May 23, 2018

がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー

Frankincense Essential Oil as a Supportive Therapy for Cancer-Related Fatigue: A Case Study.

がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー

supportive therapy 支持療法
Cancer-Related Fatigue:がん関連疲労

PUBMEDより

Holist Nurs Pract. 2018 May/Jun;32(3):140-142. doi: 10.1097/HNP.0000000000000261.

holistic nursing practice journal :ホリスティック看護実践雑誌

Reis D1, Jones TT.
Author information
1
ProMedica Cancer Institute, Flower Hospital, Sylvania, Ohio (Ms Reis); and ProMedica, Toledo, Ohio (Ms Jones).

Abstract

要旨

Fatigue experienced by patients diagnosed with cancer can be debilitating and can be challenging to manage. The use of supportive therapies such as essential oils is gaining popularity among patients diagnosed with cancer.

がんと診断された患者が経験する疲労は衰弱する可能性があって、管理することが難しいことがあります。精油などの支持療法の使用はがんと診断された患者の間で人気を集めています。

This article describes one patient's experience using frankincense (Boswellia carterii) essential oil to help in the management of her fatigue. The topical application of the frankincense helped to take her fatigue from being barely able to lift her head to being able to do some basic activities of daily living.

この資料は、患者の疲労の管理に役立つフランキンセンス(Boswellia carterii)精油を使用して。ある患者の経験を記述します。フランキンセンス精油の局所塗布は疲労を取り除くことに役にたって、かろうじて頭を上げることができることから日常生活の幾つかの基本的活動ができることになった。


新発売精油

お徳用で限定販売
チャンパカ1mlAbs・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/514

タイムリナロール野生5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/517

サンダルウッド シャーマンアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/516

|

May 21, 2018

フランキンセンスおよびミルラは代謝プロフィルおよびMAPK(分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ)シグナル伝達経路の制御介して炎症を抑制する。

Frankincense and myrrh suppress inflammation via regulation of the metabolic profiling and the MAPK signaling pathway.

フランキンセンスおよびミルラは代謝プロフィルおよびMAPK(分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ)シグナル伝達経路の制御介して炎症を抑制する。

metabolic profiling 代謝プロフィル
MAPK(Mitogen-activated Protein Kinase):分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ

PUBMEDより

Sci Rep. 2015 Sep 2;5:13668. doi: 10.1038/srep13668.

Su S1,2, Duan J1,2, Chen T1,2, Huang X1,2, Shang E1,2, Yu L1,2, Wei K3, Zhu Y1,2, Guo J1,2, Guo S1,2, Liu P1,2, Qian D1,2, Tang Y1,2.

Author information

Abstract
要旨
Frankincense and myrrh are highly effective in treatment of inflammatory diseases, but lacking of the therapy mechanisms. We undertook this study to evaluate the effects on Adjuvant-induced Arthritis(AIA) rats and to explore the underlying mechanisms by analyzing the metabolic profiling and signaling pathway evaluated by expression of inflammatory cytokines, c-jun and c-fos and corresponding phosphorylation levels. [corrected].

フランキンセンスおよびミルラは炎症性疾患の治療に極めて有効であるが、治療メカニズムには欠けています。私たちは、この研究でアジュバント誘発性関節炎ラットへの効果の評価および炎症性サイトカイン、c-junタンパク質およびc-fosタンパク質および関連のリン酸化レベル(修正)の発現によって評価される代謝プロファイリングおよびシグナル伝達経路を分析することによって、根底にあるメカニズムを探求した。

c-junタンパク質(転写調節性DNA結合タンパク質)
c-Fosタンパク(転写調節性DNA結合タンパク質)
phosphorylation levels リン酸化レベル

The results stated the elevated expression levels of TNFα, PGE2, IL-2, NO, and MDA in serum and swelling paw of AIA rats were significantly decreased after treatment, which exerted more remarkable inhibitive effects of combined therapy. The metbolic profiling of plasma and urine were clearly improved and twenty-one potential biomarkers were identified.

結果は、アジュバント誘発性関節炎AIAラットの血清および腫脹肢における腫瘍壊死因子(TNFα)、プロスタグランジンE2、インターロイキン-2、一酸化窒素(NO、)、マロンジアルデヒド(MDA)が、処置後に有意に減少し、そのことは併用療法のより顕著な阻害効果を示したと述べた。血漿および尿の代謝プロファイリングが明らかに改善され、21の潜在的バイオマーカーが同定された。

Tumor Necrosis Factor:腫瘍壊死因子(TNF)
PGE2・Prostaglandin E2:プロスタグランジンE2 (炎症に関係する)
MDA(Malondialdehyde):マロンジアルデヒド(MDA)不飽和脂肪酸酸化検査キット
combined therapy 併用療法


Moreover, the inhibited effects of five bioactive components on cytokine transcription in PHA stimulated-PBMC showed the MAPK pathway might account for this phenomenon with considerable reduction in phosphorylated forms of all the three MAPK (ERK1/2, p38 and JNK) and down regulation of c-jun and c-fos.

さらに、受身赤血球凝集反応(PHA)刺激末梢血単核細胞(PBMC)におけるサイトカイン転写に対する5つの生理活性成分の阻害効果は、MAPK経路が全て3つのMAPK(ERK1 / 2経路、p38経路およびJNK経路)において全てのリン酸化形態の顕著な減少および c-junタンパク質とc-fosタンパク質のダウンレギュレーションを伴うこの現象を説明し得ることを示した。

bioactive components 生理活性成分
cytokine transcription サイトカイン転写
PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells):末梢血単核細胞
PHA(passive hemagglutination test.)受身赤血球凝集反応
固相化赤血球にウイルスを吸着させ、これに抗体を反応させ、凝集の有無により証明。
PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells):末梢血単核細胞
phosphorylated forms リン酸化型

用語

分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E8%A3%82%E4%BF%83%E9%80%B2%E5%9B%A0%E5%AD%90%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%8C%96%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BC

分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(ぶんれつそくしんいんしかっせいかタンパクしつキナーゼ、英: Mitogen-activated Protein Kinase、MAPK、EC 2.7.11.24)とはセリン/スレオニンキナーゼの一つであり、何らかの刺激(酸化ストレス、サイトカインなど)を受けて活性化される。全身の細胞に広く発現しており、様々な細胞の機能発現において重要な働きをしている。単にMAP(マップ)キナーゼと略して呼ばれることが多い。


マロンジアルデヒド(MDA)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/2365

Malondialdehyde(MDA)を比色法によって定量するキットです。MDAは不飽和脂肪酸の過酸化によって生じる主要な過酸化脂質で,細胞や組織における酸化ストレスのマーカーとして使用されています。

MAPKの3つを調べていた時に見つけて記事
東京大学医科学研究所 分子シグナル制御分野
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/dcsmm/DCSMM/naiyou-J.html

私達の研究室では、分子生物学、生化学や細胞生物学の研究手法を駆使し、細胞内情報伝達機構、特に細胞運命(増殖、分化、生存、死)の決定に最も重要なシグナル伝達システムである、MAPキナーゼ・カスケードの研究を行っています。 MAPキナーゼ・カスケードは、MAPKKK-MAPKK-MAPKという3種類の蛋白質リン酸化酵素(キナーゼ)によって構成されるシグナル伝達モジュールであり、出芽酵母からヒトに至る全ての真核生物に相同な分子が存在する細胞内情報伝達の根幹をなすシステムです。

