October 04, 2006

ディエットアロマ社・エセンシャルオイルの特徴

親子3代にわたりエセンシャルオイルに80年猶予の歴史

エセンシャルの選択に確かな眼を持っています。

Lavender_1


ディエットアロマ社はエセンシャルオイルの選択において、地理的な原産地、収穫時期、蒸留技術に注意を払っています。エセンシャルオイルに80年猶予の歴史がありオイルの選択において豊富な経験を持っています。

自然と植物の力を信じ、1927年リヨン大学卒論でペパーミントエセンシャルオイルおよびその派生物の殺菌能力を書いたディエットアロマ社の創立者、Louis Sevelinge 薬学博士は、フランスではJean Valnet(ジャン・バルネ博士)と並んでアロマセラピーのパイオニアとして知られています。

ラボラトワール・ディエットアロマ社のオーガニック・エセンシャルオイルは、フランスECOCERTF-32600の認定を受けております。また、化粧箱にはフランス有機認定のABマークが印刷され、ビンシールおよび化粧箱にはロットNo.および有効期限が印刷されています。

ディエトアロマ社の全てのエセンシャルオイルは、ロット毎にフランス・AFNOR規格に基づいた成分分析をおこなっています。

ディエトアロマ社エセンシャルオイルの香りの特徴は、強い香りでなく柔らかな、優しい香りで長く嗅いでもいやみがありません。植物本来の香りのエセンスを抽出しています。

フランス1,000箇所の薬局および健康食品ショップで売られています。また、カナダ、スイス、ベルギー、ルクセンブルグ、ポルトガルで販売されています。

ディエトアロマ社・エセンシャルオイルのご用命はアロマショップ フィトアロマ研究所へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 27, 2006

ディエットアロマ・エセンシャルオイル使用上の注意

DietaromaのLe Guide des Huiles Essentiellesより

Precautions in use

使用上の注意  

Whatever essential oils are used for, a number of major precautions need to be taken :

エセンシャルオイルを使用にあたりどのような場合でもいくつかの注意をすることがあります。

only use products meeting strict qualitative criteria (Latin name, chemotypes, part of plants used, etc.),

厳しい品質基準に合格したオイルのみ使用(植物の学名、ケモタイプ、抽出部位などの表記)

never apply essential oil on the urogenital areas, eyes and auditory meatus,

エッセンシャルオイルを泌尿生殖器部位、目、および外耳道に決して塗布しないでください。

great care must always be taken with patients presenting known conditions (personal or family) likely to produce allergies: particularly in connection with use via the respiratory tract or on the skin,

特に気道を介してまたは皮膚上の使用に関連して、アレルギーを生じる可能性がある症状(個人または家族)を示している患者にはいつも注意をしなければならない。

respiratory allergies and, in particular, asthmatic conditions constitute a contraindication to aerosols of essential oils,

呼吸器アレルギーおよび、特に喘息症状にはエセンシャルオイルのエアゾールは禁忌になります。

essential oils rich in ketones and lactones are neurotoxic and it is necessary to be careful with the cumulative effect of all absorptions (internal, skin, respiratory, etc.),

ケトンおよびラクトンを多く含有するエセンシャルオイルは神経毒性作用があり、全て吸収されて蓄積効果があるので注意をする必要があります。

take into account that phenols are irritant to the skin and mucous membranes, choose suitable excipients and appropriate concentrations, it is the same for aldehydes,

フェノールは皮膚および粘膜を刺激することを考慮sじて、適切な希釈剤および適切な濃度を選択、このことはアルデヒドにも当てはまります。

never pour essential oils into water, but solubilize them in an appropriate excipient,

エセンシャルオイルを水なかに注がないこと、しかし適切な希釈剤にオイルを可溶化すること。

avoid any exposure to sunlight in the hours following the application or taking internally of a photosensitising essential oil,

