February 23, 2017

生徒のテスト不安に対するチュベローズ精油吸入の効果:臨床試験

The Effect of Inhalation of Essential Oils of Polianthes Tuberosa on Test Anxiety in Students: A Clinical Trial.

生徒のテスト不安に対するチュベローズ精油吸入の効果:臨床試験

Polianthes Tuberosa チュベローズ、リュゼツラン科 ゲッカコウ属

PUBMEDより

Iran J Med Sci. 2016 May;41(3 Suppl):S13.

Ghorat F1, Shahrestani S1, Tagabadi Z1, Bazghandi M2.

Author information

•1Traditional and Complementary Medicine Research Center, Sabzevar University of Medical Sciences, Sabzevar, Iran.
•2Traditional and Complementary Medicine Research Center, Farzanegan High School, Sabzevar, Iran.

Abstract

要旨

BACKGROUND:

背景

Based on Iranian traditional medicine, the root cause of anxiety is due to the heart and brain diseases. The use of aromatic substances is one of the basic treatments for the heart and brain diseases in Iranian traditional medicine. Concerning the prevalence of test anxiety among students, this study was conducted to determine the effect of inhalation of essential oils of Polianthes tuberosa on test anxiety among students of Farzanegan high school in Sabzevar during 2015.

イラン伝統医療に基づいて、不安の根本原因は心臓および脳の病気のためであります。芳香物質の使用はイラン伝統医療で心臓および脳の病気に対する基本治療法の一つです。生徒間のテスト不安の有病率については、この研究が2015年間にサブゼバールでFarzanegan高校生の間でテスト不安対するチュベローズ精油吸入効果を決定するために行われました。

METHODS:

方法

This was a randomized clinical trial, in which 54 students with eligibility criteria were randomly divided into the intervention and control groups. In the pre-test stage, demographic data and Sarason anxiety questionnaires were filled by all students (7th grade).
これは無作為化臨床試験であって、適格基準を満たした54名の生徒(7年生)を介入群と対照群に無作為に分けた。臨床試験前の段階では、すべての生徒(7年生)によって人口統計データおよびSarason 不安アンケートが記入された。

Then, in the intervention stage, students of the intervention group inhaled Tuberose oil using handkerchiefs smeared with Tuberose oil for 15-20 minutes during the exam. The control group received placebo with the same method. At the end of the exam, test anxiety questionnaire was filled by the two groups again. The collected data were analyzed by the statistical tests (i.e. χ2, paired t-test and independent sample t-test) using SPSS 18.

その後、介入段階で、生徒は、試験中にチュベローズ精油で塗られたハンカチを用いて、チュベローズ精油を5-20分間吸入した。対照群は同じ方法でプラセボを受けた。試験の終わりに、テスト不安アンケートが再び2つのグループによって記入された。収集したデータは、統計解析ソフトSPSS18を用いて、統計的検定(すなわち、カイ二乗検定、対応のあるt検定および独立したサンプルt-検定)によって分析された。

χ2:カイ二乗検定
paired t-test:対応のあるt検定
independent sample t-test 独立したサンプルt-検定
statistical tests 統計的検定

RESULTS:

結果

Independent t-test showed a significant difference in the mean scores of test anxiety after intervention between the two groups of study and control (P<0.05),but this difference was not significant before the intervention (P=0.58). Additionally, in the study group, there was a significant difference in the mean scores of test anxiety before and after intervention (P<0.05), but this difference was not significant in the control group (P=0.073).

独立したt検定は、研究と対照の2群(P <0.05)との間に介入後のテスト不安の平均スコアの有意差を示したが、この差は介入(P = 0.58)前に有意はなかったです。さらに、研究群では、介入前と後のテスト不安の平均スコアの有意差(P <0.05)があったが、この差は、対照群(P = 0.073)で有意ではなかったです。

CONCLUSION:
結論

The result showed that aromatherapy with essential oil of Polianthes tuberosa was effective in reducing test anxiety among students. It is recommended to conduct educational programs concerning this method in schools to decrease the test anxiety of students.

研究結果は、チュベローズ精油でのアロマセラピーは生徒のテスト不安軽減において効果的であることが示された。生徒のテスト不安を軽減するために、この方法に関する教育プログラムを学校で実施することが推奨されます。

KEYWORDS:

キーワード

Anxiety; Aromatherapy; Medicine; Traditional

不安、アロマセラピー、薬剤、伝統

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

February 20, 2017

皮膚における線維芽細胞増殖因子FGF-2 活性を促進する保護活性成分としてのアンブレットシード抽出物

A Hibiscus Abelmoschus seed extract as a protective active ingredient to favour FGF-2 activity in skin.

皮膚における線維芽細胞増殖因子FGF-2 活性を促進する保護活性成分としてのアンブレットシード抽出物

FGF(Fibroblast growth factors):線維芽細胞増殖因子

PUBMEDより

Int J Cosmet Sci. 2009 Dec;31(6):419-26. doi: 10.1111/j.1468-2494.2009.00538.x.
Rival D1, Bonnet S, Sohm B, Perrier E.

Author information

•1BASF Beauty Care Solutions-France SAS, 69007 Lyon, France.

Abstract

要旨

In the skin, heparin, heparan sulphate and heparan sulphate proteoglycans control the storage and release of growth factors and protect them from early degradation. We developed a cosmetic active ingredient containing Hibiscus Abelmoschus seed extract (trade name Linefactor) that can maintain the FGF-2 content in the skin by mimicking the protective effect of heparan sulphate proteoglycans.

皮膚において、ヘパリン、ヘパラン硫酸およびヘパラン硫酸プロテオグリカンは、成長因子の貯蔵および放出を制御し、早期分解からそれらを保護する。私たちは、ヘパラン硫酸プロテオグリカンの保護効果を模倣することによって、皮膚のFGF-2含量を維持することができるアンブレットシード抽出物(商標名Linefactor)を含有する化粧品有効成分を開発した。

heparin ヘパリン
heparan ヘパラン硫酸
heparan sulphate proteoglycans ヘパラン硫酸プロテオグリカン

By preventing the natural degradation of FGF-2, Hibiscus Abelmoschus seed extract maintains the bioavailability of this growth factor for its target cells, i.e. skin fibroblasts. Our in vitro evaluations showed that this ingredient exhibited heparan sulphate-like properties and dose-dependently protected FGF-2 from thermal degradation.