 ヒトを代表とする哺乳類細胞には、ERK経路、p38経路、JNK経路という少なくとも3種類のMAPキナーゼ・カスケードが存在しますが、各経路の生理機能はそれぞれ異なることが知られています。

これら複数のMAPキナーゼ経路が正しく制御されることで、人体の恒常性が維持されていますが、MAPK経路に何らかの制御異常が起こってしまうと、癌、アレルギー・自己免疫疾患(関節リウマチ、喘息等)、糖尿病や神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病等)などの疾病になってしまうことが知られています。

考えたこと
また、難しい文献を訳してお知らせします。薬理効果のエビデンスを探すとなると書いてあることはとても理解するには大変です。今回はフランキンセンスとミルラの併用が炎症を抑制する効果を医学的に証明するためはこんなに門外漢にとっては難しくなるのです。精油にはいろんな作用があるのでそれらを暗記しよとします。ところがそれの作用機序になると説明することが出来なくなります。炎症の成り立ちによって非ステロイド炎症薬とステロイド炎症薬があるので、精油で炎症に良いのを選択するのには炎症のことを良く知らないと効果が薄れるかもしれません。それには精油の化学成分の炎症に対する作用機序を学ぶ必要があります。


新発売精油

お徳用で限定販売
チャンパカ1mlAbs・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/514

タイムリナロール野生5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/517

サンダルウッド シャーマンアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/516

|

May 15, 2018

β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与

Monoamine Involvement in the Antidepressant-Like Effect of β-Caryophyllene.

β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与

Monoamine モノアミン

PUBMEDより

CNS Neurol Disord Drug Targets. 2018 Apr 20. doi: 10.2174/1871527317666180420150249.

中枢神経系神経障害薬剤標的ジャーナル

Oliveira DR1, Silva DM1, Florentino IF1, de Brito A1, Fajemiroye JO1, Silva DPB1, da Rocha F2, Costa EA1, De Carvalho PG3.
Author information
1Federal University of Goias - Department of Pharmacology Goiania, Goias. Brazil.
2Departamento de Ciencias Fisiologicas, Instituto de Ciencias Biologicas e da Saude, Universidade Federal Rural do Rio de Janeiro, Seropedica, RJ. Brazil.
3Centro de Ciencias Biologicas e da Saude, Universidade Federal do Oeste da Bahia, Barreiras, BA. Brazil.

Abstract

要旨

This study was conducted to evaluate the antidepressant-like activity of sesquiterpene compound β-caryophyllene (BCP) for the possible contribution of the monoamine and hippocampal levels of brain-derived neurotrophic factor (BDNF). Male albino Swiss mice were subjected to the forced swimming test after acute treatment and to the tail suspension test after repeated treatment. Hippocampal levels of BDNF were assayed by enzyme-linked immunosorbent assay.

この研究は、脳由来神経栄養因子(BDNF)のモノアミンの可能な寄与および海馬レベルに対するセスキテルペン化合物β-カリオフィレン(BCP)の抗うつ薬様作用を評価するために行った。 雄アルビノスイスマウスは急性処置後急性処置後の強制水泳試験および反復処置後尾懸垂試験法を受けた。脳由来神経栄養因子(BDNF)の海馬レベルは酵素結合免疫吸着測定法よって化学分析された。

brain-derived neurotrophic factor (BDNF):脳由来神経栄養因子(BDNF)
Tail suspension test尾懸垂試験法
enzyme-linked immunosorbent assay 酵素結合免疫吸着測定法

The anti-immobility effect of BCP was reverted by pretreatment with inhibitor of catecholamines α-methyl-p-tyrosine (100 mg/kg, i.p.), α-adrenergic antagonist yohimbine (1 mg/kg, i.p.), and β-adrenergic antagonist propranolol (2 mg/kg, i.p.), but not by pretreatment with either α1-adrenergic antagonist prazosin (1 mg/kg, i.p.) or 5-HT1A antagonist NAN-190 (0.5 mg/kg, i.p.), thereby suggesting the involvement of the catecholaminergic system, but not of the 5-HT1A serotonergic receptor, in BCP's antidepressive-like activity. Furthermore, BCP increased BDNF levels in the hippocampus after 14 d of treatment. No treatments in this study altered locomotor activity in the open field test.

β-カリオフィレン(BCP)の抗不動作用は、カテコールアミンα‐メチル‐p‐チロシンの阻害剤、α-アドレナリン遮断薬ヨヒンビン(1 mg/kg, 腹腔内)およびβ-アドレナリン受容体遮断薬プロプラノロールの事前処理よってもとにもどったが、α1-アドレナリン受容体遮断プラゾシンおよびセロトニン受容体拮抗薬NAN-190の前処理では元に戻らなくて、ゆえに、このことはβ-カリオフィレンの抗うつ薬様作用においてセロトニン受容体の関与でなくて、カテコールアミン系の関与を示唆した。さらに、β-カリオフィレン(BCP)は14日治療後海馬の脳由来神経栄養因子(BDNF)を増加させた。この研究での無治療はオープンフィールド試験において自発運動性活性を変化させた。

anti-immobility effect:抗不動効果
catecholamine カテコールアミン
α-methyl-p-tyrosine α‐メチル‐p‐チロシン(メチロシン)
5-HT1A antagonist:セロトニン受容体拮抗薬
セロトニン受容体(セロトニンじゅようたい、英: Serotonin receptor、5-HT receptor)は主に中枢神経系にある受容体の一群である。

α-adrenergic antagonist α-アドレナリン受容体遮断薬
β-adrenergic antagonist β-アドレナリン受容体拮抗薬
NAN-190:選択的5-HTIA受容体拮抗薬
the open field test:オープンフィールド試験(動物の不安関連行動の評価法)
locomotor activity:自発運動活性

This study provides a new mechanism of BCP-induced antidepressant-like effect mediated by the central catecholaminergic neurotransmitter system that could be a candidate for clinical tests of new treatments for depressive disorders.

この研究は、うつ病性障害の新しい治療法の臨床試験の候補となりうる中枢のカテコールアミン性神経伝達物質系によって媒介されるβ-カリオフィレン(BCP)誘発の抗うつ薬様効果の新しいメカニズムを提供する。

catecholaminergic neurotransmitter  カテコールアミン神経伝達物質
depressive disorders.:うつ病性障害

KEYWORDS: β-caryophyllene; Antidepressant-like effect; behavioral test

キーワード:β-カリオフィレン、抗うつ薬様効果、行動試験

用語

モノアミン
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3

モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの神経伝達物質の総称である。いずれの神経伝達物質も一つのアミノ基が2つの炭素鎖により芳香環につながる化学構造を有する。霊長類、齧歯類ではモノアミン含有神経細胞の細胞体は脳幹部にあり、ほぼ脳全体に神経軸索を投射するため、モノアミン神経系(モノアミン系)は広汎投射神経系としての特徴を有する


尾懸垂試験法 (Tail suspension test) 星薬科大学 薬物治療学教室
http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/chiryou/kyoushitsu/utsu.html

マウスの尾にテープを貼り付け、そのテープに穴を開けて懸垂用のフックに掛けます。逆さ釣りの状態をマウスは嫌がるので初めは暴れますが、次第にあきらめて無動となります。この状態を"絶望状態"と呼び、10分間中の無動であった時間(無動化時間)を計測します。抗うつ薬は無動化時間を短縮させる(絶望状態にさせない)効果があるので、抗うつ薬のスクリーニング法として用いられています。

