December 09, 2022

スピリチュアルヒーリングのための精油による塗油

Anointing With Essential Oils For Spiritual Healing

https://www.donnieyance.com/anointing-with-essential-oils-for-spiritual-healing/

スピリチュアルヒーリングのための精油による塗油

Anointing has been a sacred ritual for thousands of years in many different religions and ethnic groups, as a means of spiritual refreshment and physical invigoration. In the Orthodox tradition, the sacramental act of pouring aromatic oils onto the body, most often the head, is also called unction, and is primarily administered for physical and spiritual ills, although everyone is anointed during Holy Week. In this act of blessing, the aromatic oil used is believed to have both spiritual and physical healing qualities.

塗油は、霊的なリフレッシュと身体的な活性化の手段として、様々な宗教や民族で数千年にわたり神聖な儀式として行われてきました。正統派の伝統では、芳香油を身体、特に頭に注ぐ聖餐式は、「塗油」とも呼ばれ、聖週間には誰もが塗油され、主に身体的および霊的な病気のために投与されます。この祝福の行為において、使用される芳香油は霊的・身体的な治癒力を持つと信じられている。

sacramental act 聖餐式
aromatic oils 芳香油
unction塗油

I believe that God’s healing love is spiritual, yet can be physical as well, if it be the will of God. Essential oils are the perfect element to guide our spiritual attunement and uplift our hearts. When I use essential oils for healing, I pray for God’s strength and an abiding sense of happiness. This does not necessarily mean the absence or avoidance of pain and suffering, but the mastery within pain and suffering to know and feel in your heart the sacred gifts of peace, joy, beauty and love.

神の癒しの愛は霊的なものでありながら、神の意思であれば身体的なものにもなり得ると私は信じています。精油は、私たちの霊的な同調を導き、心を高揚させるのに最適なエレメントです。私は、精油を癒しに使うとき、神の力と変わらぬ幸福感を祈ります。これは、必ずしも痛みや苦しみがない、あるいは避けるということではなく、痛みや苦しみの中で、平和、喜び、美、愛という神聖な贈り物を知り、心に感じることができるようになることを意味します。

I discovered this paradox through a recent illness where I endured many days of unremitting suffering, and simultaneously unparalleled love and joy. From a place of raw vulnerability, deep love, and humility, I learned a great many truths and discovered renewed strength, courage, and wisdom. Through this experience, one of the gifts bestowed upon me was the conception of a special blend of sacred essential oils for the purpose of anointment.

私は、最近かかった病気で、絶え間ない苦しみと同時に、比類ない愛と喜びを何日も味わい、このパラドックスを発見しました。私は、生の脆弱性、深い愛、そして謙虚さから、多くの真実を学び、新たな強さ、勇気、そして知恵を発見しました。この体験を通じて、私に授けられた贈り物のひとつが、聖なる精油の特別なブレンド、塗油の考案でした。

This formulation came to me from both my deep intuitive wisdom of medicine and my connection to the Divine, as I was recovering from my own illness, searching for remedies, and reflecting on my roots as a Franciscan monk. My sacred blend includes frankincense, lavender, Holy basil, rose, nutmeg, myrrh, and sandalwood.

この調合は、私自身が病気から回復し、治療法を探し、フランシスコ会修道士としてのルーツを振り返る中で、医学に対する深い直感的な知恵と神とのつながりの両方から生まれました。私の神聖なブレンドには、乳香、ラベンダー、ホーリーバジル、ローズ、ナツメグ、ミルラ、サンダルウッドが含まれています。

anointment 塗油

I created the Oil of Anointment as a means to simply assist people in drawing closer to their spiritual essence, or seeking spiritual enlightenment, and especially for the sick, suffering, and those who are ascending (dying), since I often work with people who are terminally ill and seeking peace and connection to God. When we anoint and perform unction, we are calling upon divine influence, a holy emanation, spirit, and the power of God. Unction not only unites us to Spirit, but creates in us renewed Spirit, an inner sanctuary: “and let them make for me a sanctuary and I will dwell in thee.” (Ex. 25:8)

私は、人々が自分のスピリチュアルな本質に近づくこと、スピリチュアルな悟りを求めることをシンプルにサポートする手段として、「Oil of Anointment」を作りました。特に、末期の病気で神とのつながりと平安を求めている人々と関わることが多いので、病人、苦しむ人々、昇天する人々(死にゆく人々)のために、私はこのオイルを作りました。私たちが油を注ぎ、塗油を行うとき、私たちは神の影響、聖なる発露、霊、神の力を呼び寄せているのです。塗油は私たちを霊と結びつけるだけでなく、私たちの中に新たな霊、内なる聖域を創り出すのです。"彼らに私のために聖域を造らせ、私はあなたの中に住もう"。(出エジプト記25:8)

The mystery of unction includes praying before, during and after the anointing. The prayer may be as simple as: “May grace be bestowed upon this spirit and body and let us evoke the Love and will of God in our hearts.” As such, the Oil of Anointment is meant to be used with sacred intent.

塗油の秘儀には、塗油の前、間、後に祈ることが含まれます。 その祈りは次のような簡単なものでよい。"この霊と体に恵みが与えられ、心の中に神の愛と意志を呼び起こすことができますように"。このように、塗油のオイルは、神聖な意図をもって使用されることを意図しています。

Any of the following prayers can be spoken while anointing oneself or another:

自分自身や他の人に塗油するときには、次のような祈りを捧げるとよいでしょう。

“May the Lord bless you and keep you,

「主があなたを祝福し、あなたをお守りくださいますように。

May the Lord cause His favor to shine upon you and be gracious unto you,


主よ、あなたの上に主の寵愛が輝き、あなたを慈しんでくださいますように。

May the Lord lift His favor unto you and give you peace.” (Numbers 6:24-26)


主があなたに恩恵を与え、平和を与えてくださいますように。(民数記6:24-26)

May the Lord, who is the Prince of peace, bring peace, as well as goodness, blessing, compassion, and healing to each of us and all of the people of the world.

平和の君である主が、私たち一人ひとりに、また世界のすべての人々に、平和と、善と祝福と慈しみと癒しをもたらしてくださいますように。

the Prince of peace:平和の君・キリストのこと

May the Lord ease our suffering and give us the courage and love to be transformed in Agape Love. Amen!

主が私たちの苦しみを和らげ、アガペー(無償の愛)で変容する勇気と愛を与えてくださいますように。アーメン!
Agape アガペー(無償の愛)

O Heavenly Creator, who art everywhere, you are our Comforter, Spirit of Truth, treasure of Graces, and giver of Life, O come dwell in us, cleanse us of all that is not of you, heal us, renew us, and transform us, with your kindness and Love, O gracious One.

天の創造主よ、あらゆるところにおられ、私たちの慰め手であり、真理の霊であり、恵みの宝であり、いのちの与え主であるあなたよ、私たちのうちに住み、あなたでないものをすべて清め、私たちをいやし、新しくし、あなたの優しさと愛で、私たちを変えてください、恵み深い方よ。

“Praise be you my Lord, for our sister Mother Earth, who nourishes and sustains us all, and brings forth diverse fruits, with many-colored flowers and herbs.” ? St. Francis of Assisi

「主よ、私たちの姉妹である母なる大地は、私たちを養い支え、色とりどりの花や草木でさまざまな果実を実らせてくれます。- アッシジの聖フランチェスコ

Let us be still and listen for the whisper, that is Wisdom?which is connected to the Gift, which is the Spirit, which has been sealed with our prayers, anointing, and God’s Grace.

私たちの祈りと塗油、そして神の恩寵によって封印されたスピリットであるギフトにつながる知恵であるささやきに、じっと耳を傾けましょう。

About the Essential Oils in My Sacred Blend for Anointing

私の聖なる塗油のためにブレンドに含まれる精油について

Frankincense (Boswellia sacra) Derived from the gum resin of a small tree that grows in Somalia, Oman and Yemen, frankincense resin and essential oil have long been used medicinally and for sacred purposes. Highly revered by the Catholic and Christian Orthodox churches, frankincense is the foundation of the incense used in daily ceremony.