感作作用のあるエセンシャルオイルの塗布のあとに数時間のうちに太陽の光を浴びないこと。

do not leave bottles within reach of children,

オイルを子供の手の届かないところに置く

in the event of accidental absorption, get the person to ingest vegetable oil, olive oil, sunflower oil, etc. (1 to 3 tablespoonfuls, never water),

事故で飲んだ場合は、植物油、オリーブオイル、サンフラワーオイルなどを口に含ましてください(1から3テーブルスプーン、決して水は使わないこと

in the event of splashing in the eye, wipe the eye immediately with a swab well soaked with vegetable oil or pour one or more drops of vegetable oil onto the eyeball. It is furthermore desirable to enclose systematically a bottle of vegetable oil with the set of essential oils so that immediate treatment is available,

眼にオイルが入った場合は、植物油に含ました綿棒で即座にふき取ってください、または眼の玉の上に植物油を1滴垂らしてください

peppermint essential oil must never be applied on an extensive area of skin (icy reaction) and is not recommended with children under 30 months,

ペパーミントオイルは皮膚(冷感反応)の広範囲の部位に決して塗布してはいけない、30ヶ月以下の子供には勧められない。

never inject pure essential oils or essential oils in a complex into the veins or muscles,

ピュアーなエセンシャルオイルまたはブレンドエセンシャルオイルを静脈または筋肉に投与してはならない

certain chemotypes of essential oils are potentially allergenic. It is essential for them to be labelled, in cosmetics for example. Always refer to the label.

ある種のケモタイプのエセンシャルオイルは潜在的にアレルギー反応を引き起こします。例えば化粧品においてそれらのことを表示することが必要です。常にラベルの成分を参照してください。

上記内容は、ディエットアロマ社のエッセシャルオイル・ガイド小冊子(43ページ)、Le Guide des Huiles Essentieles 17ページ、Precautions d’emploi内容をディエットアロマ社で英訳したものを和訳したものです。

4月25日に掲載したのを手違いで削除してしっまたのでまた掲載します。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2006

アロマセラピーのパイオニア、ディエットアロマ創立者の物語

The story of an aromatherapy pioneer :

アロマセラピーのパイオニア、Louis Sevelingeの物語
 
Louis Sevelinge did his pharmacy studies in Lyon. For his doctoral thesis in pharmacy, he worked on the works carried out by René Marcel Gattefossé. A chemical engineer, René Marcel Gattefossé was the first person to call treatment using essential oils « Aromatherapy ».

Louis Sevelingeはリヨン大学で薬学の研究をして板。薬学の博士論文のために、ルネ マルセル ガトフォセによって行われた研究に取り組んでいた。化学技術者、ルネ マルセル ガトフォセは、(アロマセラピー)エセンシャルオイルを使用して治療した最初の人と呼ばれていた。。

In 1927, Louis Sevelinge presented his thesis under the title :

1927年、Louis Sevelingeは下記の題名で論文を提出した。

« Le The power of essential oils of mint and of its derivatives ».

ペパーミントエセンシャルオイルおよびその派生物の殺菌の能力

This work gave rise to a veritable passion for aromatherapy and phytotherapy. Having become a dispensing pharmacist, in 1935 he created the first pharmaceutical specialities for internal use based on essential oils.

この論文はアロマセラピーおよび植物療法(フィトセラピー)に対して真の情熱をもたらした。1935年に薬剤師になって、エッセンシャルオイルに基づいた内服使用のための調剤専門家に初めてなった人であります。

In 1945, he founded the Phytaroma pharmaceutical laboratories.

1945年にフィトアロマ薬剤研究所を設立

An aromatherapy and phytotherapy pioneer, he introduced numerous people to his passion, including Doctors Valnet, Quiquandon and Franchomme. He also participated in numerous conferences and published several papers on his research and works.

アロマセラピーおよび植物療法のパイオニア、Louis Sevelingeはバルネ博士、 Quiquandon およびフランコムを含む多くの人々に情熱を伝えた。また、彼は数多くの会議に参加して研究および業績ついてのいくつかの論文を発表した。

En 1966, he created the Diétaroma laboratories and was at the origin of the very first food supplements.