プロプラノロール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

プロプラノロール(英: propranolol)は、β1受容体とβ2受容体を遮断する、アドレナリン作動性効果遮断薬の1つである。経口投与ではほぼ全量が吸収されるものの、肝臓で大部分が分解される初回通過効果の大きな薬剤である。

プラゾシン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BE%E3%82%B7%E3%83%B3

プラゾシン(Prazosin)は、高血圧や前立腺肥大症の治療に用いられる交感神経遮断薬の一つである。商品名ミニプレス。外国では、不安、PTSD、パニック障害の軽減にも用いられる。交感神経α受容体遮断薬に分類され、α1受容体に特異的に作用する。α1受容体は血管平滑筋(英語版)に存在し、ノルアドレナリンの作用の一つである血管収縮(英語版)作用を司っている。α1受容体は中枢神経系にも存在する[1]。

カテコールアミン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3

カテコールアミン (Catecholamine) とは、一般にチロシンから誘導された、カテコールとアミンを有する化学種である。レボドパや多くの神経伝達物質等(ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン)及び関連薬物の基本骨格になっている。カテコラミンとも呼ばれる。

小野薬品 チロシン水酸化酵素阻害薬メチロシンを国内申請 開発公募品
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/60819/Default.aspx

メチロシンは、カテコールアミンの産生に関わるチロシン水酸化酵素を阻害することで、その産生を抑制し、カテコールアミンによる高血圧などの循環器症状を軽減する薬剤であり、交感神経遮断薬などでは症状が十分にコントロールできなくなった患者に対して併用されます。


関連する本の紹介

香り新書3
脳に効く香りー精油の効果をモノアミンで考えるー 
鳥居伸一郎著 フレグランスジャーナル社


思いつたこと
今回の文献の翻訳は薬のことが沢山出てきて翻訳が大変でした。そのぶん読みにくいかと思います。一般的にβ-カリオフィレンはカンナビノイド受容体タイプ2(CB2)に結合して抗炎症作用・鎮痛作用を発生させるものと思っていましたが、ここで抗うつ薬様効果もあることを知りました。薬の作用機序を知ることは重要であることで、作用機序が解れば精油の化学成分で置き換えることができないかと思いました。その意味で化学成分と受容体との関係がたいせつになってくるかと思いました。この文献は難しいけどβ-カリオフィレンに抗うつ薬様効果がることが知れたのは収穫です。


新発売精油

カシス(ブラックカラント)Abs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/511

フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/172

マンダリンルージュ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/512

アースソイルアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/508

オポパナックス(スイートミルラ)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/307

ピンクペッパー5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/510

|

April 14, 2018

実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用

Anti-Inflammatory Effects of the Essential Oils of Ginger (Zingiber officinale Roscoe) in Experimental Rheumatoid Arthritis.

実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用

rheumatoid arthritis 関節リウマチ

PUBMEDより

PharmaNutrition. 2016 Jul;4(3):123-131. Epub 2016 Jun 4.

Funk JL1, Frye JB1, Oyarzo JN1, Chen J1, Zhang H2, Timmermann BN2.
Author information
1
Department of Medicine, The University of Arizona, Tucson, AZ, USA.

アリゾナ大学、医学部、ツーソン、アリゾナ州
2
Department of Medicinal Chemistry, School of Pharmacy, The University of Kansas, Lawrence, KS, USA.

カンザス大学、薬学部、医薬品化学科

Abstract

要旨

Ginger and its extracts have been used traditionally as anti-inflammatory remedies, with a particular focus on the medicinal properties of its phenolic secondary metabolites, the gingerols. Consistent with these uses, potent anti-arthritic effects of gingerol-containing extracts were previously demonstrated by our laboratory using an experimental model of rheumatoid arthritis, streptococcal cell wall (SCW)-induced arthritis.

ジンジャーおよびその抽出物は抗炎症治療として伝統的に使用されてきて、特に、そのフェノール系の二次代謝産物・ジンゲロールの薬効成分に焦点があてられた。これらの使用と一致して、ジンゲロール含有の抽出物の抗関節炎効果は、連鎖球菌細胞壁(SCW)誘発関節炎、
リウマチ関節炎の実験モデルによって研究室で以前に実証された。

secondary metabolites 二次代謝産物
medicinal properties 薬効成分
anti-arthritic effects 抗関節炎効果
streptococcal 連鎖球菌

In this study, anti-inflammatory effects of ginger's other secondary metabolites, the essential oils (GEO), which contain terpenes with reported phytoestrogenic activity, were assessed in female Lewis rats with SCW-induced arthritis. GEO (28 mg/kg/d ip) prevented chronic joint inflammation, but altered neither the initial acute phase of joint swelling nor granuloma formation at sites of SCW deposition in liver. Pharmacologic doses of 17-β estradiol (200 or 600 μg/kg/d sc) elicited the same pattern of anti-inflammatory activity, suggesting that GEO could be acting as a phytoestrogen.

この研究で、報告されている植物エストロゲン作用のあるテルペンを含有するジンジャー精油(GEO)、ジンジャーの他の2次代謝物の抗炎症作用が連鎖球菌細胞壁(SCW)誘発関節炎の雌のLewisラットで評価された。ジンジャー精油GEO(28 mg/kg/d ip)は慢性関節炎症を予防したが、初期急性期の関節腫脹も肝臓におけるSCW沈着部位での肉芽腫形成も変化しなかった。17-βエストラジオール(200または600μg/ kg / d sc)の薬理学的用量は抗炎症作用の同じパターンを誘発し、ジンジャー精油(GEO)が植物エストロゲンとして作用し得ることを示唆した。

phytoestrogenic activity 植物エストロゲン作用
initial acute phase 初期急性期
joint swelling 関節腫脹
granuloma 肉芽種

However, contrary to this hypothesis, GEO had no in vivo effect on classic estrogen target organs, such as uterus or bone. En toto, these results suggest that ginger's anti-inflammatory properties are not limited to the frequently studied phenolics, but may be attributable to the combined effects of both secondary metabolites, the pungent-tasting gingerols and as well as its aromatic essential oils.

しかしながら、この仮説に反して、ジンジャー精油(GEO)は、子宮または骨などの古典的エストロゲン標的器官にインビボで影響を及ぼさなかった。全部で、これらの結果は、ジンジャーの抗炎症特性は頻繁に研究されるフェノールに限定されないことを示唆しているが、二次代謝産物、辛味味を感じるジンゲロールおよびその芳香族精油の両方の効果に起因する可能性がある。

KEYWORDS:

キーワード

arthritis; essential oil; estradiol; estrogen; ginger; gingerol; inflammation; mice; phytoestrogen; rats

関節炎、精油、エストラジオール、エストロゲン、ジンジャー、ジンゲロール、炎症、植物エストロゲン、ラット

精油のお求めは下記にて

ジンジャーCO2-se5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/492

|

January 21, 2018

ラベンダー、レモン、ベルガモットなどの精油がストレス、不安、うつ病、および他の気分障害を緩和

 

精油吸入→嗅覚系→脳を刺激→神経伝達物質・セルトニンやドーパミン誘発→気分調節

 

 

 

Aromatherapy and the central nerve system (CNS): therapeutic mechanism and its associated genes.

アロマセラピーおよび中枢神経(CNS):治療メカニズムおよびその関連遺伝子

PUBMED
より

Curr Drug Targets. 2013 Jul;14(8):872-9.

Lv XN1, Liu ZJ, Zhang HJ, Tzeng CM.

