March 24, 2017

ショウガの活性成分はβ-受容体刺激薬誘発の気道平滑筋弛緩を増強する。

Active components of ginger potentiate β-agonist-induced relaxation of airway smooth muscle by modulating cytoskeletal regulatory proteins.

ショウガの活性成分は、細胞骨格調節タンパク質を調節することによって気道平滑筋のβ-受容体刺激薬誘発弛緩を増強する。

airway smooth muscle (ASM) :気道平滑筋(ASM)

β-agonist β-受容体刺激薬
cytoskeletal regulatory proteins 細胞骨格調節タンパク質

PUBMEDより

Townsend EA1, Zhang Y, Xu C, Wakita R, Emala CW. 
 
Author information

?11 Department of Anesthesiology, Columbia University, New York, New York; and.
コロンビア大学、麻酔学科

Abstract

要旨

β-Agonists are the first-line therapy to alleviate asthma symptoms by acutely relaxing the airway. Purified components of ginger relax airway smooth muscle (ASM), but the mechanisms are unclear. By elucidating these mechanisms, we can explore the use of phytotherapeutics in combination with traditional asthma therapies.

β-受容体刺激薬は、気道を急速に弛緩させることによって喘息症状を緩和するための第一選択治療である。ショウガの精製成分は気道平滑筋(ASM)を緩和するが、メカニズムは不明である。これらのメカニズムを解明することによって、
伝統的喘息治療と組み合わせで植物療法の使用を探ることができる。

first-line therapy  第一選択治療
phytotherapeutic 植物療法

The objectives of this study were to: (1) determine if 6-gingerol, 8-gingerol, or 6-shogaol potentiate β-agonist-induced ASM relaxation; and (2) define the mechanism(s) of action responsible for this potentiation. Human ASM was contracted in organ baths.

この研究の目的は、(1)6-ジンゲロール、8-ジンギオールまたは6-ショウガオールがβ-刺激薬誘発気道平滑筋(ASM)緩和を増強するかどうかを決定すること、(2)この増強作用に関与する作用機序を定義する。ヒト気道平滑筋(ASM)ASMはオーガンバスで
で収縮した。

Potentiation 増強作用
organ bath オルガンバス

Tissues were relaxed dose dependently with β-agonist, isoproterenol, in the presence of vehicle, 6-gingerol, 8-gingerol, or 6-shogaol (100 μM). Primary human ASM cells were used for cellular experiments. Purified phosphodiesterase (PDE) 4D or phospholipase C β enzyme was used to assess inhibitory activity of ginger components using fluorescent assays.

媒介物、6-ジンゲロール、8-ジンゲロール、または6-ショウガオール(100μM)の存在下で、組織はβ-受容体刺激薬・イソプロテレノールを用いて用量依存的に緩和した。一次ヒト気道平滑筋(ASM)細胞は細胞実験ために使用した。精製したホスホジエステラーゼ(PDE)4DまたはホスホリパーゼCβ酵素は、蛍光アッセイを用いて、ショウガ成分の阻害活性を評価するために使用された。

Phosphodiesterase, PDE:ホスホジエステラーゼ(PDE)

A G-LISA assay was used to determine the effects of ginger constituents on Ras homolog gene family member A activation. Significant potentiation of isoproterenol-induced relaxation was observed with each of the ginger constituents.

G-LISAアッセイを用いて、Ras相同遺伝子ファミリーメンバーA活性化に対するショウガ成分の効果を決定した。イソプロテレノール誘発弛緩の有意な増強作用はそれぞれのショウガ成分で観察された。

6-Shogaol showed the largest shift in isoproterenol half-maximal effective concentration. 6-Gingerol, 8-gingerol, or 6-shogaol significantly inhibited PDE4D, whereas 8-gingerol and 6-shogaol also inhibited phospholipase C β activity.6-Shogaol alone inhibited Ras homolog gene family member A activation.

6-ショウガオールは、イソプロテレノール50%効果濃度において最大のシフトを示した。6-ジンゲロール、8-ジンゲロールまたは6-ショウガオールはホスホジエステラーゼ4Dを有意に阻害したが、8-ジンゲロールおよび6-ショウガオールもホスホリパーゼCβ活性を阻害した。6-ショウガオール単独では、Ras相同遺伝子ファミリーメンバーA活性化を阻害した。

homolog gene  相同遺伝子
half-maximal effective concentration 50%効果濃度

In human ASM cells, these constituents decreased phosphorylation of 17-kD protein kinase C-potentiated inhibitory protein of type 1 protein phosphatase and 8-gingerol decreased myosin light chain phosphorylation.Isolated components of ginger potentiate β-agonist-induced relaxation in human ASM.

ヒト気道平滑筋(ASM)細胞において、これらの成分は、1型プロテインホスファターゼの17kDプロテインキナーゼC増強阻害タンパク質のリン酸化を減少させ、8-ジンゲロールはミオシン軽鎖リン酸化を減少させた。ジンジャーの単離された成分は、ヒトASMにおけるβ-誘発緩和を増強する。

This potentiation involves PDE4D inhibition and cytoskeletal regulatory proteins. Together with β-agonists, 6-gingerol, 8-gingerol, or 6-shogaol may augment existing asthma therapy, resulting in relief of symptoms through complementary intracellular pathways.