線維芽細胞増殖因子・FGF-2の自然分解を防止することにより、アンブレットシード抽出物はその標的細胞、すなわち皮膚線維芽細胞に対するこの成長因子の生物学的利用能を維持する。私たちの試験管内での評価は、この抽出物がヘパラン硫酸様な特性を示し、容量依存的に熱分解からFGF-2を保護することを示した。

Bioavailability:生物学的利用能・バイオアベイラビリティ

We could also show that, in turn, the protected FGF-2 could stimulate the synthesis of sulphated GAGs, the natural protective molecules for FGF-2, thus providing a double protection.

また、私たちは、順番に、保護されたFGF-2が、FGF-2の天然保護分子である硫酸化グリコサミノグリカンの合成を促進することが出来、それゆえに、二重保護を提供できることを示すことが出来た。

sulfated glycosaminoglycans 硫酸化グリコサミノグリカン

Finally, the in vitro results were confirmed in vivo thanks to a clinical study in which skin biomechanical properties and reduction in wrinkles were assessed.

最後に、試験管内での結果は、皮膚の生体力学的特性およびしわの減少が評価された臨床研究のおかげで、生体内で確認された。

skin biomechanical properties 皮膚生体力学的特性

用語
線維芽細胞増殖因子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E8%8A%BD%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%A2%97%E6%AE%96%E5%9B%A0%E5%AD%90


線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし、英: Fibroblast growth factors)またはFGFは、血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因子の一種。FGFはヘパリン結合性タンパク質で、細胞表面のプロテオグリカンの一種ヘパラン硫酸と相互作用を持つことがFGFのシグナル伝達に不可欠なことが明らかになっている。FGFは広範囲な細胞や組織の増殖や分化の過程において重要な役割を果たしている


関連ブログ

アンブレットシードオイルによる女性ホルモン分泌刺激作用

The stimulatory effect on the secretion of the female sex hormone by some perfumery raw materials
一部の香水原料による女性ホルモン分泌に及ぼす刺激作用
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/post-6a94.html

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

December 11, 2016

ダマスクローズ、ゼラニウムおよびローズマリー精油の神経毒性に対する保護効果(試験管実験)

An In Vitro System Comprising Immortalized Hypothalamic Neuronal Cells (GT1-7 Cells) for Evaluation of the Neuroendocrine Effects of Essential Oils.

精油の神経内分泌作用評価のための不死化視床下部ニューロン細胞(GT1-7細胞)を含むインビトロ(試験管内で)アッセイ系

Immortalized Hypothalamic Neuronal Cells (GT1-7 Cells)不死化視床下部神経細胞(GT1-7細胞)

PUBMEDより

Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:343942. doi: 10.1155/2015/343942. Epub 2015 Oct 21.

Mizuno D1, Konoha-Mizuno K2, Mori M2, Yamazaki K1, Haneda T1, Koyama H3, Kawahara M2.

Author information
•1Department of Forensic Medicine, Faculty of Medicine, Yamagata University, 2-2-2 Iida-Nishi, Yamagata-shi, Yamagata 990-9585, Japan.

•2Research Institute of Pharmaceutical Sciences, Faculty of Pharmacy, Musashino University, 1-1-20 Shin-machi, Nishitokyo-shi, Tokyo 202-8585, Japan.

•3School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University of Health and Welfare, 1714-1 Yoshino-cho, Nobeoka-shi, Miyazaki 882-8508, Japan.

Abstract

要旨

Aromatherapy and plant-based essential oils are widely used as complementary and alternative therapies for symptoms including anxiety. Furthermore, it was reportedly effective for the care of several diseases such as Alzheimer's disease and depressive illness. To investigate the pharmacological effects of essential oils, we developed an in vitro assay system using immortalized hypothalamic neuronal cells (GT1-7 cells).

アロマセラピーおよび植物ベース精油は不安を含む症状に対して補完代替療法として幅広く使用されています。さらに、それは、アルツハイマー病やうつ病などのいくつかの疾患ケアに有効であると報告されています。精油の薬理学的効果を調べるために、私たちは、不死化視床下部神経細胞(GT1-7細胞)を用いて、私たちはインビトロ(試験管内で)アッセイ系を開発しました。

In this study, we evaluated the effects of essential oils on neuronal death induced by hydrogen peroxide (H2O2), aluminum, zinc, or the antagonist of estrogen receptor (tamoxifen). Among tests of various essential oils, we found that H2O2-induced neuronal death was attenuated by the essential oils of damask rose, eucalyptus, fennel, geranium, ginger, kabosu, mandarin, myrrh, and neroli. Damask rose oil had protective effects against aluminum-induced neurotoxicity, while geranium and rosemary oil showed protective activity against zinc-induced neurotoxicity.

本研究では、過酸化水素(H 2 O 2)、アルミニウム、亜鉛、またはエストロゲン受容体のアンタゴニスト(タモキシフェン)によって誘発される神経細胞死に対する精油の効果を評価しました。様々な精油の検査の中で、私たちは、過酸化水素(H 2 O 2)誘発神経細胞死はダマスクローズ、ユーカリ、フェンネル、ゼラニウム、ジンジャー、カボス、マンダリン、ミルラ、およびネロリの精油によって弱毒化されたことを解明した。ダマスクローズ精油はアルミニウム誘発神経毒性に対する保護効果を有していて、一方、ゼラニウムとローズマリー精油は、亜鉛誘発性神経毒性に対する保護効果を有していた。

neuronal death 神経細胞死
tamoxifen タモキシフェン(抗ガン剤・抗エストロゲン薬)

In contrast, geranium oil and ginger oil enhanced the neurotoxicity of tamoxifen. Our in vitro assay system could be useful for the neuropharmacological and endocrine pharmacological studies of essential oils.

