September 01, 2017

キャリアウーマンの睡眠の質および生活の質に及ぼすアロマセラピーおよび指圧マッサージの有効性の比較:無作為化比較対照試験

Comparisons for Effectiveness of Aromatherapy and Acupressure Massage on Quality of Life in Career Women: A Randomized Controlled Trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28504569

キャリアウーマンの生活の質に及ぼすアロマセラピーおよび指圧マッサージの有効性の比較:無作為化比較対照試験

PUBMEDより

J Altern Complement Med. 2017 Jun;23(6):451-460. doi: 10.1089/acm.2016.0403. Epub 2017 May 15.

Kao YH1, Huang YC2, Chung UL3,4, Hsu WN5, Tang YT5, Liao YH5.

Author information

1 Graduate Institute of Health Allied Education, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan .
国立台北護理健康大学、台北、台湾

2 Department of Health Promotion and Gerontological Care, Taipei College of Maritime Technology , New Taipei City, Taiwan .

3 Graduate Institute of Integration of Traditional Chinese Medicine with Western Nursing, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan
.
4 Department of Nursing, Hungkuang University , Taichung City, Taiwan .
弘光科技大学

5 Department of Exercise and Health Science, National Taipei University of Nursing and Health Sciences , Taipei City, Taiwan .

Abstract

要旨

OBJECTIVES:

目的

This study was aimed to compare the effectiveness of aromatherapy and acupressure massage intervention strategies on the sleep quality and quality of life (QOL) in career women.

この研究は、キャリアウーマンの睡眠の質および生活の質に及ぼすアロマテラピーおよび指圧マッサージの介入戦略の有効性を比較することを目的とした。

DESIGN:

設計

The randomized controlled trial experimental design was used in the present study. One hundred and thirty-two career women (24-55 years) voluntarily participated in this study and they were randomly assigned to (1) placebo (distilled water), (2) lavender essential oil (Lavandula angustifolia), (3) blended essential oil (1:1:1 ratio of L. angustifolia, Salvia sclarea, and Origanum majorana), and (4) acupressure massage groups for a 4-week treatment. The Pittsburgh Sleep Quality Index and Short Form 36 Health Survey were used to evaluate the intervention effects at pre- and postintervention.

本研究では無作為化比較対照試験デザインが使用された。この研究には132名のキャリアウーマン(24〜55歳)がボランティアで参加し、彼らは、(1) プラセボ(蒸留水), (2) ラベンダー精油  (3) ブレンド精油(ラベンダー、クラリセージ、マジョラム1:1:1の割合)および(4)指圧マッサージ群に無作為に割り付けられた。ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)およびSF-36(自己報告式の健康状態調査票)を用いて、介入前後の介入効果を評価した。

Pittsburgh Sleep Quality Index :ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)
Short Form 36 Health Survey:SF-36(自己報告式の健康状態調査票)

RESULTS:

結果

After a 4-week treatment, all experimental groups (blended essential oil, lavender essential oil, and acupressure massage) showed significant improvements in sleep quality and QOL (p < 0.05).

4週間のトリートメント後、全ての実験群(ブレンド精油、ラベンダー精油および指圧マッサージ)は睡眠の質および生活の質において有意な改善(p < 0.05).を示した。

Significantly greater improvement in QOL was observed in the participants with blended essential oil treatment compared with those with lavender essential oil (p < 0.05), and a significantly greater improvement in sleep quality was observed in the acupressure massage and blended essential oil groups compared with the lavender essential oil group (p < 0.05).

生活の質における有意な最高の改善(p < 0.05)は、ラベンダー精油の実験群に比べてブレンド精油の参加者で観察されて、睡眠の質における有意な最高の改善(p < 0.05)は、ラベンダー精油の実験群に比べて指圧マッサージおよびブレンド精油群において観察された。

CONCLUSIONS:

結論

The blended essential oil exhibited greater dual benefits on improving both QOL and sleep quality compared with the interventions of lavender essential oil and acupressure massage in career women. These results suggest that aromatherapy and acupressure massage improve the sleep and QOL and may serve as the optimal means for career women to improve their sleep and QOL.

ラベンダー精油および指圧マッサージの介入に比べて、キャリアウーマンのいて、ブレンド精油は生活の質および睡眠の質の両方を改善することに関して2重の大きな利点を示した。これらの結果は、アロマセラピーおよび指圧マッサージは睡眠および生活の質を改善し、キャリアウーマンにとって睡眠および生活の質を改善をするための最適な手段として役立つことを示唆しています。

KEYWORDS:

キーワード、

acupressure; aromatherapy; mental health; sleep disorders

指圧、アロマセラピー、メンタルヘルス、睡眠障害

用語
国立台北護理健康大学
http://www.wikiwand.com/ja/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8F%B0%E5%8C%97%E8%AD%B7%E7%90%86%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%A4%A7%E5%AD%A6#/.E7.B5.84.E7.B9.94

国立台北護理健康大学(平仮名:こくりつたいぺいごりけんこうだいがく、英語: National Taipei University of Nursing and Health Science, NTUNHS)は台湾台北市に位置する医療保健専門大学。略称は北護である。

SF-36 | iHope International株式会社より
https://www.sf-36.jp/qol/sf36.html

SF-36®(MOS 36-Item Short-Form Health Survey)
SF-36®は、健康関連QOL(HRQOL: Health Related Quality of Life)を測定するための、科学的で信頼性・妥当性を持つ尺度です。 SF-36は、米国で作成され、概念構築の段階から計量心理学的な評価に至るまで十分な検討を経て、現在、170カ国語以上に翻訳されて国際的に広く使用されています。 現在、オリジナルのSF-36(日本語版はversion1.2)を改良したSF-36v2®が標準版として使われています。 SF-36は、ある疾患に限定した内容ではなく、健康についての万人に共通した概念のもとに構成されています。様々な疾患の患者さんや、病気にかかっていない健康な方のQOLを測定できます。疾病の異なる患者さんの間でQOLを比較したり、患者さんの健康状態を一般の人と比較したりすることも可能です。
SF-36v2にはスタンダード版(振り返り期間が過去1ヶ月)とアキュート版(振り返り期間が過去1週間)があります。

お知らせ
*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油が入荷しました。

パロサント(聖なる樹)3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/47

クレメンタイン5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/169

|

August 26, 2017

睡眠障害に役立つアロマスティック使用:がん患者経験調査

Rhiannon Lewisリアノン・ルイス先生は、Botanica2018(植物療法と臨床アロマセラピーの祭典) 8月31日―9月03日2018年、サセックス大学、英国、ブライトン、の主催者です。

リアノン・ルイス先生は、10年以上毎年、がんの研究と治療に専念した世界初の病院・ロイヤル・マーズデンNHS財団トラストでThe Use of Essential Oils in a Cancer Care Environment(がんケア環境における精油の使用)の講座を行っています。

下記の文献は、ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト・療法部が研究されたものです。

The use of aromasticks to help with sleep problems: A patient experience survey.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26850806

睡眠障害に役立つアロマスティック使用:患者経験調査

sleep problems:睡眠障害

PUBMEDより

Dyer J1, Cleary L2, McNeill S2, Ragsdale-Lowe M2, Osland C3.

Author information

1Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London, SW3 6JJ, UK.