Author information

1Translational Medicine Research Center, School of Pharmaceutical Sciences, Xiamen University, Xiamen, Fujian, China.

厦門大学(あもいだいがく)、薬学部、トランスレーショナル医療研究センター、

Abstract

要旨

Molecular medical research on aromatherapy has been steadily increasing for use as an adjuvant therapy in managing psychiatric disorders and to examine its therapeutic mechanisms. Most studies, as well as clinically applied experience, have indicated that various essential oils, such as lavender, lemon and bergamot can help to relieve stress, anxiety, depression and other mood disorders.Most notably, inhalation of essential oils can communicate signals to the olfactory system and stimulate the brain to exert neurotransmitters (e.g. serotonin and dopamine) thereby further regulating mood.

アロマテラピーに関する分子医学研究は、精神障害の管理における補助療法としての使用およびその治療メカニズムの研究のために、アロマテラピーに関する分子医学研究は着実に増加しています。多くの研究、同様に臨床的応用経験は、ラベンダー、レモン、ベルガモットなどの様々な精油がストレス、不安、うつ病、および他の気分障害を緩和するのに役立つことが出来ることを示していた。最も重要なことに、精油の吸入は、嗅覚系に信号を伝達し、脳を刺激して、神経伝達物質(例えば、セルトニンおよびドーパミンに及び、それによって気分をさらに調節することができる)

psychiatric disorders
精神障害
adjuvant therapy
補助療法
therapeutic mechanisms.
治療メカニズム

However, little research has been done on the molecular mechanisms underlying these effects, thus their mechanism of action remains ambiguous. Several hypotheses have been proposed regarding the therapeutic mechanism of depression. These have mainly centered on possible deficiencies in monoamines, neurotrophins, the neuroendocrine system, c-AMP, cation channels as well as neuroimmune interactions and epigenetics, however the precise mechanism or mechanisms related to depression have yet to be elucidated.

しかし、これらの作用の根底にある分子メカニズムについてはほとんど研究されておらず、その作用機序はあいまいである。うつ病の治療メカニズムに関していくつかの仮説が提唱されている。これらは主に、モノアミン、ニューロトロフィン、神経内分泌系、c-AMP、カチオンチャネルならびに神経免疫相互作用およびエピジェネティクスの欠陥の可能性に焦点をおいているが、うつ病に関する正確なメカニズムまたはメカニズムはまだ解明されていない。

ambiguous
 あいまい
neuroimmune interaction
神経免疫相互作用

In the current study, the effectiveness of aromatherapy for alleviating psychiatric disorders was examined using data collected from previously published studies and our unpublished data. A possible signaling pathway from olfactory system to the central nerve system and the associated key molecular elements of aromatherapy are also proposed.

今回の研究では、以前発表された研究および未発表データから収集されたデータを用いて、精神障害を緩和するためのアロマセラピー有効性は調べられた。嗅覚系から中枢神経系への可能なシグナル伝達経路および関連するアロマテラピーの主要分子成分もまた提案されている。

molecular elements
分子成分

用語

Science Translational Medicine
http://www.sciencemag.org/site/misc/ScienceTranslationalMedicine_InformationSheet_Japanese.pdf

トランスレーショナル医療(Translational Medicine)とは、研究室での基礎研究成果を実際の臨床の場に応用する過程をいい、多数の学問分野にわたる協力が必要な、科学において重要な新分野です。

モノアミン仮説 脳科学辞典
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E4%BB%AE%E8%AA%AC

 


モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの神経伝達物質の総称である。そのうち、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンは精神疾患と密接な関連があることが示唆されており、気分障害、不安障害、統合失調症に関する仮説が提案されている。いずれの仮説も治療薬の作用機序から患者脳内におけるモノアミンの異常を推定しているという共通点を有する。

脳の栄養因子ニューロトロフィン
http://lifeorder-lab.com/archives/3231

 


ニューロンの生存および成長には、それを可能にする栄養因子(タンパク質)が必要です。そういった栄養因子を総称してニューロトロフィンといい、ニューロンが支配する筋、その他の構造やアストロサイトによって産生されます。

これらはニューロン終末の受容体と結合し、細胞内へ取り込まれ、次いで逆行性軸索輸送によって細胞体へ運ばれます。細胞体で、これらニューロトロフィンは、ニューロンの発育、成長、生存に関与するタンパク質の産生を促進させます。また、ニューロトロフィンはニューロン内でも作られ、これは順行性に終末まで輸送され、そこでシナプス後ニューロンの健全性を維持しています。

ニューロトロフィンの中には、神経成長因子(nerve growth factor : NGF)、脳由来神経栄養因子(brain derived neurotrophic factor : BDNF)ニューロトロフィン3neurotrophin3 : NT-3)ニューロトロフィン4/5neurotrophin4/5 NT-4/5)などがあります

モノアミン酸化酵素阻害薬
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%85%B5%E7%B4%A0%E9%98%BB%E5%AE%B3%E8%96%AC

 


モノアミン酸化酵素阻害薬(-さんかこうそそがいやく、英:Monoamine oxidase inhibitorMAOI)は、モノアミン酸化酵素の働きを阻害することによって、モノアミン神経伝達物質として総称される脳内のドーパミンやセロトニンのような物質を分解されないようにする薬剤の総称である。MAO阻害薬とも呼ばれる。抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として用いられる。日本では、過去に抗うつ薬にも使われたが、現在では抗パーキンソン病薬として使われる。国外では抗うつ薬としても使われる。

副作用として、最終的に体内でドーパミンとなる食品中のチラミンとの相互作用によって、致命的な高血圧や重い肝障害が生じる。そのため、食事の管理が徹底される必要がある。また、薬物間の相互作用も同様であり、ドーパミンの放出を促進する薬物には注意が必要である。さらにセロトニンの再取り込みを阻害する多くの抗うつ薬もセロトニン症候群を起こしうる。

 

 

 

|

December 13, 2017

ヒト骨髄性白血病における異所性に発現した嗅覚受容体2AT4の機能的特性解析

海外の記事を読んでいると嗅覚受容体が鼻だけではなくて、血液、心臓および肺の細胞、大腸がん細胞および表皮ケラチノサイトにも嗅覚受容体があることを知りました。香りの化学成分がこの嗅覚受容体に作用して薬理効果を発現することの文献が増えています。

Functional characterization of the ectopically expressed olfactory receptor 2AT4 in human myelogenous leukemia.

ヒト骨髄性白血病における異所性に発現した嗅覚受容体2AT4の機能的特性解析

Functional characterization 機能的特性解析
myelogenous leukemia 骨髄性白血病

PUBMEDより

Cell Death Discov. 2016 Jan 25;2:15070. doi: 10.1038/cddiscovery.2015.70. eCollection 2016.

Manteniotis S1, Wojcik S1, Brauhoff P1, Möllmann M2, Petersen L3, Göthert JR2, Schmiegel W3, Dührsen U2, Gisselmann G1, Hatt H1.

Author information
1
Department of Cell Physiology, Ruhr-University Bochum , Bochum, Germany.

ドイツ、ルール大学ボーフム、細胞生理学部
2
Department of Hematology, University Hospital Essen , Essen, Germany.

ドイツ・エッセン大学病院、血液科
3
Department of Hematology, University Hospital Knappschaftskrankenhaus Bochum , Bochum, Germany.