フランキンセンス(Boswellia sacra) ソマリア、オマーン、イエメンに生育する小木のガム樹脂から得られる乳香の樹脂と精油は、古くから薬用や神聖な目的で使用されてきました。カトリック教会やキリスト教正教会で高く評価され、日々の儀式で使用されるお香の原料にもなっています。

gum resinガム樹脂

Lavender (Lavendula dentata) A flowering plant in the mint family, lavender is native to the Mediterranean, Middle East, and India. As one of the most popular herbs worldwide, lavender is valued for its sweet scent and myriad uses, which include medicinal, culinary, and aromatherapy. In ancient times, Christians hung a cross of lavender over their doorway for protection.

ラベンダーデンタ(Lavendula dentata) シソ科の植物で、地中海沿岸、中東、インドが原産です。甘い香りが特徴で、薬用、食用、アロマセラピーなど様々な用途に使われ、世界で最も人気のあるハーブの一つである。古くはキリスト教徒が身を守るために、ラベンダーの十字架を玄関にかけたという。

mint family シソ科

The aroma of lavender is subtle and floral, providing a perfect balance of relaxing and uplifting characteristics. Lavender is excellent for treating stress, and calming the mind, while uplifting the spirit, and adds an essence of sweetness to the Oil of Anointment.

ラベンダーの香りは、繊細でフローラルなもので、リラックス効果と高揚感のバランスが絶妙です。ラベンダーは、ストレスを和らげ、心を落ち着かせ、精神を高揚させるのに優れており、塗油オイルに甘美なエッセンスを加えてくれます。

Holy Basil (Ocimum sanctum) An aromatic plant native to the Indian subcontinent, holy basil is considered to be one of the most sacred plants in the Hindu culture. Commonly called “Tulsi” (which translates as “the Incomparable One”) holy basil is cultivated for both religious and medicinal uses. Holy basil EO is warming, clarifying and uplifting, and is believed to refine body, mind, and spirit. In Ayurvedic medicine, holy basil is regarded as an adaptogen and is thought to promote longevity.

ホーリーバジル (Ocimum sanctum) インド亜大陸原産の芳香植物で、ヒンズー文化の中で最も神聖な植物のひとつとされています。一般的に「トゥルシー」(直訳すると「比類なきもの」)と呼ばれるホーリーバジルは、宗教的および薬用として栽培されています。ホーリーバジル精油は、温かく、澄んだ高揚感をもたらし、身体、心、スピリットを磨くと信じられています。アーユルヴェーダ医学では、ホーリーバジルはアダプトゲンとみなされ、長寿を促すと考えられています。

Adaptogen:アダプトゲン
アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブである。ウィキペディア(Wikipedia)より

Rose (Rosa damascena) Regarded as the quintessential symbol of love, roses are widely grown for their beauty and fragrance. Rose essential oil encourages happiness and contentment and is considered a “heart opener.” Rose EO also assists in processing grief, and specifically for grieving the loss of a loved one.

ローズ(Rosa damascena) 愛の象徴とされるバラは、その美しさと香りのために広く栽培されています。ローズ精油は、幸福と満足を促し、「ハートを開く」ものと考えられています。ローズ精油はまた、悲しみの処理を助け、特に愛する人を失った悲しみを癒してくれます。

Nutmeg (Myristica fragrans) Indigenous to the Spice Islands of Indonesia, nutmeg is obtained from the seed of the nutmeg tree. Because of its pleasant woody fragrance, nutmeg is traditionally used as incense. The essential oil of nutmeg is warming and has sedative properties, and is useful for treating muscular and joint pain. Nutmeg EO is also used to alleviate depression, and allows us to embrace flexibility, spontaneity, and joy so that we can move forward more easily in life or ascend with warmth and comfort.

ナツメグ(Myristica fragrans) インドネシアのスパイス諸島に生息するナツメグは、ナツメグの木の種子から採取されます。その心地よい木の香りから、ナツメグは伝統的にお香として使用されています。ナツメグの精油は、体を温め、鎮静作用があり、筋肉痛や関節痛の治療に有用です。また、うつ病の緩和にも用いられ、柔軟性、自発性、喜びを受け入れ、人生をより容易に前進させたり、温かく、心地よく昇ることができる

Myrrh (Commiphora myrrha) The aromatic gum resin of a small, thorny tree, myrrh is native to the Arabian Peninsula and northeast Africa. Treasured throughout history as a perfume, incense and medicine, myrrh is used ceremonially in Catholic, Orthodox, and Episcopalian churches. Utilized extensively in Ayurvedic, Unani, and Traditional Chinese Medicine, myrrh possesses anti-infectious and antiviral properties; it also helps to support the immune system.

ミルラ(Commiphora myrrha) アラビア半島と北東アフリカに自生する、とげのある小さな木の芳香性樹脂です。香水やお香、薬として歴史的に珍重され、カトリック、正教会、エピスコパリアンの教会で儀式に使用されているミルラ。ミルラは、アーユルヴェーダ、ユナニ、中国伝統医学で広く利用されており、抗感染症や抗ウィルス作用があり、免疫システムをサポートする働きも持っています。

Sandalwood (Santalum album) Native to South India, the sandalwood tree has a richly fragrant wood; steam distillation produces a precious essential oil. Widely regarded as sacred, sandalwood is used around the world to enhance prayer and meditation, and for healing mind and spirit. Sandalwood EO calms a busy mind, reduces anxiety or worry, and facilitates letting go of mind/ego, all of which create space for the presence of God, especially when applied to the forehead.

サンダルウッド(Santalum album) 南インド原産のサンダルウッドの木は、豊かな香りを放ち、水蒸気蒸留法で貴重なエッセンシャルオイルを生成します。サンダルウッドは神聖なものとして広く認識されており、世界中で祈りと瞑想を高め、心と精神を癒すために使用されています。サンダルウッド精油は、忙しい心を落ち着かせ、不安や心配を軽減し、心やエゴを手放すことを促しますが、これらはすべて、特に額に塗布すると、神の存在のための空間を作り出します。

Who to Anoint:

誰に塗油するか

Anyone seeking a blessing of peace, emotional support, or spiritual attunement;

平和の祝福、心の支え、霊的な同調を求めるすべての人。

Adults (and children old enough to understand what is taking place) suffering a serious illness, involved in a serious accident or trauma, facing surgery or major medical tests;

重い病気にかかっている人、大きな事故やトラウマに巻き込まれている人、手術や大きな医療検査に直面している大人(そして、何が起こっているのか理解できる年齢の子供)。

The elderly, especially when frailty is pronounced ? even without serious illness;

高齢者、特に虚弱体質が顕著な方(重篤な疾患がない場合でも)。

Those suffering chronic physical or mental weakness;

慢性的な心身の衰弱に苦しんでいる人。

Those who are in need of healing, comfort, and love, for any reason, especially grieving.

癒し、慰め、愛が必要な人、どんな理由であれ、特に悲しんでいる人。

| | Comments (0)

December 08, 2022

バラの香り:バラの奇跡と天使のサイン

Smelling the Roses: Rose Miracles and Angel Signs
https://www.learnreligions.com/rose-miracles-and-angel-signs-3973503

バラの香り:バラの奇跡と天使のサイン

Scent of Flowers and Odor of Sanctity as Fragrances from God
神からの香りとしての「花の香り」「聖なる香り」

People who want to focus less on the stress of the daily grind and more on what's important and inspirational often say that they're making time "to smell the roses." That phrase takes on an even deeper meaning when you consider how often roses play a part in miracles and angelic encounters. The scent of roses in the air when no rose flowers are nearby is a sign that an angel may be communicating with you. A rose fragrance may also be a sign of God's presence with you (the odor of sanctity) or accompany the delivery of a blessing from God, such as a miraculously answered prayer.