療法部、ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト

2Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, Sutton, Surrey, SM2 5PT, UK.

3Therapies Department, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London, SW3 6JJ, UK.

Abstract

要旨

To document the use of aromasticks to facilitate sleep in a cancer centre in the UK. Sleep disturbance is a common problem amongst patients diagnosed with cancer.

英国のがんセンターで睡眠促進するためにアロマティックの使用を文書で証明する。睡眠障害はがん患者間の共通の問題であります。

Essential oils may be inhaled by means of an aromastick (a personal inhaler device containing essential oils) as a means of improving sleep.

睡眠改善の手段として、精油はアロマティック(精油を含む個人用吸入器)によって吸入することができます。

A prospective audit of aromasticks given to help facilitate sleep. Sixty-five aromasticks were given out over a 13 week period. 94% of patients reported that they did use their aromastick to help them sleep and 92% reported that they would continue to do so.

睡眠を促進するために役立つアロマスティックの見込みによる評価が行われた。13週間にわたって、65回のアロマスティックが与えられた。患者の94%が、彼らの睡眠を助けるためにアロマティックを使用したと報告し、92%がそれを継続すると報告した。

prospective audit 見込みによる評価

An improvement of at least one point on a Likert scale measuring sleep quality was shown by 64% of patients following the use of an aromastick.

リッカート尺度睡眠の質測定で少なくとも1つの点の改善はアロマスティック使用後の患者64%によって示された

Bergamot (Citrus bergamia) and sandalwood (Santalum austrocaladonicum); and frankincense (Boswellia carterii), mandarin (Citrus reticulata) and lavender (Lavandula angustifolia) were the essential oils used in the two blends chosen by patients.

ベルガモット(Citrus bergamia)およびサンダルウッド(Santalum austrocaladonicum)、フランキンセンス(Boswellia carterii)、マンダリン(Citrus reticulata)、ラベンダー(Lavandula angustifolia)は、患者が選択した2種類のブレンドに使用された。

KEYWORDS: Aromastick; Cancer; Essential oils; Sleep

キーワード:アロマスティック、がん、精油、睡眠

用語

The Royal Marsden NHS Foundation Trust
ザ・ロイヤル・マーズデンNHS財団トラスト

https://www.royalmarsden.nhs.uk/about-royal-marsden/who-we-are/our-history

Our history

歴史

The Royal Marsden was the first hospital in the world dedicated to the study and treatment of cancer. It was founded as the Free Cancer Hospital in 1851 by Dr William Marsden.

ロイヤル・マーズデンは、がんの研究と治療に専念した世界初の病院でした。 ウィリアム・マーズデン博士によって1851年無料がん病院として設立されました。

関連ブログ

英国がんセンターでのアロマスティック使用:後ろ向き研究

The use of aromasticks at a cancer centre: A retrospective audit.

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2015/01/post-658f.html

お知らせ
*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のおしらせ

ホワイトジンジャーAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/318

|

July 18, 2017

抗菌剤の使用は抗菌耐性や抗生物質耐性を生む!

サマーセール・全商品定価の20%引き(7月11日・火〜7月21日・金)
http://phytoaroma.ocnk.net/

Antibiotic resistance linked to common household disinfectant triclosan

https://www.sciencedaily.com/releases/2017/07/170703085348.htm

一般家庭用消毒剤トリクロサンに関連する抗生物質耐性 Science dailyより

Antibiotic resistance:抗生物質耐性
disinfectant 消毒剤
triclosan トリクロサン(抗菌剤)

Scientists from the University of Birmingham and Norwich Research Park have discovered a link between a major mechanism of antibiotic resistance and resistance to the disinfectant triclosan which is commonly found in domestic products.

バーミンガム大学およびノリッジ・リサーチ・パ ークは、抗生物質耐性の主要なメカニズムと、家庭用品に一般的に見られる消毒剤トリクロサンに対する耐性との関連性を発見した

Researchers made the unexpected finding that bacteria that mutated to become resistant to quinolone antibiotics also became more resistant to triclosan.

研究者らは、キノロン抗生物質に耐性になるように突然変異した細菌もトリクロサンに対してより耐性になったという予期しない発見をした。

quinolone antibiotics キノロン系抗生物質

The scientists showed that the quinolone-resistance mutation altered the way the bacteria package their DNA inside a cell and that these mutants had also turned on various self-defence mechanisms -- together these gave triclosan resistance.

科学者らは、キノロン耐性突然変異が、細菌が細胞内でDNAをパッケージングする方法を変え、これらの突然変異体が様々な自己防衛機構をも発動させたことを示し、共に、これらはトリクロサン耐性を与えた。

Quinolone antibiotics are an important and powerful group of human medicines, and this new discovery raises concerns that the use of triclosan can give antimicrobial resistance.

キノロン系抗生物質は、重要かつ強力なヒト医薬品群であり、この新しい発見は、トリクロサンの使用が抗菌剤耐性を与えることになる懸念を提起しています。

antimicrobial resistance 抗菌剤耐性

The research, carried out at the Institute of Microbiology and Infection at the University of Birmingham in collaboration with The Quadram Institute and John Innes Centre based at Norwich Research Park, was published today in the Journal of Antimicrobial Chemotherapy.

ノリッジ・リサーチ・パ ークにあるクオドラント研究所および、ジョン・イネス・センターと共同で、バーミンガム大学の微生物学研究所で行われた研究は、今日、抗菌化学療法ジャーナルに掲載されました。

Corresponding author Dr Mark Webber, from the Quadram Institute and Honorary Senior Lecturer at the University of Birmingham, said: "We think that bacteria are tricked into thinking they are always under attack and are then primed to deal with other threats including triclosan.

クオドラント研究所とバーミンガム大学名誉上級講師での責任著者、Dr Mark Webberは、「細菌は常に攻撃を受けているとだまされて、次に、トリクロサンなどの他の脅威に対処する準備が整っていると考えています。」と述べた。

"The worry is that this might happen in reverse and triclosan exposure might encourage growth of antibiotic resistant strains.

「これは逆に起こることかもしれない、トリクロサン暴露が抗生物質耐性株の増殖を促進するかもしれないという心配がある。

antibiotic resistant strains 抗生物質耐性株

"We found this can happen in E. coli. As we run out of effective drugs, understanding how antibiotic resistance can happen and under what conditions is crucial to stopping selection of more resistant bacteria."

「これは大腸菌で起こることがわかった。効果的な薬剤がなくなり、どのように抗生物質耐性が起こり、どのような条件で起こるのかを理解することは、より耐性の高い細菌の選択を止める上で不可欠である」

Co-author Professor Laura Piddock, of the Institute of Microbiology and Infection at the University of Birmingham, said: "The link between quinolone and triclosan resistance is important as triclosan has become ubiquitous in the environment and even human tissues in the last 20 years."

バーミンガム大学の微生物および感染症研究所の共著者であるLaura Piddock教授は、「キノロンとトリクロサン耐性との関係は、トリクロサンが過去20年間に環境やヒトの組織にも至る所に存在しているので重要です。 "

"Given the prevalence of triclosan and other antimicrobials in the environment, a greater understanding of the impact they can have on bacteria and how
exposure to these antimicrobials may impact the selection and spread of clinically relevant antibiotic resistance is needed."