これとは対照的に、ゼラニウム精油およびジンジャー精油は、タモキシフェンの神経毒性を増強しました。私たちのインビトロ(試験管内で)アッセイ系は、精油の神経薬理学的および内分泌薬理学的研究のために有用であるあるだろう。

用語
GT1-7細胞に関して調べた情報

内分泌かく乱物質の脳神経系機能発達への影響と毒性メカニズム
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei11/pdf/d-3-12.pdf

GT1-7細胞は視床下部神経細胞由来の細胞株で、in vitroでの神経内分泌系
の研究に有利であると考えられる。 estrogen類似作用を報告されている種々
の化学物質がGT1-7細胞の生存維持や分化に及ぼす影響を検討した。

GT1-7細胞は常法により培養し、実験を行った。 GT1-7細胞はこの培養条件下でMAP2陽性の突起を伸展させ神経細胞様に分化することを確認した。

抗estrogen作用を持つtamoxifenは濃度依存的にGT1-7細胞の細胞死を起こした。


タモキシフェン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3

タモキシフェン(Tamoxifen、TAM)とは、抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)の一種。
乳癌組織等に存在するエストロゲンレセプターに、エストロゲンと競合的に結合し、抗エストロゲン作用を示すことによって抗腫瘍効果を発揮するものと考えられている。

精油のお求めはフィトアロマ研究所へ
ローズオットー(ブルガリア)1ml精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/100

ローズマリーカンファー10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/15

ジンジャーCO2(セレクト)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/173

|

December 07, 2016

疼痛、炎症、気道疾患、および悪性黒色腫に関係するTRP・一過性受容体電位チャンネル

精油の薬理効果を発現するには細胞の受容体に結合する必要があります。受容体に結合して活性化するのをアゴニスト(作動薬)反対に阻害して機能止めるのがアンタアゴニスト(拮抗薬)になります。受容体のことを調べていると、精油の化学成分名が出てきます。これらの文献を読んでみると、精油の機能性の理屈が理解できるようになるかもしれません。

温度感受性TRPチャンネルは冷たい、温かい、熱いと関係して、それは、また、痛みと関係しています。TRPチャンネルは皮膚や感覚神経などに発現するので、痛みのために精油を塗布することによって痛みを緩和する作用もTRPチャンネルが関係しているようです。

TRPチャンネル理解のために翻訳をします。精油の化学成分とTRPチャンネルとの関係を調べたいと思っています。


Transient receptor potential ion channels: powerful regulators of cell function.

一過性受容体電位イオンチャネル:細胞機能の強力な調節因子

Transient receptor potential ion channels 一過性受容体電位イオンチャネル

PUBMEDより

Billeter AT1, Hellmann JL, Bhatnagar A, Polk HC Jr.

Author information

1*Hiram C. Polk Jr MD Department of Surgery, Price Institute of Surgical Research, and Diabetes and Obesity Center, University of Louisville School of Medicine, Louisville, KY.

Abstract

要旨

OBJECTIVE:

目的

This article reviews the current understanding of transient receptor potential ion channels (TRP channels) in health and disease.

この記事は、健康および疾患における一過性受容体電位イオンチャネル(TRPチャネル)の現状理解を概説する。

BACKGROUND:

背景

Transient receptor potential ion channels are a group of 27 channels that are expressed in all tissues. These channels play important roles in surgically important problems, such as chronic pain, susceptibility to infection, hypothermia, and some cancers.

一過性受容体電位イオンチャネルは、すべての組織で発現される27チャネルのグループである。これらのチャンネルは、慢性疼痛、感染への感受性、低体温、および幾つかのがんなどの外科的重要な疾患において重要な役割を果たします。

METHODS:

方法

A literature search was performed. This review focuses on the role of TRP channels in a few surgically important disease processes, such as pain, inflammation, airway diseases, and malignant melanomas. In addition, we discuss some of the structural properties that are important for the activation of TRP channels.

文献検索が行われた。このレビューは、疼痛、炎症、気道疾患、および悪性黒色腫などのいくつかの外科的重要疾患プロセスにおけるTRPチャネルの役割に焦点を当てている。さらに、私たちは、TRPチャネルの活性化に重要であるいくつかの構造特性について議論する。

airway diseases 気道疾患
malignant melanoma 悪性黒色腫

RESULTS:

結果


TRPA1 and TRPV1 are expressed on pain fibers and play an important role in the development of chronic pain, such as chemotherapy-related neuropathic pain. Deletion of TRPA1 and TRPV1 suppresses the development of chronic pain, and blockers of TRPA1 and TRPV1 show promise as a new class of painkillers.

TRPA1およびTRPV1は痛覚線維上に発現され、化学療法関連神経因性疼痛などの慢性疼痛の発症において重要な役割を果たす。 TRPA1およびTRPV1の欠損は慢性疼痛の発症を抑制し、TRPA1およびTRPV1の遮断薬は新たなクラスの鎮痛剤として有望です。

pain fibers 痛覚線維
chemotherapy-related neuropathic pain 化学療法関連神経性疼痛
blockers 遮断薬

Furthermore, several TRP channels are expressed on immune cells. Macrophages express at least 3 different TRP channels, and the properly balanced activation of all these channels together allows normal macrophage function. Deletion of any of these channels results in impaired macrophage function and increased susceptibility to infection.

さらに、いくつかのTRPチャネルが免疫細胞上で発現されます。マクロファージは、少なくとも3つの異なるTRPチャネルを発現し、これら全てのチャネルの適切にバランスのとれた活性化は、正常なマクロファージ機能を可能にします。これらのチャンネルのいずれかの欠損は、マクロファージ機能の障害および感染に対する感受性の増加をもたらします。

Because several of these TRP channels on macrophages are temperature sensitive, they may comprise the link for hypothermia-related infectious complications in trauma, and to a lesser degree, in elective surgical patients.

これらのマクロファージ上のこれらのTRPチャネルのいくつかは温度感受性であるため、それらは外傷および、ある程度、待期的外科患者における低体温感染性合併症のためのリンクを含む可能性がある。

infectious complications 感染性合併症
trauma 外傷
elective surgical patients. 待期的外科患者
elective surgery 待期的手術(緊急でない、選択的な手術)

CONCLUSIONS:

結論

Transient receptor potential ion channels are involved in several surgically important disease processes. Activation or blockade of these channels offers new therapeutic opportunities. Pharmacologic activation or blockade of TRP channels may offer new treatment options in surgical patients for the management of pain and infections.