日々のストレスから解放され、大切なこと、感動的なことに集中したいと願う人は、よく "バラの香りを嗅ぐ時間 "を作ると言います。この言葉は、奇跡や天使の出会いにバラが関わっていることを考えると、さらに深い意味を持つようになります。近くにバラの花がないのにバラの香りがするのは、天使があなたとコミュニケーションをとっているサインかもしれません。また、バラの香りは、神があなたとともにいることのしるし(聖なる香り)であったり、奇跡的に答えられた祈りなど、神からの祝福が届けられるときに添えられることもあります。

The sweet scent of roses after prayer serve as tangible reminders of God's sweet love, helping you sense the reality of something you believe in, but which can sometimes seem abstract. Those moments of supernaturally smelling roses are special blessings that don't occur regularly. So in the midst of your daily grind, you can make time to smell natural roses (both literally and figuratively) as often as possible. When you do, your senses can come alive to miraculous moments in daily life that you may miss otherwise.

祈りの後のバラの甘い香りは、神の甘い愛を具体的に思い出させるもので、信じてはいても、時には抽象的に見えるものを現実のものとして感じさせてくれるのです。バラの香りがする瞬間は、定期的に起こるものではない特別な祝福です。だから、日々の仕事の中で、できるだけ頻繁に自然のバラの香りを嗅ぐ時間を作ることができます(文字通りの意味でも、比喩的な意味でも)。そうすれば、日常生活で見逃してしまいそうな奇跡的な瞬間に、あなたの五感が生き返ることでしょう。

Clairalience ESP:超感覚的知覚

Clairalience ("clear smelling") is a form of extrasensory perception (ESP) that involves getting spiritual impressions through your physical sense of smell.

クレアアライアンス(澄んだ香り)は、超感覚的知覚(ESP)の一種で、物理的な嗅覚を通してスピリチュアルな印象を得ることを伴います。

extrasensory perception (ESP):超感覚的知覚(ESP)

You may experience this phenomenon during prayer or meditation when God or one of his messengers -- an angel -- is communicating with you. The most common fragrance that angels send is a sweet one that smells like roses. The message? Simply that you're in the presence of holiness, and you're loved.

天使 - - あなたと通信している神または天使のメッセンジャーのいずれかが祈りや瞑想中にこの現象を経験することがあります。天使が送る最も一般的な香りは、バラのような甘い香りです。メッセージの疑問。単にあなたが神聖さの存在にいること、そしてあなたが愛されている。

Your guardian angel may communicate with you through scents after you spend time praying or meditating -- especially if you ask for a sign to encourage you. If the scent your guardian angel sends is something besides the fragrance of roses, it will be a scent that symbolizes something to you, which relates to the topic you've been discussing with your angel during prayer or meditation.

あなたが祈りや瞑想の時間を過ごした後、あなたの守護天使は、香りを通してあなたと通信することがあります。あなたがあなたを励ますために記号を求める場合は特に。守護天使が送る香りがバラの香り以外のものであれば、それはあなたにとって何かを象徴する香りであり、あなたが祈りや瞑想中に天使と話し合っていた話題に関連するものでしょう。

You may also receive a clairlalient message from a loved one who has died and wants to send you a sign from the afterlife to let you know that he or she is watching you from heaven. Sometimes those messages come in the form of scents that smell like roses or other flowers; sometimes they symbolically represent a certain scent that reminds you of that person, such as a favorite food the person often ate while alive.

また、亡くなった大切な人が、あの世からあなたにサインを送って、天国からあなたを見ていることを知らせたい、という透視メッセージを受け取ることもあります。そのメッセージは、バラなどの花の香りの形で届くこともありますし、その人が生きている間によく食べていた好物など、その人を思い出させるある香りを象徴的に表していることもあるようです。

Archangel Barachiel, the angel of blessings, often communicates through roses. So if you smell roses or see rose petals inexplicably showing up, it may be a sign of Archangel Barachiel at work in your life.

祝福の天使である大天使バラキエルは、しばしばバラを通してコミュニケートします。ですから、もしバラの香りがしたり、バラの花びらが不可解に現れたりしたら、それはあなたの人生に大天使バラキエルが働いているサインかもしれません。

Archangel Barachiel,  大天使バラキエル

The Odor of Sanctity

聖なる香り

The "odor of sanctity" is a phenomenon attributed to a miraculous fragrance coming from a holy person, such as a saint. Christians believe that the scent, which smells like roses, is a sign of holiness. The Apostle Paul wrote in 2 Corinthians of the Bible that God "uses us to spread the aroma of the knowledge of him everywhere." So the odor of sanctity comes from the Holy Spirit's presence in the situations where people experience it.

「聖なる香り」とは、聖人などの聖なる人物から奇跡的な香りがすることに起因する現象である。キリスト教では、バラのような香りを放つこの香りは、聖なるもののしるしであると考えられている。使徒パウロは、聖書の第二コリント人への手紙で、神は "私たちを用いて、ご自分を知る香りを至る所に広めておられる "と書いている。つまり、聖なる香りは、人々がそれを経験する場面で聖霊が存在することによって生まれるのです。

In her book The Color of Angels: Cosmology, Gender, and the Aesthetic Imagination, Constance Classen writes:

彼女の著書『天使の色』では宇宙論、ジェンダー、そして美的想像力の中で、コンスタンス・クラッセンはこう書いています。

"An odor of sanctity was not the only or even a necessary, sign of sainthood, but it was popularly regarded as one of the most notable. Most commonly, an odor of sanctity is said to occur on or after the death of a saint. ... A supernatural fragrance might also be noted during a saint's lifetime."

「聖なる香りは、聖人であることの唯一のしるしではなく、また必要なしるしでもなかったが、一般には最も注目すべきものの一つとみなされていた。最も一般的なのは、聖人の死後、あるいは聖なる香りがするとされることである......。また、聖人の生前にも超自然的な香りが感じられることがある。"

Not only does the odor of sanctity send a message that God is at work; it also sometimes serves as a means through which God accomplishes good purposes in people's lives. Sometimes those who smell the odor of sanctity are miraculously healed in some way -- body, mind, or spirit -- as a result.

聖なる香りは、神が働いておられるというメッセージを送るだけでなく、時には神が人々の生活の中で良い目的を達成するための手段としても機能します。聖なる香りを嗅いだ人は、その結果、身体、心、精神など、何らかの形で奇跡的に癒されることがあるのです。

"As the odor of sanctity indicated the triumph of spiritual virtue over physical corruption, it was often considered able to heal physical ills," Classen writes in The Color of Angels. "... Aside from healing, a variety of wonders are associated with odors of sanctity. ... Along with their physical powers, odors of sanctity have the reputed ability to induce repentance and offer spiritual consolation. ... Odors of sanctity could provide the soul with with a direct infusion of divine joy and grace. The divinely sweet scent of the odor of sanctity was deemed to constitute a foretaste of heaven ... Angels shared the perfumed nature of heaven. [Saint] Lydwine's hand was left penetrated with fragrance after having held the hand of an angel. [Saint] Benoite experienced angels as birds scenting the air with fragrance."