「環境中にトリクロサンやその他の抗菌剤が広く行き渡っていることを考えると、細菌に対する影響をより深く理解し、これらの抗菌剤への暴露が臨床的に関連する抗生物質耐性の選択と普及にどのように影響を与えるかが必要です。

Professor Tony Maxwell, from the John Innes Centre, said: "This work shows the power of combining the expertise from the different teams working in Norwich and Birmingham to achieve a better understanding of the mechanisms of antimicrobial resistance, which is a serious and increasing problem in the UK and elsewhere."

ジョン・イネスセンターのトニー・マックスウェル教授は、「この研究は、英国と他の地域において深刻で増大する問題になっている抗菌剤耐性のメカニズムをよりよく理解するために、この研究はノーリッチとバーミンガムで働く様々なチームの専門知識を組み合わせのパワーを示しています。

In the last decade there has been an explosion in the marketing of products aimed at the home market labelled as 'antimicrobial'.

過去10年間で、「抗菌剤」と表示された家庭用品販売を目的とした製品のマーケティングが爆発的に増加しました。

antimicrobial 抗菌剤

There is also largely a lack of evidence for additional benefits of these products over traditional cleaning and hygiene products (e.g. bleach, soap and water).

また、これらの製品が伝統的な洗浄剤および衛生用品(例えば、漂白剤、石鹸および水)に比べて追加的恩恵を得る証拠がほとんどない。

There has, however, been concern raised that the active antimicrobial ingredients for some of these products are accumulating in the environment where they are altering ecosystems and potentially promoting selection of antibiotic resistant bacteria.

しかし、これらの幾つかの活性抗菌成分は環境に蓄積してきていて、それらは生態系を変えて、抗生物質耐性菌の選択を促進しているという懸念がある。

antibiotic resistant bacteria 抗生物質耐性菌。

Triclosan, in particular, has been the cause for some concern which has led to a ban across the EU and now USA in its use in hygiene products (hand, skin and body washes).

Many other antimicrobial agents are, however, still used in these products.

特に、トリクロサンはいくつかの懸念の原因となっていて、EUと現在米国の衛生製品(手、皮膚、体の洗洗浄)での使用が禁止されている。しかし、多くの他の抗菌剤は、これらの製品において依然として使用されている。

用語

トリクロサン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%B3

トリクロサン(英語: Triclosan)は、医薬部外品の薬用石鹸、うがい薬、食器用洗剤、練り歯磨き、脱臭剤、手の消毒剤、及び化粧品など、様々な場面で使用されている、一般的な家庭用の抗菌剤である。

トリクロサンは高濃度では、複数の細胞質と細胞膜を標的に殺生物剤(英語版)として作用する。低濃度では、エノイル酵素に結合し、脂肪酸合成(英語版)を阻害することにより、静菌的に作用する。脂肪酸は、細胞膜を構築したり再生するために必要である。ヒトはENR酵素(エノイル[アシル輸送タンパク質]レダクターゼ (NADH))を持っていないため影響を受けないとされる。

キノロン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%83%B3

キノロン(Quinolone)とは、キノリン骨格の1ヶ所をカルボニル基で置き換えた構造を持つ化合物の総称である。ただし医療分野で単に「キノロン」と言った場合には、4-キノロン骨格を持った合成抗菌薬の系列の一つを指す場合がほとんどである。キノロン系抗菌剤ともいわれる。

考えたこと

7月1日に帝京大学真菌研究センター主催 講演会・健康の質を高めるアロマテラピー、抗菌アロマテラピーの現状に注目して・を聞きました。抗菌耐性に興味を持っていたら下記の記事を見つけ、やっと翻訳が出来ました。抗菌剤を使えば使うほど、菌は強くなり、もっと強い抗菌剤が必要になり、結果的に抗菌剤使用は無意味になってしまう。また、記事によると抗菌剤使用が抗生物質耐性を生むので、日ごろから抗菌剤で手洗いしていると、風邪をひいたときに医師が出す抗生物資が効かなくなるかもしれない。それには抗菌精油を使用した石鹸などを使用したらよいのかと思いました。


お知らせ

語り部アロマコージお茶会 ATパラゴンカフェ横須賀長沢7月22日(土)のお知らせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/06/at722-70ee.html

アウェイク・ネイチャー: クリスタル・リーディングとバルドゥについてのお話会 (東京と鎌倉)のお知らせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/07/post-9435.html

*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

|

June 29, 2017

糖尿病患者の神経因性疼痛および生活の質のためのアロマセラピーマッサージ

Aromatherapy Massage for Neuropathic Pain and Quality of Life in Diabetic Patients.

糖尿病患者の神経因性疼痛および生活の質のためのアロマセラピーマッサージ

Neuropathic Pain 神経因性疼痛

PUBMEDより

J Nurs Scholarsh. 2017 Jun 12. doi: 10.1111/jnu.12300. [Epub ahead of print]

Gok Metin Z1, Arikan Donmez A1, Izgu N1, Ozdemir L2, Arslan IE3.

Author information

1Research Assistant, Hacettepe University Faculty of Nursing, Internal Medicine Nursing Department, Ankara, Turkey.

2Associate Professor, Hacettepe University Faculty of Nursing, Internal Medicine Nursing Department, Ankara, Turkey.

3Medical Doctor, Gazi University Faculty of Medicine, Endocrinology Department, Ankara, Turkey.

Abstract

要旨

PURPOSE: This study aimed to examine the effects of aromatherapy massage on neuropathic pain severity and quality of life (QoL) in patients suffering from painful diabetic neuropathy.

目的:この研究は、痛みを伴う糖尿病性神経障害に苦しんでいる患者における神経因性疼痛および生活の質(QoL)へのアロマセラピーマッサージ効果を調べることを目的とした。

diabetic neuropathy.:糖尿病性神経障害

DESIGN AND METHODS: This open-label randomized controlled clinical study was conducted in a university hospital endocrine outpatient clinic in Turkey. The study sample consisted of 46 patients, randomly allocated to an intervention group (n = 21) and a control group (n = 25). The intervention group received aromatherapy massage three times per week for a period of 4 weeks. The control group received only routine care. Data were collected from patients using the Douleur Neuropathique questionnaire, the visual analog scale, and the Neuropathic Pain Impact on Quality of Life questionnaire.

デザインおよび方法:このオープンラベル無作為化比較臨床試験はトルコの大学病院の内分泌外来診療所で行われました。試験サンプルは46人の患者からなっていて、無作為に介入群(n = 21)および対照群(n = 25)に割り付けられた。介入群は、週に3回、4週間アロマセラピーマッサージを受けた。対照群は日常ケアだけを受けた。神経因の痛みのアンケート、視覚的アナログ尺度および神経因性疼痛の生活の質に及ぼす影響アンケートを用いて、患者からデータを収集した。

randomized controlled clinical study 無作為化比較臨床試験
endocrine 内分泌
Douleur:痛み
Douleur:痛み フランス語
Neuropathique:神経因 フランス語
the visual analog scale 視覚的アナログ尺度

FINDINGS: Neuropathic pain scores significantly decreased in the intervention group compared with the control group in the fourth week of the study. Similarly, QoL scores significantly improved in the intervention group in the fourth week of the study.

