July 07, 2018

オポパナックス精油成分β-ビサボレンは乳がん細胞株において細胞毒性を示す。

β-Bisabolene, a Sesquiterpene from the Essential Oil Extract of Opoponax (Commiphora guidottii), Exhibits Cytotoxicity in Breast Cancer Cell Lines.

オポパナックス(Commiphora guidottii)精油抽出物由来のセスキテルペンであるβ-ビサボレンは、乳がん細胞株において細胞毒性を示す。

Cytotoxicity 細胞毒性

PUBMEDより

Phytother Res. 2016 Mar;30(3):418-25. doi: 10.1002/ptr.5543. Epub 2015 Dec 15.

Yeo SK1, Ali AY2, Hayward OA1, Turnham D1, Jackson T2, Bowen ID2, Clarkson R1.

Author information
1
European Cancer Stem Cell Research Institute, School of Biosciences, Cardiff University, Hadyn Ellis Building, Maindy Road, Cathays, Cardiff, CF24 4HQ, UK.
2
School of Biosciences, Cardiff University, Museum Avenue, Cardiff, CF10 3AX, UK.

Abstract

要旨

The essential oils from Commiphora species have for centuries been recognized to possess medicinal properties. Here, we performed gas chromatography-mass spectrometry on the essential oil from opoponax (Commiphora guidotti) and identified bisabolene isomers as the main constituents of this essential oil.

ミルラノキ属種からの精油は何世紀にわたって薬効成分を有していることが認識されていた。ここで、オポパナックス(Commiphora guidotti)精油のガスクロマトグラフィー質量分析を行い、この精油の主要成分であるビサボレン異性体を同定した。

Commiphora species  ミルラノキ属種
medicinal properties: 薬効成分
bisabolene isomers ビサボレン異性体
gas chromatography-mass spectrometry ガスクロマトグラフィー質量分析法

Opoponax essential oil, a chemical component; β-bisabolene and an alcoholic analogue, α-bisabolol, were tested for their ability to selectively kill breast cancer cells. Only β-bisabolene, a sesquiterpene constituting 5% of the essential oil, exhibited selective cytotoxic activity for mouse cells (IC50 in normal Eph4: >200 µg/ml, MG1361: 65.49 µg/ml, 4T1: 48.99 µg/ml) and human breast cancer cells (IC50 in normal MCF-10A: 114.3 µg/ml, MCF-7: 66.91 µg/ml, MDA-MB-231: 98.39 µg/ml, SKBR3: 70.62 µg/ml and BT474: 74.3 µg/ml).

オポパナックス精油、化学成分; β-ビサボレンおよびアルコールのアナログ(類似体)であるα-ビサボロールは選択的に乳がん細胞を死滅させる能力について試験された。精油の5%を構成するセスキテルペンであるβ-ビサボレンのみが、マウス細胞(正常Eph4:>200μg/ ml、MG1361:65.49μg/ ml、4T1:48.99μg/ mlではIC50)およびヒト乳がん細胞(IC50 in normal MCF-10A: 114.3 µg/ml, MCF-7: 66.91 µg/ml, MDA-MB-231: 98.39 µg/ml, SKBR3: 70.62 µg/ml and BT474: 74.3 µg/ml). に対して選択的細胞毒性を示した。

This loss of viability was because of the induction of apoptosis as shown by Annexin V-propidium iodide and caspase-3/7 activity assay. β-bisabolene was also effective in reducing the growth of transplanted 4T1 mammary tumours in vivo (37.5% reduction in volume by endpoint).

この生存性の喪失はアネキシンV -ヨウ化プロピジウムおよびカスパーゼ-3/7活性アッセイによって示されるようなアポトーシス(細胞死)の誘発のためであった。また、β-ビサボレンは、インビボ・生体内(エンドポイントによる体積の37.5%減少)で移植された4T1乳腺腫瘍増殖の減少において有効であった。

viability 生存性
Annexin V-propidium iodideアネキシンV -ヨウ化プロピジウム(PI)
mammary tumors 乳腺腫瘍

In summary, we have identified an anti-cancer agent from the essential oil of opoponax that exhibits specific cytotoxicity to both human and murine mammary tumour cells in vitro and in vivo, and this warrants further investigation into the use of β-bisabolene in the treatment of breast cancers.

要約すると、私たちは、インビトロ(試験管内)およびインビボ(生体内)でヒト乳房腫瘍細胞およびマウス乳房腫瘍細胞の両方に特異的相棒毒性を示すオポパナックス精油からの抗がん剤を同定した。これは乳がん治療におけるβ-ビサボレン使用に関してさらなる研究を正当化します。

anti-cancer agent 抗がん剤
mammary tumour cells 乳腺腫瘍細胞

KEYWORDS:

キーワード

Commiphora guidottii; apoptosis; bisabolene; breast cancer; opoponax; scented myrrh; sesquiterpene

Commiphora guidottii、アポトーシス(細胞死)、ビサボレン、乳がん、オポパナックス、匂いミルラ、セスキテルペン


用語

ビサボレン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B5%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%B3

ビサボレン(英: Bisabolenes)はセスキテルペンの一種で、天然にはレモン、ライム、ベルガモット、クスノキ、スターアニス、カルダモン、サンダルウッドなどの精油中に広く存在する[1

異性体
α体、β体、γ体の異性体が知られており、α体には(Z)-体と(E)-体の立体異性体がある。α体とβ体には光学異性体があるが、精査されていない。α-(Z)-体はグリーンフローラル、α-(E)-体はグリーン調のウッディハーバル、β体はフローラル、ウッディ調、γ体はバルサム様ウッディ香を持つ[1]。

細胞毒性
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E%E6%AF%92%E6%80%A7

細胞毒性(さいぼうどくせい、英: cytotoxicity)とは、細胞に対して死、もしくは機能障害や増殖阻害の影響を与える、物質や物理作用などの性質をいう。細胞傷害性ともいう。ただし「細胞毒性」は外来物質による傷害の意味に用いることが多く、一方免疫系、補体系やサイトカインによる作用(細胞傷害性 の項参照)に関しては普通「細胞傷害性」の語を使う(英語ではいずれも同じCytotoxicity)。細胞毒性の要因としては、細胞を形作る物質・構造の破壊、細胞の生存に必須な活動(呼吸、基本的代謝、DNA複製、転写、翻訳等)の阻害、細胞周期や細胞内シグナル伝達への影響など、様々なものが考えられる

カスパーゼ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BC

カスパーゼ(Caspase)とは、細胞にアポトーシスを起こさせるシグナル伝達経路を構成する、一群のシステインプロテアーゼである。システインプロテアーゼは活性部位にシステイン残基をもつタンパク質分解酵素であり、カスパーゼは基質となるタンパク質のアスパラギン酸残基の後ろを切断する。Caspaseという名はCysteine-ASPartic-acid-proteASEを略したものである。英語の発音は「カスペース」である[1]。

エンドポイント 薬学用語解説
http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

治療行為の有効性を示すための評価項目のこと。臨床試験(治験)でのエンドポイントは、治療の目的に合っており、なおかつ、客観的に評価できる項目が望ましいとされている。臨床試験における治療行為で本来求めたいアウトカムは、死亡率の低下、疾患の発症率の低下、QOLの向上、副作用の低減などであり、これらの評価項目は、真のエンドポイント(true endpoint)と呼ばれる。しかし、それらを治験の期間内で評価することは難しいため、一般には、血糖値、血清脂質値、腫瘍サイズ、血圧、など短期間で評価できる代用エンドポイント(サロゲートエンドポイント)が採用される。

精油のお知らせ

フランス コルシカ島よりヘリクリサムが入荷しました。
蜂蜜のような甘く優しい香りです。右脳を鍛え直感力アップ。

ヘリクリサム(コルシカ島)OG3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/129

ヘリクリサム(コルシカ島)OG5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/453

オポパナックス(スイートミルラ)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/513

|

June 26, 2018

カモミールジャーマン精油成分α-ビサボロールの抗アミロイド形成作用および抗アポトーシス作用(細胞株実験)

Anti-amyloidogenic and anti-apoptotic effect of α-bisabolol against Aβ induced neurotoxicity in PC12 cells.