聖なる香りは、肉体の腐敗に対するスピリチュアルな美徳の勝利を示すので、しばしば肉体の病気を癒すことができると考えられていた」とクラッセンは『天使の色』の中で書いている。「癒し以外にも、さまざまな不思議が聖なる香りと関連づけられている。... その物理的な力とともに、聖なる香りは悔い改めを促し、精神的な慰めを与えるという評判がある。... 神聖な匂いは、魂に神聖な喜びと恵みを直接与えることができる。聖なる香りの神々しいまでの甘い香りは、天国の味を予感させると考えられていた。天使は天国の香りを共有していた。[聖人]リドウィンの手は、天使の手を握った後、香りに包まれたままであった。[聖人]ブノワットは天使を、空気に香りを放つ鳥のように体験した。

用語
超感覚的知覚
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E6%84%9F%E8%A6%9A%E7%9A%84%E7%9F%A5%E8%A6%9A

超感覚的知覚(ちょうかんかくてきちかく、Extrasensory Perception)は、五感や論理的な類推などの通常の知覚手段を用いずに、外界に関する情報を得る能力[1]。ESP(イー・エス・ピー)とも呼ばれる(Extra Sensory Perceptionの省略形[1])。まれに「感覚外知覚[1]」とも。
超能力の一種とされる。日本以外では一般にPSI(サイ)という概念に含めて把握されている。超心理学では一般に、超能力をESPとPK(念力)に大別する[1]。

バラキエル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%82%A8%E3%83%AB_(%E5%A4%A7%E5%A4%A9%E4%BD%BF)
バラキエル(英語: Barachiel、ヘブライ語: ברכיאל‎「神の祝福」)またはバルビエル(Barbiel)、バルキエル(Barchiel、Barkiel)、バラクィエル(Baraqiel)は、正教会の伝統における七大天使の一人である。

『第三エノク書』では彼は、496000もの無数の守護天使たちが仕える王子の一人として記述されている。彼は四人の有力なセラフの一人、第二天と篤信者の王子と主張された。彼は『ソロモンのアルマデル』では第一、第四の聖歌隊の首領天使の一人と記述されている[1]。彼はまた稲妻の天使と看做される[2]。

なお、たまに堕天使として言及されるバラキエルと彼を同一視し得ることが示唆されている[2]。

図像表現
イコンでは、バラキエルは時々、白いバラを胸に抱えた、あるいはバラの花びらを衣服とりわけ外套に散らしている[3]。カトリック教会では、パンかごを抱えた姿で表現される。

庇護
バラキエルの責務は名のある大天使への祝福と同じくらい様々である。バラキエルは守護天使の首領であり、もしこの大天使に直接祈る者がいないのに気づくと、バラキエルは全ての恩恵を祈り得ると書かれている。

バラキエルは伝統的に2月と双魚宮に関連付けられている[4]。彼はまた時に木星と天蝎宮の支配者と記述されている[1]。

| | Comments (0)

August 27, 2018

バイオフォトン、オーラ、セロリスティック(または、あなたは生きている光です)

Biophotons, your aura, and celery sticks (Or, living the light you are)

https://stephaniemarangomd.com/2017/06/15/biophotons-aura-celery-sticks-living-light/

 

June 15, 2017

バイオフォトン、あなたのオーラ、および、セロリスティック(または、あなたは生きている光です)

In last month’s newsletter, we discussed how energy means different things to different people. Well, the same goes for light. But instead of reviewing the myriad ways in which you hear the word “light”—referencing everything from ceiling fixtures to the divinity within—I just want to skip to the part where you ARE light.

先月のニュースレターで、私たちはエネルギーがどのように異なる人にとって異なることの意味になるのかを話しました。ところで、同じことは光にも当てはまります。しかし、天井の備品から内なる神聖までのあらゆることを参照し、あなたが“光”の言葉を聞く無数の方法見直す代わりに、私はあなたが光である部分に話題を変えたいです。

Legit.

本物

So let’s discuss biophotons, because if you haven’t heard about them already, you will soon. Bio means ‘life’, and a photon is a bundle of light. Hence a biophoton is a bundle of light that your body emits. All living bodies—frogs, bats, the guy next to you—do. This light is made of ultraweak particles/waves (depending on how you’re measuring them) that are invisible to the naked eye, but detectable via modern technology…

バイオフォトンについて話しましょう。バイオフォトンについて既に聞いていないとすれば、すぐにわかるだろう。バイオは「生物」を意味し、光子は光の束です。従って、バイオフォトンはあなたの身体が放射する光の束です。全ての生き物―カエル、コウモリ、あなたの隣にいる男性はバイオフォトンを放射します。この光は、裸眼では見えないが現代技術では検出可能な超微弱な粒子/波(測定方法による)から出来ています。

…unless you’ve honed your extra-sensory skills and can see auras.Auras are human energy fields that have been described for some 5000 years as colors and/or halos around the body by East Indian, Chinese, Jewish, Christian cultures, and likely more. Nikola Tesla purportedly first photographed auras in the late 19th century, and Semyon Kirlian popularized and optimized the technology in the 1900’s (which has been challenged ever since). Seemingly, auras are what science is now ‘discovering’ as biophoton fields.

あなたが超感覚的スキルに磨をかけないかぎり、オーラを見ることができない。オーラは、東インド人、中国人、ユダヤ人、キリスト教、およびさらにもっと多くの人々によって体の周りの色およびまたは後光として、およそ5000年の間描かれていた人間のエネルギー場です。ニコラ・テスラは、うわさによれば、19世紀後半にオーラを最初に撮影して、セミアン・キルリアンは1900年代に(これまでに挑戦されてきた)この技術を普及させ、最適化しました。一見、オーラは科学がバイオフォトン場として科学が現在発見しているものです。

Halos:後光、光輪、光背
Nikola Tesla ニコラ・テスラ
Semyon Kirlian  セミアン・キルリアン
biophoton fields バイオフォトン場

Go figure.

驚きだ

It’s currently thought that these biophotons may be used for communication, transferring information, and overall regulation throughout your cells…which would finally(!) explain how the heck our cells know what to do and when. We—laypeople, physicians and scientists, alike—take for granted that our 50+ trillion cells know what to do every day. But every cell is involved in over 100,000 biochemical reactions occurring per second, all of which must be simultaneously timed and sequenced with others. This question was perpetually in the back of my mind during med school lectures because, thus far, we have no good explanation for how the harmony happens.And I think the question is so unanswerable with our current paradigm that most folks are unwilling (afraid?) to even ask. But a biophoton-mediated information delivery system travelling at the speed of light (because biophotons are light) could explain it.

現在、これらのバイオフォトンが細胞全体にわたってのコミュニケーション、情報転送、および全体制御のために使用されていると考えられていて、そのことは、最終的になんで私たちの細胞が何を何時するべきかを知っている方法を説明することになるだろう。素人の私たち、医師および科学者も共に、私たちの50兆以上の細胞が毎日何をすべきかを知っていることを当たり前と考えています。しかし、すべての細胞は毎秒10万回を超える生化学反応に関与しており、これらの反応は同時に作動して他の細胞と連続していなければなりません。この疑問は、医学学校の講義中に心の奥深くに永遠に残っていました。なぜなら、これまで細胞の調和がどのように起こっているかについての良い説明がないからです。そして、この疑問は現代のパラダイムでは答えられないので、ほとんどの人々は尋ねようとさえしないです(恐れて?)。しかし、光のスピードで移動する情報伝達システムを媒介するバイオフォトン(バイオフォトンは光であるため)はそれを説明できるだろう。

So.

それで

Knowing you are a creature of light…and assuming that you want to be the most luminous creature you can be…here are a few thoughts on how to increase and maintain your shine:

あなたは光の生き物であることを知って、あなたが最も光り輝く生き物になりたいと思うならば、ここに、あなたの輝きを増やし、維持する方法に幾つかの考えがあります。

*Add more raw, naturally-grown fruits and veggies to your day. You know, foods that are made from sunlight. Grab a handful of strawberries for a snack, versus beef jerky; choose celery sticks over crackers. In other words: feed your photons

*あなたの生活に生で、自然栽培の果物や野菜を加えてください。あなたは知っている、日光から作られた食品。牛肉のジャーキーと比べて、一握りのイチゴをつかんでください。クラッカーよりセロリスティックを選択してください。言い換えれば、あなたのフォトン(光子)に栄養を与えてください。

*Bask in the light of the moon. Or sun (safely). A recent study showed that the light of the sun and moon effect your light via gravitational influences. Effectively: exposure to more light creates, well, more light. (Click here for the reference to this study, which is part of a killer cool article on biophotons).

