cannabis sativa)の未熟果穂を含む枝先および葉)に含まれる炭素数21の化合物群をカンナビノイドという。主要なカンナビノイドは、強い中枢作用を有する△9-テトラヒドロカンナビノール(THC)、中枢作用はないが強い抗痙攣作用や薬物代謝酵素阻害作用を有するカンナビジオールおよびそれらの酸化成績体のカンナビノールである。THCは、マリファナを摂取すると、時間感覚・空間感覚の混乱、多幸感、記憶の障害、痛覚の低下、幻覚などの精神神経反応を誘発する。カンナビノイド受容体として、7回膜貫通、Gタンパク質(Gi/Go)共役型のCB1受容体とCB2受容体の2つがある。CB1受容体は脳などで多量に発現しており、神経伝達の抑制的制御に関与していると考えられている。一方、CB2受容体は脾臓や扁桃腺など、免疫系の臓器や細胞に多く発現しており、炎症反応や免疫応答の調節に関与していると考えられている。内在性のリガンドとして最初に単離されたN-アラキドノイルエタノールアミン(アナンダミド)は、カンナビノイドレセプターの弱い部分アゴニストである。その後発見された2-アラキドノイルグリセロールが、カンナビノイドレセプターの生理的なリガンドと考えられている。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)

グリア細胞
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%B4%B0%E8%83%9E

脳に分布する主なグリア細胞はアストロサイト、オリゴデンドロサイトおよびミクログリアの三種に分類される。ヒトの脳におけるこれらグリア細胞全体の数はニューロンの数を遙かに上回る。しかし、電気的には不活性なこれらの細胞の中枢神経系における機能は発見以来、長い間、過小評価されてきた。もちろん、アストロサイトについては、神経伝達物質の取り込み、シナプス周辺のイオン環境の維持、血液脳関門としての役割など受動的ではあるが重要な役割はすでに認められていた。また、オリゴデンドロサイトについては髄鞘の形成による活動電位の伝導速度促進、ミクログリアについては損傷を受けたニューロンの除去や修復機能など多様な機能は認められていた。しかし、20世紀後半から細胞内カルシウム濃度研究法や二光子レーザー顕微鏡などの技術によりグリア細胞の新しい側面が浮き彫りにされてきた。この中には、アストロサイトが多様な神経伝達物質受容体を発現し、ニューロンの活動に応答して、自らも伝達物質を遊離することによってニューロン活動を修飾すること。オリゴデンドロサイトが形成する髄鞘は神経活動に応じて拡大すること。さらに、ミクログリアがシナプスの再編成に積極的関与することなどグリア細胞が高次機能発現に関与する可能性を示す発見が多い。これらの事実はこれまでのようなニューロン中心の研究では脳機能の全貌を解き明かすことは困難であることを意味して

考えたこと

精油のお話会で精油化学成分と受容体との関係を説明しました。そのときにβカリオフィレンがカンナビノイドCB 2受容体に結合し、局所麻酔作用を発現することを説明しました。今回の記事でCB 2受容体がアルツハイマー病に関係していることを知り、翻訳しました。この記事は、前回のイラン、世界初のアルツハイマー治療のためのハーブ草剤(シソ科植物)を発売で見つけました。

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

August 16, 2016

記憶がポジティブまたはネガティブな情動に如何にリンクするかは海馬と扁桃体を結ぶ神経回路が関係し、その神経回路には可塑性があって情動を反転させることが可能

Neuroscientists reverse memories' emotional associations: Brain circuit that links feelings to memories manipulated
https://www.sciencedaily.com/releases/2014/08/140827131658.htm

神経科学者は記憶の情動連関を反転させる:感情を操作された記憶にリンクする脳回路Science dailyより

Most memories have some kind of emotion associated with them: Recalling the week you just spent at the beach probably makes you feel happy, while reflecting on being bullied provokes more negative feelings.