PC-12細胞(ラット副腎褐色細胞腫)のアミロイドβタンパク質(Aβ)誘発神経毒性に対するα-ビサボロールの抗アミロイド形成作用および抗アポトーシス作用

Anti-amyloidogenic effect :抗アミロイド形成作用
anti-apoptotic effect 抗アポトーシス作用
α-bisabolol:α-ビサボロール
Aβ induced neurotoxicity アミロイドβタンパク質(Aβ)誘発神経毒性
PC12 cells:PC-12細胞(ラット副腎褐色細胞腫)

PUBMEDより

Shanmuganathan B1, Suryanarayanan V2, Sathya S1, Narenkumar M1, Singh SK2, Ruckmani K3, Pandima Devi K4.
Author information
1
Department of Biotechnology, Alagappa University, Karaikudi 630003, Tamil Nadu, India.
2
Computer Aided Drug Design and Molecular Modeling Lab, Department of Bioinformatics, Alagappa University, Karaikudi 630003, Tamil Nadu, India.
3
National Facility for Drug Development (NFDD) for Academia, Pharmaceutical and Allied Industries, Department of Pharmaceutical Technology, University College of Engineering, BIT Campus, Anna University, Tiruchirappalli 620024, Tamil Nadu, India.
4
Department of Biotechnology, Alagappa University, Karaikudi 630003, Tamil Nadu, India.

Abstract

要旨

Alzheimer's disease (AD) is a life-threatening neurodegenerative disorder leading to dementia, with a progressive decline in memory and other thinking skills of elderly populace. Of the multiple etiological factors of AD,the accumulation of senile plaques (SPs) particularly as Aβ oligomers correlates with the relentlessness cognitive impairment in AD patients and play a vital role in AD pathology.

アルツハイマー病((AD)は高齢者の人々の記憶および他の思考スキルの進行性低下を伴う、認知障害に導く生命を脅かす神経変性疾患である。アルツハイマー病((AD)の複数病的因子のなかで、特にアミロイドβオリゴマーとしての老人斑(SPs)の蓄積はAD患者の苛酷な認知障害と相関し、AD病理において重要な役割を果たす


the multiple etiological factors 複数の病的因子
senile plaques (SPs) 老人斑(SPs)
Aβ oligomers  アミロイドβオリゴマー
cognitive impairment 認知機能障害

Since natural essential oil constituents have successfully served as a source of drugs for AD treatment, the present study aims at the in vitro and in silico investigation of anti-amyloidogenic potential and anti-apoptotic property of the α-bisabolol against Aβ25-35 induced neurotoxicity in PC12 cells.

天然精油成分はアルツハイマー病((AD)治療の薬源として成功しているので、本研究は、PC12細胞におけるアミロイドβタンパク質(25-35)誘発神経毒性に対するα-ビサボロールの 抗アミロイド形成の可能性および抗アポトーシス作用のイン・ビトロおよびイン・シリコ研究を目的としている

Aβ25-35 アミロイドβタンパク質(25-35)、
anti-amyloidogenic 抗アミロイド形成
anti-apoptotic property 抗アポトーシス作用

Treatment with α-bisabolol (5 μg/ml) after 24 h incubation with Aβ25-35 reduced the aggregation propensity of Aβ (p < 0.05), as observed by the reduced fluorescence intensity of thioflavin T (ThT). Confocal laser scanning microscopy (CLSM) analysis, Transmission electron microscopy (TEM), Fourier transform infrared (FTIR) spectroscopic analysis and molecular dynamics simulation study also substantiated the Aβ fibril formation hampering ability of α-bisabolol even after 9 days of incubations.

チオフラビンT(ThT)「アミロイド染色」の蛍光強度減少よって観察されるように、アミロイドβタンパク質(25-35)との24時間培養後のα-ビサボロール(5μg/ ml)による処理は、アミロイドβタンパク質(Aβ)の凝集傾向を減少させた(p <0.05)。共焦点レーザー走査顕微鏡(CLSM)分析、透過型電子顕微鏡(TEM)、フーリエ変換赤外(FTIR)分光分析および分子動力学シミュレーション研究も9日間の培養後でさえも、α-ビサボロールのアミロイド β ペプチド(Aβ)線維形成阻害能力を実証した。

thioflavin T チオフラビンT
fluorescence 蛍光
共焦点レーザー走査型顕微鏡(CLSM)
Transmission electron microscopy (TEM) 透過型電子顕微鏡
Fourier transform infrared (FTIR) フーリエ変換赤外分光(FTIR)
molecular dynamics simulation 分子動力学シミュレーション

The results of antiaggregation and disaggregation assay showed an increase in fluorescence intensity in Aβ treated group, whereas the co-treatment of α-bisabolol (5 μg/ml) with Aβ25-35 showed an extensive decrease in the fluorescence intensity, which suggests that α-bisabolol prevents the oligomers formation as well as disaggregates the matured fibrils.

抗凝固および脱凝集アッセイの結果は、Aβ処置群において蛍光強度の増加を示したが、α-ビサボロール(5μg/ ml)とアミロイドβタンパク質(25-35)の同時処理は蛍光強度の大幅な減少を示し、そのことはα-ビサボロールがオリゴマーの形成を妨げるとともに、成熟フィブリルを分解することを示唆している。

FACS analysis of the cells revealed  the competency of α-bisabolol in rescuing the PC12 cells from Aβ induced neurotoxicity and chromosomal damage and clonogenic assay,proved its ability to retain the colony survival of cells. Overall, the anti-amyloidogenic and anti-apoptotic effect of α-bisabolol proves that it could be used as an excellent therapeutic drug to combat AD.

細胞のフローサイトメーター装置(FACS)分析は、アミロイドβタンパク質(Aβ)誘発神経毒性、染色体損傷およびクローン形成法からPC-12細胞(ラット副腎褐色細胞腫)のレスキューにおけるα-ビサボロールの能力を明らかにして、細胞のコロニー生存の保持能力を証明した。全体として、α-ビサボロールの抗アミロイド形成および抗アポトーシス作用は、アルツハイマー病(AD)と戦うための優れた治療薬として使用できることを証明している。

antiaggregation 抗凝集
disaggregation 脱凝集
fluorescence intensity 蛍光強度
chromosomal damage 染色体損傷
clonogenic assay クローン形成法
KEYWORDS:
キーワード
Anti-amyloidogenic; Anti-apoptotic; Aβ(25?35) peptide; PC12 cells; α-bisabolol

抗アミロイド、抗アポトーシス;、アミロイドβタンパク質(25-35)ペプチド;、PC12細胞;、α-ビサボロール

用語

PC-12細胞(ラット副腎褐色細胞腫)
http://www.dspbio.co.jp/pdf/square2/neuron.pdf

ラット副腎髄質クロム親和性細胞腫から樹立された細胞株であるPC-12細胞は、神経成長因子(NGF)を作用させることにより、神経突起を伸張して、交感神経細胞様に分化することが知られています。このため、PC-12細胞は、神経細胞における分化機構の解明やNGFの作用機構解明の研究に利用されています。

アミロイドβタンパク質
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%CE%B2%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