1966年に、ラボワトール・ディエットアロマを設立してまさしくフードサプリメントの発端の人であった。

His qualifications :

資格

Doctor of Pharmacy, Pharmacist at the Lyon university of medicine and pharmacy,
Hygiene and Microbiology Diploma,

薬学博士、リヨン大学医学、および薬学での薬剤師、衛生学および微生物学の学位

Agricultural Geology and Chemistry Certificate,

農業地質学および農化学の資格証書

Agricultural Botany Certificate,

農業植物科学資格証明書 

Science degree (Agronomy Section),

理学博士(農耕学科)

Graduate Bacteriology Laboratory Assistant serving Professor Rochaix,

学士、細菌学研究所でRochaix,教授の助手

In 1945, he created the Phytaroma pharmaceutical laboratories, laboratories to which he devoted himself exclusively from 1967 onwards.

1945年に、1967年以降研究だけに身を捧げたフィトアロマ薬学研究所を設立した。


A few conference papers and publications :

 いくつかの学会論文と刊行物

The author of several conference papers, he participated alongside Doctor FESNEAU,

 著者のいくつかの学会論文、Doctor FESNEAU,博士と並んで参加

in the Milan international aromatherapy congress in 1954,

1954年ミラノ、国際アロマセラピー会議

in the Leyde (Holland) pharmacological science congress in 1956, with a talk on cholesterol,

1956年オランダ、ライデン、 薬理科学会議でコレステロール関する講演

in the Washington biochemistry congress in 1957 with a talk on the infectious nature of leukaemia,

1957年ワシントン、生化学会議で感染性の白血病に関する講演

in the Bienne natural medicine congress in 1976 with a talk on the marvellous power of essences,

1976年ビエンヌ、ナチュラル・メディスン会議で驚嘆すべきエセンスパワーに関する講演

in the Lausanne cosmetics congress in 1977 with a talk on the relationships between aromatherapy and cosmetics,

1977年ローザンヌ、化粧品会議でアロマセラピーと化粧品との関する講演

in the natural medicine congress in Florence in November 1977 with a talk on activity and applications of essential oils in therapies,

1977年フローレンス、ナチュラル・メディスン会議での治療におけるエセンシャルオイルの活性および塗布に関する講演

in the nature congress in Basel in September 1979 with a talk on aromatherapy and bioelectronics.

1979年バーゼル、自然会議でのアロマセラピーおよび生体電子工学に関する講演

He had numerous papers published in magazines like « Le toubib » (« The doctor »), « Pratique et recherche médicale » (« Medical research and practice »).

いくつかの論文を Le toubib(医師)、« Pratique et recherche médicale »(医学研究および実践)などの雑誌に発表。

上記の文章はディエトアロマから送られてきた創立者の英文を訳したものです。創立者の写真はエセンシャルオイルの化粧箱に印刷されています。尚、下記のブログは関連のものです。

フィトアロマ研究所発売オーガニックエセンシャルオイル

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ
ザクロ種子油(ザクロシードオイル)15mlをプレゼント、詳しくはアロマショップWhat's New参照。

フィトアロマ研究所発売オイル案内 | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2006

アロマセラピー真のパイオニア ディエットアロマの歴史

エセンシャルオイルに80年猶予の歴史

ESSENTIAL OILS
エセンシャルオイル

Story of a passion
アロマセラピーへの情熱物語

Once upon a time there was a man, Louis Sevelinge, who believed in Nature and in the virtues of plants. In 1927, this young man, a farmer’s son, defended his doctoral thesis in pharmacy at the University of Lyon. Its title: « Le pouvoir antiseptique des huiles essentielles de menthe et de ses principaux dérivés » (« The antiseptic power of essential oils of mint and of its main derivatives »).