多くの記憶はそれらと関連している何種類かの情動を有しています:あなたがちょうどビーチで過ごした一週間を思い出すことは、多分、あなたは幸せな気分になり、一方、いじめられたことを思うと、多くのネガティブな感情を誘発します。

A new study from MIT neuroscientists reveals the brain circuit that controls how memories become linked with positive or negative emotions. Furthermore, the researchers found that they could reverse the emotional association of specific memories by manipulating brain cells with optogenetics -- a technique that uses light to control neuron activity.

マサチューセッツ工科大学(MIT)神経科学者による新研究は、記憶がポジティブまたはネガティブな情動に如何にリンクすることを制御する脳回路を明らかにしています。さらに、研究者は、それらが光を使用して神経活動を制御する技術、光遺伝学で脳細胞を操作することによって情動的連関の特定記憶を反転させることが出来ることを発見しました。

MIT(Massachusetts Institute of Technology)マサチューセッツ工科大学
optogenetics光遺伝学

The findings, described in the Aug. 27 issue of Nature, demonstrated that a neuronal circuit connecting the hippocampus and the amygdala plays a critical role in associating emotion with memory. This circuit could offer a target for new drugs to help treat conditions such as post-traumatic stress disorder, the researchers say.

雑誌ネイチャーの8月27日号に記載の研究結果は、海馬と扁桃体を結ぶ神経回路が記憶に関連する情動で重要な役割を果たしていることを証明しました。この脳回路は、心的外傷後ストレス障害などの症状を治療する役立つ新薬のための標的を提供することができるだろう。

"In the future, one may be able to develop methods that help people to remember positive memories more strongly than negative ones," says Susumu Tonegawa, the Picower Professor of Biology and Neuroscience, director of the RIKEN-MIT Center for Neural Circuit Genetics at MIT's Picower Institute for Learning and Memory, and senior author of the paper.

「将来的には、人々がネガティブな記憶よりポジティブな記憶をより強く思い出すのに役立つ方法をヒトは開発できるだろうと生物学と神経科学のピカワー教授、MITピカワー学習・記憶研究所の理研-MIT神経回路遺伝学研究センター所長、および論文の筆頭著者、利根川進氏は述べています。

RIKEN-MIT Center for Neural Circuit Genetics 理研-MIT神経回路遺伝学研究センター
MIT's Picower Institute for Learning and Memory MITピカワー学習・記憶研究所、

The paper's lead authors are Roger Redondo, a Howard Hughes Medical Institute postdoc at MIT, and Joshua Kim, a graduate student in MIT's Department of Biology.

論文の筆頭著者は、MITのハワード・ヒューズ医療研究所ポストドクターRoger Redondo,、およびMIT生物学科の大学院生、Joshua Kim,です。

Shifting memories

記憶の移行

Memories are made of many elements, which are stored in different parts of the brain. A memory's context, including information about the location where the event took place, is stored in cells of the hippocampus, while emotions linked to that memory are found in the amygdala.

記憶は脳の異なる部位に記憶される多くの要素から構築されています。物事が発生した場所につての情報を含む記憶の文脈は海馬細胞に記憶され、一方、情動にリンクする感情は扁桃体でみられます。

memory's context 記憶の文脈

Previous research has shown that many aspects of memory, including emotional associations, are malleable. Psychotherapists have taken advantage of this to help patients suffering from depression and post-traumatic stress disorder, but the neural circuitry underlying such malleability is not known.

以前の研究では、情動連関を含む記憶の多くの側面は順応性があることを示しています。心理療法士は、うつ病および心的外傷後ストレス障害を患っている患者を助けるために、これを使用しているが、そのような順応性の基礎となる神経回路は知られていないです。

Malleability〈人・性質など〉柔順な,順応性のある

In this study, the researchers set out to explore that malleability with an experimental technique they recently devised that allows them to tag neurons that encode a specific memory, or engram. To achieve this, they label hippocampal cells that are turned on during memory formation with a light-sensitive protein called channelrhodopsin. From that point on, any time those cells are activated with light, the mice recall the memory encoded by that group of cells.