アルツハイマー病の病理学的特徴の一つである老人斑の主要構成成分は、アミロイドβタンパク質(Aβ)と呼ばれる40アミノ酸程度のペプチドである。Aβ沈着が病理学的に捉えられる最初期病変であること、Aβが凝集し、直接神経細胞毒性を示しうること、そして家族性アルツハイマー病患者の遺伝学的解析から、Aβの産生および蓄積の異常がアルツハイマー病の発症に深く関係しているという「アミロイドカスケード仮説」が現在広く支持されている。Aβは前駆体タンパク質APPの部分断片であり、βセクレターゼおよびγセクレターゼによる連続した切断によって産生、分泌される。そして細胞外で様々な経路において分解を受ける。したがってセクレターゼ活性の制御やAβ分解経路の活性化はアルツハイマー病治療戦略として重要であると考えられている。

in silico
https://ja.wikipedia.org/wiki/In_silico

in silico(イン・シリコ)は、in vivo (生体内で)や in vitro (ガラス、すなわち試験管内で)などに準じて作られた用語で、文字どおりには「シリコン内で」の意味であり、実際には「コンピュータを用いて」を意味する。バイオインフォマティクスなどの研究で頻繁に見られる表現である。

silico はシリコン(ケイ素)で、コンピュータの半導体にシリコンが使われていることからこのような表現になった。
分子生物学などの実験や測定は通常、ウェット (wet) と呼ばれるように細胞や各種の生体分子を実際に取り扱いながら行われる。それに対して、実験や測定に関連するシミュレーション計算など、実際に対象物を取り扱わず計算で結果を予測する手法を指して in silico と呼ぶ。

チオフラビンT

アミロイドの染色:チオフラビンT染色
http://immuno2.med.kobe-u.ac.jp/20090331-3415/

チオフラビンT(Thioflavine T)染色はアミロイドに対して最も特異性が高い方法である。
染色した標本を蛍光顕微鏡で観察してアミロイドを確認する。

アミロイド線維形成のことを調べていたときにみつけました。

「アミロイド形成の分子機構解明と阻害剤・診断法の開発」
https://www.jst.go.jp/kisoken/sorst/hyouka/2004/pdf/h16_mihara.pdf

研究概要

アルツハイマー病やプリオン病に代表されるアミロイド性疾患の分子機構解明とそれに基づいた新規の阻害機構や診断法開発のための基盤研究を実施することを目的とした。研究代表者独自の人工タンパク質を用いた研究により相同的アミノ酸配列認識機構によるアミロイド線維形成を明らかにし,阻害の機構モデルを提示した。さらにアルツハイマー病アミロイドβタンパク質を研究ターゲットとし,人工ペプチドを用いたアミロイド線維の増幅という世界初の研究手法を開発し,線維の増幅による検出感度向上システムの基盤研究を行った。


Facebookに下記の記事を本日アップしています。

3年前にヒルデガルド修道院に行きました。滞在先のホテルで修道院の朝の鐘の音を録画しました。
https://www.facebook.com/phytoaroma

精油のお知らせ

カモミールジャーマン3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/201

|

June 15, 2018

ホリーバジル、ペパーミント、ユーカリグロブルス精油の蚊忌避作用

Mosquito repellent activity of volatile oils from selected aromatic plants.

選ばれた芳香植物からの揮発性精油の蚊忌避作用

PUBMEDより

Parasitol Res. 2017 Feb;116(2):821-825. doi: 10.1007/s00436-016-5351-4. Epub 2016 Dec 24.

Lalthazuali1, Mathew N2.

Author information

1 Vector Control Research Centre (ICMR), Indira Nagar, Pondicherry, 605006, India.
2 Vector Control Research Centre (ICMR), Indira Nagar, Pondicherry, 605006, India.

Abstract

要旨

Essential oils from fresh leaves of four aromatic plants viz., Ocimum sanctum, Mentha piperita, Eucalyptus globulus and Plectranthus amboinicus were extracted by hydrodistillation.

ホリーバジル、ペパーミント、ユーカリグロブルスおよびアロマティカスの4つの芳香植物の新鮮な葉からの精油は水蒸留法によって抽出された。

Ocimum sanctum :ホーリーバジル シソ科 
Mentha piperita, :ペパーミント シソ科
Eucalyptus globulus:ユーカリグロブルス フトモモ科
Plectranthus amboinicus:アロマティカス シソ科

The test solutions were prepared as 20% essential oil in ethanol and positive control as 20% DEET in ethanol. Essential oil blend was prepared as 5% concentration. Nulliparous, 3-5-day-old female adult Aedes aegypti mosquitoes were used for repellency screening as per ICMR protocol.

試液はエタノール中20%精油として用意し、ポジティブコントロール陽性対照)としてエタノール中20%ディートを用意した。精油ブレンドは5%濃度で用意した。卵を産んでない3〜5日齢のメスの成虫のネッタイシマカがインド医療評議会(ICMR)プロトコルに従って忌避率スクリーニングに使用した

test solution 試液
positive control  ポジティブコントロール
Aedes aegypti mosquitoes ネッタイシマカ
ICMR:Indian Council of Medical Research, ICMR、インド医療評議会

The study showed that the repellency of 20% essential oil of O. sanctum, M. piperita and P. amboinicus were comparable with that of the standard DEET (20%) as no mosquito landing on the test was observed up to 6 h.The E. globulus oil exhibited mosquito repellency only upto 1½ h. Considerable mosquito landing and feeding was displayed in negative control. In the case of the oil blend, no landing of mosquitoes was seen up to 6 h as that of positive control.

この研究では、ホーリーバジル、ペパーミントおよびアロマティカスの20%精油の忌避率は、検査で蚊の着地が6時間まで観察されなかったため、標準ディート(20%)の忌避率と同等であった。ユーカリグロブルス精油は、蚊の忌避作用を1時間半までしか示さなかった。かなりの蚊の着地と摂食がネガティブコントロール(陰性対照)で示された。精油ブレンドの場合で、蚊の着地はポジティブコントロール(陽性対照)では6時間まで見られなかった。

The results showed that the essential oil blend from O. sanctum, M. piperita, E. globulus and P. amboinicus could repel Ae. aegypti mosquitoes or prevent from feeding as in the case of DEET even at a lower concentration of 5%.

研究結果は、ホーリーバジル、ペパーミントおよびアロマティカスからの精油ブレンドは、ネッタイシマカの忌避または5%の低濃度でさえディートの場合のように摂食を防止することができることを示した。

This study demonstrates the potential of essential oils from O. sanctum, M. piperita, E. globulus and P. amboinicus and their blend as mosquito repellents against Ae. aegypti, the vector of dengue, chikungunya and yellow fever.

この研究は、デング熱、チクングニア熱、黄熱病の媒介者のネッタイシマカに対しての蚊忌避剤として,ホーリーバジル、ペパーミントおよびアロマティカスからの精油およびそのブレンドの可能性を実証しています。

vector:媒介者
chikungunyaチクングニア熱

KEYWORDS:

キーワード

Aedes aegypti; Essential oil; Mosquito; Repellent; Vector

ネッタイシマカ、精油、蚊、忌避剤、媒介者

用語
ポジティブコントロール
https://www.weblio.jp/content/%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

科学実験における対照実験(コントロール)を2つに分けたうちの1つで、効果を検証したい対象と同一の条件で、既に陽性の結果が出ることが分かっている対象に実験操作を行うこと、あるいはその対象を意味する語。陽性対照、ポジコンとも言う。実験においては、検証したい対象とポジティブコントロールにおける結果の相対的な差異から実験結果を考察することができるが、必ずしもポジティブコントロールが設定できない実験もある。また、「うまくいく」ことが前提のポジティブコントロールですら期待通りの結果が表れなかった場合に、実験系に問題があることを検知することができる場合もある。ポジティブコントロールに対して、陰性の対照実験をネガティブコントロールと言う。

ディート
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88

ディート (DEET) は昆虫などの忌避剤(虫よけ剤)として用いられる化合物である。IUPAC名は N,N-ジエチル-3-メチルベンズアミドだが、N,N-ジエチル-m-トルアミドとも呼ばれる。分子量 191.27。融点 −45 ℃、沸点 285 ℃で、常温では無色液体である。水には溶けにくくアルコールなどの有機溶媒によく溶ける。CAS登録番号 [134-62-3]。消防法に定める第4類危険物 第3石油類に該当する[1]。

媒介者
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AA%92%E4%BB%8B%E8%80%85

媒介者(ばいかいしゃ)とは、それ自身は病原体でないが、病原体をある宿主から他の宿主へ運ぶことで感染症を媒介する生物のことである。ベクター(英語Vector)ともいう。

精油のお求めは下記にて

ホーリーバジル(トゥラシー)5ml精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/99

ペパーミント10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/10

ユーカリグロブルス10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/472

ユーカリネパール5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/213

|

June 13, 2018

動物モデルにおける抗不安様作用精油:ラベンダー、ネロリ、スイートオレンジ、ベルガモット

A Systematic Review of the Anxiolytic-Like Effects of Essential Oils in Animal Models.