*月光浴をしてください。または日光浴(安全に)。最近の研究は太陽や月の光は重力の影響を介してあなたの光に影響を与えます。効果的に、より多くの光に暴露すれば、より多くの光を、より多くの光を創造します。バイオフォトンに関する素晴らしい記事の一部である本研究のリファレンスをクリックしてください。

リファレンスはこの記事の終わりに翻訳。

*Do whatever you do to feel light. You know what makes you feel light. Schedule (now!) one light-enhancing activity this week—petting your friend’s cat, going to yoga, watching a ballet, playing with light sabers, picnic-ing on the beach, getting a good night’s sleep—and then schedule another for next week, and so on and so forth.

*光を感じるために何をしていますか? あなたは光を感じるものが何であるか知っています。 友人の猫を撫でて、ヨガに行たり、バレエを見たり、ライトセーバーで遊んだり、ビーチでピクニックをしたり、十分な睡眠を取ること、そして、来週のための次の予定を立てたり、等々。

リファレンス記事

The Human Body Emits, Communicates With, and is Made from Light
https://www.science-ofthe-soul.com/index.php/2015/12/23/672/

 

人体は発光し、通信をして、光から作られる Science of Seoul より

The Body’s Biophoton Outputs Are Governed by Solar and Lunar Forces

身体のビオフォトン放射は太陽および月の力によって支配されています

It appears that modern science is only now coming to recognize the ability of the human body to receive and emit energy and information directly from the light given off from the Sun. [17]

現代科学は、太陽から発する光からのエネルギーおよび情報を直接に受け取り、放射する人体能力を今になって認識するようになっているようです。

There is also a growing realization that the Sun and Moon affect biophoton emissions through gravitational influences.  Recently, biophoton emissions from wheat seedlings in Germany and Brazil were found to be synchronized transcontinentally according to rhythms associated with the lunisolar tide.[18]  In fact, the lunisolar tidal force, to which the Sun contributes 30 % and the Moon 60 % of the combined gravitational acceleration, has been found to regulate a number of features of plant growth upon Earth.[19]

太陽や月は重力の影響を通してバイオフォトン放射に影響を与えることも益々認識されています。最近、ドイツとブラジルの小麦幼植物からのバイオフォトン放射は、月と太陽の相互関係に起因にする潮の関連するリズムに応じて大陸横断的に同期していることが判明した事実、太陽は30%で、結合重力加速度の60%を月が寄与する月と太陽の相互関係に起因する潮汐力は地球上の植物成長の多くの特徴を調節することが判明している。

wheat seedlings 小麦幼植物
gravitational acceleration 重力加速度
tidal force 潮汐力
lunisolar
https://ejje.weblio.jp/content/lunisolar

 

月と太陽またはその相互関係に関連する、または、月と太陽またはその相互関係に起因する

用語
ニコラ・テスラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%A9

 

ニコラ・テスラ(セルビア語: Никола Тесла, セルビア語ラテン翻字: Nikola Tesla, 1856年7月10日 - 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家である。交流電気方式、無線操縦、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなど多数の発明や、「世界システム」なる全地球的送電システムなど壮大な提唱もあり、磁束密度の単位「テスラ」にその名を残している。

お知らせ
三上杏平先生精油化学講座:製造方法の差で精油成分は異なり、また法的にみて精油はどんな位置づけか?(2018年9月29日・土)のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2018/08/2018929-b30b.html

 

太陽の缶詰フランキンセンス

フランキンセンス(オマーン)3ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/518

 

フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/172

 

 

|

August 23, 2018

バイオレットボトルの周波数は精油を活性化し、エネルギーを供給する。

Why our biophotonic glass will make you happy

なぜ私たちのバイオフォトニックグラスはあなたを幸せにするのですか?より

https://www.muktiorganics.com/blog/why-our-biophotonic-glass-will-make-you-happy

So why is biophotonic glass so fantasmagorical? What are its properties and why are so many seeking this holistic alternative?

それでは、なぜバイオフォトニックググラスは素晴らしく魔法のようなものなのですか?その特性はなんですか? そして、何故多くの人はこのホリスティックな代替品を探し求めているのですか?

Quantum physics has firmly proven that everything is energy and light. The human body, plants and all living creatures emit visible light waves. Seen through sensitive cameras, we literally glow. This light that peaks and troughs is most likely linked to our natural biorhythms.

量子物理学はすべてがエネルギーと光であることをしっかりと証明しています。人体、植物、および全ての生き物は、可視光波を放射します。高感度カメラを通してみると、私たちは文字通り輝いています。このピークと谷間の光は、おそらく私たちの自然なバイオリズムに結びついています。

The term used to describe this type of research is known as biophotonics. Our body is alive and vibrating with light at subatomic levels originating from our DNA. The DNA in cells vibrates at a high frequency and is constantly transmitting and receiving energy on subtle levels that control our general health and well-being.

このタイプの研究を記述するために使用される用語は、バイオフォトニクスとして知られている。私たちの体は生き生きして、DNA由来の亜原子レベルの光で振動しています。細胞内のDNAは高周波数で振動し、常に健康とウエルビーイングを制御する微妙なレベルでエネルギーを常に送受信しています
subatomic 亜原子

A biophotonic field (also known as electromagnetic field) that is weak or damaged will emit a lower frequency indicating ‘dis-ease' within the organism. Simply put, the greater the storehouse of energy in the body, the greater the power of the overall energy field resulting in optimal health.

弱いまたは損傷している生物光子場(電磁場としても知られている)は、生物内で「不安定さ」を示す低い周波数を放出する。簡単に言えば身体のエネルギー貯蔵庫が大きければ大きいほど、全体的なエネルギー場のパワーが大きくなり、最適な健康状態になります。

Our biophotonic field encompasses our physical, emotional, mental and spiritual health and well-being. How we treat our bodies will directly relate to our force or energy field. Makes sense huh!

私たちの生物光子場は、私たちの身体的、情動的、精神的、スピリチュアルな健康とウエルビーイングを縫合しています。私たちの体をどのように扱うかは、私たちのフォースまたはエネルギー場に直接関係します。理にかなっています。ハァッ!

Violet light has the highest frequency of any visible light (720-770 billion Hertz). Research conducted by Professor Hugo Niggli a few years back determined that this frequency permanently activates and energises the molecular structure and healing energies of substances held within dark violet glass by keeping it firmly contained. This frequency is also the same resonance as the human nervous system.

バイオレット光はあらゆる可視光(720-770億ヘルツ)の中で最も高い周波数を有しています。数年前、ヒューゴ・ニグリ(Hugo Niggli)教授の研究では、それを固く保持することによってダークバイオレットガラス内に保たれた物質の分子構造およびヒーリングエネルギーを恒久的に活性化し、エネルギーを供給することを確かめた。この周波数は人間の神経系と同じ共振でもあります。

Green, brown and blue bottles that are traditionally used for cosmetic and medicinal preparations have much lower oscillating frequencies and offer little, if no protection from the degradation caused by light.

化粧品や医薬品に伝統的に使用されているグリーン、ブラウンおよびブルーボトルは振動周波数がはるかに低く、光による劣化から保護されていない場合は振動周波数がほとんどありません。

oscillating frequencies 振動周波数

The proprietary blend of special oxide pigments with glass in precise proportions dates back to the technology of our ancient ancestors, the Egyptians, who stored their most precious substances, oils, balms and elixirs in gold or violet coloured jars. While they likely knew little about biophotonics, they did know how to naturally preserve their ointments and oils that were utilised for embalming and beauty.

正確な割合でグラスに特別な酸化物顔料の独自ブレンドはエジプト人の古代の先祖の技術にさかのぼります。彼らは、最も貴重品である油、軟膏およびエリキシル(万能薬)をゴールドまたはバイオレットカラーのジャーに保存した。 彼らはバイオフォトニクスについてほとんど知りませんでしたが、防腐と美容に利用された軟膏やオイルを自然に保存する方法を知っていました。

oxide pigment 酸化物顔料
precise proportions 正確な割合

So, if you wondered why we choose this type of packaging then hopefully this has shed some light.   