ドイツ、ボーフム大学病院、血液科

Abstract

要旨

The olfactory receptor (OR) family was found to be expressed mainly in the nasal epithelium. In the last two decades members of the OR family were detected to be functional expressed in different parts of the human body such as in liver, prostate or intestine cancer cells.

嗅覚受容体(OR)ファミリーは、主として鼻粘膜上皮において発現されることが判明された。過去20年間に、ORファミリーのメンバーは、肝臓、前立腺または腸の癌細胞のような人体の異なる部位で機能的に発現することが検出された。

nasal epithelium 鼻粘膜上皮
Here, we detected the expression of several ORs in the human chronic myelogenous leukemia (CML) cell line K562 and in white blood cells of clinically diagnosed acute myeloid leukemia (AML) patients by RT-PCR and next-generation sequencing. With calcium-imaging, we characterized in greater detail the cell biological role of one OR (OR2AT4) in leukemia.

ここで、私たちは、ヒト慢性骨髄性白血病(CML)細胞株K562および逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)および次世代シーケンス(NGS)によって急性骨髄性白血病(AML)であると臨床的に診断された患者の白血球に幾つかの嗅覚受容体(OR)の発現を検出した。カルシウムイメージングでは、私たちは、白血病における1つの嗅覚受容体(OR2AT4)の細胞生物学的役割をより詳細に特徴付けた。

RT-PCR(Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction, RT-PCR)
逆転写ポリメラーゼ連鎖反応
next-generation sequencing  次世代シーケンス技術(NGS)
calcium-imaging カルシウムイメージング(蛍光色素を用いて細胞質カルシウム濃度を定量化する技術)

In both cell systems, the OR2AT4 agonist Sandalore-evoked strong Ca(2+) influx via the adenylate cyclase-cAMP-mediated pathway. The OR2AT4 antagonist Phenirat prevented the Sandalore-induced intracellular Ca(2+) increase. Western blot and flow cytometric experiments revealed that stimulation of OR2AT4 reduced the proliferation by decreasing p38-MAPK phosphorylation and induced apoptosis via phosphorylation of p44/42-MAPK.

両方の細胞系において、OR2AT4アゴニスト(作動薬)サンダロールは、アデニル酸シクラーゼ・サイクリックAMP介在経路を介して強いカルシウムCa(2+)流入を誘発した。OR2AT4アンタゴニスト(拮抗薬)Phenirat芳香剤はサンダロール誘発の細胞内カルシウムCa(2+)流入増加を防いだ。ウエスタンブロット法および流量血球計算実験は、嗅覚受容体(OR2AT4)の刺激がp38分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼリン酸化を減少させることによって増殖を減少させ、p44/42-分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼリン酸化を介してアポトーシス(細胞死)を誘発することを明らかにした。

Western blot:ウエスタンブロット法
flow cytometric 流量血球計算
p38-MAPK p38分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ

Furthermore, Sandalore increased the number of hemoglobin-containing cells in culture.We described for the first time an OR-mediated pathway in CML and AML that can regulate proliferation, apoptosis and differentiation after activation. This mechanism offers novel therapeutic options for the treatment of AML.

さらに、サンダロールは培養物中のヘモグロビン含有細胞の数を増加させた。私たちは、活性化後に増殖、アポトーシスおよび分化を調節することができる慢性骨髄性白血病(CML)および急性骨髄性白血病(AML)における嗅覚受容体(OR)媒介経路を初めて説明した。このメカニズムは、急性骨髄性白血病(AML)の治療のための新規治療選択肢を提供する。

hemoglobin-containing cells ヘモクロビン含有細胞

用語
逆転写ポリメラーゼ連鎖反応
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E8%BB%A2%E5%86%99%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BC%E9%80%A3%E9%8E%96%E5%8F%8D%E5%BF%9C

逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(ぎゃくてんしゃポリメラーゼれんさはんのう、Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction, RT-PCR)とは、RNA を鋳型に逆転写を行い、生成された cDNA に対して PCR を行う方法である。
PCR法では鋳型となる DNA にプライマーを付着させ、DNAポリメラーゼによって目的のプライマー配列にはさまれる DNA を特異的に検出する。PCR法は DNA の検出に用いることは可能であるが、RNA の検出をすることができない。そこで、RNA を逆転写によって cDNA に変換し、その cDNA に対して PCR法を行う。

次世代シーケンサーとは

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/word/15/327920/040400013/?ST=health

2000年半ばに米国で登場した、遺伝子の塩基配列を高速に読み出せる装置を「次世代シーケンサー(Next Generation Sequencer:NGS)」と呼ぶ。塩基配列を並列に読み出せるDNA断片数が、従来のDNAシーケンサーに比べて桁違いに多い。このため、ゲノム(遺伝情報)を圧倒的に低いコストと短い時間で解析することを可能にする。DNAシーケンサー最大手の米Illumina社が開発を牽引してきた。

サイクリックAMP
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AFAMP

サイクリックAMPは環状ヌクレオチドの一種で、細胞外リガンドに応じた細胞の多種多様な生理的応答を媒介する代表的な細胞内情報伝達物質(セカンドメッセンジャー)の一つである(図1)。細胞質においてアデニル酸シクラーゼ(adenylyl cyclase; AC)の働きによりアデノシン三リン酸(adenosine triphosphate; ATP)から合成され、環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼ(cyclic nucleotide phosphodiesterase; PDE)の働きにより速やかに分解されてアデノシン5'-リン酸(5'-AMP)となる。サイクリックAMPは、分化、生存、極性形成、突起伸長、軸索ガイダンス、軸索再生、シナプス伝達、シナプス可塑性、ホルモン分泌など多種多彩な過程に関与する。

Pheniratを調べていたら下記の文献に出会いました。
2017-518324号 創傷治癒を促進するための薬剤 - astamuse
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4TSJH_jaJP685JP686&ei=lP0oWp6lC8HA0gTii5OYCA&q=Phenirat%E3%80%80%E8%96%AC&oq=Phenirat%E3%80%80%E8%96%AC&gs_l=psy-ab.3...6163.9702.0.10887.8.8.0.0.0.0.464.1301.0j5j4-1.6.0....0...1c.1j4.64.psy-ab..2.1.175...0i30k1.0.6uq63cT3Y70

下記はGoogle検索で一番下に出ていました。

2017/07/06 - 芳香剤は受容体を活性するのみならず、ORの拮抗薬としての働きも有する。カルシウムイメージング技術を使用し、サンダロール(登録商標)との同時適用において、オキシフェニロン(登録商標)及びPheniratの芳香剤は、サンダロール(登録商標)誘発されたカルシウムシグナルを顕著に低下させる拮抗薬として特定された(割合は1:1、1mMである)。同時適用において、サンダロール(登録商標)誘発されたカルシウムシグナルに影響を与えないジメトール芳香剤は、コントロールのために使用された。

ウエスタンブロット法
https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E6%B3%95-438597

タンパク質の検出法で,電気泳動後,特異抗体や特異的リガンドを用いて,目的とする特定のタンパク質を検出する方法.