本研究で、研究者は、彼らが特定記憶、または記憶痕跡(エングラム)を符号化する神経にタグ付けることができる最近考案した技術を持って順応性を研究することに着手しました。これを達成するために、彼らは、チャネルロドプシンと呼ばれる光感受性タンパク質で記憶形成中にオンをする海馬細胞に標識を付けます。その時点から、いつでも、それらの細胞は光で活性化され、マウスはそれらの細胞群によって符号化された記憶を思い出します。

encode 符号化する
memory engram 記憶痕跡(エングラム)
light-sensitive protein 光感受性タンパク質
channelrhodopsin チャネルロドプシン

Last year, Tonegawa’s lab used this technique to implant, or “incept,” false memories in mice by reactivating engrams while the mice were undergoing a different experience.In the new study, the researchers wanted to investigate how the context of a memory becomes linked to a particular emotion.First, they used their engram-labeling protocol to tag neurons associated with either a rewarding experience (for male mice, socializing with a female mouse) or an unpleasant experience (a mild electrical shock). In this first set of experiments, the researchers labeled memory cells in a part of the hippocampus called the dentate gyrus.

昨年、利根川研究室では、異なる経験をしている間に記憶痕跡を再活性化することによって、マウスに過誤記憶を植え付けるまたは“取り入れる”ためにこの技術を用いた。新研究で、研究者は、記憶の文脈がどのように特定の情動にリンクするかの調査を望んでいた。まず、彼らは、報酬体験(雄マウスのために、雌マウスとの交流)または不快体験(軽度の電気ショック)のいずれかに関係する神経細胞にタグ付けするために記憶痕跡(エングラム)―標識プロトコルを用いた。実験のこの最初のセットで、研究者は歯状回と呼ばれる海馬の部位の記憶細胞に標識を付けた。

false memory過誤記憶
dentate gyrus 歯状回

Two days later, the mice were placed into a large rectangular arena.For three minutes, the researchers recorded which half of the arena the mice naturally preferred. Then, for mice that had received the fear conditioning, the researchers stimulated the labeled cells in the dentate gyrus with light whenever the mice went into the preferred side. The mice soon began avoiding that area, showing that the reactivation of the fear memory had been successful.

二日後、マウスは大きな長方形のアリーナに置かれた。3分間、研究者はマウスが好んだアリーナどの半分かを記録した。次に、恐怖条件付けされたマウスに対して、研究者は、マウスが好ましい側に行くたびに光で歯状回の標識された細胞を刺激した。まもなく、マウスはその領域を避け始めて、恐怖記憶の再活性化が成功したことを示した。

The reward memory could also be reactivated: For mice that were reward-conditioned, the researchers stimulated them with light whenever they went into the less-preferred side, and they soon began to spend more time there, recalling the pleasant memory.

報酬記憶は再活性化することができた。報酬条件づけされたマウスに対して、研究者は、マウスが好ましくない側に行くたびに光でそれらを刺激して、楽しい記憶を思い出して、彼らは、まもなく、そこで多くの時間を過ごした.

A couple of days later, the researchers tried to reverse the mice's emotional responses. For male mice that had originally received the fear conditioning, they activated the memory cells involved in the fear memory with light for 12 minutes while the mice spent time with female mice.For mice that had initially received the reward conditioning, memory cells were activated while they received mild electric shocks.

数日後に、研究者らは、マウスの情動的反応を反転することにした。もともと恐怖条件付された雄マウスのために、研究者はマウスが雌マウスと時間を過ごしているうちに、12分間、光で恐怖記憶に関与する記憶細胞を活性化した。最初に、報酬条件づけされたマウスに対して、軽度の電気ショックを受けているうちに記憶細胞は活性化した。

Next, the researchers again put the mice in the large two-zone arena. This time, the mice that had originally been conditioned with fear and had avoided the side of the chamber where their hippocampal cells were activated by the laser now began to spend more time in that side when their hippocampal cells were activated, showing that a pleasant association had replaced the fearful one. This reversal also took place in mice that went from reward to fear conditioning.