この増強にはPDE4D阻害および細胞骨格調節タンパク質が含まれる。β-受容体刺激薬との併用して、6-ジンゲロール、8-ジンゲロールまたは6-ショウガオールは既存の喘息治療を増強し、結果的に相補的細胞内経路を通して症状の緩和をもたらした。

phosphorylation リン酸化反応
myosin light chain ミオシン軽鎖

用語

交感神経β2受容体作動薬
https://www.google.co.jp/webhp?gfe_rd=cr&ei=UOzRWLLsDrPz8AflhJ3IDA&gws_rd=ssl#q=%E4%BA%A4%E6%84%9F%E7%A5%9E%E7%B5%8C%CE%B22%E5%8F%97%E5%AE%B9%E4%BD%93%E4%BD%9C%E5%8B%95%E8%96%AC&*&spf=64

交感神経β2受容体作動薬(こうかんしんけいベータ2じゅようたいさどうやくbeta 2-sympathomimetic receptor agonists)は、気管支喘息および他の慢性閉塞性肺疾患の症状の緩和に使われる医薬品の種類である。β2刺激剤、β2作用剤とも呼ばれる。β2刺激剤はβ2アドレナリン受容体に作用して平滑筋を弛緩させ、気管支の拡張、筋肉と肝臓の血管拡張、子宮の筋肉の弛緩、およびインスリンの放出を引き起こす。全てのβ2刺激剤は吸入(薬剤をエアロゾル化する定量噴霧式吸入器(MDI)、または吸入可能なドライパウダー)として利用可能である。

Rasタンパク
https://ja.wikipedia.org/wiki/Ras%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

Rasタンパク質(Ras蛋白質、Rasサブファミリー、以下Rasと略す)は、低分子GTP結合タンパク質の一種で、転写や細胞増殖、細胞の運動性の獲得のほか、細胞死の抑制など数多くの現象に関わっている分子である。 Rasの異常は細胞のがん化に大きく関わるのでras遺伝子はがん原遺伝子の一種である

homolog gene  相同遺伝子
相同
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%90%8C

相同性(そうどうせい)あるいはホモロジー (英語: homology) とは、ある形態や遺伝子が共通の祖先に由来することである。

Protein kinaseプロテインキナーゼ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BC

細胞は、その機能を維持するため、細胞内のタンパク質をリン酸化、脱リン酸化する反応を繰り返している。このリン酸化によってタンパク質は酵素活性、細胞内での局在や他のタンパク質との会合状態を変化させる。細胞内の30%ものタンパク質がキナーゼによる変化を受け、細胞内における様々なシグナル伝達や代謝の調節因子として機能している。キナーゼ遺伝子はヒトゲノム中に約500種類があり、また真核生物の全遺伝子の約2%を占める。

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

March 21, 2017

β-カリオフィレンおよびβ-カリオフィレンオキシド・抗がんおよび鎮痛作用の天然化合物

β-caryophyllene and β-caryophyllene oxide-natural compounds of anticancer and analgesic properties.

抗がんおよび鎮痛作用の天然化合物・β-カリオフィレンおよびβ-カリオフィレンオキシド

PUBMED

Cancer Med. 2016 Oct;5(10):3007-3017. doi: 10.1002/cam4.816. Epub 2016 Sep 30.

Fidyt K1,2, Fiedorowicz A3, Strządała L1, Szumny A2.

Author information

•1Laboratory of Tumor Molecular Immunobiology, Ludwik Hirszfeld Institute of Immunology and Experimental Therapy, Polish Academy of Sciences, 12 Rudolf Weigl, Wroclaw, 53-114, Poland.

•2The Faculty of Food Science, Department of Chemistry, Wrocław University of Environmental and Life Sciences, 25/27 C.K. Norwida, Wroclaw, 50-375, Poland.

•3Laboratory of Tumor Molecular Immunobiology, Ludwik Hirszfeld Institute of Immunology and Experimental Therapy, Polish Academy of Sciences, 12 Rudolf Weigl, Wroclaw, 53-114, Poland. anna.fiedorowicz@iitd.pan.wroc.pl.

Abstract

要旨

Natural bicyclic sesquiterpenes, β-caryophyllene (BCP) and β-caryophyllene oxide (BCPO), are present in a large number of plants worldwide. Both BCP and BCPO (BCP(O)) possess significant anticancer activities, affecting growth and proliferation of numerous cancer cells.

天然の二環式セスキテルペン、β-カリオフィレン(BCP)およびβ-カリオフィレンオキシド(BCPO)は、世界中の多数の植物に存在する。 BCPおよびBCPO(BCP(O))の両方は、顕著な抗がん作用を有していて、多数のがん細胞の成長および増殖に影響する。

Nevertheless, their antineoplastic effects have hardly been investigated in vivo. In addition, both compounds potentiate the classical drug efficacy by augmenting their concentrations inside the cells. The mechanisms underlying the anticancer activities of these sesquiterpenes are poorly described. BCP is a phytocannabinoid with strong affinity to cannabinoid receptor type 2 (CB2 ), but not cannabinoid receptor type 1 (CB1 ).

それにもかかわらず、抗腫瘍効果は生体内でほとんど調べられていなかった。さらに、両方の化合物は、細胞内でそれらの濃度を増大させることによって、古典的な薬効を増強する。これらのセスキテルペンの抗がん作用の根底にあるメカニズムは、ほとんど記述されていない。β-カリオフィレン(BCP)は、カンナビノイド受容体2型(CB2)に対して強い親和性を有する植物性カンナビノイドあるが、カンナビノイド受容体1型(CB1)には親和性を有していない。
antineoplastic effects:抗腫瘍効果
phytocannabinoid 植物性カンナビノイド

In opposite, BCP oxidation derivative, BCPO, does not exhibit CB1/2 binding, thus the mechanism of its action is not related to endocannabinoid system (ECS) machinery. It is known that BCPO alters several key pathways for cancer development, such as mitogen-activated protein kinase (MAPK), PI3K/AKT/mTOR/S6K1 and STAT3 pathways.

反対に、β-カリオフィレン(BCP)の酸化誘導体であるβ-カリオフィレンオキシド(BCPO)は、CB1 / 2に結合を示していなくて、その作用機序はエンドカンナビノイド系(ECS)機構に関連していない。β-カリオフィレンオキシド(BCPO)は、分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)、PI3K/AKT/mTOR/S6K1およびシグナル伝達兼転写活性化因子3(STAT3)経路などのがん発生に対する幾つかの主要経路を変えることが知られている。

oxidation derivative,酸化誘導体
mitogen-activated protein kinase (MAPK) 分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ
STAT3(Signal Transducers and Activator of Transcription 3)シグナル伝達兼転写活性化因子3

In addition, treatment with this compound reduces the expression of procancer genes/proteins, while increases the levels of those with proapoptotic properties. The selective activation of CB2 may be considered a novel strategy in pain treatment, devoid of psychoactive side effects associated with CB1 stimulation. Thus, BCP as selective CB2 activator may be taken into account as potential natural analgesic drug.