結果:神経因性疼痛スコアは、研究の第4週で対照群と比較して、介入群において有意に減少した。 同様に、生活の質(QoL)スコアは、研究の第4週で介入群において有意に改善した。

CONCLUSIONS: Aromatherapy massage is a simple and effective nonpharmacological nursing intervention that can be used to manage neuropathic pain and improve QoL in patients with painful neuropathy.

結論:アロマセラピーマッサージは、有痛性神経障害患者において、神経因性疼痛を管理し、生活の質(QoL)を改善するために使用することができ、シンプルで効果的な非薬理学的看護介入である。

painful neuropathy 有痛性神経障害
non pharmacological nursing intervention 非薬理学的看護介入

CLINICAL RELEVANCE: Aromatherapy massage is a well-tolerated, feasible, and safe nonpharmacological method that can be readily integrated into clinical settings by nursing staff. The essential oils rosemary, geranium, lavender, eucalyptus, and chamomile can be safely used by nurses in the clinical setting, if applicable. However, training and experience of nurses in aromatherapy massage is critical to achieving positive results.

臨床的関連性:アロマテラピーマッサージは、痛みを感じなく、実用的で安全な非薬理学的方法であって、看護スタッフが容易に臨床現場に組み入れることが出来ます。適用可能である場合には、精油のローズマリー、ゼラニウム、ラベンダー、ユーカリ、カモミールは、臨床現場で看護師が安全に使うことができます。しかし、アロマセラピーマッサージにおける看護師のトレーニングおよび経験は肯定的結果を得るたに極めて重要です。

KEYWORDS: Aromatherapy; massage; neuropathic pain; painful diabetic neuropathy; quality of life; randomized trial

キーワード*アロマセラピー、マッサージ、神経因性疼痛、痛みを伴う糖尿病性神経障害、生活の質、無作為化試験

神経因性疼痛
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E5%9B%A0%E6%80%A7%E7%96%BC%E7%97%9B

神経因性疼痛(しんけいいんせいとうつう、神経障害性疼痛、英:Neuropathic Pain,Neuralgia)は、Silas Weir Mitchell (January 15, 1829–January 4, 1914)により提唱された概念であり、癌や物理的傷害による末梢神経および中枢神経の障害や、機能的障害による慢性疼痛疾患の一種である。これらの痛みは、本来の疼痛意義である組織障害の警告という意味は既に失われており、苦痛としての痛み自体が障害となり患者の生活の質(QOL)の著しい低下が引き起こされる。また、神経因性疼痛に対して心因性疼痛(psychological pain)がある。

お知らせ

*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/

|

June 16, 2017

レボドパ製剤(パーキンソン病治療薬)誘発酸化毒性に対するローズオットーや真正ラベンダー精油の保護作用

Protective effect of two essential oils isolated from Rosa damascena Mill. and Lavandula angustifolia Mill, and two classic antioxidants against L-dopa oxidative toxicity induced in healthy mice.

健康なマウスにおけるレボドパ製剤(パーキンソン病治療薬)誘発酸化毒性に対するローズオットーや真正ラベンダーから単離された2つの精油および2つの古典的抗酸化剤の保護作用

L-dopa:レボドパ製剤(パーキンソン病治療薬)

PUBMEDより

Regul Toxicol Pharmacol. 2016 Nov;81:1-7. doi: 10.1016/j.yrtph.2016.06.024. Epub 2016 Jul 2.

Nikolova G1, Karamalakova Y1, Kovacheva N2, Stanev S2, Zheleva A3, Gadjeva V1.
Author information
1
Department of Chemistry and Biochemistry, Medical Faculty, Trakia University, 11 Armeiska Str., 6000 Stara Zagora, Bulgaria.
2
Agricultural Academy, Institute of Roses and Aromatic Plants, Kazanluk, Bulgaria.
3
Department of Chemistry and Biochemistry, Medical Faculty, Trakia University, 11 Armeiska Str., 6000 Stara Zagora, Bulgaria.

Abstract

要旨

Levodopa (L-dopa) is a "gold standard" and most effective symptomatic agent in the Parkinson's disease (PD) treatment. The several treatments have been developed in an attempt to improve PD treatment, but most patients were still levodopa dependent.
レボドパ(L-ドーパ)製剤は、パーキンソン病(PD)治療における「黄金律」で最も有効な対症療法剤である。いくつかの治療法がパーキンソン病(PD)治療を改善するための試みとして開発されてきたが、ほとんどの患者はまだレボドパ製剤に依存していた。

gold standard:黄金律・理想的な基準
symptomatic agent 対症療法剤

The issue of toxicity was raised in vitro studies, and suggests that L-dopa can be toxic to dopaminergic neurons, but it is not yet entirely proven. L-dopa prolonged treatment is associated with motor complications and some limitations. Combining the L-dopa therapy with antioxidants can reduce related sideeffects and provide symptomatic relief.

毒性の問題は試験管で提起され、レボドパ製剤がドーパミン作動性ニューロンに対して有毒でありうると示唆されているが、それはいまだ完全に証明されていない。長期にわたるレボドパ製剤治療が、運動合併症およびある種の運動制限と関連している。

dopaminergic neurons ドーパミン作動性ニューロン
motor complications 運動合併症

The natural antioxidants can be isolated from any plant parts such as seeds, leaves, roots, bark, etc., and their extracts riched in phenols can retard the oxidative degradation of the lipids, proteins and DNA.

天然抗酸化物質は、種子、葉、根、樹皮などの植物の様々な部位から単離することができ、フェノールを含んだそれらの抽出物は脂質、タンパク質およびDNAの酸化劣化を遅らせることができる。

oxidative degradation 酸化劣化

Thus, study suggests that combination of essential oils (Rose oil and Lavender oil), Vitamin C and Trolox with Ldopa can reduce oxidative toxicity, and may play a key role in ROS/RNS disarm.

このように、研究は精油(ローズオイルとラベンダーオイル)、ビタミンCおよびトロルオックスとレボドパ製剤との併用は酸化劣化を減少させることができ、活性酸素種(ROS) / R活性窒素種(RNS)の武装解除において重要な役割を果たすことができると示唆している。

Trolox:トロロックス(細胞浸透性の水溶性ビタミンE誘導体で、抗酸化作用を示す。)
ROS(reactive oxygen species):活性酸素種
RNS(Reactive nitrogen species)活性窒素種


用語
レボドパ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%9C%E3%83%89%E3%83%91

レボドパまたはL-ドパ(正式名称:4-ジヒドロキシフェニルアラニン、英語: L-3,4-dihydroxyphenylalanine)は、動物、植物の体内で生成される化学物質である。

自然界に産生され、ある種の食物や薬草、例えばハッショウマメに含まれ[1]、哺乳類では準必須アミノ酸であるL-チロシン(L-Tyr)から体内や脳内で合成される。チロシンはチロシン水酸化酵素によりレボドパとなる。レボドパはレボドパ脱炭酸酵素によりドーパミンとなる。すなわちレボドパは、総称的にカテコールアミン(カテコラミン)として知られる神経伝達物質である、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの前駆体である。