次に、研究者は、再び大きな2ゾーンの領域にマウスを置きます。この時間で、もともと恐怖で条件づけされていて、海馬細胞がレーザーによって活性化された部屋の側を避けていたマウスは、今や、海馬細胞が活性化されたときにその側でより多くの時間を過ごして、楽しい連関は恐怖を入れ替たことを示した。また、この逆転は報酬から恐怖条件づけしたマウスで起こった。

Altered connections

変容した結合

The researchers then performed the same set of experiments but labeled memory cells in the basolateral amygdala, a region involved in processing emotions. This time, they could not induce a switch by reactivating those cells -- the mice continued to behave as they had been conditioned when the memory cells were first labeled.

次に、研究者は、同一のセットの実験を行ったが、情動処理に関与する領域、基底外側扁桃体の記憶細胞に標識を付けた。今回は、彼らは、それらの細胞を再活性化することによってスイッチを誘発することができませんでした - マウスは記憶細胞が最初に標識を付けられたときの条件で引き続き行動した。

basolateral amygdala 扁桃体基底外側部

This suggests that emotional associations, also called valences, are encoded somewhere in the neural circuitry that connects the dentate gyrus to the amygdala, the researchers say. A fearful experience strengthens the connections between the hippocampal engram and fear-encoding cells in the amygdala, but that connection can be weakened later on as new connections are formed between the hippocampus and amygdala cells that encode positive associations.

これは、また、快の誘発度と呼ばれている情動連関が扁桃体に歯状回を結びつける神経回路のどこかで符号化されていますと研究者は述べています。恐怖体験は海馬の記憶痕跡(エングラム)と扁桃体の条件付された細胞との結びつきを強化するが、その結びつきは、新たな結びつきがポジティブな関連性を符号化する海馬と扁桃体細胞の間に形成されると、後に弱めることが出来きます。

Valence 快の誘発度
"That plasticity of the connection between the hippocampus and the amygdala plays a crucial role in the switching of the valence of the memory," Tonegawa says.

「海馬と扁桃体との結びつきの可塑性は記憶の快の誘発度に切り替えることにおいて重要な役割を果たしている」と利根川氏は述べています。

Plasticity 可塑性

These results indicate that while dentate gyrus cells are neutral with respect to emotion, individual amygdala cells are precommitted to encode fear or reward memory. The researchers are now trying to discover molecular signatures of these two types of amygdala cells. They are also investigating whether reactivating pleasant memories has any effect on depression, in hopes of identifying new targets for drugs to treat depression and post-traumatic stress disorder.

これらの結果は、歯状回細胞は情動に対して中立であって、個々の扁桃体細胞は、あらかじめ、恐怖または報酬記憶をコミットしています。研究者は、今や、扁桃体細胞のこれらの二つの分子指標の発見に努めています彼らは、うつ病や心的外傷後ストレス障害を治療するための薬剤のための新たな標的を同定することを期待して、楽しい記憶を再活性化することがうつ病にどんな効果があるかどうかを研究しています。

分子指標 molecular signature

David Anderson, a professor of biology at the California Institute of Technology, says the study makes an important contribution to neuroscientists' fundamental understanding of the brain and also has potential implications for treating mental illness.

David Anderson,〈カリフォルニア工科大学、生物学教授〉は、脳についての脳神経科学者の基本的理解への重要な貢献になり、また、精神病治療に対する潜在的意味を有していると述べています。

"This is a tour de force of modern molecular-biology-based methods for analyzing processes, such as learning and memory, at the neural-circuitry level. It's one of the most sophisticated studies of this type that I've seen," he says.

これは、神経回路レベルで学習や記憶などの分析プロセスに対する現代の分子生物学に基づいた方法の離れ業です。それは、私が見たこのタイプの最も洗練された研究の一つですと。彼は述べています。

The research was funded by the RIKEN Brain Science Institute, Howard Hughes Medical Institute, and the JPB Foundation.