さらに、この化合物による治療は、アポトーシス促進特性を有する遺伝子/タンパク質のレベルを増加させながら、がん促進遺伝子/タンパク質の発現を減少させる。カンナビノイド受容体2型(CB2)の選択的活性化は、カンナビノイド受容体1型(CB1)刺激に関連する精神活性的副作用を有していないので、がん治療における新規戦略と考えられる。したがって、選択的CB2活性化剤としてのβ-カリオフィレン(BCP)は、潜在的天然鎮痛剤と考慮されるかもしれない。

Moreover, due to the fact that chronic pain is often an element of cancer disease, the double activity of BCP, anticancer and analgesic, as well as its beneficial influence on the efficacy of classical chemotherapeutics, is particularly valuable in oncology. This review is focused on anticancer and analgesic activities of BCP and BCPO, the mechanisms of their actions, and potential therapeutic utility.

さらに、慢性疼痛はがん疾患の要素であることが多いので、抗がんおよび鎮痛のβ-カリオフィレン(BCP)の二重活性ならびに古典的化学療法剤の有効性への有益な影響は、腫瘍学において特に価値がある。このレビューは、β-カリオフィレン(BCP)およびβ-カリオフィレンオキシド(BCPO)の抗がんおよび鎮痛作用、それらの作用機序および潜在的治療有用性に焦点を当てている。

Chemotherapeutics 化学療法剤
oncology 腫瘍学

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

February 28, 2017

気道感染症における咳の治療 - 天然活性成分とチモールとの併用効果。

Treatment of cough in respiratory tract infections - the effect of combining the natural active compounds with thymol

気道感染症における咳の治療 - 天然活性成分とチモールとの併用効果。

respiratory tract infections  気道感染症
natural active compounds 天然活性成分

PUBMEDより

Wiad Lek. 2016;69(6):791-798.

[Article in Polish]

ポーランド語の記事

Schönknecht K1, Krauss H2, Jambor J3, Fal AM4.
Author information

•1Phytopharm Klęska S.A., Polska.
•2Katedra I Zakład Fizjologii Uniwersytetu Medycznego im. K.Marcinkowskiego w Poznaniu, Polska.
•3Phytopharm Klęska S.A., Polska, Polski Komitet Zielarski.
•4Zakład Ekomoniki i Organizacji Ochrony Zdrowia, Narodowy Instytut Zdrowia Publicznego- Państwowy Zakład Higieny, Warszawa, Polska, Katedra Zdrowia Publicznego, Uniwersytet Medyczny we Wrocławiu, Polska.

Abstract

要旨

Cough is one of the characteristic symptoms of upper respiratory tract infections (URI). Herbal medicines are often used in the treatment of the cough associated with infection and to accelerate recovery or support the immune system. An example of such products are extracts of thyme and primrose, and also their combination with thymol.

咳は上部気道感染症(URI)の特徴的な症状の1つである。ハーブ薬剤は、感染に伴う咳の治療や、回復の促進および免疫系のサポートに使用されることが多いです。このような製品の例は、タイムとサクラソウの抽出物、およびチモールとのそれらの併用である。

characteristic symptoms 特徴的な症状
upper respiratory tract infections (URI) 上部気道感染症

Thymus vulgaris is a spasmolytic, antimicrobial, anti-inflammatory, immunomodulatory and antioxidant agent. The most important component responsible for the activity of thyme is thymol contained in the volatile thyme oil. Primrose is, most of all, a saponine agent with expectorant and secretolytic activity, showing also spasmolytic, anti-inflammatory and antimicrobial effects.
タイムは、鎮痙、抗菌、抗炎症、免疫調節および抗酸化剤である。タイムの活性を担う最も重要な成分は、揮発性のタイム精油に含まれるチモールです。サクラソウは、とりわけ、去痰および分泌分解活性を有するサポニン剤であり、鎮痙作用、抗炎症作用および抗菌作用も示す。

Thymus vulgarisタイム(タチジャコウソウ ) シソ科ジャコウソウ属

Because of the additive effects of the mentioned extracts and their wide activity profile they are often used as a combination drug. The use of this combination was assessed in the URI with the effects of alleviation of cough and dyspnea, and shortening the length of the disease.

上記抽出物の相加効果およびそれらの幅広い活性プロフィールのために、それらは併用薬として使用されることが多いです。この併用薬の使用は、咳や呼吸困難の緩和およびその病気期間の短縮効果を有し、上部気道感染症URIで評価された


additive effects 相加効果
combination drug 併用薬
dyspnea 呼吸困難

The effectiveness of the drug containing the extracts of thyme and primrose with the addition of thymol (Bronchosol®) was comparable to synthetic ambroxol and its safety has been proved. Moreover, the in-vitro antibacterial and antifungal effects of this drug have been evaluated.

チモール(Bronchosol(登録商標))の添加によるタイムおよびサクラソウ抽出物を含有する薬剤の有効性は合成アンブロキソールに匹敵し、その安全性が証明されている。さらに、インビトロでこの薬物の抗菌および抗真菌効果が評価されている。

Bronchosol:ブロンコソール(気管支拡張剤)

KEYWORDS:

キーワード

Bronchosol ; Primula officinalis; Thymus vulgaris; URI; cough; cowslip primrose; thyme; upper respiratory tract infection; thymol

ブロンコソール、セイヨウサクラソウ、タイム、上部気道感染症URI、咳、カウスリップ プリムローズ、上部気道感染症、チモール


精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

February 23, 2017

生徒のテスト不安に対するチュベローズ精油吸入の効果:臨床試験

The Effect of Inhalation of Essential Oils of Polianthes Tuberosa on Test Anxiety in Students: A Clinical Trial.

生徒のテスト不安に対するチュベローズ精油吸入の効果:臨床試験

Polianthes Tuberosa チュベローズ、リュゼツラン科 ゲッカコウ属

PUBMEDより

Iran J Med Sci. 2016 May;41(3 Suppl):S13.

Ghorat F1, Shahrestani S1, Tagabadi Z1, Bazghandi M2.

Author information

•1Traditional and Complementary Medicine Research Center, Sabzevar University of Medical Sciences, Sabzevar, Iran.
•2Traditional and Complementary Medicine Research Center, Farzanegan High School, Sabzevar, Iran.