動物モデルにおける精油の抗不安様作用に関してのシステマティック・レビュー

Systematic Reviewシステマティック・レビュー
Anxiolytic-Like Effects 抗不安様作用

PUBMEDより

de Sousa DP1, de Almeida Soares Hocayen P2, Andrade LN3, Andreatini R4.

Author information
1
Departamento de Ciências Farmacêuticas, Universidade Federal da Paraíba, CP 5009, João Pessoa-PB, CEP 58051-970, Brazil.
2
Departamento de Farmacologia, Universidade Federal do Paraná, CP 19031, Curitiba-PR, CEP 81540-970, Brazil.
3
Departamento de Fisiologia, Universidade Federal de Sergipe, CEP 49100-000, São Cristóvão-SE, Brazil.
4
Departamento de Farmacologia, Universidade Federal do Paraná, CP 19031, Curitiba-PR, CEP 81540-970, Brazil.

Abstract

要旨

The clinical efficacy of standardized essential oils (such as Lavender officinalis), in treating anxiety disorders strongly suggests that these natural products are an important candidate source for new anxiolytic drugs. A systematic review of essential oils, their bioactive constituents, and anxiolytic-like activity is conducted.

不安障害の治療における標準化された精油(ラベンダーなど)の臨床効果は、これらの天然物が新たな抗不安薬の重要な原料候補であることを強く示唆している。精油、それらの生物活性成分および抗不安様作用のシステマティック・レビューが行われる。

anxiety disorders 不安障害
clinical efficacy 臨床的効果

The essential oil with the best profile is Lavendula angustifolia, which has already been tested in controlled clinical trials with positive results. Citrus aurantium using different routes of administration also showed significant effects in several animal models, and was corroborated by different research groups.

最高のプロファイルを有している精油はラベンダー(Lavendula angustifolia)で、すでに比較臨床試験が行われていて、前向きな結果が出ています。 様々な投与経路を用いるネロリ(Citrus aurantium)も、いくつかの動物モデルで有意な効果を示し、異なる研究グループによって裏付けられました。

controlled clinical trials 比較臨床試験

Other promising essential oils are Citrus sinensis and bergamot oil, which showed certain clinical anxiolytic actions; along with Achillea wilhemsii, Alpinia zerumbet, Citrus aurantium, and Spiranthera odoratissima, which, like Lavendula angustifolia, appear to exert anxiolytic-like effects without GABA/benzodiazepine activity, thus differing in their mechanisms of action from the benzodiazepines. The anxiolytic activity of 25 compounds commonly found in essential oils is also discussed.

他の有望な精油は、スイートオレンジ(Citrus sinensis)およびベルガモット精油で、ある種の臨床抗不安作用を示した。ラベンダー(Lavendula angustifolia)と同様に、ヤローの仲間(Achillea wilhemsii)、ゲットウ(Alpinia zerumbet)、ネロ(Citrus aurantium)、およびマナカ(Spiranthera odoratissima,)は、GABA /ベンゾジアゼピン活性を有さない抗不安様作用を発揮すると考えられ、それゆえ、ベンゾジアゼピンによる作用機序と異なっている。精油によくみられる25種の化合物の抗不安作用も議論されている。

Spiranthera odoratissima A. St.-Hil., ‘manacá’, is a medicinal species used in Brazil
Spiranthera odoratissima A. St.-Hil、マナカはブラジルで使用されている薬用種である。

KEYWORDS:

キーワード

anxiety; anxiolytic; elevated plus maze; essential oil; lavender; natural products; relaxant; sedative; terpene; tranquillizer

不安、抗不安、高架十字迷路、精油、ラベンダー、天然物、リラックス、鎮静剤、テルペン; トランキライザー

用語

システマティック・レビュー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC

システマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことである[1]。根拠に基づく医療(EBM)で用いるための情報の収集と吟味の部分を担う調査である[2]。コクラン共同計画におけるシステマティック・レビューは、主題ごとに定期的に手入れされ、情報にアクセスできることも意図されている[2]。

不安障害
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%AE%89%E9%9A%9C%E5%AE%B3

不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すう(英語版)や心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。

γ-アミノ酪酸、略称 GABA(ギャバ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%93-%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%AA%E9%85%B8

γ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノらくさん, gamma-Aminobutyric acid )または4-アミノ酪酸(IUPAC名 4-aminobutanoic acid)は、アミノ酸のひとつで、主に抑制性の神経伝達物質として機能している物質である。

アミノ酪酸にはアミノ基のつく位置によりα-、β-、γ-の3種類の構造異性体が存在するが、γ-アミノ酪酸は、そのうちのひとつである。英語名の γ(gamma)-aminobutyric acid の頭文字をとった略称 GABA(ギャバ)が一般的に広く用いられている。

薬理学

GABA受容体のアゴニストないし、GABAの量を増加させる薬は、主として鎮静、抗痙攣、抗不安作用を有している。この種の薬はしばしば健忘を引き起こす。

ベンゾジアゼピン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%BC%E3%83%94%E3%83%B3

ベンゾジアゼピン(benzodiazepine、時に口語的にベンゾ)は、縮合したベンゼン環とジアゼピン環が中心となる化学構造をもつ、向精神薬である。よくBZDと略記される。 この系統の初めての薬であるクロルジアゼポキシドは、1955年にレオ・スターンバックにより偶然発見され、1960年にホフマン・ラ・ロシュにより作り変えられたジアゼパムもまた1963年以来販売されている。

ベンゾジアゼピンは、GABAA受容体における神経伝達物質のγ-アミノ酪酸(GABA)の作用を強め、鎮静、催眠 (睡眠導入(英語版))、抗不安、陶酔、抗けいれん、筋弛緩の特性がある。 また、多くの短時間型ベンゾジアゼピンの高用量における応用薬理として、健忘-解離作用がある[2]。これらの特性は、不安、不眠症、激越(英語版)、発作、けいれん、アルコール離脱症候群の治療や、医療的あるいは歯科的処置の前投薬(英語版)に役立っている[3]。 ベンゾジアゼピンは、短時間型、中間型、長時間型の作用に分類される。短時間と中間型作用のベンゾジアゼピンは不眠症の治療に、長時間型のベンゾジアゼピンは不安の治療のために推奨されている。[4]

精油のお求めは下記にて

野生ラベンダー(標高1300m以上)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/403

ネロリCO2(セレクト)1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/475

スイートオレンジ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/434

ベルガモット10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/11

|

June 05, 2018

クスリウコンCO2精油主要成分キサントリーゾールの抗がん、抗菌、抗炎症、抗酸化、血糖降下、抗高血圧、抗血小板、腎保護、肝臓保護、エストロゲンおよび抗エストロゲン作用

Xanthorrhizol: a review of its pharmacological activities and anticancer properties

キサントリーゾール:その薬理作用および抗がん作用のレビュー

Xanthorrhizol:キサントリーゾール

PUBMEDより

Cancer Cell Int. 2015; 15: 100.