研究は、理化学研究所脳科学総合研究センター、ハワード・ヒューズ医療研究所、およびRIKEN理研脳科学総合研究センター、ハワード・ヒューズ医療研究所、およびJPB財団から出資された

tour de force  離れ業、大手腕、力作

用語

情動 脳科学辞典より
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E6%83%85%E5%8B%95

感覚刺激への評価に基づく生理反応、行動反応、主観的情動体験から成る短期的反応のこと。中長期的にゆるやかに持続する強度の弱い気分(mood)とは区別される。情動は、齧歯類から共通する怒り・恐怖・不安から、霊長類に特徴的な高次の社会的感情までの多岐に渡り、思考や推論といった高次の認知過程にも影響しうる。情動の基盤となる神経回路は、扁桃体や視床下部をはじめ、島、腹内側前頭前野などの脳領域、および上向系の伝達経路より脳に入力される身体情報との関わりが注目されている

情動とは
1.生理反応(自律神経系、免疫系、内分泌系の反応)
2.行動反応(接近、回避、攻撃、表情、姿勢など)
3.主観的情動体験
 の3要素からなる。

海馬 - 脳科学辞典
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E6%B5%B7%E9%A6%AC

海馬は大脳側頭葉の内側部で側脳室下角底部に位置し、エピソード記憶等の顕在性記憶の形成に不可欠な皮質部位である(図1)。記憶形成に関与する側頭葉皮質部位には、嗅内野、傍海馬台、前海馬台、海馬台、海馬(アンモン角)、歯状回がある。また、海馬台、海馬、歯状回に、脳梁上部に位置し、中隔方向に連続する構造物である脳梁灰白層を加えて集合的に海馬体 (hippocampal formation) と呼ぶ。

扁桃体 情動の学習
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%81%E6%A1%83%E4%BD%93

ヒトを含む高等脊椎動物において、扁桃体は情動的な出来事に関連付けられる記憶の形成と貯蔵における主要な役割を担う。恐怖条件づけの際、感覚情報は扁桃体の基底外側複合体、特に外側核へと送られ、そこで刺激の記憶と関連付けられる

符号化 脳科学辞典より
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E7%AC%A6%E5%8F%B7%E5%8C%96

符号化(または記銘)は記憶の心理過程のひとつである。記憶は大きく分けて記銘・保持・想起の3つの過程から構成されていると考えられており、記銘は情報を取り込んで記憶情報として保持されるまでの「憶える」過程を指している。記銘は顕在的(記銘する意図がある:意図的記銘)にも潜在的(記銘する意図がない:偶発的記銘)にも起こるが、日常場面での記銘は、テスト勉強などの特殊な場合を除き、偶発的記銘が多い。

光遺伝学(optogenetics
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%A6

遺伝学(optogenetics、オプトジェネティクス)とは、神経回路機能を調べるため光学と遺伝学を融合した研究分野。脳神経系における情報処理を理解するため、哺乳類やその他の動物においてin vivoでのミリ秒単位の時間的精度をもった制御を特徴とする。

記憶の文脈依存 Context-dependency memory
http://sinrino.blog136.fc2.com/?mode=m&no=21

記憶の文脈依存とは、記銘(情報を覚えること)するときと、想起(覚えた情報を思い出すこと)するときの環境条件(文脈)が一致している場合のほうが、一致していない場合よりも記憶の再生成績が良いという現象をさす。

神経の可塑性(2)
1脳やシナプスの可塑性とは
http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject07/no12/html/section1.html

脳やシナプスの可塑性とは,様々ある入力に対して脳やシナプスが変化する性質である.

4記憶痕跡 (Engram)とシナプス可塑性
http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject07/no12/html/section4.html

記憶は,脳内にどのような形で蓄えられるのであろうか.現在信じられているのは,記憶の神経回路説である.

関連ブログ

どのようにトラウマ記憶は、脳内に隠れ、どのようにしてそれを取り出すか。Science dailyより
How traumatic memories hide in the brain, and how to retrieve them
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/04/science-daily-b.html

考えたこと
扁桃体に記録されているトラウマ記憶を変えることはできないが、海馬と扁桃体との結びつきには可塑性があるのでこれを変えることによってトラウマ記憶を思い出すことができなくなると思います。心理療法などはこのメカニズムを使用しているのかもしれません。このことは、アロマセラピーなど代替療法でポジティブな体験をすることは海馬と扁桃体との結びつきを変えて、トラウマなどから解放されるのかもしれない。

|

より以前の記事一覧