Abstract

要旨

BACKGROUND:

背景

Based on Iranian traditional medicine, the root cause of anxiety is due to the heart and brain diseases. The use of aromatic substances is one of the basic treatments for the heart and brain diseases in Iranian traditional medicine. Concerning the prevalence of test anxiety among students, this study was conducted to determine the effect of inhalation of essential oils of Polianthes tuberosa on test anxiety among students of Farzanegan high school in Sabzevar during 2015.

イラン伝統医療に基づいて、不安の根本原因は心臓および脳の病気のためであります。芳香物質の使用はイラン伝統医療で心臓および脳の病気に対する基本治療法の一つです。生徒間のテスト不安の有病率については、この研究が2015年間にサブゼバールでFarzanegan高校生の間でテスト不安対するチュベローズ精油吸入効果を決定するために行われました。

METHODS:

方法

This was a randomized clinical trial, in which 54 students with eligibility criteria were randomly divided into the intervention and control groups. In the pre-test stage, demographic data and Sarason anxiety questionnaires were filled by all students (7th grade).
これは無作為化臨床試験であって、適格基準を満たした54名の生徒(7年生)を介入群と対照群に無作為に分けた。臨床試験前の段階では、すべての生徒(7年生)によって人口統計データおよびSarason 不安アンケートが記入された。

Then, in the intervention stage, students of the intervention group inhaled Tuberose oil using handkerchiefs smeared with Tuberose oil for 15-20 minutes during the exam. The control group received placebo with the same method. At the end of the exam, test anxiety questionnaire was filled by the two groups again. The collected data were analyzed by the statistical tests (i.e. χ2, paired t-test and independent sample t-test) using SPSS 18.

その後、介入段階で、生徒は、試験中にチュベローズ精油で塗られたハンカチを用いて、チュベローズ精油を5-20分間吸入した。対照群は同じ方法でプラセボを受けた。試験の終わりに、テスト不安アンケートが再び2つのグループによって記入された。収集したデータは、統計解析ソフトSPSS18を用いて、統計的検定(すなわち、カイ二乗検定、対応のあるt検定および独立したサンプルt-検定)によって分析された。

χ2:カイ二乗検定
paired t-test:対応のあるt検定
independent sample t-test 独立したサンプルt-検定
statistical tests 統計的検定

RESULTS:

結果

Independent t-test showed a significant difference in the mean scores of test anxiety after intervention between the two groups of study and control (P<0.05),but this difference was not significant before the intervention (P=0.58). Additionally, in the study group, there was a significant difference in the mean scores of test anxiety before and after intervention (P<0.05), but this difference was not significant in the control group (P=0.073).

独立したt検定は、研究と対照の2群(P <0.05)との間に介入後のテスト不安の平均スコアの有意差を示したが、この差は介入(P = 0.58)前に有意はなかったです。さらに、研究群では、介入前と後のテスト不安の平均スコアの有意差(P <0.05)があったが、この差は、対照群(P = 0.073)で有意ではなかったです。

CONCLUSION:
結論

The result showed that aromatherapy with essential oil of Polianthes tuberosa was effective in reducing test anxiety among students. It is recommended to conduct educational programs concerning this method in schools to decrease the test anxiety of students.

研究結果は、チュベローズ精油でのアロマセラピーは生徒のテスト不安軽減において効果的であることが示された。生徒のテスト不安を軽減するために、この方法に関する教育プログラムを学校で実施することが推奨されます。

KEYWORDS:

キーワード

Anxiety; Aromatherapy; Medicine; Traditional

不安、アロマセラピー、薬剤、伝統

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

February 20, 2017

皮膚における線維芽細胞増殖因子FGF-2 活性を促進する保護活性成分としてのアンブレットシード抽出物

A Hibiscus Abelmoschus seed extract as a protective active ingredient to favour FGF-2 activity in skin.

皮膚における線維芽細胞増殖因子FGF-2 活性を促進する保護活性成分としてのアンブレットシード抽出物

FGF(Fibroblast growth factors):線維芽細胞増殖因子

PUBMEDより

Int J Cosmet Sci. 2009 Dec;31(6):419-26. doi: 10.1111/j.1468-2494.2009.00538.x.
Rival D1, Bonnet S, Sohm B, Perrier E.

Author information

•1BASF Beauty Care Solutions-France SAS, 69007 Lyon, France.

Abstract

要旨

In the skin, heparin, heparan sulphate and heparan sulphate proteoglycans control the storage and release of growth factors and protect them from early degradation. We developed a cosmetic active ingredient containing Hibiscus Abelmoschus seed extract (trade name Linefactor) that can maintain the FGF-2 content in the skin by mimicking the protective effect of heparan sulphate proteoglycans.

皮膚において、ヘパリン、ヘパラン硫酸およびヘパラン硫酸プロテオグリカンは、成長因子の貯蔵および放出を制御し、早期分解からそれらを保護する。私たちは、ヘパラン硫酸プロテオグリカンの保護効果を模倣することによって、皮膚のFGF-2含量を維持することができるアンブレットシード抽出物(商標名Linefactor)を含有する化粧品有効成分を開発した。

heparin ヘパリン
heparan ヘパラン硫酸
heparan sulphate proteoglycans ヘパラン硫酸プロテオグリカン

By preventing the natural degradation of FGF-2, Hibiscus Abelmoschus seed extract maintains the bioavailability of this growth factor for its target cells, i.e. skin fibroblasts. Our in vitro evaluations showed that this ingredient exhibited heparan sulphate-like properties and dose-dependently protected FGF-2 from thermal degradation.

線維芽細胞増殖因子・FGF-2の自然分解を防止することにより、アンブレットシード抽出物はその標的細胞、すなわち皮膚線維芽細胞に対するこの成長因子の生物学的利用能を維持する。私たちの試験管内での評価は、この抽出物がヘパラン硫酸様な特性を示し、容量依存的に熱分解からFGF-2を保護することを示した。

Bioavailability:生物学的利用能・バイオアベイラビリティ

We could also show that, in turn, the protected FGF-2 could stimulate the synthesis of sulphated GAGs, the natural protective molecules for FGF-2, thus providing a double protection.