関連ブログ

表皮ケラチノサイトにサンダルウッドの香りに対する嗅覚受容体発見 Science dailyより
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/post-8448.html

Olfactory receptors in the skin: Sandalwood scent facilitates wound healing, skin regeneration
皮膚の嗅覚受容体:サンダルウッドの香りは創傷治癒、皮膚再生を促進する


血液、心臓および肺の細胞にも鼻と同じ嗅覚受容体がある。
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/post-8448.html

Do Cells in the Blood, Heart and Lungs Smell the Food We Eat?
血液、心臓および肺の細胞は私たちが食べた食品の匂いを嗅ぎますか?

|

December 02, 2017

無髄の触覚求心性神経信号のタッチは島皮質に投影する。

前回もタッチの文献を翻訳しました。今回もそれの続きになります。

秒速3-10 センチの速さでなでる「心地よさ」の評価が最大になると下記の日本語文献で紹介されていた。島皮質は痛みの体験や喜怒哀楽や不快感、恐怖などの基礎的な感情の体験に重要な役割をはたしています。タッチは島皮質に投影するので気分改善役に立つのだと思いました。

Unmyelinated tactile afferents signal touch and project to insular cortex.

無髄の触覚求心性神経信号のタッチは島皮質に投影する。

tactile afferents: 触覚求心性神経
insular cortex 島皮質

Olausson H1, Lamarre Y, Backlund H, Morin C, Wallin BG, Starck G, Ekholm S, Strigo I, Worsley K, Vallbo AB, Bushnell MC.
Author information
1
Department of Clinical Neurophysiology, Sahlgrenska University Hospital, S-413 45 Göteborg, Sweden.

Abstract

要旨

There is dual tactile innervation of the human hairy skin: in addition to fast-conducting myelinated afferent fibers, there is a system of slow-conducting unmyelinated (C) afferents that respond to light touch. In a unique patient lacking large myelinated afferents, we found that activation of C tactile (CT) afferents produced a faint sensation of pleasant touch.

ヒトの有毛皮膚には二重の触覚神経支配があります。高速伝導性有髄求心性線維に加えて、軽いタッチに反応する低速伝導性無髄求心性神経線維があります。多くの有髄求心性神経線維が欠損している特異な患者において、私たちは、C触覚(CT)求心性神経の活性化が軽やかなタッチのほのかな感覚を産生したことを発見した。

Functional magnetic resonance imaging (fMRI) analysis during CT stimulation showed activation of the insular region, but not of somatosensory areas S1 and S2. These findings identify CT as a system for limbic touch that may underlie emotional, hormonal and affiliative responses to caress-like, skin-to-skin contact between individuals.

触覚求心性神経(CT)の刺激中の機能的磁気共鳴イメージング(fMRI)分析は、領域の活性化を示したが第一および第二の体性感覚野の活性化は示さなかった。これらの研究結果は、触覚求心性神経(CT)を個人間の愛撫のような皮膚と皮膚との接触に対する情動的、ホルモン的および親和的反応の基礎となる辺縁系タッチのシステムとして同定しています。

somatosensory areas 体性感覚野

参考文献

Unmyelinated tactile afferentsを調べていた時に見つけました。

手の動きと結びついた触質感認知の研究

Tactile perception of material surfaces related to hand movements

https://kaigi.org/jsai/webprogram/2017/pdf/712.pdf

この3-10 cm/sec の速さで実験参加者の腕を筆でなぞったときに、実験参加者のなぞりに対する「心地よさ」の評価が最大になることも知られていることから[Löken 2009]、親しい人とのスキンシップと関連する手の動きと考えられる。また、C-tactileafferent という有毛部の機械受容器の応答も同じなぞり速さにおいて最大になることが知られており[Löken 2009] 、C-tactileafferent が手のなぞり動作と心地よさの評価を結びつけていると予想される。


島皮質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%9A%AE%E8%B3%AA

島皮質(とうひしつ、羅: insula、独: Inselrinde、英: insular cortex)は大脳皮質の一領域。脳葉のひとつとして島葉(insular lobe)と呼ばれたり、脳回の一つとして島回(insular gyrus)と呼ばれたりする。

情動における役割 (辺縁系との関係)[編集]

機能的に言えば、島皮質は収束した情報を処理することで、感覚的な体験のための情動に関連した文脈情報を生み出す。より具体的に言えば、島皮質前部は嗅覚、味覚、内臓自律系、及び辺縁系の機能により強く関わり、島皮質後部は聴覚、体性感覚、骨格運動とより強く関わっている。機能的核磁気共鳴画像法 (fMRI) による研究によって、島皮質は痛みの体験や喜怒哀楽や不快感、恐怖などの基礎的な感情の体験に重要な役割を持つことが示された。

脳機能イメージングによって島皮質と、食べ物や薬物に対する渇望などの意識的な欲望との関連が示唆されている。これらの感情に共通することとして、これらが身体の状態を変化させる点と、高い主観的特性と関連付けられる点がある。島皮質は身体状態に関連する情報を、高次認知と情動の処理に統合する役割を持つと位置付けられる。島皮質は視床を介して恒常性に関する求心性の経路から入力を受け、扁桃体や線条体腹側部や、前頭眼窩野などの、他の多くの辺縁系に関連した領域に出力する。

核磁気共鳴画像法 (MRI) による研究において、瞑想する人は右の島皮質後部が有意に厚いことが示されている[3]。

|

November 21, 2017

C-触覚求心性神経:親和的触覚相互作用中にオキシトシン放出の皮膚メディエーター?

C-tactile afferents: Cutaneous mediators of oxytocin release during affiliative tactile interactions?

C-触覚求心性神経:親和的触覚相互作用中にオキシトシン放出の皮膚メディエーター?

PUBMEDより

Walker SC1, Trotter PD2, Swaney WT2, Marshall A3, Mcglone FP4.

Author information

1Research Centre for Brain & Behaviour, School of Natural Sciences & Psychology, Liverpool John Moores University, Liverpool L3 3AF, UK.. E

2.Research Centre for Brain & Behaviour, School of Natural Sciences & Psychology, Liverpool John Moores University, Liverpool L3 3AF, UK.

3.Research Centre for Brain & Behaviour, School of Natural Sciences & Psychology, Liverpool John Moores University, Liverpool L3 3AF, UK.; Department of Clinical Neurophysiology, Salford Royal NHS Foundation Trust, Salford M6 8HD, UK.

4.Research Centre for Brain & Behaviour, School of Natural Sciences & Psychology, Liverpool John Moores University, Liverpool L3 3AF, UK.; Institute of Psychology, Health and Society, University of Liverpool, UK.

Abstract

要旨

Low intensity, non-noxious, stimulation of cutaneous somatosensory nerves has been shown to trigger oxytocin release and is associated with increased social motivation, plus reduced physiological and behavioural reactivity to stressors. However, to date, little attention has been paid to the specific nature of the mechanosensory nerves which mediate these effects.

重くなく、有害でない皮膚体性感覚神経の刺激は、オキシトシン放出を引き起こすことが示されていて、社会的動機づけの増加、プラス、ストレッサーに対する生理的および行動的反応性の低下に関連する。しかし、今日まで、これらの作用を媒介する機械刺激神経の特異性にはほとんど注意が払われていなかった。

somatosensory nerves 体性感覚神経
social motivation 社会的動機づけ
behavioral reactivity 行動反応性
mechanosensory 機械刺激
specific nature 特異性

In recent years, the neuroscientific study of human skin nerves (microneurography studies on single peripheral nerve fibres) has led to the identification and characterisation of a class of touch sensitive nerve fibres named C-tactile afferents. Neither itch nor pain receptive, these unmyelinated, low threshold mechanoreceptors, found only in hairy skin, respond optimally to low force/velocity stroking touch.