一過性受容体電位イオンチャネルは外科的に重要な幾つかの疾患プロセスに関与しています。これらのチャネルの活性化または遮断は新しい治療機会を提供する。 TRPチャネルの薬理活性化または遮断は、疼痛および感染症の管理のために外科患者に新しい治療選択肢を提供し得る。

|

November 30, 2016

リモネンは、セルトニン5-HTニューロン機能およびドーパミン放出の調節を介してメタンフェタミン誘発の自発運動を阻害する。

Limonene inhibits methamphetamine-induced locomotor activity via regulation of 5-HT neuronal function and dopamine release.

リモネンは、セルトニン5-HTニューロン機能およびドーパミン放出の調節を介してメタンフェタミン誘発の自発運動を阻害する。

locomotor activity 自発運動

PUBMEDより

Yun J1.

Author information

•1Pharmaceutical Standardization Research and Testing Division, National Institute of Food and Drug Safety Evaluation, Ministry of Food and Drug Safety, Republic of Korea.

Abstract

要旨

Methamphetamine is a psychomotor stimulant that produces hyperlocomotion in rodents. Limonene (a cyclic terpene from citrus essential oils) has been reported to induce sedative effects.

メタンフェタミンは、齧歯類で自発運動の亢進を引き起こす精神運動刺激剤です。リモネン(柑橘系精油由来の環状テルペン)は、鎮静作用を誘発することが報告されている。

psychomotor stimulant 精神運動刺激剤
hyperlocomotion 自発運動の亢進
rodents げっ歯類

In this study, we demonstrated that limonene administration significantly inhibited serotonin (5-hydroxytryptamine, 5-HT)-induced head twitch response in mice. In rats, pretreatment with limonene decreased hyperlocomotion induced by methamphetamine injection. In addition, limonene reversed the increase in dopamine levels in the nucleus accumbens of rats given methamphetamine.

本研究で、私たちは、リモネン投与がマウスにおけるセロトニン(5-ヒドロキシトリプタミン、5-HT)誘発性頭攣縮反応を有意に阻害することを実証した。ラットで、リモネンの前処理は、メタンフェタミン注射によって誘導された自発運動の亢進を減少させた。さらに、リモネンは、メタンフェタミンを投与されたラットの側坐核におけるドーパミンレベル上昇を逆転させた。

head twitch response頭部痙攣縮反応
nucleus accumbens 側坐核

These results suggest that limonene may inhibit stimulant-induced behavioral changes via regulating dopamine levels and 5-HT receptor function.

これらの研究結果は,リモネンがドーパミンレベルおよびセルトニン5-HT受容体機能の調節を介して、刺激剤誘発行動変化を阻害し得ることを示唆している。

KEYWORDS:

キーワード

5-HT; Dopamine; Drug addiction; Limonene; Methamphetamine

セルトニン、ドーパミン、麻薬中毒、リモネン; メタンフェタミン

関連記事

頭部痙攣縮反応のことを調べていたときに見つけた文献です。

The serotonin 2C receptor potently modulates the head-twitch response in mice induced by a phenethylamine hallucinogen

セロトニン2C受容体は、フェネチルアミン幻覚剤によって誘発されたマウスにおける頭部痙攣縮反応を強力に調節する。

PUBMEDより

用語
methamphetamine メタンフェタミン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

メタンフェタミン(英語: methamphetamine, methylamphetamine)とは、アンフェタミンの窒素原子上にメチル基が置換した構造の有機化合物である。間接型アドレナリン受容体刺激薬としてアンフェタミンより強い中枢神経興奮作用をもつ

精油のお求めはフィトアロマ研究所へ

リモネン含有(95.03%)
グレープフルーツ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/432

|

November 25, 2016

d-リモネン・単環式モノテルペンの経皮吸収促進作用および皮膚刺激。

Percutaneous absorption enhancing effect and skin irritation of monocyclic monoterpenes.

単環式モノテルペンの経皮吸収促進作用および皮膚刺激。

percutaneous absorption 経皮吸収
monocyclic monoterpenes 単環式モノテルペン

PUBMEDより

Drug Des Deliv. 1990 Sep;6(3):229-38.

Okabe H1, Obata Y, Takayama K, Nagai T.

Author information

Department of Pharmaceutics, Hoshi University, Tokyo, Japan .

星薬科大学 薬剤学部教室

Abstract

要旨

The percutaneous absorption promoting effect and skin irritancy of cyclic monoterpenes were investigated in rats and with rabbits, respectively. Ketoprofen (KPF) was applied to rat skin in gel ointments containing various cyclic monoterpenes.

環状モノテルペンの経皮吸収促進作用および皮膚刺激はラットおよびウサギで、それぞれ、調べられた。ケトプロフェンKRAF(非ステロイド炎症剤)は様々な環状モノテルペン含有ゲル軟膏でラットの皮膚に塗布した。

cyclic monoterpenes 環状モノテルペン

Plasma concentrations of KPF markedly increased with the addition of the hydrocarbons of cyclic monoterpenes such as trans-p-menthane and d-limonene, whereas no significant enhancing effect was observed in the cases of other terpenes such as l-menthol, l-menthone and 1,8-cineole.

トランス-p-メンタンおよびd-リモネンなどの環式モノテルペンの炭化水素を添加すると、KPFの血漿濃度は著しく増加したが、l-メントール、l-メントンおよび1,8-シネオールなどの他のテルペンの場合には有意な増強作用は観察されなかった。

trans-p-menthane トランスp-メンタン

The lipophilicity of the enhancers seems the important factor in promoting penetration of KPF through the skin. The enhancing activity of d-limonene was found to be much higher than that of Azone.

促進剤の親油性は皮膚を通してケトプロフェンKRAFの浸透を促進する上で重要な因子と思われる。d-リモネンの促進活性はアズワンよりもはるかに高いことが判明した。

Azone.:アズワン(けい皮吸収促進剤)

Irritancy of the hydrocarbons of cyclic monoterpenes and Azone to the skin was evaluated using a Draize scoring method with rabbits.No change was observed on the skin surface when ethanol containing 2% of the hydrocarbons was applied to the dorsal skin, though a slight edema and erythema were observed in the case of Azone.