それで、あなたがなぜこのタイプのパッケージを選んだのか疑問に思ったなら、うまくいけばこれはいくつかの光を放つでしょう。

お知らせ

三上杏平先生精油化学講座:製造方法の差で精油成分は異なり、また法的にみて精油はどんな位置づけか?(2018年9月29日・土)のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2018/08/2018929-b30b.html

精油のお求めは下記にて

ラベンダーカシミール5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/477

フランキンセンスCO2(二酸化炭素抽出)5ml・精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/172

ローズオットー(ブルガリア)1ml精油(バイオレットボトル充填)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/482

|

April 18, 2017

バイオレットガラスについて、ラベンダーカシミール5ml・精油(バイオレットボトル充填)新発売

バイオレットガラスについて

ほぼ紀元前3,500年前のグラス生産開始からバイオレットまたはゴールドの容器・ボトルは貴重な塗剤、油、エッセンスおよび代替薬剤を保存するだけに用いられた。今日、科学のお陰で、ライフエネルギーはバイオレットによってベストに保存されることを知っていて、ほかにいかかなるスペクトル領域に匹敵するものはない。

 

1851年、Jakob Lorber'sの本"Healing Properties Of Sunlight"が出版された。この本で、彼はヒーリングレメディーや光に影響されやすい他の物質を保存するにはバイオレットガラスが最も適していると指摘している。

 

質問

 

何故このバイオレットガラスがまだ極めて高価なヒーリング製品、エッセンス、チンキ剤、自然化粧品、サプリメントなどの保存に最高の保護を提供するのですか?

 

 

ドイツ・ミュンヘンのフラウンホーファー研究機構によると、感光性領域(ほぼ450ナノメートル~720ナノメートル)の放射線はガラスを透過しない。一方、茶色ガラスはこの領域の光および光スペクトルの可視領域の光を透過させる。専門家は潜在的「"quality leak"・品質の漏出」に関して話します。

 

バイオレットガラスの秘密はスペクトル領域(720--770Bio herz)は永久に活性化して分子構造にエネルギーを与える事実に基づいていて、バイオレットガラスに保存されている(ヒーリング)エネルギーは「逃避」することはない。

 

最近の研究(Prof. F.A. Popp and Dr. H. Niggli, 1997 / 1998)は我々の食物における太陽エネルギー(solar energy)は健康とって必須である。太陽エネルギーはバイオフォトンの形で我々の細胞に入ってくる。

 

それらは我々の身体で複雑系生命の過程を制御するための重要情報を含んでいる。バイオフォトンは調節およびバランスのエネルギーを有していて有機体を高い波動または秩序にさせる。これらのバイオフォントンは極めて敏感である。

Dr. H. Niggli'sの文献はバイオフォトンは通常パッケージ(ブラウングラス、グリーングラス、アルミホイル、合成品、その他)で明らかにエネルギーを減少させることを示している。バイオレットガラスボトルは長期間にわたって高エネルギーを維持する。

 

上記の文章は取引先の資料を翻訳したものです。

 

下記にてお求めできます。

 

http://phytoaroma.ocnk.net/product-list/52

 

 ラベンダーカシミール5ml・精油(バイオレットボトル充填)新発売

 

http://phytoaroma.ocnk.net/product/477

 

若返りの妙薬と言われているインドハーブ「アシュワガンダ」の精油

 

アシュワガンダAbs5ml・精油新発売

 

http://phytoaroma.ocnk.net/product/478

 

ネロリCO2(セレクト)1ml・精油発売中

 

http://phytoaroma.ocnk.net/product/475

 

 

 

 

 

 

 

|

January 11, 2013

Heal Your Body(ヒール・ユア・ボディ)ルイーズ・ヘイ著の献呈・序文の訳

Louise L.Hay

ルイーズ・ヘイ著

Hay Heal Your Body

ヒール・ユア・ボディ

THE MENTAL CAUSES FOR PHYSICAL ILLNESS AND THE METAPHYSICAL WAY TO OVERCOME THEM.

体の病気に対する精神的原因と病気克服のためのメタフィジカル方法。

METAPHYSICALは形而上学の、哲学的な、きわめて抽象的な,難解なの訳語になりますが適切な訳語が見つからないのでメタフィジカルの英語読みで記載しました。

上記英語は表紙に記載されてます。


DEDICATION

献呈

I have long believed the following: “Everything I need to know is revealed to me.”“Everthing I need come to me.” “All is well in my life.” There is no new knowledge.All is ancient and infinite. It is my joy and pleasure to gather wisdom and knowledgeFor the benefit of those on the healing pathway. I dedicate this offering to all of youWho have taught me what I know: to many clients, to my friends in the field, to myTeachers, and to the Divine Infinite Intelligence for channeling through me that which others need to hear.

私は長いこと次のことを信じていました。必要な知識の全ては私に表れます。私に必要なすべては私のところに来ます。私の人生は全て順調です。新しい知識はないです。全ては
太古の昔より存在して、無限です。ヒーリングの道を歩む人々にとって有益な智恵と知識を集めることは私の喜びと楽しみです。私は私が知っていることを教えてくれた全てのあなたにこの贈り物を捧げます:多くのクライエント、この分野の友人、私の先生、および他の人々が聞くことを必要があること、私を通してチャネリングされる天与の無限なる情報に

Foreword

序文

Little did I know when I first the original version of Heal Your Body that today I would be writing a fourth revised and expanded edition. The “little blue book”, as it is so affectionately called by thousands, has become an indispensible item to many. I have sold hundreds of thousands of copies, far beyond my vision in the early. Heal Your Body has opened countless doors, created friends for me everywhere. Whenever I travel,I meet people who show me well-worn copies carried constantly in their purses or pockets.

ヒール・ユア・ボディーの初版本が出版されたときに、今日4版の改定補訂版を 書くことはほとんど知らなかった。何千人の人に愛情を込めて呼ばれている“小さな青い本”は多くの人にとって欠かせないアイテムとなっています。初期の私の先見性をはるかに超えて何十万部の本を販売した。ヒール・ユア・ボディはあらゆるところで私に無数の窓を開いた。いつも私が旅行するときに、財布やポケットにいつも持っている使い古した本を私に見せる人に会います。

expanded edition補訂版

The little book does not “heal” anyone. It does awaken within you the ability to contribute to your own healing process. For us to become whole and healthy,We must balance the body, mind and spirit. We need to have a strong spiritual connection. When these three things are balanced, we rejoice in living. No doctor、no health practitioner can give us this unless we choose to take part in our healing process.


この小さな本は誰も"癒す"ことはないです。あなた自身の治癒過程に貢献する内なる力を気づかせます。全体性および健康になる私たちに対して、私たちは身体、心および霊性のバランスを取る必要があります。私たちは力強いスピリチュアルコネクションを持つことが必要です。これらの3つのことのバランスがとれると、私たちは生きることを喜びます。私たちが治癒過程に参加することを選択しない限り、医師、医療従事者は私たちに与えることはこのことできないです。


You will find many new additions in the version and it is also cross-referenced to provide more input. I suggest you make a list of every ailment you have ever had and look up the mental causes. You will discover a pattern that will show you a lot about yourself. Select a few of the affirmation and do them for a month. This will help eliminate old pattern you have been carrying for long time.