昔々、Louis Sevelingeという男性がいました。彼は自然と植物の力を信じていました。1927年に、農家の息子、この青年はリヨン大学薬学部の博士論文でこのことを主張しました。論文タイトル:ペパーミントエセンシャルオイルおよびその派生物の殺菌能力

virtue :効き目、効力
doctoral thesis :博士論文
derivatives : 派生物、誘導体

A graduate in hygiene, microbiology and botany, Doctor Sevelinge was passionate about plants and carried out much research. At a time when chemistry was all-powerful (in medicine as in agriculture), Doctor Sevelinge developed as early as 1935, when he was a Pharmacist in Bourg de Thizy, pharmaceutical specialities based on essential oils (« les Gouttes aux Essences », « Oil-Based Drops ») and, in 1945, founded the Laboratoires Pharmaceutiques Phytaroma (Phytaroma pharmaceutical laboratories).

衛生学、微生物学および植物学の学士、Doctor Sevelinge博士は植物に関して強い関心を持ち、多くの研究を行いました。その時代は医学同様に農業でも化学万能で、早くも1935年にBourg de Thizyで薬剤師であったDoctor Sevelinge 博士は、エセンシャルオイルにに基づいた専門薬(エセンシャルオイル・ドロップ)を開発した。1945年にフィトアロマ・薬学研究所を設立した。

pharmaceutical :調合薬、 薬剤

A veritable precursor of Aromatherapy, Doctor Sevelinge was the first person to offer, for internal use, essential oil complexes. He was thus at complete variance with the ideas of the time.

アロマセラピーの真の先覚者、Doctor Sevelinge博士はエセンシャルオイルの内服を提案した最初の人であった。そして、時代の考えに全く一致していなかった。

variance : 相違、不一致、変化

With Phytaroma, Doctor Sevelinge opened up the way to Aromatherapy as early as the 1950s. A visionary, he was already fervently championing organic farming and stressing the essential role played by diet in maintaining good health. He then decided to turn resolutely towards health products and the brand new notion, at the time, of food supplements; he then created the Laboratoires Diétaroma (Diétaroma Laboratories) in 1956.

フィトアロマで、Doctor Sevelinge博士は早くも1950年代にアロマセラピーの道を開いた。空想家の彼は、既に有機農法を熱烈に擁護していて、健康維持でダイエットが果たす不可欠な役割を強調していました。次に、断固として健康商品および、そのときに栄養補助食品の新ブランドへの転換を決意した。その時点で、1956年に、ラボワトール・ディエットアロマを設立した。

Today, Diétaroma is a family business which has remained faithful to its « geographical and ethical » origins for three generations. The team, now led by Bénédicte Chirol, the founder’s granddaughter, continues to champion everything natural as well as quality through a range which is becoming richer from year to year. A pioneer of Aromatherapy, Diétaroma has good knowledge and experience of essential oils and has developed specialities based on essential oils (food supplements, cosmetics). Thanks to this experience, Diétaroma is able to offer a wide range of 100 % pure and natural essential oils with a selection of over 90 wild or conventional organic essential oils to choose from.

今日、ディエットアロマはファミリービジネスで3代にわたって原点(地理的および倫理的)を忠実に守ってきた。現在、創設者の孫娘、Bénédicte Chirolによって経営されているチームは、毎年豊富になっている商品範囲を通して自然同様に品質にすべてに擁護すること持続しています。アロマセラピーのパイオニアディエトアロマはエセンシャルオイルに関して豊かな経験と知識があり、エセンシャルオイルに基づいた栄養補助食品、化粧品を開発した。これらの経験のおかげで、ディエトアロマは、野生、コンベンショナル、オーガニックの90以上の品揃なかから広範囲に100%純粋で天然のエセンシャルオイルの選択を提供することが出来ます。


上記の文章はディエトアロマのフランス語のエセンシャルオイル冊子をディエットアロマで英訳したものです。フランス語原文と博士の写真がの下記のブログに出ています。

フィトアロマ研究所発売オーガニックエセンシャルオイル


注意、フランスでは医師の指導のもとで内服が行われていますが、日本では一般的ではありません。エセンシャルオイルは薬として認可されていません。エセンシャルオイルの内服は絶対しないでください。