皮膚への環状モノテルペンおよびアズワンの皮膚刺激はドレイズ試験を用いて評価した。 2%の炭化水素を含むエタノールを背部皮膚に塗布した場合、皮膚表面に変化は見られなかったが、アズワンの場合にはわずかな浮腫および紅斑が観察された。

In particular, an obvious difference was observed in the erythema formation between Azone and the hydrocarbons of cyclic monoterpenes.

特に、アズワンと環状モノテルペン炭化水素とのに紅斑形成において明らかな差異が観察された。

Erythema 紅斑

用語
ドレイズ試験
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%A9%A6%E9%A8%93

ドレイズ試験(Draize Test)もしくはドレイズ法は、1944年にFDAの毒性学者であったジョン・ドレイズ(John H. Draize)とジェイコブ・スピネス(Jacob M. Spines)により考案された急性毒性(刺激性)試験法である。当初は化粧品の試験として開発され、その手順には、意識のある状態で拘束したウサギの皮膚または眼に対し、試験物質を0.5mLまたは0.5gを適用して4時間の放置を行う過程を含む試験である[1]

|

November 08, 2016

匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用

Brain-immune interaction accompanying odor-evoked autobiographic memory.

匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用

PUBMEDより

PLoS One. 2013 Aug 20;8(8):e72523. doi: 10.1371/journal.pone.0072523. eCollection 2013.
Matsunaga M1, Bai Y, Yamakawa K, Toyama A, Kashiwagi M, Fukuda K, Oshida A, Sanada K, Fukuyama S, Shinoda J, Yamada J, Sadato N, Ohira H.

Author information

•1Department of Health and Psychosocial Medicine, Aichi Medical University School of Medicine, Aichi, Japan.

•愛知医科大学医学部衛生学講座

Abstract

要旨

The phenomenon in which a certain smell evokes a specific memory is known as the Proust phenomenon. Odor-evoked autobiographic memories are more emotional than those elicited by other sensory stimuli.The results of our previous study indicated that odor-evoked autobiographic memory accompanied by positive emotions has remarkable effects on various psychological and physiological activities, including the secretion of cytokines, which are immune-signaling molecules that modulate systemic inflammation.

ある種の香りが特定な記憶を呼び起す現象は、プルースト効果として知られています。匂い喚起による自伝的記憶は他の感覚刺激によって誘発されるものよりも情動的であります。私たちの以前の研究は、ポジティブな感情を伴う匂い喚起による自伝的記憶が、全身性炎症を調節する免疫・シグナル伝達分子あるサイトカイン分泌を含む様々な心理的、生理的活性に顕著な効果を有していることを示した。

Proust phenomenon プルースト効果
mmune-signaling molecules 免疫・シグナル伝達分子
systemic inflammation 全身性炎症

In this study, we aimed to clarify the neural substrates associated with the interaction between odor-evoked autobiographic memory and peripheral circulating cytokines. We recruited healthy male and female volunteers and investigated the association between brain responses and the concentration of several cytokines in the plasma by using positron emission tomography (PET) recordings when an autographic memory was evoked in participants by asking them to smell an odor that was nostalgic to them.

本研究で、私たちは、匂い手がかり自伝的記憶と抹消循環のサイトカインとの相互作用に関係する神経基質を明らかにすることを目的とした。私たちは、健康な男女を募集して、彼らに懐かしい匂いを嗅いでもらうことをお願いすることによって自伝的記憶が参加者に誘発されたときに、陽電子放射断層撮影(PET)記録を使用して、脳応答および血漿中のいくつかのサイトカイン濃度との関連を調べました。

neural substrates 神経基質

Participants experienced positive emotions and autobiographic memories when nostalgic odors were presented to them. The levels of peripheral proinflammatory cytokines, such as the tumor necrosis factor-α (TNF-α) and interferon-γ (IFN-γ), were significantly reduced after experiencing odor-evoked autobiographic memory. Subtraction analysis of PET images indicated that the medial orbitofrontal cortex (mOFC) and precuneus/posterior cingulate cortex (PCC) were significantly activated during experiences of odor-evoked autobiographic memory.

懐かし匂いが参加者に示されたときに、彼らはポジティブな感情および匂い喚起による自伝的記憶を経験した。腫瘍壊死因子α(TNF-α)およびインターフェロンγ(IFN-γ)などの末梢炎症性サイトカインのレベルは、匂い喚起による自伝的記憶を経験した後に有意に減少した。PET画像の減算分析は、内側眼窩前頭皮質(mOFC)および前帯状/後帯状皮質 (PCC) は匂い手がかり自伝的記憶を経験中に有意に活性していた。
proiproinflammatory cytokines 炎症性サイトカイン
medial orbitofrontal cortex (mOFC) 内側眼窩前頭皮質(mOFC)
Posterior cingulate cortex後帯状皮質
precuneus cingulate cortex (PCC)  前帯状皮質

Furthermore, a correlation analysis indicated that activities of the mOFC and precuneus/PCC were negatively correlated with IFN-γ concentration. These results indicate that the neural networks including the precuneus/PCC and mOFC might regulate the secretion of peripheral proinflammatory cytokines during the experience of odor-evoked autobiographic memories accompanied with positive emotions.

さらに、相関分析は、内側眼窩前頭皮質(mOFC)および前帯状/後帯状皮質 (PCC)の活性がインターフェロン(IFN)γ濃度と負に相関していた。これらの結果は、前帯状/(PCC)および内側眼窩前頭皮質(mOFC)の神経ネットワークがポジティブな感情を伴う匂い喚起による自伝的記憶を経験中に末梢炎症性サイトカイン分泌を調節するかもしれないことを示唆しています。

correlation analysis 相関分析

用語

眼窩前頭皮質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%BC%E7%AA%A9%E5%89%8D%E9%A0%AD%E7%9A%AE%E8%B3%AA

眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ、英: Orbitofrontal cortex, OFC)は、ヒトの脳にある連合皮質の領域の一部で、意思決定などの認知処理に関わっているとされている。

眼窩前頭皮質はヒトの脳の中でも最も理解が進んでいない領域である。しかし、この領域は、感覚情報の統合、強化子 (reinforcer) の感情価 (affective value) の表現、意思決定や期待に関連しているという考えが提唱されている[2]。特に、ヒトの眼窩前頭皮質は報酬と罰に対する感受性に関連した行動計画を制御していると考えられている

前帯状皮質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B8%AF%E7%8A%B6%E7%9A%AE%E8%B3%AA

前帯状皮質は血圧や心拍数の調節のような多くの自律的機能の他に、報酬予測、意思決定、共感や情動といった認知機能に関わっているとされている

|

August 05, 2016

慢性疼痛治療のための補完医療におけるベルガモット精油使用の合理的根拠

Rational Basis for the Use of Bergamot Essential Oil in Complementary Medicine to Treat Chronic Pain.