また、私たちは、順番に、保護されたFGF-2が、FGF-2の天然保護分子である硫酸化グリコサミノグリカンの合成を促進することが出来、それゆえに、二重保護を提供できることを示すことが出来た。

sulfated glycosaminoglycans 硫酸化グリコサミノグリカン

Finally, the in vitro results were confirmed in vivo thanks to a clinical study in which skin biomechanical properties and reduction in wrinkles were assessed.

最後に、試験管内での結果は、皮膚の生体力学的特性およびしわの減少が評価された臨床研究のおかげで、生体内で確認された。

skin biomechanical properties 皮膚生体力学的特性

用語
線維芽細胞増殖因子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E8%8A%BD%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%A2%97%E6%AE%96%E5%9B%A0%E5%AD%90


線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし、英: Fibroblast growth factors)またはFGFは、血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因子の一種。FGFはヘパリン結合性タンパク質で、細胞表面のプロテオグリカンの一種ヘパラン硫酸と相互作用を持つことがFGFのシグナル伝達に不可欠なことが明らかになっている。FGFは広範囲な細胞や組織の増殖や分化の過程において重要な役割を果たしている


関連ブログ

アンブレットシードオイルによる女性ホルモン分泌刺激作用

The stimulatory effect on the secretion of the female sex hormone by some perfumery raw materials
一部の香水原料による女性ホルモン分泌に及ぼす刺激作用
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2008/10/post-6a94.html

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

December 11, 2016

ダマスクローズ、ゼラニウムおよびローズマリー精油の神経毒性に対する保護効果(試験管実験)

An In Vitro System Comprising Immortalized Hypothalamic Neuronal Cells (GT1-7 Cells) for Evaluation of the Neuroendocrine Effects of Essential Oils.

精油の神経内分泌作用評価のための不死化視床下部ニューロン細胞(GT1-7細胞)を含むインビトロ(試験管内で)アッセイ系

Immortalized Hypothalamic Neuronal Cells (GT1-7 Cells)不死化視床下部神経細胞(GT1-7細胞)

PUBMEDより

Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:343942. doi: 10.1155/2015/343942. Epub 2015 Oct 21.

Mizuno D1, Konoha-Mizuno K2, Mori M2, Yamazaki K1, Haneda T1, Koyama H3, Kawahara M2.

Author information
•1Department of Forensic Medicine, Faculty of Medicine, Yamagata University, 2-2-2 Iida-Nishi, Yamagata-shi, Yamagata 990-9585, Japan.

•2Research Institute of Pharmaceutical Sciences, Faculty of Pharmacy, Musashino University, 1-1-20 Shin-machi, Nishitokyo-shi, Tokyo 202-8585, Japan.

•3School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University of Health and Welfare, 1714-1 Yoshino-cho, Nobeoka-shi, Miyazaki 882-8508, Japan.

Abstract

要旨

Aromatherapy and plant-based essential oils are widely used as complementary and alternative therapies for symptoms including anxiety. Furthermore, it was reportedly effective for the care of several diseases such as Alzheimer's disease and depressive illness. To investigate the pharmacological effects of essential oils, we developed an in vitro assay system using immortalized hypothalamic neuronal cells (GT1-7 cells).

アロマセラピーおよび植物ベース精油は不安を含む症状に対して補完代替療法として幅広く使用されています。さらに、それは、アルツハイマー病やうつ病などのいくつかの疾患ケアに有効であると報告されています。精油の薬理学的効果を調べるために、私たちは、不死化視床下部神経細胞(GT1-7細胞)を用いて、私たちはインビトロ(試験管内で)アッセイ系を開発しました。

In this study, we evaluated the effects of essential oils on neuronal death induced by hydrogen peroxide (H2O2), aluminum, zinc, or the antagonist of estrogen receptor (tamoxifen). Among tests of various essential oils, we found that H2O2-induced neuronal death was attenuated by the essential oils of damask rose, eucalyptus, fennel, geranium, ginger, kabosu, mandarin, myrrh, and neroli. Damask rose oil had protective effects against aluminum-induced neurotoxicity, while geranium and rosemary oil showed protective activity against zinc-induced neurotoxicity.

本研究では、過酸化水素(H 2 O 2)、アルミニウム、亜鉛、またはエストロゲン受容体のアンタゴニスト(タモキシフェン)によって誘発される神経細胞死に対する精油の効果を評価しました。様々な精油の検査の中で、私たちは、過酸化水素(H 2 O 2)誘発神経細胞死はダマスクローズ、ユーカリ、フェンネル、ゼラニウム、ジンジャー、カボス、マンダリン、ミルラ、およびネロリの精油によって弱毒化されたことを解明した。ダマスクローズ精油はアルミニウム誘発神経毒性に対する保護効果を有していて、一方、ゼラニウムとローズマリー精油は、亜鉛誘発性神経毒性に対する保護効果を有していた。

neuronal death 神経細胞死
tamoxifen タモキシフェン(抗ガン剤・抗エストロゲン薬)

In contrast, geranium oil and ginger oil enhanced the neurotoxicity of tamoxifen. Our in vitro assay system could be useful for the neuropharmacological and endocrine pharmacological studies of essential oils.

これとは対照的に、ゼラニウム精油およびジンジャー精油は、タモキシフェンの神経毒性を増強しました。私たちのインビトロ(試験管内で)アッセイ系は、精油の神経薬理学的および内分泌薬理学的研究のために有用であるあるだろう。

用語
GT1-7細胞に関して調べた情報

内分泌かく乱物質の脳神経系機能発達への影響と毒性メカニズム
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei11/pdf/d-3-12.pdf

GT1-7細胞は視床下部神経細胞由来の細胞株で、in vitroでの神経内分泌系
の研究に有利であると考えられる。 estrogen類似作用を報告されている種々
の化学物質がGT1-7細胞の生存維持や分化に及ぼす影響を検討した。