その本来の生物学的に必須な役割以外に、レボドパは血液脳関門を通過できる性質を活用して、パーキンソン病(PD)とドパミン反応性デストニア(DSD)の臨床療法に用いられる。医薬品としては、国際一般名を用いてレボドパと呼ばれるのが普通である。これを含む商品名としては、シネメット、パーコーパ、アタメット、スタレボ、マドパー、プロローパ等がある。 補助食品(サプリメント)または向精神薬として用いられる。

*小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属施設)
http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/

菩提樹の花

以前、小石川植物園に行き、菩提樹の並木があることを知り,また、香水の町グラースに行ったときに、リアノン先生にプロバンスを案内していただいときに菩提樹の花を見ました。これで、菩提樹は6月頃に咲くことを知りました。それで、小石川植物園の開花情報を検索していたら6月6日開花状況で菩提樹の花の写真を見ました。それで、日曜日に小石川植物園に行って菩提樹の花の写真を撮影しました。

発売中のリンデンブロッサムAbs1ml・精油の写真は小石川植物園で撮影
リンデンブロッサムAbs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/345

*リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

ローズオットー(ブルガリア)1ml精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/100

真正ラベンダー10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/430

|

June 01, 2017

閉経後女性の更年期症状、ストレスおよびエストロゲンへのネロリ精油の吸入効果

Effects of Inhalation of Essential Oil of Citrus aurantium L. var. amara on Menopausal Symptoms, Stress, and Estrogen in Postmenopausal Women: A Randomized Controlled Trial.

閉経後女性の更年期症状、ストレスおよびエストロゲンへのネロリ精油の吸入効果:無作為化比較対照試験

Postmenopausal Women 閉経後女性
A Randomized Controlled Trial 無作為化比較対照試験

PUBMEDより

Author information

1
Department of Basic Nursing Science, School of Nursing, Korea University, 145 Anam-ro, Seongbuk-gu, Seoul 136-701, Republic of Korea.

Abstract

要旨

This study aimed to investigate the effects of inhalation of the essential oil of Citrus aurantium L. var. amara (neroli oil) on menopausal symptoms, stress, and estrogen in postmenopausal women. Sixty-three healthy postmenopausal women were randomized to inhale 0.1% or 0.5% neroli oil or almond oil (control) for 5 minutes twice daily for 5 days.

この研究は、閉経後女性の更年期症状、ストレスおよびエストロゲンへのネロリ精油の吸入効果を調査することを目的とした。
健康な閉経後女性63名を無作為に割り当てて、0.1%または0.5%のネロリ精油またはアーモンド油(対照群)を毎日2回5日間吸入させた。

Menopause-related symptoms, as determined by the Menopause-Specific Quality of Life Questionnaire (MENQOL); sexual desire visual analog scale (VAS); serum cortisol and estrogen concentrations, blood pressure, pulse, and stress VAS, were measured before and after inhalation.

閉経期特異的生活の質の質問票(MENQOL)によって決められた閉経に関連した症状;性欲視覚的アナログ尺度(VAS)、、血清コルチゾールおよびエストロゲン濃度、血圧、脈拍およびストレス視覚的アナログ尺度(VAS)を吸入前後で測定した。

Menopause-Specific Quality of Life Questionnaire (MENQOL):閉経期特異的生活の質の質問票(MENQOL)
visual analog scale (VAS) 視覚的アナログ尺度(VAS)

Compared with the control group, the two neroli oil groups showed significant improvements in the physical domain score of the MENQOL and in sexual desire. Systolic blood pressure was significantly lower in the group inhaling 0.5% neroli oil than in the control group.Compared with the control group, the two neroli oil groups showed significantly lower diastolic blood pressure and tended to improve pulse rate and serum cortisol and estrogen concentrations.

対照群と比較して、2つのネロリ精油群は閉経期特異的生活の質の質問票(MENQOL)の身体的要素(ドメイン)スコアおよび性欲において有意な改善を示した。収縮期血圧は、対照群より0.5%ネロリ精油を吸入した群で有意に低かった。対照群と比較して、2つのネロリ精油群は有意に低拡張期血圧を示し、脈拍数および血清コルチゾールおよびエストロゲン濃度を改善する傾向があった。

systolic blood pressure収縮期血圧(最高血圧)
lower diastolic blood pressure 低拡張期血圧(最低血圧)

These findings indicate that inhalation of neroli oil helps relieve menopausal symptoms, increase sexual desire, and reduce blood pressure in postmenopausal women. Neroli oil may have potential as an effective intervention to reduce stress and improve the endocrine system.
これらの研究結果は、ネロリ精油の吸入は閉経後の女性の更年期症状を緩和し、性欲をたかめて、血圧降下に役立つことを示している。ネロリ精油は、ストレスを軽減し、内分泌系を改善するための効果的介入としての可能性を秘めているかもしれない。

お知らせ
リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

2017年に蒸留されたネロリオイルがチュニジアから入荷しました。

ネロリOG1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/315

ネロリOG3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/40

|

May 17, 2017

生物系および内在性の光の場からの自発的極微弱発光

Spontaneous ultraweak photon emission from biological systems and the endogenous light field.

生物系および内在性の光の場からの自発的極微弱発光

ultraweak photon emission 極微弱発光

PUBMEDより

Forsch Komplementarmed Klass Naturheilkd. 2005 Apr;12(2):84-9.

Schwabl H1, Klima H.

Author information

1Padma AG, Schwerzenbach, Switzerland.

Abstract

要旨

Still one of the most astonishing biological electromagnetic phenomena is the ultraweak photon emission (UPE) from living systems. Organisms and tissues spontaneously emit measurable intensities of light, i.e. photons in the visible part of the electromagnetic spectrum (380-780 nm), in the range from 1 to 1,000 photons x s-1 x cm-2, depending on their condition and vitality. It is important not to confuse UPE from living systems with other biogenic light emitting processes such as bioluminescence or chemiluminescence.

さらに、最も驚くべき生物学的電磁現象の1つは生命体からの極微弱発光(UPE)である。生物および組織は自発的に光の測定可能な強度、すなわち電磁スペクトル(380-780nm)の可視部分の光子、条件および活力に応じて1から1,000光子×s-1×cm-2の範囲で光を放出する。生物発光または化学発光法などの他の生物学的発光プロセスと極微弱発光(UPE)を混同しないことが重要です。

electromagnetic phenomena 電磁現象
electromagnetic spectrum 電磁スペクトル
bioluminescence 生物発光
chemiluminescence 化学発光法

This article examines with basic considerations from physics on the quantum nature of photons the empirical phenomenon of UPE. This leads to the description of the non-thermal origin of this radiation. This is in good correspondence with the modern understanding of life phenomena as dissipative processes far from thermodynamic equilibrium. UPE also supports the understanding of life sustaining processes as basically driven by electromagnetic fields.

この記事では、極微弱発光UPEの経験的現象である光子の量子的性質に関する物理学の基本的な考察を検討します。これは、この放射の非熱的起源の記述につながる。これは、熱力学的平衡からはるかに離れた散逸過程としての生命現象の現代的な理解とよく一致している。また、極微弱発光UPEは電磁場によって基本的に駆動される生命維持過程の理解を支持する。

empirical phenomenon 経験的現象
quantum nature 量子性
non-thermal origin 非熱的起源
dissipative processes 散逸過程
thermodynamic equilibrium 熱力学的平衡
life sustaining 生命維持
The basic features of UPE, like intensity and spectral distribution, are known in principle for many experimental situations. The UPE of human leukocytes contributes to an endogenous light field of about 1011 photons x s-1 which can be influenced by certain factors. Further research is needed to reveal the statistical properties of UPE and in consequence to answer questions about the underlying mechanics of the biological system.