Published online 2015 Oct 21. doi:  10.1186/s12935-015-0255-4

Seok Fang Oon,  Meenakshii Nallappan, Thiam Tsui Tee, Shamarina Shohaimi, Nur Kartinee Kassim, Mohd Shazrul Fazry Sa’ariwijaya, and Yew Hoong Cheah

Author information ► Article notes ►

Abstract

要旨

Xanthorrhizol (XNT) is a bisabolane-type sesquiterpenoid compound extracted from Curcuma xanthorrhiza Roxb. It has been well established to possess a variety of biological activities such as anticancer, antimicrobial, anti-inflammatory, antioxidant, antihyperglycemic, antihypertensive, antiplatelet, nephroprotective, hepatoprotective, estrogenic and anti-estrogenic effects.

キサントリーゾール(XNT)は、クスリウコンから抽出されたビザボレン型セスキテルペノイド化合物である。抗がん、抗菌、抗炎症、抗酸化、血糖降下、抗高血圧、抗血小板、腎保護、肝臓保護、エストロゲンおよび抗エストロゲン作用などの様々な生物活性を有することが十分に確立されている。

antihyperglycemic 血糖降下、
antihypertensive 抗高血圧
antiplatelet 抗血小板
nephroprotective 腎保護
hepatoprotective 肝臓保護

Since many synthetic drugs possess toxic side effects and are unable to support the increasing prevalence of disease, there is significant interest in developing natural product as new therapeutics. XNT is a very potent natural bioactive compound that could fulfil the current need for new drug discovery.

多くの合成医薬品は毒性の副作用を有し、疾病の罹患増大をサポートすることができないために、あらたな治療薬として天然物を開発することに大きな関心が寄せられている。キサントリーゾール(XNT)は、新薬発見の現在の必要性を満たすことができる極めて強力な天然生物活性化合物である

synthetic drugs 合成医薬品
prevalence of disease 疾病の罹患増大

Despite its importance, a comprehensive review of XNT’s pharmacological activities has not been published in the scientific literature to date. Here, the present review aims to summarize the available information in this area, focus on its anticancer properties and indicate the current status of the research. This helps to facilitate the understanding of XNT’s pharmacological role in drug discovery, thus suggesting areas where further research is required.

その重要性にもかかわらず、キサントリーゾール(XNT)の薬理作用包括的レビューはこれまでの科学文献には掲載されていない。本ビューは、この分野の入手可能な情報を要約し、その抗癌特性に焦点を当て、研究の現状を示すことを目的としている。これは、これは、創薬におけるキサントリーゾール(XNT)の役割の理解を促進することに役立ち、さらなる研究が必要とされる分野であることを示唆している。

drug discovery 創薬

Keywords: Xanthorrhizol, Curcuma xanthorrhiza Roxb., Pharmacological, Anticancer

キーワード:キサントリーゾール、クスリウコン、薬理、抗がん

精油のお求めは下記にて

クスリウコンCO25ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/491

|

May 23, 2018

がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー

Frankincense Essential Oil as a Supportive Therapy for Cancer-Related Fatigue: A Case Study.

がん関連疲労に対する支持療法としてのフランキンセンス精油:ケーススタディー

supportive therapy 支持療法
Cancer-Related Fatigue:がん関連疲労

PUBMEDより

Holist Nurs Pract. 2018 May/Jun;32(3):140-142. doi: 10.1097/HNP.0000000000000261.

holistic nursing practice journal :ホリスティック看護実践雑誌

Reis D1, Jones TT.
Author information
1
ProMedica Cancer Institute, Flower Hospital, Sylvania, Ohio (Ms Reis); and ProMedica, Toledo, Ohio (Ms Jones).

Abstract

要旨

Fatigue experienced by patients diagnosed with cancer can be debilitating and can be challenging to manage. The use of supportive therapies such as essential oils is gaining popularity among patients diagnosed with cancer.

がんと診断された患者が経験する疲労は衰弱する可能性があって、管理することが難しいことがあります。精油などの支持療法の使用はがんと診断された患者の間で人気を集めています。

This article describes one patient's experience using frankincense (Boswellia carterii) essential oil to help in the management of her fatigue. The topical application of the frankincense helped to take her fatigue from being barely able to lift her head to being able to do some basic activities of daily living.

この資料は、患者の疲労の管理に役立つフランキンセンス(Boswellia carterii)精油を使用して。ある患者の経験を記述します。フランキンセンス精油の局所塗布は疲労を取り除くことに役にたって、かろうじて頭を上げることができることから日常生活の幾つかの基本的活動ができることになった。


新発売精油

お徳用で限定販売
チャンパカ1mlAbs・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/514

タイムリナロール野生5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/517

サンダルウッド シャーマンアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/516

|

May 21, 2018

フランキンセンスおよびミルラは代謝プロフィルおよびMAPK(分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ)シグナル伝達経路の制御介して炎症を抑制する。

Frankincense and myrrh suppress inflammation via regulation of the metabolic profiling and the MAPK signaling pathway.

フランキンセンスおよびミルラは代謝プロフィルおよびMAPK(分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ)シグナル伝達経路の制御介して炎症を抑制する。

metabolic profiling 代謝プロフィル
MAPK(Mitogen-activated Protein Kinase):分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ

PUBMEDより

Sci Rep. 2015 Sep 2;5:13668. doi: 10.1038/srep13668.

Su S1,2, Duan J1,2, Chen T1,2, Huang X1,2, Shang E1,2, Yu L1,2, Wei K3, Zhu Y1,2, Guo J1,2, Guo S1,2, Liu P1,2, Qian D1,2, Tang Y1,2.

Author information

Abstract
要旨
Frankincense and myrrh are highly effective in treatment of inflammatory diseases, but lacking of the therapy mechanisms. We undertook this study to evaluate the effects on Adjuvant-induced Arthritis(AIA) rats and to explore the underlying mechanisms by analyzing the metabolic profiling and signaling pathway evaluated by expression of inflammatory cytokines, c-jun and c-fos and corresponding phosphorylation levels. [corrected].

フランキンセンスおよびミルラは炎症性疾患の治療に極めて有効であるが、治療メカニズムには欠けています。私たちは、この研究でアジュバント誘発性関節炎ラットへの効果の評価および炎症性サイトカイン、c-junタンパク質およびc-fosタンパク質および関連のリン酸化レベル(修正)の発現によって評価される代謝プロファイリングおよびシグナル伝達経路を分析することによって、根底にあるメカニズムを探求した。

c-junタンパク質(転写調節性DNA結合タンパク質)
c-Fosタンパク(転写調節性DNA結合タンパク質)
phosphorylation levels リン酸化レベル

The results stated the elevated expression levels of TNFα, PGE2, IL-2, NO, and MDA in serum and swelling paw of AIA rats were significantly decreased after treatment, which exerted more remarkable inhibitive effects of combined therapy. The metbolic profiling of plasma and urine were clearly improved and twenty-one potential biomarkers were identified.

結果は、アジュバント誘発性関節炎AIAラットの血清および腫脹肢における腫瘍壊死因子(TNFα)、プロスタグランジンE2、インターロイキン-2、一酸化窒素(NO、)、マロンジアルデヒド(MDA)が、処置後に有意に減少し、そのことは併用療法のより顕著な阻害効果を示したと述べた。血漿および尿の代謝プロファイリングが明らかに改善され、21の潜在的バイオマーカーが同定された。

Tumor Necrosis Factor:腫瘍壊死因子(TNF)
PGE2・Prostaglandin E2:プロスタグランジンE2 (炎症に関係する)
MDA(Malondialdehyde):マロンジアルデヒド(MDA)不飽和脂肪酸酸化検査キット
combined therapy 併用療法


Moreover, the inhibited effects of five bioactive components on cytokine transcription in PHA stimulated-PBMC showed the MAPK pathway might account for this phenomenon with considerable reduction in phosphorylated forms of all the three MAPK (ERK1/2, p38 and JNK) and down regulation of c-jun and c-fos.