GT1-7細胞は常法により培養し、実験を行った。 GT1-7細胞はこの培養条件下でMAP2陽性の突起を伸展させ神経細胞様に分化することを確認した。

抗estrogen作用を持つtamoxifenは濃度依存的にGT1-7細胞の細胞死を起こした。


タモキシフェン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3

タモキシフェン(Tamoxifen、TAM)とは、抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)の一種。
乳癌組織等に存在するエストロゲンレセプターに、エストロゲンと競合的に結合し、抗エストロゲン作用を示すことによって抗腫瘍効果を発揮するものと考えられている。

精油のお求めはフィトアロマ研究所へ
ローズオットー(ブルガリア)1ml精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/100

ローズマリーカンファー10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/15

ジンジャーCO2(セレクト)5ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/173

|

December 07, 2016

疼痛、炎症、気道疾患、および悪性黒色腫に関係するTRP・一過性受容体電位チャンネル

精油の薬理効果を発現するには細胞の受容体に結合する必要があります。受容体に結合して活性化するのをアゴニスト(作動薬)反対に阻害して機能止めるのがアンタアゴニスト(拮抗薬)になります。受容体のことを調べていると、精油の化学成分名が出てきます。これらの文献を読んでみると、精油の機能性の理屈が理解できるようになるかもしれません。

温度感受性TRPチャンネルは冷たい、温かい、熱いと関係して、それは、また、痛みと関係しています。TRPチャンネルは皮膚や感覚神経などに発現するので、痛みのために精油を塗布することによって痛みを緩和する作用もTRPチャンネルが関係しているようです。

TRPチャンネル理解のために翻訳をします。精油の化学成分とTRPチャンネルとの関係を調べたいと思っています。


Transient receptor potential ion channels: powerful regulators of cell function.

一過性受容体電位イオンチャネル:細胞機能の強力な調節因子

Transient receptor potential ion channels 一過性受容体電位イオンチャネル

PUBMEDより

Billeter AT1, Hellmann JL, Bhatnagar A, Polk HC Jr.

Author information

1*Hiram C. Polk Jr MD Department of Surgery, Price Institute of Surgical Research, and Diabetes and Obesity Center, University of Louisville School of Medicine, Louisville, KY.

Abstract

要旨

OBJECTIVE:

目的

This article reviews the current understanding of transient receptor potential ion channels (TRP channels) in health and disease.

この記事は、健康および疾患における一過性受容体電位イオンチャネル(TRPチャネル)の現状理解を概説する。

BACKGROUND:

背景

Transient receptor potential ion channels are a group of 27 channels that are expressed in all tissues. These channels play important roles in surgically important problems, such as chronic pain, susceptibility to infection, hypothermia, and some cancers.

一過性受容体電位イオンチャネルは、すべての組織で発現される27チャネルのグループである。これらのチャンネルは、慢性疼痛、感染への感受性、低体温、および幾つかのがんなどの外科的重要な疾患において重要な役割を果たします。

METHODS:

方法

A literature search was performed. This review focuses on the role of TRP channels in a few surgically important disease processes, such as pain, inflammation, airway diseases, and malignant melanomas. In addition, we discuss some of the structural properties that are important for the activation of TRP channels.

文献検索が行われた。このレビューは、疼痛、炎症、気道疾患、および悪性黒色腫などのいくつかの外科的重要疾患プロセスにおけるTRPチャネルの役割に焦点を当てている。さらに、私たちは、TRPチャネルの活性化に重要であるいくつかの構造特性について議論する。

airway diseases 気道疾患
malignant melanoma 悪性黒色腫

RESULTS:

結果


TRPA1 and TRPV1 are expressed on pain fibers and play an important role in the development of chronic pain, such as chemotherapy-related neuropathic pain. Deletion of TRPA1 and TRPV1 suppresses the development of chronic pain, and blockers of TRPA1 and TRPV1 show promise as a new class of painkillers.

TRPA1およびTRPV1は痛覚線維上に発現され、化学療法関連神経因性疼痛などの慢性疼痛の発症において重要な役割を果たす。 TRPA1およびTRPV1の欠損は慢性疼痛の発症を抑制し、TRPA1およびTRPV1の遮断薬は新たなクラスの鎮痛剤として有望です。

pain fibers 痛覚線維
chemotherapy-related neuropathic pain 化学療法関連神経性疼痛
blockers 遮断薬

Furthermore, several TRP channels are expressed on immune cells. Macrophages express at least 3 different TRP channels, and the properly balanced activation of all these channels together allows normal macrophage function. Deletion of any of these channels results in impaired macrophage function and increased susceptibility to infection.

さらに、いくつかのTRPチャネルが免疫細胞上で発現されます。マクロファージは、少なくとも3つの異なるTRPチャネルを発現し、これら全てのチャネルの適切にバランスのとれた活性化は、正常なマクロファージ機能を可能にします。これらのチャンネルのいずれかの欠損は、マクロファージ機能の障害および感染に対する感受性の増加をもたらします。

Because several of these TRP channels on macrophages are temperature sensitive, they may comprise the link for hypothermia-related infectious complications in trauma, and to a lesser degree, in elective surgical patients.

これらのマクロファージ上のこれらのTRPチャネルのいくつかは温度感受性であるため、それらは外傷および、ある程度、待期的外科患者における低体温感染性合併症のためのリンクを含む可能性がある。

infectious complications 感染性合併症
trauma 外傷
elective surgical patients. 待期的外科患者
elective surgery 待期的手術(緊急でない、選択的な手術)

CONCLUSIONS:

結論

Transient receptor potential ion channels are involved in several surgically important disease processes. Activation or blockade of these channels offers new therapeutic opportunities. Pharmacologic activation or blockade of TRP channels may offer new treatment options in surgical patients for the management of pain and infections.

一過性受容体電位イオンチャネルは外科的に重要な幾つかの疾患プロセスに関与しています。これらのチャネルの活性化または遮断は新しい治療機会を提供する。 TRPチャネルの薬理活性化または遮断は、疼痛および感染症の管理のために外科患者に新しい治療選択肢を提供し得る。

|

November 30, 2016

リモネンは、セルトニン5-HTニューロン機能およびドーパミン放出の調節を介してメタンフェタミン誘発の自発運動を阻害する。

Limonene inhibits methamphetamine-induced locomotor activity via regulation of 5-HT neuronal function and dopamine release.