宣伝文なのに翻訳は洗練してなくてぎこちないです。ただ、事実を知って頂きたいと思います。

エセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2005

フィトアロマ研究所発売オーガニックエセンシャルオイル

製造元:ラボラトワール・ディエットアロマ(フランス)について

フィトアロマ研究所の発売オイルの製造元はラボラトワール・ディエットアロマ(フランス)です。創立者のDr. Louis SEVELINGE博士はアロマセラピー分野での先駆者としてよく知られています。

1950年初頭に、薬学および植物学の博士である、Dr. Louis SEVELINGEは様々なエセンシャルオイルおよび植物抽出原料をベースにした製品を開発した。そのときに、Phytaroma Laboratoriesを設立し、その時代は今日のように環境運動および自然の製品に対する憧れはなかった。

その後、1966年に現在の社名ラボラトワール・ディエットアロマに変更しました。長年のエセンシャルオイルに対する知識を生かして化粧品などはフランスでよく知られています。すべの製品はDr. Louis SEVELINGE 博士によるレシピーによって作られています。

下記のフランス語文章はアロマセラピーの先人としての博士のことが掲載されている記事です。フランスのアロマセラピーの歴史の中でラボラトワール・ディエットアロマの創立者、Dr. Louis SEVELINGE博士は日本でよく知られているJean Valnet(ジャン・バルネ博士)と並んでアロマセラピーの先駆者としてDOSSIER HUILES ESSENTIELLES + LIVRES に記載されてます。

下記参照

Par volonté des services marketing de grandes marques en mal de nouveautés, le grand public n'a accès qu'à une information superficielle sur les Huiles Essentielles. Il est vrai que ce domaine si pointu, où les contrefaçons ne sont pas rares, pourrait en désorienter plus d'un, si des pionniers tels que Max Fesneau, Jean Valnet, Louis Sevelinge, et autres F. Bardeau, n'avaient pas jalonné leurs vies de conférences et articles relatant leurs experiences multidecennales.
http://biogassendi.ifrance.com/huilessentielles.htm

*pionniers: 先駆者、パイオニア

下記のの写真はラボラトワール・ディエットアロマ(フランス)のエセンシャルオイルの小冊子からのスキャンです。フランス語のため訳はついていません。商品の写真が上手く取れないのでパンフレットのスキャンを思いつきました。宜しく。


情熱への歴史

_002


エセンシャルオイルの基準と識別

_001


ディエットアロマ(フランス)エセンシャルオイルの特徴

dec0203

フィトアロマ研究所のオイル宜しくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2005

フィトアロマ研究所発売オイルのお知らせ

名も知らぬブランドオイルなれど、遠きフランス、米国より日本に来たる。

フィトアロマ研究所発売オイルのお知らせ。フランスよりエセンシャルオイルを直接輸入し皆様にお手どけ致します。オーガニックでエコセールの認定を受け、フランス政府公認のABマークが外箱に印刷されています。キャップはチャイルドプルーフになっていて、お子様が簡単に開けることができないです。キャップオープン前の有効期限とロットNoは外箱とビンラベルに記載。尚、植物油は米国からの輸入です。ザクロの種のオイル(15ml)は入荷しました。今後、スパイクナード、しゃくなげ、サンザシのオイルを発売する予定です。

各発売エセンシャルオイルには成分分析表をお渡しします。

ラベンダーの分析表のサンプル

名称:真正ラベンダー
ラテン名: Lavandula angustifolia
科名: シソ科
原産国: フランス
抽出方法:水蒸気蒸留
抽出部位:花穂
ロットNo.05H081 ビンシールおよび外箱に記載

分析機関: 取引先の研究所名
分析日 :09/2005

屈折率.........................................1.4578
比重.............................................0.8835
施光度.......................................-11.5°