さらに、受身赤血球凝集反応(PHA)刺激末梢血単核細胞(PBMC)におけるサイトカイン転写に対する5つの生理活性成分の阻害効果は、MAPK経路が全て3つのMAPK(ERK1 / 2経路、p38経路およびJNK経路)において全てのリン酸化形態の顕著な減少および c-junタンパク質とc-fosタンパク質のダウンレギュレーションを伴うこの現象を説明し得ることを示した。

bioactive components 生理活性成分
cytokine transcription サイトカイン転写
PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells):末梢血単核細胞
PHA(passive hemagglutination test.)受身赤血球凝集反応
固相化赤血球にウイルスを吸着させ、これに抗体を反応させ、凝集の有無により証明。
PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells):末梢血単核細胞
phosphorylated forms リン酸化型

用語

分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E8%A3%82%E4%BF%83%E9%80%B2%E5%9B%A0%E5%AD%90%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%8C%96%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BC

分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(ぶんれつそくしんいんしかっせいかタンパクしつキナーゼ、英: Mitogen-activated Protein Kinase、MAPK、EC 2.7.11.24)とはセリン/スレオニンキナーゼの一つであり、何らかの刺激(酸化ストレス、サイトカインなど)を受けて活性化される。全身の細胞に広く発現しており、様々な細胞の機能発現において重要な働きをしている。単にMAP(マップ)キナーゼと略して呼ばれることが多い。


マロンジアルデヒド(MDA)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/2365

Malondialdehyde(MDA)を比色法によって定量するキットです。MDAは不飽和脂肪酸の過酸化によって生じる主要な過酸化脂質で,細胞や組織における酸化ストレスのマーカーとして使用されています。

MAPKの3つを調べていた時に見つけて記事
東京大学医科学研究所 分子シグナル制御分野
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/dcsmm/DCSMM/naiyou-J.html

私達の研究室では、分子生物学、生化学や細胞生物学の研究手法を駆使し、細胞内情報伝達機構、特に細胞運命(増殖、分化、生存、死)の決定に最も重要なシグナル伝達システムである、MAPキナーゼ・カスケードの研究を行っています。 MAPキナーゼ・カスケードは、MAPKKK-MAPKK-MAPKという3種類の蛋白質リン酸化酵素(キナーゼ)によって構成されるシグナル伝達モジュールであり、出芽酵母からヒトに至る全ての真核生物に相同な分子が存在する細胞内情報伝達の根幹をなすシステムです。

 ヒトを代表とする哺乳類細胞には、ERK経路、p38経路、JNK経路という少なくとも3種類のMAPキナーゼ・カスケードが存在しますが、各経路の生理機能はそれぞれ異なることが知られています。

これら複数のMAPキナーゼ経路が正しく制御されることで、人体の恒常性が維持されていますが、MAPK経路に何らかの制御異常が起こってしまうと、癌、アレルギー・自己免疫疾患(関節リウマチ、喘息等)、糖尿病や神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病等)などの疾病になってしまうことが知られています。

考えたこと
また、難しい文献を訳してお知らせします。薬理効果のエビデンスを探すとなると書いてあることはとても理解するには大変です。今回はフランキンセンスとミルラの併用が炎症を抑制する効果を医学的に証明するためはこんなに門外漢にとっては難しくなるのです。精油にはいろんな作用があるのでそれらを暗記しよとします。ところがそれの作用機序になると説明することが出来なくなります。炎症の成り立ちによって非ステロイド炎症薬とステロイド炎症薬があるので、精油で炎症に良いのを選択するのには炎症のことを良く知らないと効果が薄れるかもしれません。それには精油の化学成分の炎症に対する作用機序を学ぶ必要があります。


新発売精油

お徳用で限定販売
チャンパカ1mlAbs・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/514

タイムリナロール野生5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/517

サンダルウッド シャーマンアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/516

|

May 15, 2018

β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与

Monoamine Involvement in the Antidepressant-Like Effect of β-Caryophyllene.

β-カリオフィレンの抗うつ薬様効果におけるモノアミン関与

Monoamine モノアミン

PUBMEDより

CNS Neurol Disord Drug Targets. 2018 Apr 20. doi: 10.2174/1871527317666180420150249.

中枢神経系神経障害薬剤標的ジャーナル

Oliveira DR1, Silva DM1, Florentino IF1, de Brito A1, Fajemiroye JO1, Silva DPB1, da Rocha F2, Costa EA1, De Carvalho PG3.
Author information
1Federal University of Goias - Department of Pharmacology Goiania, Goias. Brazil.
2Departamento de Ciencias Fisiologicas, Instituto de Ciencias Biologicas e da Saude, Universidade Federal Rural do Rio de Janeiro, Seropedica, RJ. Brazil.
3Centro de Ciencias Biologicas e da Saude, Universidade Federal do Oeste da Bahia, Barreiras, BA. Brazil.

Abstract

要旨

This study was conducted to evaluate the antidepressant-like activity of sesquiterpene compound β-caryophyllene (BCP) for the possible contribution of the monoamine and hippocampal levels of brain-derived neurotrophic factor (BDNF). Male albino Swiss mice were subjected to the forced swimming test after acute treatment and to the tail suspension test after repeated treatment. Hippocampal levels of BDNF were assayed by enzyme-linked immunosorbent assay.

この研究は、脳由来神経栄養因子(BDNF)のモノアミンの可能な寄与および海馬レベルに対するセスキテルペン化合物β-カリオフィレン(BCP)の抗うつ薬様作用を評価するために行った。 雄アルビノスイスマウスは急性処置後急性処置後の強制水泳試験および反復処置後尾懸垂試験法を受けた。脳由来神経栄養因子(BDNF)の海馬レベルは酵素結合免疫吸着測定法よって化学分析された。

brain-derived neurotrophic factor (BDNF):脳由来神経栄養因子(BDNF)
Tail suspension test尾懸垂試験法
enzyme-linked immunosorbent assay 酵素結合免疫吸着測定法

The anti-immobility effect of BCP was reverted by pretreatment with inhibitor of catecholamines α-methyl-p-tyrosine (100 mg/kg, i.p.), α-adrenergic antagonist yohimbine (1 mg/kg, i.p.), and β-adrenergic antagonist propranolol (2 mg/kg, i.p.), but not by pretreatment with either α1-adrenergic antagonist prazosin (1 mg/kg, i.p.) or 5-HT1A antagonist NAN-190 (0.5 mg/kg, i.p.), thereby suggesting the involvement of the catecholaminergic system, but not of the 5-HT1A serotonergic receptor, in BCP's antidepressive-like activity. Furthermore, BCP increased BDNF levels in the hippocampus after 14 d of treatment. No treatments in this study altered locomotor activity in the open field test.

β-カリオフィレン(BCP)の抗不動作用は、カテコールアミンα‐メチル‐p‐チロシンの阻害剤、α-アドレナリン遮断薬ヨヒンビン(1 mg/kg, 腹腔内)およびβ-アドレナリン受容体遮断薬プロプラノロールの事前処理よってもとにもどったが、α1-アドレナリン受容体遮断プラゾシンおよびセロトニン受容体拮抗薬NAN-190の前処理では元に戻らなくて、ゆえに、このことはβ-カリオフィレンの抗うつ薬様作用においてセロトニン受容体の関与でなくて、カテコールアミン系の関与を示唆した。さらに、β-カリオフィレン(BCP)は14日治療後海馬の脳由来神経栄養因子(BDNF)を増加させた。この研究での無治療はオープンフィールド試験において自発運動性活性を変化させた。

anti-immobility effect:抗不動効果
catecholamine カテコールアミン
α-methyl-p-tyrosine α‐メチル‐p‐チロシン(メチロシン)
5-HT1A antagonist:セロトニン受容体拮抗薬
セロトニン受容体(セロトニンじゅようたい、英: Serotonin receptor、5-HT receptor)は主に中枢神経系にある受容体の一群である。

α-adrenergic antagonist α-アドレナリン受容体遮断薬
β-adrenergic antagonist β-アドレナリン受容体拮抗薬
NAN-190:選択的5-HTIA受容体拮抗薬
the open field test:オープンフィールド試験(動物の不安関連行動の評価法)
locomotor activity:自発運動活性

This study provides a new mechanism of BCP-induced antidepressant-like effect mediated by the central catecholaminergic neurotransmitter system that could be a candidate for clinical tests of new treatments for depressive disorders.