リモネンは、セルトニン5-HTニューロン機能およびドーパミン放出の調節を介してメタンフェタミン誘発の自発運動を阻害する。

locomotor activity 自発運動

PUBMEDより

Yun J1.

Author information

•1Pharmaceutical Standardization Research and Testing Division, National Institute of Food and Drug Safety Evaluation, Ministry of Food and Drug Safety, Republic of Korea.

Abstract

要旨

Methamphetamine is a psychomotor stimulant that produces hyperlocomotion in rodents. Limonene (a cyclic terpene from citrus essential oils) has been reported to induce sedative effects.

メタンフェタミンは、齧歯類で自発運動の亢進を引き起こす精神運動刺激剤です。リモネン(柑橘系精油由来の環状テルペン)は、鎮静作用を誘発することが報告されている。

psychomotor stimulant 精神運動刺激剤
hyperlocomotion 自発運動の亢進
rodents げっ歯類

In this study, we demonstrated that limonene administration significantly inhibited serotonin (5-hydroxytryptamine, 5-HT)-induced head twitch response in mice. In rats, pretreatment with limonene decreased hyperlocomotion induced by methamphetamine injection. In addition, limonene reversed the increase in dopamine levels in the nucleus accumbens of rats given methamphetamine.

本研究で、私たちは、リモネン投与がマウスにおけるセロトニン(5-ヒドロキシトリプタミン、5-HT)誘発性頭攣縮反応を有意に阻害することを実証した。ラットで、リモネンの前処理は、メタンフェタミン注射によって誘導された自発運動の亢進を減少させた。さらに、リモネンは、メタンフェタミンを投与されたラットの側坐核におけるドーパミンレベル上昇を逆転させた。

head twitch response頭部痙攣縮反応
nucleus accumbens 側坐核

These results suggest that limonene may inhibit stimulant-induced behavioral changes via regulating dopamine levels and 5-HT receptor function.

これらの研究結果は,リモネンがドーパミンレベルおよびセルトニン5-HT受容体機能の調節を介して、刺激剤誘発行動変化を阻害し得ることを示唆している。

KEYWORDS:

キーワード

5-HT; Dopamine; Drug addiction; Limonene; Methamphetamine

セルトニン、ドーパミン、麻薬中毒、リモネン; メタンフェタミン

関連記事

頭部痙攣縮反応のことを調べていたときに見つけた文献です。

The serotonin 2C receptor potently modulates the head-twitch response in mice induced by a phenethylamine hallucinogen

セロトニン2C受容体は、フェネチルアミン幻覚剤によって誘発されたマウスにおける頭部痙攣縮反応を強力に調節する。

PUBMEDより

用語
methamphetamine メタンフェタミン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

メタンフェタミン(英語: methamphetamine, methylamphetamine)とは、アンフェタミンの窒素原子上にメチル基が置換した構造の有機化合物である。間接型アドレナリン受容体刺激薬としてアンフェタミンより強い中枢神経興奮作用をもつ

精油のお求めはフィトアロマ研究所へ

リモネン含有(95.03%)
グレープフルーツ10ml・精油
http://phytoaroma.ocnk.net/product/432

|

November 25, 2016

d-リモネン・単環式モノテルペンの経皮吸収促進作用および皮膚刺激。

Percutaneous absorption enhancing effect and skin irritation of monocyclic monoterpenes.

単環式モノテルペンの経皮吸収促進作用および皮膚刺激。

percutaneous absorption 経皮吸収
monocyclic monoterpenes 単環式モノテルペン

PUBMEDより

Drug Des Deliv. 1990 Sep;6(3):229-38.

Okabe H1, Obata Y, Takayama K, Nagai T.

Author information

Department of Pharmaceutics, Hoshi University, Tokyo, Japan .

星薬科大学 薬剤学部教室

Abstract

要旨

The percutaneous absorption promoting effect and skin irritancy of cyclic monoterpenes were investigated in rats and with rabbits, respectively. Ketoprofen (KPF) was applied to rat skin in gel ointments containing various cyclic monoterpenes.

環状モノテルペンの経皮吸収促進作用および皮膚刺激はラットおよびウサギで、それぞれ、調べられた。ケトプロフェンKRAF(非ステロイド炎症剤)は様々な環状モノテルペン含有ゲル軟膏でラットの皮膚に塗布した。

cyclic monoterpenes 環状モノテルペン

Plasma concentrations of KPF markedly increased with the addition of the hydrocarbons of cyclic monoterpenes such as trans-p-menthane and d-limonene, whereas no significant enhancing effect was observed in the cases of other terpenes such as l-menthol, l-menthone and 1,8-cineole.

トランス-p-メンタンおよびd-リモネンなどの環式モノテルペンの炭化水素を添加すると、KPFの血漿濃度は著しく増加したが、l-メントール、l-メントンおよび1,8-シネオールなどの他のテルペンの場合には有意な増強作用は観察されなかった。

trans-p-menthane トランスp-メンタン

The lipophilicity of the enhancers seems the important factor in promoting penetration of KPF through the skin. The enhancing activity of d-limonene was found to be much higher than that of Azone.

促進剤の親油性は皮膚を通してケトプロフェンKRAFの浸透を促進する上で重要な因子と思われる。d-リモネンの促進活性はアズワンよりもはるかに高いことが判明した。

Azone.:アズワン(けい皮吸収促進剤)

Irritancy of the hydrocarbons of cyclic monoterpenes and Azone to the skin was evaluated using a Draize scoring method with rabbits.No change was observed on the skin surface when ethanol containing 2% of the hydrocarbons was applied to the dorsal skin, though a slight edema and erythema were observed in the case of Azone.

皮膚への環状モノテルペンおよびアズワンの皮膚刺激はドレイズ試験を用いて評価した。 2%の炭化水素を含むエタノールを背部皮膚に塗布した場合、皮膚表面に変化は見られなかったが、アズワンの場合にはわずかな浮腫および紅斑が観察された。

In particular, an obvious difference was observed in the erythema formation between Azone and the hydrocarbons of cyclic monoterpenes.