慢性疼痛治療のための補完医療におけるベルガモット精油使用の合理的根拠

rational basis 合理的根拠

PUBMEDより

Mini Rev Med Chem. 2016;16(9):721-8.

Rombolà L1, Amantea D, Russo R, Adornetto A, Berliocchi L, Tridico L, Corasaniti MT, Sakurada S, Sakurada T, Bagetta G, Morrone LA.

Author information

•1Department of Pharmacy, Health Science and Nutrition and University Consortium for Adaptive Disorders and Head Pain (UCADH), Section of Neuropharmacology of Normal and Pathological Neuronal Plasticity, University of Calabria, 87036 Rende (CS), Italy.

Neuronal Plasticity 神経の可塑性

Abstract

要旨

In complementary medicine, aromatherapy uses essential oils to improve agitation and aggression observed in dementia, mood, depression, anxiety and chronic pain. Preclinical research studies have reported that the essential oil obtained from bergamot (BEO) fruit (Citrus bergamia, Risso) modifies normal and pathological synaptic plasticity implicated, for instance, in nociceptive and neuropathic pain.

補完医療では、アロマセラピーが認知症で観察される焦燥性興奮および攻撃性、気分、うつ病、不安および慢性疼痛の改善のために精油を使用します。前臨床調査研究で、ベルガモット(BEO)果実から得られる精油(Citrus bergamia, Risso)は、正常および病理的シナプス可塑性が、例えば、侵害受容性痛および神経障害性疼痛において関与したのを変更することを報告した。

nociceptive pain 侵害受容性痛
neuropathic pain. 神経障害性疼痛
synaptic plasticity シナプス可塑性

Interestingly, recent results indicated that BEO modulates sensitive perception of pain in different models of nociceptive, inflammatory and neuropathic pain modulating endogenous systems. Thus, local administration of BEO inhibited the nociceptive behavioral effect induced by intraplantar injection of capsaicin or formalin in mice. Similar effects were observed with linalool and linalyl acetate, major volatile components of the phytocomplex,

興味深いことに、最新の研究結果は内因性系を調整する様々なモデルの侵害受容性、炎症性および神経因性疼痛で痛みの感覚知覚を調節することを示した。したがって、ベルガモット精油(BEO)局所投与は、マウスでカプサイシンまたはホルマリン足底内注射によって誘発された侵害受容性行動効果を阻害した。同様な効果は、植物複合物の主要な芳香成分、リナロールおよび酢酸リナリルで観察された。

endogenous systems 内因性系
phytocomplex 植物複合物 (phyto:植物―complex 混合物)
nociceptive behavioral effect  侵害受容性行動効果
intraplantar 足底内

Pharmacological studies showed that the latter effects are reversed by local or systemic pretreatment with the opioid antagonist naloxone hydrochloride alike with naloxone methiodide, high affinity peripheral μ-opioid receptor antagonist. These results and the synergistic effect observed following systemic or intrathecal injection of an inactive dose of morphine with BEO or linalool indicated an activation of peripheral opioid system.

薬理学的研究で、後者の効果は高親和性末梢μオピオイド受容体拮抗薬ナロキソンメチオジと同様に、オピオイド拮抗薬ナロキソン塩酸塩で局所または全身前治療によって反転した。これらの研究結果およびベルガモット精油(BEO)またはリナロールと不活性用量モルヒネの全身または髄腔内注射後に観察された相乗効果は、末梢オピオイド系の活性化を示した

naloxone hydrochloride ナロキソン塩酸塩
opioid antagonist オピオイド拮抗薬
Naloxone methiodideナロキソンメチオジド
peripheral μ-opioid receptor antagonist. 末梢性μオピオイド受容体拮抗薬

Recently, in neuropathic pain models systemic or local administration of BEO or linalool induced antiallodynic effects.In particular, in partial sciatic nerve ligation (PSNL) model, intraplantar injection of the phytocomplex or linalool in the ipsilateral hindpaw, but not in the contralateral, reduced PSNL-induced extracellularsignal- regulated kinase (ERK) activation and mechanical allodynia. In neuropathic pain high doses of morphine are needed to reduce pain.

最近では、神経障害性疼痛モデルで、ベルガモット精油BEOやリナロールの全身または局所投与は抗アロディニア効果を誘発した。 特に、坐骨神経部分結紮モデルで、反対側後足でなくて、同側後足に植物混合物またはリナロールの足底内注射は、坐骨神経部分結紮モデルPSNL誘発細胞外シグナル制御キナーゼ関連語(ERK)活性化および機械的アロディニアを低減させた。神経障害性疼痛では、高用量モルヒネが疼痛を軽減するに必要とされます。

partial sciatic nerve ligation (PSNL) model 坐骨神経部分結紮モデル
extracellularsignal- regulated kinase (ERK) 細胞外シグナル制御キナーゼ関連語ERK
mechanical allodynia 機械的アロディニア

Interestingly, inactive doses of BEO or linalool with a low dose of morphine induced antiallodynic effects in mice. Peripheral cannabinoid and opioid systems appear to be involved in the antinociception produced by intraplantar injection of β -caryophyllene, present in different essential oils including BEO.

興味深いことに、低用量のモルフヒネとベルガモット精油(BEO)またはリナロールの不活性投与量併用はマウスで抗アロディニア効果を誘発した。末梢のカンナビノイドおよびオピオイド系は、ベルガモット精油含む様々な精油に存在するβ-カリオフィレン足底内注射によって産生した抗侵害受容(鎮痛)に関与していると思われます。

inactive dose 不活性投与量

The data gathered so far indicate that the essential oil of bergamot is endowed with antinociceptive and antiallodynic effects and contribute to form the rational basis for rigorous testing of its efficacy in complementary medicine.