近年、ヒト皮膚神経の神経科学的研究(単一末梢神経線維に関する微小神経電図法研究)により、C-触覚求心性神経と呼ばれる一種の触覚感覚神経線維の同定および特徴付に結びついた。有毛皮膚だけにみられるかゆみも痛みも受容しない、これらの無髄化された低閾値機械受容器は、低圧/速度あるストロークタッチに最適に反応する。

microneurography 微小神経電図法
hairy skin 有毛皮膚
peripheral nerve fibres 末梢神経線維
C-tactile afferents C-触覚求心性神経
Velocity 速度(方向性がある)

Notably, the speed of stroking which C-tactile afferents fire most strongly to is also that which people perceive to be most pleasant. The social touch hypothesis posits that this system of nerves has evolved in mammals to signal the rewarding value of physical contact in nurturing and social interactions.

特に、C-触覚求心性神経が最も強く発火するストロークの速度は、人々が最も心地が良いと感じるものである。ソーシャルタッチ仮説は、この系の神経が、養育および社会的相互作用における身体接触の報酬価値を伝達するために哺乳動物において進化したことを示している。

social touch ソーシャルタッチ

In support of this hypothesis, we review the evidence that cutaneous stimulation directly targeted to optimally activate C-tactile afferents reduces physiological arousal, carries a positive affective value and, under healthy conditions, inhibits responses to painful stimuli.

この仮説を支持するために、我々は、C-触覚求心性神経を最適に活性化することを直接的に標的した皮膚刺激が生理学的覚醒を低下させ、ポジティブな情動価値を持つことになり、健康な条件下で疼痛刺激に対する応答を抑制するという証拠を検討する。

physiological arousal 生理学的覚醒

These effects mirror those, we also review, which have been reported following endogenous release and exogenous administration of oxytocin. Taken together this suggests C-tactile afferent stimulation may mediate oxytocin release during affiliative tactile interactions.

これらの効果は、オキシトシンの内因性放出および外因性投与後に報告されているものを反映している。これをまとめると、C触覚性求心性刺激は、親和的触覚相互作用中にオキシトシン放出を媒介する可能性があることを示唆している。

KEYWORDS: C-fibre; C-tactile afferent; Oxytocin; Pain; Pleasant touch; Social

キーワード:C-繊維、C-触覚求心性神経、オキトシン、疼痛、心地よいタッチ、社会

用語
C-触覚求心性神経はどこの神経系に属するのかを調べていた時に見つけた文献。

『触覚による弁別と情緒:感覚と感情
(McGlone, Wessberg, and Olausson, 2014)』の紹介
http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~tosho/file/pdf/kbs/12/1207.pdf

要 約
人間の体性感覚系の複合的様相特性が解明されつつある。その下位様相の触は、識別性入力だけでなく、情動性入力をも脳に提供している。触は社会的コミュニケーションの重要な役割を担っている。多くの理論で「触の力」についての観察や考えが提案されてきた。とりわけ、有毛皮膚に分布する低閾機械的感覚C 繊維が触の情動的特性に対する神経生理学的基礎の役割を担っている。

【情動的触】
微小神経電図検査の実験では、人間の皮膚に非ミエリン鞘のCT 求心性神経が分布しており、それが穏やかに打つような触覚に対して最適に反応する。電子微小複写のデータにより、真皮と表皮の境界域でC 線維終末の高度の樹枝状分枝の存在が明らかにされている (Gaun, 1973)。A β求心性神経と同じくらいの頻度でみつかるが、CT 求心性神経は手の平 ( 無毛部) の皮膚の神経から見つかることは決してない。

【CT 求心性:神経生理学的特徴】
低速・弱い力の撫での動きが、CT 求心性神経にとりわけ効果的な刺激となり(Nordin, 1990)、繰り返しブラシすると発火が減少する、すなわち疲労を示す。しかしCT 反応には非常に不均質である。繰り返し刺激で増大することも見出されている。

social touchの日本語訳を調べていたときに見つけた文献。
Emoballoon: ソーシャルタッチインタラクションのための柔らかな風船型インタフェース
http://www.interaction-ipsj.org/archives/paper2013/data/Interaction2013/oral/data/pdf/13INT013.pdf

関連ブログ

ゆっくり、愛情ある、“情動性”タッチは健全な自己感覚のかぎになるかもしれない
A Slow, Loving, 'Affective' Touch May Be Key to a Healthy Sense of Self. Science daily よりhttp://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/11/post-cc77.html

マウス体毛で撫でられると、快感を感知する皮膚ニューロン(C線維神経・無髄)を発見
Genetic identification of C fibres that detect massage-like stroking of hairy skin in vivo.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2014/06/c-e0f8.html

マッサージは、オキシトシンを増加させ、ヒト副腎皮質刺激ホルモンを減少させる。
Massage increases oxytocin and reduces adrenocorticotropin hormone in humans.
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/07/post-e49c.html

お知らせ
新しくオランダのDe Levensboomの二酸化炭素抽出の精油を販売しました。
ローズBIO CO2-se1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/488

ラベンダーCO2-se5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/489

フランキンセンスCO2-se5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/487

ローズマリー シネオールCO2-se5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/493

ジンジャーCO2-se5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/492

|

September 01, 2017

キャリアウーマンの睡眠の質および生活の質に及ぼすアロマセラピーおよび指圧マッサージの有効性の比較:無作為化比較対照試験

Comparisons for Effectiveness of Aromatherapy and Acupressure Massage on Quality of Life in Career Women: A Randomized Controlled Trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28504569

キャリアウーマンの生活の質に及ぼすアロマセラピーおよび指圧マッサージの有効性の比較:無作為化比較対照試験

PUBMEDより

J Altern Complement Med. 2017 Jun;23(6):451-460. doi: 10.1089/acm.2016.0403. Epub 2017 May 15.

Kao YH1, Huang YC2, Chung UL3,4, Hsu WN5, Tang YT5, Liao YH5.

Author information

1 Graduate Institute of Health Allied Education, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan .
国立台北護理健康大学、台北、台湾

2 Department of Health Promotion and Gerontological Care, Taipei College of Maritime Technology , New Taipei City, Taiwan .

3 Graduate Institute of Integration of Traditional Chinese Medicine with Western Nursing, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan
.
4 Department of Nursing, Hungkuang University , Taichung City, Taiwan .
弘光科技大学

5 Department of Exercise and Health Science, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan .

Abstract

要旨

OBJECTIVES:

目的

This study was aimed to compare the effectiveness of aromatherapy and acupressure massage intervention strategies on the sleep quality and quality of life (QOL) in career women.

この研究は、キャリアウーマンの睡眠の質および生活の質に及ぼすアロマテラピーおよび指圧マッサージの介入戦略の有効性を比較することを目的とした。

DESIGN:

設計

The randomized controlled trial experimental design was used in the present study. One hundred and thirty-two career women (24-55 years) voluntarily participated in this study and they were randomly assigned to (1) placebo (distilled water), (2) lavender essential oil (Lavandula angustifolia), (3) blended essential oil (1:1:1 ratio of L. angustifolia, Salvia sclarea, and Origanum majorana), and (4) acupressure massage groups for a 4-week treatment. The Pittsburgh Sleep Quality Index and Short Form 36 Health Survey were used to evaluate the intervention effects at pre- and postintervention.