成分分析表
リナロール...........................................42.91%
酢酸リナリル......................................35.98%
シスβーオシメン.................................1.11%
酢酸ラバンジュリル.............................0.12%
テルピネン-4-ol..................................0.39%
トランスβーオシメン...........................2.08%
1.8シネオール.......................................0.18%
リモネン..................................................0.16%
カンファー...............................................0.65%
ラバンジュオール.................................0.15%


オーガニックエセンシャルオイル価格表(フランス製)

オイル名         容量    税込価格
イランイラン ......................10ml...............3,675
オレンジ.............................10ml..............2,100
グレープフルーツ..............10ml............. 2,625
サイプレス.........................10ml...............3,675
ジュニパー........................10ml.............. 4,305
ゼラニウム ..................... 10ml...............3,990
ティートリー ......................10ml.............. 2,940
ニアウリ............................ 10ml..............2,625
ペパーミン........................ 10ml..............3,675
ベルガモット......................10ml............ 3,150
ユーカリ..............................10ml............ 2,100
ユーカリラジアータ...........10ml.............2,310
真正ラベンダー............... 10ml..............3,360
レモン................................ 10ml.............2,100
ローズマリー・カンファ- 10ml..............2,310


植物油価格表(米国製)

      商品名          容量   税込価格

オーガニッツク ホホバオイル 未精製....59ml.........2,940
アフリカン シアーオイル.................30ml.... ....2,100
アフリカン シアーバター 未精製.....25ml.........1,995
クリーミーココアバター.....................25ml.........2,100
ホホババター ラベンダー................25ml.........2,625
シアーオイル ココナッツ&バニラ . 30ml.........2,625


詳しい内容に関してはご説明させていただきますので下記のアドレスまでメールをお願いいたします。詳しい購入方法を連絡いたします。お客様とコミュニケーションを取りながら販売をしていきたいです。お客様にとっては少しお手数をかけますが宜しくお願いいたします。いつものことでレイアウトが上手くできないのでごちゃごちゃになってすませんです。下記にメールを頂ければ価格表を送付いたします。。

フィトアロマ研究所

尚、プロフィールのメールも使用できます。

今日で記事数が300回になりました。このときにフィトアロマ研究所発売のオイルのお知らせがで嬉しいです。
オイルの発売でもっと相互のコミュニケーションが取れて、商品を理解して頂、購入していただければありがたいです。宣伝のブログを読んでいただきありがとうございます。


特定商取引に基づく表記

フィトアロマ研究所はアロマ関連商品の輸入・企画販売をしています。
フィトアロマ研究所はFAXとメールによる受注しております。

販売に関する注意事項

販売価格

商品毎に表示

注文方法

注文はFAX/メールでお願いいたします。
ご注文の製品名と数量を明記してください
ファクス/メールには住所、氏名、電話番号の記入をお願いします。

送料

 一律525円(税込み)但し沖縄県は1,260円
商品代金合計1万円以上(税込み)は送料無料(沖縄県・離島は除く)

お支払い方法

注文後に請求金額と振込み先をお知らせいたします。
振込み時に必要な手数料はお客様のご負担となります。
現在のところ支払い方法は銀行振り込みのみになっています。

引渡し時期

商品は宅配便(クロネコヤマト)によるお届けになります。
入金確認後1週間以内の発送となります。
輸入品の関係上在庫がない場合はメール等でご連絡いたします。

返品について

返品、商品不良などに関しては、商品到着1週間以内に御連絡ください。
返品の受付は商品不良、商品間違えの場合のみとなります。

販売者名 :フィトアロマ研究所
所在地  :231-0836 横浜市中区根岸町3-136
代表責任者名:小島 秀元
連絡先:TEL/FAX:045-621-2710
     E-mail:hi-koji@tree.odn.ne.Jp

※商品についての御質問や価格表を御希望の方はお気軽に御連絡ください。

上記特定商取引に基づく表記は12月2日掲載

| | Comments (0) | TrackBack (1)