この版で多くの新たな追加事項を見るでしょう、また、それは多くの情報入力のための互参照になります。あなたが過去に罹患したあらゆる病気のリストを作成して、心的原因を調べることをお勧めします。貴方自身についての多くのことを表す心のパターンを発見するでしょう。幾つかのアファメーションを選んで1か月間それを行ってください。このことはあなたが長期間持ち続けた古いパターンを消去するのに役立つでしょう。

考えたこと

Heal Your Bodyの本はアロマセラピーの学校に勤務していたときに、英国人リフレクソロジー先生Helen Beardさんに教えて頂きました。これで心・感情と病気がつながっていることを知りました。この本のおかげで感情と病気に興味を持ちました。

Heal Your Bodyの翻訳本はないので、この本を紹介したいと思い翻訳して皆さんに読んで頂きたいと思っていました。昨年すこし訳して紹介しようと思いましたが止めてしまいました。

今年は紹介していこうと決めました。掲載日の1月11日は2005年1月11日にブログを初めた日と同じです。

関連ブログ

January 11, 2005 脳に明かりを燈そう

お知らせ

リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(2013年10月19日(土)〜20日(日)2日間を開催いたします。

下記漢方の精油発売中

クコの実5ml・精油

紫蘇葉(アカシソ)5ml・精油

黄耆(オウギ)5ml・精油

天麻・テンマ(オニノヤガラ)5ml・精油

柴胡(サイコ)5ml・精油

サトルアロマセラピー | | Comments (0)

January 07, 2013

私が信じる事:ルイーズ・ヘイ著You Can Heal Your Lifeより

What I Believe

私が信じる事

“The gateway to wisdom and knowledge are always open”

”智恵および知識の窓口は常に開らかれています。”


Life Is Really Very Simple. What We Give Out, We Get Back.

人生は極めて簡単です。私たちが放したものは私たちに戻ってくる

The Universe Totally Supports Us in Every Thought We Choose to think and Believe.

宇宙は私たちが選択した考えおよび信念の思考に私たちをサポートします。

The Universal Power Never Judges or Criticizes Us.

宇宙の力は私たちを決して裁くことまたは批判することはないです。

Most of Us Have Foolish Ideas about Who We are and Many, Many Rigid Rules about How Life Ought to Be lived

私たちの多くの人々は私たち自身ついての馬鹿げた考えおよび人生を如何に生きていくべきかの多くの融通性の無い規則を持っている。

When We Are Very Little, We learn How to Feel about Ourselves and about Life by Reactions of the Adults Around Us.

私たちは小さいときに、私たちは周りの大人の反応によって自分自身および人生について如何に感じるかを学びます。

When We Grow Up, We Have a Tendency to Re-create the Emotional Environment of Our Early Home Life

大人になると、私たちは子供のころの家庭生活の感情的な環境を再現する傾向があります。

However, I Would Not Blame Our Parents for This。

しかし、私はこのことで両親を責めることはしないです。

I Believe That We Choose Our Parents

私は私たちが両親を選んでいることを信じます。

The Point of Power Is Always in the Present Moment

パワーの源は常に今の瞬間にあります。

The Only Thing We Are Ever Dealing With Is a Thought, and a Thought Can Be Changed

私たちがいつも対処している唯一のことは思考であって、思考は変えることができます。

Believe it or Not, We Do Choose our Thoughts

信じるか信じないか、私たちは思考を選択しています。

The Inner Belief for Everyone I Have Worked with Is Always, “I’m Not Good Enough!”

私がワークした誰もの内なる考えは常に“”私は十分でない”であります。

I Find That Resentment, Criticism, Guilt, and Fear Cause More Problems Than Anything Else.

恨み、批判、罪悪感、および恐れがなによりも多くの問題を引き起こすことを私は発見します。

We Can Change Our Attitude Toward The Past.

私たちは過去のことに対しての態度を変えることができます。

To Release the Past, We Must Be Willing to Forgive.

過去を解放するために、私たちは喜んで許すことをしなければならない。

All Dis-ease Comes from a State of Unforgiveness

全ての病気(容易でないこと)は許せない状態から来ています。

上記の翻訳はYou Can Heal Your LifeのChapter Oneの表題の部分を訳したものです。

関連ブログ

私の人生哲学の幾つかのポイント:ルイーズ・ヘイ著You Can Heal Your Lifeより

考えたこと
短い文章を翻訳するのは大変です。英語の単語の訳語を調べてみると沢山の訳語が出てきてどれがふさわしいかいつも考えます。前回Heal Your Bodyの中身については翻訳をして紹介したいと思っています。と書きました。少し翻訳してあるので紹介したいと思っています。また、Medicine Card/メディスンカードも翻訳したのがありますのでそれも紹介したいと思ってます。

お知らせ

本年は、リアノン・ハリス女史来日セミナー:アドバンス臨床アロマセラピー(2013年10月19日(土)〜20日(日)2日間を開催いたします。


| | Comments (0)

November 20, 2012

松果体は魂の座である。ルネ•デカルト著情念論より

The historical background of the pineal gland: I. From a spiritual valve to the seat of the soul

 

松果体の歴史的背景:私は。霊性の弁から魂の座まで。

 

pineal gland 松果体
seat of the soul:魂の座

 

PUBMEDより

 

Rev Neurol. 2010 Jan 1-15;50(1):50-7.

 

López-Muñoz F, Marín F, Alamo C.

 

Source

 

Departamento de Farmacología, Universidad de Alcalá, Facultad de Medicina, Alcalá de Henares, España.

 

Abstract

 

要旨

 

INTRODUCTION:

 

序論

 

Throughout history, the special anatomical location of the pineal gland in the central nervous system has given rise to a number of physiological hypotheses regarding the functional role of this organ.

 

歴史をつうじて、中枢神経系における松果腺の特殊解剖学的肢位はこの器官の機能的役割に関する数多くの生理学的仮説の増加をもたらした。

 

anatomical location 解剖学的肢位

 

DEVELOPMENT:

 

展開

 

In classical ancient times, the pineal body (conarium) was considered to be a sort of valve-like sphincter that regulated the flow of the spiritus animalis at the ventricular level. But it was not until the 17th century that the pineal gland finally reached its highest levels of physiological significance, when Rene Descartes considered it to be the anatomical structure that housed the seat of the soul.

 

古典古代で、松果体(上生体)は脳室レベルで動物精気の流れを調節するある種弁のような括約筋あると考えられた。しかし、ルネ•デカルトは松果体が魂の座を宿す解剖学的部分であると考えたとき17世紀になって初めて、松果体がついに生理学的意義の最高レベルに達した。

 

conarium:上生体
valve-like sphincter 弁のような括約筋
spiritus animalis:動物精気
ventricular:脳室、心室
physiological significance:生理学的意義,
Rene Descartes ルネ・デカルト

 

CONCLUSIONS:

 

結論

 

The Cartesian hypotheses regarding the pineal gland did not arouse much interest in the scientific community of the time, and attention to this organ dwindled from then until the 20th century, when its neuroendocrinological nature was finally confirmed.

 

松果体に関するデカルトの仮説は当時の科学界にあまり多くの興味ををかき立てなかった。そして、この器官に対する注目はその時から減少して、ついに20世紀になってその神経内分泌学的特質が最終的に確認された。

 

Cartesian:デカルトの
neuroendocrinological 神経内分泌学的な

 

動物精気

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%89%A9%E7%B2%BE%E6%B0%97

 

フランスの哲学者ルネ・デカルトの『情念論』(Passions de l'âme 1649年)で松果体からの動物精気が神経を動かし感情が生じるとした。しかし後に生物が機械であるという機械論が主流となり忘れ去られていった。

 

思いついたこと

 

チャクラと内分泌のことを調べていたときに見つけた文献です。以前のブログ・腺機能不全、アンバランスと協調障害:エドガー・ケイシーの病気の原因、11項目の8の中で“秘儀的感覚で、ケイシーは、魂の記憶およびカルマの担い手、または魂の成長に必要な教訓として内分泌センターを選んだ。”各チャクラと内分泌と関係があります。デカルトの還元主義はホリスティックに対する考え方であると聞いています。この記事で心と内分泌の関係があることをデカルトが言っていることに驚きました。

 