この研究は、うつ病性障害の新しい治療法の臨床試験の候補となりうる中枢のカテコールアミン性神経伝達物質系によって媒介されるβ-カリオフィレン(BCP)誘発の抗うつ薬様効果の新しいメカニズムを提供する。

catecholaminergic neurotransmitter  カテコールアミン神経伝達物質
depressive disorders.:うつ病性障害

KEYWORDS: &beta;-caryophyllene; Antidepressant-like effect; behavioral test

キーワード:β-カリオフィレン、抗うつ薬様効果、行動試験

用語

モノアミン
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3

モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの神経伝達物質の総称である。いずれの神経伝達物質も一つのアミノ基が2つの炭素鎖により芳香環につながる化学構造を有する。霊長類、齧歯類ではモノアミン含有神経細胞の細胞体は脳幹部にあり、ほぼ脳全体に神経軸索を投射するため、モノアミン神経系(モノアミン系)は広汎投射神経系としての特徴を有する


尾懸垂試験法 (Tail suspension test) 星薬科大学 薬物治療学教室
http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/chiryou/kyoushitsu/utsu.html

マウスの尾にテープを貼り付け、そのテープに穴を開けて懸垂用のフックに掛けます。逆さ釣りの状態をマウスは嫌がるので初めは暴れますが、次第にあきらめて無動となります。この状態を"絶望状態"と呼び、10分間中の無動であった時間(無動化時間)を計測します。抗うつ薬は無動化時間を短縮させる(絶望状態にさせない)効果があるので、抗うつ薬のスクリーニング法として用いられています。

プロプラノロール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

プロプラノロール(英: propranolol)は、β1受容体とβ2受容体を遮断する、アドレナリン作動性効果遮断薬の1つである。経口投与ではほぼ全量が吸収されるものの、肝臓で大部分が分解される初回通過効果の大きな薬剤である。

プラゾシン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BE%E3%82%B7%E3%83%B3

プラゾシン(Prazosin)は、高血圧や前立腺肥大症の治療に用いられる交感神経遮断薬の一つである。商品名ミニプレス。外国では、不安、PTSD、パニック障害の軽減にも用いられる。交感神経α受容体遮断薬に分類され、α1受容体に特異的に作用する。α1受容体は血管平滑筋(英語版)に存在し、ノルアドレナリンの作用の一つである血管収縮(英語版)作用を司っている。α1受容体は中枢神経系にも存在する[1]。

カテコールアミン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3

カテコールアミン (Catecholamine) とは、一般にチロシンから誘導された、カテコールとアミンを有する化学種である。レボドパや多くの神経伝達物質等(ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン)及び関連薬物の基本骨格になっている。カテコラミンとも呼ばれる。

小野薬品 チロシン水酸化酵素阻害薬メチロシンを国内申請 開発公募品
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/60819/Default.aspx

メチロシンは、カテコールアミンの産生に関わるチロシン水酸化酵素を阻害することで、その産生を抑制し、カテコールアミンによる高血圧などの循環器症状を軽減する薬剤であり、交感神経遮断薬などでは症状が十分にコントロールできなくなった患者に対して併用されます。


関連する本の紹介

香り新書3
脳に効く香りー精油の効果をモノアミンで考えるー 
鳥居伸一郎著 フレグランスジャーナル社


思いつたこと
今回の文献の翻訳は薬のことが沢山出てきて翻訳が大変でした。そのぶん読みにくいかと思います。一般的にβ-カリオフィレンはカンナビノイド受容体タイプ2(CB2)に結合して抗炎症作用・鎮痛作用を発生させるものと思っていましたが、ここで抗うつ薬様効果もあることを知りました。薬の作用機序を知ることは重要であることで、作用機序が解れば精油の化学成分で置き換えることができないかと思いました。その意味で化学成分と受容体との関係がたいせつになってくるかと思いました。この文献は難しいけどβ-カリオフィレンに抗うつ薬様効果がることが知れたのは収穫です。


新発売精油

カシス(ブラックカラント)Abs1ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/511

フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/172

マンダリンルージュ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/512

アースソイルアッター3ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/508

オポパナックス(スイートミルラ)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/307

ピンクペッパー5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/510

|

April 14, 2018

実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用

Anti-Inflammatory Effects of the Essential Oils of Ginger (Zingiber officinale Roscoe) in Experimental Rheumatoid Arthritis.

実験的関節リウマチにおけるジンジャー精油の抗炎症性作用

rheumatoid arthritis 関節リウマチ

PUBMEDより

PharmaNutrition. 2016 Jul;4(3):123-131. Epub 2016 Jun 4.

Funk JL1, Frye JB1, Oyarzo JN1, Chen J1, Zhang H2, Timmermann BN2.
Author information
1
Department of Medicine, The University of Arizona, Tucson, AZ, USA.

アリゾナ大学、医学部、ツーソン、アリゾナ州
2
Department of Medicinal Chemistry, School of Pharmacy, The University of Kansas, Lawrence, KS, USA.

カンザス大学、薬学部、医薬品化学科

Abstract

要旨

Ginger and its extracts have been used traditionally as anti-inflammatory remedies, with a particular focus on the medicinal properties of its phenolic secondary metabolites, the gingerols. Consistent with these uses, potent anti-arthritic effects of gingerol-containing extracts were previously demonstrated by our laboratory using an experimental model of rheumatoid arthritis, streptococcal cell wall (SCW)-induced arthritis.

ジンジャーおよびその抽出物は抗炎症治療として伝統的に使用されてきて、特に、そのフェノール系の二次代謝産物・ジンゲロールの薬効成分に焦点があてられた。これらの使用と一致して、ジンゲロール含有の抽出物の抗関節炎効果は、連鎖球菌細胞壁(SCW)誘発関節炎、
リウマチ関節炎の実験モデルによって研究室で以前に実証された。

secondary metabolites 二次代謝産物
medicinal properties 薬効成分
anti-arthritic effects 抗関節炎効果
streptococcal 連鎖球菌

In this study, anti-inflammatory effects of ginger's other secondary metabolites, the essential oils (GEO), which contain terpenes with reported phytoestrogenic activity, were assessed in female Lewis rats with SCW-induced arthritis. GEO (28 mg/kg/d ip) prevented chronic joint inflammation, but altered neither the initial acute phase of joint swelling nor granuloma formation at sites of SCW deposition in liver. Pharmacologic doses of 17-β estradiol (200 or 600 μg/kg/d sc) elicited the same pattern of anti-inflammatory activity, suggesting that GEO could be acting as a phytoestrogen.

この研究で、報告されている植物エストロゲン作用のあるテルペンを含有するジンジャー精油(GEO)、ジンジャーの他の2次代謝物の抗炎症作用が連鎖球菌細胞壁(SCW)誘発関節炎の雌のLewisラットで評価された。ジンジャー精油GEO(28 mg/kg/d ip)は慢性関節炎症を予防したが、初期急性期の関節腫脹も肝臓におけるSCW沈着部位での肉芽腫形成も変化しなかった。17-βエストラジオール(200または600μg/ kg / d sc)の薬理学的用量は抗炎症作用の同じパターンを誘発し、ジンジャー精油(GEO)が植物エストロゲンとして作用し得ることを示唆した。

phytoestrogenic activity 植物エストロゲン作用
initial acute phase 初期急性期
joint swelling 関節腫脹
granuloma 肉芽種

However, contrary to this hypothesis, GEO had no in vivo effect on classic estrogen target organs, such as uterus or bone. En toto, these results suggest that ginger's anti-inflammatory properties are not limited to the frequently studied phenolics, but may be attributable to the combined effects of both secondary metabolites, the pungent-tasting gingerols and as well as its aromatic essential oils.