特に、アズワンと環状モノテルペン炭化水素とのに紅斑形成において明らかな差異が観察された。

Erythema 紅斑

用語
ドレイズ試験
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%A9%A6%E9%A8%93

ドレイズ試験(Draize Test)もしくはドレイズ法は、1944年にFDAの毒性学者であったジョン・ドレイズ(John H. Draize)とジェイコブ・スピネス(Jacob M. Spines)により考案された急性毒性(刺激性)試験法である。当初は化粧品の試験として開発され、その手順には、意識のある状態で拘束したウサギの皮膚または眼に対し、試験物質を0.5mLまたは0.5gを適用して4時間の放置を行う過程を含む試験である[1]

|

November 08, 2016

匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用

Brain-immune interaction accompanying odor-evoked autobiographic memory.

匂い喚起による自伝的記憶を伴う脳と免疫系の相互作用

PUBMEDより

PLoS One. 2013 Aug 20;8(8):e72523. doi: 10.1371/journal.pone.0072523. eCollection 2013.
Matsunaga M1, Bai Y, Yamakawa K, Toyama A, Kashiwagi M, Fukuda K, Oshida A, Sanada K, Fukuyama S, Shinoda J, Yamada J, Sadato N, Ohira H.

Author information

•1Department of Health and Psychosocial Medicine, Aichi Medical University School of Medicine, Aichi, Japan.

•愛知医科大学医学部衛生学講座

Abstract

要旨

The phenomenon in which a certain smell evokes a specific memory is known as the Proust phenomenon. Odor-evoked autobiographic memories are more emotional than those elicited by other sensory stimuli.The results of our previous study indicated that odor-evoked autobiographic memory accompanied by positive emotions has remarkable effects on various psychological and physiological activities, including the secretion of cytokines, which are immune-signaling molecules that modulate systemic inflammation.

ある種の香りが特定な記憶を呼び起す現象は、プルースト効果として知られています。匂い喚起による自伝的記憶は他の感覚刺激によって誘発されるものよりも情動的であります。私たちの以前の研究は、ポジティブな感情を伴う匂い喚起による自伝的記憶が、全身性炎症を調節する免疫・シグナル伝達分子あるサイトカイン分泌を含む様々な心理的、生理的活性に顕著な効果を有していることを示した。

Proust phenomenon プルースト効果
mmune-signaling molecules 免疫・シグナル伝達分子
systemic inflammation 全身性炎症

In this study, we aimed to clarify the neural substrates associated with the interaction between odor-evoked autobiographic memory and peripheral circulating cytokines. We recruited healthy male and female volunteers and investigated the association between brain responses and the concentration of several cytokines in the plasma by using positron emission tomography (PET) recordings when an autographic memory was evoked in participants by asking them to smell an odor that was nostalgic to them.

本研究で、私たちは、匂い手がかり自伝的記憶と抹消循環のサイトカインとの相互作用に関係する神経基質を明らかにすることを目的とした。私たちは、健康な男女を募集して、彼らに懐かしい匂いを嗅いでもらうことをお願いすることによって自伝的記憶が参加者に誘発されたときに、陽電子放射断層撮影(PET)記録を使用して、脳応答および血漿中のいくつかのサイトカイン濃度との関連を調べました。

neural substrates 神経基質

Participants experienced positive emotions and autobiographic memories when nostalgic odors were presented to them. The levels of peripheral proinflammatory cytokines, such as the tumor necrosis factor-α (TNF-α) and interferon-γ (IFN-γ), were significantly reduced after experiencing odor-evoked autobiographic memory. Subtraction analysis of PET images indicated that the medial orbitofrontal cortex (mOFC) and precuneus/posterior cingulate cortex (PCC) were significantly activated during experiences of odor-evoked autobiographic memory.

懐かし匂いが参加者に示されたときに、彼らはポジティブな感情および匂い喚起による自伝的記憶を経験した。腫瘍壊死因子α(TNF-α)およびインターフェロンγ(IFN-γ)などの末梢炎症性サイトカインのレベルは、匂い喚起による自伝的記憶を経験した後に有意に減少した。PET画像の減算分析は、内側眼窩前頭皮質(mOFC)および前帯状/後帯状皮質 (PCC) は匂い手がかり自伝的記憶を経験中に有意に活性していた。
proiproinflammatory cytokines 炎症性サイトカイン
medial orbitofrontal cortex (mOFC) 内側眼窩前頭皮質(mOFC)
Posterior cingulate cortex後帯状皮質
precuneus cingulate cortex (PCC)  前帯状皮質

Furthermore, a correlation analysis indicated that activities of the mOFC and precuneus/PCC were negatively correlated with IFN-γ concentration. These results indicate that the neural networks including the precuneus/PCC and mOFC might regulate the secretion of peripheral proinflammatory cytokines during the experience of odor-evoked autobiographic memories accompanied with positive emotions.

さらに、相関分析は、内側眼窩前頭皮質(mOFC)および前帯状/後帯状皮質 (PCC)の活性がインターフェロン(IFN)γ濃度と負に相関していた。これらの結果は、前帯状/(PCC)および内側眼窩前頭皮質(mOFC)の神経ネットワークがポジティブな感情を伴う匂い喚起による自伝的記憶を経験中に末梢炎症性サイトカイン分泌を調節するかもしれないことを示唆しています。

correlation analysis 相関分析

用語

眼窩前頭皮質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%BC%E7%AA%A9%E5%89%8D%E9%A0%AD%E7%9A%AE%E8%B3%AA

眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ、英: Orbitofrontal cortex, OFC)は、ヒトの脳にある連合皮質の領域の一部で、意思決定などの認知処理に関わっているとされている。

眼窩前頭皮質はヒトの脳の中でも最も理解が進んでいない領域である。しかし、この領域は、感覚情報の統合、強化子 (reinforcer) の感情価 (affective value) の表現、意思決定や期待に関連しているという考えが提唱されている[2]。特に、ヒトの眼窩前頭皮質は報酬と罰に対する感受性に関連した行動計画を制御していると考えられている

前帯状皮質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B8%AF%E7%8A%B6%E7%9A%AE%E8%B3%AA

前帯状皮質は血圧や心拍数の調節のような多くの自律的機能の他に、報酬予測、意思決定、共感や情動といった認知機能に関わっているとされている

|

より以前の記事一覧