強度とスペクトル分布のようなUPEの基本的な特徴は原則として多くの実験的状況で知られている。ヒト白血球の極微弱発光UPEは特定の要因によって影響されることになる約1011光子×s-1の内因性光の場に寄与する。さらに、UPEの統計的性質を明らかにするため、そして、生物システムの根本的なメカニズムについての問題を答えるためにさらなる研究が必要である。

spectral distributionスペクトル分布,分光組成
statistical properties 統計的性質

In principle, statistical properties of UPE allow to reconstruct phase-space dynamics of the light emitting structures. Many open questions remain until a proper understanding of the electromagnetic interaction of the human organism can be achieved: which structures act as receptors and emitters for electromagnetic radiation? How is electromagnetic information received and processed within cells?

原理的には、UPEの統計的特性は発光構造の位相空間ダイナミクスを再構成することを可能にする。人体の電磁相互作用の適切な理解が達成されるまで、多くの未解決な問題が残されています。どの構造が電磁放射の受容体および放射体として機能するか? 電磁情報はどのように細胞内で受信され、処理されるか?

phase-space 位相空間
electromagnetic interaction 電磁相互作用

用語

電磁スペクトル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB

電磁スペクトル(でんじすぺくとる、英語: Electromagnetic spectrum)とは、存在し得る、すべての電磁波の周波数(または波長)帯域のことである。

電磁スペクトルの周波数は、超低周波(長波長側)からガンマ線(短波長側)にわたって広がっており、その規模は数千 km の長さから原子の幅をも下回る長さまで無限にわたっている。

生物発光
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%89%A9%E7%99%BA%E5%85%89

生物発光(せいぶつはっこう)とは、生物が光を生成し放射する現象である。化学的エネルギーを光エネルギーに変換する化学反応の結果として発生する。ケミルミネセンスのうち生物によるものを指す。英語ではバイオルミネセンス(Bioluminescence)と言い、ギリシア語のbios(生物)とラテン語のlumen(光)との合成語である。生物発光はほとんどの場合、アデノシン三リン酸(ATP)が関係する。この化学反応は、細胞内・細胞外のどちらでも起こりうる。

化学発光
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E7%99%BA%E5%85%89

化学発光(かがくはっこう)または、ケミルミネセンス(Chemiluminescence)とは、化学反応によって励起された分子が基底状態に戻る際、エネルギーを光として放出する現象である。この中で分子単独が励起状態を形成するものを直接発光と呼び、系内に存在する蛍光物質等へエネルギー移動し、蛍光物質の発光が観測されるものを間接化学発光と呼ぶ。

粒子と波動の二重性
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%92%E5%AD%90%E3%81%A8%E6%B3%A2%E5%8B%95%E3%81%AE%E4%BA%8C%E9%87%8D%E6%80%A7

粒子と波動の二重性(りゅうしとはどうのにじゅうせい、Wave–particle duality)とは、量子論・量子力学における「量子」が、古典的な見方からすると、粒子的な性質と波動的な性質の両方を持つという性質のことである。光のような物理現象が示す、このような性質への着目は、クリスティアーン・ホイヘンスとアイザック・ニュートンにより光の「本質」についての対立した理論(光の粒子説と光の波動説)が提出された1600年代に遡る。

散逸
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E9%80%B8

散逸(さんいつ)とは、物理学においては運動などによるエネルギーが、抵抗力によって熱エネルギーに不可逆的に変化する過程をいい、熱力学においては自由エネルギーの減少に相当する。

例としては、運動エネルギーが摩擦、粘性や乱流によって、また電流エネルギーが電気抵抗によって熱に変化するなどがある。

熱力学的平衡
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%8A%9B%E5%AD%A6%E7%9A%84%E5%B9%B3%E8%A1%A1

熱力学的平衡(ねつりきがくてきへいこう、英語: thermodynamic equilibrium)は、熱力学的系が熱的、力学的、化学的に平衡であることをいう。このような状態では、物質やエネルギー(熱)の正味の流れや相転移(氷から水への変化など)も含めて、熱力学的(巨視的)状態量は変化しない。

位相空間
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8D%E7%9B%B8%E7%A9%BA%E9%96%93_(%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6)

物理学における位相空間(いそうくうかん、英: phase space)とは、力学系の位置と運動量を座標(直交軸)とする空間のことである。

電磁相互作用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C%E7%94%A8

電磁相互作用(でんじそうごさよう)は、電場あるいは磁場から電荷が力を受ける相互作用のことをいい、基本相互作用の一つである。電磁気学によって記述される。

概要[編集]
電磁相互作用で発生する力は電磁気力(でんじきりょく)といい電荷にはプラスとマイナスがあり、同じもの同士で斥力、異なるもの同士で引力が働く。ゲージ場理論より、相互作用を媒介する粒子が存在し、電磁相互作用の場合は光子が媒介する。電磁相互作用を媒介する光子を仮想光子と呼ぶ事もある。

関連文献
生体極微弱発光現象の量子光学的分析法の研究

http://www.ishida-kinenzaidan.or.jp/research/pdf/h14_kobayashi.pdf

お知らせ

リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のお求めはフィトアロマ研究所へ

http://phytoaroma.ocnk.net/

|

May 15, 2017

繊細なマグノリア・ジャスミンの香りがヒトフェロモン受容体を活性化する。Science daily より

Delicate magnolia-jasmine scent activates human pheromone receptor
https://www.sciencedaily.com/releases/2015/04/150409081438.htm

繊細なマグノリア・ジャスミンの香りがヒトフェロモン受容体を活性化する。

Date:
April 9, 2015

Source:
Ruhr-Universitaet-Bochum
ルール大学ボーフム

Summary:

概要
The question if humans can communicate via pheromones in the same way as animals is under debate.Cell physiologists have demonstrated that the odorous substance Hedione activates the putative pheromone receptor VN1R1, which occurs in the human olfactory epithelium. Researchers showed that the scent of Hedione generates sex-specific activation patterns in the brain, which do not occur with traditional fragrances.

ヒトが動物と同じようにフェロモンを介してコミュニケーションできるかどうかという疑問は議論の対象となっている。細胞生理学者は、香り物質ヘディオンはヒト嗅上皮に発生する推定フェロモン受容体VN1R1を活性化することを実証しました。研究者は、ヘディオンの香りは、伝統的香りでは発生しない脳内の性特異的活性パターンを生成することを示しました。

Hedione (methyl dihydro-jasmonate).:ヘディオン(ジヒドロジャスモン酸メチル)
Hedione (magnolia-jasmine-like fragrance):ヘディオン(マグノリアとジャスミン様の香り
olfactory epithelium 嗅上皮
putative 推定上の
pheromone フェロモン
sex-specific性特異的

The question if humans can communicate via pheromones in the same way as animals is under debate. Cell physiologists at the Ruhr-Universität Bochum have demonstrated that the odorous substance Hedione activates the putative pheromone receptor VN1R1, which occurs in the human olfactory epithelium. Together with colleagues from Dresden, the Bochum-based researchers showed that the scent of Hedione generates sex-specific activation patterns in the brain, which do not occur with traditional fragrances. "These results constitute compelling evidence that a pheromone effect different from normal olfactory perception indeed exists in humans," says scent researcher Prof Dr Dr Dr Hanns Hatt. The team published the results in the journal NeuroImage.