これまでに収集されたデータは、ベルガモット精油は、抗侵害受容および抗アロディニア果を有していて、補完医療においてその有効性の厳格な検査に対して合理的根拠のもとになることを示しています。

antiallodynic effects抗アロディニア効果

用語

神経の可塑性

https://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%AE%E5%8F%AF%E5%A1%91%E6%80%A7-185307

神経系は外界の刺激などによって常に機能的、構造的な変化を起こしており、この性質を一般に“可塑性"と呼んでいる。

endogenous systems. 内因性系を調べていた時に見つけた記事です。
痛みと関係があるので紹介します。

内因性疼痛抑制系Endogenous Inhibitory System ofPain
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001260641

内因性疼痛抑制系にはセロトニン系ニューロンによる下降性抑制系, ノルアドレナリン系ニューロンによる下降性抑制系, 内因性オピオイド系(これは下降性抑制系あるいは触覚で, 駆動される抑制系の一部である可能性がある)等があり, 基本的には末梢神経がらの侵害情報を中枢神経の人口である脊髄後角でコントロールしている.

アロディニア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%82%A2

アロディニア(英: allodynia)とは、通常では疼痛をもたらさない微小刺激が、すべて疼痛としてとても痛く認識される感覚異常のこと。異痛症とも呼ばれる。[

関連ブログ

Intraplantar injection of bergamot essential oil into the mouse hindpaw: effects on capsaicin-induced nociceptive behaviors

ベルガモット精油のマウス後足足底内注入:カプサイシン誘発侵害受容行動への作用

http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2009/10/post-bd41.html

思いついたこと
医学文献なので調べてみても難しいことだらけで用語を繋ぎあわせたような訳になってしました。翻訳することによって訳しているときには解らないことが他の文献を訳しているときにその意味が解ることがあります。解らないことを楽しむことが大切だと思います。
解らない文章を読んでいただく読者に感謝しています。今回解ったことはベルガモット精油が慢性疼痛に役立つということです。

精油のお求めはフィトアロマ研究所へ

マニアックで希少精油などのあまり知られていない精油の香りを試していただくために定価割引で販売いたします。
お試し割引価格精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product-list/26

|

July 27, 2016

マスト細胞による脱顆粒およびサイトカイン産生に対するゼラニウム精油とその主要成分、シトロネロールの阻害作用

Inhibitory effects of geranium essential oil and its major component, citronellol, on degranulation and cytokine production by mast cells.

マスト細胞による脱顆粒およびサイトカイン産生に対するゼラニウム精油とその主要成分、シトロネロールの阻害作用

Degranulation:脱顆粒
mast cells マスト細胞、肥満細胞

PUBMEDより

Biosci Biotechnol Biochem. 2016 Jun;80(6):1172-8. doi: 10.1080/09168451.2016.1148573. Epub 2016 Mar 1.

Kobayashi Y1, Sato H1, Yorita M1, Nakayama H2, Miyazato H2, Sugimoto K2, Jippo T1.

Author information
•1a Faculty of Human Life Sciences, Department of Food and Nutrition , Senri Kinran University , Suita , Japan.

千里金襴大学生活科学部食物栄養学科

•2b Research and Development Center , Nagaoka Perfumery Co., Ltd. , Ibaraki , Japan.

長岡香料株式会社

Abstract

要旨

We investigated the effects of geranium essential oil (GEO) on anaphylaxis. GEO can exert antioxidant and anti-inflammatory effects, but its roles in allergic reactions are incompletely understood.

私たちは、過敏症へのゼラニウム精油の作用を調査した。ゼラニウム精油は抗酸化および抗炎症作用を発揮することができるが、アレルギー反応におけるその役割は完全には理解されていないです。

Anaphylaxis アナフィラキシー、過敏症

Here, we used mouse cells to show that GEO inhibited the degranulation of cultured mast cells (CMCs). Citronellol is the major component of GEO and inhibited CMC degranulation. The l-enantiomer of citronellol more effectively suppressed CMC degranulation than did d-citronellol.

ここで、私たちは、培養マスト細胞(CMCs)の脱顆粒を阻害することを示すためにマウス細胞を使用した。シトロネロールは、ゼラニウム精油の主要成分であって、マスト細胞脱顆粒を阻害した。シトロネロールのl-鏡像異性体はd-シトロネロールよりマスト細胞脱顆粒をより効果的に抑制した。

CMC degranulation マスト細胞脱顆粒、肥満細胞脱顆粒試験
enantiomer l-鏡像異性体

We also examined whether citronellol could inhibit the immunoglobulin (Ig) E-induced production of tumor necrosis factor (TNF)-α. Treatment with various concentrations of citronellol before CMC activation with IgE significantly inhibited the induction of TNF-α in a dose-dependent manner.

また、私たちは、シトロネロールが腫瘍壊死因子(TNF)-αの免疫グロブリン(IgE)誘発産生物を阻害できるかどうかを調査した。IgEでマスト細胞活性化前にシトロネロールの様々な濃度での治療は有意に用量依存でTNF-α誘発を阻害しました。

tumor necrosis factor (TNF)-α 腫瘍壊死因子-α
immunoglobulin (Ig) E免疫グロブリン(IgE)

Mechanistically, citronellol suppressed the phosphorylation of mitogen-activated protein kinase (ERK), which is critical for ERK activation and the production of inflammatory cytokines in mast cells. These findings suggest that citronellol may represent a candidate compound for the effective treatment of allergic diseases.