しかしながら、この仮説に反して、ジンジャー精油(GEO)は、子宮または骨などの古典的エストロゲン標的器官にインビボで影響を及ぼさなかった。全部で、これらの結果は、ジンジャーの抗炎症特性は頻繁に研究されるフェノールに限定されないことを示唆しているが、二次代謝産物、辛味味を感じるジンゲロールおよびその芳香族精油の両方の効果に起因する可能性がある。

KEYWORDS:

キーワード

arthritis; essential oil; estradiol; estrogen; ginger; gingerol; inflammation; mice; phytoestrogen; rats

関節炎、精油、エストラジオール、エストロゲン、ジンジャー、ジンゲロール、炎症、植物エストロゲン、ラット

精油のお求めは下記にて

ジンジャーCO2-se5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/492

|

January 21, 2018

ラベンダー、レモン、ベルガモットなどの精油がストレス、不安、うつ病、および他の気分障害を緩和

 

精油吸入→嗅覚系→脳を刺激→神経伝達物質・セルトニンやドーパミン誘発→気分調節

 

 

 

Aromatherapy and the central nerve system (CNS): therapeutic mechanism and its associated genes.

アロマセラピーおよび中枢神経(CNS):治療メカニズムおよびその関連遺伝子

PUBMED
より

Curr Drug Targets. 2013 Jul;14(8):872-9.

Lv XN1, Liu ZJ, Zhang HJ, Tzeng CM.

Author information

1Translational Medicine Research Center, School of Pharmaceutical Sciences, Xiamen University, Xiamen, Fujian, China.

厦門大学(あもいだいがく)、薬学部、トランスレーショナル医療研究センター、

Abstract

要旨

Molecular medical research on aromatherapy has been steadily increasing for use as an adjuvant therapy in managing psychiatric disorders and to examine its therapeutic mechanisms. Most studies, as well as clinically applied experience, have indicated that various essential oils, such as lavender, lemon and bergamot can help to relieve stress, anxiety, depression and other mood disorders.Most notably, inhalation of essential oils can communicate signals to the olfactory system and stimulate the brain to exert neurotransmitters (e.g. serotonin and dopamine) thereby further regulating mood.

アロマテラピーに関する分子医学研究は、精神障害の管理における補助療法としての使用およびその治療メカニズムの研究のために、アロマテラピーに関する分子医学研究は着実に増加しています。多くの研究、同様に臨床的応用経験は、ラベンダー、レモン、ベルガモットなどの様々な精油がストレス、不安、うつ病、および他の気分障害を緩和するのに役立つことが出来ることを示していた。最も重要なことに、精油の吸入は、嗅覚系に信号を伝達し、脳を刺激して、神経伝達物質(例えば、セルトニンおよびドーパミンに及び、それによって気分をさらに調節することができる)

psychiatric disorders
精神障害
adjuvant therapy
補助療法
therapeutic mechanisms.
治療メカニズム

However, little research has been done on the molecular mechanisms underlying these effects, thus their mechanism of action remains ambiguous. Several hypotheses have been proposed regarding the therapeutic mechanism of depression. These have mainly centered on possible deficiencies in monoamines, neurotrophins, the neuroendocrine system, c-AMP, cation channels as well as neuroimmune interactions and epigenetics, however the precise mechanism or mechanisms related to depression have yet to be elucidated.

しかし、これらの作用の根底にある分子メカニズムについてはほとんど研究されておらず、その作用機序はあいまいである。うつ病の治療メカニズムに関していくつかの仮説が提唱されている。これらは主に、モノアミン、ニューロトロフィン、神経内分泌系、c-AMP、カチオンチャネルならびに神経免疫相互作用およびエピジェネティクスの欠陥の可能性に焦点をおいているが、うつ病に関する正確なメカニズムまたはメカニズムはまだ解明されていない。

ambiguous
 あいまい
neuroimmune interaction
神経免疫相互作用

In the current study, the effectiveness of aromatherapy for alleviating psychiatric disorders was examined using data collected from previously published studies and our unpublished data. A possible signaling pathway from olfactory system to the central nerve system and the associated key molecular elements of aromatherapy are also proposed.

今回の研究では、以前発表された研究および未発表データから収集されたデータを用いて、精神障害を緩和するためのアロマセラピー有効性は調べられた。嗅覚系から中枢神経系への可能なシグナル伝達経路および関連するアロマテラピーの主要分子成分もまた提案されている。

molecular elements
分子成分

用語

Science Translational Medicine
http://www.sciencemag.org/site/misc/ScienceTranslationalMedicine_InformationSheet_Japanese.pdf

トランスレーショナル医療(Translational Medicine)とは、研究室での基礎研究成果を実際の臨床の場に応用する過程をいい、多数の学問分野にわたる協力が必要な、科学において重要な新分野です。

モノアミン仮説 脳科学辞典
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E4%BB%AE%E8%AA%AC

 


モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの神経伝達物質の総称である。そのうち、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンは精神疾患と密接な関連があることが示唆されており、気分障害、不安障害、統合失調症に関する仮説が提案されている。いずれの仮説も治療薬の作用機序から患者脳内におけるモノアミンの異常を推定しているという共通点を有する。

脳の栄養因子ニューロトロフィン
http://lifeorder-lab.com/archives/3231

 


ニューロンの生存および成長には、それを可能にする栄養因子(タンパク質)が必要です。そういった栄養因子を総称してニューロトロフィンといい、ニューロンが支配する筋、その他の構造やアストロサイトによって産生されます。

これらはニューロン終末の受容体と結合し、細胞内へ取り込まれ、次いで逆行性軸索輸送によって細胞体へ運ばれます。細胞体で、これらニューロトロフィンは、ニューロンの発育、成長、生存に関与するタンパク質の産生を促進させます。また、ニューロトロフィンはニューロン内でも作られ、これは順行性に終末まで輸送され、そこでシナプス後ニューロンの健全性を維持しています。

ニューロトロフィンの中には、神経成長因子(nerve growth factor : NGF)、脳由来神経栄養因子(brain derived neurotrophic factor : BDNF)ニューロトロフィン3neurotrophin3 : NT-3)ニューロトロフィン4/5neurotrophin4/5 NT-4/5)などがあります

モノアミン酸化酵素阻害薬
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%85%B5%E7%B4%A0%E9%98%BB%E5%AE%B3%E8%96%AC

 


モノアミン酸化酵素阻害薬(-さんかこうそそがいやく、英:Monoamine oxidase inhibitorMAOI)は、モノアミン酸化酵素の働きを阻害することによって、モノアミン神経伝達物質として総称される脳内のドーパミンやセロトニンのような物質を分解されないようにする薬剤の総称である。MAO阻害薬とも呼ばれる。抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として用いられる。日本では、過去に抗うつ薬にも使われたが、現在では抗パーキンソン病薬として使われる。国外では抗うつ薬としても使われる。

副作用として、最終的に体内でドーパミンとなる食品中のチラミンとの相互作用によって、致命的な高血圧や重い肝障害が生じる。そのため、食事の管理が徹底される必要がある。また、薬物間の相互作用も同様であり、ドーパミンの放出を促進する薬物には注意が必要である。さらにセロトニンの再取り込みを阻害する多くの抗うつ薬もセロトニン症候群を起こしうる。

 

 

 

|

より以前の記事一覧