ヒトが動物と同じようにフェロモンを介してコミュニケーションできるかどうかという疑問は議論の対象となっている。ルール大学ボーフムの細胞生理学者は、香り物質ヘディオンがヒト嗅上皮に発生する推定フェロモン受容体VN1R1を活性化することを実証しました。ドレスデンからの同僚と共に、ボーフムベースの研究者らは、ヘディオンの香りは、伝統的香りでは発生しない脳内の性特異的活性パターンを生成することを示しました。「これらの結果は、正常な嗅覚とことなるフェロモン効果が実際にヒトに存在するという説得力のある証拠となる」と香り研究者Dr Hanns Hatt博士は述べています。チームはその結果を米国の科学雑誌 NeuroImageに掲載した。

Hedione activates pheromone receptor in olfactory epithelium

ヘディオンは嗅上皮におけるフェルモン受容体を活性化する。

Using genetic-analysis approaches, the researchers from Bochum confirmed the pheromone receptor's existence in human olfactory mucosa. Subsequently, they transferred the genetic code for the receptor into cell cultures and, using these cells, demonstrated that Hedione activates the receptor. Hedione -- derived from the Greek word "hedone," for fun, pleasure, lust -- has a pleasant fresh jasmine-magnolia scent and is utilized in many perfumes. It is also called the scent of success.

遺伝子解析手法を用いて、ボーフムの研究者は、ヒト嗅粘膜におけるフェロモン受容体の存在を確認した。その後、彼らは、受容体の遺伝子コードを細胞培養に移し、これらの細胞を用いて、ヘディオンが受容体を活性化することを証明した。楽しさ、喜び、欲望のギリシャ語"hedone,"から派生したヘディオンは、爽やかで新鮮なジャスミン・マグノリアの香りを有していて、多くの香水に使用されています。また、それは成功の香りと呼ばれています。

genetic-analysis 遺伝子解析
olfactory mucosa 嗅粘膜

Sex-specific brain activation may be related to the release of sex hormones

性特異的脳の活性化は性ホルモンの放出に関連しているかもしれない。

Together with the team headed by Prof Dr med Thomas Hummel from the University Hospital Dresden, the group from Bochum analysed what happens in the brain when a person smells Hedione. They compared the results with the effects triggered by phenylethyl alcohol, a traditional floral fragrance. Hedione activated brain areas in the limbic system significantly more strongly than phenylethyl alcohol. The limbic system is associated with emotions, memory and motivation.
In addition, Hedione activated a specific hypothalamic region, in women more strongly than in men. This activation pattern is typical for controlling sexual behaviour via the endocrine system.

ドレスデン大学病院教授医学博士トマス・フンメル博士が率いるチームと共に、ボーフムのグループはヒトがヘディオンを嗅ぐ時に脳内で何が起こるかを分析しました。彼らは、伝統的な花の香りであるフェニルエチルアルコールによって引き起こされる効果と結果を比較した。ヘディオンは、フェニルエチルアルコールよりも有意により強力に大脳辺縁系の脳領域を活性化した。大脳辺縁系は情動、記憶およびチベーションに関連しています。さらに、ヘディオンは、男性よりも女性において特異的視床下部領域を強く活性化した。この活性化パターンは、内分泌系を介して性行動を制御するための典型的なものである。

henylethyl alcohol フェニルエチルアルコール
limbic system 大脳辺縁系
hypothalamic region 視床下部領域
endocrine system 内分泌系

Next steps are in progress

次のステップは進行中です

"In the next stage, we want to find out which physiological and psychological parameters are affected when Hedione activates the pheromone receptor," explains Hanns Hatt. "We have already launched the relevant studies. But we also have to search for scent molecules in bodily secretions, which resemble Hedione and activate the receptor. With its help, humans could actually communicate with each other."

次の段階で、私たちは、ヘディオンがフェロモン受容体を活性化するとき、どのように生理学的および心理学的パラメータが影響を受けるかを解明したいです。とHanns Hattは述べています。私たちはすでに関連研究を開始した。しかし、私たちもヘディオンに似ていて、受容体を活性化する身体分泌する香り分子を探索しなければならない。その助けをかりて、ヒトは人間が実際にお互いにコミュニケーションをとることができるのだろう。

Pheromone receptors in humans and animals

ヒトおよび動物におけるフェロモン受容体

Pheromones are substances that facilitate chemical communication between members of the same species. They trigger a homogenous, repeatable reaction. In the animal kingdom, this kind of communication is very widespread. Mice have approx. 300 different genes for pheromone receptors; in humans, probably only five of them are still functional. Most mammals have a special organ located at the base of the nasal septum, i.e. the vomeronasal organ. According to contemporary research this organ fulfills no function in humans anymore. However, researchers at RUB and other institutes have demonstrated in the recent years that pheromone receptors may also occur in the olfactory epithelium in humans and in mice.

フェロモンは、同じ種のメンバー間の化学的コミュニケーションを促進する物質です。それらは、均一な繰り返し反応を引き起こす。動物界では、この種のコミュニケーションは極めて広く行きわたっています。マウスは、フェロモン受容体に対する約300の異なる遺伝子を有していて、ヒトでは、おそらくそれらのうちの5つだけがまだ機能しています。ほとんどの哺乳動物は、鼻中隔の基部に位置する特別な器官、すなわち鋤鼻器官を有しています。現代の研究によれば、この器官はヒトにおいてはもはや機能を果たしていないです。 しかし、ルール大学および他の研究所の研究者らは、フェロモン受容体もヒトおよびマウスの嗅上皮に発生することを近年実証しています。

nasal septum 鼻中隔
vomeronasal organ 鋤鼻器(じょびき)

用語

フェロモン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3

フェロモン(pheromone)は、動物または微生物が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のことである

フェニルエチルアルコール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%81%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB

フェネチルアルコール (phenethyl alcohol) とは、示性式が C6H5CH2CH2OH と表されるアルコールの一種。2-フェニルエタノールのこと。天然に広く存在する無色の液体で、バラ、カーネーション、ヒヤシンス、アレッポマツ、イランイラン、ゼラニウム、ネロリ、キンコウボク など、さまざまな精油に含まれる。水にはわずかに溶ける (2 mL/100 mL H2O) いっぽう、エタノールやエーテルとは混和する。
フェネチルアルコールは快い花の香を持ち、特にバラの香りを加えたいときに香料として用いられる。タバコの添加剤、アルカリ性に強いことから石鹸の保存料としても用いられる。生物学ではその抗菌作用に興味が持たれている。

鼻中隔
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E4%B8%AD%E9%9A%94

鼻中隔(びちゅうかく、英語: nasal septum、ラテン語: septum nasi)とは、鼻腔の内部を左右に仕切る壁である[1]。粘膜で覆われ[2]、鼻中隔軟骨、鋤骨、篩骨垂直板によって形成される[3][4]。鼻孔から咽喉の奥まで伸びている[5]。

お知らせ

リアノン・ルイス女史来日セミナー:がんケアにおけるアロマサイコロジー:アロマセラピー介入によるケアおよびやすらぎの向上2017年10月21日(土)〜10月22日(日)(2日間)募集のおしらせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2017/04/2017102110192-b.html

精油のお求めは下記にて

マグノリアフラワー3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/349

ジャスミン3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/360

|

April 14, 2017

表皮ケラチノサイトは外部の刺激に応答するならば小さな波動エネルギーの変化にも応答するかもしれない?