本研究では無作為化比較対照試験デザインが使用された。この研究には132名のキャリアウーマン(24〜55歳)がボランティアで参加し、彼らは、(1) プラセボ(蒸留水), (2) ラベンダー精油  (3) ブレンド精油(ラベンダー、クラリセージ、マジョラム1:1:1の割合)および(4)指圧マッサージ群に無作為に割り付けられた。ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)およびSF-36(自己報告式の健康状態調査票)を用いて、介入前後の介入効果を評価した。

Pittsburgh Sleep Quality Index :ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)
Short Form 36 Health Survey:SF-36(自己報告式の健康状態調査票)

RESULTS:

結果

After a 4-week treatment, all experimental groups (blended essential oil, lavender essential oil, and acupressure massage) showed significant improvements in sleep quality and QOL (p < 0.05).

4週間のトリートメント後、全ての実験群(ブレンド精油、ラベンダー精油および指圧マッサージ)は睡眠の質および生活の質において有意な改善(p < 0.05).を示した。

Significantly greater improvement in QOL was observed in the participants with blended essential oil treatment compared with those with lavender essential oil (p < 0.05), and a significantly greater improvement in sleep quality was observed in the acupressure massage and blended essential oil groups compared with the lavender essential oil group (p < 0.05).

生活の質における有意な最高の改善(p < 0.05)は、ラベンダー精油の実験群に比べてブレンド精油の参加者で観察されて、睡眠の質における有意な最高の改善(p < 0.05)は、ラベンダー精油の実験群に比べて指圧マッサージおよびブレンド精油群において観察された。

CONCLUSIONS:

結論

The blended essential oil exhibited greater dual benefits on improving both QOL and sleep quality compared with the interventions of lavender essential oil and acupressure massage in career women. These results suggest that aromatherapy and acupressure massage improve the sleep and QOL and may serve as the optimal means for career women to improve their sleep and QOL.

ラベンダー精油および指圧マッサージの介入に比べて、キャリアウーマンのいて、ブレンド精油は生活の質および睡眠の質の両方を改善することに関して2重の大きな利点を示した。これらの結果は、アロマセラピーおよび指圧マッサージは睡眠および生活の質を改善し、キャリアウーマンにとって睡眠および生活の質を改善をするための最適な手段として役立つことを示唆しています。

KEYWORDS:

キーワード、

acupressure; aromatherapy; mental health; sleep disorders

指圧、アロマセラピー、メンタルヘルス、睡眠障害

用語
国立台北護理健康大学
http://www.wikiwand.com/ja/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8F%B0%E5%8C%97%E8%AD%B7%E7%90%86%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%A4%A7%E5%AD%A6#/.E7.B5.84.E7.B9.94

国立台北護理健康大学(平仮名:こくりつたいぺいごりけんこうだいがく、英語: National Taipei University of Nursing and Health Science, NTUNHS)は台湾台北市に位置する医療保健専門大学。略称は北護である。

SF-36 | iHope International株式会社より
https://www.sf-36.jp/qol/sf36.html

SF-36®(MOS 36-Item Short-Form Health Survey)
SF-36®は、健康関連QOL(HRQOL: Health Related Quality of Life)を測定するための、科学的で信頼性・妥当性を持つ尺度です。 SF-36は、米国で作成され、概念構築の段階から計量心理学的な評価に至るまで十分な検討を経て、現在、170カ国語以上に翻訳されて国際的に広く使用されています。 現在、オリジナルのSF-36(日本語版はversion1.2)を改良したSF-36v2®が標準版として使われています。 SF-36は、ある疾患に限定した内容ではなく、健康についての万人に共通した概念のもとに構成されています。様々な疾患の患者さんや、病気にかかっていない健康な方のQOLを測定できます。疾病の異なる患者さんの間でQOLを比較したり、患者さんの健康状態を一般の人と比較したりすることも可能です。
SF-36v2にはスタンダード版(振り返り期間が過去1ヶ月)とアキュート版(振り返り期間が過去1週間)があります。

お知らせ
*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油が入荷しました。

パロサント(聖なる樹)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/47

クレメンタイン5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/169

|

August 26, 2017

睡眠障害に役立つアロマスティック使用:がん患者経験調査

Rhiannon Lewisリアノン・ルイス先生は、Botanica2018(植物療法と臨床アロマセラピーの祭典) 8月31日―9月03日2018年、サセックス大学、英国、ブライトン、の主催者です。

リアノン・ルイス先生は、10年以上毎年、がんの研究と治療に専念した世界初の病院・ロイヤル・マーズデンNHS財団トラストでThe Use of Essential Oils in a Cancer Care Environment(がんケア環境における精油の使用)の講座を行っています。

下記の文献は、ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト・療法部が研究されたものです。

The use of aromasticks to help with sleep problems: A patient experience survey.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26850806

睡眠障害に役立つアロマスティック使用:患者経験調査

sleep problems:睡眠障害

PUBMEDより

Dyer J1, Cleary L2, McNeill S2, Ragsdale-Lowe M2, Osland C3.

Author information

1Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London, SW3 6JJ, UK.

療法部、ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト

2Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, Sutton, Surrey, SM2 5PT, UK.

3Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London, SW3 6JJ, UK.

Abstract

要旨

To document the use of aromasticks to facilitate sleep in a cancer centre in the UK. Sleep disturbance is a common problem amongst patients diagnosed with cancer.

英国のがんセンターで睡眠促進するためにアロマティックの使用を文書で証明する。睡眠障害はがん患者間の共通の問題であります。

Essential oils may be inhaled by means of an aromastick (a personal inhaler device containing essential oils) as a means of improving sleep.

睡眠改善の手段として、精油はアロマティック(精油を含む個人用吸入器)によって吸入することができます。

A prospective audit of aromasticks given to help facilitate sleep. Sixty-five aromasticks were given out over a 13 week period. 94% of patients reported that they did use their aromastick to help them sleep and 92% reported that they would continue to do so.

睡眠を促進するために役立つアロマスティックの見込みによる評価が行われた。13週間にわたって、65回のアロマスティックが与えられた。患者の94%が、彼らの睡眠を助けるためにアロマティックを使用したと報告し、92%がそれを継続すると報告した。

prospective audit 見込みによる評価

An improvement of at least one point on a Likert scale measuring sleep quality was shown by 64% of patients following the use of an aromastick.

リッカート尺度睡眠の質測定で少なくとも1つの点の改善はアロマスティック使用後の患者64%によって示された

Bergamot (Citrus bergamia) and sandalwood (Santalum austrocaladonicum); and frankincense (Boswellia carterii), mandarin (Citrus reticulata) and lavender (Lavandula angustifolia) were the essential oils used in the two blends chosen by patients.

ベルガモット(Citrus bergamia)およびサンダルウッド(Santalum austrocaladonicum)、フランキンセンス(Boswellia carterii)、マンダリン(Citrus reticulata)、ラベンダー(Lavandula angustifolia)は、患者が選択した2種類のブレンドに使用された。

KEYWORDS: Aromastick; Cancer; Essential oils; Sleep

キーワード:アロマスティック、がん、精油、睡眠

用語

The Royal Marsden NHS Foundation Trust
ザ・ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト

https://www.royalmarsden.nhs.uk/about-royal-marsden/who-we-are/our-history

Our history

歴史

The Royal Marsden was the first hospital in the world dedicated to the study and treatment of cancer. It was founded as the Free Cancer Hospital in 1851 by Dr William Marsden.

ロイヤル・マーズデンは、がんの研究と治療に専念した世界初の病院でした。 ウィリアム・マーズデン博士によって1851年無料がん病院として設立されました。

関連ブログ

英国がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究

The use of aromasticks at a cancer centre: A retrospective audit.

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2015/01/post-658f.html

お知らせ
*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のおしらせ

ホワイトジンジャーAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/318

|

より以前の記事一覧