機構的に、シトロネロールはマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(ERK)のリン酸化を抑制し、そのことはERK活性化およびマスト細胞における炎症性サイトカイン産生にとって重要であります。これらの研究結果は、シトロネロールがアレルギー性疾患の効果的な治療の候補化合物であることを意味するかもしれない。

phosphorylation リン酸化
mitogen-activated protein kinase (ERK) マイトジェン活性化プロテインキナーゼ

KEYWORDS:

キーワード

anti-allergic effect; citronellol; cytokine production; degranulation; mast cell

抗アレルギー作用、シトロネロール、サイトカイン産生。脱顆粒、マスト細胞

マスト細胞とは?
http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/lab/meneki/research/mast_cell/

中身の詰まった顆粒を多数有することは、マスト細胞の大きな特徴の一つで、後述しますがこの顆粒の中には、強力な炎症性メディエーターであるヒスタミンや多数のプロテアーゼ、ヘパリンをはじめとする硫酸化プロテオグリカンが豊富に含まれています。

長らくマスト細胞の機能は不明でしたが、この細胞が即時型アレルギーにおいてヒスタミンを遊離する細胞であることが明らかにされてからは、アレルギー反応を起こす原因細胞として一躍注目を集めることとなりました。
速やかに起こる反応については良く研究が進んでおりますが、「脱顆粒」と呼ばれるプロセスを経て、顆粒内部のヒスタミンをはじめとする炎症性のメディエーターが遊離します。ヒスタミンは強力な起炎物質であり、浮腫や発赤といった炎症に特徴的な症状を惹起します。くしゃみや鼻水、痒みといった花粉症の症状を思い出していただくと良いのですが、こうした症状が生じる上でヒスタミンは重要な役割を果たしています。実際に、ヒスタミンの作用をブロックする化合物や、脱顆粒応答を抑制する化合物は、いずれも即時型アレルギーの治療薬として用いられています。マスト細胞はヒスタミンの他にも炎症反応の進展に関わる様々なメディエーターを産生することが知られています。サイトカインは免疫応答を制御する伝達物質として重要な分泌タンパク質の一群ですが、マスト細胞は極めて多彩なサイトカインを産生する能力を有しています。マスト細胞から産生されるこれらサイトカインの個々の機能についてはまだ不明ですが、種々の免疫応答の調節に関わるのではないかと予想されています


Enantiomer エナンチオマー、鏡像異性体
http://www.chiral.jp/main/enantiomer.html

エナンチオマー(Enantiomer)とは、D-グルタミン酸とL-グルタミン酸のように“重ね合わせることの出来ない鏡像体”のことであり、鏡像異性体とも言われる。

お知らせ

ゼラニウム10ml・サンダルウッド(インドネシア)3ml・ラヴィンサラOG5ml・アロマ吸入スティックスセット限定販売
http://phytoaroma.ocnk.net/product/457

|

July 26, 2016

通年性アレルギー性鼻炎患者へのゼラニウム・サンダルウッド・ラヴィンサラ精油ブレンドオイルの吸入効果

Effect of Inhalation of Aromatherapy Oil on Patients with Perennial Allergic Rhinitis: A Randomized Controlled Trial.

通年性アレルギー性鼻炎患者へアロマオイルの吸入効果:無作為化比較試験。

Perennial Allergic Rhinitis 通年性アレルギー性鼻炎

PUBMEDより

Evid Based Complement Alternat Med. 2016;2016:7896081. doi: 10.1155/2016/7896081. Epub 2016 Mar 13.

Choi SY1, Park K1.

Author information

Department of Nursing, College of Nursing, Chung-Ang University, 84 Heukseok-ro, Dongjak-gu, Seoul 156-756, Republic of Korea.

Abstract

要旨

This study aimed to investigate the effects of aromatherapy oil inhalation on symptoms, quality of life, sleep quality, and fatigue level among adults with perennial allergic rhinitis (PAR).

本研究は、通年性アレルギー性鼻炎(PAR)成人間での、症状、生活の質、睡眠の質、および疲労レベルへのアロマオイルの効果を調査することを目的としました。

Fifty-four men and women aged between 20 and 60 were randomized to inhale aromatherapy oil containing essential oil from sandalwood, geranium, and Ravensara or almond oil (the placebo) for 5 minutes twice daily for 7 days.

20~60歳の54人の男女が無作為に選ばれて、7日間、1日2回5分間、サンダルウッド、ゼラニウム、およびラヴィンサラの精油を含むアロマセラピーオイル、またはアーモンドオイル(プラサボ)を吸入した。

PAR symptoms determined by Total Nasal Symptom Score (TNSS), the Rhinoconjunctivitis Quality of Life Questionnaire (RQLQ), sleep quality by Verran Synder-Halpern (VSH) scale, and fatigue level by Chalder Fatigue Scale (CFS) were assessed before and after intervention period.

総合鼻症状スコア(TNSS)、鼻結膜炎QOL質問票(RQLQ)、Verran Synder-Halpern (VSH)睡眠尺度による睡眠の質、Chalder の疲労尺度(CFS)による疲労レベルによって決定された通年性アレルギー性鼻炎(PAR)症状は、介入前後に評価された。

Total Nasal Symptom Score (TNSS), 総合鼻症状スコア
総合鼻症状スコア(total nasal symptom score: TNSS)TNSSは鼻症状(鼻漏、鼻閉、鼻のかゆみ、くしゃみ)4項目の程度を各項目0~3点で評価したスコア(計0~12点)

rhinoconjunctivitis quality of life questionnaire: RQLQ 鼻結膜炎QOL質問票
Chalder Fatigue Scale (CFS) :Chalder の疲労尺度(CFS)


Compared with the placebo, the experimental group showed significant improvement in TNSS, especially in nasal obstruction. The aromatherapy group also showed significantly higher improvements in total score of RQLQ and CFS.

プラセボと比較して、実験群には総合鼻症状スコア(TNSS)において有意な改善を示して、特に鼻閉塞であった。また、アロマセラピー群はRQLQとCFSの合計スコアにおいて有意な高改善を示しました。

nasal obstruction 鼻閉塞

These findings indicate that inhalation of certain aromatherapy oil helps relieve PAR symptoms, improve rhinitis-specific quality of life, and reduce fatigue in patients with PAR. In conclusion, inhalation of aromatherapy essential oil may have potential as an effective intervention to alleviate PAR.

これらの研究結果は、特定アロマオイル吸入が、通年性アレルギー性鼻炎(PAR)の緩和、鼻炎-生活の特異的質の改善、および年性アレルギー性鼻炎患者の疲労低減に役立つことを示しています。結論として、アロマセラピー精油の吸入が、PARを緩和するための効果的な介入としての可能を有しています。

精油とアロマ吸入スティックのお求めは下記にて

フィトアロマ研究所

http://phytoaroma.ocnk.net/

|

より以前の記事一覧