Keratinocytes at the uppermost layer of epidermis might act as sensors of atmospheric pressure change.

表皮の最上層にあるケラチノサイトは大気圧変化のセンサーとして作用するかもしれない.

atmospheric pressure 大気圧

PUBMEDより

Extrem Physiol Med. 2016 Oct 6;5:11. eCollection 2016.

Denda M1.

Author information

1Shiseido Global Innovation Center, 2-2-1, Hayabuchi, Tsuzuki-ku, Yokohama, 224-8558 Japan ;

資生堂グローバルイノベーションセンター

Japan Science Technology Agency CREST, Kawaguchi, Japan.

戦略的創造研究推進事業(CREST)- 科学技術振興機構

Abstract

要旨

It has long been suggested that climate, especially atmospheric pressure change, can cause health problems ranging from migraine to myocardial infarction.

気候、特に大気圧の変化が、片頭痛から心筋梗塞に至るまで健康問題を引き起こすことが長い間示唆されてきた。

Here, I hypothesize that the sensory system of epidermal keratinocytes mediates the influence of atmospheric pressure change on the human physiological condition. We previously demonstrated that even subtle changes of atmospheric pressure (5-20 hPa) induce elevation of intracellular calcium level in cultured human keratinocytes (excitation of keratinocytes). It is also established that communication occurs between epidermal keratinocytes and peripheral nerve systems.

ここでは、私は、表皮ケラチノサイトの感覚系がヒトの生理的状態に対する大気圧の変化を伝達するという仮説を立てる。私たちは、以前、大気圧(5〜20へク卜パス力ル・hPa)の微妙な変化でさえ、培養ヒトケラチノサイト(ケラチノサイトの励起)における細胞内カルシウムレベルの上昇を誘発することを実証した。また、表皮ケラチノサイトと末梢神経系との間で交信が行われることも確立されている。

Moreover, various neurotransmitters and hormones that influence multiple systems (nervous, cardiovascular, endocrine, and immune systems) are generated and released from epidermal keratinocytes in response to various external stimuli. Thus, I suggest that pathophysiological phenomena induced by atmospheric pressure changes might be triggered by epidermal keratinocytes.

さらに、様々な外部刺激に応答して、複数の系(神経系、心血管系、内分泌系、および免疫系)に影響を与える様々な神経伝達物質およびホルモンが表皮ケラチノサイトから生成および放出される。したがって、私は、大気圧変化によって誘発される病態生理学的現象は表皮ケラチノサイトによって誘発される可能性が示唆される。

pathophysiological phenomena 病態生理学的現象

KEYWORDS:

キーワード

Climate influences; Pain; Peripheral circulation; Peripheral nerve system

気候の影響、疼痛、末梢循環、末梢神経系

用語

気圧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E5%9C%A7

気圧(きあつ、英語: air pressure[1])とは、気体の圧力のことである。単に「気圧」という場合は、大気圧(たいきあつ、英語: atmospheric pressure[1]、大気の圧力)のことを指す場合が多い。

大気圧
空気も物質であるため、質量があり、地球をおおっている大気の層によって、海面では、面積1cm2あたり約1kgf(水銀柱で約76cm、水の場合約10mに相当)の圧力がかかる。これを大気圧または単に気圧という。高所ほど、その上方にある空気柱の高さが低くなるので、気圧は低くなる。海面での大気圧を 1 とする圧力の単位としても用いられる。


精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

April 11, 2017

表皮病理はどのようにして精神状態と相互作用するのですか?

How does epidermal pathology interact with mental state?

表皮病理はどのようにして精神状態と相互作用するのですか?

PUBMEDより

Med Hypotheses. 2013 Feb;80(2):194-6. doi: 10.1016/j.mehy.2012.11.027. Epub 2012 Dec 12.

Denda M1, Takei K, Denda S.

Author information
•1Shiseido Research Center, Yokohama, Japan.

資生堂リサーチセンター

Abstract

要旨

The hypothesis is presented that human emotional state is influenced by epidermal pathology via the release from epidermal keratinocytes of a wide variety of chemical mediators (including neurotransmitters) that act on the brain. It has long been recognized that epidermal keratinocytes play a key role in the function of the stratum corneum as an impermeable barrier, and that skin diseases such as atopic dermatitis and psoriasis, which cause itching, sleep disturbance and concern over appearance, are associated with depression and anxiety.

仮説は、ヒトの精神状態が脳に作用する幅広い様々なケミカルメディエーター(神経伝達物質を含む)の表皮ケラチノサイトからの放出を介して表皮病理によって影響をうける。表皮ケラチノサイトは不透過性バリアとして角層の役割において重要な役割を果たし、かゆみ、睡眠障害および容貌に対する懸念を引き起こすアトピー性皮膚炎および乾癬のような皮膚疾患はうつ病や不安に関係していることは長い間認識されている。

impermeable barrier 不透過性バリア

On the other hand, epidermal keratinocytes are known to produce and release multiple cytokines and chemical mediators in response to barrier impairment or insult, such as environmental dryness or UV radiation. Elevation of plasma cytokines is associated with depression in cancer patients. Serum levels of oxytocin and glucocorticoid have been shown to influence mental state, and a recent study showed that glucocorticoid is generated in injured epidermis. Thus, there are multiple plausible pathways through which changes in skin can affect emotional state.

一方、表皮ケラチノサイトは環境の乾燥または紫外線などのバリアの障害または損傷に反応して複数のサイトカインおよびケミカルメディエーターを産生および放出することが知られている。血漿サイトカインの上昇はがん患者のうつ病と関連している。オトキシンおよびグルココルチコイドの血清レベルは感情状態に影響することが示されており、最近の研究では、グルココルチコイドが損傷した表皮において生成されることが示された。したがって、皮膚の変化が感情状態に影響を及ぼすことができる複数のもっともらしい経路が存在する。

用語

ケミカルメディエーター  薬学用語解説より
http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%B1%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

細胞から細胞への情報伝達に使用される化学物質をいう。抗原抗体反応や炎症反応の際に遊離されるヒスタミンやセロトニン、ペプチド、ロイコトリエン、トロンボキサンなどをさす。さまざまな作用を発揮し、痛みやアレルギーの症状などを起こす。ケミカルメディエーターの合成阻害薬、遊離抑制薬、受容体拮抗薬などが医薬品として用いられている。(2008.5.14 掲載)(2014.7.更新)

グルココルチコイド 薬学用語解説より
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%89

グルココルチコイドとは副腎皮質ホルモンの1つであり、糖質、タンパク質、脂質、電解質などの代謝や免疫反応、ストレス応答の制御に関わるなど生体のホメオスターシス維持に重要な役割を果たす。


精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

より以前の記事一覧