また、チャクラと内分泌のことを調べているとneuroendocrine・神経内分泌の言葉を良く見つけます。このことはストレスによって内分泌腺から出てくるホルモンが違ってくることを言っているのだと思います。ストレスによって感情が違てきます。

 

ある人は怒ったり、悲しんだり、イラついたりすることによって内分泌腺に影響して出てくるホルモンが変わって体調を崩すのかも知れません。感情と病気について興味を持っていて調べていくとデカルトのところに来ました。

 

関連ブログ

 

腺機能不全、アンバランスと協調障害:エドガー・ケイシーの病気の原因、11項目の8

 

お礼

 

クロモジ(黒文字)とホワイトセージの水蒸気蒸留会 IN 長瀞(11月18日・日)が無事終わりました。長瀞は紅葉の真っ盛りで自然を満喫できました。参加者に感謝申し上げます。

 

下記の精油を販売しまた。

 

フランキンセンスサクラ5ml・精油オマーン産の聖なるフランキンセンスの精油です。

 

フランキンセンスサクラ樹脂パウダー30g・オマーン産

 

ホワイトセージ秩父2ml・精油

 

マンゴージンジャー5ml・精油

 

 

 

| | Comments (0)

May 09, 2011

チャクラ対応精油・アロマオイル一覧表

1.ベース・チャクラ(根のチャクラ)赤色・地 ・副腎

a.アンジェリカ、エレミ、フランキンセンス、パチュリー、ベチバー-、ベンゾイン、ミルラ、ローズウッド

b.スパイクナード、フランキンセンス、サンダルウッド、サイプレス、ベテルリーフ、リトセア、Rhu Kus・ルークス(インド産ベチバー)

C.アトラスシダーウッド、ウエスタンレッドシダー・リーフ、カルダモン、クローブ、コパイババルサム、グレープフルーツ、パチュリーブラックペパー、ナツメグ、フェンネル、ベチバー、ベンゾイン、ミルラ、

2.セイクラル・チャクラ(仙骨のチャクラ)オレンジ色・水・生殖腺  

a.サンダルウッド、ジャスミン、ローズ

b. ダヴァナ、ウコン(ターメリック)、シダーウッド、サンダルウッド、パチュリー、ベチバー、ローズ

C.イランイラン、オレンジ、クラリセージ、ジャスミン、ジンジャー、スイートバジル、スパニシュセージ、セージ、
ゼラニウム、パチュリー、プチグレイン、ベチバー、ペパーミント、マンダリン、ミルラ、ローズ、ローレル

3.ソーラー・プレクサス・チャクラ(太陽神経叢)・黄色・火・膵臓

a.ジュニパー、、フェンネル、ベチバー、メリッサ

b.ジンジャー、サフラン、フェンネル、カレーリーフ、フランキンセンス、コリアンダーシード、ライム

c.イランイラン、ジュニパーベリー、ジンジャー、スパニシュセージ、セージ、タイムシネオール、タイムチモール、ヒソップ、ブラックスプルース、ブラックペパー、ベチバー、メリッサ、レモン、レモングラス、ローズマリー、ローレル


4.ハート・チャクラ(心臓のチャクラ)・緑色・空気・胸腺

a.イヌラ、ジャスミン、パルマローザ(ネパール産)、ベルガモット、メリッサ、ローズ、

b.ロータス、ローズ、Mogra・モグラ(ジャスミンサンバック)、チャンパカ、サイプレス、Rhu Khus・ルークス(インド産ベチバー)

C.イヌラ、スパイクナード、スパニシュセージ、セージ、ネロリ、プチグレイン、ヒソップ、プチグレンマンダリン、ブラックペパー、マジョラム、メリッサ、ユーカリグロブルス、ラベンダー、ラベンダースーパー、レモンバーベナ、ローズ、ローレル

5.スロート・チャクラ(喉のチャクラ)・青色・エーテル・甲状腺

a.ジャーマンカモミール、カモミールローマン

b. ライム、チャンパカ、シーダーウッド、セージ、フェンネル

C.オポパナックス、サイプレス、ジャーマンカモミール、ゼラニウム、ブラックスプルース、ユーカリグロブルス、
ローマンカモミール、


6.ブラウ・チャクラ(眉間のチャクラ)藍色・光・脳下垂体

a.ジュニパーベリー、タイム(左脳刺激)、ヘリクリサム(右脳活性)、ローズマリー

b. ホーリーバジル、Gul Heena(ヘナ)、サンダルウッド、ケワダ、Rhu Khus・ルークス(インド産ベチバー)、
ジャスミン

C. アトラスシダーウッド、ウエスタンレッドシダー・リーフ、カユプテ、クラリセージ、タイムシネオール、タイムチモール、テルペンチン、ペパーミント、ブラックスプルース、ヘムロックスプルース、ヘリクリサム、ユーカリグロブルス、ユーカリラジアータ、ヨーロッパアカマツ、ローズ、ローズマリー、

7.クラウン・チャクラ(王冠のチャクラ)・紫色・思考・松果体

a.エレミ、サンダルウッド、ジャスミン、フランキンセンス、ラベンダー、ローズ、ローズウッド

b. Gul Heena(ヘナ)、Mogra・モグラ(ジャスミンサンバック)、サフラン、サンダルウッド、フランキンセンス、ロータス

C. オポパナックス、スパイクナード(ナルドの香油)、スパイクラベンダー、ペパーミント、ラベンダー、 ロックローズ(ラブダナム)、ローズ

8.第8チャクラ

a.ネロリ

資料

a. Subtle Aromatherapy 日本語版 サトル・アロマテラピー BABジャパン

b.The Magic of Ayurveda Aromatherapy

c. The Aromatherapy Practitioner Reference Manual

上記の参考本を参照してチャクラ対応精油一覧表を作成してみました。精油とチャクラとが明快になっているのを抜書きしました。本によっては対応するチャクラが違ってきます。フランキンセンス、ローズウッドなどは上位のチャクラと下位のチャクラを結びつけ、また、サンダルウッド、ジャスミン、ローズなどはセイクラル、ハートとクラウンに対応しています。精油によってはいろんなチャクラに働きかけます.

チャクラに対応する精油を選択するヒントとして、植物の抽出部位(根、茎、葉、花)、花の色(ラベンダーは紫色の花でクラウンチャクラ)、精油の色(カモミール精油はブルーの色でブランチャクラに対応)。植物の生育地、抽出部位、精油の色などを知ることに、よってより深くチャクラに対応する精油が選べると思います。

関連ブログ

エッセンシャルオイル・精油とチャクラの関係

精油とチャクラ表の作成

聖なる木・カンラン科精油の特徴

浅井隆彦先生『介護におけるアロマセラピー実技デモ』セミナー6月12日(日)

| | Comments (0)

January 16, 2011

精油のチャクラ表から何が読めるか?

いろんな資料を集め精油のチャクラ表を作成してみました。チャクラ表の項目には、色、波長、植物、体の部位、内分泌腺、経穴、人格、音階、惑星、エレメント、キーワード、感情、感覚、形、動物、精油になります。

この精油のチャクラ表を読んで精油の効能に関して説明でいなかと考えています。それにはそれぞれの項目に関しての詳しい勉強が必要かと思ってます。

チャクラ表に配当されている感情と陰陽五行に配当されている感情と絡めて考えると面白いかと思ってます。

いろんなところから精油を眺めてみることは面白いです。

また、表にしてそれを眺めてみると何かヒントが浮かんでくるような気がします。お客様にディエットアロマ社精油の成分分析一覧表を渡してます。それには、精油名を科名順にわけて学名、原産地、抽出部位、主要化学成分名と%を記載してます。これによって精油成分の特徴がつかむことができるので精油の選択に役に立ちます。

『介護におけるアロマセラピーの可能性』セミナー1月23日(日)

リアノン ハリス女史来日セミナー:がん治療と緩和ケアにおけるアドバンス臨床アロマセラピーのセミナー3月25日(金)〜28日(月)(4日間)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